› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 側にいて護ってくれているもの。

2017年10月07日

側にいて護ってくれているもの。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、今日もお疲れ様です。

今日は仕事でした。

で、これからお客さんと片町飲み・・・です。

ところで、昨日の金沢オフ会に当社の営業Mさんが

参加されたという未確認情報を今日聞きました(笑)

本当なら面白いんですけどね(笑)

ということで、出かける前に1話アップさせて

頂きますね!

それでは、怖くない話、どうぞ~!




猫や犬などの動物が、どれだけ叱ってもずっと飼い主の側を離れようと

しない事がある、とよく話しに聞く。

そういう時には、もしかしたら、危険から飼い主を護ろうとしている

のかもしれない。

そして、これは友人が体験した話である。

友人は、猫を飼っている。

結婚もせず、自由に生きているのだが。

本当は犬が飼いたかったらしいのだが、やはり朝夕の散歩は負担であり、仕事の

関係上、実行出来そうもなかったので、やむなく猫を飼う事にしたのだという。

しかし、1度飼ってみると、自由気ままな過ごし方や、いつもは呼んでも来ない

癖に、都合の良い時にだけ擦り寄ってくる身勝手さがとても可愛く思えてきて、

彼は、家に帰るといつも猫にちょっかいをだしては、爪を立てられていた。

そんな彼の猫も既に飼い始めて20年以上が経過していた。

実際、喜んで寄って来るのは、食事の時だけてあり、それ以外は、いつも

好きな場所で日向ぼっこをしたり、外へ出かけていったりと好き勝手に

行動していたらしい。

だから彼はいつも言っていた。

完全に俺の片思いなんだよな・・・。

少しは大切にしている気持ちが伝わってるのか不安になるよ・・・、と。

しかし、そういう気持ちはしっかりと伝わるものなのかもしれない。

そんな彼がある時、沖縄へと旅行に出かけた。

沖縄県内の色々な観光名所を巡るのと同時に、有名な心霊スポットにもついつい

勢いで出かけてしまった。

それも、不思議な話なのだが・・・。

彼が那覇市内で昼飯を食べていると、別に店内が混んでいる訳でもないのに、

突然、1人の女性が声をかけてきた。

そして、

相席してもよろしいですか?

と聞いてきた。

良くみると、とても美しい女性であり、彼は即答でOKしたという。

1つのテーブルで一緒に食事をしながら色々な話をした。

そして、どうやら彼女も彼と同じように、一人旅で沖縄にやってきたという

事だったが、話しながらマジマジと見ていると、彼女は顔が美しいだけでなく、

スタイルも良く、そして性格も明るいという彼にとっては理想とする女性像そのもの

であった。

こんな女性と付き合えたら最高なんだけどな・・・・。

などと思っていると、彼女から意外な提案が為されたという。

それは、彼女は是非、沖縄にある、心霊スポットに行ってみたいのだが、

やはり1人では怖いので一緒に行ってくれませんか?

