2013年04月30日

(改)練習スタジオに出る女の霊!

営業のKです。

またしても怪談ですが、あくまでも実話です。

苦手な方はスルーしてくださいね。

ではでは。


趣味でバンド活動をやっている。

そして、いつも困るのが練習スタジオの確保である。

夜間は、どこも一杯でいつも頭を悩ませていたが、知り合いの紹介で、

月契約で、格安料金で毎週土曜日の夜、時間無制限で使用できる

スタジオがあるという事で、一度利用してみる事にした。

機材的には、ドラムセットに各種アンプ類、そして本格的なミキサーも

揃っており、簡単な録音も可能という、まさに至れり尽くせりの内容

だった。

ただ、そのスタジオ自体は、自動車工場の2階に有り、夜間は勿論、

1階は無人になり、真っ暗な中に佇む事故車が少し

気持ち悪く感じる事があった。

実際、使用し始めてからの2ヶ月間にも、トイレが誰も入っていないのに

開かない等の小さなトラブルは有ったのだが・・・・。

そして、2ヵ月が過ぎた頃、スタジオの中で、オリジナル曲のデモテープを

作る事になり、演奏しては、聴きなおして、煮詰めていくという作業をしていた。

その時のメンバーは、男はギターが二人、ベースが一人、ドラムが一人、

そして女性はキーボードとボーカルが各一人という計6人でスタジオに

詰めていた。

そんな感じで時刻は午前2時を回っていたと思う。

ある男が、うまく進まない行程にイライラして、メンバー内で禁止になっている

タバコに火をつけた。

いや、実際には、火は点かなかった。

何度、やっても火は点かなかった。

それでも、女性陣から、禁煙だよ、と突っ込まれ彼はタバコをしまおうとした。

だが、別の誰かが言った。

いや、もう一度、火をつけてみてくれ。気のせいか、さっきから少し息苦しく

感じるんだが。

もしかしたら、空気が薄くなってるのかも。

そう言われ、何度かトライしていたが、結局、火は点かず。

そして、確かに少し息苦しい。

ちょっと空気の入れ替えでもしようよ、と言って、一人の女性がスタジオ

のドアのノブに手を掛ける。

あれ?開かないんだけど。

おいおい、という事で、男が交代する。

しかし、開かなかった。

ドアのカギは開いている。

そして、ノブも回る。

だが、開かない。

いや、開かないというよりも、ドアの向こうから、開かない様に誰かが抑え

ている感じといえば、分りやすいだろうか?

すこし、ドアは開こうとするのだが、すぐに押し戻される。

スタジオには消音の為、窓は無く、唯一の入り口は、そのドアだけだった。

ドアの向こうに誰かいるぞ!

でも、一階のカギはしっかり掛けてきたよな?

じゃ、ドアの向こうにいるのは?

そう言った途端、ドアの向こうからゲラゲラと大声で笑う声が聞こえた。

悲鳴を上げる女性陣。

冗談じゃねえぞ!

そう言うと、男が全員でドアを開けることにした。

今度はすこしドアが開いた。

が、すぐに押し戻される。

そして、再び、下品な笑い声。

これ、女の力じゃないよな?

そんな事は、どうでもいいよ!

女が一人でドアを押さえているとしたら・・・。

その姿は見たくなかった。

ドアが開かないと思うと息苦しさが増したような気がした。

そして、一人がドライバーを持ってきた。

開かないドアなら、ドアの取付金具から外してやるよ。

そう言って、ひとりがドライバーで金具のネジを外しだした。

見守る他のメンバー。

どうやら、うまく外せそうだな。

誰かが、そう言ったその時、今度は開けようともしていないのに

ドアが勝手に開く。

そして、開いたドアの向こうには、一人の女が、作業している男を

睨みつけるように立っていた。

かなり細い、そして身長が異様に高い。

肩までのパーマ。

そして化粧っ気の無い顔。

一目でそれが、この世の者では無いという

確信を得た。

またしても、女性陣は、悲鳴を上げる。

すると、女は、低い声で、

死ねばよかったのに。

確かにそう聞こえた。

そして、体を回転させると階段の方に消え、その後、階段を

下りる音が聞こえた。

足があるなら人間だろ?

