2017年09月30日

明日から予定通り・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、今日もお疲れ様でした!

昨日は、自著『闇塗怪談』の発売という事で、

私もソワソワと落ち着かない1日になりました。

あっ、はじめまして、の方も含めて、本当に

沢山の方にお買い上げ頂いているようで、

本当にありがとうございます。

一日でも早くベストセラー作家を足がかりに、まずは

欅坂46に入り、さっさと卒業して、女優への

足がかりにしたいと目論んでおります(嘘です)


それから、東京と金沢でのオフ会。

大成功だった様で、とても嬉しいです。

いつかは参加しないと!

と思っておりますが、まあいつになるやら・・・・。


それと、仕事関係のお客さんにも沢山買って頂いた

のですが、本を目の前に置かれて、

さぁ、直筆サインを書いてくれ!

と言われて、当然の事ながら、サインを書く

練習などしていなかった事に気付きました。

はい。

ちゃんと考えて良いサインを造らないと・・・。


それから、明日からのブログ再開に備えて、そろそろ

怖くない話も書き始めております。

久しぶりに書いていると新鮮で楽しいのですが、やはり

夜に書いていると、怖さ倍増・・・です(涙)

まあ、となりの部屋で相変わらずの娘は、こんな夜更けに

コスプレをして悦に入っております(笑)

まあ、とりあえず、日付が変わったら1話アップしなければ!

頑張りま~す!(笑)
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 22:36Comments(15)

2017年09月29日

ありがとうございます(涙)

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、本当に沢山の方がお買い上げ頂いている

ようで、心より御礼申し上げます!

実は午前中にチラ見しに入ったかなり大きな

本屋で、



こんな感じでした。

新刊コーナーには姿が見えず、探し回ったら

陳列前の闇塗怪談が・・・・。

しかも、全く放置状態で、しかも、さ、3冊だけ(涙)

本当に大きな本屋だったので、それでも3冊なのか・・・と

結構、気落ちしておりました。

なので、本当にありがたく嬉しいです。

何度も言いますが、

本当にありがとうございました。
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 12:48Comments(101)

2017年09月29日

感謝の極み・・・です。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、おはようございます。

何故か昨晩は予想に反してぐっすりと寝てしまいました(笑)

本日は、私の『闇塗怪談』の発売日です!

改めて、皆様への感謝の気持ちでいっぱいです!(涙)

皆様のお力添えが無かったら間違いなく出版など

夢のまた夢・・・だったと思います。

いつも、力になって頂き、本当にありがとうございます!

東京や金沢でもオフ会が予定されており、その場での

読書会?になるという感じになっておりますが、

まあ、間違いなく、すぐに楽しい飲み会になってくれると

期待しております(笑)

やはり、心配でドキドキなのは、本の中身が皆様の

要求を満たすレベルに出来上がっているか?という

事ですが、まあ、1冊目ということで、お手柔らかに

お願い致します(笑)

それでは、私はドキドキしながら、仕事頑張ります!
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 09:11Comments(41)

2017年09月27日

オフ会連絡用としてお使いください!

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、今日も1日、お疲れ様でした。

最近、オフ会の話題で盛り上がっている様子

ですので、オフ会の連絡用の場所を

作りますね!

まずは、東京ですね。

金沢でも、オフ会の動きがありますし・・・。

色んな場所で、読者様同士の交流が行われると

嬉しいです。

それでは!
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 19:20Comments(185)

2017年09月26日

孤独から救ってくれたもの

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、今日も1日お疲れ様でした!

9月中に1話だけでもアップすれば?

というコメントに反応し、帰宅後、急いで

書き上げました。

怖い話の気分ではなかったので、怖くない、

ほっとするような話を選びました。

今日はかなり落ち込んだ1日でしたけど、

それでもコメント欄を読んでいると、

元気が出てきましたし、帰宅後、

相変わらずマイペースで呑気に、

マッサージチェアーを占領しながら

ボカロを口ずさんでいる娘の姿を見ると、

なんか悩んでるのが馬鹿らしくなってきました(笑)

皆様、感謝・・・です。

ということで、1話のみ、アップさせて頂きます。

その続きは、きっと10月1日からになると

思います。

誤字脱字の世界をご堪能くださいませ(笑)

それでは、いってみましょう!

怖くない話。

どうぞ~!



