› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 抜けられない・・・トンネル。

2017年09月04日

抜けられない・・・トンネル。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、今日も1日、お疲れ様です。

アシスタントのファビ・・・・・中西様も、遠路、和歌山

でのお仕事お疲れ様です。

今日は皆様にお願いがあります。

もしも、思いつくものがあれば、で結構なんですが、

私の書いてきた話の中で、皆様が一番怖いとか

面白いとか、好きという話があれば、教えて

頂きたいのです。

やはり、自分が思っているものと、読み手である皆様

が思っている事はかなり違うようですので、今後の

参考にしたいと思っております。

宜しければ、ご協力の程、お願い致します。

それでは、今夜も怖くない話、いってみましょう!

それでは、どうぞ~!




これは仕事関係の知人が体験した話である。

その時、彼は一泊二日の予定で能登方面の営業をしていた。

いつも朝早くから出掛けて、午前7時には珠洲近辺に入り、そこから

仕事をスタートさせる。

能登方面といってもそこそこ広いので、珠洲、輪島、穴水、門前などを

廻るとなると、それこそ丸二日あっても足りないくらいだ。

そして、いつも1日目が終わると、毎回利用している民宿で一泊する。

料理も素朴なものばかりだが、彼の口には合っているらしく、地元の祭り

などと重ならない限り、まるで貸切のように、ゆっくり出来るのだという。

だから、その時も1日目が終わると、午後7時には、その民宿に到着した。

相変わらず、他の客は居ない様だったが、もうそんな事にも慣れていたから、

彼は、部屋に荷物を置くと、早速風呂に入りに行った。

決して広くはないが、そこそこ綺麗なお風呂であり、更にいつも一番風呂に

入れるという事で、彼はそのお風呂に入るのをいつも楽しみにしていた。

しかし、その時は風呂場に行くと先客がいた。

小さな風呂場なので、彼は出直そうかと思ったのだが、さすがに、気まずかった

ので、そのまま入る事にした。

しかし、そこで彼は後悔した。

やはり、2人で入るには、その風呂場は小さ過ぎた。

それで、彼が出直そうかと、風呂場の引き戸を開けようとすると、先客の男性が、

もうすぐ出ますから、どうぞ・・・。

と言ってくる。

無下に断る理由も無いので、彼は、

あっ、すみません・・・・。

と言って、彼は先に体を洗ってしまうことにした。

そして、体を洗っていると、湯船に浸かっている先客の男性が話しかけてきた。

明日は○○トンネルは通りますか?

彼は正直、少しびっくりしてしまう。

普通、初対面の相手に話しかけるとしたら、

どちらからですか?とか

お仕事ですか?というのが普通だろう。

しかし、彼はその質問に愛想良く答える。

ええ、通りますね!

すると、湯舟からは、

明日は通らない方が良い・・・・・。

と言われた。

彼は、またしても愛想良く、

え?どうしてですか?

と聞くと、湯船の方からは、

通るんなら、供え物忘れるな・・・・。

9回までに出ろ・・・・・。

と言われてしまう。

そして、変な事を言う男だなぁ、と思っていると、その男はさっさと風呂からあがり、

脱衣所の方へと出て行った。

しかし、その男のぶっきら棒な喋り方が、後から思い出すと少し頭に来た。

それで、風呂から出た彼は、民宿の女将さんに聞いてみた。

ねぇ、俺の他に泊まってる客のことなんだけど・・・・。

すると、女将さんは、

あんたの他に客なんか居ないって・・・。

と返してくる。

それでも、そんな筈はないと、食い下がるのだが、その日の客は彼しか居ないの

一点張りだった。

それで、仕方なく、彼は風呂場で会った男の事を話した。

すると、女将さんは少し考えた後、

まあ、そのお客さんがそう言ったのなら、そうするのが良いんじゃない!

お供え物は、明日の朝までにこちらで用意しておくから、と言われ、彼は

しぶしぶ引き下がるしかなかった。

その日は晩ご飯を食べると、いつも以上に眠たくなってしまい、午後9時頃には

さっさと寝てしまった。

そして、ぐっすりと寝た彼は、朝の5時に目が覚めてしまった。

まずい、起きるのが早過ぎた、と思ったが、台所に行くと、女将さんが、

おはよう、早いね!といつもの笑顔で挨拶してくれた。

そして、少し早めの朝食を食べていると、女将さんが、

はい。これ!

と小さな布に包まれたものを持ってきた。

彼が、

え?これ何?

と言うと、

お供え物だよ。持っていかなくちゃね!

と笑顔で答えた。

その日は朝食が早めの時間に食べられた事も有り、早めに民宿を後にした。

車で走り始めると、時間がいつもより早いせいか、道が空いていた。

彼は出来れば2日目は、早めに仕事を片付けて金沢に戻りたいと思っていたので、

目的地までの道のりをかなりのベースで走った。

すると、いつのように海岸線を走る道に出る。

彼はこの道を海風を感じながら走るのが好きだったので、急いで運転席の窓を

開けた。

実は、民宿を出てから、この海岸線の道に出るまで、一台の対向車とも

すれ違っていなかった。

しかし、その時の彼にはそんな事は気にならなかった。

快調に海岸線を走っていると、前方に2つのトンネルが連続しているのが

見えた。

あのトンネルを越えれば、もう少しで目的のお客さんの所に到着出来る。

いつも通り慣れた道なので、彼はこの辺の道を知り尽くしていた。

そして、1つ目のトンネルに入る。

そして、少しだけ間隔があいて、二つ目のトンネルに入る。

そして、二つ目のトンネルの出口に来た時、彼は思わず急ブレーキを踏んでしまう。

トンネルの出口の向こうに、更にトンネルが続いていた。

何かの見間違いだと思った。

二つのトンネルを抜けると、そろそろ海岸線の道路も終わりになり、くねくねと

曲がりくねった道になるはずだった。

しかし、彼の目の前には、再びトンネルが二つ並んでいた。

彼は必死に考えた。

もしかして、自分は道を間違えているのではないか?と。

しかし、それこそ一本道に近い様な、ここまでの行程で道を間違える筈は無かった。

だが、現にトンネルを抜けた先には、またトンネルが連なっていた。

彼は考えていても埒が開かないと思い、車に乗り込み、走り出した。

一つ目のトンネルを抜ける。

そして、二つ目のトンネル・・・・。

出口が近くなる・・・・。

彼の目にはまたしても前方のトンネルがはっきりと見えた。

しかし、彼は止まらなかった。

もうヤケクソになっていたのかもしれない。

車の中で、

何で、出られないんだよ!

と叫びながら車を走らせ続けた。

もうどれ位走ったのだろうか・・・・。

突然、前方のトンネルに、鬼女ののような恐ろしい形相をした女がぼんやりと

トンネルの中に立ち、ニターッと笑っていた。

最初は、車を停めて、みちを聞こうかと思ったのだが、さすがに、そんな

鬼女のようなモノに近づくわけにはいかなかった。

そして、彼は1つ目と二つ目のトンネルの間の空間に車を停めて、必死に

考えていた。

民宿を出てから、そして、このトンネルを走っている間も、一台の車も見ていない

という事、そして自分は今、いったいどういう状態に置かれているのか、という

事を・・・・。

そして、思い出した。

民宿のお風呂場で出会った男が言っていた言葉を・・・。

その男の言葉を思い出すと、まるで、彼がそうなる事を分かっていたような

口ぶりだった事を思い出し、急に恐ろしくなった。

そして、その男が言っていた言葉。

お供え物を忘れるな・・・。

9回までに出ろ・・・・。

という言葉を思い出した。

彼は考えた。

先程からただ闇雲に走ってしまっていたから、既に何回トンネルを通ったのかは

分からないが、先ほどから、人外のモノが出てきているという事はもう回数は

残されていないということなのだろう・・・・。

では、9回までに出られなかったら自分はどうなってしまうのか・・・。

それを考えると、更に恐怖が増殖する。

そして、お供え物・・・か。

彼は、車の後部座席に目を遣ると、そこには女将さんが用意してくれたお供え物が

確かに置いてあった。

すると、彼は目の前の道路に、小さなお地蔵さんがあることに気付いた。

彼は、車から降りて、そのお地蔵さんに、お供えをし、両手を合わせた。

すると、何故かとても心が落ち着いてきたのだという。

しばらく手を合わせていた彼は、ハッと我に帰ったように車に乗り込む。

そして、先程の鬼女の姿を確認しようとた。

彼は思わず大声をあげた。

そこには、後部座席に座る、とても背の高い鬼女の姿があった。

彼は、

うわぁ~という大声を出しながら車をスタートさせた。

もう、9回目を過ぎているのだとしたら、もう助からないのかもしれない。

彼はそう覚悟しながら、一気に車のアクセルを踏み込んだ。

2つ目のトンネルの出口がどんどん近づいて来る。

背後からは、その鬼女が笑っているであろう気持ちの悪い笑い声がずっと

聞こえていた。

だから、2つ目のトンネルを過ぎた後、彼は車を急停車させて逃げようと

思っていた。

しかし、2つ目のトンネルを抜けると同時に、後部座席の鬼女の姿は、

霧のように消えた。

そして、目の前には、いつもの見慣れた風景が広がっていた。

彼は、助かった・・・と安堵し、しばらく放心状態になってしまった。

そして、色々と考えた。

あの鬼女の姿をしたものは何だったのか?

