2017年11月05日

友人はお寺生まれ!

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆さん、お疲れ様です!

今日は晴れでしたが肌寒い1日でした。

うちの大監督は、白山市のコスプレイベントの後、

其処で知り合った仲間とカラオケとディナーを

楽しまれてからご帰宅されるそうです。

勿論、私が妻のどちらかに、

迎えに来て~!

とラインが入ることでしょう(笑)

それはそうと、ミニ子様、大丈夫ですか?

仕事で嫌なことがあり、更に歯が欠けてしまうなんて。

でも、これしか言えません。ごめんなさい。

『お互いに元気出していきましょう!』

そして、みさとん様も、第2回の金沢オフ会が決定したとの事で

おめでとうございます。

というか、頑張って金沢を盛り上げてくださいませ!

ところで、うちの営業Mさんも行くのだろうか?(笑)

ちなみに、やっほー茶漬けは、普通のお茶漬けとは少し

違い美味しいんですが、行かれるのなら1人ではなく、

お友達と行かれたほうが良いかもしれません。

まあ、理由は敢えて言いませんが(笑)

ちなみに私は数十回は行ってます(笑)

そして、いつも拙いブログをお読み頂いている

神読者の皆様。

空元気でもいいから、とりあえず明日からも

頑張りましょうね!

お互いに!

と、三連休明けの明日からの出勤に憂鬱な自分に

喝を入れております(笑)

ということで、今夜も怖くない話、いってみませう!

それでんわ、どんぞ~!



中学時代の同級生には住職が多い。

何故かといえば、通っていた中学が寺町という金沢市でもお寺が

密集している地域の生徒をカバーしていたから。

だから実家がお寺というパターンは良くある事で、当然その中の

大部分がお寺の住職をしているというわけだ。

といっても、頭を剃髪している事も無く、普通に結婚もしている。

好きな物は何でも食べるし、飲み歩いたりもする。

仕事といえば、葬式の読経と檀家への対応。

それ以外の時はぶらぶらと暇つぶし。

それでいて、かなり裕福な生活をしているのだからある意味

羨ましい限りである。

そんな彼らでも、やはりある事だけは欠かさないのだという。

それは、お墓の掃除とか仏像の手入れなどというものではなくて、

もっと特殊なものらしい。

それは訪ねてくる霊達の相手をし、そして話を聞いてやる事だそうだ。

それを聞いて、

だって、お前に霊感なんて無かっただろ?

と聞くと、残念ながら、そういう仕事をしていると、次第に備わるらしく、

最初は、突然見えなかったものが見え始めるとかなりパニックになり、

幽霊恐怖症になってしまうそうだが、どうやらお寺に訪ねて来る様な

霊というものは、悪霊などいる筈も無く、いたって安全なのだそうだ。

確かに普通の人間のように大声で喋ったり笑ったりする事は無いが、

それでも、その姿や言葉は普通の人間と変わらないという。

そして死んだ後の残してきた家族の事などを相談されるそうだが、

それ位なら、何とかこなせるらしい。

悪霊が出てきても退治など出来る訳も無いが、普通の善良な霊ならば、

ほとんとが話を聞いてあげるだけで、このまま帰っていく。

ただ、やはり困るのは事故や病気などて顔や体が崩れている場合だという。

目を背ける事も出来ず、ただひたすら時間が経過するのを待つしかなくなる。

そんな話をしていると、ちょうと1人の女の人が俺達の目の前を通りすぎる。

とても聡明で美しい20代くらいの女性だったのだか、友人が、こんにちは!と

挨拶するので、俺も思わず、こんにちは!ご苦労様です!と言ってしまった。

すると、少し、クスッと笑う顔をして、そのまま本堂に入っていった。

そして、俺が、

檀家さんにあんな綺麗で若い女性もいるんだな?

と聞くと友人は笑いながら、

え?あれがさっき言ってた、話を聞いてもらいに来る霊なんだけどな(笑)

と笑った。

不謹慎だが、あんな綺麗な幽霊さんの悩みなら、どれだけでも聞きたい、と

思ってしまった。

しかし、まるで普通の姿で霊がやってくるとは・・・・・・。

そのせいだろうか。

やはり、この寺町界隈には昔から幽霊の目撃談が後を絶たないのは・・・。
  


Posted by 細田塗料株式会社 at 19:28Comments(19)