› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 彼女がエレベータを使わない理由

2017年10月10日

彼女がエレベータを使わない理由

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、今日もお疲れ様でした!

中西様におかれましては、一日も早く

問題が解決するように祈っております。

しかし、ここに集って頂いている皆様は、

それぞれがそれなりに悩みや問題を抱えて

いらっしゃるのでしょうが、いつも元気に

コメントして頂いて、感謝の気持ちしかありません。

本当にありがとうございます。

ちなみに、コメントでもよく書き込まれておりますが、

さすがに本を出したら、Aさんにバレるのでは?

という懸念があるようですが、多分、大丈夫です。

Aさんは、怖い話や映画が大の苦手です(笑)

人の手によって恐怖を演出されているものには、

過敏に拒否反応を示しますので・・・。

しかも、私の勤務先など知る筈もありませんし(笑)

だから、本屋に行っても絶対に怖い本のコーナーには

近寄りません(笑)

夜、寝られなくなるそうです(笑)

ということで、どんどん怖くない話をアップし続けましょう!(笑)

それでは、どうぞ~!





これは俺の知人の体験した話である。

彼女は結婚して夫と小学生の子供2人で暮らしている。

住んでいるのは、市内の8階建てのマンション。

そして、勤務先は6階建てのビルである。

そして、以前、仕事で駅前の高層ホテルに行った時、他のメンバーが当然

エレベータを使って上の階へと移動した時に、何故か彼女だけは、非常階段を

利用して、かなり遅れて上の階へとやってきた。

普通、2階とか3階なら解らないでもないのだが、さすがに10階以上の場所

まで階段でのぼってくる人は、そうそう居ない。

実際、十数階まで辿りついた時には彼女自身、かなり疲れきっており、打ち合わせ

どころではなかった。

だから、俺は少し興味が沸いて聞いてみた。

どうして、エレベータを利用しないのか?と。

そして、その時にこっそり教えてくれたのが、これから書く話だ。

小さい頃、彼女の家にはおばあちゃんが居て、いつも彼女を可愛がってくれた。

そして、そのおばあちゃんが亡くなってから、それは現れるようになったという。

初めてそれを見たのは彼女が高校生の頃だった。

彼女がマンションに住む友達の家に向かう時、エレベータを使った際、それは

現れたという。

エレベータの天上部分にある脱出用のハッチが少しだけ開いており、そこから

女がこちらを覗いていた。

それは確かに女の顔だったが、遠近感が狂ってしまう様な大きな顔であり、とても

人間の女には見えなかったという。

だから、彼女はそのまま恐怖で固まってしまい、それでもその女から視線を

外すことが出来なかった。

視線を逸らせたら危険だという信号を脳が送っていたという。

そして、その時は偶然、どこかの階から1人の人が乗り込んで来た時にドアが

開いたのをも見て、彼女は、逃げるようにエレベータから出た。

無事に友達の家に着き、さきほどの話をしたが、そのマンションでそんな話は

聞いた事がないということだった。

そして、友達の家からの帰り道は、友達も一緒にエレベータに乗ってくれたので、

無事に1階まで降りる事が出来た。

しかし、その事があってから、彼女はエレベータに乗ると、いつもその女を目撃した。

それはデパートだったり役所だったりマンションだったりとバラバラだったが、

何故かいつも同じ女が、天井のハッチから彼女をジッと覗き込んでいた。

そして、次第にある事が分かった。

それは、その女というのは、彼女が1人きりでエレベータに乗っている時にだけ

現れるという事だった。

確かに恐ろしかったが、エレベータに乗る時には、誰かが来るまで待てば良かったし、

またエレベータに乗っていて、一人になってしまいそうな時には、その人と一緒に

降りれば良かったので、大して不便は感じなかったという。

しかし、彼女が社会人になった頃、変化が訪れる。

それは、彼女が仕事で先輩達と一緒にエレベータに乗っていた時に起こった。

突然の酷い耳鳴りに襲われた彼女は、何となく視線を上にあげた。

すると、そこには、いつもは1人でエレベータに乗っている時にしか

現れなかった筈の女が、ハッチの隙間から彼女の顔を覗き込んでいた。

どうして?