そして、彼に事前に危険を知らせるようにして現れた男は、いったい

何者だったのか?と。

しかし、どれだけ考えてもその答えが出る事はなく、彼はそのまま

その日の仕事を切り上げて、金沢へと戻った。

その後、彼には怪異は発生していない。


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:12│Comments(65)
この記事へのコメント
こんばんは。いつも怖いですが、特に印象に残った話を挙げますね!

まず、Aさんや姫などフルメンバー出てきて派手な心霊バトル?になるのは、どれもすごいですよね。でもこの手は他の方々も挙げるでしょうから、少し別のものを。

個人的には、白山・鳥越方面ものは、いつもヒヤリとします。以前、一人旅で白山の有名な神社(わかりますよね)に行ったとき、特に帰り道、何があるわけでもないけどひどく落ち着かない、怖いという感じになって、ぞわぞわしたので、こちらを読むようになって納得しました。

そして、ちょっと異色の話で印象深いのは、2016の自殺サイトの話です。

まだまだ尽きませんが、この辺で。
Posted by 神奈川茄子 at 2017年09月04日 20:39
更新毎日お疲れ様です。
私は「午前3時の着信履歴」というお話が一番怖かったです!
知らない間に家に何かがいるなんて怖すぎます…。
Posted by 海豹 at 2017年09月04日 20:41
最近印象に残ったのは、やはりオールスター登場の、魔女狩りの呪いの箱のやつです。
あと、死に顔見ないでお葬式に出ると連れていかれる話とか。
家に祟ってるとか、民俗学的な?感じのお話が好きです(*´∇`*)
あれ、好きな話になっちゃった(笑)

ひとりかくれんぼして狂っちゃったお話も、ひとりかくれんぼ自体が怖いから、
怖くて印象に残ってます。
あと、怖い心霊写真のお話。

また過去ログ見直してみます♪ヽ(´▽`)/

あとは、私のコメントが謎のはねられ方するのが怖い(笑)
こんな状況で、って説明書くとだめで、
怪しい単語だけなら普通に通るんだもん。
まるで語るなと言われているお話のようです!
Posted by クレア at 2017年09月04日 21:07
Kさんお疲れ様。
今日も楽しく読ませていただきました。
早速ですが、私が好きなのは
「ショットバー」での話しが
好きです。
何故か自分の気持ちをぐっと抑えて?
けど気になる!
お酒が飲んでいるので、なお素敵に
感じる。
そんな所が、バーの良さかな?
Posted by きくりん at 2017年09月04日 21:09
Kさん、こんばんは。

一番怖い話ですが、色々な話があって決められないですね。役にたたなくてスイマセン。

トンネルに曰くがある事は、その民宿の女将は知っているいたのでしょう。
事故か何かがあったのか、地蔵があると言う事が物語っている気がします。
一緒に風呂にいた人物の正体は判りませんが、助けてくれたのだから悪い存在ではないのでしょう。
Kさんのお話によると、自分が思っているより怖い場所が多いですね。


ミニ子さん
コーヒーと肉まん、あんまん頂きました。(^.^)
ミッキー達が、バックヤードのキャストの前でも、脱皮しないのは本当でごさる。
ですから正体不明は確かですが、ブラをしているのは本当のようです。( →_→)
それではまた。


では、次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年09月04日 21:13
怖くなかった引きずる系
→KさんのTV業界だったい
とこさんのお話

怖くなかったがんばれ系
→仮住まいで怪異

怖くなかった感動系
→遺品の雨合羽の子供とお母さんのお話

怖くなかったラブコメ風系
→幽霊と共同生活

しぼれません。
Posted by はる at 2017年09月04日 21:16
本日は事務所詰めにて一日中書類仕事に追われておりました、優曇華で御座います。

K様におかれましては連続更新記録更新(少々ややこしいですが)お疲れ様です。これだけ更新されているのですから、足らない6話などとうの昔に……(と意地悪くプレッシャーを与えてみる極悪人の私)
いつも楽しませて頂いております身の上と致しましてはK様の御願いに応えない訳には参りませず、寧ろ喜んで好きな話をお伝えさせて頂きます。
私が一番好きなのは『屋内用マーキングシート大特価』で御座います。コメントすら付かず、K様が本業に勤しめば勤しむ程このブログに於いては放置されるという独特の空気が何とも……
済みません、冗談です。
本当は、近作ですが『続続・タクシーの運転手さんから聞いた話』でしょうか。傾向として『霊に遭遇した=恐怖』だけではない話が好みです。
また連作と申し上げても良いかと思いますが、A女史関連のお話も好きです。主な理由はA女史が『実践者』である事に加え、立ち過ぎとも言えるキャラの強さでしょうか。


扠、この場をお借りしまして……もはやこの名で呼ぶ者もいなかろうか千葉県No11様。或いは他人に倣って千鳥足No11様とお呼びした方が宜しいでしょうか?
私がどうやって脳を使っているかにつきましては単純にして明快な答えがあります。
誰でも記憶の容量は一定なのだそうで、ああいった何処にも遣り場のない無駄な知識を大量に蓄えている代わりにマトモな大人が覚えていなければならない事を驚く程覚えていないというだけの事です。無駄知識を記憶する方にだけ超強力なバイアスがかかっている訳でして、何の自慢にもなりませんが、何かを記憶するというのは無意識の判断なので今更改まるようなモノでもなく……

そして、浮かれとんちき様。
私の冗長な駄文を素敵などと仰って下さり、誠に有難う御座います。
何せ当方は話の発端が『神様』であっても例え『屁』であっても最終的に妖怪の話にしてしまうという種類の特殊な馬鹿で御座いまして……他の方々に『ヤメろ』と言われぬのを幸いとばかりに他人様のブログのコメント欄をお借りして書き散らしておりますので、剰り御褒め頂きますと却って心苦しゅう御座います。


本日は持ち帰った仕事も残っておりますので、この辺りで失礼させて頂きます。
ではまたいずれ……
Posted by 優曇華 at 2017年09月04日 21:28
お風呂にいたおじちゃんと女将さんナイス!!
やはり良い人には救おうとする人達が登場するのですねー
金沢市のボート乗り場での怪奇体験が印象に残ってます。
Posted by ちんぱん at 2017年09月04日 21:40
全体の3分の1くらいは,かなり怖いですよ。
激怖もちょこちょこあります。
Posted by 大阪のY at 2017年09月04日 21:43
こんばんは。
私は「長距離トラックの運転手から聞いた話」が一番怖いです。
なぜなら、我が家は年に数回、車中泊の旅に出ており、高速を使うときは基本SA、下道の時は道の駅で車中泊するのです。
PAならともかく、SAでそうなら、夜中に車外に出られません(^_^;)
夜中走って朝方仮眠するときもあるというのに〜T^T
そして九州の我が家は、下道の時は国道2号を走ります。近畿くらいまでなら下道で行きます。通ってるぢゃん、広島のそのトンネル!…というわけで、怖いのでした。
Posted by 信歩 at 2017年09月04日 21:43
私が印象に残っている怖い話は、最強の悪霊というものです。涙があふれる感動したのは、 誕生日の約束 です。毎回、怖い話の掲載ありがとうございます。そしてお疲れ様です。
Posted by 片町のバイク野郎 at 2017年09月04日 21:51
おひさしぶりのコメントです。

