2017年10月05日

窓から覗き込む女

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、今日も1日、お疲れ様でした!

今月は当社は決算月の為、なかなか忙しいです(涙)

でも、もう少し頑張れば、クリスマスやお正月という大好きな

行事が待ってますから頑張らないと!

ちなみに、うちの娘はテストが近いという事で、先ほどから

自室に篭もって猛勉強中だということです。

少なくとも妻からはそう聞いていますが・・・。

先ほどから隣の部屋から聞こえてくる友達と電話している

様な声はきっと幻聴なのでしょう(涙)

ということで、今夜も怖くない話、いってみましょう!

それでは、どうぞ~!


これは俺の友人が体験した話である。

彼はとにかく釣りが好きな男で、休みなると必ず何処かへ釣りにでかける。

しかも連休ともなると、一泊二日や二泊三日の日程で一人で釣りに出かけて

しまう。

それでも、ちゃんとした布団でないと寝られないそうで、いつも安い民宿

を探しては、そこを拠点にして釣り三昧の休日を過ごすのだそうだ。

そして、今回書く話は、彼が富山県にある某民宿に泊まった時の話だ。

その民宿は部屋から釣りが出来るのではないか、と思えるほど川の近くに

建っており、安い料金とも相まって、休日ともなれば、釣りに来た客ばかりで

常に満室状態なのだという。

だから、その日も彼はかなり早い時期にその民宿を予約した。

そして、無事に予約も取れ、彼はその日が来るのが待ち遠しかった。

彼はその民宿に泊まるのは、もうかなりの回数になっていたのだが、そこでの

釣りではいつも大満足の釣果が得られていたのだから・・・。

そして、当日、朝早く起きて彼は車でその民宿を訪れた。

しかし、いつもは客の車でいっぱいの駐車場がガランとしており、駐車

しているのは彼の車だけだったらしい。

だから、宿に入るなり、彼は民宿のおかみささんに聞いてみた。

今日はどうしてこんなに客が少ないのか?と。

すると、おかみさんは、特に理由は無いという。

ただ、年に何回か、こういう日があるのだと教えてくれた。

まあ、彼にしてみれば、釣りが出来ればそれで良い訳であり、特に気にする事も無く、

彼は部屋に荷物を置いてさっさと近くの川へと釣りに出かけた。

しかし、その日はどれだけ待っても一匹も釣れなかった。

それどころか、いつもは川底まで綺麗に見えている川が、何故かにごり、どんよりと

している。

彼は、釣りを早々に切り上げて、さっさと民宿に戻り、明日に備える事にした。

確かに釣りとしては、物足りない結果だったが、いつもは他の釣り客で、決して

静かとはいえない、その民宿も、その日ばかりは彼の貸切になったように、広々と

使えた。

お風呂も1人、そして食事も1人でゆっくりと食べる事が出来た。

そして、早めの夕飯を食べ、部屋の布団の上で寝転がってテレビを見ていると、

ついついウトウトしてしまう。

そして、知らないうちに寝てしまったようだった。

そして、次に彼は、誰かが窓のガラスをコツコツと叩く音で目が覚めた。

既に辺りは暗くなってしまっており、窓からは綺麗な星空が見えていた。

彼は少しだけ上体を起こし、叩く音が聞こえてくる窓の方を見た。

すると、窓の下から手が伸びてきており、その手の爪でガラスを叩いているのが

分かった。

誰か知り合いでも来たのか?

それとも、女将さん?

そう思った彼は、布団から体を出し、

はい?

