› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 見附島という所・・・・・。

2017年10月20日

見附島という所・・・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆さん、今日も1日お疲れ様です!

うちの娘がようやく修学旅行から

帰ってきました!

妻から娘を金沢駅まで迎えに行くように言われ、

仕事帰りに迎えに行きました。

で、帰りの車の中で、

福島県は何が良かった?と聞くと、

喜多方ラーメン!

仙台は?

牛タン!

東京は?

もんじゃ焼き!

・・・・・・・・・。

食い物しか記憶に無いんかい?

そして、無事、自宅に戻ってきた娘は、

妻と一緒に焼肉を食べに行きました!

お父さんを1人残して・・・・・(涙)

ということで、今夜も怖くない話、いってみましょう!

それでは、どうぞ~!



これは俺が体験した話である。

石川県の奥能登地方に見附島という観光地がある。

同じ観光地である恋路海岸からも近く、今ほど観光PRが盛んでなかった

当時でもそれなりに観光客が大勢訪れていた。

しかし、それも昼間の話である。

夜ともなると、明かりは遠くの外灯くらいしかなくなり、一気に暗闇

が支配する空間に変貌する。

実はその時は、友人と2人でその場所を訪れた。

何をしに出かけたか、と言えば、勿論、怖いモノ見たさ、ということになる。

実は、心霊好きの間では、この見附島と恋路海岸は、密かに心霊スポットとして、

有名だった。

ただ、実際には恋路海岸に先に訪れてみたのだが、やはり恋人のメッカという

こともあり、夜だというのにカップルが点在していた。

それで、やむを得ず、見附島に目的地を変更したのを覚えている。

見附島に到着すると、まずその暗さに圧倒されてしまう。

暗闇の中に波の音だけが響き、そして、前方には大きな見附島がぼんやりと

見えており、その島の形がまるで軍艦のようであり、俺達は圧倒されてしまう。

それでも懐中電灯片手に海岸へと降りていく。

海岸へ降りると、更に波の音が大きく聞こえ、そして、前方にそびえる

見附島もより一層大きく見えた。

暗闇の中だといつもとは段違いに見附島が大きく迫ってくるように見える。

俺達はとりあえず、懐中電灯を片手に辺りを散策した。

それは、まわりにカップルさん等が居ないかどうかを確認する為に。

やはり、カップルさんの甘いひと時を邪魔したくはなかったから・・・。

辺りをぐるっと回ってみるが、カップルの存在は確認出来なかった。

そして、その頃になると俺たちの目も、しっかりと暗闇に順応し、それなりに

視界が確保できるようになっていた。

そこで、当初の予定通り、見附島に向かって歩き出した。

実は、見附島という島には、石で出来た足場が続いており、砂浜から見附島まで

海の上を石段を進む事で近づく事が出来る。

ただし、途中の石が水中に浸かってしまっている事から、昼間は誰もそこを

渡って見附島まで行こうとはしない。

それは、俺達も同じで、理由は単に恥ずかしいから、というものだった。

だから、そこに来た目的のひとつが、誰も居ない状態で、心置きなく、石段を

歩き、見附島までたどり着いてみたいという事だった。

俺達は、ズボンを膝まで捲り上げ、ビーチサンダルに履き替えて、石段を歩き出した。

その時は、そこそこ波も荒く、暗闇の中ですぐ近くから聞こえる波間の音は、

それなりに迫力もあり、なかなか足が前に出ない。

それでも、後ろからついてくる友人に急かされるように、前へと歩いていく。

今、ここで海に落ちたら、深さはどれ位あるんだろうか?

そして、そのまま波にさらわれてしまう事はないのか?

などと声をかけあっていたが、実は俺が一番恐ろしかったのは、そうではなかった。

何かが海の中に居るような気がしていた。

真っ暗な海の中を歩いているから、そんな風に感じたと思うかもしれないが、

その時、俺は確かに、海の中から見つめる視線のようなものを感じていた。

海の中に沈んだまま、海の上を歩いていく俺達を見ている何かを・・・。

そんなだったから、一歩進むたびに、ついつい前方の見附島よりも、左右に広がる

海の方ばかりを気にしていた。

そして、いつのまにか、俺達は、見附島にかなり近い場所にある、石段が海の

中に沈んでいる場所まで来てしまっていた。

友人が言った。

ここからが、いつも進めないんだよな・・・。

まあ、濡れるのを覚悟しなくちゃいけないんだからな・・・。

どうやら、友人には、海の中から、こちらを見つめている得体の知れない視線

を感じられてはいない様だった。

そして、俺が先頭で、いよいよ水中に沈んでいる石段に足をかける。

夏という事もあって、水はさほど冷たくはなかった。

しかし、どこか冷たさと生暖かさが混じったような海水が気持ち悪くて、俺は

そそくさと、海中に沈んでいる石段部分を渡りきろうとした。

視線は、左右の海に釘付けになっていた。

そのとき、後ろを歩く友人が大声を上げた。

おい!あれなんだ?