というものだった。

彼は、そういう類は大の苦手だったのだが、それでも、その女性に頼まれると、

断るわけにもいかなくなり、結局、食事が終わってから一緒に心霊スポット

を回る事になってしまった。

その日の午後は完全に、それだけに費やされたという。

しかし、確かに怖かったが、何も出る事は無く、無事に心霊スポットの探索は

終了した。

そして、今度は、本州に戻ったら、お会いしましょう、と言ってお互いのメルアド

を交換した。

それから、彼は通常の沖縄旅行をこなし、翌々日には、沖縄から戻ってきた。

それから、少しずつ彼の身の回りで、危険な出来事が起き始める。

階段から落ちたり、突然落ちてきた照明が当たりそうになったり・・・。

それし数えればきりがない程だったが、何故かその時には、飼い猫が側にいて

彼の行く手を阻むような行為をした為に大事には至らなかった。

そして、そんなある日、突然、彼の住む家に、沖縄で出会った女性が訪ねてきた。

実際、彼は何度か彼女から教えて貰ったメルアドにメールを送ってみたのだが、

一度も返信がなかったので、たぶん、嘘のメルアドを教えられたか、そもそも

俺に会う気は無いのだろうと、完全に諦めていた。

そんな彼女が突然、彼の家を訪ねてきてくれた。

彼は舞い上がってしまい、すぐに玄関のドアを開けて彼女を家の中へと招き入れた。

しかし、彼女は、その美しさこそ、そのままだったが、どこか感じが変わっていた。

うまく説明できないが、まるで作り物のマネキンのような無機質な顔に感じられた

という。

それに沖縄で会った時のような明るさは微塵も感じられず、無口で怖い感じ

すらした。

それでも、嬉しさで頭が混乱していた彼には、そんな事はどうでも良かった。

そんな彼に対して、彼女は突然、変わった質問をしてきた。

どこも怪我はしていないんですか?と。

彼はきょとんとした顔で、その言葉を聞いていたのだがその時少し冷静に頭が

回るようになっていたのかもしれない。

彼は、おかしな事に気付いた。

それと、

どうして、彼女は彼が何度も危険な目に遭っている事をしっているのか?

そして、

どうして、メルアドしか知らない彼女が、この家にやって来れたのか?

という事だった。

彼は背中に冷たい汗が流れるのを感じた。

そして、それと同時に、目の前にいるこの女はいったい何者なのか、と。

そう思って見ると、その女の顔は、美しいというよりも、欠点が無さ過ぎて

かえって不気味な顔に思えてくる。

すると、それを察したのか、その女の口元が少しだけ笑ったように見えた。

それは、言葉では到底説明など出来ないような恐怖を感じたという。

どうして、俺は、この女をいとも簡単に家の中に入れてしまったのだろうか、と

自分を責めた。

すると、その女は突然、ソファーから立ち上がり、彼を見下ろすように睨んだ。

そして、

どうして怪我のひとつもしていないの!

とボソッとつぶやいた。

彼は恐怖で固まってしまう。

その時、どこからともなく、彼が飼っている猫が彼に走り寄ってきた。

彼は猫に危険が及ばないように、何度も猫に向こうへ行くように手で押しのけようと

した。

しかし、猫は頑として彼の横から動こうとはしなかった。

それどころか、彼の体にピタリと体をくっつけて、その女の方をジッと見ている。

そうなると、完全に彼は蚊帳の外という状態になってしまい、その女と猫は、

じっと睨みあっているのを呆然と見つめるのみ。

すると、次の瞬間、その女は、どんどんと顔が溶けていくように、まるで別人の

顔になっていく。

それは、まるで死人の顔が腐乱していくのを連想させた。

そして、それを見た猫も、尻尾を立て、牙を剥いて、女に向かって唸り出した。

彼は、恐怖で意識が遠くなっていったが、完全に意識が飛んでしまう直前、その猫が

尻尾を二つに割り、巨大な猫として、その女に飛び掛っていくのを見た。

そして、その瞬間、完全に意識を失ってしまう。

それからどれだけの時間が経過しただろうか・・・。

彼が目を覚ますと、彼の横でいつものように猫が、のんびりと昼寝をしていた。

彼は先ほど見た光景が、夢であるように感じた。

さっき見た化け猫は、お前じゃないのか?

それとも、本当に夢を見ていたのか?