と答える。

しかし、返事は無かった。

底で彼は仕方なく、眠たい体を引き摺るようにして窓の方へと近づいていった。

そして、窓の近くまで来た時、思い出した。

今、自分が泊まっているのは民宿の2階の部屋だということを。

彼はすぐに眠気が吹き飛んでしまった。

2階の窓に手が届くなど、普通はあり得ないことだった。

だから、彼はそのまま後ずさりするようにして窓から離れると、ジッと息を

殺して、状況を確認しようとした。

相変わらず、コツコツと窓を叩く音が聞こえてくる。

彼は、体が硬直したまま、ただじっと窓を見つめるだけだった。

すると、突然、音も無く、その窓が開いた。

彼はとっさに襖の陰に隠れ、その隙間から様子を窺うしかなかった。

すると、窓の外から、女の顔が現れた。

その女は、一見すると、普通の何処にでもいるような女性に見えたが、やはり

窓の枠に摑まっているわけでもないのに、平然と2階の窓から中を覗き込んでいる。

どう考えても普通ではなかった。

彼は、今何が起こっているのかも理解出来ず、ただじっと襖の陰からその女を

見ていた。

すると、今度は、その女の顔が部屋の中に身を乗り出すようにして入って来て、

突然両手を伸ばした。

そして、その両手は、まるで何かを探しているかのように部屋の中をまさぐっていた。

彼は生きた心地がしなかったという。

彼は一瞬、その部屋から逃げ出そうと思ったのだが、何故か逃げられない気がした。

そして、その女をやり過ごすには、ここでじっと耐えるしかない様な気がしたから、

彼は叫びだしたい気持ちをぐっと飲み込んでその手が彼の近くをまさぐっている

間も、じっと祈るようにして、その手から逃れ続けた。

そして、しばらくその部屋の中を長い両手で探っていた女は、

チッ・・・・・・。

という舌打ちを残して、その部屋から離れていった。

そして、どんどんと部屋を移動しながら、何かを探しているようだった。

彼は今のうちに、早く逃げなければ・・・・と思い、急いで隠れていた襖の陰

から出た。

心臓が止まりそうだったという。

そこには、まるで彼が襖の陰に隠れているのを知っているかのように、先ほどの

女の首が伸び、その顔だけが、巨大化し、襖の陰から出てきた彼を見つめていた。

そして、その女の顔は、なんとも言えない様な気持ちの悪い笑みを浮かべて、

違う・・・・・。

とだけ言って、そのまま窓から出て行った。

その首は、まるで蛇のような動きをしていたということだ。

それから、彼は後ずさりするようにして、その部屋から出て、廊下に座り込み、

襖を閉めた。

そして、そのまま朝まで一睡もしないで必死に恐怖に耐えていた。

翌朝、その話を民宿の女将さんにした彼だったが、その時の女将さんのうっすらと

笑いながら話を聞く顔が、昨晩の女と重なってしまい、彼は、途中で話を止めた。

そして、2泊する予定を切り上げて、逃げるようにして帰ってきたという事だった。

彼はその後も釣りを続けているのだが、決して一人ぼっちの場所では、釣りを

しない様にしているという事だった。


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:28│Comments(20)
この記事へのコメント
K様
ご無沙汰です!
K様の著書を行きつけの書店で取り寄せをしてもらってます。
行きつけの書店には入荷がなかったようなので・・・
今から読むのが楽しみです。
お身体はくれぐれもご自愛下さい。
次の出版も楽しみです。
Posted by ふかひれてい at 2017年10月05日 21:08
k様
女将さん何か知っているような・・・
もうその旅館には行かない方が良いと思います。
Posted by ちんぱん at 2017年10月05日 21:15
K様こんばんわ。更新お疲れ様&ありがとうございます。

お仕事お忙しいようですね。ファミリーマートのカフェラテで、一息入れて無理しないように。お嬢様のテスト勉強、きっとお嬢様なりに頑張っているのでしょうね。ユルユルとね。(笑)

今回のお話、ご友人が無事で何よりでしたが、その女将さん何か知っているような、気持ち悪い感じですね。
私も2年前に某リゾートホテルで、怖い思いをしてからは、そのリゾートホテルはどんなに安くても利用しません。以前は凄く好きなホテルでしたが。

これからどんどん寒くなるようですから、体調崩さないようにお身体お大事になさって下さい。

再見
Posted by ミニ子 at 2017年10月05日 21:24
こっこわ!!!
怖すぎる…。

娘さんテスト前なんですね!私も今週模試があります(`;ω;´)
お互いがんばりましょう!とお伝えくださいw
Posted by つぼみ at 2017年10月05日 21:25
Kさん、こんばんは。


決算月の忙しさの中、新しい話のアップありがとうございます。
お嬢さんの部屋から聞こえる電話の話し声、怪現象かもしれみせんよ。?(・_・;?

