2017年10月04日

傘をさす女・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、今日も1日、お疲れ様でした!

昨日の夜、出版社のご担当者様からメールを

頂き、本の売れ行きが好調だとお褒めの言葉

を頂きました。

これも、何度も言いますが、全て読者の皆様の

お陰です。

本当にありがとうございます!

当社でも、それなりの冊数を買ったらしいのですが、

会社に訪問されたメーカーさんなどに対して

優しく購入を奨めて(押し売りともいう)貰い、

殆どが売れてしまったそうで追加注文まで

してくれたそうです。

まあ、メーカーさんが当社に寄り付かなく

ならなければ良いのですが(笑)

それでは、今夜も怖くない話いってみましょう!

それでは、どうぞ~!


これは俺の知人が体験した話である。

その女を最初に見たのは、バーベキューの様子を録画したビデオの中

だった。

その女は傘をさしていた。

雨は降っておらず、それなのに日傘ではなく、普通の紅い傘をさしている。

その女に違和感は感じたが、日差しも強かったので、きっと日傘を忘れた

女が日除け用として普通の傘をさしているのだろうと思っていた。

傘が邪魔になり、顔は確認出来なかったが、傘の下から見える白いワンピース

とその体型から、30代の女性なのだろうと自然に思った。

しかし、それからその女は、彼の周囲に頻繁に現れるようになった。

子供の運動会のスナップ写真にも写り込んでいたし、夏祭りの時にも、

しっかりと写り込んでいた。

最初は似ている他人だろう、と思っていたが、あまりにも頻繁に写りこむもの

だから、やはり気になってしまい、マジマジと観察すると、どうやらそれらは

全て同じ女のようだった。

気になった彼は、過去の写真も引っ張り出して、その女の姿を探した。

すると、春の花見や秋の温泉旅行、そして、冬のスキーの時に写した写真にも、

その女はしっかりと写り込んでいた。

そして、会社の行事で撮影した写真にも・・・。

特に冬に撮った写真などは、周りのスキーウエアの中に1人だけポツンと

ワンピースを着た女が写りこんでおり、さすがに不気味に感じてしまった。

しかし、そこから更に過去に遡って写真を調べてみると、まさに驚愕の事実

が判明してしまう。

それは、彼が生まれた時の写真から、成長していく写真全てに、その女がはっきりと

写り込んでいたのだ。

特に、彼が生まれた間際に写した写真には、赤ちゃんを取り囲み喜んでいる親戚に

混じって、その女が写り込んでいた。

しかも、しっかりと傘を差したままで・・・・。

だから、彼は両親にその写真を見せて、もしかしてこの女を知っているか?と

聞いたのだが、両親には思い当たる女性は居ないとの事だった。

そうなると、その傘を差している女は彼が生まれてからずっと側にいて彼に

付きまとっていた事になる。

彼は、じっとりとした恐怖が背中に圧し掛かってくるような気がした。

そして、それからが更なる恐怖の始まりだった。

それからの彼は何処に行っても何をしていても、いつもその女が側にいる様な

気がしてしまい、とても落ち着かない日々を送る様になった。

そして、やはり誰かの視線を感じた時には、振り返ると必ず其処に、

その女が傘をさして立っていた。

例えばレストランで食事をしていると、何処からか視線を感じる。

そして、彼がハッとして振り返ると、そこにはその女が立っていた。

レストランという屋内にも拘わらず、相変わらず紅い傘を差して・・・・

そして、そんな事が続くうちに彼はある事に気付いた。

それは、その女の姿は彼以外の人間には見えていないという事。

それを知ると、彼の恐怖心は一層強くなった。

いつも付きまとっている女の姿が、実は他の人には全く見えていない、という

事はそれだけで恐怖が増す様な気がした。

そこで彼は共通の友人の紹介で俺を頼ってきた。

初めて彼に会ったとき、俺は彼からその話を聞いたのだが、話を聞いているうちに

かなり違和感を感じてしまった。