俺は友人が指差した方をまじまじと見た。

すると、そこには、暗闇の中に誰かが立っていた。

俺たちと同じように、見附島から砂浜に向かって歩いてきたのか、石段の上に立ち、

俺たちの方をまっすぐに見ていた。

まるで、雅楽の舞のような着物を着た何かが、俺が立っている石段のほんの5メートル

ほど先の石段の上に立ち、微動だにしていない。

あまりに動かないので、あまりにも現実味が感じられなかった俺達は、懐中電灯で

前方のソレを照らしてしまった。

すると、其処に立っている者の全貌が見えた。

やはり雅楽の舞の時に着るような着物を身にまとい、顔には真っ白なお面をつけた

背が高く細身の人型のモノが、じっとこちらを見据えたまま立っていたのだ。

見附島は当然無人島であり、こんな夜更けに島から戻ってくる者など居るはずも

なかった。

もしも、そんな者がいるとしたら、それは人間ではなく、別の何かとしか

考えられなかった。

すると、突然、前方の何かが動いた。

俺達は、ソレが俺たちに向かってくるに違いないと思い、思わず

ヒッ!

と声を上げてしまった。

しかし、次の瞬間、それはまた動きを停止してしまった。

そして、再び、少しだけ動き、また止まる。

まるで、ロボットの動きを模写しているような動き方だった。

しかし、その動きは俺達を恐怖に底へと突き落とすには十分な恐ろしさだった。

俺達は、どちらかが言うともなく、今来た石段を砂浜に向かって戻り出す。

先ほどのモノに背中を向けるのはどうしても恐ろしかったので、横向きに

移動した。

その間、ソレは、じっとして動こうとはいない。

俺達は、今のうち、と思い、恐怖が固まった足を何とか前へと進める。

その時、海の中から異変が起きた。

何かが海の中から突き出してきたのだ。

そして、それは、紛れもなく、古い着物を着た人間らしき者達であり、それが、

ゆっくりと音を立てない様に、海から起き上がるようにして出てきた。

先ほどまで荒れていた海はピタッと波も収まり、その静けさの中で、それらのモノ

達の体から落ちる水滴が、海の中へ落ちる音さえ聞こえるような気がした。

そして、それらは、男と女が交互に壁を造るようにして、俺達が戻ろうとしている

石段から1メートルくらい離れた両脇にびっしりと立っている。

俺は、思わず、

見るな!

と友人に大きな声をかけた。

それらを直視してはいけない・・・そんな気がしたのだ。

すると、今度は背後、つまり見附島の近くの石段の上に立つ何かが、得体の知れない

歌を歌いだした。

雅楽のメロディーとも違う、不協和音だけで構成されたような気味の悪い音。

そんなメロディーと聞いた事のない言葉を合わせたような歌が背後から聞こえた。

俺は、それを聞いた途端、とてつもない睡魔に襲われてしまう。

そして、それは前方を歩く友人も同じだったようで、完全に歩くのを止めて、

呆然と立ち尽くしていた。

このままでは・・・・。

そう思ったとき、突然、頭の中で

寝ちゃダメだよ!

