› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 吊り橋の向こう側・・・・。

2017年10月18日

吊り橋の向こう側・・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆さん、こんばんは。

そして、お疲れ様です!

うちの娘の修学旅行も2日目。

今夜は仙台で宿泊している筈です。

で、明日はいよいよディズニーリゾートですね。

雨の・・・・・(笑)

で、今日、驚愕の事実が発覚しました。

修学旅行のお小遣いとして、妻から4万円貰っていた

うちの娘ですが、内密に私の祖父から3万、そして

それを知らない私から3万、そして、それらを全く

知らないうちの妻から、別途2万。

合計12万という大金持ち状態で旅行中だという事が

判明しました。

おみやげが、任天堂SWITCHに代わらない事を

祈るばかりです(笑)

それから、つぼみさんをはじめ、皆さん、コメント欄には

誹謗中傷や荒らし行為以外なら何を書いて頂いても

結構ですよ(笑)

そして、文庫本のサイン依頼もお待ちしております。

ただし、金箔の栞は無くなり次第、終了になりますので、

ご了承くださいませ!

それでは、今夜も怖くない話、スタートです。

どうぞ~!



これは俺の友人が体験した話である。

彼は登山というよりも山の散策が趣味であり、特に山菜取り

のシーズン

になると、毎週末、山へと出掛けていた。

朝早くに山へと出掛け、それほど高くない場所で山菜取り

をして、

昼には妻お手製のお弁当を頬張る。

そして、また山菜を採ったり綺麗な風景の写真を撮ったり

しながら

一日中、山で過ごし、夜になる前に帰宅する。

しかし、やはり山菜取りともなると、自分の過去の経験に

よってだいたい

良く行く山というのが決まってしまうものらしく、

それがつまらないと

感じた彼は、同じ趣味を持つ知人にそれとなく聞いてみた。

すると、彼がいつも通っている山から、さほど遠くない

場所にある山が

山菜の宝庫なのだという。

それを聞いた彼は、早速次の日曜日に下調べを念入りにして、

教えて貰った

山へと向かった。

邪魔にならない場所に車を停め、すぐに登山を開始した。

その山は当然、彼には初めての山だったのだが、歩き出して

しばらく

すると、おかしな事に気付いた。

それは、どれたけ歩いても、彼の他には、人が全く居ない

という事だった。

普通、山菜の宝庫とまで言われる場所ならば、少なくとも

山菜取りの季節

の間は、朝から夕方まで沢山の人で賑わうのであるが・・・。

まあ、細かい事は気にしない性格の彼は、人が居ない事を

逆に喜び、山道を

のぼる足にも一層力が入った。

そして、歩き始めて30分くらい経った頃、彼の目の前には、

吊り橋が現れる。

こんな処に川などある筈もないのに、何の為の吊り橋なんだ?

そう思って、吊り橋に近づくと、眼下には、かなり深い渓谷があり、それを超える

為の吊り橋だという事が分かった。

こんな所に吊り橋があるなんて聞いてないぞ・・・・。

彼はかなり動揺してしまう。

実は彼は吊り橋というものが苦手だった。

歩く度に揺れるあの感覚がどうしても耐えられないのだ。

下調べでは、こんな所に吊り橋など無かった筈。

そう思ったが、現に目の前には吊り橋が在るのだ。

そして、この吊り橋を超えていかなければ、山菜の宝庫には辿りつけない。

彼は出がけに、妻に山菜の大収穫を宣言してきた事を思い出し、その重い足を

吊り橋へと進めた。

それにしても、とても長い吊り橋だった。

ある意味、観光名所になってもおかしくない程の長さだったが、それが彼にとっては

苦痛以外のなにものでもなかった。

それでも、彼は妻の顔を思い出しながら、一歩一歩と吊り橋を進んでいく。

大丈夫なのか?と不安になるほどの細めのロープと、薄めの足板だけで

出来ている吊り橋は、足板の隙間から、下が透けて見え、彼は出来るだけ下を

見ない様にして歩をゆっくりと進めた。

しかし、実際に歩き始めると、その吊橋は簡易的な造りの割には揺れは

少なかった。

確かに一歩進むたびに、足を乗せた足板が、ギシッという音と共に、大きく

しなるのだが、それ以外は予想以上に怖さは感じなかった。

これなら俺でも大丈夫かも・・・・・。

そう思い、彼はその吊橋をさっさと渡ってしまおうと思った。

と、その瞬間、吊り橋が大きく揺れた。

それは普通の揺れ方ではなく、彼が手摺のロープをしっかり持っていなければ、

吊り橋から落ちてしまっていたかもしれない程の人為的な揺れだった。

危ないじゃないか!

