2017年08月18日

追いつけない女



コメントで、順番が入れ替わってるとか、

今日は更新無いんですね?

という書き込みがありましたので、アップしなおします。

たぶん、数字前に書き上げて、下書きとして保存してたのが

原因かと思われます。

申し訳ありませんでした。

それでは、気をと取り直して・・・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、今日も1日お疲れ様です!

何故かAさんのイメージというのが色々と

コメントされていて面白いです(笑)

浅野温子さん、菜々緒さん、アニメの灰原あいちゃん、

など読ませて頂くととても面白いです(笑)

イメージを壊さないように敢えて、誰に似てるというのは

書きませんので、皆さんのイメージで楽しんでくださいませ!

それでは、今夜もいってみましょう!

怖くない話。

もうすぐ連続30日間になります(笑)

うん。我ながら凄いぞ!

それでは、どうぞ~!




これは俺の友人が体験した話である。

彼はその日、大阪方面に出張に出掛けた。

車ではなく、移動中にも仕事がこなせる電車での移動を選んだ。

そして、関西圏での仕事が終わると、もう既にかなり遅い時刻になっていた。

しかし、明日は朝から予定がある為、どうしてもその日のうちに金沢へ

帰らなければならなかったので、何とか時刻表を調べ、乗継があるが、なんとか

その日のうちに金沢へ帰れる電車を確保した。

電車に乗ると、さすがにその時刻になると車内販売もある筈もなく、更に

乗っている乗客もまばらだった。

彼は、疲れもあってか、そのまま寝入ってしまい、気がついたときには、

電車はもう小松あたりを走っていた。

いかん、いかん、と思い、彼は、大阪駅で買った缶コーヒーを飲み干す。

苦味が眠気を消していくのが分かった。

そして、それからすぐに金沢駅に到着した。

彼は荷物用の棚からビジネスバックとおみやげの袋を降ろし、それを両手に

持ち、電車を降りた。

その時刻の金沢駅のホームも、人がほとんどおらず、とても寂しく感じた。

それでも、他の乗客達の流れに乗るようにして、階段を降りて改札口を目指す。

その途中、階段を下りているとき、彼は、ある人に目が止まった。

それは女性であり、夏だというのに、何故か冬用のコートを着ている。

そして、その女性は、今まさに彼が乗ってきた最終電車が停まったばかりの駅のホーム

へ向かって階段をのぼっていく。

誰かを迎えに来たのかな?

と思ったらしいが、もしそうだとすれば、今まさに階段を降りている人の中から

探すのが普通であった。

だとしたら、あの女は、一体何を?

そう思って、その女を見ていると、急にこちらを向いた女と目があってしまった。

そして、その女は、ニターっと笑ったという。

彼は何か気持ちの悪いものを感じ、足早に階段を降りていった。

そして、そのまま、改札を出ると、駅の出口を目指した。

人気の無い駅の構内を足早に走り抜けて、タクシー乗り場へと急ぐ。

自分が何故そんなに焦っているのか、自分でも分からなかったが、何故か

急がなければいけない気がしてならなかった。

しかし、いつもはずらりと並んで客待ちをしているタクシーが1台もいない。

彼はしばらくの間、呆然として立ち尽くしてしまう。

バスはもう動いていない。では、どうやって帰れば良いのか?

彼は途方に暮れてしまったが、それでも、何故か彼の中の何かが彼を

急かし続けていた。

早くこの場所から離れろ!と。

彼は時計を見た。

時刻は12時を少し回っていた。

そして、自宅までの道のりを頭に描く。

やはり、家に居る妻に迎えに来てもらうのも気が引ける。

そう思いながら、携帯を見ると、何故か圏外になっている。

どうして、こんな場所が圏外なんだ?

そう思ったが、今はそれどころではなかった。

そして、

歩いて帰るか!