これは趣味関係の知人から聞いた話である。

彼女は高校を卒業し大学に進んだのだが、何せ彼女の住んでいた所は

かなりの田舎であり、高校も特に進学校という訳ではなかったから、

卒業生の殆どが地元の短大に行くか、就職してしまうのだという。

そんな中で彼女の成績は突出していたらしく、学校始まって以来の優等生

として、東京の有名私立大学に進んだ。

元々は彼女自身も、地元の短大に行きたかったらしいのだが、やはり周りの

期待というものは凄まじく、正直、嫌々ながら東京の某有名大学に進学した。

しかし、やはり田舎でのんびりと過ごしていた彼女にとって、東京は決して

住みやすい場所ではなかったらしい。

高い家賃と狭いアパートの部屋。

そして、何処に行っても人で溢れているのに、彼女が住んでいた田舎とは違い、

誰もが、他人との繋がりを避けているように感じてしまう。

その環境は次第に彼女を孤独にしていった。

次第に大学にも行かなくなり、家の中に篭もるようになった。

バイトしなくても生活出来るようにと、食事は1日1食にして、その殆どを

レトルト食品やカップ麺だけで済ませるようになった。

電気代が掛かるので、出来るだけ明かりを点けないようにし、テレビの

コンセントも抜いてしまった。

そうなると、もう完全に毎日を寝て過ごすだけという生活になってしまい、

彼女は体調を崩し、みるみるうちに痩せていった。

もうそんな状態になってしまうと、自分でどうにかしようとあがけばあがく程、

どんどんと状態は悪化していった。

そのうち、携帯に電話が掛かってきても出ないようになり、田舎にいる友人や

家族とも連絡を拒絶するようになってしまう。

自分でも、こんな事ではいけないと判ってはいたが、自分ではどうする事も

出来なくなっていた。

風呂にも入らず、化粧もしない。

だから、人とは接触しないようにした。

そして、彼女は孤独の中で廃人のようになってしまった。

そんなある日、彼女のアパートのドアをノックする音が聞こえた。

彼女はいつものように聞こえないフリを決め込み、布団の中でじっとしていた。

しかし、ドアをノックする音はいっこうに収まらない。

うるさいなぁ、誰なの?

だから、彼女は仕方なく布団から出てドアの方に向かった。

はい?