という子供の声が大きく響いた。

そして、それを聞いた途端、俺の眠気は完全に消えてしまった。

俺は急いで前方に立ち尽くす友人へと駆け寄り、手を引っ張るようにして、

砂浜まで走った。

そして、何とか砂浜までたどり着いた俺達は、思わず、そのまま倒れ込んでしまう。

我に帰ったような顔の友人と2人で、恐る恐る背後を確認する。

しかし、そこには、もう何も見えず、ただ、静かに皆が打ち寄せているだけだった。

まるで、キツネにでも化かされた気分のまま、車まで戻った俺達は、そこで

再び、固まってしまった。

そこには、砂のついた手形が、車のウインドウの至る所についていた。

それも、つい、今しがた、付けられた様な手形だった。

俺達は、急いでフロントウインドウの手形だけをふき取り、急いで車を

発進させ、その場から逃げた。

その後、怪異も起こらず、金沢まで無事に帰ってきた俺達だったのだが、

それから、俺と友人の2人は、揃って数日間、高熱に苦しめられる事になってしまう。

ちなみに、その時乗っていた車は、何故か車のいたるところが、まるで海水にでも

浸かったかのように錆びてきてしまい、結局すぐに手放す羽目になってしまった。


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:43│Comments(22)
この記事へのコメント
今日も
ありがとうございます。
興味本位で、出掛けると、、、出会ってしまいますよね。
怖い事に。
私も、若い頃
何度か、友人と出掛けて
怖い思いをしたので、それ以来
体験談を聞いたり、読むだけになりました。

今日も、お話しありがとうございました。

オフ会
楽しんできて下さい。
娘さんが無事に帰宅されて
よかったですね。

福島のホテルでの話
楽しみにしています。
Posted by やまま at 2017年10月20日 21:05
K様、執筆お疲れ様です。

そして皆様こんばんは!

いつか見たLINENEWSで調べて以来、お話を拝見させて頂いております。
コメントは初めてです!

今回も凄く怖かったです。
お話の中で、歌が聞こえてきた、とありましたが、これまでの話を見る限り、幽霊には人を眠らせる力があるのでしょうか…
そう思うと恐ろしく思います(泣)

またの投稿を楽しみにしております!
Posted by おれんじ at 2017年10月20日 21:23
K様こんばんわ☆連日の更新お疲れ様&ありがとうございます。

お嬢様、修学旅行を楽しんで来られたようですね。ラーメン、牛タン、もんじゃ焼き、そして〆は焼き肉。良いなぁ。ディズニーはどうだったのかな?滞在時間短かったようだし、雨だから慌ただしかったでしょうね。今夜はゆっくり休んで下さいって、伝えて下さいませ。

お留守番のK様は、ファミリーマートのおでんいかがですか?今、70円、100円セール中ですよ。

今回のお話、山、河、そして海ですか………。うん、海に行くのも止めておこう。兄と海に行った時に、波に拐われて、死ぬ所でした。兄が居なかったら、私は死んでいましたね。しかしこの意味不明な化け物達は、いったい何者なんでしょうかね。K様を救った子供は、K様の守護霊でしょうか?ご無事で本当に良かったです。

ちなみに舞浜の某海には今、ヴィランズが1日3回出てきます。此方は美しく、エレガントですよ。ハハッ

気温の変化が激しいので、体調崩さないようにお身体お大事になさって下さい。

再見
Posted by マリリンミニ子 at 2017年10月20日 21:33
Kさん、こんばんは。

島の神ですかね、特に引きずり込まれるとかは、無かったようなので。
ただ、部外者には来て欲しくは無かった、と言うところっしょうか。
手の跡や熱がでた事、車の錆は警告だと感じました。

しかし、同じ話でも活字で見るのと、画面で見るのでは怖さが違うのは何故でしょう。

それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年10月20日 21:43
kさま、こんばんは✨
娘さんの修学旅行…無事楽しんでこられたようで、良かったですね
美味しい食べ物に出会え、更に焼き肉を食べにお出かけとは…(笑)羨ましい

さて、今回のお話…夜の海…もうそれだけで怖かったです!
「寝ちゃダメだょ…」の、声に救われ…kさまもお友達も助かって、本当に良かったです!
川も海も…山も…夜も…
あ〜怖すぎます!
どうか、夢に出ませんように…
Posted by ひまわり at 2017年10月20日 21:47
営業のKさん、こんばんは。
娘殿、東京に来たんですな。
もんじゃ焼き、美味しいですよ。
今度はご家族で来ておくんなさい。
美味しいもんじゃ焼き、ご案内させて
いただきますよ。
オイラのカレーべビスタめんたい
もんじゃスペシャル、
ご馳走させていただきます。
今日も怖くないお話、
お疲れさまでした。
Posted by 一郎 at 2017年10月20日 21:53
K様、娘さん修学旅行では食事を満喫して楽しそうですね。
Posted by 二階堂二千夏 at 2017年10月20日 21:56
K様、皆様こんばんは!