とにかく、我が強く高圧的な話しかたをする。

俺の最も苦手とするタイプだった。

そして、理不尽な事に、通常、そういう人間に限って悪霊にはとり憑かれない。

更に、違和感の理由は他にも在った。

それは、彼が霊にとり憑かれているわりには、とても元気で肌の血色も良かった

という事。

通常、本当に悪霊にとり憑かれているとすれば、当然、それが顔にも表れるもの

なのだが、彼からは、そういうものは一切感じなかった。

そして、彼は話すだけ話して、俺自身には、それを祓うだけの能力が無いと判ると、

すぐに横柄な態度で、誰か他の霊能者を要求してきた。

正直なところ、こういう輩は、助けたくもないのだが、紹介してきた友人には

いつも世話になっているから、無下にも出来なかった。

そして、俺はいつものAさんに連絡を取った。

今回ばかりは断られても仕方がないと覚悟していた。

すると、Aさんは、

ええ、いいですよ。

と二つ返事で快諾した。

俺は、驚いて聞き直した。

あのね・・・相談者は、かなり性格に問題があるタイプなんだけど、本当に

受けるの?

というか、断っても良いんだけど?

すると、

Kさんの方からお願いしてきて、私がOKしてるのに、断っても良いとか・・・。

意味が分からないんですけど?(笑)

と笑われてしまった。

そして、

まあ、相手がどんな奴でも関係ないですから気にしなくて良いです。

今回は、私がやらなければいけないことが、在るみたいなので・・・。

そう言って電話を切った。

そして、当日、俺は気が進まないまま、Aさんを連れて彼の元を訪ねた。

すると、

遅かったな!

と彼が待ちかねたような態度で出迎えた。

そして、俺が連れてきた霊能者が女性だと分かると、

なんだ。女なのか?

本当に大丈夫なのか?

と相変わらずの横柄な態度が鼻についた。

俺は恐る恐るAさんの顔を見ると、特に気にしてはいない様子であり、それも

俺には不思議に感じた。

いつものAさんなら、間違いなく、

こんな奴救う価値ゼロです。帰りましょう!

と言って来る筈なのだが・・・。

すると、彼はまず除霊に対する代金の話からはじめる。

これも、Aさんが最も嫌うパターン(汗)

そして、本題である傘をさした女の霊の話を、身振り手振りを交えて大袈裟に

話し出す。

そして、一通り話し終えると、

たぶん、あいつは俺が生まれた時からずっと俺を付け狙ってるんだ!

だから、あんなバケモノはとっとと退治してくれ!

二度と俺の前に現れないように・・・・・。

あんたなら、それが出来るんだろ?

そう言った。

すると、そこまで黙って話を聞いていたAさんは、ゆっくりと冷静に

喋り出した。

謝礼は・・・お金は必要ありません。

特に貴方みたいな人からは1円だって貰いたくありませんから、ご安心を。

それに今回、最初にこの話を聞いた時、絶対に救わなければ、と私自身が

思いましたから。

それと、さっきから、退治とか威勢の良い事を言ってますけど、その女の霊は、

今もこの部屋の中に居ますよ。

貴方のそばにじっと立っていますから・・。

そこまで聞いた彼が、

おい、マジか?

それなら、さっさと消してくれよ!

モタモタするな。

そう言われ、Aさんは一瞬、顔が険しくなったが、それでもすぐにいつものクールな

顔に戻り、こう言った。

その前に1つだけ貴方に質問させてください。

貴方は今、女がそばに居る状態で何か危険を感じますか?

そして、今まで生きてきて、その女の霊の仕業で酷い目に遭った事もありますか?

すると、彼は、

当たり前だろ!

この部屋に居るって聞いた途端に全身に鳥肌がたってるよ。

それに、ずっと付きまとって、俺が隙を見せるのを待ってるんだろうが?

だから、早くなんとかしろ!

とまくし立てる。

それを見たAさんは、ため息をついてから、こう言った。

本当に救う価値が全く在りませんね!

さっき、私が絶対に救わなければ・・・と言ったのは貴方に対してでは

ありません。

はっきり言うと、あんたなんかを救う為に私は此処まで来た訳じゃない!