ふざけやがって!

一人がそう言って女の後を追う。

やめとけよ!そう言ったが彼は後を追う。

一人にさせては置けないと、男が全員で彼に続く。

そして、1階を探索する。

カギはちゃんと閉まっている。

トイレにも居ない。

そして、ふと前を見ると、フロントガラスが割れた事故車の軽四が一台。

誰かが言った。

もしかして、この事故車に乗っていた女が出たのか?じゃ、死んだのかな?

その時である。

2階から聞こえる悲鳴。

まずい!

急いで2階へ駆け上がる俺達。

そして、そこで目にしたのは、先程の女が首を90度くらい傾けたまま、

女性陣に迫っている後姿。

消えろ。馬鹿野郎!

誰かが叫ぶ。

すると、その女は、こちらに振り向いたまま、壁の中へ消えていった。

その後、全ての照明を点けたまま、一目散にそのスタジオを後にしたのは

言うまでも無い。

しかし、あの女はスタジオに住み着いている幽霊なのか、それとも、あの事故車

で亡くなった女性の幽霊なのかは、知る由も無い。

が、以後、そのスタジオを使う事は無かった。

そのスタジオは、金沢のとある場所に今も実在する。
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 21:25Comments(5)

2013年04月30日

プロ仕様。世界最速3Dプリンタ。

サインディスプレイ部 営業のKです。

先述のパーソナル向け3Dプリンタですが、”うちは、プロが使う本物志向の

3Dプリンタしか興味がねえんだよ!”
という声にお答えする為にこんなのも。

武藤工業の本格プロ仕様の3Dプリンタ、その名もZ Printerです。



お値段もプロ仕様ということでそれなりの設定ですが、それでも他社さんに比べれば

安いもんです。

それよりも着目したいのはその速度とランニングコストです。

速度は、はっきり言って世界最速です。

それも、他社の物より5~10倍速いんです。

そうです。例えるとすれば・・・ウサギとカメ

まあ、童話ではカメが勝っちゃいますがその辺はそういうことで(どういうこと?)

しかも、同時に複数のフルカラー3D造形が可能。

つまり・・・・。























が、同時に作れちゃいます。

何がなんだか、良く分からなくなってますがとにかく凄いです。

しかも、簡単操作でコストも掛からず、思いついたデザインをすぐダイレクトに

現実のサンプルとして手に取り評価できます。

勿論、細田塗料では、こちらも絶賛、販売中です。

お問い合わせはお気軽に!

  


Posted by 細田塗料株式会社 at 21:13Comments(0)

2013年04月30日

(改)ギターに関する怖い話

営業のKです。

迷惑かもしれませんが、怪談を。

一応、縁起担いで、99話で止める予定です。

では。


自分の趣味の1つにギターがある。
別に高尚なクラシックとかではなく、普通にロック・フォーク・ジャズなどを

弾いているのだが・・・・。

これは、10年位前に、あった話。

ギターにもブランドとか憧れの・・・
というのがあって・・・・・。

ギブソン・マーティン、ラリビーなどなど・・・・。

その中にOvationというメーカーのアダマスという高級ギターがある。

自分にとっても当然憧れのギターであり、初期型の最高グレードだと

約100万位はするギターだ。

で、ある日、ライブで知り合った方から、知人がそのギターを売りたがって

いるんだけど買いますか?

と尋ねられて、

幾らですか?

と聞くと

幾らでも良いよ?

というので冗談で、じゃ8万円位なら即金で買いますけど?というと、

なんと、すぐに交渉成立!

えっ?と正直、半信半疑だったんですが、それから数日後に、本当に

そのギターが手元に届いた。

Ovationのアダマスの中でも最上位であるスーパーアダマス。

本当に嬉しくて、毎日ちょっと弾いては、磨いてはギターを眺める、

という日々が過ぎて行った。

今、思えば、確かにそのギターは製造年から考えると、綺麗過ぎる

ギターだったと思う。

それこそ、本当に新品同様で。

それから、家族から変な事を尋ねられるようになった。

”今日の昼間、仕事中に部屋でギター弾いてた?