彼女が呆然として天井を見上げているものだから、先輩の1人が

大丈夫か?

と声をかけてくれた。

それでも、彼女が固まっているので、その先輩も天井を眺めたらしいが、

あれ?天井部のハッチが開いている事なんてあるんだな~

とだけ言ったという。

その時、彼女は悟った。

きっとその女の姿はじぶんにしか見えないのだろう、と。

そして、それからは、彼女はエレベータに乗るたびにその女の姿を目にする

様になってしまった。

どれだけ沢山の人が一緒にエレベータに乗っていても、お構い無しにその女は

ハッチを開けて、彼女を覗き込んだ。

オフィスビル、ホテル、デパート、マンションなど様々だったが、いつもその女は

其処に居た。

だから、彼女も4階建て位の低い建物は、出来るだけ階段を使うようにした。

健康の為・・・という理由で。

しかし、さすがにそれ以上の高層階の建物になると、彼女1人だけが階段を

利用するのに適当な理由も見つからなかった。

だから、仕事の時は、特にエレベータを使わざるを得なかった。

そんな感じで頻繁にエレベータを利用するようになると、彼女はある事に

気が付いた。

それは、天井の脱出用のハッチの開き方がどんどんと大きくなっており、最近では

ほとんど全開になってしまっていた。

確かに不気味ではあったが、それでも実害は無かったので、彼女は出来るだけ

気にしない様に努めた。

そんなある日の事。

彼女は、とある会社に向かう為、エレベータに乗っていた。

そこは高層階のオフィスビルにある、大手の会社が入っており、彼女は

その会社に何度も足を運び、ようやく成約の一歩手前までこぎつけており、

その日が最終のプレゼンテーションの日だった。

だから、彼女はエレベータ中でも、これから彼女が行わなければいけない

プレゼンテーション用の書類に必死に目を通していた。

そのプロジェクトは彼女が数年かけて地道に行ってきたものであり、彼女は

是が非でも成約まで持っていきたかった。

だから、その時の彼女の頭の中には、他の事を考える余裕など無かったのだろう。

彼女がエレベータに乗ってから、何度もドアが開き、その度に人が乗り降りするのは

感じていた。

そして、その時、彼女はまたしても酷い耳鳴りを感じた。

ハッとして彼女が顔を上げると、エレベータの中には彼女しか乗っていなかった。

彼女はその時、エレベータの一番奥の壁にもたれ掛かる様にして書類に目を

通していたのだが、彼女の前には、誰も居なかった。

え?

彼女は驚いて、エレベータの天井を見た。

すると、そこには居る筈の女の姿は無かった。

ただ、脱出用のハッチが全開になっていた。

すると、突然、彼女の真横から声が聞こえた。

見いつけた~・・・・・。

それは

初めて聞いた様な低くかすれた女の声だった。

彼女は恐る恐る顔を横に向けた。

心臓が止まりそうになった。

そこには、彼女の顔を覗き込む様に顔を近づけている女の顔があった。

何かで押し潰されたように歪んだ顔であり、その大きな頭は一部が欠損していた。

そして、その顔は、とても嬉しそうに満面の笑みを浮かべていた。

その顔はとても恐ろしくとても人間の顔には見えなかったが、彼女はどうしても

その顔から視線を逸らす事が出来なかった。

視線を逸らしたら・・・・終わり。

彼女の脳がそう教えていた。

だから、彼女はガタガタと震える体を押し殺して、じっと女の顔を見つめ続けた。

すると、その女がこう言った。

何階がいい?

彼女はその言葉の意味が理解出来なかったが、それでも、何となくではあるが、

その質問に答えてはいけない、という事だけは分かった。

だから、唇をかみ締めながら、言葉を発するのを禁じた。

そして、彼女は、ずっと考えていた。

どうすれば良い?なんとかしなくては!