お嬢様無事に旅を楽しまれたようで(o^^o)
しかし、何故K様はお留守番?(笑)
お嬢様のお話も楽しみにしております!

見附島をWebで見ました。
凄い迫力ですね。。
軍艦島と言われるのも納得です。
しかもすぐそばにキャンプ場がありますね(汗)
夜中何か見えるかな(((;゚Д゚)))

あそこを真っ暗な中渡るのは怖いですね〜
逃げ場がないですからね(>_<)

しかし助けてくれたのはK様の守護霊様でしょうか。
守護霊様が声をかけてくださるという事は、
本当に危なかったのでしょう。。
K様とご友人が無事でなによりです。

今日もお話ありがとうございました。
m(_ _)m

それでは失礼致します!
Posted by まってぃん at 2017年10月20日 22:01
Kさん 皆さん今晩は
見附島ですか‼︎以前していた添乗員で能登の旅での
最後に立ち寄るのが決まって鍋乃と助三郎の悲恋の
恋路海岸と見附島界隈であった事を思い出しました。
昼に観る見附島は珪藻土の色も照り映えて幸せの鐘を
鳴らす人たちがいるイメージですが、夜は出るのですね!
いつもKさんの怖くないお話楽しみにしております。
もちろん闇塗怪談も読ませていただきました。Ⓜ️より
Posted by 二回目の投稿Ⓜ️です at 2017年10月20日 22:08
こんばんは!大監督達が無事でなによりです!眠っちゃダメだよ!の声は大監督なのでしょうか?生まれる前や後にしろ!で、12万がどうなったか気になる(^ω^)
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2017年10月20日 22:52
お久しぶりです(*´꒳`*)
怖くて新刊が買えなかったはなです(笑)
Kindleで購入しようとしたところ、
買い方がわからず四苦八苦した挙句、
やっとのことで購入させて頂きました(笑)

サインが貰えるなら書籍で買ったほうが良かったのかな?
と今更ながらですがね(笑)

今回のお話、夜の海って凄いですね!
さすがKさんですね。フツーの人なら絶対近寄らないと思うんですけど(笑)
寝ちゃダメって聞こえた子供の声って
守護霊のお姉さんの声ではないですか?

護ってくれる人がいるなんて幸せですね(*´꒳`*)

また次回の怖くない話 楽しみにしています♪
Posted by はな at 2017年10月20日 23:21
Kさま

今日も一日お疲れ様でした!
娘ちゃんは楽しい旅行だったようで、良かったですね〜〜!ふふふ
文春の記事、病院のコンビニで読みました!お〜〜、と、感動してしまいました。
毎日、楽しみにしています!
Posted by くみくみ at 2017年10月21日 00:23
金沢に行ってみたくなりました。
これは(ある意味)よい観光アピールになるのでは。
…行った結果どうなるかはわかりませんが…
Posted by 名無し at 2017年10月21日 00:45
 K様、皆様、お疲れ様です。

本日は上海からでは無く、日本の自宅からです。
やっと日本に戻って来たのですが、その足で出社し、所用を済ませた後、本屋をまわったのですが全て売切れで取寄せになるとの事。

K様、おめでとうございます!(パチパチ、拍手のつもり)
K様の野望も実現間近かかも(笑)

娘さんも修学旅行を終え、無事に帰宅されたそうで。
オバケの出ると言うホテルでは見なかったのでしょうか?
K様のおみやげは何だったでしょうか?
たくさん食べたみやげ話だけ?

まあ、元気に帰って来て何よりですね。

今日の話、やっぱり海は怖いです。(涙)
絶対、ひとり、ふたりでは行きません!
(たとえ、美人の女の人とでも)

連日の更新でお疲れではないですか?
台風も接近していますので、お気をつけて。
お身体、ご自愛ください。

明日は東京だ(笑)
Posted by 上海より at 2017年10月21日 01:52
営業のK様

今回も更新有り難う御座います。
早速、掲題の島ググりました。
内容のお話よりも
この場所へ深夜に行く方が怖いです。あり得ません(笑
どんだけおばけ好きなんでしょうか。
助けてくれたのはお姉さんなんですかね?
あまりコメントしませんが毎日見ています。
今後も宜しくお願い致します。
Posted by OSN43 at 2017年10月21日 03:48
おはようございます。お嬢様、お帰りなさい。楽しい食べ物のみの修学旅行の思い出笑えるなぁ~そして焼き肉はお父さんは除け者、可哀想にね~心配しないで我が家と一緒だから(笑)