そう思ってしまうくらい、日常的な平和過ぎる時間が流れていた。

そして、彼はハッと思いつき、急いでモニター付きのインターホンの記録画像を

確認してみることにした。

もしも、夢でないのだとしたら、先ほどの女が、インターホンに記録

されている筈だった。

彼は急いで再生ボタンを押した。

すると、そこには、顔が腐り崩れ落ちた緑色の顔がはっきりと写っていた。

彼はその画像をすぐに消去した。

あくまで夢として片付けたかったのかもしれない。

そして、考えた。

もしかすると、猫が自分を助けてくれたのかもしれない・・・と。

そうでなければ、先ほどの猫の行動は説明がつかなかったから。

それからは、彼はより一層、猫を可愛がるようになった。

そして、相変わらず、猫は迷惑そうに、それでも、いつも彼のそばから

離れずに、日向ぼっこをしているということだ。



Posted by 細田塗料株式会社 at 18:41│Comments(30)
この記事へのコメント
K様、
お休み明けのお話、また楽しく読ませて頂いています。やはりお休みされた後の話は、話に芯があるとうか何か心に残る物がありますね。今回の猫の話も、何か猫が飼い主を思う気持ちに少し涙が出ました(笑)。私も動物が好きなので…。

これからマイペースでアップして頂けるのを楽しみにしています。
Posted by pata at 2017年10月07日 19:15
営業のKさん

ありがとうございます。
何時も応援しております。
頑張りましょう!お互いに!
Posted by 中西 at 2017年10月07日 19:39
Kさんこんばんわ^_^
長生きしている猫は、化け猫になることがあるそうですね。
うちのこも そのくらい長生きしてほしいです!

片町、いってらっしゃ〜い(*^ω^*)
Posted by ちまちま at 2017年10月07日 19:52
Kさん、こんばんは。

友人の方は心霊スポットで魅入られて、連れてきてしまったのでしょうか。
男は美人に弱いものです。
でも、相席を断ったら憑いてこなかったのか、それでも憑いてくるのか、悩みますね。(笑)
可愛がっている飼い猫の恩返しでしょうか、悪い者を追い返す凄い力を持っていますね。

それではまた、次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年10月07日 20:27
kさん、こんばんは!
ニャンコの飼い主さんを護るんだ!という気持ちにやられました。
何だかんだで、ニャンコはわかっていてくれるんだなーと思ったです。
実家のニャンコ二匹も、そうなのかな。そうだといいなあ…
帰る度『あんた誰?』といわんばかりの態度とられるけど。
Posted by きなこもち at 2017年10月07日 20:50
K様こんばんわ。更新お疲れ様&ありがとうございます。

今回のお話、猫ちゃんとご友人がご無事で本当に良かったです。
末永く幸せにユルユルと暮らして欲しいです。

風邪引きさんが増えていますから、お身体お大事になさって下さいね。

再見
Posted by マリリンミニ子 at 2017年10月07日 20:54
うちのトラ子は駄目猫です。
以前、金縛りにあって目を開けないでやりすごし気配がなくなって起きたら横でゴロゴロスヤスヤ寝てました~~
友人さんの猫が羨ましいです。
うちの猫が駄目なのは飼い主の私の人格なのでしょうか?
Posted by ちんぱん at 2017年10月07日 21:07
お疲れ様です。

我が家では、トイプードルを飼っていますが、やはり知らぬ間に守って貰ってるのですかね?

また、お話楽しみにしてます。
でわ、楽しい夜を!
Posted by シンヤ at 2017年10月07日 21:11
K様、
こんばんは!
猫はやっぱり守ってくれるんですね(^_^)
うちも猫2匹います!
15年と16年の女の子です。
去年15年で男の子が亡くなりました。
でも、何時もいてくれれような気がします!
Posted by kanazawa at 2017年10月07日 21:18
とある理由から明日明後日と立ち会う筈の仕事が急に潰れてしまい、思いがけず三連休となってしまいました、優曇華で御座います。
尤も生来出不精なもので、何処かへ出掛ける事もせず部屋に篭りきりの時間を過ごす事にはなるでしょうが。