彼女が嫌味たっぷりに玄関のドアを開けると、そこには彼女と同じ位の年頃の

女性がおどおどした表情をして立っていた。

そして、

あの・・・はじめまして。

○○さんって私と同郷だと聞いたので・・・。

なんか嬉しくなって、ついお邪魔してしまいました。

と照れながら、うつむき加減に言ってきた。

確かに、その女性が話す言葉は、彼女の地元の訛りが混じったアクセントであり、

同郷といわれれば、確かに本当なのかもしれない、と思った。

しかし、そんな事はその頃の彼女にはどうでも良い事になってしまっていた。

だから、

私・・・ホームシックになっちゃって・・・それで・・・・。

出来ればお友達になってほし・・・・。

と話している女性を無視するかのように彼女はドアを閉めてしまった。

ドアを閉めた後、カンカンカンと寂しそうにアパートの階段を下りていく足音が

聞こえたが、それも彼女は気にも留めなかった。

彼女には、誰とも接しない生活こそが幸せと感じるようになってしまって

いたのだから・・・。

あんな態度をとったんだから、もう来る事はないはず・・・・。

彼女は心の中でそう思った。

しかし、それから毎日のように彼女のドアがノックされるようになる。

きっとまたその女性だと思った彼女は、そのノックも徹底的に無視し続けた。

しかし、その女性が立ち去った後には、いつも彼女の故郷の特産品などが

置かれていた。

それも、彼女が好きだったものばかりが・・・・。

彼女は、思わず、それを頬張ってしまう。

すると、それはなんとも懐かしくそして美味し過ぎるくらいだったので、彼女は、

何も食べていなかった事もあり、それをその場で全て食べ尽くしてしまった。

ふるさとの味は彼女の冷め切った心も少しずつ溶かしてくれるようだった。

だから、いつしか、彼女はその女性が訪ねてくるのが楽しみになっていった。

そんなある日、彼女はドアがノックされると無視するのではなく、ドアを

開けてみた。

すると、そこにはにっこりと笑うその女性が立っていた。

それから、彼女はその女性と近くの喫茶店に行き、話をする事にした。

実際に話してみると、色んな事が分かった。

その女性は四月朔日と書いて『わたぬき』と読む変わった苗字であり、名前はケイコ。

その苗字には、彼女にもどこかで

聞いた記憶があったのだが、何故か思い出せなかった。

そして、以前は彼女の実家の隣町に住んでいた、という事。

そして、彼女と同じように単身東京に出てきて、孤独感に苛まれているという事。

そして、出来る事なら是非友達になって欲しいと頼まれた。

その喫茶店を出る際、その女性からいつものようにふるさとの特産品が渡された。

彼女はお礼を言ってそれを受け取ると、1人部屋に戻って泣いた。

自分の身勝手さに気付き、腹が立ち情けなく感じたのだ。

ケイコさんに見合うだけの人間にならなければ、と強く思った。

そして、その女性と友達になる事で、もしかしたら自分が変われるかもしれない、

いや、少なからず、今よりは充実した生活が送れるのではないかと思った。

それから彼女は一晩かけて部屋の中を掃除し生理整頓した。

ゴミ屋敷の様だった部屋の中が見違えるように明るくなった。

それからは、その女性が訪ねてくると、必ず彼女の部屋で過ごすようになった。

色んな話をしているうちに、なんだか笑顔も取り戻せたような気がした。

そして、その女性と外出も楽しむようになっていき、それは月に1度から週に1度

という感じでどんどん増えて行き、そのうちに外出する事も怖く

なくなっていった。

そうしていると、不思議と色んな知り合いや友達が出来ていくもので、彼女の

東京での生活は日増しに充実したものになっていった。

そんな折、彼女は実家の用事で急遽、帰省することになった。

そして、用事が終わると、東京へ戻る前に、彼女には1つだけやりたい事

があった。

それは、ケイコさんの実家を訪ねてみたいということに他ならなかった。

その実家は珍しい苗字のお陰ですぐに見つかった。

隣町ではかなりの名家だったらしく、その自宅も家というより屋敷という

感じだった。

その大きな屋敷を見て彼女は一瞬怯んでしまったのだが、どうしても訪問

しなくてはいけない、と思った。

何故なら、完全に引き篭もり廃人の様になっていた彼女を救い出してくれたのは

紛れもなく、ケイコさんだったのだから。

だから、何故か、その家族にお礼を言わなければいけないと強く思っていた。

彼女が呼び鈴を押すと、年配の女性が出てきた。

その顔は、ケイコさんにそっくりだったので、すぐに母親だと判った。

そして、事情を説明し、お礼を言うと、その年配の女性は、涙を流しながら

こう言った。

○○チャンだよね?

一目見てすぐに分かったわ。

○○ちゃんはもう忘れてるかもしれないけど、うちの娘、小学校までは同じ学校の

同じクラスだったんだよ。

とっても仲が良かったんだよ。

でも、貴女のお父さんの仕事の都合で貴女が転校してしまって・・・。

ずっと、悲しんでたみたいなんだけどね。

うん。でもやっと会えたんだ。

良かった良かった!

そう言われ、彼女は遠い昔の記憶がどんどん蘇ってきた。

確かに、小学校の時、いつも一緒に遊んでいた女の子の苗字が『わたぬき』だった。

そして、彼女は父親の仕事の都合により、一時的に遠くへ引越し、その後、

再び、その町へと戻ったきていた。

何故、そんなに大切な事を今まで忘れていたんだろう、と自分を責めた。

すると、突然、母親は意外な言葉を口にした。

あの娘も、せめて生きている間に貴女に会えてたらもっと嬉しかった

だろうけどね。まあ、これも運命なのかもしれないね。

そう言って涙を拭った。

彼女は、????となって、母親にこう言った。

いえ、私、ケイコちゃんに間違いなく東京で会ってますから・・・。

それなのに、生きているうちに・・・ってどういう意味ですか?

.すると、母親は、彼女を家の中に招きいれ、奥の和室に連れて行った。

そして、そこには仏壇が置かれており、紛れもないケイコさんの写真が

置かれていた。

その姿は現在のものよりは若く感じられたが、それでもケイコさんだとすぐに分かった。

すると、母親は、

高校1年の時に、突然酷い熱が出て、そのまま逝ってしまってね。

もしかしたら、いまだに自分が死んだことも分からないのかもしれないわね。

と言って、少しだけ笑った。

彼女は何がなんだか判らなくなり、失礼します、とだけ言ってその家を後にした。

そして、東京に戻る飛行機の中で考えていた。

そういえば、なんで同郷の私が近くに住んでいるって分かったんだろ?

近所に知人なんて1人もいないのに・・・・。

そんな事を考えれば考えるほど、どんどん理解出来なくなっていく。

とにかく、東京に戻ったらすぐにケイコちゃんに会おう!

そして直接聞いてみればいいんだ!

そう思いなおし、彼女は東京に戻ると、すぐに彼女はケイコちゃんに連絡を取ろうとした。

しかし、電話をかけても、その番号は使われていないというメッセージが流れ、

連絡がつかなかった。

それならということで、ケイコちゃんと仲良くなってから知り合った知り合いや

友達に、何処に行ったか知らないか?

と聞くのだが、誰もケイコさんの事は

覚えていなかった。

彼女はアパートに戻り、1人で考えてみた。

すると、いつか彼女が言っていた言葉が思い出された。

もう私が居なくなっても大丈夫だね(笑)

その時は軽く聞き流したが、もしかしたらケイコちゃんには、最初からそのつもり

だったのかもしれない・・・・。

そう思った。

東京に1人きりで廃人のようになっていた自分を助ける為だけにこの世に戻り、

そして、もう安心出来ると確信し、またあっちの世界に戻っていったのではないか?

そう考えていると、ボロボロと涙が止まらなかった。

ケイコちゃんが居なくなった時、また廃人のようになってしまうのではないか、と

思ったが、今の自分には多くの知り合いと友人達がいる。

そして、そんな風に導いてくれたのは紛れもなくケイコちゃんだった。

だからケイコちゃんの為にもしっかりしないと・・・。

そして、ケイコちゃんの分までしっかりと生きないと・・・。

そう思える自分が居た。

そして、誰もがケイコちゃんの事を忘れてしまっていても、自分だけが

しっかりとケイコさんの事を覚えていればそれで良いんだ!