しかし、彼の前には誰も居ない。

彼は、思わず後ろを振り返った。

すると、そこには明らかに場違いな格好をした男の子が笑っていた。

一応は山歩き用の服装で固めていた彼とは対照的に、まるで昔の

時代劇にでも出てくるような汚い着物を着ていた。

そして、丸坊主の頭で裸足のまま吊り橋の乗り口に立っていた。

彼は、思わず、ムッとしてしまい、大声で

危ないじゃないか!

そんな事はしちゃいけないって学校で習わなかったかい?

と叱りつけた。

しかし、その男の子は満面の笑みを浮かべて微動だにしない。

彼は、拘わらない方が得策だと考え、さっさと吊り橋を渡ってしまおうと

前を向いた。

そして、歩き始めた途端、再び、大きな揺れが襲ってきた。

その揺れは先ほどの揺れとは比べ物にならない位、強烈なもので、彼は危うく

谷底へ落ちるところだった。

彼は両手で手摺のロープを掴み、うずくまったまま、再び背後を振り返る。

いい加減にしろ!

そう言おうとして止めた。

そこには、先ほどの男の子よりもかなり近い距離に、大人の男が吊り橋に乗って

立っていた。

その姿は、とても背が高く屈強な体をしており、先ほどの子供同様に着物を

着ていたが、そのギラギラとした目からは明らかな殺意が感じられた。

まさに鬼の姿そのものだった。

一体、この吊り橋はどうなっているんだ?

次から次に、どうして俺の邪魔をしに来るんだ?

そう思い、頭にきたが、今、吊橋に立っている男は、少なくとも絶対に

係わり合いにならない方が得策なのは明らかだった。

彼は再び前を向いて、さっさと吊り橋を渡ってしまおうと足早に歩き出す。

吊り橋も残り10メートルくらいになった時、彼の目の前には、不思議な

光景が広がっていた。

先ほどはそんな物は見えていなかった。

しかし、今、彼の目の前には、吊り橋を渡りきった場所で、沢山の人達が

そこに集い、バーベキューをしてビールを飲んでいた。

其処に居る誰もが楽しそうに笑い、まさにユートピアという感じに見えた。

そして、その近くには、手付かずの山菜が所狭しと群生していた。

もしかして、友人が言っていたのは此処の事だったのか?

彼はまさに宝の山でも見つけたように活気付いた。

すると、吊り橋の向こうにいる人達が彼に声をかけてくる。

早くこちらへ渡らないと危ないですよ!

ビール冷えてて美味しいですよ!

ちょうど、肉も焼き上がりましたから一緒にどうですか?

それは彼にとってはどれも魅力的な言葉だった。

そして、そこに集っている人達は、その誰もが優しそうな顔をしており

絵に書いたような善人ばかりに見えた。

だから、彼は一気に吊り橋を渡りきろうと足を踏み出した。

すると、その瞬間、

こっちに来てはダメ!

まだお前が来る所ではない!