その女の霊を救わなければ・・・という意味で言っただけ・・・・。

はっきり言いますね。

その紅い傘を差したまま立っている女の人は、貴方を生まれた時から護っている

とても徳の高い霊なんです。

貴方なんかより、よっぽど救う価値がある霊という事です。

貴方が生まれた時、貴方はすぐに死ぬ運命だったのに、何故かその霊が

救ってくれて、それからはずっと・・・・です。

何から貴方を護ってきたのかは、あえてここでは言いませんが・・・。

普通の霊能者だったら、すぐに逃げ出すくらいの恐ろしいモノ・・・。

あの女の霊だって、好き好んで貴方のそばにずっと居る訳では無いんです。

ただ、貴方を救いたいという気持ちだけで、ずっと貴女のそばにいなければ

いけなかった尊くも可哀相な霊なんです。

でも、貴方のお陰で、もう疲れ果てて限界が近づいています。

だって、救っても救っても、貴方はいっこうに、立派な人間になって

くれないんだから・・・。

それも仕方のない事ですけどね。

だから、私が今一番しなければいけない、と思ったのは、その女の人を

天に戻してあげるという事。

間違っても貴方を助ける気なんか更々有りませんから。

そこまで話すと、Aさんは更に顔を険しくしてこう言った。

それでは、最後に聞きますけど、本当にその女の霊を貴方から引き離しても良い

んですね?

二度とそばに近寄れなくしてしまって大丈夫なんですね?

と彼に聞いた。

彼は、Aさんの話をちゃんと聞いていたにも拘わらず、

ああ、勿論だ!

さっさとやれ!

と答えた。

すると、Aさんは、ニコっと笑って

分かりました。

と言って立ち上がった。

そして、彼に向かって、

それでは、今後起こる事全ては自己責任ということで・・・。

とだけ言うと、目をつぶり何かを呟いた後、さっさと家から出て行こうとした。

すると、彼が、

おい。まだ何もしてないだろ?

ちゃんと退治してから帰れよ!

と喚くので、Aさんは、

もうとっくに終わってますよ。

退治なんかはしていませんけどね。

でも・・・・。

二度とあの女の霊が貴方の前に現れる事はありませんから、ご安心を!

そんな心配よりも、今後の身の安全について対策した方が良いと思うけど?

そう言うと、さっさと玄関から出て行った。

俺も慌ててAさんの後を追ったが、その時見たAさんの顔は不思議と、

晴れ晴れとした顔をしていた。

それから、数ヵ月後、彼の訃報が入ってきた。

車の運転中に、スピードを出したまま、ビルの壁に激突して亡くなったという知らせ

だった。

彼は、その前から、ずっと得体の知れない恐怖に押し潰されそうになっていた

らしく、亡くなった時の顔も、恐怖と安堵が混じった顔をしていたという。

そして、俺がAさんにそれを話すと、Aさんは、すかさず、こう返してきた。

きっと、あの悪霊に追われ続けていた恐怖と、そして死ぬ事でそれから逃れられた

安堵感が混じっていたんでしょうね。

でも、全ては彼が選んだ事ですから・・・・。

まあ・・・・自業自得ですかね。

そもそもは、生まれた間もなく死ぬ運命だったんだから、長生き出来て良かった

じゃないですか?

あんな恐ろしいモノから、ずっと護ってくれていたのにねぇ・・・・。

そう言って、大きなため息をついた。

そして、まあ、強い守護霊が付いていても、その価値が分からない人も1人

知ってますけどね(笑)

そう言って、1人で笑っていた。


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:30│Comments(29)
この記事へのコメント
Kさんこんばんは!

本の売れ行き好調で良かったです!
⁽⁽◝( ´꒳` )◜⁾⁾

今回のお話てっきり赤い傘をさす女の人が悪霊かと思いきや、徳の高い守護霊様でしたとはびっくりでした。
何が凄いって、A姉御が守護霊様を助ける事も出来る、凄いです。
傲慢な方は産まれた時から、悪霊より凄そうな者に魅入られてたんですね。何度助けても性根が腐ってるとなるとある意味もう取り憑かれてたのかな?と思いますね。
自業自得はしょうがないですね。