そして、誰かがエレベータに乗ってきてくれるのをひたすら待ち続けた。

しかし、エレベータの階数表示には何も表示されていないのを見た時、

彼女は悟ったという。

ここはもう現世ではないのだ・・・と。

すると、その女は、

ねぇ?

と言うと、突然、彼女の体に長く伸びた手を絡み付けてきた。

その手はあり得ないほどに長く、グルグルと彼女の体にまとわりつく。

そして、次の瞬間、その腕に力が入るのを感じると同時に、彼女の体の骨が

音を立てて軋んだ。

彼女は息が出来なくなっていた。

でも、それで良いと思ったという。

死ぬのか意識を失うのかは分からなかったが、このままの時間が過ぎるよりは

マシだと感じていたから。

そして、彼女は遠のいていく意識の中で確かにそれを聞いた。

その女の声が耳元で聞こえ、そして、

またね・・・・。

と言ったのだという。

それを聞いた直後、彼女は意識を失ったが、その後、エレベータの床に倒れている

所を救助された。

その時、エレベータの中は、何かが腐乱したような嫌な臭いが充満していたという。

結局、その時のプレゼンは中止になったが、その後、改めてブレゼンが行われ、

結局、彼女はその仕事を成約できたという。

しかし、それからの彼女は、どんなに高層階であろうとも決してエレベータは

使わず、階段を利用しているのだという。

だから、俺はこう尋ねた。

それてしても大変過ぎるでしょ?と。

すると、少し笑いながら彼女はこう言った。

あの時、あの女は間違いなく、

“またね”

と言ったんです。

だから、次に私がエレベータに乗ったときには間違いなく出てくるでしょうし、

万が一、その時に、他の誰かが乗っていて巻き添えにはしたくありませんから。

それに、私もまだ死にたくないので・・・。

だから、それに比べたら、階段の上り下りくらいは頑張らないと!

彼女がいつかその女から解放される日が来ると良いのだが・・・。


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:09│Comments(28)
この記事へのコメント
こんばんは
本 買いました(笑)

エレベーター怖いですよね
特に外が見えるガラスの扉
私はなるべくガラスの向こうを
見ないようにしてます

気温の変化になかなか対応できず
少し疲れぎみですが
Kさんもお身体に気をつけて
細く長く続けて下さいね
応援してます(o^^o)
Posted by まーママ at 2017年10月10日 20:45
Kさん、こんばんは。

今回のお話、ちょっと不思議に感じたのが、何故エレベーターの中だけなのでしょう。
彼女に憑いているならば、場所は関係ないと思いますが。
どんな曰くを持っているのかは解りませんが、早い段階でお祓いに行かれた方がよろしいかと。

Aさんにバレなくても、姫ルートからバレるかも。
怖いなぁ、財布を見て恐怖に戦くKさんの顔が・・・(笑)

それではまた、次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年10月10日 20:47
K様、皆様、こんばんは!

今回の霊さんはエレベーター限定ですか?
さらっとした霊さんなら爽やかな怖さで耐えられそうですが、ねっとりじっとり系の霊さんは苦手ですね。
笑うときもシャキッとニコッならいいのに、得意のにた~ですし(-_-;)
この笑い方は人間にも通じるものありますけどね。

うちの住んでいるマンションのエレベーター、正面ドアは硝子窓あるので外が見えます。上りに乗って油断していると、他の階で下り待ちの人が見えたりします。
おっと?!ってなります。目なんか合った日には声でますね。

日中は暑かったけど、これから天気崩れるとかで寒くなるんでしたっけ?
皆様、ご自愛くださいませ~!
Posted by ON11☆彡 at 2017年10月10日 21:41
Kさん
皆さん
お疲れさまでございます(^ ^)

何故
“彼女”がそんな目に遭うのでしょうか?
エレベーターや階段は
結構危険な場所なんでしょうか?