本日のK様のお話は飼い主を守る猫の話。
ですので、猫について語らせて頂きます。


タヌキについて語った際、タヌキが化けるようになったのはヤマネコがいなかったからだと述べましたが、『狸』の字は本来ヤマネコを指すもの(例えば『呉子』には『伏鶏(ふくけい)狸(ねこ)を搏(う)ち、乳犬(にゅうけん)虎を犯す』との記述あり)で、中国ではヤマネコや虎が人間に化けるものだ(化けた人間には踵が無いという特徴がある)と考えられておりました。
日本に『狸』の字が伝わると存在しないヤマネコの代わりにタヌキに当てられ、中国ではヤマネコが持っていた変化の力はタヌキに移ってしまいました。

後に仏典と共にイエネコが日本に伝わる(経典を齧る鼠を退治するものとして齎された)と、改めて猫の変化も伝えられ、それが広く浸透して記述として現れるまでには相応の時間を要する為、日本で初めて猫が化ける話が記録されるのは鎌倉時代に入ってから(厳密に言えば此の世ならざるものが猫に化けているのではないかと疑う内容)です。またこの時代の化け猫譚は多く寺院に纏わるものが残されております。

イエネコの仕草には人間に似通ったものが多くあり、また人語のような鳴き声を発することから、イエネコの普及と共に『化け猫』は急速に浸透し、江戸期に入ると怪物的要素としての化け猫は『鍋島騒動』に、寺院から離れて民間に浸透した化け猫は遊女と結びつき(遊女に欠かせない三味線には猫の皮が不可欠)、化け猫遊女として物語に登場するようになります。

また俗信に於いては猫の魂が死者に宿るとされ、猫の魂が宿った死者は踊り出すなどと言われました。今日でも葬礼の際に亡骸の近くに刃物を置いて寝ずの番をするのは、この猫避けの名残り(地域によっては葬礼のときに飼い猫を蔵などに閉じ込めることもある)で御座います。

ここには私を含め愛猫家の方が多くいらっしゃるようなので、最後に古くからある『猫返しのおまじない』を。

百人一首の第十六首目、中納言行平(在原行平)の歌『立ち別れ いなばの山の みねにおふる まつとし聞かば 今帰り来む』を紙に記し、いなくなった猫の使っていた餌皿の下に敷くというもの。

昔から突然姿を消した飼い猫は猫達が集まる山へ行って修行をするものだと考えられ、その山(のひとつ)である『いなば山』(具体的な山の名前であると同時に、『去なば山』という掛詞でもある)に行ってしまった猫に帰って来てもらう為のおまじないです。

扠、またしても猫について語るだけで長い話になってしまいました。
化け猫について掘り下げた話もしたいところですが、本日はこの辺りで失礼させて頂きます。
ではまたいずれ……
Posted by 優曇華 at 2017年10月07日 23:10
タレントさんが飼い猫が虐待されてボロボロになって帰宅したが死んだ話をヤフーで読みましたが、おうちはおうちでごはんくれる人は自分の家族、けがしたらおうちへ、認識してるんだと思いました。
ずいぶん前に、都内のある駅前の交差点でおばあさんが小型犬とかなり遅いペースで散歩してました。
いきなり犬たちがおばあさんの前に出てきゃんきゃん鳴いたため、おばあさんが屈んで抱き上げてその場所にとどまりなだめてたんです。
通行人は多くて迷惑そうに避けながら早足でよけてまして。そうしたら目の前の交差点で車と歩行者の事故が起きまして。明らかに車が赤信号でつっこんでました。
おばあさんの歩く速度であのまんま横断歩道にいたら・・・犬たちが察知したのかな。少し離れた場所で待ちぼうけしてる間に見た光景です。

営業のmさま、Kさまになりすまして東京まで是非おいで下さい。嘘っこ名刺も必要ですけどね?歓迎しますっ!
Posted by はるた夏雲 at 2017年10月07日 23:35
毎日更新ありがとうございます♪ヽ(´▽`)/

また美人の悪霊に騙されてほいほいついていく男性が!
男性の10人中12人は美人の悪霊に騙される模様。
(分子おかしい)