民宿の女将は知っていますね。
友人の方の顔を見て“違う”と、その女が探しているのは自分を不幸な目に合わせた、相手なのかもしれませんね。


それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年10月05日 21:28
K様、皆様、こんばんは!

私は釣りができません。ジッとしていられなくて笑
のんびりするのは好きなのに、、、きっと待つって行動が付随すると
苦手なのかもしれません。
そんな話は置いといて、魚が釣れない日って霊的な絡みがあること
多々ありますね。霊と魚が水で繋がるんですかね?
地震が来る前に逃げる動物のように魚にも本能で察知する
恐怖みたいなものがあるのだろうか?

どうしても言いたくなってしまったので、この場を滑ってしまいますが。。。。
お魚ちゃんたち、ナニカの気配を察知した時、ぎょぎょぎょっ?!
と、あたふたして逃げ惑う姿を想像すると滑稽です。

それでは皆様、一段と冷えてまいりましたので、寝冷えなどせぬよう
お気をつけてお眠り下さいませ!!
Posted by ON11✩彡 at 2017年10月05日 23:20
この場をお借りして、

→おはるはん

師匠シリーズをyoutubeで見る発想はございまへんでした。
いつも、字を読みまくり。で、あの時の伏線がここに?と
前の話にまた戻ってみたり。
ぴょんうさぎᙏ̤̫ 様言うてたとおり、頭の出だしで誰の話かわかったり。最初、わからずに頭がʔ•̫͡•ʕハテナになったのは言うまでもありません。
話の1つ1つ長いのと終わりのぼかし具合がまたね、ひきこまれるんですよ〜。

ロダンなおはるはん、次はどんな姿勢で望まれますか?笑笑
Posted by ON11✩彡 at 2017年10月05日 23:50
 こんばんは、野崎と申します。

『闇塗怪談』、何軒目かの書店でようやく見つけることができました。
 紙の本だとブログ上で読むのとはまた違う感触があっていいですね。

 年に何度かある、川が濁って魚が獲れなくなる日……ということは、おそらくですが、一種の忌日なんでしょうね。
 この日だけは殺生をしてはいけないとか、川の神がお通りになるから人が入ってはいけないとか。だから女将さんも知っていて、でも非現実的だから黙っていたとか。
 禁を犯したばっかりに恐ろしい目にあうことになってしまったのでしょう、きっと。
 でも、あれ? 川姫(仮)は「違う、お前じゃない」と行って去っていった訳で。
 警告……だったのでしょうかね?

 >優曇華さま

 うぇるかむ とぅ グンマ!
 まあ、二日も前のコメントにお返事するのもどうかとは思いますが(苦笑)
 まあ高崎や太田の中心部なら東京にも引けを取らない「交通量」だと自負しています。自動車メーカーのお膝元だけに運転マナーはお察しです。

 さて、群馬で狸といえば『分福茶釜の茂林寺』。
 守鶴法師という徳の高い僧が持っていた不思議な茶釜のお話ですが、この守鶴法師、実は齢数百年という霊狸でありました……まあ、四国の隠神行部、佐渡の二つ岩団三郎など名の知れた狸は多くいますし、中には神として祭られているものもいますから、狸の法師がいても別におかしいことではないでしょう。

 一方、狐といえば小泉稲荷神社の鳥居が地味に有名、かな? 近所なので月一で御参りしていますが、夏場は背を屈めないと頭に蜘蛛の巣が引っ掛かったりします。縁日は毎月一日です。
 稲荷社なので祭神は当然稲荷系、確か伏見稲荷の直接の分社だと聞いています。
 稲荷と狐の繋がりを辿っていくと最終的には天竺の魔神ダッキーニ、ジャッカルにまたがった荒ぶる女神に辿り付くとか、付かないとか。日本にはジャッカル(野干)がいないので見た目の似ている狐になったそうで。

 長くなりましたが、これで失礼させていただきます。
Posted by 野崎昭彦 at 2017年10月06日 00:16
K様 こんばんは。

宿泊先での怪現象…やっぱり、怖いですねf(^^;

