› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 誰もいない筈のオフィスで・・・・。

2017年10月13日

誰もいない筈のオフィスで・・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です!

今日は夕方からお客さんとの飲み会ですので、

早めにアップさせて頂きます。

そういえば、サイン用の『闇塗怪談』が、返信封筒と

共に送られてきております。

下手くそな字で恐縮ですが、丁寧に書かせて

頂きます(笑)

ただ、仕事以外の時間での作業になりますので、

少々お時間を頂きますことをご理解ください!

それでは、怖くない話、いってみましょう!

どうぞ~!



これは友人が体験した話である。

彼は某大手保険会社に勤務しており、忙しい時期になると、

徹夜が続く事もあるそうだ。

そんな彼の会社が入っているのが、市街中心部にある

新しいオフィスビル。

地上8階、地下2階という、いわゆるインテリジェンス・ビル

というやつだ。

そんな最先端の場所でも、怪異は起こってしまう様である。

その日、彼は大口の担当顧客の事務処理に追われていた。

週末の金曜日ということもあり、本来なら早めに帰宅して

のんびりしたいと

思っていたのだが、現実は甘くなかった。

午後9時を回っても、全く出口の見えない進捗状況に、

彼はその夜の徹夜を覚悟した。

既にオフィスには誰も残っておらず、彼は仕方なく、簡易的に

戸締りをして、外のコンビニへ晩ご飯を買いに出かけた。

徹夜ということもあり、彼はかなり多めの食料を買い込んでオフィスに

戻った。

そして、その時感じたのだという。

なんか、雰囲気が違うな・・・と。

確かに、どこが違うのか、と言われれば的確に答える事は

出来なかったが、それでも

彼が少しだけ外出している間に、オフィスの様子が明らかに違っていた。

彼のオフィスは繁華街の大通りに面しているから、当然その時間帯も

かなりの交通量である。

しかし、そういった外界の音というものが全く聞こえてこない。

目の前の書類が床に落ちただけでも、かなり響いて聞こえてしまう様な、異様な

静けさが、そこには在った。

いつもは決してそんな事もなく、明らかにおかしかった。

しかし、彼にはそんな事を気にしている余裕など無かった。

すぐに自分のデスクに座った彼は、買ってきたサンドイッチを片手で

口に運びながら、

再び仕事に没頭した。

すると、すぐにオフィスの電話が鳴った。

本来なら、すぐに出なければいけないのだが、その時は余計な仕事を

入れたくなかった

彼はそのまま電話を無視した。

すると、今度はファクスが流れてきた。

時刻はもう午後11時を回っていた。

彼は、

俺の他にもまだこんな時間に仕事してる奴もいるんだよなぁ・・・。

と妙に感心しつつ、そのまま仕事を続ける。

しかし、そのファクスというものが、なかなか終わらない。

いや、1枚送ってきたかと思うと、すぐに次のファクスが送られてくる。

そして、それを彼は無視し続けるのだが、さすがに鬱陶しく感じ始める。

だから、ふとファクスの方へと視線を向けた。

そこで彼は思わず、

え?

と声を出してしまう。

先ほどから、間違いなくファクスが受信している音が聞こえており、そして、

今も、新たにファクスを受信する音が聞こえている。

しかし、ファクスの受信用紙が溜まっているはずのトレーには、

一枚も受信用紙が見えなかった。

あれ?おかしいな・・・・。

彼はそう思ったが、気のせいだと片付けてしまう。

その後もファクスは受信を何度か繰り返していたが、結局、

何も送られて来なかった。

そして、ファクスの受信が途切れた時、ふと、静寂が訪れる。

やっと、静かになってくれたか・・・・。

そう思い、彼がホッとしていると、突然、オフィスに電話が鳴り響いた。

彼は思わず、体をビクっとさせてしまった。

だが、彼は、

こんな時間に掛かってくる電話は、かなりの確率でトラブルの電話に

違いない。

だったら、電話に出たら、余計な仕事を増やす事になってしまう・・・。

そう思って、電話を無視し続ける。

1度かかってきた電話は、10階以上のコール音の後、切れた。

しかし、電話はまたすぐに掛かってくる。

本当に今夜はどうなっているんだ?