と心の中で呟き、彼は歩き出した。

歩き始めて、彼はすぐに辺りの異常さに気付いた。

車はおろか、人さえも誰もいないのだ。

それは、まるでSF映画に出てくるゴーストタウンのようであり、まるで

異世界にでも迷いこんだかのような気持ちになる。

彼は仕事で深夜に駅の近くを車で通ることが何度もあったが、こんなに誰も居ない

駅周辺というのは、一度も体験したことがなかった。

何かおかしい・・・・・。

彼はそう感じたが、歩くのを止める訳にはいかなかった。

何故なら、金沢駅から彼の自宅までは、早足で歩いても、ゆうに40分以上

かかる計算だったから。

彼は、歩く足に力を入れる。

家に帰り、シャワーを浴びて寝る、という時間も考えれば、可能な限り早く帰宅

して、さっさと寝てしまいたかった。

そして、ふと、前方を見ると、女性がひとり彼の前を歩いているのが見えた。

その女性は、彼と同じように出張帰りのOLという格好で、彼の前方50メートル

くらいを歩いている。

彼は、やっと人に出会えた事に妙に安心した。

そして、とりあえず、前方を歩く女性を追い越す事を目標にした。

追い越すときには、出来るだけスマートに追い越さないと、相手を怖がらせて

しまうからな、と考えながら、足早に歩くのだが、何故かその女性はいっこうに

近づいて来ない。

彼の方が明らかに身長も高いし、わざと足早に歩いている。

それなのに、どうして追いつかない?

彼は何か秘密でもあるのではないか、と前方を歩く女性を凝視するが、歩く姿は

いたって普通であり、どこにも違和感は無い。

彼は訳が分からなくなってくる。

そして、もう1つの異常に気付く。

彼の自宅は、自慢ではないが、普通の住宅街からは、かなりかけ離れた場所に

ある。

そして、そこに向かう為に、彼は先程から何度も、町を逸れるようにして

曲がっている。

それなのに、その女はまるで、彼の自宅へと向かっているように、同じ脇道へと

曲がっては歩き、今も彼の前方を歩いている。

後ろから、追けているのなら理解できるが、その女は、彼よりも50メートルも

前方を歩き、そして、一度も振り返ってはいない。

そして、もっと不気味なのは、先程からかれこれ10分以上歩き続けているが、

駅から此処に来るまで、相変わらず、車や人の姿を見ていなかった。

いや、確かに前方を歩いているのが人間の女性なのだとしたら、ずっと前から

人を見ている事になるが、その時の彼にはどうしても、その女が、普通の

人間の女性だとは思えなかった。

それどころか、先程から、駅の階段で見た女の笑い顔が頭にチラついてしまい、

心臓の鼓動がどんどん激しくなっている。

彼は、考えた。

このまま家まで歩き続けるべきか、それとも、駅へと引き返すべきか、と。

そして、ふと、子供じみた事を思いついた。

1度、止まってみればいいんだ!

そして、あの女がそのまま歩き続けているようなら、これは俺の単なる気のせい、

であり、もしも、同時にとまったとしたら・・・・・。

それは、ありえない事だった。

そして、彼は、突然、前触れも無く立ち止まる。

前方の女に目をやる。

止まっていた・・・・・・・。

まるで、彼と呼吸を合わせる様に、その女も立ち止まり、その場で固まっている。

もう迷う余地は無かった。

彼は、一気に後ろを振り返り、駅から歩いてきた道を戻り出した。

相変わらず、車も人もおらず、彼の歩く足音だけが、コツコツと聞こえている。

彼は、考えた。

あのまま、彼が自宅へと歩き続けたとしたら、どうなっていたのか?と。

きっと、あの女も、彼よりも先に彼の自宅へとたどり着いてしまっていただろう。

そして、家の中に入り・・・・・。

そこからは想像したくなかった。

と、その時、彼の脳裏に大きな不安が襲う。

彼が、駅から自宅へと歩いているとき、前を歩く女は、彼が次にどこを

曲がるのかを知っているかのように同じ場所を曲がっていた。

そして、立ち止まった時も、同じように立ち止まった。

だとしたら、180度方向転換して、駅へと歩き出した俺に対しては、一体

どういう行動をとるのか?