そんな風に考えるようにした。

それから、彼女の東京での生活は充実した時間が続いた。

そして、社会人になった今でも、毎年、彼女のお墓参りだけは絶対に

欠かさないのだという。
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 22:27Comments(95)

2017年09月26日

反省しております・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、おはようございます。

昨晩の書き込みで、皆様に嫌な思いをさせて

しまい、心から反省しております。

ただ、1人の方トはには、以前から直接メールで、色々と

ありまして、私自身、かなり傷つけられました。

それがあのような馬鹿げた発言をした理由だと

正当化する気はありませんが・・・。

でも、もうそんな事は気にせず忘れる事にします。

今後は、また心機一転、楽しい場所になるように

気持ちを入れ替えて頑張りたいと思います。

ここが、ずっと皆様にとっての癒しの交流スペース

として存在出来る様に・・・。

皆様の率直なご意見、本当に心に響きました。

お恥ずかしい限りです。

でも、お陰で自分の間違いに気付くことが出来ました。

ありがとうございました!

  


Posted by 細田塗料株式会社 at 07:28Comments(75)

2017年09月25日

26日分の更新・・・です。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、今日も1日お疲れ様です!

もう9月も終わりですね。

あっという間に、クリスマスが来て、そして正月が来る。

最近は本当に時間が経つのが速く感じてしまいます。

それはそうと、東京のオフ会、決まりそうで嬉しいです!

本当はお礼も兼ねて参加しなくては、と思うのですが、

本当に申し訳ありません。

新しい本が皆様のご期待に添えられるものになっていると

嬉しいのですが・・・。

まあ、きっと2chの掲示板なんかでは、ボロクソに

低評価されるんでしょうけどね(涙)

あっ、それから『闇塗怪談』と書いて、

ヤミヌリカイダンと読むそうです。

ミニ子様も元気そうで何よりです。

そういえば、我が家では、Gは見た事が無いですね(笑)

コオロギなら、玄関の外でたまに見かけますが・・・。

中西様も、相変わらずで・・・・(笑)

本当に最初期からの読者様ですから、大切にしなくては、と

思っているんですが、コメント欄を見ていると、つい(笑)

そして、つぼみ様。

うちの娘も、バンドやってます。

嫌々みたいですけどね。

でも、小さな頃から、私の部屋に来ては楽器鳴らして

遊んでましたから、ギターとドラムとベースは間違いなく

私より上手いです(泣)

で、私の影響でB’zとかTOTOとかラリーカールトンなどなど

高校生とは思えない曲ばかり弾いてますね(笑)

あっ、ちなみに私が好きなのは、上記のバンドと

高中正義、増尾好秋、ゴンチチ、d’soundなど

バラバラですね(笑)

それと、もしも、どうしてもお買い上げ頂いた文庫本に

サインが欲しい方がいらっしゃいましたら、元払いで

お送り頂ければ、出来るだけ対応したいな、と考えて

おります。

勿論、会社からは、まだ許可が貰えてませんので、

許可がおりたら正式に告知させて頂きます。

それから・・・・最後に・・・。

牛頭馬頭様、コメント頂きありがとうございます。

立場上、どうしても言えない事を代弁して頂けたようで

心から感謝致します。

これまた立場上、コメントするのは止めておこう、とも

思ったのですが、やはり黙殺するのは、自分の気持ちを

誤魔化しているようであり、また貴方様だけの勝手な

意見としておくのは、やはり違うと思い、ここに書かせて

頂きました。

牛頭馬頭様が、私個人に送って頂いた応援メッセージだと

理解しておりますので、逆に、それに食ってかかる方が

???だと私には思えます。

そんなコメントは微塵もお気になさらず、今後とも、拙い

ブログをお読み頂き、率直なコメントを頂けると

嬉しいです。

宜しくお願い致します。
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 22:07Comments(47)

2017年09月24日

25日分の更新です!

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です!

相変わらず、コメント欄が盛り上がっており、

嬉しい限りです(笑)

中西様、相変わらずの細やかな心配り、いつも

勉強させて頂いております。

そして、ミニ子様。

勿論、ずっとこのブログにコメント寄せてください。

いつも、楽しみにしておりますし、心配もしております。

コメント欄にミニ子さんの書き込みが無かったら、

逆に心配してしまいますので、今後とも好きに何でも

書き込んでくださいね(笑)

そして、全ての皆様。

いつもコメントをお寄せ頂いてありがとうございます。

お手持ちの怖い話もとても好きでワクワクしながら

読ませて頂いております。

それはそうと、竹書房の編集者様より、メールが来まして、

お近くの本屋に在庫が無い場合でも、すぐにお取り寄せ

出来ますので、宜しくお願いします、との事でした。

ちなみに、29日に出る文庫本には、過去のブログの話

と書き下ろしの話が短編も含めると、それなりに

散りばめられております。

勿論、過去のブログに載せた話も、プロの校正を通った

完成形であり、足りない部分も加筆されております。

なので、下手くそな文章がきちんとプロの文章に

なっております。

その辺も比べてお読み頂けると更に楽しめるものと

思っております。

確かに、発売日には、どんな人が買っていくのか、とても

興味が有りますので、もしかしたら本屋さんで遠くから

買っていかれる人を見ているかもしれません(笑)