そう思いながら、彼は仕事に集中しようと努めた。

そして、何度目かの電話がかかって来た時、彼は思わず仕事の手を

止めてしまった。

相変わらず、長いコール音が続いていた。

彼には、当然電話に出る気など毛頭無かった。

しかし、電話のコール音は、ガチャッという音とともに消えた。

それは、誰かが電話に出たという事を意味していた。

だから、彼は思わず仕事の手を止めた。

体が恐怖で固まっていた。

彼は、恐る恐る顔を上げた。

広いオフィスには、彼の他には誰もいる筈はなかった。

だから、誰も電話に出る筈もないのだ。

しかし、先ほどの電話は間違いなく誰かが出た様な音が聞こえた。

だとしたら、誰かがいるのか?・・・・・。

彼がそう思った時、広いオフィスの端の方から、ヒソヒソと話す様な声が

聞こえた。

彼の恐怖は更に増してしまった。

しかし、同時に考えてみた。

もしかすると、彼が食事を買いに出ている間に、誰かが帰ってきたの

かもしれない、と。

そして、彼と同じように仕事に追われてしまい、彼に声を掛けるのも

忘れているのかもしれない、と。

彼は椅子に座ったまま、

誰かいますか?

と大声を出してみた。

すると、先ほどはヒソヒソと聞こえていた声が止み、再び沈黙

が訪れる。

彼は思い切って椅子から立ち上がり、先ほど声が聞こえた方へ

と歩き出した。

絶対に誰か同僚が帰って来ている筈だ・・・。

彼はそう願いながら、歩を進め、オフィスの端にあるデスク

までやって来た。

しかし、やはり其処には誰もいなかった。

彼は、その時点でもう仕事など投げ出して走って逃げ出したかった。

しかし、仕事の段取り上、そんな事は出来ないのは自分が

一番理解していた。

だから、彼は、夜間、彼1人が残業する為に使用するフロアの

照明をかなり節約していた。

しかし、そんな事は、その時の彼にはもうどうでもよかった。

だから、フロアの照明を片っ端から点けて、出来るだけフロア

全体を明るくした。

そうすれば、少しは気が紛れると思った。

そして、仕事に集中する為に、切っていたラジオもつけた。

ラジオからは、パーソナリティの賑やかな話し声が聞こえてきて、

少しは気が紛れた。

彼は自分に喝をいれ、再び仕事に向かう為、自分のデスク

についた。

そして、書類に向かうのだが、やはり集中できなかった。

そんな状態だったから、考えるのは、怖い事ばかり・・・・。

そして、その時、気がついた。

彼は勤める会社のビルは、当然、まだ新しく、いわくつきの

場所に建てられたものではなかった。

だから、当然、このビルに関しては、幽霊などの類の話は

一度も聞いた事が無かった。

だとしたら、何が起こっているのか・・・。

彼のオフィスに入るには、専用のインテリジェンスキーが

必要だった。

そして、夜間、そのオフィスに入れるキーということになると、

それを持っている

のは、彼の会社の中でも限られた人数だけだった。

だから、誰もこのオフィスに入れるはずはないんだ・・・・。

もしも、入れる者がいるとすれば、それは人間ではない。

そして、もしも、先ほど彼が外に出て晩飯を買出しに行った時、

何かを連れて

来てしまったとしたら・・・。

そして、もしも、それがずっと彼の背後を追いてきて、彼と一緒に

、このオフィスに入ってしまったとしたら・・・・。

その時の彼には、それしか考え付かなかった。

そして、もしもそうだとしたら、今、彼は人外のモノと2人きりで

このオフィスに居る事になる。

彼は、冷たい汗が流れるのを感じた。

と、その時、突然、彼が座るデスクの右斜め後ろから、

うふふ・・・・。

という笑い声が聞こえた。

彼は俯いたまま、その笑い声が聞こえた方向へと

顔を振った。

そこには、OLが着る様な制服を着た足が見えた。

そして、彼はそのまま視線を上に上げていった。

心の中では、見るな!と叫んでいたが、彼はまるで何かに

操られるかのように

それを見てしまう。

そこには、薄いブルーの制服を着た女が立って、彼を

見て笑っていた。