それは、考えなくても簡単に導き出せる答えだった。

すると、突然、後方から、足音が聞こえてきた。

まさに彼の足音と重なるように聞こえてくるが、間違いなく彼以外の足音が

聞こえてきていた。

彼は、思わず歩きながら、後ろを確認した。

すると、後方から、女が歩いてくる。

それは、先程、彼の前を歩いていた女の姿ではなく、間違いなく、駅の階段で

彼に笑いかけた女の姿だった。

しかも、先程、前を歩いていた女が、きっちりと50メートルという間隔を

保っていたのに対して、その女は、既に彼の後方20メートル位に

近づいていた。

彼は、思わず悲鳴をあげて、歩く速度を速めた。

その時、実は走って逃げようかとも思ったが、そんな事をすれば、後ろの

女も走って追いかけた来そうな気がして、どうしても走る勇気が出なかった。

更に、もしかすると、彼が立ち止まれば、後ろの女も止まってくれるのではないか、とも


思ったが、やはり、それも怖すぎて実行出来なかった。

すると、後方から、かすれた声が聞こえ、同時に線香の様な強い匂いも漂ってきた。

待て~待て~

まるで、地の底から響いてくるような声に、思わず彼は後ろを見た。

すると、そこには、5メートルくらいの後方を、かみを振り乱しながら鬼女

の様な形相で、こちらに手を伸ばしながら追いかけてくる、あの女の姿が見えた。

駅の階段で見た時よりも、かなり背が高くなっており、その細い体と相まって、

異常な位に背が高く見えた。

その身長は明らかに2メートルは超えており、完全に彼を凌駕していた。

駅まではまだかなりの距離がある。

このままでは、追いつかれて摑まってしまう・・・・。

彼は焦ってしまい、生きた心地がしない。

恐怖で足がガクガクしてしまい、まともに歩けない。
これでは、捕まるのは時間の問題だ!

彼は、そう思い、絶望感が満ちてくるのが分かった。

そして、それと同時に、何故こんな理不尽な目に遭わなければいけないのか?

という怒りが込み上げてくる。

そして、その時は何故か、

どうせ捕まるんなら・・・・。

という開き直った気持ちになったという。

彼は、一気に後ろを振り返ると、その女を睨みつけた。

すると、その女も、その場で立ち止まり、彼を見てニタニタと笑っている。

その笑いを見ていると、恐怖感を通り越して、メラメラと怒りが増幅されて

いくのが分かった。

そして、突然、彼はその女に向かって走り出した。

ビジネスバッグをブンブンと振り回しながら・・・・。

それでも、怖かったので、目は薄目を開けるのが精一杯だった。

そして、

舐めんな!  何か用かよ?

と言いながら、その女めがけてぶつかっていった。

何かに当たった感蝕は確かにあったという。

しかし、次の瞬間、彼が目を開けると、その女の姿は消えており、辺りには

車や人の往来が戻っていた。

現世に戻って来れた・・・・・・。

彼はそう思うと、一気に疲れが出て、その場にへたり込んでしまう。

疲れてから、夢でも見てたのか?

そう思ったが、その場には、あの女のものと思われる長い髪の毛が束になって

落ちており、線香のような匂いも残されていた。

やっぱり本当に居たんだ!あの女・・・・・。

そう思うと、再び恐怖で体が震え出した。

そして、その後、彼は通りかかったタクシーに乗り、無事に自宅へと帰った。

その後、彼の身に、怪異は発生していない。


Posted by 細田塗料株式会社 at 22:54│Comments(19)
この記事へのコメント
Aさんイメージ話は、私が「栗山千明さん、Kさんは高橋一生さん(カッコいい政次バージョンではなく、MowのCMの美人に胡散臭い目で見られる店長の方)」と言い出したからかも(笑)。

お化けはやはり、まずは気がついたとバレないこと、
次に負けないでどやしつけることが肝心なんですねー。
Posted by クレア at 2017年08月18日 23:19
K様のお話にもありますように皆様A女史の声や容姿を御想像されておりますようで、私としてはA女史の台詞が自動的に田中敦子さん或いは甲斐田裕子さんの吹替となっております、優曇華で御座います。