ちなみに、金沢市だと、フォーラスの中にある未来屋書店、

そして、金沢ビーンズ(明文堂書店)にてお買い求めできる

との事です。

まあ、うちの家族や親戚は誰も買わないそうですが(泣)

家族といえば、うちの娘は今日は朝から勤プラという場所に

コスプレイベント参加の為、出掛けて行きました。

ダンガンロンパ?のコスプレだそうです。

ちなみに、11月にも白山市のコスプレイベントに

参加するそうです。

つぼみちゃんと同じように大学の見学会も行かなくては

いけないのに、さすがは大監督!

素晴らしい余裕です(涙)

今週には本が発売され、来週の日曜日からは、しっかりと

怖くない話、再開させて頂きますので、今後とも

宜しくお願い致します。

それと、宜しければ、うちの会社の別のブログにも

訪問して頂けると嬉しいです。

いかに、うちの会社のブログが仕事以外の事しか

書かないブログなのかが分かって頂けると思います(笑)

それでは、再見!
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 19:31Comments(54)

2017年09月23日

更新、遅くなりまして・・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様でございます。

コメント用の更新が遅くなりまして、本当に

申し訳ありませんでした。

昨晩は、お客さんと片町飲みだったんですが、

途中から、Aさんも合流して、大宴会状態でした(笑)

しかも、店のリクエストで、Aさんと2人で即興演奏させられ、

私がミスする毎にAさんの冷たい視線が・・・・。

それにしても、Aさんがあんなに歌が上手いとは知りませんでした(笑)

いい気になって唄ってて、帰り際には喉が痛いなどと

仰っておりました(笑)

ちなみに、そのお客さんとAさんと3人で、朝の4時半まで

飲んでおりました。

で、完全に寝込んでいたところ、うちの大監督(娘)が、

背中に氷を入れてくれまして・・・・・・(涙)

ようやく起きる事が出来ました。

あっ、それとなんですが、コメントでも、新規の読者の方の為に、

毎日の更新は配慮が足りないというご指摘も頂きましたが、

その点だけは、自分の思うペースでやらせて頂ければ、と

思っております。

それが、自分にとっての一番の自然体ですので、ご迷惑かも

しれませんが、ご理解頂けると助かります。

そして、本日、皆様のお陰で、文庫本の見本が竹書房さん

から届きました。

やはり実物を目の前にすると、感極まります。

泣きそうです!

完全に舞い上がっております(笑)

これも、本当に皆様のお陰と改めて感謝し、今後も可能な限り

ライフワークとしての怖くない話をお届けしたいと強く思っております。

皆様、本当にありがとうございました。

いつまで経っても素人の書く文章ですし、誤字脱字も多いのは

十分自覚しておりますが、私は私なりに今のままで精一杯

やっていきますので、今後とも宜しくお願い致します。

最後に、実物の画像・・・です。


  


Posted by 細田塗料株式会社 at 18:13Comments(68)

2017年09月21日

22日用の更新です!

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です。

今日は毎年恒例のクリスマスライブのボーカル

オーディションがありまして、つい今しがた

帰宅しました。

毎年、どんどんオーディションの参加者が増えており、

今回は30人以上のオーディションになりました(笑)

時間も長くかかるうえに、何か勘違いされいらっしゃる

参加者も多く、別の意味でとても疲れました(涙)

そして、明日の夜はお客さんの会社の飲み会に

呼ばれましたので、片町出動・・・です。

コメント欄も相変わらず盛り上がっており、本当に

ありがとうございます。

明日用の更新、あげておきます。

それでは、おやすみなさいませ!
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 23:49Comments(59)

2017年09月20日

21日分の更新です。

サインディスプレイ部  営業のKです。

相変わらず、賑わっていてありがとうございます。

おかげさまで、本当にゆっくりとさせて頂いております。

くみくみ様、何かと大変なご様子。

でも、絶対に良くなりますから頑張りましょう!

心から、回復を祈っております!

そして、つぼみちゃん。

うちの娘もアカウント乗っ取られたり、色々とやらかしては、

学校行きたくないってよく言ってますよ(笑)

本当にウチの娘と良く似ていて・・・(笑)

若い頃の失敗は、色々とあるでしょうけど、世の中、

そんなに悪い方ばかりには行かないと思いますし、

何より時間が勝手に解決してくれますよ(笑)

それに、こんな?ブログでのやり取りで、わざわざ

謝る必要なんてありません(笑)

悪意があったり、誹謗中傷してるならともかく、

好きなこと書き込んでウサ晴らししてくれれば、

それでOKです!(笑)

そして、ミニ子さんも、いつもの元気が無く心配

しております。

本当に初期の頃からの大切な読者様(仲間)ですから、

何か出来る事があれば、本当に言ってくださいね!

