2013年04月23日

(改)死神は実在する・・・・。

どうも、営業のKです。

夜はどうも暇なので、自分がかつて体験した話を書いてみます。

あっ、怖がりな方は、読まないほうが無難かもしれません。

それでは、始めます。


石川県のとある所に大きな総合病院がある。

そこは、ずっと以前から、ある噂が存在する場所だった。

その噂とは、死神が目撃されるという事である。

幽霊の存在は、信じてはいても、こと死神に関しては、おとぎ話の世界だろ?

というのが実感だった。

その時までは・・・。

それは今から10年位前に遡る。

叔母が末期のガンでその病院に入院していた時の話である。。

当時、本人には告知はされておらず、懸命に治そうと頑張る姿に、下手な事は

言えないと、会話に慎重になっていたのが思い出される。

そして何度か病状が悪化。

その度に、ナースセンターに隣接されたICU集中治療室に移され、24時間体制

での看護が行われた。

近親者という事で、その部屋へのお見舞いもさせて貰ったのだが、何度か訪れる

うちに、妙な事に気がついた。

子供がいるのだ。

しかも、いつも同じ子供が。

最初はどこかの親が連れてきているのかな、と思っていたのだが、どうもおかしい。

そのICUには、ベッドが何床かあり、常に重篤な患者さんで埋まっていた。

そして、その子供は見る度に,違う患者のベットに陣取り、そして食い入るようにして

その患者の顔を見ていた。

いや、見ていたというよりも、冷たく見つめていたというのが正解かもしれない。

だから、俺は一度、看護士さんにその子供の事でクレームを言ったことがあった。

しかし、看護士さんは、一瞬顔が曇ったが、気を付けますね、と素っ気無い

返事だった。。

それからも、叔母がICUに入る度に、駆けつけた俺達の眼には、いつも

その子供が叔母を見つめているのを目撃した。

しかし、そのうち、そんな子供に気をはらう余裕も無いほどの重篤な状態に

なってしまっていたので、俺の頭からもその子供の事はすっかり消

えていた。

そして、今晩持たない、との一報を貰い病院に駆けつけると、その子供は

じっと叔母の顔を覗き込み、ニヤニヤと笑っていた。

医者や看護士が忙しなく作業をしているが、きっと彼らにも、その子供が

見えているであろう事は、彼らの動きで分った。

明らかに、意図的に、その子供を避けるようにして動いていたから。

そして、いよいよ、という時になると最後にひと目顔を見ようと

親族が大勢集まってきた。

もう、そんな状態になると医者も、全て手を尽くしたのか、少し距離を

置いて、見舞いに来た親族の邪魔をしない様に静かに見守っていた。

しかし、そんな時でも、自分は、その子供から目が離せなくなっていた。

何故なら、その子供が親族に混じって叔母を見つめているニヤついた顔が

恐ろしく感じていたし、何より、その頃になると、きっとその子供が、俗に言う

”死神”というものなんだな、と確信していたから。

そして、その小さな死神は、最後の最後まで、部屋の隅に立って叔母を見ていた。

そしてその晩、叔母が亡くなった。

終始、その子供の様子を窺っていた俺は、最後の瞬間に見せた、その子供の

えもいわれぬ程の満足した笑顔が忘れられない。

そして、気が付くと、その子供は、既に別の患者のベットに張り付いていた。

死神が、死をもたらす者か、単に死を告げに来る者かは分らないが、

そういうものが現実に存在するということを知った。

そして、子供の姿である事。

そして、その時の子供の顔が今、思い出してみると、妙に無機質・無表情であり、

まるで人形のような顔をしていた事が今は、とてつもない恐怖となって思い出される。

病院で、子供を見かける事が有ったら、それは、もしかすると死神なのかもしれない。

この子供の姿をした死神は実在する。



  


Posted by 細田塗料株式会社 at 23:33Comments(34)

2013年04月23日

ミマキ新型カッティングプロッタ登場!

寒い日と暖かい日が交互に訪れ、体調悪化が著しい営業Kです。

今回は、ミマキから新登場しました最新型のカッティングプロッタをご紹介させて頂きます。

これです! CG-SRⅢシリーズ



これまでは、プロ仕様のFXシリーズ、そしてプライベート仕様のSRシリーズと

きっちり住み分けが出来ていましたが、こんな高機能なプロッタをSRシリーズとして

発売して・・・・大丈夫なのか? ミマキさん?

という、大きなお世話は、置いときまして、とにかく本当に高機能・プロ仕様です。

実際、これまでのSRⅡシリーズでも、これでこの価格?と疑いたくなるような性能

を目の当たりにしてきましたが、このSRⅢシリーズは、更に遥か上をいってます。

まず、今まで弱点?であった曲線のカットスピードを2倍にアップ!って、そんなに

遅かったという実感は無いのですが、まあメーカーさん本人が言うんだからきっと

そうなんでしょう。

これまでのインターフェースであったUSBとRS232Cに加えてイーサネットを追加

ということは、もうネットワークプリンタの感覚で使えるということですか?ミマキさん?

確か、イベントメール機能とかいうプロッタの状態を逐一知らせてくれる機能も追加

されたみたいですが、きっとネットワーク機能を利用するんでしょうね。

これで、無人運転も安心。

更に、最大カット圧500mgで厚物カットも出来て、輪郭カットの精度も向上ですか。

そして、100SRⅢに至っては、最大カット幅1250mmで、脚とバスケットも付属ですか。

なになに?おまけにイラストレータからカット出来るプラグインソフトFineCut8と

簡単編集で、単独でデータ作成とカットが出来るシンプルカットというソフトまで付属ですか?

ふ~ん?

いっその事、名称をCG-100FXⅢに変更しませんか?ミマキさん?

名称変更するまで、販売は差し控えますね(キッパリ) 大嘘です!

実はもう既に能登方面のお客様から一台ご注文頂いております。

しかも、ローランドのプロッタからの入れ替えです。

非難覚悟で、個人的意見を言わせて頂ければ・・・・・・・・・・・・・・

カッティングプロッタは、ミマキを一度使ったら他のメーカーの物は

馬鹿らしくて使う気になれません。(本当です)


これだけの内容で、

CG-60SRⅢが278,000円(税別)

CG-100SRⅢが480,000円(税別)

個人的には、100SRⅢがおススメです。

プラスチック部分も少なくどっしりとした質感で安定感◎

更に細田塗料㈱では、常時、大幅値引きにて販売中!

お問い合わせは当社、営業までお気軽にどうぞ。





  


Posted by 細田塗料株式会社 at 23:08Comments(0)