いつも更新ありがとうございます。

Kさんの質問の答えです。
一番怖いお話は…。
『引越しのバイトの怪異』です。
すごく怖くて、印象深くて、読み返したら…。やっぱり怖かった。

本日のお話も、やはりぶるっとしました。
素直な方だったから…。無事で何よりです。
Posted by 赤毛のmamabu〜 at 2017年09月04日 21:55
K様、連日の更新お疲れ様です、そして有難う御座います。毎日欠かさず拝読させていただいております。

さて、僭越ながらK様のお話の中で私好みを書かせて頂きます。

まずは大量の甘味をA様に献上されているK様の様子を文末に見つけるとニヤニヤしてしまいます。
A様の「本当に、何も分かってないんですね」はもはや決め台詞かと・・・えっ!そういうことじゃない・・・失礼しました。

では真面目に、一番私好みのお話は6月に書かれている「年に一度の大切な夜」です。
本当にK様がその日を大切になさっているのが文脈から伝わってきますし、私も出来ることならそのジャズライブを聴きに行きたいと純粋に思ったからです。
Posted by うごけるデブ at 2017年09月04日 22:21
先生!質問が難しくてわかりませーん。

たぶんみんなバラバラ挙手なんだろうな、このキャラの集団では。

面白い読者、なら、たぶんあの方とあの方と・・・とお望みのアンケートがとれるかと。
Posted by はるた夏雲 at 2017年09月04日 22:26
過去記事のタイトル見ながら思い出してみました。追加です。
☆仮住まいでの怪異(悪霊強い!)
☆お風呂好きな方へ(お風呂ネタは自分にも起きそうな怖さがあります)
☆御札の家には絶対に近づくな(これも悪霊強い&結果が悲惨)
☆蛇の怨念というもの(悲劇!)
☆呪われた家系(17/2/1)
☆うしろの正面だあれ(自分にも起きそう)
☆最強の悪霊というもの(16/2/20)
☆呪いというもの(16/1/22)
探したらまだまだ出そう。

泣けたのは離婚してシングルマザーになったお母さんが、事故死したのに娘さんの病室にお見舞いに行って励まし、
別れた旦那さんに娘さんを頼んでいたお話です。
Posted by クレア at 2017年09月04日 22:42
営業のK様

こんばんは。
雨の降りしきる東京で、傘を持ち忘れてずぶ濡れになっている今日この頃です(笑)

K様、怖くない話の連続更新ありがとうございます。
いつも楽しく読んでます。
1話アップするのも大変なのに連日話をアップをしている事にほんとに凄いなと
思いつつ、今日も読めるぞ嬉しくそして楽しく読んでます。

「抜けられない・・・トンネル」はまだ読んでませんが、
(夜に読むのは怖いので
、夜読むときは、K様のコメントのみをを見て本文は明日の朝読むようにしてます。ビビりなので・・・。でも怖くない話は好きで読んでしまいます。)
私が一番印象に残っている話は「絶対絶命のAさん・・・(前半、後半)」です。

K様がアップしている「怖くない話」の中でもちょっと違うタイプの話に感じたので、印象に残ってます。

でも他の「怖くない話」にブルッときてますけどね(笑)

これからも楽しく読ませてもらいます。
Posted by おしょうとちんねん at 2017年09月04日 22:46
Kさん、こんばんは
印象に残ってるのは奇妙なラジオのお話です。
霊なのか、異星人なのか、はたまたパラレルワールドなのか、どうもしっくりきません。
自分がラジオが好きでしょうがないってのもありますが。子供の頃BCLラジオを持っていて、海外の放送局を聴くのが楽しみという変わった子供でした。歳がバレますね。
Posted by 遷宮 at 2017年09月04日 23:02
初めまして!
なかなかコメントする勇気が
なくて2、3ヶ月くらい前から
毎日欠かさず読んでいました( 笑 )

私が一番怖かったのは
Aさんのお姉さんに取り憑いた
怨霊の話ですね!
怖くて怖くて1人でいられなくなりました( 笑 )
Posted by くろねこ at 2017年09月04日 23:05
大阪からです。いつも楽しく読ませてもらってます。家内の実家が金沢なんでよく行きます。内川ダムサイトから少し行ったところにテントを張り、ダム湖で釣りをしたり、菊水付近の廃屋を越えた辺りから入渓して渓流釣りを毎年のようにおこなってますが今年は内川ダムの物語が頭から離れず、日が暮れる前にとっとと帰ってます(^^;

関西人ですが金沢はなじみのある町なんで地名とかでだいたいの風景が浮かぶんでどれもリアルに怖いですね(>_<)
Posted by 北摂太郎 at 2017年09月04日 23:11
K様こんばんわ☆毎日の更新お疲れ様&ありがとうございますm(__)m

K様のお話はどれも好きです。あえて上げるならば、二階に上がってはいけない家の話が良いですね。不動産屋の方々、一矢報いたいって友人の方の男気。そしてそれに華麗に参戦するAお姉様。何度も読んでしまいます。あとバーに居るお爺さん幽霊さんのお話。ギター好きな男性のお話。優しい幽霊も居るんだなぁってほっこりしました。
K様にはユルユルとブログ、続けて貰いたいと願っております。今夜もそっと、つくね串とアイスカフェモカ置いときますね

今回のお話、お風呂場の男性はいったい…。宿の女将さんは知ってるような。しかしトンネルって、何故心霊スポットになってしまうんですかね。私の元同僚は、心霊スポットのトンネルに行った帰りに、事故にあって買ったばかりの車を駄目にしちゃいました。本人は軽症でしたが、車が大破して心と懐がボロボロでしたよ。
K様のご友人は無事で良かったです。

季節の変わり目は、体調崩しやすいから、皆さまお身体お大事になさって下さいね。
皆さまの枕元に、そっとバニラシュガー入りのカフェラテホット置いときますね。

あしたまにあーな。
Posted by ミニ子 at 2017年09月04日 23:18
先程公開された
忌み嫌われた箱の中には
かなり面白かった♪
やはりオールスター勢揃いはオモロイですよね(≧▽≦)
Posted by ポニョえもん at 2017年09月04日 23:47
K様
こんばんは。

>私の書いてきた話の中で、皆様が一番怖いとか
>面白いとか、好きという話があれば、教えて
>頂きたいのです。

これ、実は、個人的に、年末にBEST3として発表しようかと思っていました。(笑)
でも、K様がそうおっしゃるなら、今、発表いたします。

まず、3位。ジャカジャン!

        ↓
<3位>
2016/01/06 『その山小屋には近づいてはいけない!』

雪山の怪異というのは、なんともいえず恐いです。
いわゆる山怪モノですね。山は、昔から異界であり、今も異界であると。
ドライブしていて、同じ道が続いてなかなか出られないというのもありますね。
山は恐いです。

そして、2位。ジャカジャン!!

        ↓
<2位>
2016/02/20 『最強の悪霊というもの。』

Aさんの姉が殺されかけたという最悪の悪霊の話。
皆、総出、総がかりで闘ったのが、すごかった。
普段は、もっとほのぼのしてるAさんモノの中では、最恐じゃないでしょうか。

そして、栄えある栄光の1位。ジャカジャン!!!

