› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 手取川の河口には・・・。

2017年10月19日

手取川の河口には・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆さん、寒いですね。

お風邪など引いていませんか?

とりあえず、今日もお疲れ様でした!

今日は娘の修学旅行3日目です。

お昼~午後9時までは、ディズニーランドで

フリータイムだそうです。

寒い中でもお馬鹿な娘は元気いっぱい!・・・です。

明日帰った来たら、たぶんぐったりと疲れきって

いることでしょう!(笑)

それから、今日はそこそこの数のサイン希望レターパック

が届いていました。

頑張って、サインしますから、もう少しだけお待ちください。

そして、週末は東京で第2回のオフ会ですね。

是非、楽しんで頂ければ、と思っております。

そういえば、Aさんも金曜日から東京に行くそうです。

日曜日には戻ってくるそうですが・・・。

ということで、今夜も怖くない話、いってみましょう!

それでは、どうぞ~!





これは友人から聞いた話である。

石川県には一級河川が二つ存在する。

1つは主に白山市を流れる手取川。

そして、もう1つは小松市の梯川である。

河川には一級河川と二級河川の違いは、確か、管理する役所が違うということ。

一級河川が国、そして二級河川が県の管轄になるはずだ。

まあ、そういう雑学は置いておいて・・・。

彼は、川に携わる仕事をしている。

どこの機関に所属しているかは明言出来ないが、管理するのは一級河川。

その中でも彼が携わっているのは、手取川になる。

手取川といっても、その距離は長く、白山市の山奥にある手取川ダムから、美川

という場所にある河口付近まで、かなり大きな川の状態で延々と続いている。

そして、昔は、堤防などもしっかりとしたものではなく、頻繁に決壊し、

洪水となっていたらしい。

そして、洪水になると、人が流され、結局は見つからない。

それは、そのまま海に流れ出ていく場合もあるし、途中で川の底に引っ掛かり

二度と浮かび上がらない場合もあるのだという。

そして、そのどちらの場合も、かなりの恐怖と苦しみの中で死んでいくのは

想像に難くない。

だからなのだろうか?

昔から、手取川の河口では、怪異に暇が無いらしい。

手取川を管理する部署に年間掛かってくる電話のかなりの部分を、そうした

怪異を目撃したという通報が占めている。

ある者は夜釣りをしていて、突然ずぶ濡れの女に声を掛けられた。

また、ある者は昼間、河川敷の駐車場で昼寝をしていて、まるで時代劇にでも

出てくるような姿をした男達に車を揺すられた。

そして、またある者は河川敷のトイレを夜間利用した時に、用を足して、

ドアを開けると、そこには無数の男女が、トイレ内を右往左往しているのを

見たという。

そして、これから話すのは、彼が直接体験した話ということになる。

その晩、彼は事務所に残って残業をしていた。

そこに居たのは彼1人だったらしい。

時刻は既に午後10時を回っていた。

すると、突然、事務所の電話が鳴った。

慌てて、電話をとると、女の声が聞こえてきたという。

とても小さく聞き取り難い声だった。

しかし、電話の女は、彼が、

もう少し大きな声でお願い出来ますか?

少し聞き取り難いんですが・・・・。

と言っても、何の反応も無く、ただ同じ言葉を繰り返すだけだった。

それは、子供が川に流されたから助けて欲しい・・・。

というものだった。

しかし、その時の川の流れは穏やかであり、そのような事故の報告も入っては

いなかった。

だから、彼は、心の中では、まさか?

と思いながらも、電話ではしっかりとした対応をして電話を切った。

そんな事があるわけないだろう?