まあ私も悪霊が高橋一生に化けたら騙されるけど!
おディーンさまには騙されません。
一生さん限定。私は身持ちが固いからね!(笑)

にゃんこちゃんも長く飼うと化け猫になって守ってくれるんですねー。
Posted by クレア at 2017年10月07日 23:39
ねこですか?猫の目は地獄に通じてるので見つめるなとか、長生きすると化けるとか宇宙人が人間観察のため送ったとかありますけど本当はどうなんでしょ?うち田舎なんで洗濯機が外にあるんですよ、で野良猫が洗濯機によじ登ってオシッコするんですよね!100きんの猫よけやファブリーズしても駄目だ!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2017年10月08日 00:06
K様 こんばんは

某局のM事件ドラマを観た後(苦笑)…読ませて頂きましたが…
ウチの玄関先には良く猫が数匹いるので、『まさか…ココの猫は、普通だよね(^_^;)』ってなってしまいました。

1980年代の映画『フェノミナ』なんかだと、ヒロインが、彼女自身の特殊な能力もあって…動物や昆虫によって守られるというのがありました。

何に対しても、誠実に優しい態度で接していれば、それに答えてる存在もいるということだと、思えますね。
Posted by 吒枳尼天 at 2017年10月08日 00:12
その猫ちゃんは長寿を経て、猫又になったんじゃないですか。動物は尾が分かれれば分かれるほど妖力というか霊力が強くなるという事ですね。いつまでもその猫ちゃんを大事にする事を願います。
Posted by ebosi at 2017年10月08日 01:31
おはようございます。昨日は楽しく飲めましたか(笑)今日は町内のお祭りです。旦那は仮装、着ぐるみ担当だそうですがデブなので着ぐるみは着れるのか、着れるわけないだろう~アドバイスしてあげました!そのままの姿で白の半袖に短パンの出で立ちでいれば山下清だよって!
今回のお話は美女に弱い男性のお話ですよね。ほんと美女に弱いなぁ~知らんのかなぁ美人は三日で飽きるって(笑)
猫が猫又になって美女から守ってくれたんですね。長年、飼っていた猫が意識が朦朧としたなか猫又になったのをみたら夢か幻かになりますよね。
近所にも野良猫いますけど人間がいても平気な猫、ガンを飛ばしてくる猫とかいますもん(笑)

みさとんさま。
オフ会、楽しく愉快に過ごせたんですね。いいなぁ~二時間、弾丸トークだったんですね(笑)K さんの会社の方も参加していたとか?きっと会社でK さんにドヤ顔でオフ会のこと報告してくれるといいなぁ。次のオフ会も盛り上がりましょう
Posted by いなばっち at 2017年10月08日 07:56
やはり男の方は可愛い美人な子に弱いんですね、、、
ハニートラップが幽霊界でも定番なのか、、、!
普段は素っ気ないけど可愛がった分こういう時に助けてくれるんですかねーー!優しい猫さんだ!
Posted by 笑福亭きたる at 2017年10月08日 08:55
おはようございます

このかたは、沖縄に行った時から狙われていたようですね。メールを送るとなにかけがをすることが起きるとか、、居場所を特定するのに使われたようなので。
それにしても、尻尾が二つに分かれているのですね。狐と同じで妖力が増していくと、増える。。猫もすごいのがいるんだ。。( ..)φメモメモ
Posted by まーくん at 2017年10月08日 09:55
kさま

皆さま、おはようございます
私は今手術の為の入院をしています。

私の家にも、とても巨大なお猫ちゃんがいます。この子は旦那さんの弟一家が飼っていたのですが、離婚・引越しと色々あって、我が家に飼って欲しいと連れて来ました。 うちにはラブラドールのワンコがいるのでどうしよう?と、考えたのですが、結果我が家の一員になりました。
私はワンコしか、飼った事が無かったので、猫はこわい!としか思って居なかったのですが、飼い始めると、家族の誰より私に懐いてくれるので、もう〜メロメロです。

何度も入院をしてるのですが、その度に私を探してうちの中を歩きまわっているようで、その話を聞くとカワイイなぁ〜と、思います。
家に帰ると、私に甘えてくれるので、ほんと癒されてます‼️
うちのお猫ちゃんの話でした。
Posted by くみくみ at 2017年10月08日 10:02
おはようございます。

猫ちゃん、長生きと思ったら…そんな能力が!