        ↓
<1位>
2016/01/02 『引越しのバイトでの怪異』

これは、文句なしに恐かったです。最恐でした。
シチュエーションといい、ストーリーといい、これは怪談として素晴らしかったです。
これ以上のものは、ありません!!
場所は、誰が住んでるのかまったくわからない高層集合住宅。
都市の孤独とか、猟奇殺人とか、すべての恐い要素が入ってると思います。

どうか粗製乱造に走ることなく、こういう"本当に恐い話"を作って欲しいと思います。

m(_ _)m

番外編では、次のものが怖くて、面白かったです。

2016/02/19 『片町にある異界への入り口』

これは、住み慣れた街の異界で、都会の片隅モノとして楽しめました。
場末の雑居ビルというシチュエーションが、素晴らしかったです。

以上です。
Posted by ベンガル猫 at 2017年09月04日 23:50
Kさんこんばんは、日差しがまだまだキツイですが、暑くて汗吹き出ることはなくなりましたね。

強烈でパンチが効きすぎた怖くない話は、引っ越しのバイトでの怪異が1番ですね。
望遠鏡から見えたものが2番!あっ
止まらなくなってしまう。
ほっこり部門は片町のショットバーにも…おじいちゃんすきですね。

今回の話はお風呂場に居た先客は誰なのか?助けてるから守護霊様?先祖…•́ ₃ •̀๑)ฅ??
にしても荒っぽいというか、雑でしたね。旅館の女将さんも知ってる感じですね。霊感が強い人は鬼女に連れてかれる
(((٩(๏Д⊙`)۶)))ぎゃーーー
友人様が無事でなによりです。
連続更新ありがとうございます。
おやすみなさい。
Posted by tomoaaa24 at 2017年09月04日 23:57
初めてコメントいたします。今年の春先にこちらの「怖くない話」に辿り着き、毎日の密やかな愉しみにさせていただいておりました。なかなかコメントを残す勇気が出ず今日まで過ごしてきてしまいましたが、今宵はK様からのご質問にお答えする形で……一つの読者アンケートとして、思いきって書込ボタンを押すことにいたします。
2017年3月31日の「言葉にしてはいけない!」生きている人間の、無邪気で一見大きな悪意のない言動が、時に取り返しのつかない事態を引き起こすこともあり得るのだと戦慄したお話です。やはり生きている人間が一番怖い、と。この女性の方が助かって本当にホットしました。
数日前の看護師さんのお話も心に残っています。こちらは「怖い」というよりは心地よい読後感で、「自分のこの人生(命)をちゃんと肯定して、感謝しなければ…」などと考えせられるお話でした。
最後になりましたが、K様、いつも素敵な「怖くない話」をありがとうございます。
古よりの常連N様の力強く温かいコメントや、博識な常連U様の民俗学的コメントにも勉強させていただいております。
それではまた……またいつかお邪魔させていただけると幸いです。
Posted by 彼岸花 at 2017年09月05日 00:03
K様

お疲れ様です。
今回も更新有り難う御座います。

少し前にkiteruのは神戸~とか言ってましたがすいません。
私の勘違いでした。
正しくは芦屋の物件でした。
2015/07/29~のバイトです。
もうね、狂ってる。なにもかもw
ちょっとこれ以上は書けないのでこの辺で。
Posted by OSN43 at 2017年09月05日 00:03
Kさん こんばんは。
私の中で強烈に残っている怖ーいお話は…

ヘビの怨念というもの・・・・。
絶対にその扉を開けてはいけない!

です。ヘビの怨念…は、なんと悲しくゾッとするのでしょうか。


この場をお借りしまして。

Mr.イレブンさん…私の感性ではこの呼び方になりますが…何か?(笑)
いちばーん好きな飲み物はなんでございましょうか?
青汁?
トン汁?
あ!…Mr.イレブンさんはアルコールでございましたね!どうぞ楽しいお酒をお呑みくださいね。お声掛けありがとうございます。

ミニ子さん♡
夜明けのホットコーヒーいただきました。美味しかったデス。
ミニ子さんのコメントを読ませていただくとしあわせな気分になります。

では失礼します。
Posted by 武ポンヌ at 2017年09月05日 00:27
K様、読者の皆様こんばんは!

今回も不思議なお話でしたね〜
その通っては行けない日には過去何があったんでしょうか?

知人の方はその民宿の常連だったので、そこにいる霊のおじさんが危険を知らせてくれたんでしょうね。
しかも女将さんも間違いなく何かを知ってる(笑)


さて、私の中で印象に残っている怖くないお話は・・・

2013/08/26 幽霊初体験!
K様が初めて霊と遭遇したお話ですね。
もし自分も突然霊と遭遇したら。。
と考えながら読んでいました。
頭の中で霊の様子がリアルに想像できたのでとにかく怖かったです。

2017/07/24 牛鬼・・・というもの。
このお話は、もはや霊ではなく化け物?妖怪?が登場したところが印象深いですね。
山や森の奥には、我々の想像をはるかに超えた物が存在するんですね。

2017/03/06 金沢市のビジネスホテルに出る・・・・。
これは説明抜きにとにかく怖かったです(汗)
絶対に経験したくない!
と思ったお話でした。


→ミニ子様
バニラシュガー入りカフェラテホット頂きました(o^^o)
体が温まったのでぐっすり寝たいと思います。
ごちそうさまでしたm(_ _)m
おやすみなさ〜い。

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年09月05日 01:58
K様、読者様、おこんばんは!
本日もチドらせていただいております。今宵、嬉しいことに社長を通して知りあったお客様から社長抜きでお誘いが。。。これを行かずしてどこに行けと?
楽しい夜を過ごせました♪しっかり終電で帰れたおかげで、ゆっくり過去ブログをさらっと読み返せましたよ。

では、ワタクシが意外と怖いと思ったのは、逢魔時というものを知っていますか? です。
毎日必ず訪れる夕方という時間帯。日々、仕事に追われてたり、休日は家族と過ごして気になりませんが、ポツンと1人でいる時にあの夕暮れ時を過ごすのが例えがない不安感に襲われたりします。夕日により綺麗なグラデーションとか見れてハッとする反面、紫の空が怖い時あります。感動しつつも恐怖を感じるあの瞬間はたまりません。

怖くないけど、1番大好きなのはやはり、年に一度の大切な夜。です。
もう何も言うことはありません。殿堂入りでお願いします。

こうやって考えるとたくさんある話の中、怖い話6割、ほっこりする話3割、泣ける話1割。
やっぱり怖いけど怖くもないもあり絶妙な配分じゃないですかね。


帰り際に小学校以来の友人と小、中別だけどサッカーを通して仲良くなった奴らと遭遇。今度飲む約束をして、帰路へ。また新たな飲み場所を見つけいい気分で寝れそうです笑

それではこれから深夜のお風呂へ。
お風呂にまつわる怖い話も読み返し記憶蘇り。酔いがさめぬうちに清めて参りまする。

皆様、おやすみなさいませ!
K様、いつも有り難う御座います!
Posted by 千鳥足ON11 at 2017年09月05日 02:26
こんばんは!
毎日お疲れ様です(⁎˃ᴗ˂⁎)

今は連勤が続いているので手短にコメントしますね!

旅行に行った先の大浴場で毎回会うおじいちゃんの霊のお話がほっこりして好きでした☺︎

あと屋上に登ってはいけない!
が怖かったです。゚(゚´ω`゚)゚。

皆様が何を挙げていらっしゃるのかも見たいのですが、疲れているので今度のお休みの日にでもじっくりコメント欄を読ませて
いただこうと思います。

それではお休みなさいzzz
Posted by ぴょんうさぎᙏ̤̫ at 2017年09月05日 02:46
営業のKさん

おはようございます。
今日も曇り空、午後からは雨予報の和歌山です。
昨日の夕方はお客さんと食事兼飲み会でしたが、睡魔には勝てず10時にはホテルへ・・・Kさんの記事を読み掛けて寝落ち・・・でした。

抜けられないトンネル・・・怖くないですね(汗
これまでの出張と今回、何が違ったのか?風呂場で異界の先客に出会い、またその会話の内容を心得ている様な旅館側、身に迫る危機を伝えてくれたのはお地蔵さん?
兎にも角にも、ご無事で何よりです。

これまでの記事で・・・ですか(汗
遡るほど、読み込ませて頂いてる記事が多く・・・怖くない話しで、今、頭に浮かぶのは、引っ越しバイト、内川ダム奥の廃村、首くくりの木、樹海でこっくりさん、まだある・・・あかん・・・思い出してプルプルする(泣

さぁ〜朝飯食べて、仕事しよ!
皆さん!今日も1日頑張りましょう!
Posted by 中西 at 2017年09月05日 06:34
おはようございます☆

私が怖かったプラス興味深かった話はかなり前のものになるのでタイトルとか探せませんでしたが、山の中でおじいさんとお孫さんが遭遇した怪異です。木の上でお孫さんを抱きしめて謝るおじいさん、昔からの言い伝えとか、そんな話が好きです。
Aさんや姫さんが出て来る話、嫌いではないのですが安心感が先に来てしまい私には全く怖く無くなります。お二人の事は素直にすごい人たちだなぁとは思いますが…(笑)
今回のような話も好きです!不思議あってこその怪談ですよね!