と彼は思っていたのだが、さすがに事故の通報があった以上は一応、川の点検

をしなくてはいけなくなる。

電話の女の話では、川に流されたのは、川の上流とのことだった。

だとしたら、もしもその電話の内容が本当だったとしても、もっと川の

上流付近に在る事務所に電話するのが本当だった。

それに、電話をかけてきた女の声の背後からは、まるで、飲み会で大騒ぎでも

しているかのような叫び声すら聞こえていた。

たぶん、酔っ払った女がいたずら電話をしてたのだろう、と思いつつ、彼は

重い腰を上げ、河川の点検に出かけた。

手取川の河口付近は、それなりに良い吊りスポットらしく、いつも夜釣り

を趣味としている人達で、それなりに賑わっていた。

それに、その晩は、川の流れも穏やかで釣りには最適だと思われた。

しかし、時刻はまだ午後10時過ぎだというのに、釣り人はおろか、近くを

走る道路、そして橋にも、一切車が通る気配が無い。

こんな日もあるんだなぁ・・・・。

と思いながら彼は河川敷を降りていく。

そして、懐中電灯を持って、川を照らしながら歩いていく。

すると、川の中に人がいるのが見えた。

彼は釣り人かと思って、

こんばんは!

と声をかけるが、全く返事が無い。

そこで、懐中電灯で川面を照らすと、そこには小学生くらいの女の子が立っていた。

驚いた彼は、

どうしたの?

こんな夜遅くに・・・。

お父さんかお母さんは?

と声をかけるが、相変わらず返事はない。

いや、返事どころか、全く反応すら無かった。

もしかしたら、川に取り残されてパニック状態になっているのかもしれない!

そう考えた彼は、思い切って川の中に入り、女の子に近づいていく。

そして、その時の水位は、いつもより、かなり低かったという。

しかし、近づいて来る彼にすら気付いていないかのように、その女の子は

無反応で、じっと海の方を見つめている。

彼は、女の子のすぐ隣まで来ると、女の子が暴れて流されないようにと、

女の子の手を掴んだ。

彼は、思わずゾクっとなった。

その女の子の手は、とても冷たく、そして何故かとても固かった。

手を捕まれて、初めてその女の子は彼の方を見た。

彼は、違和感を感じながらも、

もう大丈夫だからね!

と優しく女の子に声をかけた。

すると、その女の子は突然、彼の手を握って、もう片方の手で海の方を

指差した。

そして、

行こう・・・・。

とだけ言うと彼の手を掴んだまま、海の方へと歩き出した。

突然の展開に彼は、必死に抵抗しようとしたのだが、何故か、その女の子の

力は異様に強く、大人の男性である彼を明らかに凌駕していた。

ちょっ・・・ちょっと待って・・・・。

彼は、そう言って、その場に踏みとどまろうとするのだが、それも虚しくまるで、

引き摺られるように、強引に体を持っていかれてしまう。

もう、転ばないように引き摺られていくだけで、彼には精一杯だったという。

そして、彼の手を握っている女の子の手からは、体温というものが全く

感じられず、彼はとても気味が悪かったという。

そして、そのまま彼は海との境界線近くまで引き摺られていくと、そこで

女の子は、突然止まった。

そして、再び、海を指差した女の子の横で、彼は摑まれた手を振りほどこうと

必死だった。

しかし、女の子の手はまるで彼の手に食い込んでいるかのようにびくともしなかった。

すると、突然、

ザバーン・・・・という海から何かが浮かんでくるような音が聞こえた。

そして、彼はその光景を見てしまった。

そこには、海の中から浮かび上がってきた水死体らしきものが、自ら立ち上がり、

川の上流めがけて歩き出した一部始終が見えてしまった。

そして、それらは、彼と女の子の方へとゆっくりと歩いて近づいて来る。

彼は思わす目を閉じた。

そんなモノを見る勇気など無かった。

しかし、耳からは、それらのモノ達が、バシャバシャと川の中を歩いてくる音が

はっきりと聞こえていた。

と、次の瞬間、彼の手を掴んでいた手が離れた。

そして、川の中を歩く音も聞こえなくなっていた。

彼は、

もう行ってしまったのか?