K様におかれましては連日の更新御疲れ様です。
読み手としては有難い限りですが、呉々も御自愛下さいますよう御願い申し上げます。


却説、本日のお話に登場致しました先を歩く女性の霊ですが、思い返したところ存外稀有なモノではないかと。何が稀有かと申せば、この馬鹿者の申す事。勿論妖怪絡みで御座います。
後を跟(つ)けて来るモノは数多く伝承があり、有名なところでは奈良県宇陀地方と静岡県の『べとべとさん』にK様の地元でもあります福井県坂井郡の『びしゃがつく』、そして『送り狼』(今では別の意味を持ちましたが元来は妖怪の名前です。石野真子や水谷真里ではありません。知らない方は御免なさい)『送り鼬』『送り犬』『送り提灯』『送り拍子木』(提灯と拍子木は本所七不思議)など名前に送りが冠されたモノたち。
しかし、その逆となりますと『塗壁』或いは『野衾(のぶすま)』『衝立狸』などは行く手を阻むモノではあっても先を歩くモノではないので、精々『送り雀』くらいなのではないかと。その送り雀にしても柳田國男の妖怪談義に拠れば『後先を飛ぶ』との事なので、厳密には違うと思いますが、寡聞にしてそれ以外を思いつきませんでした。
後を跟けるモノには姿の見えない恐怖が有りますが、延々と先を行くモノには『サトリ』に似た不気味さが感じられるように思います。

得手勝手に妖怪について書き込んでいたら日付が変わってしまいましたので、この辺りで失礼させて頂きます。
ではまたいずれ……
Posted by 優曇華 at 2017年08月19日 00:17
こんばんは、いつも楽しく拝見させて頂いております^ ^
読んでいて思うのですが、物音1つしない明らか様子がおかしいな、って感じる別世界に引っ張られてしまった時、相手から脅かされる前に、どうにか波長?を変えて戻る方法、ないんでしょうか(^_^;)
Posted by mk at 2017年08月19日 00:51
K様今晩は✌︎('ω'✌︎ )
連日アップ⤴️あっと言う間にそんな長くなりましたね〜(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
本当にお疲れ様です&期待し過ぎてごめんなさい!
霊障も少なからずありますでしょうに~。
そんな事をよそに楽しんで見させて頂いております。
サービス精神旺盛過ぎです~。でもアップが無いと心配になってしまう。我が儘なものです。
最近は綺麗な女性ばかり登場してますね〜。やはり女の念は殿方よりも強いのでしょうか⁇
確かに女の勘って本当にズバリ‼︎だし…あり得るのかな?
まぁ女の気持ちが冷めると早い‼︎ともありますけどね〜(๑>◡<๑)
生きている限り嫌われない妬まれない疎まれないなんて事がない方はいらっしゃらないと思いますがあの世に行く時には嘘でも綺麗な言葉を最期に遺したいっ!
最近の私の小さな希望です‼︎

やはり男性は見た目から入るのでしょうか?女性も同じでしょうねっ!
私はお酒の一滴も飲めない天然の酔っ払いと呼ばれていますが見た目はかなりの都落ち小都会の雇われママ感半端ないです笑笑
もう間違われる事が近頃は楽しくなってます(´∀`*)銀座とかじゃないんかいっ!のツッコミどころ満載。。。
実態は下町のおばはん~。悲しい
残暑と言うかちょっと気圧変化の激しいお天気。
体調には、くれぐれもお気をつけくださいませ(╹◡╹)♡
Posted by あまみん at 2017年08月19日 01:12
K様

今回も更新有り難う御座います。

金沢怖すぎ。
個性が強い人が多すぎるのか、歴史のせいなのか。
京都もすごそうだけど。
金沢の一部地域に霊能力が高い人が集まって住んでる場所ってあるんですかね。
どこかで見たような記憶が。。。
Posted by OSN43 at 2017年08月19日 01:54
いつもKさんの霊の描写はニターっと笑っているとか
背が高いとかですよね

私はずっと霊の表情はなく無表情だと思っていたので新鮮です(^_^)v
Posted by 浅黄 at 2017年08月19日 02:56
Kさんおはようございます。