>みさとんさん
ユニバ楽しまれたんですね?
この時期はホラーナイトやってるので
会社の帰りにコスプレの子達を
よく見かけます(^ ^)
オフ会のコメントも見たのが遅くて
ちょっとズレてしまってました〜f^_^;

>いとしの中西さん
お待ちしております(*´ー`*)
Posted by とも at 2017年10月10日 21:42
お疲れ様です。
こんなときに、A様がご活躍されたらと思うのですが、、、

名監督様の食欲には、脱帽です‼︎笑
若いって良いですねぇ〜、ハハハ
Posted by 伊藤 at 2017年10月10日 22:05
K様こんばんわ☆ミ連日の更新お疲れ様&ありがとうございます。

ファミリーマートの新しいファミチキ、ファミチキガーリックバター味食べましたか?なかなか美味でしたよ。お嬢様とご一緒にいかがですか?

今回のお話、エレベーター女の行動が、理不尽過ぎて腹が立ちました。
何とかこのエレベーター女を、排除出来ないのでしょうか?
膝を悪くしている私からしたら、階段移動は地獄の責め苦です。
彼女がエレベーター女から、解放されるのを願っています。

長々失礼致しました。
Posted by マリリンミニ子 at 2017年10月10日 22:07
建築設備屋ですが、今のエレベーターには脱出口はまずありません。高層ビルはカゴの交換が特に早いので古いビルでもたいてい新しく、脱出口はまずありません。映画にはよくありますが、あれは嘘。


もしエレベーターで閉じ込められたら。
ドアはとにかくきちんと閉めること。
閉めないと動けない仕組みになってます。
閉めないと避難階まで動けないため、いつまでも出られません。
パニックになってドア開けようとする人がいたら頭突きでもビンタしてでもドアからひき離して、閉めて下さい。
非常口はありませんので助けなんか来ませんよ。
Posted by はるた夏雲 at 2017年10月10日 22:19
こんばんは。腹一杯~ポテチにチョコに仕上げにプッチンプリン300㌘とカップラーメンを秋の夜長のおやつに食べました。K さんの娘さんには勝てませんが(笑)
A さんも怖い話ダメなんですか~悪霊とか生で見てるし退治するのに!驚きましたよ。
K さんの守護霊の姉ちゃん告げ口しましょう(嘘です)
今回のお話。お婆さんが亡くなってからみる、しかもエレベーターの中で脱出用のハッチから現れる霊って!悪霊とまではわかりますけど理由が思いつかない。またね!と言い残したのが怖いです。
Posted by いなばっち at 2017年10月10日 22:31
私も20数年前、片町の飲み屋ビルのエレベーター内で上を見上げると照明に照らされて、拳銃のような影を見た事があります。あれは何だったのでしょうか?それとスクランブル交差点では昼夜も問わず見える人には霊が居るそうです。
Posted by 片町のバイク野郎 at 2017年10月10日 23:25
Kさんお疲れさまです。

昔のエレベーターは動き出す前に”うぉん”とモーターが鳴ったり、着床してからドアが開く前に、ちょっと間があって、”ズン”とカゴが揺れたりと、楽しませてくれました。

フロアに着く直前に扉が開くのは、三菱が多かったような。
開きかけた扉からカゴが床に揃う瞬間を楽しんでいます。

最近のエレベーターは優秀・・・
いや、フ〇テックがバグって10センチほど下がってたのを見たような・・・(汗)
Posted by 埼玉のS at 2017年10月10日 23:38
今日のお話も怖い〜。゚(゚´ω`゚)゚。
鳥肌立ちました!
10月に入ってからまたK様のお話が読めて嬉しいです♪
いつもありがとうございます。

昨日は誕生日で群馬に温泉旅行へ行ってきました〜(´▽` *)
ゆっくり過ごせたので肩こりも解消して癒されました☆
ただ、ここ数日胃が痛くて苦しんでおります(o_o)
なのでなかなかコメントにも来れてませんでした。(お話は読んでましたよ!)
皆様も季節の変わり目ですのでご自愛くださいませ。

この場をお借りしまして

→ はる 様

Youtube のは長いんですね!!
4時間はビックリです。(笑)
一度目は投稿順に読んで、そのあと時系列順(まとめてあるサイトがあります)に読むと気付いてなかった伏線を理解出来たりしてすごく面白いですよ♪♪
と言っても一つ一つのお話も長いですし、何話もあるので結構時間かかりますよね〜!
Posted by ぴょんうさぎᙏ̤̫ at 2017年10月10日 23:51
Kさんこんばんは!