裸足の足、異様に高い身長、そして、その顔は在り得ない

ほどに細く、そして

建てに長かった。

痩せこけた頬と閉じらたれ大きな口。

そのどれもが彼が始めて見る造形だった。

そして、彼はその時、まるでその女から視線を逸らす事を

禁じられている様に

一切視線を外す事は出来なかったという。

すると、次の瞬間、その女の顔は、まるでロウソクが

溶けていくように、

見る見るうちに崩れ落ち、顔の骨が露出した。

そして、それを見た瞬間、彼は意識を失ってしまった。

そして、次に彼が目を覚ましたのは、そのビルの守衛さんが

見回りにきた時。

床に倒れている彼を見つけた守衛さんが、彼を助け起こして

くれたらしい。

そして、当然、彼はその後すぐに仕事を切り上げて帰宅

したという。

今、彼は別の支店に転勤になり、そのビルで働いてはいない

のだが、どうやら

その事があってから、そのビルには、女の幽霊が何度も

目撃されるようになったという事だ。


Posted by 細田塗料株式会社 at 12:16│Comments(19)
この記事へのコメント
Kさん
皆さん
こんにちわ(^ ^)

こんな早い時間にアップされていたので
嬉しい驚きとともに
早速拝見してしまいました(^^;;
今夜の楽しみがなくなっちゃった(笑)

Kさんのお話の中に出てこられる方は
皆さん勇気があるというか
1人で残業とか、
行ってはいけないところへ行くとか、
怖がりの私には真似できませんが、
そういう方でも怖すぎて
気絶してしまうんですね(汗)
恐怖の時間が続くなら気絶した方がラクかなと
思いますが
気絶したあと
その怖い人(モノ?)は
どうしてるんですかね?
相手が気絶したら何処かへ行っちゃうんでしょうか?
(変なこと考えてスミマセン 笑)

>中西さん
お返事ありがとうございます!
私も運気は絶不調らしく、
いろんな事試しながら生きています(^^;;
素晴らしい明日を信じて
また是非
おやすみ愛しましょう(笑)
Posted by とも at 2017年10月13日 13:11
初めまして。kさま。
いつもドキドキしながら読ませていただいてます。
小心者の私…怖いもの見たさ…とはいえ、毎回昼間でないと読めない…怖さがあります…(T^T)
|ω・)ミテマスヨ
様々な情景を頭の中で想像しては打ち消す…の繰り返し…なのに、毎日コチラを覗いてしまいます(笑)
お身体に気をつけて…これからも楽しみに読ませていただきます(⑉• •⑉)
Posted by ひまわり at 2017年10月13日 15:26
お久しぶりです!
早い更新にびっくりしてしまいましたo(^▽^)o
東京であるオフ会……行きたいんですけどねぇ、怖くて怖くて(笑)
そしてついに………
闇塗階段買ってしまいましたー!!!!!(笑)
電話で聞いたところラスト一冊!(笑)
急いで買いに行きましたよ(笑)
楽しく読ませていただきます❤️
Posted by mana at 2017年10月13日 15:35
はじめまして。


本を読んでから

ブログ見つけました。



ブログのほうが

怖いです。


真面目に。


70歳の母に



本をまわしました。「笑いますね。母がこのての話が好きなので、、、私も好きになりました」

これからも

楽しみにしています。


お体には


気をつけてください。



Aさん


姫さん




住職


にも



感謝ですね。
Posted by やまま at 2017年10月13日 16:58
仕事帰りに車の中で一人読んでしまいました。
怖い~(>_<)一人はきついです

残業と聞くと、昔、課長がラーメンおごってくれたことを思いだします…
課内みんなにおごってくれてたので、すごい出費だったのではないかと。
KさんのAさんへのスイーツ代も気になります(笑)
Posted by 助勤巫女 at 2017年10月13日 17:20
どもショッカー戦闘員オスカーです
m(_ _)m
ビル系ですか、ビル系なんですね
夜警バイトの私にとっては「う〜む」なところ…(゚д゚lll)
会ってみたいの好奇心もあれば、会いたくないの拒絶もあります。

