2013年04月28日

(改)東尋坊の怖い話。

営業Kです。

怖い話連発します。


北陸で、もっとも有名な心霊スポットといえば、福井県の東尋坊と雄島。

これに異論を唱える者は居ないと思う。

確か、昔、東尋坊というお坊さんが居て、悪事の数々を行い、結局、仲間の

坊さん達に、寄ってたかって、殺され、崖から海に落とされた。

そこから、東尋坊という名前が付いた、というのが名前の由来である。。

そして、同時に日本有数の自殺の名所でもある。

確か、以前、テレビで崖の上から海を写したら無数の顔と手が写ったという

写真が公開されていた。

そして、ここから、飛び降りた自殺者の死体が流れ着くのが、雄島。

島へ架かる橋の途中で振り返ったり、島を反時計回りに回ると命に関わる

凶事が起こると言われている。

そんな危険極まりない場所へ俺も過去に一度、探索に行った事がある。

まあ、探索といっても、単なる好奇心からの心霊スポット巡りと

なんら変わりないのであるが。

メンバーは俺を含めて4人位だったと記憶している。

そして、まず、雄島から、行ったのだが、どうやら、肝試しスポットとして

大人気らしく、深夜だというのに、かなりの人で賑わっていた。

それに、どうやら釣り人もいるらしく、

これでは、探検どころではないので、さっさと雄島を後にして、

東尋坊へと向かった。

夜は、車は奥まで行けない様になっているようで、適当な場所に

車を停めて、徒歩で、東尋坊の崖を目指した。

ここも昼間はかなりの観光客で賑わうのだろうが、深夜12時を

過ぎると、人の気配は完全に消えている。

先程の雄島と対照的であるが、これも、

ここは本当にやばいという事で誰も近づかないのだろうか?

そんな話をしながら歩いていると、有名な、命の電話ボックスが見えた。

命の大切さを訴えるような文言が書かれており、中には10円硬貨も

置かれている。

そして、悩みがあるのなら、電話して話してみませんか?

という旨のシールが貼られており、此処が本当に自殺の名所

なのだと実感させられた。

実は、この電話ボックスも、幽霊が目撃されるのは勿論、その電話の

受話器を取ると、死んだ者達の声が聞こえるという噂があった

それを知ってか知らずか、。

怖いもの知らずの1人が写真撮影。

ついでに、本気で受話器を取ろうとしたので、これはさすがに皆で止めた。

そして、電話ボックスを横目に、まっすぐ崖に向かう。

波の音しか聞こえない。

そして、写真好きの彼は、。相変わらず、写真を撮りまくっている。

俺は、絶対にこんな場所で写真など撮りたくないと思うのだが・・・。

で、崖に到着。

昼間なら高さで尻込みしてしまうであろうが、夜なので、下は暗闇で高さは感じない。

だから、全員で、身を乗り出すようにして、黒い闇を崖の上からじっと眺めた。

その中に、相変わらず、写真を撮っている馬鹿がいたが・・・・。。

すると、1人が、言った。

何か、聞こえないか?

そう言われて、皆で耳を澄ますと、確かに何か聞こえる。

人の声である。波音に消されてよく聞こえないが、人の声。

それも、うめき声とかではなく、ざわざわと話す声。

そして、そのざわざわと話す声は、次第に大きくなっていく。

さすがに、全員が危険を感じたのだろう。

誰が言ったわけでもないのに、全員が無言のまま、今来た道を

車に向かって歩き出した。

そして、その歩く速度は次第に、どんどん速くなる。

そう、確かに、怖かった。

本気で。

何か得体の知れないモノに囲まれている!