私は以前、お仕事の関係上、毎日のようにどこかのホテルに通っていたのですが…(偶々なのでしょうが)どこのホテルでも怪現象の噂を聞きましたね。

数百名泊まれるようなホテルでも、閑散期になってしまうと、数名しかお泊まりのお客様がいない日も、少なくなかったりします。

そういう日は、夜遅くなる前でもロビーや廊下などの電灯も消してしまって、全体的に薄暗かった感じがしました。

同僚達とは、『あー、今日は、生きてるお客様じゃない、他のお客様が多いんだね』などと軽口をきいていたりしましたが…本当に、そういう気配がする時って、やっぱりありましたよ(笑)

旅で来られる方々は、いろいろな目的や意味でお泊まりに来れていますが、そういう意味で来れるお客様も少なくないのかもしれませんね…。
Posted by 吒枳尼天 at 2017年10月06日 00:16
いつもは満室なのにその日だけは貸し切り…
よくあるやばい事起きそうなやつですねー
『お前じゃない』ではなく、『見つけた』だったら…
ぞーっとしますね!

☆★この場をお借りします★☆
第1回金沢オフ本日開催です。
10月6日(金)
場所:おおぎや直江店(グーグルマップで検索を!)
時間:20時~22時
顔だけだす!連絡交換に行きます!
など、アクションお願いいたします。

★ファン子さま★片町バイク野郎さま★かずおさま★
★人見知りさま★イニシャルDさま★
こまごまとオフ会いたしますので、今回行けなくても
♪金沢を盛り上げましょう!
急な登場楽しみにお待ちしております。
※この日に開催してほしいなどありましたら、
オフ会専用の記事に書き込んでみてくださいねー

私はお団子頭にピンクの眼鏡でございます。
名前の通り『とん(豚)』通常よりはふっくらしてまーす(笑)
わかりやすい所にKさんの本たてかけときますね!(目印)

まだコメントがない金沢の方もぜひ!!!
お待ちしております。
こちらや他の場所に書いても見つけられない可能性があります。
オフ会連絡にお使いくださいの9月27日の記事に書いてください。
席がどのあたりになったかもそちらに書きますので―
よろしくお願いいたします。
Posted by みさとん at 2017年10月06日 08:26
K様、皆様おはようございます。
K様、お忙しい中のアップありがとうございます。

この覗き込む女は、ある意味悪霊ではないのかも?
探しているのはあくまで1人で、それ以外の人には興味がない様子。

でも人が驚くのを楽しんでいるかもしれませんね(笑)
本当のターゲットが見つかるまでは。。

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年10月06日 09:12
Kさま更新ありがとうございます。

その女性が探しているのが、生前彼女に悪いことをした相手なら「違う」って思ってもらえるけど
知らないで川の主?とか貴重な魚を釣った相手とかだったら
その気はなくても(主と知らずに釣っちゃって)悪いことしたヤツとしてひっぱっていかれそうですね・・・・。
こわいこわい・・・・。
Posted by クレア at 2017年10月06日 09:40
おはようございます。

その、窓から中を探した女は…誰を探していたんでしょうね。

その、女が出る日が決まってるんでしょうかね?他の釣り人が居ないなんて。

何かある日は…不漁とかになるんですね。

色々な不思議がありますね。

本は読み終えました。

私が読んで無いものが多いのか…新鮮に感じました。
Posted by にじちゃん at 2017年10月06日 09:52
地元、富山県の民宿なんだ(^ω^;);););)泊まることは無いとは思うけど気をつけよう

みさとんさん、土(毎週休みではないけど)、日なら何とかなりそうな気がします
Posted by イニシャルD at 2017年10月06日 15:25
こんばんは。