おやおや〜、東京のオフ会に参加したい人が現れましたね〜(ニヤリ)
たしか今月22日にもオフ会があるようですので、参加されては如何でしょうか?(私は無理です)
クレアさん、あとのこと宜しくお願いします。m(__)m
Posted by オスカー at 2017年10月13日 18:48
K様、皆様こんばんは。

本日は早いアップありがとうございます。
m(_ _)m

今回のお話ですが、
このOL風の霊は、K様のご友人を驚かす為にしっかりとシナリオを考えていたのではないかと。。

ご友人が電話に出た場合のこわ〜いセリフを考えていたのに、
全然出ない。。
そして遂に我慢出来ずに自分で受話器をとってしまう(笑)
後はなりゆきで驚かす。。

まあ、意識が飛ぶくらい恐怖してくれたので、結果オーライとなったのかもしれませんね(^^)

と、K様のお話を数多く読んでいると、
霊側の目線でもみてしまうようになりました(笑)

飲み会行ってらっしゃいませm(_ _)m

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年10月13日 19:03
営業のKさん

気温か下がりましたね・・・肌寒い福岡です。
福岡の某球団に関する仕事も、何とかやり終えて一安心です。

来週末には兵庫県で、20年来の職場の同僚の送別会に参加です。
そのKさんとの思い出は尽きません。

何が引き寄せたのでしょか・・・その亡者を。
少数精鋭?で稼働している我が社の九州営業所では、猫の手も借りたいのですが、ご飯の催促だけですね・・・(涙
兎にも角にも、ご友人の無事が何よりです。
それにしても魔界金沢・・・恐るべし!
今日の飲み会は片町ですか?
お気をつけ下さい。

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年10月13日 19:52
Kさん、こんばんは。

どこからか来たその女の霊、そのビルに居着いちゃったのですか、迷惑ですね。
霊も居心地の良い悪い、と言う場所があるのですね。
もし、友人の方が電話に出ていたら、彼はどうなっていたのでしょうか。
Kさんのお話に出てくる女の霊は、何故か背が高く顔がデカイとか長いなんてのが多いのか、不思議ですね。


それではまた、次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年10月13日 21:32
ま、どこでもドア〜ならぬどこでも幽霊〜はいるんですよね??私は見えませんが波動とかが合えば出てくるんでしょうか?いたずらする辺り低級霊なのかな、電話が鳴らせるなら世の中のためになる事しろよって思いますよ、人間も一緒ですけどプンプン!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2017年10月14日 02:16
K様

こんばんは。
このような時間にうっかり遊びに来てしまいました、怖くなって若干後悔している彼岸花でございます。
今回もすぐにイメージが目に浮かんできて……スタイリッシュなオフィスビルにも異界への扉はあるのですね。

と、震えながらスクロールしていたら
中西様がいらっしゃっていて怖さが紛れました。
イベントの抽選に当たればですが、年末にもしかすると西九州にお邪魔するかもしれません。
高校の修学旅行以来の九州、行けることになりますように。北東北からの途方もない旅費の工面は当たってから考えることにいたします……。


さて、この場をお借りしまして


ON11様

先日は私にまでコメントを頂戴しまして、ありがとうございました。
優曇華様の教養と文章の美しさ、そしてサービス精神は素晴らしいものと思います。私もいつも楽しく学ばせていただいております。

そして、ON11様のお人柄が伝わってくるようなコメント欄での楽しいやりとり、お見かけする度に温かい気持ちになります。推察ですが、きっと素敵なご家庭にお育ちになったのでは……と、御父上様のお話を拝読しながらあらためて思いました。
よろしければまた時々、お話できたら幸いに存じます。


それではまた……
Posted by 彼岸花 at 2017年10月14日 03:45
k様皆様こんにちは

何か月ぶりに、土日の連休をいただき、嬉しくて嬉しくて、闇塗怪談を読み直していました。

私も昔、今とは違う仕事をしていた時に、深夜2時まで残っていたことがありましたが、その時は上司もお付き合いで残ってくださって・・・。

おかげで、全く怖くはなくトイレ行ったり、自由にしていました。

その時の上司には、本当にお世話になってしまった。
今頃何してるのかしら?

でも、ふいについてこられたりしたら、気が付かないし、防ぎようないですよね。

私も誰かついてきてるのだろうか・・・。

考え出したら怖いですね。・・・多分大丈夫!