Kさんが言うように中西読者リーダー様の問題解決願いますね。
コメ欄に居ないと寂しいですね…

怖い話ダメなんですね…やはりKさんとA姉御は似てますね
(*´艸`)ウフフ

エレベーター怖いですね、以前住んでた所は10階で、私が住む前にその場所で昔飛び降り自殺があり、見えたりはないのですが、エレベーターに乗ると必ず7階でドンっと落ちる音がするだけで、ノンアクションでしたね。いつも7階通過する時、はいドーンって言ってたけど、年に一回だけ音がしない日があったのを今思い出したけど、何月何日だっけ?

それよりもピンポンなって、出たら知らない若い男が20円下さいと言ってきたほうが恐怖でしたね。無いですと言って閉めたのもついでに思いだしましたねwww

ハッチの隙間から除くはヤメてぇ〜
(((٩(๏Д⊙`)۶)))ぎゃーーー
そしてタイミング狙う
スパン長すぎ!
(* ̄ー ̄)"b" チッチッチッ
知人の方が無事で良かったですが、現在進行形ですから、油断禁物ですね。
この場をお借りします。
ON☆彡
忙しいそうだね〜コメ読みながら鼻水でちゃってるみたいだけどw
体調崩さんときゃあよぉ〜

Kさんも忙しい中更新ありがとうございます。☆彡
Posted by tomoa24 at 2017年10月11日 00:01
なんかじゃまくさい幽霊ですね?おばあちゃんの死と関係があるのか?エレベーター特有の異質さが、やはりあの世とつながっているのか?やはりAさんの登場を願うしかないですね(*'ω'*)それにkさんの本の出版ばれてると思いますけど!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2017年10月11日 00:19
Kさまー
この方をどうか~
Aさんに合わせてあげてほしいなぁ~
それか…キツネが化けてイタズラしてる程度なんですかね?

@ともさま@
はい!とうとうゾンビに会いましたー
以前はゾンビが出てくるまえに逃げていたのですがー
優しいゾンビさん達で一定の距離感でいてくれてたすかりましたー
Posted by みさとん at 2017年10月11日 06:13
営業のKさん

お気遣い、ありがとうございます。
終の住処に訪れた危機、心がふわふわ・・・此処に有らずの感覚です。
記事には目を通して居りますが、なかなかコメントを・・・迄には至りません。

物事と心のが整理出来ましたら、
必ず全ての記事にコメントを残すべく復活しますので、宜しくお願い致します。

それではKさん、皆さん、頑張りましょう!お互い!
v8d5nu
Posted by 中西 at 2017年10月11日 07:54
K様、皆様、おはよーございます!

この場をお借りして、


→いなばっちぃ様

秋の夜長をしっかり堪能されてるようでなによりでございまする。
プリンって、たまに無性に食べたくなりますね。最近のとろける系も
好きですが、プッチンプリンみたいな昔からあるのが食べたくなりまする笑


→ぴょんうさぎᙏ̤̫ ちゃま

お誕生日おめでとうございました✨だね!
温泉にも行ってたみたいだし、満喫されたようでよかった(๑˃̵ᴗ˂̵)

ただ、最近見ないと思ったら、やはり胃の調子よろしくなかったんだね。あまり無理しないで欲しいなぁ。早く良くなりますようにᙏ̤̫


→tねー

お気遣いいただきあざーす!お言葉を返すようですが、おねー様の昭和のカホリ色濃いヒューヒューで鼻水出たことお伝えします。
急にぶっこんできたから、体が反応したんじゃないかな?
やってくれますね!

そうそう、9月25日の記事でtねー宛にコメントあるみたいだよ。
んで、そこ読んだらお面の記事に行ってみんしゃい!
おそらく見逃してるだろうから教えてあげる笑
Posted by ON11✩彡 at 2017年10月11日 08:39
Kさま
おはようございます。
やっと、闇塗怪談購入しました!
通勤、帰宅電車内は熟睡なので仕事の合間合間に読ませていただきます!嬉しい!