新しいお話もまた楽しみにしています!
Posted by ひなた at 2017年09月05日 07:04
Kさん 読者の皆様 おはようございます!

今回の教えてくれたおじいさんが何者なのかがとても気になります。
泊まった民宿の先代のおじいさんとかなんでしょうか。
それともトンネルに備えたお地蔵さんだったんでしょうか?

私が一番怖いと感じたのは、2016年2月25日掲載『こっくりさん』にまつわる話です。
http://sign.hosodapaint.com/e91161.html
大学時代、友人の方があの樹海で2泊するという話。結末もヤバイけど、話も怖すぎでした:;(∩´﹏`∩);:

でも、読んでて好きなのはやはりオールスター集合してるお話ですかね(*☻-☻*)
Aさんと姫、最強に最高に素敵でカッコいいです♥

ってゆーか、このブログ、Aさんにはバレバレですよね?(笑)きっと、今月発売の新書も印税代は全てAさんのパフェ代に…(爆)
Posted by はな at 2017年09月05日 07:38
おはようございます!

笑った話はタヌキの復讐。
あれは日本昔話みたいで、ホンワカしました。

怖い話…結構、どれも怖いです。決められない~
好きな話…これもいくつか。あるなあ。
誰かが誰かのためにって、想った話は全部好きなので、一番は…難しい〰
あまり、助けになってないな、すみません
Posted by きなこもち at 2017年09月05日 07:46
Kさん
皆さん
おはようございます(^ ^)

昨夜
どれが怖かったかなぁと考えてるうちに
寝落ちしてしまいました(´;Д;`)
怖くてどれが、とは言えないです(汗)

トンネルのお話では
その年(その日)だけ
お供え物が必要だったのでしょうか?
Posted by とも at 2017年09月05日 08:44
K様、読者様、おはようございまする!

昨夜、怖くない話を読みすぎて怖い夢を見るという、落ちはない報告でふ。おかげで寝坊しなかったので助けられたなと感謝することにしました。

この場をお借りして、

→優曇華様

ワタクシ、大人として必要な知識もなくクラゲのように社会をフワフワとのらりくらりしているものです。唯一自慢?できるのは、小学生のころ、サッカーゲームで覚えた世界の国々の国旗と国名を未だに覚えてるぐらいですよ笑
日本史に興味を持ったのは大人になってから。世界史には高校からハマりました。
優曇華様の泉のように溢れる知識につかっていたいです。あ、これじゃ温泉だ♪


→ファビュミニ子ちゃま
2日酔いにバニラシュガーが優しいカフェラテホット、ごっちゃまでした!
tねーに飲まれる前にすぐ飲むのが中西家の流儀だと鯛ねーが言うてた気がするので。。。☆彡
そろそろ、アシスタントのマリちゃんへマイク投げ見たいな♪



→武ポンヌ様

おそらく呼びかけられたんじゃないかなぁ〜っと、探り探りでいきますよー。もし心当たりなければ、スルーしていただきとうございまする。
1番好きな飲み物は黒いのです笑
コーラ、コーヒー、黒ビール。
腹黒いので、黒いのを摂取しないといけないんですよねぇ(๑>؂•̀๑)テヘペロ


→ぴょんうさぎちゃま

お忙しそうで。お休みまでは無理せず頑張りましょう!こちらは、あの口がおでかけするウサギちゃんに癒されたので、今日を頑張れます。
Ⴛ̅̀⊃תʅփ+。:.゚(●ö◡ö●):.。+゚


→おとうちゃま

家に帰るまでが遠足、、、仕事です。
今夜の帰路、お気をつけてくださいまし!トンネルは特にご注意くださいね。


→クレアってぃ様

はじかれてもめげるなぁ!以上笑
Posted by 千葉県ON11 at 2017年09月05日 09:25
おはようございます。

怖い話ですか?

私は…faxの話と自殺者の呪と…御札が沢山貼ってある廃屋?の話ですかね。

印象深い。です。

助かってる話が多いので…何となく怖くないと思ってしまいますが、よくよく考えたり、体験したら、どれも怖い気がします。

faxはハイテクな幽霊だなとおもったら怖い話でした。

自殺者はAさんも怒った位の話なので。

おさの家は…まぁ~自業自得ですけどね。怖いです。存在が。

平均して…怖いと思います。
Posted by にじちゃん at 2017年09月05日 09:25
やっぱりAさんのお姉さんの話怖いですよねー。
お母様代わりに地獄に行っちゃうんだろうか?とドキドキしました。
エンターテインメントNo1は、この前の魔女狩りの箱のお話だなー。
映画に出来そう。高橋一生で!⬅しつこい。
(大河ドラマで政次死んじゃったから政次ロスなんだもん!)

千鳥足11さま
はじかれてもめげずに30回くらいトライしましたよー。
単語がひっかかるらしいけど、どうやら私のケースは、ひっかかる経緯を語るとダメというホラーな結果にたどり着きました(笑)
普通、下ネタ系とか脅し系、リンク貼りがひっかかるとおもいますが、
該当しそうなのみんな書き換えてもダメでした。怖し!
Posted by クレア at 2017年09月05日 11:36
久しぶりにコメントします~( *・ω・)ノ
えーと好きな話はやっぱりAさんと姫様が出てくる話全部ですね~
テンションが上がってしまいます♪
その中で一番だったらAさんの妹さんを救う話。本当に助かってよかったです。とても感動的でした。

あと印象に残ってるのは幽霊共同生活と
ジャズのメンバーが戻ってきて一緒に演奏する話 ほっこりします。

他は個人的に似たような経験があるのでよく覚えてるのが窓に怖いピエロみたいなのが出てくるのと(起きた時なぜか慌てて閉めたので見ただけです)
関西→金沢JR線のトンネルのやつですね…
↓詳細は長くなります

前置きすると怖くないです。
一人旅をしに金沢まで向かっている途中でした。
例のトンネルに入ってあまりに長いので窓の外を見てみました。あぁ、あの線数えるのもいいかなとかぼーっと考えながら。
車内はとても人が少なくて他の人の喋ってる会話も聞こえるほどで若い男性2人が何やらトンネルにまつわる怖い話をしていたような気もします。(そのトンネルの話だったかどうかは記憶が曖昧です…)

3本目くらいまで見ていた時に変なものを見たような気もしましたが、気のせいだなーと思っていると、
突然「おい。」と話しかけられて振り向くと通路をはさんで向かい側の椅子におじいちゃんが座っていました。ちなみに向こうは一人席です。あれ?こんな人座ってたっけ?と思いながら「はい…」と言ってもこっちを見たまま無言で、何か…?という意味で首をかしげても無言だったのでまぁいいか、とスマホを眺めることにしました。
そしてしばらくしてまだこっち見てるのかなー;不審者だったらどうしよう…と思いながらもう一度席の方を見ると誰もいませんでした。足音なんて聞こえなかったけどそろり足で移動でもしたのかな?とその時は思っていました。今考えると霊ですね(笑)

その後駅員さんが巡回で回ってこられて他の乗客にしきりに「大丈夫ですか?」と話しかけているのが聞こえました。
その後おじさんらしき声の人が「たずか
っだあ゙あ゙あ゙」「連れてかれるとこだったぁ…うっ…えっぐ…」と号泣しながら話していました。駅員さんは「夢でもみたんでしょう」的な感じで慰めていた気がします。(おぼろげ)
当初私は「連れてかれるって何!?…………
あぁおじいさんだからボケたとかそんなんかな」と思っていました(笑)

先述の怖い話をしていた乗客もいたからか、車内はとても変な空気でした。
トンネルを抜けて駅についたら(主要駅だったのか?)なぜかほとんどの人が降りたような気がしましたが私は気にせず目的地まで乗ってました(笑)

以上です!長くてすみません。
しかもこれらの話は(ピエロのも)長い間忘れていて、ブログを読んだときにあぁそういえば…あの電車のったなーと思い出しましたw
Posted by アリス at 2017年09月05日 11:38
 K様、皆様、こんにちは。

昨日の夜、コメントを入れさせていただいたので確認したのですが、上がっていない様です。

何がいけなかったんでしょうかね?
ひょっとしたら絵文字がまずかったんですかね?
メチャ様にツッコンでいただいたので、返事を書いた時にお名前の後ろに絵文字の星を付けたのですがそれかな?