という声が彼の頭の中に響いてきた。

それはどこか懐かしい声に聞こえた。

彼は必死に声の主を探した。

すると、楽しそうに彼に手招きをする男女から少し離れた場所に

険しい顔をして立っている女性を見つけた。

他の誰もが笑っている中では、とても異様に見えた。

だだ、他の者達が見せる笑顔が、彼にはとても違和感のあるものに感じられ、

それに比べると、逆に自然な感じがする。

だから、彼の目を凝らして、その女性の姿を見た。

それは、紛れもなく数年前に亡くなった彼の祖母だとすぐにわかった。

祖母に会えた嬉しさに彼は舞い上がり、駆け寄ろうとした。

しかし、祖母は悲しそうな顔をしたまま、首を横に振った。

祖母は生前、ずっと彼の事を可愛がってくれていた。

その祖母が、こちらへ来るな、というのには、きっと大切な訳

が在るに違いない。

そう考えると、彼が今置かれている状態が少しだけ理解出来た気がした。

きっと、この吊り橋の向こうは、あの世になるのだろう、と。

そして、吊り橋の入り口に立つ男は、きっと俺をあの世に

行かせようとしている

人外のモノなのだろう、と。

そして、そんな状況の中でも、祖母は俺を助けようとしてくれている。

だとしたら、俺はなんとしてでも、この吊り橋を戻らなければ・・・。

彼はそう思った。

そして、振り返ると、一気に今歩いてきた吊橋を戻り始めた。

怖いなどと思う余裕も無かった。

彼は一気に吊り橋を走った。

吊り橋の乗り口には、先ほどの大男が立っていたが、そんな事はどうでも良かった。

祖母の思いを無駄には出来ない。

ただそれだけを考えて走った。

大男は再び吊り橋を揺らすようなジェスチャーをしたが、結局は何も

してこなかった。

そして、彼がその男に体当たりするようにぶつかった瞬間、その大男も消えた。

そして、彼は転ぶようにして何とか無事に吊り橋を戻りきった。

体が痛い部分もあったが、それよりも吊り橋の向こうにいる祖母に無事に

渡りきった自分を見て微笑んでもらいたかった。

だから、彼は起き上がると同時に吊り橋の方を振り返った。

彼は呆然としてしまった。

もう目の前には吊り橋など存在していなかった。

見渡す限りの平坦な野原が広がっている。

そして、そこには当然のように、笑顔を振りまく人達も、そして彼の亡くなった

祖母の姿もすっかり消え去っていた。

彼は夢でも見ていたのか?と思ったが、それでも、彼の両腕には、吊橋の

ロープで擦り切れた傷跡がしっかりと残っていた。

訳が分からなかったが、とにかく祖母が今も自分を心配して何処からか

見てくれており、助けてくれた。

それが、とても嬉しかった。

そして、彼はそれ以上、山にはのぼらず、そのまま逃げる様に家に帰ったという。

山ではこういう不思議な事があるんだよな、と得意気に話す彼の顔が

印象的だった。


Posted by 細田塗料株式会社 at 21:04│Comments(21)
この記事へのコメント
kさん
今日もありがとうございます。

今日の話のお婆様の様な体験を
私も、祖父の葬式の時にしました。

6歳ぐらいだったので、、、訳も分かりませんでしたが、最近は
怖さがあります。


不思議で仕方ない話や事がありますが
きっと、意味はあるのかなぁと思います。


今日もありがとうございました。



娘さんが
無事にkさん家族のもとに
買えってこられることを願っています。
Posted by やまま at 2017年10月18日 21:16
いつも更新ありがとうございます☆

おばあちゃんが止めてくれて良かったですねー。
私はあの世で私を気にかけてくれる人がいないから、自力で気を付けないとです!

しかし今日は怖い話より、お嬢様が12万円も貰っているというのが一番の驚愕の事実でした!
親からそんな大金貰ったことないわー。
と、七五三も「お金が勿体ないから」と晴れ着無しで、他人が可哀想に思って着物を貸してくれたというエピソード持ちの私は裏山!(^_^;)
(もちろん成人式の着物なぞ無い)

ま、女の子は私みたいに育てちゃうと可愛げがゼロになるから、お金には不自由させない方が良いって、キュウエイカン氏が言ってた(笑)
Posted by クレア at 2017年10月18日 21:37
Kさま
こんばんは。以前、一度だけ書き込ませていただきました。
書き込みとかは苦手なので、それ以来ですが、毎日楽しく(怖く?)読ませていただいています。
闇塗怪談、やっと手に入りました。とても申し訳ないのですが、私も極度の怖がりで、現物として家にあることが怖すぎて、電子書籍で、購入しました。毎日、会社のお昼休みや通勤時間に読ませていただいています。なので、サインがいただけなくてとてもとても残念です!
サインいただけなくてもこれからもずっと応援しています。がんばってください。
Posted by よよよ at 2017年10月18日 21:48
Kさん、こんばんは。

お嬢さん、巧くやりましたね。(笑)
きっと抱えきれない位の、お土産を買ってきますよ。(^o^)

友人の方は迷い込んだのですね、危うく渡りきってしまうところを、助けられてなによりです。
この世とあの世の境目は、意外と近くにあるのかもしれない、と言う事でしょうか。

それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年10月18日 21:49
営業のKさん

明日から山口経由の兵庫ヘの出張です(汗
金曜の夜は、20年以上の付き合いのある同僚の方との送別会。
思い出は尽きません。

これまた不思議な出来事ですね。
山菜の宝庫には間違いはないのでしょうが、どんな因果であの世ヘの吊り橋を渡る事になったのか、また、渡りきる事を急かすも亡者は何者か・・・謎が深まります