では、皆様どんどん寒くなってきますが、体調万全に楽しくお過ごしください。

今は辛くても、きっと出口はあります!!!
Posted by ぷぅ at 2017年10月14日 13:27
初めましてKさん♪
と愉快なファンの皆様方\( *´꒳`*)/w
やっと追いつきました!
夜中や昼間にちょこちょこみてここまで
追いつくのに1年かかりましたw
いつも面白くも奥深くもある怖くない話で
癒してもらってます。
本まだ買えてないので今度買ったら
返信用と共に送りつけますね。
サインくーだーさーい♡
Posted by きなこ at 2017年10月14日 13:41
こんにちは。

「最恐の侵入者!」を思い出して、もう一度読み込ました
突然、襲いかかる怪異なんて歓迎しないのに
この恐怖は大の男どもでも腰を抜かしたり
気絶したりで、散々ですね(>_<)

こんな日は来ないようにするには、どうしたらいいんでしょう、、ね。
Posted by まーくん at 2017年10月14日 15:27
こんにちは。

そろそろ…こんばんはになる時間です。

憑かれやすい体質なんですかね?

でも…その後のビルが噂になるとは…。。。スゴい話です。

私は、世にも奇妙なを見るか迷ってます。
Posted by にじちゃん at 2017年10月14日 16:33
こんにちは、Kさん、皆さん(^^)
再びお伺いしてます。都内に住んでる事務職の者です。昨日は仕事が少なかったので会社のパソコンでネタ仕入をしてました。しかし昨日は「13日の金曜日」(T_T)なので急遽予定を変更。会場も某寺の近くで墓だらけの友人宅。歩いて数分の所にコンビニもあります。周囲は過密の過密の住宅街。恐いんだか怖くないんだのか「怪談お話会」という名の女子会です(^^)盛り上がりました。有り難うございました♪

営業のKさんは本まで出してる怪談作家さんだったんですね!竹書房さんの怪談本は表紙からして怖いので読んで直ぐ友人にあげた記憶があります。社長さんに内緒どころか最高のPRです。会社の売り上げにも貢献されているのでは?

私は某保険会社の関連会社に勤めてますが、健康や過労死の問題があるので遅い残業は禁止です。忙しい営業マンにとりそうはいかないのも事実です。営業マンは書類を終業時間ギリギリに持ってきます。しかも間違いが多い(`ヘ´)こっちが化けてやりたい位です(^O^)

本日14日は炊き込みご飯のレシピまで(笑)意表を突かれます。とても楽しげな貴社の雰囲気が伝わってきます。強い印象が残るHPです。このHP作りを許してる社長さんは心が広い方なんですね。羨ましい。
Posted by コバルトブルーの空 at 2017年10月14日 16:58
更新ありがとうございます★

お化けの方もそんな姿で出てこないで、ガッキーとか石原さとみ似で出てきたら
男性陣大喜びなのにねー。

第二回東京オフ会、もうフレンチ予約しちゃった&丁度6名なので、
6名から人数増やせるかどうか、多分増やしづらい人数な気がするですよ、オスカーさま・・・・。
(3から4とか、5から6人とかは増やしやすいけど)
Posted by クレア at 2017年10月14日 19:49
K様、皆様、おはようございます!

新しい建物に起こった怪異ですか。しかも、その後も続けてあったと。。。。
たまたま、見定められて憑いてきちゃったんですか?
気まぐれな霊さん。美女霊で害がないなら歓迎できるんですけどね。
いつどこで何が起こるかわからないってことが怖いですね。
Posted by ON11☆彡 at 2017年10月15日 08:02
Kさんおはようございます。
本日はサブいっす!とってもさぶい
あとこの先ずっとどん曇りですねぇ
Ԑ=(•́ω•̀๑)

1人きりの夜のオフィスは曰く付きの場所じゃなくても、
移動できちゃう霊?もともと居て静かにしてた霊?
波長が合う人が現れたら、猛アピールで…
電話出ちゃう(((;°Д°;)))
自分の存在を知らせたかったんですかね?

Kさん更新ありがとうございます
☆彡
Posted by tomoa24 at 2017年10月15日 10:57
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count