そんな感じが伝わってきた。

そうして、早足で歩いていると、今度は、念仏のような声が後ろから

聞こえだす。

そして、その念仏は、大きくなったり小さくなったりしながら、

確実に俺達に近づいていた。

もう生きた心地はしなかった。

いつ、後ろから摑まれるか。

そればかり考えていた。

そして、その念仏が、俺達のすぐ後ろで聞こえた瞬間、全員が

走り出していた。

本気で恐怖を感じると声が出ないのか、全員が無言だった。

走る事で、少しだけだが、その念仏は遠ざかった気がした。

もう、既に全員が全力疾走である。

中には転んだ者もいたようだったが、誰も助ける余裕など無かった。

そして、例の電話ボックスの横を走りぬける時、チラッとではあるが、確かに

見てしまった。

電話ボックスの中から、俺達を睨んでいる女を。

人間か、幽霊か、それは断言出来ないが。

時刻はもう午前一時を回っている。

となれば、たぶん、後者の方だろう。

そのまま、何とか、車にたどり着き、全員が乗り込むと車はすぐにその場

を後にした。

その時、不思議と誰も後ろは振り返らなかった。

何かが後ろから迫っている様な気がしていたからに他ならない。

車の中には、転んで怪我をし、出血している友人もいたが、

本人は勿論、他の誰も、無言のまま車を走らせた。

もう、東尋坊に関する話題は、絶対にしたくなかったから。

そして、その後、無事、帰還した自分達ではあるが、数日後、再び、

嫌なものを見せられる事になる。

そう、写真を撮りまくっていた馬鹿な友人の写真には、当然、沢山の

モノ達が写っていた。

一目見て、それはヤバイものだと判った。

だから、写真の処理は、その友人に任せて、俺達は一時でも早く、

忘れるように努力した。

そして、その後、全員が原因不明の高熱にやられてしまう。

中でも、写真を撮影していた彼が、一番長引いてしまい、

更に、寝ている間も、ずっと何かにうなされていたようだった。

どうやら、彼が寝ている枕元に、ずっと、見知らぬ女が座っていた

ようである。

それから、後日談が沢山あるのだが、それはまたの機会に。

この危険な心霊スポットは、今日も観光地として、福井県某所に

実在している。
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 00:41Comments(3)

2013年04月28日

(改)片町に関する怖い話

営業のKです。

今日まで仕事で、明日からGW突入ですね。ハイ。

今日というか、夜は結構寒いのですが、うっかり気を緩めているとすぐに暑い季節が

やってきます。

なので、暑さ対策として、怖い話をひとつ。

はっきり言って実話です。(苦手な方はスルーしてください)

決して、GWに何の予定も無い腹いせに、怖い話を書く訳ではありませんので・・。

それでは、はじまりはじまり。

片町でのお話です。

金沢市にある片町という場所。


以前は、夜になると、沢山の人が飲みに集まってくる歓楽街であり、どの店も

それなりに繁盛していた。

しかし、最近は、夜に片町を飲み歩いている人も少なくなり、当然、潰れる店も多く、

飲み屋が入っているビルは、廃墟と化しているものも少なくない。

俺も、片町にはストレス解消の為、以前は週末に飲みに出ることが多かった。

行きつけの店も良いが、初めての店に飛び込んでみるというのも、スリル?が

あって、結構楽しい。

しかし、なかには、絶対に、このビルだけは、近寄らないという雑居ビルがある。

これは、自分が以前、そのビルに友人とふたりで飲みに行ったときに体験した事だ。

ビルの名前は伏せておくが、確か、7階建てで、以前は、かなりの店が入っており、

至る所が酔っ払いで溢れかえっていた。

だが今は、殆どの階の店は潰れてしまい、最上階の店と同フロアの

管理事務所だけが入っている。

そこに、友人に、ボトルがあるから、と誘われ飲みに行った時の話だ。

自分が日頃、行く店とは違い、かなり高級な店だった。

ただ、その時は、何故?と思ったのだが、今思うと、なるほど、と思う事なの゛が、

タバコを切らした俺が、タバコ買ってきて!、

と頼んだが、何故か頑なに拒否された記憶がある。

やはり従業員は、そのビルに起こる怪異を知っていたのだろう。

そして、俺達はその店でで、そこそこ飲んで歌って、それじゃ、そろそろ、

という事で店を出た。

会計は、明朗会計だったのを記憶している。

ただ、普通、エレベータまでお見送りに来て、扉が閉まるまで

しっかりお見送りするものだと思うが、その時は、店の外にすら、誰も出てきて

見送る事はしなかった。

俺はつい

感じ悪いよな、あの店(怒)と言ってしまい、

以前は、あんな事無かったんだけどな!確かに、俺も、もう行きたくない

、と友人が返してきた。

そんな話をしていると、まだ階数ボタンを押した覚えは無いのに、

エレベータが静かに上がってきて俺達がいる最上階で止まった。

ドアが開く。

当然、他の客が乗っている筈も無く、俺達は速やかにエレベータ

へと乗り込む。

そして、1階の階数ボタンを押した。

エレベータは、静かに降下していった。

そして、降下する速度が落ちる。

どうやら6階で止まる様だった。

そして、ドアが開いた。

真っ暗闇だった。

おいおい、このフロア完全に廃墟と化してるな!