助けてくれて良かったですね。

それにしても、沖縄から付いて来るなんて…シツコイですね。
Posted by にじちゃん at 2017年10月08日 13:54
こんにちは!

男って馬鹿ですねー。
美人だとすぐ騙されて(笑)

猫でも犬でも、家を守ってくれてるって聞きますね。

特に猫は「化け猫」の話があるように、霊的なものに通じた力が強いのかもしれないですね。

それにしても、何度もいいますが、美人だからってすぐほいほい付いていくなんて、男ってホント馬鹿ですねー(笑)
Posted by TK at 2017年10月08日 14:14
★いなばっちさま★
はい!びっくりしました。
皆から質問ぜめされてましたよー
話に夢中になり、無料の枝豆をあまり食べれなかった!
つぎは皆の話の聞き役になって食べるぞ!
いつか、別の扇屋でリベンジしなきゃ!
Posted by みさとん at 2017年10月08日 14:37
営業のK様

こんばんわ。

「闇塗怪談」発売されて9日経つのにまだ購入出来ていない今日この頃です(泣)

「怖くない話」の「側にいて護ってくれているもの。」、今朝の通勤時に自分家の猫を想いながら読みました。

今回の話を読んで、猫はマイペースに毎日を過ごして羨ましいなと思いつつ、ひょっとしたら我が家も護ってくれてるのかなと思ってしまいました(笑)

我家の猫は、我が家に来たときは、まだ一歳位の子猫でした。妻が家路に帰る所にひょっこりと目の前に現れて、妻の先を時折振り返りながら歩きそのまま我が家まで来てしまった猫です(笑)
飼い猫とは思ったので、保健所など色々と探し猫を調べましたがどこにも該当しなかったのでそのまま飼う事にしました(笑)

今では時々BIG Gと遊んでます(笑)
おかけでBIG Gを捕まえやすくなりました。その度に我猫は不服そうな顔をしてます(笑)

そのせいか、毎晩私が寝ているまたの間に(閉じていても半ば強引に)来て、布団のど真中で丸くなって寝てます。
そして、夜中に必ず最低一度は起こしに来ます。その時は、妻や子供を起こさないようにと猫なりに気を使っているのかわかりませんが、私の耳元で「プー、プー」や「ミュー、ミュー」といった明らかに猫らしくない小さな声で起こしに来ます。
おかげさまで毎日寝不足の日々を送っています(泣笑)

この話を読んで我猫を大切にしないとなと想い、「今日は、帰ったら我猫を抱っこしてスリスリとしよう!」と思いました(喜)
でも、いつもスリスリしようと思う時は、何故か我猫はそれを察しているのか凄い勢いで逃げて行きますけどね(笑)

K様、皆様、朝晩寒くなってきましたので体調を崩さない様にお気をつけて下さい。(礼)

K様、「闇塗怪談」購入した際は、直ぐに郵送(もち返信用も入れます)するのでサイン宜しくお願いします(礼)
Posted by おしょうとちんねん at 2017年10月08日 18:01
こんばんわ。
では 仙豆と元気玉のダブルで。
くみくみ様の下へ ハーーーーーーッ!!!

おしょうとちんねん様 本をゲットした際には是非
愛猫様のBIG Gをしおりに…
加工は細田塗料会社の製品で作成を…トイレを我慢しながら 貴コメを読んでしまったはるでした。
Posted by はる at 2017年10月08日 19:29
K様

猫に関する怪談ありがとうございますm(_ _)m

しっぽが2つに・・・!この子、猫又ですね!
やだ・・カッコいい・・・
惚れちゃいそう・・・(〃ω〃)♡

どうして私の周りの子達は猫又になってくれないの!?
どうして私に威嚇するの!?
え、こんなウザい人間に惚れられると迷惑だから!?
そうなの!?