昨日は寝てしまいました、、( ̄▽ ̄)
こわいですね。。この話も。

私が愛した人、、、
愛してるって言ってくれた人、、、
お前だけと言ってくれた人、、、
この部屋で一緒に死んでくれるって言ってくれた人、、、

どうしてあなたは生きているの?
この川の水の中へ一緒に入っていたのに、、、

どこにいる?どこだ?恨めし、、、
きっと探してやる、、、
きっと殺してやる、、、

こわいですね、、、人の思いは。
Posted by まーくん at 2017年10月06日 19:34
こんばんわ。今日もありがとうございます。

試験前の勉強中に娘さんが誰かとお話し。
実は、娘さんは黙々と勉強してて、
Kさんにのみ話し声が聞こえていたりして・・・。こわっ

今回の旅館は、
彼が訪れた時から異世界の旅館に入ってたのかもですね~。
予約が大変な旅館に、誰も泊まっていないわけないでしょうし・・・。
怖いですね。
Posted by ひで at 2017年10月06日 19:58
Kさんこんばんは!☆彡

今月は決算月でお忙しいんですね。
体調崩さないようにお気をつけください。

娘ちゃん…安定の癒やし可愛いですよね。決意は大事ですもんね(笑)

釣り人で人気の民宿がある決まった何日かが、ガラガラと川もいつもと違い濁り…いつもと違う…自然が異変を教えてくれる時は、そこに居続けてはダメなんですね。

探しに来る霊と民宿の女将さんは同一人物と言うことはないですよね
(((;°Д°;)))

いつか…違う!からお前だ‼と言う日がくるのでしょうか

ご友人さまが無事でなによりです。
お忙しい中更新ありがとうございます☆彡
Posted by tomoa24 at 2017年10月06日 20:34
群馬にては茂林寺入口交差点を通過しつつ立ち寄りたい衝動を押し殺し、千葉にては手賀沼を見ては白い象や手長婆について妄想しておりました、優曇華で御座います。


この場をお借りしまして、

野崎明彦様。

『守鶴』に限らず、タヌキは何にでも化けるモノ。
僧侶どころか人のみならず一つ目小僧や大入道、月や電車にも化けるのですが、何故タヌキは日本で此れ程変化の力を手に入れられたのでしょう?
極めて手短に申し上げますと、恐らく日本(特に本州)には『ヤマネコ』が存在していなかったからだと思われます。

また荼枳尼天と稲荷神についても言及しておられますが、どちらも追い掛けると厄介な存在でして……
確かに元来荼枳尼天が跨るのは野干(ジャッカル・野干は梵語シュリガーラの漢音役。シュリガーラはジャッカルの語源でもある)ですが、野干が狐と同一視され、荼枳尼天と狐まで同一視され(荼枳尼天の別名のひとつは『貴狐天王』)、更に稲荷神と習合するに至って複雑化してしまいました。(飯綱絡みで天狗とまで関係してしまう幅広さ!)

しかも習合した相手である稲荷神もまた能く解らない存在で、稲荷社の主祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ・スサノオの娘)なのですが、これも元来の稲荷神との習合の結果。
元々の稲荷神は秦氏の氏神だというのですから、こちらを辿ると中国へ行ってしまいます。

尤も私見では秦氏の氏神としての稲荷神は後付けで、秦氏の渡来より以前に稲作と同時に伝わった筈の(稲に纏わる)農耕儀礼と共に所謂稲荷神の原型たる穀物神も伝わったのではないかと思われるのですが。


と、これでタヌキとヤマネコと化け猫の話までしていたらどれだけ長くなることか……
この手の話は手繰れば手繰っただけ拡散して別の要素と連結してしまうので、正直キリが無いのです。単に話が長いことの言い訳ですけれども。
と、取り敢えずこの辺りで失礼させて頂きます。
ではまたいずれ……
Posted by 優曇華 at 2017年10月06日 22:10
この場をお借りします。
★イニシャルDさま★
9月27日のオフ会連絡にKさんが作ってくださった所覗いていただけますか?
よろしくお願いいたします。
Posted by みさとん at 2017年10月08日 15:04
kさんこんばんは

きっと女将さん、何かを知っているな!?

一日で引き上げたのは正解だったと思います。


そういえば、、、
冬季につき閉鎖中の、山の中腹にある旅館。

電気工事を頼まれた私の友人が、麓に住むご主人と一緒に入館、早速工事に取り掛かろうとしたのですが、
その刹那にかなーり怖い体験をしたのを思い出しました。

これ以上思い出すと眠れなくなりそうなので、
今日はここまでにします。。。
Posted by まあちん at 2017年10月09日 05:49
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count