”とか、

真夜中にギター弾くのは近所迷惑だぞ!

とか。

当然、仕事中も真夜中にもギターは弾く筈もなく、その時は、

はいはい、と適当に返事をしてた。

でも、ある日、ふと気がつくと、テレビの音に混ざって、ギターを弾く

音が聞こえてくる。

だから、ずくにテレビを消した。

下手くそな俺にも、そのギターの音が例のギターである事はすぐに分った。

それも、自分が弾くタイプの曲でもないし、なにより上手過ぎる。

なにか、嫌な気持ちを抱きながら、それでも泥棒かも?という淡い期待?

を抱きつつ、ギターが置いてある自分の部屋に向かう。

右手に、護身用のバットを持って。

部屋が近づいて来るにつれ、ギターの音はよりはっきりと聞こえる。

曲調は、アメリカのカントリー調の曲だが、自分は聞いた事が無い

マイナーな曲みたいだ。

部屋の前まで来ると、音は、更にはっきりと聞こえる。

というか、今、扉一枚向こうで、誰かが、がむしゃらにギターを弾いて

いる事がリアルに感じられる。

バットを持つ手に力が入る。

意を決して、一気に部屋の戸を開く。

怖さを消す為に大声で”誰だ?”と叫びながら。

でも、そこには、誰も居なかった。

つい、今まで、はっきり聞こえていたギターの音は完全に消えていた。

聞こえるのは、静寂の中で時を刻む時計の音だけ。

もう、恐怖に押し潰されそうになりながら、後ろを何度も振り返りながら、

ギターを確認。

ちゃんと、ケースに入っている。

でも、ネックが反らない様に、緩めている弦がちゃんと調弦されている。

これで、自分の中で何かが叫んだ。

このギターは持っていてはいけないギターだ!

今、思えばオークションに出せばかなりの金額で売れたのであろうが、

その時には、一時でも早く手元からこのギターを手放したかった。

で、元の持ち主に、即、連絡。

事情を話すと、元オーナーは、即答で

”分りました。すぐに引き取りに行きます。お金もそのままお返ししますね”

との事だった。

そのギターが今どこにあるのか?

それは、自分にはもう分らないが・・・。

ギターでも何でも、物には時としてそういうものが宿る事があると教えられた。

今、思い出しても結構怖い思い出だ。
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:49Comments(8)

2013年04月30日

たまには、新商品のご紹介も!

サインディスプレイ部 営業のKです。

いつも、㈱ミマキエンジニアリングの商品ばかりをご紹介しておりますが

弊社では、色んなメーカーさんの色んな商品も販売しております。勿論!

そこで、今回は武藤工業さんの3Dプリンタのご紹介です。

武藤工業といえば、CAD用の難しい商品やラミレスなどのマニアック?な

商材が多いように感じますが、実はそうでもないんですね。

で、今、弊社が力を入れているのはコレ!

パーソナル用途にも余裕で導入できる低価格3Dプリンタ”3D TOUCH”です。



何が凄いかと言えば、とにかく価格がハンパなく激安ということ。

まず、何をするマシンかといえば、ワイヤー状のABS樹脂で、無の状態から、立体物を

積み上げて形成していく事が出来ます。


3D彫刻機とはその辺が大きく異なります。

だから、データ次第ではかなり複雑な造形も可能です。

ちなみに、この機械、単体で動作しますから、専用のPCサーバも必要なし。

PCで作ったデータをUSBメモリを使って、このマシンに取り込めば完了です。

あとは、出来上がるのを待つだけ!

簡単でしょ?

こんな簡単な行程でこんなのが出来たりします!



自分の趣味で使うも良し。仕事でのプレゼンや試作機として使用するも良しです。

そう!人には言えない"ウフフな趣味”もこれを使えば満足度258パーセント?です。

そして、こんな凄い3Dプリンタが35万円※定価~手に入ります。

凄い時代ですね。

個人的には、色んな使い方が出来る、面白いマシンだと思います。

という訳で、どなかか、自分にプレゼントしてくれませんか?あっ、駄目っすか?すいません。

とにかく、細田塗料では、絶賛販売中ですので、何でもお問い合わせくださいませ。

  


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:40Comments(0)