そうか、「押しでダメなら引いてみな」ってやつか!
よーし、これでまた一つ私は貴重な知恵をつけたぞ

でも、そういうモノには会わないのが一番なんですけどね(苦笑)
Posted by まあちん at 2017年08月19日 04:43
どもショッカー戦闘員オスカーです
m(_ _)m
幽霊は、霊感がある人や自分と同じ波長の人を狙って脅かしたりしますからね。
唯一の対処は、「怒り」をぶつける事か…
気をしっかり持って挑まないと!
Posted by オスカー at 2017年08月19日 05:32
毎日 楽しく拝見させて頂いています。
皆さんAさんの容姿の
お話をしていますが、
私は、KさんがAさんに心を奪われてしまわないか
心配です。
(まぁ 奥様とお嬢さんがしっかりして居るようなので、大丈夫かな(๑˃̵ᴗ˂̵))
毎日、更新されているか楽しみにしています。
お身体に気をつけて、これからも毎日
更新してくださいね〜。
Posted by マー君ママ at 2017年08月19日 06:04
書籍化の次は画像化となりますか。

生身の人間でより、影絵がなんとなくしっくりするかな?。白地に黒とよく出る赤のみシンプルに。
人により捉え方が違う物語ではないかなとコメント読んでて思いますので。
舞台監督さんに、影絵試作していただいては?
読まない言いながら読んでますって。
YouTubeで影絵とK様ナレーションで、妖怪ブームに火がついて、がっぽがっぽ・・・。

またもや妄想。
Posted by はるた夏雲 at 2017年08月19日 08:24
おはようございます。

今日は得意先の希望?により仕事です。

惰眠を貪りたかった。

怖いと思いながら怖い話を読み…怖いTVをみたり…。。。

まぁ~なるべく昼間にしようと考えてますが。

なんだろう?やっぱり、不思議なものに興味があるとか…そんな気持ちが強いんだと思います。

後、見えない物が怖いだけでは無いと思いたいのもあるのかな。

元は人の事が多いですし。

そろそろ…仕事…シッカリせねば。
Posted by にじちゃん at 2017年08月19日 09:27
kサマ
連日のupお疲れ様です。
体調は大丈夫ですか?

今回のお話もドキドキでした。
私事ですが、お話のご友人のように関西圏出張 最終便で金沢へ到着し、
バスもタクシーも居なくて何回か歩いて帰った事あります。
確かにあの時間は人もかなり少なくて
『怖っ』って感じたことありますが。。。
今後は必ずタクシーを待ってタクシーに乗って帰宅する事を心に誓いました。
今までお話に出て来ている飲み屋街○町、○川大橋や○坂。。。
全て生活圏内の為、実はかなりのリアリティー満載で
少しビクビクしておりますが
今回のお友達やAサマを見習い
傘で突いて強気の戦闘モードを心掛けます(笑

kサマ
くれぐれも無理なさらずにお願い致しますね。
次回も楽しみに待っていますo(^-^)oワクワク
Posted by ファン子 at 2017年08月19日 09:53
Kさん、おはようございます!
連日アップ、お疲れ様です➕ありがとうございます~
毎日、わくわくしてます。

いやー、金沢って怖い。
いいところとは思いますが…(* ̄∇ ̄)ノ
でも、私が見えてないだけで、実はどこにでもいるんでしょうけど…

そういえば、今回の話を読んで思い出したことが…2、3年前の真夏に、電車に乗っていたら、とある女性が出入口近くに座っていたんですが。
その人、真夏で最高気温が体温越えるような日に、真冬に着るダッフルコートをきて、ご丁寧にフードまで被っていたんです。
それでいて、しれっと涼しげ。
電車は冷房効いてたけど、ダッフルコート着るほどじゃない。
しかも、誰もその人に対して反応しないんですよ、まるでいないかのよう…
その人が電車降りる時も、誰も反応しなかったです。
もしかして?とか思ったけど…深く考えないようにしてます。

つい思い出したことでした。
Posted by きなこもち at 2017年08月19日 10:30
はるた→きなこもち様、またまたまたまた拝借しますね。

それは考えなくてもユーレイです。
埼玉は水色路線のJR西○口駅ホームでは、白装束の長い髪のオンナが列に並び電車に乗ります、常に上り電車で見かけられます。地元含む知人が複数見てますがまっ昼間なんです。
何のために電車通勤してるのかわかりかねますが、全身あるため、どうやら違う場所で亡くなってるらしいだけはわかりました。