本日も更新ありがとう御座いました
☆彡
Posted by tomoa24 at 2017年10月04日 21:20
営業のKさん

深く考えさせられます。
今の私は、正しく前を見ているのか・・・どうなのか。
ここ最近は、人間関係の縺れを経験しています。
これも教えと受け止めて、頑張ります。

それでは、次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年10月04日 21:27
Kさん♪
今日のAさんスッキリしたぁ♪
ヽ(・∀・)ノ
Posted by JUNK at 2017年10月04日 21:33
Kさん、こんばんは。

人の忠告を無視する人間は必ずいますよね。
その男はまさに、因果応報と言ってもいいかもしれない、最後を迎えたのですね。

それにしても、Aさんの怖い一面を見た気がします。

それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年10月04日 21:39
こんばんは。

生まれた赤子にすぐに目を付けた
「あんな恐ろしいモノ...」って、、、
そんな悪い奴がいるのですね、こわい。

それに徳の高い守護霊様でも、どうしようもない人っているんですね(K様のことでは、ありません。念のため)(´-`).。oO
Posted by まーくん at 2017年10月04日 21:51
中西様同様、考えさせられます・・・・
生きていく為には多少の要領(悪い人を寄せ付けないとか)は必要だけど思いやりとか尊敬とかできる範囲の親切とかは失いたくないなぁ。幽霊もA様も生き方ってものを見てるのかなーって思いました。
霊でも言霊っていうのがあるらしく汚い言葉(人を蔑む)って良くないらいしです。
話題の豊田真由子さんとか自分で不幸を招くような事言ってるけど気がついてないんだろうなーって思います。私は上品で知的で裕福な人にはなれないけど心が卑しい人間にはなりたくないです。
Posted by ちんぱん at 2017年10月04日 22:03
更新ありがとうございます★

なんで傘の女性はその男性を守ったんでしょうね?
前世で恋人同士とか乳母と若君とかだったのかしら?
そして彼が「やっぱり祓わないでほしい」って言ったら
その女性はまだまだ我慢しないといけなかったのかしら?

人の好意に甘えてばかりいたらいけないですね!
Posted by クレア at 2017年10月04日 22:35
K様

こんばんは

因果応報…という言葉では片付けられたお話ですね。
『お陰様で…』と日本人が言ってきたのには、それはそれなりの訳があったのではと思わざるを得ませんね。



>優曇華さま
初めまして。コメントを頂き、ありがとうございました。
P.N.のお話ですが…普通は、確かに怖いのかもしれません吒枳尼天は、インド起源の天部の神様で、狐に乗った
女神として日本でも古来描かれているものですが…そこは、あまり深く考えずに伝奇作家A〇〇さんやF木○さん、K極〇〇さんなどの題材に使われていたので、使ってみた次第です。
また、『読まない方が良い…』は、優曇華様のご指摘通り、『双葉山の殺人鬼』の小説の事です。
『〇〇いたる〇』ですが、私は未読です…別のAさんの作品のようですね…勉強不足で、あいすいませんA○行〇さんは、『…囁き』シリーズが好きだったもので(←D.アルジェントのファンという事だったりもします笑)。
Posted by 吒枳尼天 at 2017年10月04日 22:46
この場をお借りします。

千葉ON☆彡様

いつも皆さま方への優しい気遣い、お声がけすごいと思います。私なかなか出来ません・・・
かっこいいと思います。
惚れちゃったらどうしよう・・・・惚れませんけどね!!(爆笑)
お風邪など召されませんように。
☆彡
Posted by かのん at 2017年10月04日 23:02
今晩は K様 皆様

昨日駅下本屋で予約して来ました。
小さい本屋さんは置いてないのですね〜読むのが楽しみです!

小さい時から不思議体験やらしてますが。。。
自分にもっと力が有ればと。。。不甲斐ないです
やっぱA様って凄い!
K様の恐怖体験も尋常じゃないぐらいの数
世の中にこれ程までに経験している方がいるのかと…
怖い話好きの私はヤフートピックスで知って以来大ファンです。
特に怖く印象だったのが「能登の通夜にでるものは…」
この現世でも有るのかと。。

毎日の更新も楽しみですし皆様のコメントも楽しく拝見して
1日の楽しみとしてます。
Posted by Monstera at 2017年10月04日 23:20
 K様、皆様、お疲れ様です。