しかし、エレベーターを使えないなんて日常生活だけで言わせて頂くと、とても不便だと思います。ただ、命には変えられないのであれば10階なんて何でもないでしょうね。
弊社のビル(福岡の中心部にあります)も古く、男女共にトイレに何かしらいます。
見える同僚は当たり前過ぎて無視しているようですが。。。
私は感じるだけなので、逆に怖くて別の階まで行き用を足しに移動しております。

その女性の方に今後何も起こらなければ良いですね。

さっ、少し読むぞ!
Posted by dino at 2017年10月11日 09:31
おはようございます。

私も、たまに…エレベーターは怖く感じて降りるのは階段にしてます。

朝と昼に職場に行くのと帰りの団地のは…乗ります。

まぁ~会社の階段も自動で点灯する電気が付くまで降りられないんですけど。

なるべく、最小にしてます。

団地のエレベーター…工事をしたと思ったら鏡が付いてたり…。。。

前より…なんかイヤ。

最近は帰りだと回りが暗くて…それも…イヤな原因ですね。

怖いと言う…アンテナを立てない様に過ごしてます。
Posted by にじちゃん at 2017年10月11日 10:03
K様 読者の皆様
こんにちは、ばばろあです。

毎日訪問しておりました。
K様、ブログ再開してからパワーアップしていらっしゃいます。
めちゃくちゃ怖いです。
今回の女性、おばあさまがお亡くなりになってからの怪異ということは、
おばあさま又はおばあさまの守護霊様が、女の霊から護ってくださっていたのかもしれませんね。
もしも、この女の霊がチカラを付け、エレベーター以外でも近づくことができるようになったら
大変ですので、なんとか対処なさっていただきたいですね。

ばばろあの最近の出来事ですが、この3か月のあいだに近所で3人の方が自ら命を絶つという
ことがありました。
3人の方は、それぞれが別々の町内会に所属していて面識などはありませんが、
その方法がいずれも「火」にまつわることでした。
幸い、2人はご健在です。
ウチから徒歩で3分圏内なのですが、地域で「火」に気を付けるようにという暗示
なのかしら?と一層注意するようになりました。

これから冬に向けて乾燥する季節になりますので、皆様もお気をつけくださいませ。
Posted by ばばろあ at 2017年10月11日 10:15
K様、皆様こんにちは。

不思議なお話しでしたね。
なぜエレベーターにだけ出現するのか。。

現代に生まれた新しい妖怪ですかね。
妖怪 昇降機女!

さすがに高層ビルは大変ですからね~
早く解決される事をお祈りしております。


K様、この場をお借り致します。

→ぴょんうさぎ様
お誕生日おめでとうございます(^o^)/
ぴょんうさぎ様にとって、
良き一年となりますように!

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年10月11日 12:52
うわぁ。
現在進行系なんですね。

おばあちゃんが亡くなってから出てくるようになったっていうのが気になりますね。

「またね」があるということはいずれ決着を付けなければならない日がくるのかと・・・。

お子さんがいらっしゃるということですし、早急に解決されることを願います☆
Posted by TK at 2017年10月11日 17:02
営業のKさん

暑い一日でした(汗

この場をお借りして

ぴょんうさぎさん

後れ馳せながら、お誕生日おめでとうございます。
これからご家族に訪れる未来が、幸せに満ち希望に溢れる事をお祈り致します。

それでは、頑張りましょう!お互いに!
Posted by 中西 at 2017年10月11日 17:26
Kさんこんばんは!