やっぱり不景気なんだな?などと、

話していると、暗闇の向こうに何かが立っているのが見えた。

女だった。

この暗闇に、たった1人で立っていた。

そして、その顔は笑っている。

ニヤニヤした嫌な笑顔だった。

それでも、

乗りますか?

と、かなり向こうの暗闇に立っているその女に、友人が話しかけたが、

俺は慌てて、ドアを閉めるボタンを連打した。

そして、ゆっくりとドアは閉まった。

再び、降下し始めたエレベータの中で彼が俺に聞いてきた。

なんで?

だから、俺は、こう返した。

明らかに、あの女の顔の位置、いや、高さは異常だったろ。

まさか、暗闇で、脚立に上っている訳でも無いだろうに。

ただ、確実に顔の位置からは、浮いてるようにしか見えなかったから。

そんな話をしているうちに、5階へ。

そして、また、エレベーとのドアは開いた。

そこには、相変わらず漆黒の闇が広がっているだけ。

だが、非常灯の明かりにぼんやりと映し出されるものがあった。

もしかして、さっきの女?

友人が言った。

それは確かにあの女だった。

しかも、さっきより近づいていた。

6階では、非常口の誘導灯の向こう側にいたのだが、今は誘導灯のこちらに

来ている。

一気に5メートルくらい近づいた事になる。

慌てて、開閉ボタンを押す友人。

完全に酔いはさめている。

そして、

同じ女だったよな?どう?

そう尋ねる友人に、

お前が、乗りますか?なんて言うからだろ!

と俺。

すると、

しかし、何でこのビル、どの階も真っ暗なんだ?

と友人。

知らねえよ!

と俺。

そんなやり取りをしていると、またエレベータは4階で止まろうと速度を落とす

友人は。

今度ドアが開いたら、また真っ暗で、そしてあの女が立っていたとしたら、

間違いなくあれか?

幽霊?

と聞いてくる。。

さっきの時点で間違いなく、幽霊だろ?気付けよ!

と俺はなかば呆れ顔で返した。

そして、ドアが開く。

また、暗闇が広がっていた。

しかも、非常口の誘導灯で判断しなくても、明らかに近づいている。

エレベータのドアから5メートル位の距離だ。

もう、着ている服も顔もはっきりとわかる位の距離。

服は、真っ赤なドレス。

そして、長いストレートの髪に、嫌な笑いを浮かべた顔。

一瞬、誰かのいたずら?とも考えたが、こんな短時間に階段を駆け下りて

くるのは絶対に不可能なのは明らかだった。

友人は、よほど怖いのか、必死になって何回も開閉ドアを押している。

そして、ドアは閉まり、再び、降下を始める。

だが、また、階数ボタンは押してもいないのに、3階で止まろうと

エレベータは速度を落とした。。

友人は、ドアが開く前から、開閉ボタンを連打しながらこう言った。

次にドアが開いたら、きっともっと近くにいるんだろうな?お前、平気なの?と。

勿論、平気な訳は無いが、とりあえず、さっきから、心の中では南無妙法蓮華経を

連呼している。

それに、友人が怖がっているのを見ると、不思議と、落ち着かなくては!と

思う自分が其処に居た。

そうこうしているうちに、エレベータは3階で止まった。

そして、ドアが開く。

暗闇の中、女は立っていた。

完全にドアのすぐ前に。

ある程度、予想は出来た事だが、さすがに目の前に立っている

のを見て、俺達はパニックになる。

そして、ドアを閉めるボタンを連打し続ける友人。

その姿を見たからなのか、その女は、更に不気味な笑みを浮かべた。

そして、俺達が乗るエレベータに乗り込もうと前に出た。

それは、足を踏み出すのではなく、浮かんだまま、スーっと近づいて来る。

ドアに女の手がかかる。

俺は、以前、霊能者から聞いていた話の中に、両手をゆっくり拍手してパンと

大きな音を出すということが魔よけになると言われたのを思い出した。

だから、それに全てを託した。。

大きく、やっくり何回もパンパンパンと。

一瞬、女の動きが止まったように見えた。

そして、その隙にドアは無事閉まった。

と、ここまでは良かったのだが、

あまり、開閉ボタンを連打しすぎた為、またドアが開いてしまった。

凍りつく俺達。

案の定、女は、そこにいた。

そして、さらに気味の悪い笑いを浮かべると、ふっと消えてしまった。

何故、消えた?