どなたかが書かれていたのでコメントをコピペして保存してあるので今晩、再度投稿してみます。
(今は会社で、自宅のPCに保存してある為)
社長、仕事中に申し訳ありません!
と、とりあえずあやまっておこう。

> メチャ様、中西様、ミニ子様、からんでいただき感謝してます。
返事を書きましたので、アップできたら読んで下さい。

それでは、失礼します。また、今晩!
Posted by 上海より at 2017年09月05日 12:10
はじめまして。いつも楽しみに読ませていただいております。

Kさんの「怪談・心霊話」は、怖さ一辺倒ではなく、笑いや温もりや救いがあるので、とても気に入っております。
最終最後の窮地で、ドーンとかバーンとかいう擬音とともに登場するAさんと姫の活劇が好きです。

で、私が挙げたい最恐の話は、、、

1)沢山の方が挙げられている「2016年01月02日 引越しのバイトでの怪異」です。
あまりにおぞましくて、夜うなされそうでした。

2)「2016年02月20日 最強の悪霊というもの」
歴史的スケール感があって、圧倒されます。

3)「2017年08月29日 一族にとり憑いた怨霊というもの」
 Aさんの出自ともいうべき歴史的背景。
 「2017年02月25日 能登の通夜に出るのは・・・・。」
 異様なイメージが実感を伴って迫ってきます。

番外:<救いのある話>
2017年08月26日
 墓地の隣に住むということ。
2017年08月15日
 結婚しない友人の話
2017年08月13日
 浄化を願った霊
2017年03月28日
 幽霊との共同生活・・・・。
2013年06月29日
 (改)彼女は死んでいない?

それでは、これからも楽しみにしています。
Posted by 旅人 at 2017年09月05日 13:23
こんにちは(*^^*)
私の好きな話は、亡くなられた旦那様が大切にされてたギターを奥さまが手放される話です。あったかいお話で印象に残っててスゴく好きです。私もギター弾いたのでなんとなく気持ちが分かるので。(*´-`)
Posted by なのは at 2017年09月05日 14:18
この場をお借りして、

→クレアってぃ様

なんていったらよいのかわからないですけど、ドンマイでーす( T_T)\(^-^ )ポンポン
Posted by 千葉県ONイレブン PM at 2017年09月05日 14:53
こんにちは。
コメントが沢山で、わくわく!夜勤明けで眠いのを耐えながら読んでしまいました。トンネルの曰くが知りたいですね。
さて、佐藤二郎さんのKさん、(高橋一生だと逢いに行きたくなるので…)私は自殺サイトの話が鳥肌、さぶいぼ状態。怖くてこの先ブログよむのは止めようと思わせた話です。…まあ、認知症があるのか、すぐに忘れて読み続けてますが。
ミニ子さん、わたしの枕元にも美味しい……忘れた。置いてありますかしら?ずーずーしくも、すみません。
Posted by すー。 at 2017年09月05日 15:36
いつもありがとうございます。

Kさんのお話しはどれも高いレベルで怖いので怖さの比較すら出来ません。
怨霊が出てくるのはどれも怖いです。

怖いという事で印象に残っているのは、
2階か3階以上が使われていないビルのお話しと、
大蛇を轢いてしまい蛇のようになってしまった方のお話し、
自分の家から携帯に電話がかかってきたお話しです。

悲しいのは、
母が事故死してまで娘を助けて別れた旦那に依頼したお話し。

最近もしかして怖い話しに麻痺して来たのでは?
と感じる事もありますが、Kさんのブログは、
最初に娘さんのほのぼのとしたお話し等が
チェーサーのようになっていて怖い話しも
喉や胃には優しい感じで消化できてるのかもしれません。

あと、コメントが記載出来ない理由に関してお返事頂いた
→千葉NO11さん
普通に絡んで頂いて結構ですー。でもコメントは時間の都合で
サラっと読んでいる事もあり返信が遅れる事もございます。

→クレアさん
私はSEですが、他のサイトの事は詳しくわかりません。
どんな機種、どんなブラウザで、何時何分に、
行った操作を厳密に報告される事が出来れば、
検証して解決してくれる可能性もありますが、
いろいろと試しながらするしかないのかもです。
携帯からの画像認証等は大変ですよね。
私は携帯で読んでPCで翌日とかにコメント記載してます。
Posted by ひで at 2017年09月05日 15:36
上海よりさま
パソコンからだと、確認してから投稿にすると
(認証の数字入れたあとそのまま投稿されるんじゃなくて、これで投稿しますよ、って確認してくれる)
ダメな場合は「入力禁止の単語があります」みたいな赤字の警告だしてくれますよー。
それともコメントが異次元に飛んじゃったのかしら?

千葉県のセブンイレブンさま
画像認証を毎回携帯から入れ直すのがつらいにゃん。
Posted by クレア at 2017年09月05日 15:44
上に挙げたものへの追加です。

これまでほとんどの記事を読んでいますが、いくつかどうしてか食指が動かない話があって、それを毎日すこしづつ読み進んでいるのですが、、、

やはりその中に相当怖い話が、、、

◎2016年11月19日
石川県の県境にある巨木の上で恐怖体験!
 山の怪異、5人の巨女@@;
※こういう話を読むと、さすがはかの泉鏡花の郷里! 山の怪異譚が他にも一杯。大好きです^^;

◎2015年06月27日
恐怖!その店は確かに実在した!
 廃墟雑居ビルでの恐怖、ぎょぅぇーーーー!!
Posted by 旅人 at 2017年09月05日 16:48
私が一番好きなのは、Aお姉様の出自を描いた、一族に取り憑いた怨霊というもの・・・の話です。
キター!これから物語がはじまるぅ!みたいな感じが好きです。

そして優曇華お姉様、私のコメントに気がついて下さいましてありがとうございます。・:*+.\(( ≧∀≦ ))/.:+ 。それだけでキュンキュンしております!

屁妖怪、屁妖怪・・・・・(^q^)
Posted by 浮かれとんちき at 2017年09月05日 17:19
初めまして。
怖い話が好きなのにビビりで、Kさんの話でドキドキした後、読者の皆さんのトークでほっこり…。というワンセットで、いつも楽しく拝見してます。
今回は、私もアンケートに参加したくて(笑)
初めてコメントさせて頂きます。

やっぱりAさんや姫さんの話は、安心して読めます。「絶対絶命のAさん」では、姫さんと妖孤のコンビを想像してワクワクしました!
「第六感というもの」はアドバイスが、参考になりましたが、怖くて、少しだけ読まなきゃ良かったと思ってしまいました(笑)
あと「笑い女」の話はお祖父様の勇姿が印象的で好きな話です。

これからも、楽しみにしています。末長くブログが続きますように!
Posted by 真 at 2017年09月05日 18:29
Kさま、読者の皆さま、こんばんわ。
初めておじゃまします。

ぐっさぬさんと同じく、先月のお盆まえから、このブログを読みはじめました。遡って全部読みました(もちろん、2011年のお仕事のみのところも、笑)。怖い話は苦手です。従業員が会社のブログに怖くない?話って、すごくおおらかな会社だな、と思って開いたのが運のつきでした。怖くてたまらないのに指が勝手に‥‥。

で、どの話が怖いかとのkさまの問いかけに、書き込みしてみました。

一番は、その地下鉄に乗ってはいけない、です。毎日東京の地下鉄を使っている私にとっては、いま起こりうる恐怖なので。
まさかその地下鉄、銀色に緑のラインとか入ってないですよね