兎にも角にも、その方の無事が何よりです。

それでは、次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年10月18日 21:53
こんばんは!大監督たちの晩ごはん何でしょうね?定番のトンカツかな?それともトンカツ?いかんトンカツしか思い出せない!おみやげいっぱい買って来たら嬉しいですねパパさん!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2017年10月18日 22:28
ご飯食べ終わってから勉強しようと思ったんですけど、テレビに夢中になってこんな時間になってしまったつぼみです(இ௰இ`。)
テストなんてクソ喰らえ!!!
私ももうすぐ修学旅行なんですけど行きたくないです( '-' )
嫌だァァァァ(((((┏ ’ω’)┛

あ、私は栞よりもKさんの素晴らしサインが欲しいですンゴw
もう家宝にします()
そしてその本に向かって毎日礼拝しy((ry( ゚∀゚):∵グハッ!!w

実は栞「しおり」っていう漢字が読めなくて今日ぴょんうさぎ様に教えていただいて知りましたwハズイヨォ(ノω<`*)ポッ
もー!!語彙力ないし、漢字読めないし、勉強出来ないとかクズやん!ww
そのうちゴミ出しで出されそうですねンゴw


ああ…テスト勉強……嫌だ……。私もKさんの娘さんの修学旅行について行けば…()
では…勉強してきます(´;ω;`)ブワッ


だれか……代わりに…テスト…受けてき……て…………(o_ _)o パタッ
Posted by つぼ〜み(・v・★) at 2017年10月18日 22:41
高卒事務初任給手取りがそんな額じゃないかな。
今の子は修学旅行でそんなにお金を使うんですか?驚きました。
明日は内陸で12度ですからねずみの国の海辺はかなりの寒さです、東京湾は風強い時は容赦ないですよ、寒い~!コート持ってきてないですよね?明日は12月並みでコート着ましょうとテレビで言うてました、風邪ひくかもしれません。大丈夫かな。

でもなんでまたあの世への吊り橋がいきなり出たんですかね。不思議ですね。
Posted by はるた夏雲 at 2017年10月18日 22:42
K様こんばんわ☆連日の更新お疲れ様&ありがとうございます。

お嬢様いよいよディズニーインパですね。ランドの方に行くのかな?雨でも愉しく過ごせるように願っております。しかしお小遣い12万円羨ましいです。私だったらマイアニミッキーに貢いでしまいますよ(笑)ミッキーとミニーのクッキー、お土産に買って来てくれると良いですね(笑)

今回のお話、山って怖い話多いですね。私は山歩き嫌いだから(運動不足&キューピー体型だから泣)こんな怖い話聞いてしまうと、ますます山には行きたくなくなります。ご友人はお祖母さんに守られて良かったですね。

不安定な天気が続きますが、体調崩さないようにお身体お大事になさって下さい。

再見
Posted by マリリンミニ子 at 2017年10月18日 23:35
しおり読めない つぼみたん かわゆすですね(∩ˊᵕˋ∩)・*♡

と同時にぴょんちゃんはジェネレーションギャップを感じましたよ、つぼみんヽ(´ー`)ww

「栞のテーマ」知らないの・・・?
学校に1人くらい「栞ちゃん」いたよね・・・?

などなど。
私の頭の中でした(´ω`)

修学旅行に12万はさすが大監督ですね!(笑)
Posted by ぴょんうさぎᙏ̤̫ at 2017年10月19日 01:55
Kさんおはようございます。
どしゃ降りですねぇ|ω・`)
今時の修学旅行のお小遣いの額に驚愕…
(´๏_๏`)
娘ちゃんが風邪をひかず楽しめる事を祈ります
。。+゚(*´∀`*)゚+。。*゚

あの世に連れてくのに…いろんな形での呼び込みがあるんですねぇ〜呼び込む人が好きな事その都度シチュエーション変更するんですかね?バーベキューですか…
吊り橋上で絶体絶命おばあちゃんの声が届いて良かったです。
番人?も襲って来なくて無事に生きて帰ってこれて本当に良かったです
ε-(´∀`*)ホッ
更新ありがとうございます☆彡
Posted by tomoa24 at 2017年10月19日 07:21
おはようございます。

吊り橋が付いた題名を見て…怖いのだ。と思いましたが…最後は、ちょっと良かったなぁ~と言う気分になりました。
助かって何よりです。

平原の奥は崖にでも…なっていたんでしょうか?