と思い、ゆっくりと目を開けた。

すると、そこには彼の顔を覗き込むように、沢山の顔があった。

その顔は、どれも海水で膨れ、どれが目でどれが口なのかさえ、分からなかった。

そして、ちょうど、彼のすぐ前には、一際背の低いモノが立っていた。

それは、今まで彼の手を握っていた女の子である事は容易に想像できたが、

その姿は、腐乱し、白色に変色して膨れ上がった水死体としか表現出来ない

ほど変わり果てた姿を見せ付けていた。

そこで、彼の記憶は飛んでしまったらしい。

気が付くと、彼は川のほとりに腰掛けて呆然と川面を見ていたのだという。

ハッと我に帰った彼だったが、彼の耳には、相変わらず川の上流に向かって

歩いていく様な水音が聞こえたらしく、恐ろしくなって、すぐにその場から

逃げ帰った。

事務所に帰り、夢であってくれ!と願う彼だったが、彼の手にはしっかりと

小さな指が食い込んだ様な痕が残されていた。

そして、彼は言っていた。

大昔から、現在に至るまで、きっと沢山の人が、この手取川で流さて、そのまま

海に出で、命を落としたんだろう。

だから、きっとそういう人達が、元々居た場所に戻ろうとしているだけなのかも

しれないな、と。


Posted by 細田塗料株式会社 at 21:02│Comments(21)
この記事へのコメント
kさんお疲れ様です。
噂を聞いて覗いてみました。
怖面白いと、表現したらいいのでしょうか。
これからも、逐一チェックしていきますね。
ちなみに私も恐怖体験談ありますが、またの機会にお話しいたします
Posted by けものフレンズ at 2017年10月19日 21:38
Kさん、こんばんは。

冷たい雨の中、お嬢さん楽しんだのでしょうか。
風邪などひかずに、無事に戻りますように。

連れていかれそうになった彼が、連れていかれずに済んだのは、何か別の力が働いたのでしょうか。
わざわざ電話で呼び出す位だから、悪意はあるように思えます。
偶々その場にいた彼が、呼ばれてしまったのですね、

それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年10月19日 21:46
毎日の更新ありがとうございます★

お化けの方々ももうちょっと綺麗な姿で出てくれればいいのに・・・
(現実の人間とおんなじくらいの)
たくさんの水死体の顔に覗きこまれるとか、いーやーだー!

さて。
22日は第二回東京オフ会です♪
上海から上海よりさま東北からばばろあさまもいらっしゃって、
何度やっても投稿できないホテルの怪のお話を、フレンチレストランで御披露して下さる予定。
そして、Aさま、東京に!!
残念ながらオフ会にはいらっしゃらないようですが(笑)

早く闇塗怪談がAさまにバレて、読者イベントでKさまとAさまのトークショーとか開催されないかなー。
(おい・・・・)
Posted by クレア at 2017年10月19日 21:48
初めまして。
怖い話で検索したらなぜか塗料会社のブログが上位にあるので気になって飛んできました。
本当に塗料会社の社員さんが書いてて驚きました。
不思議な話たくさんありますね。
2010年に亡くなった祖父も不思議な人でした。金沢にもしょっちゅう訪れていて、ニュー三久の名付けも祖父がしたとかなんとか。
細田塗料さんともどこかでニアミスしていたかもしれませんね。
Posted by 田中幹生 at 2017年10月19日 21:48
K様こんばんわ☆連日の更新お疲れ様&ありがとうございます。

お嬢様、ディズニーランドに行かれたんですね。あいにくの雨で、ショーパレ中止で残念です。スペースマウンテン乗ったかな?コースが二種類あるから、どちらに乗ったかな?ホーンテットマンションも行かれたかな?カリブの海賊では、時々不思議な物が見えたり…。
楽しんで来れたら私も嬉しいです‼️
仮装している人が居たから、ちょっと不思議だったかもです‼️

今回のお話、昨日は山で今日は河。どちらも連れて逝かれる話。うん、山と河には行かないようにしますね。ご友人が無事で本当に良かったです。

どんどん寒くなるようですから、体調崩さないように、お身体お大事になさって下さい。

再見
Posted by マリリンミニ子 at 2017年10月19日 21:51
普通に、こ、こわい…。

字だけだからいいけど、映像にしたら絶対観ないわ〜。


釣りスポット→吊りスポット

になっているのも怖い(笑)