今回でA様、3連続ですね。

A様のいろいろな面を見させていただくことができ、感謝です。

人は自分が思うほど、相手は自分の事を思ってはくれない。
これは昔、ある人から言われ本当にそうだな、と思わされた言葉です。

ですが、今回の傘の女性霊には考えさせられる事が多々、ある様な気がします。

A様がそこまで救わなきゃと思われるこの霊は助けようとしていたいけ好かない彼とどんな因縁だったのでしょう・・・

一生懸命、助けようと(助けていた)していた彼にわかってもらえない哀しさ・・・(しかも、かなりの高級霊)

出来る事なら彼に気付いてほしかったことでしょう。
(今の生き方は間違っていると)
天に昇ってやすらかに。
Posted by 上海より at 2017年10月05日 00:56
 連続で申し訳ありませんが、この場をお借りして。

>中西様

七海ですが、ここ数日でかなり大きくなりました。
耳もでかく、尻尾も長く。

で、以前中西様が保護された外ネコちゃんが猫HIVだったとの事。
これは病院で血液検査などですぐにわかることなのでしょうか?
日本と中国では違うかも知れませんが、教えていただければ(私もネットで検索します)何か参考になるかと。

申し訳ありませんが、ご教授をお願い致します。
Posted by 上海より at 2017年10月05日 01:09
Kさま今晩は!
本の売れ行きが好調のようでなによりです♪
いつもブログが面白いですし、K様のお人柄が素敵なので購入される方が沢山いらっしゃるんでしょうね。

本日、東京はだいぶ肌寒い一日でした。
石川県は日本海側なので冬は厳しいのでしょうね。

レストランの中でも傘をさしていてなんて一瞬怖くてびっくりですが、守護霊様だったんですね。
私もなんだかご先祖様に守られている気がします。
嬉しいです。
なのでお墓参りをしたときは、しっかりとお掃除をするように心掛けています!


この場をお借りしまして…


→ 中西 様

最近、お元気がなくて心配です。
若輩者ゆえ気の利いたお声がけが出来ませんが、ご家族さまと猫ちゃんに癒されてくださいね。

→ はる 様

ややこしいのですが、女性の師匠と男性の師匠がいます(笑)

・語り部で主人公の『ウニ』
・ウニの師匠の『師匠』(男)
・師匠(男)の師匠である『加奈子さん』

「師匠から聞いた話だ」で始まるお話は
師匠=加奈子さん(女)

前置きがない場合は
師匠=師匠(男)

なんですよ〜!
(ってもうご存知ですかね 汗)

あえてお話の進み方が時系列順じゃないので、複雑ではありますが
仕掛けが沢山あるので面白いです!

長々と熱く語りスミマセン(*´Д`*)
またハマり始めて毎日読んでます。

→ クレア 様

オフ会コメント欄読みました!
何から何までご手配ありがとうございます。
お会いできるのがとっっっても楽しみです♡

→ ON☆彡 様

本当に毎回パワーをいただいてます!
お顔も見れないネット上の世界で、こんなに素晴らしい方々と出会えたことに感謝です(⸝ᵕᴗᵕ⸝⸝)⋆。˚✩

お鮨最高でした〜!!
にぎりとつまみで28種類頂きましたよ(๑´ڡ`๑)食べ過ぎですね(笑)

でも、なんと今日はお酒を控えたんです(;o;)
昨日から胃が痛かったんですけど、自営業になってから(3年くらい)健康診断を受けてなくて心配だったこともあり、急きょ胃カメラをやってきたら検査後は3日間お酒もコーヒーも飲んじゃダメって…残念過ぎる〜(;o;)(;o;)
結果は悪くなかったのでご心配なく願います☆(この食欲ですので^_^)

何より安心を得られるので健康診断は面倒くさがらず積極的に受けないとな〜と今日でよく分かりました(о´∀`о)
Posted by ぴょんうさぎᙏ̤̫ at 2017年10月05日 01:41
K様こんばんわ。更新お疲れ様&ありがとうございます。

本の売り上げが好調で良かったです。まぁ当然の結果ですよ。だってとても魅力溢れる文章ですから。ユルユルと第2巻も宜しくお願いしたいです。

今回のお話、いったいどんな悪霊が取り憑いていたのか気になります。
傲慢で自分勝手な、まわりに配慮しない人は、結局自分が一番不幸になるようですね。思い遣りって大切ですね。
今は私はちょっぴり疲れていますが、出来るだけ人に配慮出来るように気を付けたいです。