その他の皆様も、いつも通りの元気の良さとともに

他の方への心配りが感じられて最高です!

関東オフ会?というのが本当にあるのか、ないのかは

不明ですが、是非実現してくれたら嬉しいです。

拙いこんなブログにこんなにすばらしい方達が集ってくれて

いるのが、今の私の宝なのかもしれませんね。

こんな関係がいつまでも続くと最高です!

それでは、21日分の更新上げときます。

10月1日からは、きっちりと再開させて頂きますので、

宜しくお願い致します!

  


Posted by 細田塗料株式会社 at 21:46Comments(67)

2017年09月19日

20日用の定期更新です!

サインディスプレイ部  営業のKです。

今日はミニ子さん、ご推薦のつくね串梅しそ味を買おうと

ファミマに寄ったのですが、何故か何処にも置いてなかったです(泣)

もしかすると、石川県は蚊帳の外?なのかも・・・(涙)

それは、そうと、最近、つぼみさんがよく登場されていて、

とても微笑ましく拝見しております(笑)

うちの娘にもコメント欄に何か書き込めば?と言ったら、

怖い話1つも読んでないのに、何を書き込めと?

と言うので、

お父さんのブログのコメント欄は、そういうのと全然関係無しで

盛り上がってるから!

と返したら、

?????????????となってました。

ちなみに、うちの娘もmixiを知りませんでした。

nanaっていうサイトに唄った曲をアップしてたり、ニコニコ動画に

ゲーム動画もアップしたりしてます(笑)

そういえば、私は昔、mixiで、怖い話を連続で書き込んで、

おりました(笑)

ということで、コメント欄も相変わらず盛り上がっておりますので、

明日用に、更新しておきます(笑)

それでは、皆様、おやすみなさいませ!

  


Posted by 細田塗料株式会社 at 23:56Comments(78)

2017年09月19日

19日分定期更新(笑)

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、おはようございます。

相変わらず、コメント欄が大盛り上がりで、

1読者として楽しませて頂いております。

ミニ子さん、そんなに酷い状態だったんですか?

凄く心配しております。

出来れば、仕事も休んで病院にて療養される

事を望みますが、色々とご都合もあるでしょうから、

無理強いは致しませんが・・・。

でも、こんなブログでも、せっかくお知り合いになれた

のですから、色んな事で協力出来る事があれば、

言ってください。

過去記事に書き込んで頂ければ、私以外には

見られませんので(笑)


そして、このブログは多い時で1日6万回以上の

閲覧があるのですが、当然、私にも会社にも

1円も入っては来ませんので(涙)

もしも、そんな設定になってたとしたら、過去には

1日の閲覧が30万回を超えてた事もありますので、

もうお金なんて見たくない状態になっていたでしょうけどね(笑)

ということで、今日もコメント、宜しくお願いしますね~!
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 07:06Comments(67)

2017年09月18日

コメント用定期更新です。

サインディスプレイ部  営業のKです。

昨晩は台風が近くを通過するとの事で早めに

就寝したんですが、熟睡中に娘に起こされました。

風が強くて怖いから、一人でトイレに行けないとの事で

一緒にトイレに行ってドアの外で待たされました。

その間も、

お父さん、ちゃんとそこにいる?

本当にいる?

と何度も声をかけてくる始末。

高校演劇界の大監督が1人でトイレに行けないとは・・・(笑)

お母さん起こせば?と聞くと、

お母さんに頼んだら逆に怒られるから・・・。

との事でした。

それはそうと、コメント欄についてですが、せっかく盛り上がっている

んですから、皆さん、お好きな書き込みをして頂いて構いませんよ(笑)

そんな堅苦しい会社ではありませんので、ご安心ください(笑)

そんな事気にしてたら、怖くない話なんて続いてませんので(笑)

誹謗中傷や荒らし、極端なシモネタ以外は全て問題ありません。

○○○モミモミはギリギリセーフです(笑)

そして、私も毎日コメントを読んで笑わせてもらいながら、

1日1回だけ更新させて頂くのも楽しみになってますから、

全然気にしないでくださいね!

こんなに休ませて貰ってるので、なんかのんびり出来てます。

しかも、皆さんが書かれる話の方が怖いのでは?といつも

感心して読ませて頂いております。

ちなみに、うちの娘もつぼみちゃんと同じで漫画とゲームとアニメが

命らしいです(笑)

今日は妻が仕事なので、先ほどから、スプラトゥーン2で対戦ゲーム

やってます(笑)

ということで、もうしばらくコメント欄でのご交流をお楽しみください。

再見!