(涙)ものだったのは、誕生日の約束、です。朝、会社で読みながら泣いてしまいました。先輩のおねえさまに、仕事しろ、と叱られさらに(涙)。

毎夜、まばゆいばかりの蛍光灯の中でしか眠ることができなくなった私ですが、kさま、これからも応援してます。
Posted by かっち at 2017年09月05日 19:05
以前と比べ、最近は作り話のように感じることが多くなりました。
個人的には、霊は存在していたとしても、時々見えてしまうことがある程度のもので、物理的な影響を与えることは考えられません。
光に包まれる、物的な跡が残る、襲ってくるなどは現実離れしていすぎると感じます。
まあ、事実なら構わないのですが、、、

最近はフィクションとして楽しんでいます。
Posted by あ at 2017年09月05日 19:49
イケメン騎士K様&アシスタントのファビュラスビューティーマリリン中西テツ雪見だいふく様、またまたポニーの丘から中継入ります‼️

皆さまがバニラシュガー入りカフェラテ、お気に召されて良かったです。
今週のファミリーマートの新商品は、はっきり言ってあんまりパッとしないですね⤵️濃厚たまごカスタードクリームシュー、なめらかシュークリームの名前が変わっただけだし…。
ただ夏に出ましたチキンナゲット、何故か当店で、今頃ヒットしております。外側かりっと、中はふわっとした感じでなかなか美味ですよ。ファミチキよりも油分少ないから、小腹満たしにいかがですか?バニラシュガー入りのカフェラテとも合いますよ。
来週はちょっと素敵な新商品が出ます‼️残暑にぴったりかな。何かは次回のお楽しみ
あっファミマベーカリーに、シナモンロール復活しました。これは美味です。入荷数が少ないから、お早めに‼️
以上あなたとコンビファミリーマートより、キューピーミニ子がお送りしました❗

スタジオのアシスタントのファビュラスビューティーマリリン中西テツ雪見だいふく様、マイク受け取って下さいませ。今週もミッキーに愛に行きます‼️

すう様へ。ちゃんとバニラシュガー入りカフェラテお届け致しますね
Posted by ミニ子 at 2017年09月05日 20:30
こんばんは

どれも楽しく読んでいて、とても面白いので、これがというのは特にはないのですが、九尾の狐は興奮しました( ´艸`)

九尾の狐&姫 もう最高です(^_^)ノ

うしとら思い出しました(こっちは悪だけど)

トンネル、こんなこともあるのかと怖いですね、高速だとトンネルなんて幾つも通るから遭遇したくないですね
Posted by ゆず飛 at 2017年09月05日 20:46
こんばんは!一晩寝ずに、どの話がいいか考えました。
K さんもどの話か教えてくださいよ。
2015,12/31 霊感の強い知り合いと廃墟に行きました。これがA さん初登場では?高額バイト代払ってますよ(笑)だから今、スィーツ奢らせれてるんだ(爆笑。)
2016,3/14 一番恐いのは生き霊
元カノが今、付き合ってる彼女に生き霊となって呪う。最後はザマーミロと思う展開でした。
12/27  タヌキの復讐というもの。
思わず笑ってしまった。恥ずかしそうにしてるタヌキ見てみたい。お気に入りです。
2017,2/10 ヘビの怨霊というもの。
どうしても腑に落ちない話。山の神なら悪気なく運悪く車でひいてしまってお墓もつくり謝ってるのに呪う、祟るってどんだけ低級霊。
3/20 飛頭変というもの
山奥の山奥にはまだまだ不思議なことが。妖怪たちが住んでいてもおかしくないか~
6/20 .21 絶体絶命のA さん
妖狐が九尾の狐が本当にいるんだ!と。どこから来てくれたのか知りたい、京都かな豊川稲荷だったら会いたい。
7/4 彼女の耳は聞こえない
えっと~クソババァ、A さんに寄って消滅されたと思ったわ
7/9 最強の霊能者
姫様!初登場~それも高校生って言うのに驚いた。
感想文みたいになってしまいました。i
Posted by いなばっち at 2017年09月05日 20:49
いつも楽しみに見ています!1番怖くて気に入っている話は大学時代の同級生がお札を持たずに樹海へ行った話です。とてもぞぞーっとしましたし、この世の不思議を考えさせられました。応援しておりますので、頑張ってください!
Posted by 大学時代の樹海の話 at 2017年09月05日 20:50
営業のKさん

予報の通り、雨の和歌山は御坊市です。
午前で目通を付け、午後には福岡に向けての予定が、関西部隊の段取りは悉く大破に撃沈、知恵を絞り四苦八苦で現場を整えたのは午後6時・・・お客さんの全力を上回る全力、久しぶりに私も知力体力を使い切りました。
で、作業を省みながらの一人呑み、現地宿泊です(泣

和歌山の妖怪、ぬらりひょん、カシャポ、高女、モクリコクリ、畳み叩き・・・だそうです(汗
優曇華さんの触手にふれる者は、果して有りますでしょうか・・・(汗
お元気そうで何よりです。

寝落ちする前にと・・・(爆
Posted by 中西 at 2017年09月05日 20:50
この場をお借りして、

→クレアってぃ様

いらっしゃいませ~こんばんは~! 酔ってると認証読めない時ありまする。9とqとか無理ですた。。。。
セブン11 いい気分♪

→中西3姉妹の長女tomoねー様

イケメン騎士K様&アシスタントのファビュラスビューティーマリリン中西テツ雪見だいふく様をつい早口で読み上げてらっしゃいますね?しかも噛んであきらめるとか笑

→中西3姉妹の次女ハチャ☆彡ねー様

この前、無理して追いついたからバテたな?
無理しないで寝てください!!寝る子は育つからね♪


→中西3姉妹の三女タイねー様

タイッペも忙しいそうやね!!急におもろコメントくるから、楽しみにしてまーす♪♪
Posted by 千葉県ON 11 at 2017年09月05日 21:01
営業のKさん

この場をお借りして

>ミニ子さん

痛ってて〜!
新日プロレス並みの振り回しマイクを、和歌山で受け取りましたよ〜(流血
出先の、ファビュラスビューティー流血アブドラザブッチャー(全日?)マリリン中西テツが受け取りました。

あきませんよ・・・このKさんのブログ欄で言えば、ミニ子さんは癒しの宝石箱、ですから給金を頂く限りは公にしてはいけない勤め先の内情もありますが、そんなブッチャケのミニ子さんが読者の方々の心を惹き付ける魅力ですもんね。

ごめんなさい、おちんこもんだりししすぎました・・・でも私は元気です!

それでは失礼します。
Posted by 中西 at 2017年09月05日 21:20
Kさん、こんばんは(^-^)

ここのところ、連日更新していただいてるおかげで、仕事が終わって家事お風呂を済ませてひと息ついたころにKさんの怖くない話を読むのが日課となってまいりました。

今回のお話、抜けられないトンネルには遭遇したくないですが、お風呂場で遭遇する霊?のようなものはいつもいい霊のような?

しかし、あの辺りで2つ連続するトンネルって…と色々思い巡らせてしまい、なかなかゾッとしました(^_^;)

さて、今回のKさんのお題にもある、1番怖い、面白い、好きな話…、
実は私も全話読んだ後で自分で勝手にベスト3なぞを考えておりましたが、沢山ありすぎてなかなか3つには絞り切れず(^_^;)

しいてあげるとすれば、他の方も書いておられると思いますが、怖い話なら私は、1人キャンプの話、山の中で動物の写真を撮るのが趣味の男性の話、夜中に散歩するのが趣味の男性の話、引越しのバイト先での怪異の話、兵庫の仮住まいでの怪異の話、山の中の樹上で怪異にあったおじいちゃんと孫の話、片町のビルでエレベーターの階を降りるごとに近づいて来る霊の話などなど…、
思うに私は、霊が執拗に追って来て、恐怖と絶望が極限にまで達し、登場人物(?)が理不尽な目に合わされてしまう話が好きなようですね〜(マゾ?^_^;)

いや、もちろん、喫茶店で生前大好きだったギターを弾きに来る霊の話とか、登山に行って亡くなったお父さんの霊が息子の誕生日に会いに来る話とか、涙なしには語れないものも大好きです!