ほうっておけば問題ないから忘れちゃいましょう。

あと、もし静寂に包まれたら、拍手するとか肩をばんばん払うとか音をたてます。
都心でも、一瞬、交差点にいるのに車の流れが消えたりがありますね。たいていは人の往来もなくなる。私は鞄の中ごそごそして鈴を派手に鳴らします。
Posted by はるた夏雲 at 2017年08月19日 14:08
営業のKさん

暑さが戻った福岡です。

見た目には何時と変わらぬ町の景色、けれども車の通行も人の往来も無くなった異空間、そこには悪意を持って執拗に接触してくるあの世の者・・・怖くないですね(泣

過去の記事にも、毅然とした態度、そして罵詈雑言を浴びせる事が、霊への対処法と書かれていましたが・・・友人がご無事で何よりです。
それでは次回も怖くない話しを楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年08月19日 16:29
K様 みなさま
暑いなかお疲れ様です

Aさんの武勇伝を読んでるうちに
自分がMになってきていて
怖いです(*_*)
辛辣な言葉を聞くたびに嬉しくって

私のなかのAさんのイメージは
美少女戦士セーラームーンの
火野れいちゃんです。
まさに『火星に変わって折檻よ!!』です

今日ファミマに行ったのですが
もうベーコンバターコロッケには出会えません(><)
終わってしまったのでしょうか?
残念です( ´△`)

お体に気をつけてお過ごしくださいね
Posted by ぱぴこ at 2017年08月19日 16:35
こんばんはー!
毎日、怖くない話を楽しんでいると金沢に行きたいって思ってしまう
そして、一昨日ぐらいから某アイドルGの私の推しメンがドラマ撮影に金沢へ行ってるじゃないですかぁ
尚更、行きたい!行きたい!でも、ファンとしては撮影の迷惑にならないように自重しなきゃ…
撮影が無事終わること、変な霊に推しメンが狙われないように祈るばかりです
Posted by ゆき潤 at 2017年08月19日 18:32
Kさんこんばんは!
金沢駅でもそんな怪異がっ!まぁみんながみんなじゃないんだろうけど波長が合うと異世界に行ってしまうんですね
( ▔・ω・▔ )
後ろからついてくるパターンも恐怖だけど、前も恐いですね。怖くなり過ぎて激怒して、助かり良かったですが、何も髪の毛の束を残さなくてもねぇ(๑¯ω¯๑)

私も遥か昔( ー̀ ー́)⁾⁾高校時代のバイト帰り、駅まで友人4人と話しながら歩いてたらコツコツとハイヒールの足音が後ろから聞こえたから先に行って貰おうと避けようと振り向くと居ない、あれ?と思いまたコツコツ4人が一斉にぎゃぁぁ〜と走り出したのを思い出しましたね
。(•́_•̀٥)
音以外何も怪異は起こらなくてよかったですが
30日連続更新ありがとうございます。
Posted by tomoaaa24 at 2017年08月20日 20:21
Aさんの容姿ですか…私は勝手に北川景子を想像してます。
コメントで、KさんがAさんに心奪われないか心配ですとおっしゃってる方もいましたが(笑)私もえらい距離近いなーとは思ってましたよ(爆)

まぁ、Aさんがいないと戦っていけないので、前世からの深い縁がある方なんでしょーが、私なら彼氏に同じよーな女性がいたらムリですねw
( *˙ω˙*)و キッパリ
ヤキモチ焼きさんなんで(笑)
まず自分の彼氏にエラソーに言う女性がいるとするのもムリですし、
自分以外に、いっつもスイーツご馳走してる女性がいるとかも理解できませんから。
まぁ、そんなんしてたら、他の男性とフツーにご飯行ってしまいますよって感じの、めんどくさい私ですから。

愛のある放置プレイ状態の奥様に感謝ですぜ
.。゚+.(・∀・)゚+.゚
Posted by メチャ✩ at 2017年08月26日 15:34
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count