体調崩しやすいですから、お身体お大事になさって下さいませ。
お嬢様の修学旅行が、楽しい想い出いっぱいになりますように。

再見
Posted by ミニ子 at 2017年10月05日 01:50
Kさん、今日もありがとうございます。
今回は私自身が彼を護って来た傘をさした女性にとても切ない愛を感じました。

でも、よく考えてみると、その女性は、彼を護るのが目的なのではなく、
彼についていた恐ろしいモノと過去から何らかの関係があって
そのモノがしようとしていた事を阻止しようとしていたのかも
しれないなあと思ったりします。

運命どおり、彼は別に赤ちゃんの時に死んでいても良かったのかもしれませんね。
Aさんが言うように、そこまで生きて来ても、成長することがない方だったんですね。

Aさんの話しを聞いた時の彼は、日本語が理解できない方というか、
自分の都合の悪い部分などは一切聞く耳を持たない方だったんだろうなと。
私もこの方はどうでもいいなと思いました。

普通、そんな話しを聞いたら、
傘をさした女性に対して感謝の涙をしてもいいのに。
「こんな僕を今まで護ってくれてたのですか?
 もし良かったらこれからもずっと一緒にいてください。
 護ってもらえる価値のある人になりますから・・・。」
くらい思って欲しいものですね。

ちなみに、恐怖と安堵が混じった顔ってどんなだろうと想像しても、
笑いながら怒る竹中直人しか思い浮かびません。
Posted by ひで at 2017年10月05日 03:54
霊=悪と決め付けている人でしたね
人間は自分の理解できないことは怖がるから
自分を怖がらせるものは全て悪と決めてしまう
そういった人が少しでも減ってくれること祈ります。
Posted by Gureiny at 2017年10月05日 08:56
お疲れ様です。
今回の内容…。考えさせられました。
再度謙虚さを考え直す事ができて良かったです。
Posted by シンヤ at 2017年10月05日 09:07
K様 読者の皆様
おはようございます。ばばろあです。

今回のお話、女性の霊が良い霊だとわかった途端に鳥肌が立ちました。
その瞬間、私の脳内映像では、相談者の男性が人生を振り返り
「ずっと護ってくれていたのか」と感動して、A姉さんやK様と悪霊退治
に奮闘するというストーリーが流れました。。。が期待はずれでしたね。
残念ですが話が通じない人って、どこにでもいるものですね。
K様が共通の方を通して相談された時に感じた相談者の悪態は、
もしかしたらK様の守護霊様が相談者に憑りついている悪を感じ取って
(救うべき人間ではない)と知らせてくれていたのかもしれませんね。

私は九死に一生を得るという経験をしてきましたが、きっと護られていた
のだろうと思えます。
救われた命を大切に、それに報いるためにはどう生きたらいいのかと考える
ことが大事なのかなと思いました。

またひとつ勉強になりました。
次の更新を楽しみにしております。

→クレア様・ON11様・上海より様・ぴょんうさぎ様・まってぃん様
“オフ会連絡用に”書き込みしました。
m(_ _)m
Posted by ばばろあ at 2017年10月05日 09:52
おはようございます。

怖くない赤い傘だったんですね。

その別の物は傘の人とは違う所から見ていたんですかね?

護って居たのに、想いとは別の人格になってしまって辟易していたんでしょうね。

もう少し、良いと思える人になってたらまた…違っていたのかな?