  


Posted by 細田塗料株式会社 at 14:14Comments(72)

2017年09月17日

コメント用です(笑)

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、こんばんは。

これから台風が列島を縦断しそうですね。

金沢にも暴風警報が発令されました。

昨晩は、ジャズストリートのお手伝い、大して役に立てませんでした(涙)

仕事の都合で遅くなり、到着したら、もう片付けモードでした(泣)

また、その後、手伝ってもいないのにただ酒を頂いて幸せな

夜でした。

結局、その後も1人で飲み歩き、帰宅したのは午前3時半頃

でしたね(笑)

埼玉のS様も楽しまれたのなら嬉しいのですが・・・。

ということで、皆様のお陰で、のんびりとした自由時間を

送れております。

感謝!

10月からは復帰できると思います。

きっと・・・・たぶん。

あっ、コメント大変でしょうから、また新しくしときますね(笑)

それでは、再見!
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 18:45Comments(153)

2017年09月16日

そろそろ・・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

コメント欄もそろそろスクロールが大変かと

思いますので、新しく記事をあげときますね(笑)

それと・・・・。

大阪のY様、

いつもお香をお送り頂きまして本当にありがとうございます。

ただ、Y様のお陰で、どのお香が良いのか・・・も分かりましたので、

本当にお気持ちだけで十分ですので。

それから、埼玉のS様。

本日、お店でお買い物をして頂いたそうで・・・・。

更に、またお土産まで頂きまして・・・。

本当にありがとうございます。

でも、今度からは手ぶらでお買い物して行ってくださいませ!

お買い物して頂けるだけで十分感謝しておりますので・・・。

それと、S様に置かれましては、本日の金沢ジャズストリートを

聞きに行かれるとの事ですが、私も現地でボランティアで

お手伝いしております(笑)

気分が乗れば、飛び入りということも・・・・(笑)

ちなみに、犀川沿いにあるリバーサイドというジャズバーは

私のお気に入りです。

ということで、S様、楽しみくださいませ!

そして、皆様、コメント欄、いつも楽しく拝読させて頂いております。

つぼみちゃんが最近はメキメキと頭角を現してきており、うちの

娘と被ってしまい、微笑ましく読ませて貰ってます。

それに、皆さんからそれぞれがお持ちの怖くない話を

書き込んで頂いており、とても参考?になります(笑)

ミニ子さんの体調が少し心配ではありますが・・・。

こんな感じで9月いっぱいは、コメント欄も盛り上がってくれると

本当に嬉しいですね。

皆様、宜しくお願い致します。

それでは、私は片町へジャズバンドのお手伝いに行って参ります(笑)
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 17:32Comments(1203)

2017年09月15日

コメントが増えましたので・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

コメントが増えすぎて、画面のスクロールも

大変かと思いますので、とりあえず・・・。

新しい記事、作っておきますね!

それでは、どうぞ~!
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 15:37Comments(1716)

2017年09月12日

申し訳ありません・・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

承認しないで、即コメントが掲載されるようにしたつもりが、

よく読んでみると、設定した後、新たにアップされた

記事以降のものにしか、設定の変更は出来ない

みたいでした。

ですので、今後、コメント欄でやりとりされる場合は、

今、書いている、申し訳ありません・・・・・。の記事に対して

コメントして頂ければ、承認無しで、即、反映されますので。

最後まで、ご面倒をお掛けして、本当に情けないです。

申し訳ありませんでした・・・。
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 22:18Comments(161)

2017年09月12日

怖くない話、お休みのお知らせ。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です!

最近、コメント欄でもご指摘がありましたが、やはり

自分自身でも最近は、心に残る話が書けていないな、と

実感しておりますので、怖くない話、しばらくお休みさせて

頂こうかと思います。

少し長いですが、9月いっぱいはお休みさせて頂き、

10月1日~再び、良い話が書けるようであれば、

再開したいと思っております。

私自身は別に無理しているとか疲れたという

自覚は無かったのですが、やはり自分でも

出来るだけ心に残るような話を書きたいと

思っておりますので、このまま無駄に続けるのは

かえって失礼だと判断しました。

充電期間を経て、再び、10月1日~再開出来る

ように、少しこのブログ及び文章というものから離れた生活を

しようと思っております。

よって、コメントの承認も出来なくなります。

ただ、せっかく盛り上がっているコメント欄での

交流も中断されるのは私も本意ではありませんので、

9月いっぱいは、承認せずに、そのままコメントが

即掲載される決定に変更しておきますので、

心置きなく、コメント欄での交流をお楽しみくださいませ!

誠に勝手を言いまして、申し訳ございませんが、

悩んだ末の結論ですので、

ご理解頂けると助かります。

ちなみに、霊障というものではありませんので、

ご心配なく・・・・です(笑)

それでは、皆様、お元気でお過ごしくださいませ!

  


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:57Comments(52)

2017年09月11日

ドローンに映ったモノとは・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆さん、今日も1日お疲れ様でした!