ウチも一級河川の近くですが、中流付近でよく死者が出ます。
河口はもっと危ないのですね、肝に銘じます。
Posted by のんたん at 2017年10月19日 22:05
kさん

今晩は。
今日も、怖すぎます。

しかも、私の先輩のかたから聞いた話に似ています。


海や川には、何かがいるのですね。
話を聞いてから、行かないようにしています。

寒い日だから
余計に怖いです。


娘さん
無事に家に帰ってきますように。

オフ会参加される方が楽しめますように。

Aさんのお話も、聞きたいですね。
Posted by やまま at 2017年10月19日 22:09
その職員の方に手を合わせてほしかったんじゃないですか。昼間の晴天の日に、他の方と一緒に、おぼれそうになった場所で線香たむけ手を合わせてあげるといいかと思います。
土木事務所勤務者からは、いろんな話を聞きますよ。河川ダムトンネル・・・。
Posted by はるた夏雲 at 2017年10月19日 23:07
こんばんは&おはようございます。
さすがにこの時間は眠いです。
しかし寝る前の楽しみ読むことをやめられません!(笑)

怖い怖い怖い…
子供の幽霊系は輪をかけて苦手です。
本当に怖いです(*_*)
私にとっては手取川と言えば日本酒!です←前も言いましたね(笑)
石川はいつかお鮨食べに行ってみたいです〜♫

ちどりんonさま
なにかあったのでしょうか〜?(;_;)
いつもみんなに明るく声を掛けてくださってたのに最近いらっしゃらなくて寂しいです!
ただ単にお忙しいだけとかなら良いのですが。。
Posted by ぴょんうさぎᙏ̤̫ at 2017年10月20日 07:00
Kさんおはようございます。

娘ちゃん帰ってきますね(•ㅂ•)/
Kさんが娘ちゃんの居ない事に寂しくなった頃じゃないですか?
(o´罒`o)ニヒヒ♡
いろいろ爆笑エピソードありそうですね…楽しみにしてます。

川は雨などで、穏やかな川から数時間で景色が変わりますから怖いですね。流されて見つからない方々が海に向かって行けてるのか?
友人様を連れてく訳ではなくて良かったですが…
体験された光景が…でも忘れちゃ行けない事なんですね。

Kさんこの場をお借りします。

中西読者リーダー様

本日20年来の付き合いがある同僚様の送別会、語り合い楽しいお酒を飲んでくださいねぇ
٩(๑>∀<๑)۶
また福岡への帰路時、台風は大丈夫なのかな?
パパン安全運転で気をつけてねぇ〜

では皆様本日も頑張りましょう☆彡
Posted by tomoa24 at 2017年10月20日 07:21
おはようございます。大監督お嬢様は雨でのディズニーランドでしたね。お土産は巨大なぬいぐるみでしょうか(笑)帰省しての一言目が楽しみですよ~我が家の娘は私と一緒に選挙の期日前投票をしてきました。学校帰りなので制服で、市役所職員と立会人の人に「高校生?初選挙だね~」と言われておりました。
今回のお話は川ですか。管理事務所があるなんて知らなかったです。何かあると電話とかかかってきて対応するんですね!川に小さい女の子が居たら対応しますよね。山に居ても川に居ても幽霊が現れる。
ぴょんうさぎ様、そういえば千葉県君様いないね~。じゃぁ、呼んでみましょう
出てこい!
Posted by いなばっち at 2017年10月20日 08:30
K様 読者の皆様

こんにちは、ばばろあです。
今日は川のお話。
そんなにたくさん仲間がいるんだから、
生きてる人間まで誘わなくてもいいだろうに(怒)
でも、彼が助かったのは、やはり護ってくれてる
方がいたのかもしれませんね。よかったです。

→けもフレ様
ぜひ、こちらで怖い話聞かせてください!