千葉県君様。
出てきた、出てきた(笑)忙しく元気そうで、他の方も心配してくれてますよ。ヨッ!人気者とおだてておこぅー。
用はないから ハッハッハー

今日のお話は歩いて行ける小さい島ですか?私の住んでる隣の市でもありますよ!そこは橋があります。女の神様が奉ってあるのでカップルは破局すると言われてますが!
その島の幽霊は守り神なのか、悪霊なのかしら?子供の霊が来ちゃダメっていったんだから曰く付きなんでしょうね~
Posted by いなばっち at 2017年10月21日 07:12
はじめまして、過去記事全部読みやっと追いつきました。
いつも仕事のお昼休憩に楽しみに拝見しております、本も買いにいこうと思っておりますが、お仕事がバタバタで早く読みたい(笑)
Posted by MISAKI at 2017年10月21日 12:47
こんにちは。が…過ぎようとしている時間です。

海も怖い。

もう…行ける所が無いくらい。

山は…山で…。。。

はぁ~。。。タメ息ですね。

とりあえず、今は新番組でTVと友達です。

ドラマじゃなくてアニメですけど。

最近は原作ノベライズなども読もうかと。
Posted by にじちゃん at 2017年10月21日 15:41
今回も恐怖のどん底に、叩き落とされて貰いました。
このあと妹にこの話をしてあげようと思うのですが、きっと海に行きたくないと言うので、やめておきます
最後になりますが、kさんお疲れ様です。これからもこの私を震え上がらせて下さい
Posted by けものフレンズ at 2017年10月21日 16:41
Kさんこんにちは!

文面からも娘ちゃんが帰って来た喜びKさんの小躍りがみえましたね。
=ャ=ャ(・∀・)=ャ=ャ

福島!仙台!東京を堪能できて良かった
ε-(´▽`) ホッ
旅の土産話が聞けて良かったです。www
(˶‾᷄ ⁻̫ ‾᷅˵)

若き日のKさんは確認しないと気が済まない探求家だったんですね…
夜の海は無理ッス!海沿いのホテルも苦手だなぁ波の音が気になり寝れないです
(秒で寝れない…2分かかるかな…ちょっとカッコつけたけど寝れます)
立入っては行けない場所はあるんですね。恐怖のズンドコから回避でき、高熱だけで済んで良かったです。
守護霊のお姉さんに感謝ですね。
(人´∀`*)
Posted by tomoa24 at 2017年10月21日 17:20
K様、皆様、こんにちは!

海が絡むとやはり一味違う怖さがありますね。齢を重ねるにつれ、
海への畏敬の念が強くなるばかりです。
今回の話を読んでいて、子供の声とはK様のお姉様のことだと思って読んでました。どちらにしろ、良い霊さんに助けられて良かったです。


この場をお借りして、

→かのん様

お声がけしていただきありがとうございます!
不運は重なるもので、本日は右肩を痛めたりと踏んだり蹴ったりですが、なんくるないさ〜の精神でどうにかやってます笑

最近、ホッと珈琲が飲めてないですが、かのん様は毎朝楽しめておりますか?
ほんのわずかな時間でも、大事にしないとなぁ〜、と思う今日この頃です(*^ω^*)


→いなばっちぃ様

雑な感じだけど、そーゆーのも嫌いじゃない笑
皆様、優しくて涙がちょちょぎれそうでーす!

そういえば、新しくできたファミマのスイーツは捗っておりますか?
Posted by ON 11✩彡 at 2017年10月21日 18:03
営業のKさん

無事に自宅に帰りました。
中々、有意義な出張となりましたよ。
台風前夜、雨戸が軋みます。

チャレンジャーですね・・・そこに怪異があるから確かめる、納得です(汗
そんなKさんとご友人に乾杯!
しかしながら、その島にその通路に、どんな歴史があるのでしょうか?

それでは、次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。

この場のお借りして

上海よりさん

帰国されたのですね・・・七海ちゃんも一緒にですか?
でしたら、違う環境に戸惑う事でしょうね・・・過度のストレスにならなければ良いですが。
我が国日本を堪能下さい、また台風が近づいております、ご注意下さい。
それでは失礼します。
Posted by 中西 at 2017年10月21日 18:15
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count