何かが、溜まりやすい場所になって起こった事なんですかね?不思議。

娘さん、スゴい。

私なら3万は家に残して行きます。
私の安月給の1ヶ月分に近い金額が集まるなんて。

ゲーム機を買ってもお釣りがきますよ。
Posted by にじちゃん at 2017年10月19日 10:00
Kさま、皆さま、おはようございます

毎日の更新、ありがとうございます。

やっぱり、守ってくれている人がいるんですね。
私は3年程前に某温泉地でとても恐い思いをするまでは、死んだら無だと思っていました。なにしろ0感でそういう存在を感じた事もないと思っていましたから。
でも、Kさまのブログを読んで分かったんです、いままでもヤバめの状況もあったんだって。そしてなにかが守ってくれていたんだって。
今は日に一度は亡くなった親しい人や先祖に思いを馳せるようになりました。
気付かせてくださったKさまに感謝です。

ブログ、楽しみにしていますが、無理はなさらぬよう。
Posted by かっち at 2017年10月19日 10:21
K様 読者の皆様

こんにちは、ばばろあです。
K様のお嬢様が宮城にお泊りとのことで、
(すぐそばにいらっしゃる♪)と嬉しく思いました。
昨晩は、おそらく牛タンや笹かまぼこなどの
仙台名物をお召し上がりになられたことでしょう。
東日本大震災以降は、復興支援ということで修学旅行でいらっしゃる
学生さんが増えましたね。震災の跡や、復興した町をぜひご覧になって
少しでも何かを学んでいただき、役に立てたらいいなと思います。

さて、山の怖いお話。
私は現在、山に関わる仕事をしているので、そんな異界への橋が現れたら…
と思うとゾゾゾ。。。
時々、遭難事故や滑落などというニュースを目にしますが、その中には
異界への橋を渡り切ってしまった方もいたのかもしれませんね。

では、皆様、暖かくしてお過ごしください。
Posted by ばばろあ at 2017年10月19日 10:23
今日のお話、男の子も大男も、実はおばぁさんと一緒に守ってくれていたのかな、と思います。
Posted by かっち at 2017年10月19日 10:25
ヮ(゜д゜)ォ!自分だと12万もの大金持ってたら心配になる(笑)
しっかり者のお嬢ならきっと大丈夫だと思います
Posted by イニシャルD at 2017年10月19日 10:30
いつも更新を有難うございます。いつも背中をゾクゾクさせながらK様ワールドを楽しませていただいております。
昨日にアマゾンで闇塗怪談を注文しました。
自分もよく山歩きに行きますので、特に山やアウトドアでの怪談を楽しませていただいています。
先月も奥秩父の山に登りましたが、遭難や事故死するハイカーの人が事の外多い山でした。昔は行者の人たちが修行する霊山だったようで、何やら山全体に妖気というか不可思議な「気」が漂っている印象を受けました。
下りで登山道の脇の木の根に座り込んだ不思議なハイカーに会い、「今日は」と挨拶しましたがまったくの無言でした。
もしかしたら遭難者の霊?!まったく生気というのが感じられない男性でした。
これからも更新を楽しみにしております。よろしくお願いいたします。
Posted by きなこ餅 at 2017年10月19日 13:44
K様、皆様こんばんは。

なんとお嬢様12万円!
あるだけ使うタイプでなければ良いのですが(笑)


今回の罠はBBQですか。。
美女に続きこれまた魅力的ですね。
私ならひっかかるかも。。

しかし何故突然その様な事になったのでしょう??
その場所は何か不思議な力が溜まりやすい場所なんでしょうかね。

とにかくご友人がご無事でなによりです
(^^)

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年10月19日 18:49
いつも、blogの更新を楽しみにしながら読んでます♡(o^ω^o)
闇塗怪談の書籍を読み終わったので営業K様のサインが欲しくて本日、レターパックで投函しましたのでサインお願いします。m(_ _)m栞、8人以内に間に合うと良いな〜(((o(*゚▽゚*)o)))
Posted by HinaMama at 2017年10月19日 20:12
おはようございます。

生き抜いた先に楽しい世界が待っている。
ならばダラダラしながらも生きるぞーと決意した今日この頃でありました(笑)
Posted by まあちん at 2017年10月22日 08:15
K様、皆様、こんばんは!

山の怪異、怖いです。山も河も人の非日常なとこでは、不思議なことおこりやすいですね。
たまに聞く、ここから先に渡ったらアカーンやつも、バリエーションが多い。自分が経験するとしたらどんな感じで誰か引き止めてくれる人いるかな?って、考えちゃいます。まぁ、経験しない方がいいに決まってますが、興味あります笑
Posted by ON11✩彡 at 2017年10月23日 01:07
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count