すみません…またこの場をお借りします。

ぴょんうさぎᙏ̤̫͚♡⃜ちゃん

誕生日おめでとう!!
パチパチ(。・ω・ノノ゙☆゚・:*。+.ォメデト♪
反応が悪くて…m(__)m
いっぱいいっぱいぴょんうさぎちゃんがぴょんぴょん喜びの舞ができる一年でありますように。
胃が早く治るといいけど… 
(\(\
( ๑>ω•́ )b

ON☆彡
なになに〜?9月25日私宛にコメ?からの面の記事 ?
戻ってみる┗(^o^ )┓ 三
三┏( T∀T)┛

|ョ゚д゚*)ヤベッ
ともりん様
初めまして(*´σー`)エヘヘ
ごめんねぇ〜無邪気にコメしてた時だね(汗)雑だね…絡み方(^^;)
タイちゃんの時やらかしちゃってね
(タイ美元気かな〜(´-`).。oO)

ともりんは、もちろんわかるさ!
…だよね(⚭-⚭ )
最初から知ってるぅ…正解でしょ

ON☆彡オンチで可愛いとか言われてるぅ〜ヒューヒューだよ!
(*σ´³`)σヒューヒュー
あとON☆彡と私はステキじゃなくて、ただのアホなんです。w

ON☆彡にはこれからコメ介護してもらわなかんかったわ!見逃しまくってるよぉ〜って
Σ(´□`;)

え〜( ¯ㅁ¯ )千鳥のON君は気配り上手な優男だね。(キッパリ!)
ハイっ!褒めたよ!
|・ω・)ノ[終]

長々とすみませんでしたぁ☆彡
Posted by tomoa24 at 2017年10月11日 20:01
こんばんは。なるほどです~。ぴょんうさぎ様のアドバイスで 楽しんで見てみようと思います。
そして お誕生日おめでとうございました!
お体御自愛くださいね。
Posted by はる at 2017年10月11日 23:08
この場をお借りして、

→ともちゃま

姉の重い腰がやっとあがったみたいで、ごめんなさいね笑

姉も弟もこんなスットボケなので、長い目で見ておくんなまし♪


→tねー

サバティに注意されないように気をつけて笑
まぁ、サバティはスタンドだし、ここはまだ知られてないんだけどね。

今日は飲み過ぎてます♪
Posted by チドリンON11✩彡 at 2017年10月11日 23:17
たびたび、お借りします。

→tねー

追加だけど、ヒューヒューやめて笑
電車内でニヤけてまうやろ!
笑いを堪えるの必死なんだから。
Posted by チドリンON11✩彡 at 2017年10月11日 23:20
私もエレベータの中ってなんとなく怖いです。
零感なのでお化け見たことはないのですが!

同じくお風呂の中も(いつも12時過ぎに入ってるので)怖かったのですが、
最近湯船で高橋一生さんを妄想することで怖くなくなるという技を生みだしました!
今日はサーモン黒川にしよう。

>ぴょんうさぎさま
お誕生日おめでとうございます!(遅)
オフ会までに胃の調子がよくなりますように・・・。
Posted by クレア at 2017年10月12日 00:09
Kさんおはようございます。

何度もすみません。この場をおかりします。

常に飲み過ぎすぎてるんじゃないの?ON☆彡へ
あっ!おはっー
実は昨日の昼休憩時サバオがコメがどうの言うてて、導かれるようにここのコメ欄みたら
((((;゚Д゚)))))))ってなり、どないしよ!謝罪の言葉っていってたら
何かひらめいたサバオ!

(º∀º)✧ピコーン
じゃあさぁサバオがスタンド?で?だから?3DCGアニメテッカマンやるけどなんで知らないの?
思い出せない?の話をずっとしてたから、ごめんねといっときゃあ〜
よしっ(๑•̀ㅂ•́)و✧解決したね。

遡りフォローするONすげぇなぁ…読者じゃないから
知らんけど(; ̄з ̄) ~♪~
最近恥ずいことすると、Kさんに言わんでよ!
というサバオが謎(๑ ˭̴̵̶᷄൧̑ ˭̴̵̶᷅๑)
にしてもやはりONはヒューヒューだよ!って言っちゃうエピソード多めだがん(笑)

朝から関係ない話ばかりすまぬ、
毎日サバオと7時間以上仕事で一緒だから、サバオ祭りですんません
では今日も頑張りましょう!☆彡
Posted by tomoa24 at 2017年10月12日 07:48
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count