あと、Aさんや姫が出て来る話は、いつもお後がよろし過ぎて(笑)痛快心霊冒険譚みたいだな〜と思って読んでるので、これ、連載漫画とかにしたら面白いだろうな〜と頭の中でコマ割りしながら読んでますね(o^^o)

ともあれ、こんな風にバラエティーにとんでる怖い話もそうそうないと思うので、
Kさんにはこれからも色んなお話を書いて下さること、期待してます!
(あ、もちろん、闇塗怪談もしっかり買わせていただきましたよ〜!)

それでは、長文失礼しました。
Posted by すず at 2017年09月05日 22:24
 K様、連続更新記録継続、お疲れ様です。
 皆様、毎日のコメントお疲れ様です。

 先にこの場をお借りして。

 >クレア様

コメントが上がらない件の対処の連絡、ありがとうございました。
自宅に帰ったら早速、試してみます。

と、残業中にコメントしたら、
「安全な接続ができませんでした」
と落ちてしまいました。ネットの接続が悪いだけかも・・・と思い、帰宅し、じゃあ、再投稿しようと保存したコピペを探したら、なんと!無いんです!
本当に異次元に飛ばされたのかも・・・。

と言う事で、昨日の投稿、皆様へのメッセージを思い出しながら書いてみます。

今回のトンネルの話は不思議と怖くないですね。
おかみさんはいい人そうですし、おじさんも愛想はないけど、あぶないところを助けてくれましたしね。
ただ、おかみさんがお供え物のことを知っているということは、以前に不幸な目にあった人を知っていたんですね。

一番怖い話というか、哀しい話は「蛇の怨霊というもの」です。(タイトルは忘れていたのですが、書き直す為、コメントを見ていたら書いてあり、結構みなさん、選んでいるんだな、と)

車で轢いて命を奪ってしまった事は責められる部分もあるかもしれないけど、キチンとあやまり、お墓をつくり、弔ってあげた(フツーはそのままだよみんな)心の優しい人なのに、呪って、祟って、精神を崩壊させ、挙句の果てにヘビの様にしてしまった。
山の主だかなんだか知らないけど、山の主なら山から下りてくるなよ!山奥でじっとしていれば轢かれる事も無かっただろ!半分は自業自得だろ!
私ならこう言うと思う。
彼氏もいて、きれいな人と記憶してます。
こんな神様いらねーよ!!!!!
でも、あのA様も言ってましたよね。
山の主で神様だからどうにもならないと・・・
その後の事はK様も書かれてはいないので、どうなったのかはわかりませんが、なんとかならないものでしょうか・・・

怖い話、恐ろしい話、心が温まる話、いろいろありますが、あまりに理不尽すぎて、この話が一番記憶に残っています。

さて、メチャ様

私は本編、皆様のコメント共、全て読破済みです!
どんな流れ、オチ、ツッコミでもドンと来い!ですので気が向きましたらからんでやってください。
よろしくお願いします。

>中西様

このブログのはじめの頃はコメントされているのはほとんど中西様ひとりで寂しい思いをされていたと思いますが、最近はかぶっいた猫がどこかに飛んで行った様でおもいっきりはじけてますね。
楽しそうで何よりです。

>ミニ子様

入会手続き書類とおでん、ありがとうございました。
会社の昼食においしくいただきました。
また、お願いしますね。(今度はファミチキがいいな♪)

書き直したので少し、感じが違うかもしれないけど、大体はこんな感じかな?

K様、連続更新はうれしいのですが、くれぐれもご自分の体調、時間の余裕に合わせてアップしてくださいね。
体調をくずして、しばらくお休みとかになったらさみしいですので。

では、これから晩御飯の用意でもしよーと。
Posted by 上海より at 2017年09月05日 22:31
Kさん失礼します。

あれ?マリリン中古テツ中西父よ!
和歌山旅立つことが出来なかったんですね。
和歌山で…もんで…げんきとのこと
ぬらりひょんか孫が夜中、父の元に遊びに来てくれればいいのですが
(笑)‹‹\( ´꒳`)/››

千鳥足ON君よ!

最近また千葉県NO11に戻ってるね。
( 艸`*)ププッ

底抜けに明るい裏に腹黒い2面性かぁ…中西ファミリー時折闇を見せちゃうよね
Ψ((Φ∀Φ))Ψ
あたしもコーラ飲むわ、カルピスコーラをね。あれ美味し!

ハチャ星になったメチャ☆子
忙しそうだね。

ε=(ノ・∀・)ノトゥ♪…タイ子もいい感じだよねぇ
だいぶ前のコメ‥オフ会の時の席ちゃっかりKさんの隣キープ…タイ子にバレてた
(ฅ∀<`๑)てへっ♡
宇宙と交信してたから、かなりの時差て今頃の反応すまぬ
人(・ω・;) スマヌ

ではおやすみですぅ
Posted by tomoaaa24 at 2017年09月05日 23:08
Kさんこんばんは。

トンネルから出られなくなる話、牛首トンネルや、四十九院トンネルの話かと思いました。

一番怖い話、一番面白い話ですが・・・
ある社長さん、「あなたの会社の商品でイチオシは何ですか?」の問いに、
「ウチで発売したいちばん新しい商品です」
と答えたそうで。

これをパクって、
これからアップされる最新のお話が一番!ということで。

期待しています!
Posted by 埼玉のS at 2017年09月05日 23:20
一番は難しいですねぇ(笑)Kさん。

ただ私は、怖くない話=一番じゃないんですよね。

霊障で言うと、友人先輩達が次々と怪奇にさらされ取り憑かれて亡くなったマンション話は、裁判にもなったって事で地元だし衝撃はありました。
信じられない話の中での一番は(カテゴリーがある笑)
その一族の長男は早死するとの事で、おじぎをしてる男性に車が突っ込んだ話。

どんな気持ちで日々を生き、家族を持ちどんな気持ちでおじぎをしたのか。言葉になりません。

そういう霊の中での総じて一番をあげるならば、平安時代からきてる悪霊の話ですかねぇ。

やっと見つけた母娘の霊能者も、とんでもない取り憑かれ方で亡くなって、私は泣いてしまいましたよ。浄化消滅する方法がない位の悪霊ですよ…そんなのが日本にいるんですよ…
結局、身代わりの方法が成功しても、頼んだ方は、寿命と引換?魂は地獄におちるような取引でしたっけ…?

ただ、これは霊障の一番であって、Kさんの記事で何よりビックリして、未来に繋ぐ継承と警告のよーに感じたのが、

私はまったくここに来るまで思いもしなかった、
魔物、妖怪、主系の話なんですよね。。。

まったくの異世界の話や出現に、霊じゃないの?踏み入れてはいけない場所、霊だけじゃないの?
って。蛇にしても、ショッキングでした。大木の下に現れたオカッパにしても、笑うやつも、昔から地元のじーちゃんばーちゃんが知ってる、忘れ去られそうな、そのカテゴリーがあまりにも頭から離れない私の一番なんですよね。
Posted by メチャ✩ at 2017年09月05日 23:31
上海よりさま
やはり異次元に・・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル

そしてマイナーかと思ったら結構ヘビのお話が人気でした。
人気と言っていいのかわからないけど・・・。
廃墟に肝試しに行っちゃった人とかと違って、本人に落ち度がほとんどない(というか自分にも起こりそう)のに、そんな悲劇が・・・って感じで怖いんですよねー。

メチャ☆さま
私もあのお話の地獄に落ちるっていう契約が気になってます・・・・。
Posted by クレア at 2017年09月06日 02:00
読み始めて、とうとう追いついちゃいました。ああ…今度から何を楽しみにすればいいんだろう。(TдT)
話はですね・・・実はほとんど全部が・・・私がビビりなのでしょうか。
Posted by ぽん子 at 2017年09月06日 07:50
営業のK様
こんばんは

【至るところに御札が貼られた会社】
この話だけ背中がゾゾっとしました。
地中の封印を解いたままやからかな?

【続続・タクシーの運転手さんから聞いた話】
タクシーでお寺の前まで詣るお婆さんは中には入れなかったのでしょうね、タクシーの運転手さんの優しさが好きな話です。

他は読み直さないと
Posted by Kuma at 2017年09月12日 03:46
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count