私のホテルシリーズは、明後日公開!!
Posted by ばばろあ at 2017年10月20日 08:59
いつもブログ楽しみにしています♪

美川は私の地元です(^^)v
手取川は昔、暴れ川だったので氾濫も多かったと聞きます。
子供の頃に手取川に流れ込む支流で、女の子が流されて、数年先に手取川から日本海を経て、佐渡島で見つかったという話もあったと記憶します。
また河口は、いくつかの大河ドラマでも描かれていますが、手取川の戦いで上杉軍と織田軍が合戦をした古戦場でもあり、多くの人が命を落とした場所でもあります。

そんな手取川河口ですが、釣りもできるし、夕方は夕日も綺麗、週末は子供達のサッカーを観戦でいたりと好きな場所でもありますよ。
手取川河口から日本海の波しぶきを見ていると、心が落ち着いたりもします。
今の奥様にプロポーズもしたのも手取川河口!!
怖いばかりではありません。

話のネタに一度訪れるのもアリですよw
Posted by Bikke兄 at 2017年10月20日 10:07
おはようございます。

今日のは…ちょっと、怖いですよ。

私の家…団地の側にも川が…まぁ~団地の密集地帯な所なので…生活用水?なのかも?

でも…下水道があるって事は…川?

まぁ~流れてる?と思うくらいの流れで怖い話とは無縁な感じですが。

夜は、どうしても!と思うコンビニの買い物以外は外に出ないので…。。。

コンビニの前に、エレベーターのが怖いと感じます。

えっと?今日、ディズニーリゾートですかね?昨日よりは寒くない気はしますが…海沿いなので寒いですよね?

社会人の前…高校生の時は遊びで疲れたは言わせてくれない母だった気がします。

まぁ~親からみたら勉強も…差ほど大変には見えて無いんだろうし、仕方がないですね。
Posted by にじちゃん at 2017年10月20日 10:07
営業のKさん

兵庫にいますが、今は太陽が出ています。
ただ、夜半からは台風の接近による秋雨前線の活発化で再び雨予報です。
明日は朝から福岡に向けて走ります。

今年の福岡豪雨災害でも、全ての方が親族の元に、戻る事は出来ていません、悲しい事ですが・・・。

少女は関係者のご友人に、その光景を見せたかったのでしょうか。
ご無事で何よりです。

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年10月20日 13:33
K様
手取川。
以前、ご自身のご体験でダムのお話がありましたが、それも何らかの関係があるのでしょうか?
水辺にはこの手の目撃例が多いと言う事は霊が水の周辺に集まりやすい話は本当なのでしょうね。
ただ、なぜ水、湿気、暗いとゴキと同じ環境なのか。。。
どちらも天敵!!
どちらが出現しても最悪です!
今のところ自宅ではゴキの出現しか確認出来てませんがw

中西様
兵庫はいかがでした?
私も10/7〜8は三宮にいました。
古くからの友人に会い、老舗の喫茶店や全国でも珍しいパン屋など堪能しました。始めての神戸でしたが、横浜に似ていて懐かしくもあり、関西に賑やかさも混じりで堪能いたしました。

明日からは台風の影響を受けてなのか、天気が崩れますね。。。
お気を付けてお帰りください。
Posted by dino at 2017年10月20日 18:29
K様、皆様、こんばんは!

まだ本編読めてないので、またきます。

この場をお借りして、

→いなばっちぃ様

呼ばれて飛び出てジャジャジャ〜ン٩( 'ω' )و

はいはい、参りましたよぉ!
ご用件はなんざんしょ?
え?なになに? あっ、呼んだだけですかf^_^;
も〜いなばっちぃ様に呼び出されたから、
何事かと思いましたよぉ笑
お声がけありがとうございまする〜(๑╹ω╹๑ )


→ぴょんうさぎᙏ̤̫ ちゃま

色々とバタバタが重なって、こちらにこれなかったんだけど、もうすぐしたら落ち着くのでまた改めて顔だしまーす!