ゴーーーン
Posted by 浮かれとんちき at 2017年10月08日 21:27
この場を借りて(礼)

はる様

おはようございます。

またまたコメントをいだたきまして、ありがとうございます(嬉礼)
私のコメントは大したコメントではないので我慢なさらずにトイレへ直行してください(汗)

しおりにBIG G・・・体全体とかではなく、Gとわからないような見せ方をしたら以外と格好良いしおりになるかもしれないですね。例えば目た触角のアップとか。

では、早速BIG Gしおりの製作に取りかかり、出来上がったら細田塗料様にて加工をお願いしてみます!・・・ ・・・(嘘です 汗)

実は、私はBIG Gが苦手なんです(泣)
家では平気を装ってますけどね(苦笑)

朝からBIG Gの話ですみません(謝)
今日も一日頑張って仕事をしようと思いつつ、BIG Gを想像して汗をかきながらコメントをしている通勤電車の中でした(笑)
Posted by おしょうとちんねん at 2017年10月09日 07:51
Kさんおはようございます。

猫可愛いですよね〜ツンデレな感じもたまりませんね。

友人様沖縄に呼び寄せられ、完全にロック・オンされてましたね。
(*¬ω¬)

狙い定めてた割にネコ様の存在に気が付かないとは、軽く見てましたねその悪霊…
大きくなるでアニメ夏目友人帳のニャンコ先生見たく、一瞬で退治しちゃうんだなぁ凄いと映像浮かびましたヮ(゚д゚)ォ!

Kさんの怖くない話のブログと出会えて読み始めた頃から、どんどん引き込まれ、困惑(笑)するくらい、背景画像まで見えちゃう表現の旨さ文章は物凄く伝わり過ぎてどっと疲れます。(笑)
更新休む前休んだ後、Kさん本体(表現あってます?www)の充電完了パワーアップ感は感じましたが、ブログのクオリティはずっと最上級でっす!(๑•ㅂ•)و✧

Kさん更新ありがとうございます。
☆彡
Posted by tomoa24 at 2017年10月09日 10:19
K様、皆様、こんばんは!

美女の霊さん怖いけど、一度くらいならって思う。のは
おバカな男のサガですかね笑
美女に声かけられたらまず霊と疑えという教訓を、いざって時に思い出せるか、いや思い出すのをやめるのかどうなるのか自分を試したいです。

猫様、私も小学生のころに飼っていた野良猫を思い出しました。人間が怖くないのか異端なのか、いつも私を見つけては擦り擦りくる野良猫様。メスでしたが虎模様だからトラと呼んでいたっけ。毎日あげていたご飯はもう20数年前なので、白飯に鰹節まぶせ味噌汁ぶっかけの王道スタイルねこまんまでした。魚がおかずの日は、その食べ終えた骨を添えて。
いつも綺麗に片付けていたけど、骨は食べたのかどこかへ持ち去ったかはいまだに謎です。

いつかまた、にゃんこ先生と暮らしたいな。
Posted by ON11☆彡 at 2017年10月10日 03:21
K様、皆様おはようございます。

猫さんも尻尾が割れるんですね!
狐だけだと思っていました。

でもなぜ尻尾なんだろう。。
不思議です。

しかしまた
美人に騙されるパターンですね(^^;

霊ではなくても、突然美人に声をかけられたら怖いですが。。
でも騙されちゃいますよね〜

気をつけねば
Posted by まってぃん at 2017年10月10日 08:58
うちの猫も
尻尾、二股にならないかな…。
なるといいな。
Posted by かよぶ at 2017年10月17日 01:02
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count