Aさんも…パンチしないで頑張りましたね。
Posted by にじちゃん at 2017年10月05日 12:29
営業のKさん

今日は良く晴れ、汗ばむくらいの福岡です。

この場をお借りして

上海よりさん

獣医での血液検査で、猫エイズの陽性陰性は調べる事が出来ましたが、中国ではどうなんでしょうか。
一番最初の猫は陽性ですが、発症はしていません。
確か年に一度のワクチンと、室内のみの生活で、出来るだけストレスを与えない様にしています。
が・・・他に5匹も住んでいますから、ストレスが無いとは言えませんね(笑

ぴょんうさぎさん

ご心配、ありがとうございます。
公私共にストレスがかかる事象が発生しており、少し疲れていますが・・・これも軽減、何とか乗り越えて行くべく頑張ります。
人間怖いの日々です(笑

それでは失礼します。
Posted by 中西 at 2017年10月05日 13:03
K様、皆様こんばんは。

本の売り上げがどこまで伸びるか楽しみですね
(^ ^)

傲慢な態度の男性についていた恐ろしいモノ。
あくまでもその男性だけがターゲットなのか、
また次の獲物を探しに行くのか。。
ちょっと気になりました。

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年10月05日 19:17
皆さま こんばんわ。この場をお借り致しまして

ぴょんうさぎ様 ありがとうございます。
「なんですと…!!!」
びっくりです。。。
師匠シリーズは こちらのような 楽しいコメントで中和できなく 続きを どのように聴こうか 模索中です。
雑踏にまぎれて聴く、お笑いを見ながら聴く 等々。仕掛けもあるのですね。
「ロダンの彫刻」さながらの体勢の はるでした。
Posted by はる at 2017年10月05日 21:54
こんばんは(((o(*゚▽゚*)o)))

とてもとてもご無沙汰しておりますっ!
K様出版無事&好評でなんともめでたい限りですっ。
しばらくおやすみされるとの事でブログもしばらく拝見させて頂いてなかったのですが…なんとっ!オフ会まで開催していたのですねっ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
見逃しましたぁー。全く流れに乗れずに自分の出不精にほとほと呆れてしまいますわっ‼︎
オフ会‼︎これはK様が繋いでくれた素敵なご縁ですね〜。今来ネット社会で人との繋がりが薄くなってしまっている中こんな素敵な縁結び‼︎
年齢も職業も性別も超えてなんて本当素晴らしいですっ!
コメントでいつも楽しそうなキャッチボールを直で見てみたいわ。
私にとっては皆さんが憧れのまとですもん(*≧∀≦*)

ご出版された本穴が空くほど読みました笑
K様の誤字脱字フェスタが無くてちょっと寂しいくらい笑笑
ブログ再開で楽しみが増えちゃいましたっ!
秋の夜長のお供に〜。
傘の女性。。。
地道で影のお力に答えられない男性残念でした。
A女史のおさばき!華麗でお見事です。私もよくよく考え顧みないとなぁ〜。゚(゚´Д`゚)゚。
Posted by あまみん at 2017年10月05日 22:21
K様、皆様、こんばんは!

昨日は感情的になってしまうことがあり、ここでのコメントは控えました。今回のお話、男が生まれる前から悪霊に魅入られていたのか、徳の高い霊もたまたま護ることになったのか、それとも前世で多少なりとも縁があったのか。
細かいことはわかりませんが、だいぶ生き延びたこの男、生まれてすぐに命を失う運命だったって怖いなと思いました。
先日、生後1ヶ月の赤ちゃんが父親に頭を激しく揺さぶられ亡くなるという事件がありましたが、その子も形はどうであれ、生まれてすぐに命を失う運命だったのかと思うとやりきれなくなりました。
生まれてくる子供にどんな因果があって、命を奪われなきゃいけないのか。やはり、前世とかが影響するのかなと感じました。

普通にこうやって生きていることが当たり前だと思えなくなったと共に、嫌なことあっても生きていることに感謝していれば、人の悩みなんてちっぽけだとおもえてくるからあら不思議。

先日、どっかの誰か様に高田純次みたいと言われ、嬉しく思います。
あーゆー人間に私はなりたい。 違うかぁ笑

嫌なことあってその都度傷ついたり凹んだりするだろうけど、最後は笑い飛ばせばいいかなと思う今日この頃。


それにしても、まてぃニィが気にする悪霊は今もターゲットを探しているのかなぁ。怖っ


この場をお借りして、


→かのん様

なんか持ち上げられたり振られたりで有り難うございま〜す♪
こんなお馬鹿なので、風邪とか無縁なのです( ´ ▽ ` )えへ
あと、さりげなく✩を流してくれてるね!グラッツェ!!