そうそう、ぴょんちゃんの胃の調子は復活したのかな?
まだまだ天気悪いみたいだし、お互い体調崩さないよう気をつけようね!
声かけてくれてありがとう(๑˃̵ᴗ˂̵)
Posted by ON11✩彡 at 2017年10月20日 18:52
K様、皆様こんばんは。

海から上がってきた者たちは、
そこにいる事を知って欲しかったのでしょうかね。

助けて欲しくて電話してきたのか。
道連れが欲しくて電話してきたのか。

私は前者の様な気がします。
どちらにしても怖いですが。。


皆様台風が近づいていますので、
くれぐれもご注意下さいませ!

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年10月20日 19:08
こんばんは。
寒くなってきましたね!
そういえばON11☆彡様のお姿が見えません…
お声がけしていただいたことあるのに、そういえば私からはなかったわ!…と今 気づきました。
お忙しくされているのでしょうか?
そりゃぁ日々いろいろありますよね。またこちらにお顔を出してくださいね〜。待ってま〜す!(笑顔)
( ´ ▽ ` )ノ
Posted by かのん at 2017年10月20日 19:54
川の話と降る雨に常に人類史上の課題であり続けております治水事業について思いを致しておりました、優曇華で御座います。

お話にありますのは手取川。『上杉に逢うては織田も手取川、はねる謙信にげるとぶ長(信長)』の落首でも有名な手取川の戦いの舞台と申し上げれば日本史(特に戦国史)がお好きな方にはお判り頂けるのではないか、と。
その手取川の治水につきましては『霞堤』が土木学会によって土木遺産として認定されております。
更に日本史に於ける治水で忘れてはならないのが江戸期の所謂『宝暦の治水』です。
今から二百六十年余り昔の事で、氾濫が続いていた木曽三川の治水を幕命によって薩摩藩が請け負うのですが、ここで詳しくは述べません。
経緯の詳細は小説なら杉本苑子の『孤愁の岸』に、漫画ならみなもと太郎の『風雲児たち』3巻〜4巻に語られておりますので、御興味を抱かれた方は是非御一読下さいませ。話が治水事業なので物語としては地味な内容かも知れませんが、大変興味深い話で御座います。

扠、川と言えば三大妖怪のひとつにして日本の水怪の代名詞『河童』。
以前にも書きましたが、河童は追いかけるとキリがない存在で御座います。
海を渡って『黄河の神・河伯』へと向かえば陰陽五行思想から道教どころか『儒教』の『儒』の原型である雨乞い(例えば舞雩(ぶう)について)などが絡み、国内で辿れば『図像の変遷』を手始めに『固有名詞を持つ河童』(九千坊や禰々子)『異名同類の水怪たち』(ガラッパ・エンコウ・カワタロウなど)、悪事の詫びとして残された『膏薬』や『証文』に『山の神との関わり』、そして『異常出産と間引き』などといった現代にも根強く残る『差別問題』にも触れざるを得なくなる厄介さ。これを小出しに語るとなると、恐らく年単位の時間が必要になってしまいます。

江戸期の治水と河童についての上っ面の話とは誰得なのかと語った当人が首を捻りつつ、ひとまずこの辺りで失礼させて頂きます。
ではまたいずれ……
Posted by 優曇華 at 2017年10月20日 20:12
K様、皆様、こんばんは!

川のお話。怖いです。前にお話ししたような気がしますのではしょりますが、自然の力と霊さんの人ではあらがえない力が重なる時があります。あまりにも人は無力だと感じる瞬間ですね。私が小学生の時に、文字通りカッパの川流れを経験して、少しトラウマです。
とゆーことで、河童のお話きましたね。

この場をお借りして、


→優曇華サマ

河童って、知名度あるだけあって歴史もまた深いんですね。儒教の原型の雨乞い~って、孔子が河童?と間違って解釈してしまったのは内緒です。
それにしても、舞雩って言葉になぜか魅力を感じてしまいました。
Posted by ON11✩彡 at 2017年10月23日 00:49
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count