昨日の出版社の方との打ち合わせ、とても

有意義かつ、楽しい時間でした。

しかも、お土産まで頂いて・・・・。

しかも、凄くお綺麗な女性だったので、

ずっと緊張しておりました(笑)

金沢の郷土料理と地酒を沢山、味わって

頂きました。

しかも、その後、よせば良いのに、軽い気持ちで

おみやげ売り場を覗いたら、なんと大好物の

駅弁が売れ残っているではありませんか~!

ということで、しっかり買って帰りました。

が、しかし、帰宅すると、すぐ娘に見つかってしまい、

あっさりと奪い取られてしまいました(涙)

金沢駅の駅弁って、有名割烹が作っているものが

あるんですが、それが私の大好物です。

そして、芝寿司という押し寿司もかなりメジャーで

美味しいです。

もしも、金沢にいらっしゃった時は、是非、食べてみて

くださいませ。

ということで、今夜も怖くない話、いきましょう。

少し疲れが溜まってきておりますので、近いうちに

お休みする日もあるかもしれませんが、

宜しくお願い致します。

ということで、短い話ですが・・・。

どうぞ~!




これは俺が体験した話である。

最近、ドローンというものが、何かと話題になっているが、実際、かなり

便利なものらしい。

勿論、高価なものから、お手頃価格のものまで多種多様に存在している

様だか、そのどれもが、空を飛び、空中で停止し、写真や動画を撮影

できるという

基本的な部分は共通しているようだ。

カタログ上では、高度500メートル以上まで上昇出来るらしいが、実際には

日本国内では、150メートル以上で飛行すると、法律に引っ掛かってしまう

らしい。

実際にドローンの性能としては500メートル以上の高さまで楽に上昇・飛行

するだけの力があるのに、法律という壁の前では、150メートル以下で

飛ばなくてはいけないというのが、少し勿体無い気もするのだが・・・・。

ただ、過去にはドローンに対する規制というのが明確に示されていない

時期も在ったようで、その頃にはかなり自由にドローンの飛行を楽しめた

ようなのだが・・・・。

そして、これはドローンに対する規制が厳しくなる前の話。

その会社では、ドローンを使った航空写真を新しいビジネスとして提案

しようと企画した。

その頃は、まだドローンも一般的なものではなく、

かなり冒険的な事もこなしていたようなのだが・・・・。

その会社が使っているドローンというのが、これまた高価なものであり、俺の様な

貧乏性の人間にしてみると、万が一、墜落した時の、損失を考えると恐ろしくて

空など飛ばせない、と思ってしまうくらいの金額だった。

そして、そのドローンに搭載されているカメラもかなりハイレベルなものであり、

HD画質、いや、4Kの高画質での撮影が可能との事だった。

そして、その時は、どうやら試験的にドローンの性能を確認する作業を行って

いた時期らしいのだが、高度500メートル以上の高さで着たいの安定性や

撮影した動画や写真の画質を確認していたそうである。

最初は、50メートルくらいから徐々に高度を上げていき、100メートル、

200メートルと上昇させた。

通常の地上の建物を撮影する程度なら、それで十分なのだろうが、その時には

限界まで挑戦しようということになった。

勿論、場所はかなり開けた広場を使用しての実験だったらしい。

地上300メートル、400メートル、そして、500メートル。

これくらいになると、まさに航空写真といえるような普段では絶対に見られない

ような光景がカメラを通して確認する事ができた。

しかし、その撮影も、高度500メートルから600メートルに向かって

上昇していた時に、突然、中止になった。

ドローンに何かがぶつかったらしく、画面が大きく揺れてしまったのだ。

幸いにも地上に無事、着陸したドローンには大きな損傷はなかった。

たぶん、小型の鳥でもぶつかったのかもしれない、という結論に達した。

しかし、普通に考えれば、高い空を飛んでいて、小型とはいえ鳥がぶつかったと

すれば、その衝撃はかなりのものになるだろうし、それこそ、墜落しても

おかしくなかった。

だから、それを俺はしつこく尋ねていたのだが、それに根負けした担当者が

絶対に内緒だよ、ということで、その時に撮影した映像を見せてくれた。

さすがに高価なドローンだけあって、画面に映し出された画像はまさに鮮明

そのものであり、思わず身を乗り出してしまうほどだった。

そして、問題の鳥がぶつかったというシーンが映し出される。

そして、その画像を見せられた後、俺は、もうそれ以上、追求する気には

なれなくなった。

そこに映っていたのは、ドローンを不思議そうな顔で覗き込む女の顔だった。

両手でドローンを掴んでいるのか、顔だけがアップになる。

強い風の中を、微動だにせずにドローンのカメラを覗き込む、その女の顔

には、白く、大きな瞳がとても気味悪く映っており、とても普通の人間の顔には

見えなかった。

もっとも、高度500メートル以上の空に人間の女が居るなどという事は、

考えられないのだが・・・・。

その担当者は言っていた。

やはり、そういう普段、人間が立ち入らない場所には、きっと触れてはいけない

モノが存在しているんだろうね、と。

それからは、その会社では、高度100メートル以上での飛行・撮影は一切

行っていないという事だ。
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:44Comments(39)