→ぴょんうさぎᙏ̤̫ ちゃま

昨日はお互い、良い休日となったみたいやな!
28種類?どひゃ〜(*⁰▿⁰*)
食べれるってことは健康の証?だから、大丈夫そうかな。
健診も大事だね。体の調子を可視化できるって安心する〜。
でも、無理は禁物ということで!!
こちらこそ、いつも癒しと元気をいただき感謝しています。
いつもありがとうね (๑❛ัᴗ❛ั๑)


→Tねー

さぼてぃの誕プレ、2冊やな!
いつもお世話になってるんだから、1冊じゃ足りないでしょ。
2冊にすれば、K様にも貢献できるし笑 な〜んてね✩彡
Posted by ON11✩彡 at 2017年10月05日 23:00
 K様、皆様、お疲れ様です。

K様、この場をお借りします。

先ほど、コメントしたのですが上がっておりませんので再度。

>中西様

ご連絡、ありがとうございます。

猫HIVについて私もネットで調べてみましたが、生後2~5ヶ月くらいは母乳の影響で陽性とでることがあるとか。
また、中国ではきちんと獣医さんににてもらってる飼い主さんがまわりにいないので(無資格のペットショップがほとんど)こちらで検査できるのかは不明です。

帰国時に自宅近所の動物病院(歩いて5分、しかも名医らしい!)があるのでフィラリア、ノミ、ダニ駆除の薬を診察無しで処方していただけるのか確認ついでに聞いてみようと思います。

七海、1匹でも大変なのに6匹とはすごいです!
他の外ネコちゃんと合わせて元気にすごせることを祈っています。

>浮かれとんちき様

七海の事、お気使いありがとうございます。
帰国時の事ですが、会社の同僚も上海で猫を飼っているので、留守中預かってもいいよ、と言ってくれてますので、その人に預かってもらう予定です。

浮かれとんちき様の愛猫も元気に育ちますように。

では、失礼します。
Posted by 上海より at 2017年10月06日 00:29
 K様、この場をお借りします。

先ほどから2回コメントさせていただいておりますがフツーにコメントが完了しているのに反映されていません。(涙)
何にもひっかからず終わっているのに・・・(号泣)
とりあえず、お礼のコメントだけ書きます。

>中西様

ご連絡、ありがとうございます。

>浮かれとんちき様

七海の事、お気使いありがとうございます。

コメントの中身は後日、再度チャレンジしてみます。(上がらない原因不明!)

失礼しました。
Posted by 上海より at 2017年10月06日 00:49
Kさんこんばんは!

いつもすみません。失礼してこの場を借ります。

ON☆彡キラーンくん

ちょ〜う(˶‾᷄ ⁻̫ ‾᷅˵)ON☆彡
カッコいいとか言われとるし(笑)ヒューヒューだよ!(←反応すこぶる超絶遅いけどね)

あとサバオの誕プレにKさんの本、2冊も千葉から送ってくれるの?悪いね
(笑)住所変わってないからさ!よろしく!
(⁼̴̀ૢ꒳​⁼̴́ૢ๑)
ホントON☆彡かっちょいいわ

マリリン中西ぱぱんのテツ様
(あってるかな?こんな感じだっけ?)
ストレスでお疲れだったんですね。
反応遅すぎですが…
今日私がみた夢のはなしです。
パパん中西さんのブログのコメ読んで、私が大変やぁ大丈夫かなぁとアタフタしてる、働き過ぎとかもう無茶するわとかそんな夢でした。
と言う事でコメしてみました。
正夢にならなきゃいいけど
|ૂ•ㅿ•̀ )
Posted by tomoa24 at 2017年10月06日 18:43
Kさん

更新ありがとうございます。
さすがAさん、徳の高い霊を助けてあげるなんて益々格が高くなりますね。
しかし、何処にでもどうしようもない人がいるものですね。
まー人の振り見て我が振り直せですね。
身の引き締まる思いです。

更新楽しみにしています。
でも無理は禁物ですよー
Posted by かずさん at 2017年10月06日 19:55
Kさん、こんにちは。

Aさんかっこいい!!
スカッとするお話、ありがとうございました。
Posted by りせっち at 2017年11月29日 04:24
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count