俺達の頭には、それしか浮かばなかった。

だが、なんとか再び、ドアが閉まる。

そしてエレベータは静かに降下を始める。

もしも、また2階で止まったら・・・・・。

今度は、ドアが開けば、きっと女は

何としてでも中に入ってこようとする筈だ。

なんとしてでも、阻止しなければ。

そう、決意した自分達だったが、ドアは、開かなかった。

そして、そのまま、1階へ。

俺達、助かったのか?

あの女、どっかへ行ってくれたのか?

そう震えた声で聞いてくる友人。

俺にも、それは分らなかったが、3階で突然消えた事が、

俺の頭にはずっと、引っかかっていた。

本当に消えたのか?と。

しかし、その思いは、次の瞬間、的中してしまう。

1階に到着し、エレベータのドアが開く。

心地よい外界の雑踏が、俺達に助かった!という安堵感を与えてくれた。

だが、その雑踏に混じって、ひっ、と悲鳴のような声が。

ドアが開き、そこでエレベータを待っていた数人の客達が

蒼ざめた顔をしていた。

そして、

うしろ!うしろ!

そう言われ、振り返った俺達が見たのは、満足そうな薄ら笑いを

浮かべて壁に消えていく女。

ということは、3階のドアが開いた時から、女は、エレベータの中に

いたのか?

俺達と一緒に・・・・・。

そう考えると、血の気が引いていくのがわかった。

その女の目的も何も判らないが、その女は確実に、そこにいた。

今も、そのビルは実在している。
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 00:36Comments(3)

2013年04月28日

必見! MEX金沢2013

こんばんは。サインディスプレイ部営業のKです。

5月の16日~18日まで産業展示館に於いて第51回MEX金沢が開催されます。
これですね。



このMEX金沢ですが、機械工業見本市としてすっかり定着しておりますが、自分も毎年、足を運んでは

技術の進歩に驚くとともに、何か仕事に繋がる商材は無いかと各ブースを回っております。

そして、今年のMEX金沢ですが、ひとつニュースがあります。

それは、㈱ミマキエンジニアリングがかなり大きなスペースを使って、とっておきのマシンを

持ち込んでくれる、という事です。

最近、UVプリンタが絶好調なミマキさんが、大盤振る舞いの出品です。

たぶん、運送費などで、かなりの費用が掛かると思うのですが。

そのマシンは、最新型の高速UVプリンタJFX500-2131

これです。



はっきり言って大きいです。速いです。綺麗です。

通常はミマキ本社ショールームか、東京・大阪の大展示会でしかお目にかかれません。

凄いぞ!ミマキ。

以前から弊社が一押ししておりますUJF-3042HGを進化させ大型化させたマシンですね。

簡単に紹介させて頂きますと・・・・

・最大印字サイズは2100×3100mm。

・印字速度は最大60㎡/h、白インク使用時でも45㎡/hの高速印字。

・乾燥時間が早く、低ランニングコストの新開発インクLUS-150をこれまた新開発ヘッドに搭載。

・更にLED-UVユニットも新開発。

・新開発ラスターリンク6による制御でより簡単に、効率的な印字を実現。

他にも沢山有るんですが、百聞は一見にしかず、です。

ぜひ、MEXの会場に足を運んで、その素晴らしさを体感してください。

勿論、自分も見に行きます!

大判のUV印刷機が欲しい方、生産性の高いUV機が欲しい方にはきっとピッタリだと

思いますよ。

勿論、細田塗料㈱でも、力を注いで販売しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

それでは、会場でお会いしましょう!


  


Posted by 細田塗料株式会社 at 00:17Comments(0)