› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 実家には帰らない・・・・。

2017年10月21日

実家には帰らない・・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆さん、お疲れ様です。

中西様も無事に兵庫から戻られたようで

何よりです。

そして、ミニ子さんも、不思議な松茸を食べて

ハイになられているようで、素晴らしい限りです。

本日、うちの娘の修学旅行のお小遣い12万円の

行方を調べたところ、結局、1万5千円しか

使ってこなかった事が判明しました。

案の定、私にはお土産無し(涙)

だからといって、渡したお小遣いを返して貰おうとは

思いませんが、現在、妻と娘の間で、トップ会談が

行われております(笑)

いったい、娘の元に幾ら残るのか、楽しみです(笑)

でも妻は最強ですので、今から娘の泣き顔が

目に浮かびますけどね・・・・。

今日も妻と娘だけでスシローに行ってきたみたいなので、

私はこれから1人でゴーゴーカレーでも

食べに行ってきますかね(泣)

ということで、今夜も怖くない話、いってみましょう!

なんども申しますが、私の話を読んでも、霊障は

起こりませんのでご安心を!(笑)

それから、せっかくサイン専用のペンも買いましたので、

ご希望の方は、文庫本、お送りください。

それくらいは、しないとバチか当たりますので。

その際は、申し訳有りませんが、レターパックの中に

返信用のレターパック(書き込み済)も同梱してくださいませ。

金箔の栞は付けられるかどうかは微妙ですが・・・。

それでは、どうぞ~!




これは俺の友人の話である。

彼女は、ずっと金沢市内で育った。

そして、大阪の大学に行く為に、4年間実家を離れてアパートに住むように

なった。

初めての1人暮らしはなかなか大変だったが、やはり大阪という土地柄、

楽しい事も多く、大学とバイト、そして恋愛に明け暮れた後、彼女は

金沢へと戻ってきた。

そして、今は地場にある企業に勤務している。

しかし、何故か金沢に戻ってきても、アパート暮らしを続けている彼女は、

経済的に苦しく、本業とは別に、休みの日などはバイトに精を出して

なんとか生活を維持していた。

だから、そんな彼女を見て、周りの友人達はこぞってこう言うらしい。

そんなに苦しいんなら実家で暮らせば良いんじゃないの?と。

しかし、彼女にはどうしても実家で暮らせない理由が在るのだという。

そして、これから話のが、その理由に関する話である。

彼女が大学生活の4年を過ごした後、金沢に戻るにあたり、最初は

実家に戻ろうと思ったそうである。

実は彼女は大学の4年間、一度も実家に戻らなかった。

授業も忙しかったし、何よりバイトで責任あるポジションを任されていた彼女は、

大学が休みになってもバイトのローテーションを外してもらえなかった。

だから、実家に戻らなかったのであって、決して実家に居る家族と折り合いが悪い、

という事ではないのだという。

だから、大学生活が終わると、まず最初に引っ越してきたのは実家だったという。

そして、自分の部屋に入った時、なんとも説明のつかない違和感があった。

それでも気にしないで生活を始めるのだが、どうもおかしい。

大学に行く前までは、普通に寝て起きてのんびり出来た筈の自分の部屋が

まるで異世界に1人ポツンと取り残されたような不安感しか感じなくなった。

しかし、家族にそれを言っても、全く理解して貰えず、以前と何ら

変わっていない、と断言されてしまう。

それでも、その部屋で生活するようになってから、彼女は悪夢にうなされ、

そのせいか、食欲も無くなってしまい、どんどんと痩せていった。

これではいけない、と思い、思い切って部屋の大掃除をし、模様替えを

している時に、彼女はある物を見つけてしまう。

それはベッドの下に張りつくようにして広がっていた無数の長い髪の毛

だった。

彼女は、それまで肩より長く髪を伸ばした事は無かったし、何より

その髪の長さは異常であり、まるで普通の身長ならば、軽く地面に

届いてしまう程の長さだった。

そして、その髪の本数もあり得ないほどに多かった。

だから、彼女はすぐにそのベッドを処分し新しいベッドを買った。

それからはしばらくの間は悪夢にうなされる事はなくなった。

しかし、それもほんの数日の間だけであり、すぐにまた悪夢にうなされる

様になってしまう。

そして、彼女が、もしかして?と思いベッドの下を覗いてみると、またしても

大量の長い髪の毛がベッドの下に張り付いていた。

しかも、今度は、ベッドの下から、見たことも無い櫛が見つかる。

ほんの数日前の大掃除の時には、そんな櫛は絶対に無かったという。

だから、彼女は翌日には、このベッドも処分しようと決めて、その夜は

そのまま眠りに就いた。

そして、真夜中に目が覚めた。

時刻は午前3時頃だったという。

シュッシュッシュッ・・・・。

そんな音が聞こえていた。

彼女は暗闇の中で目を凝らすと、どうやら誰かが彼女の部屋にいる。

誰?・・・・お母さん?

彼女はそう声を出そうとして思わず口をつぐんだ。

そこに居たのは、とてもか細い和服を着た女に見えた。

彼女の家で、和服を着る者などいない事は明らかだったし、何よりも、

その女から伝わってくる気配はとてつもなく暗く重いものだった。

見てはいけない・・・。

彼女はそう思い、そのまま布団に潜り込んだ。

しかし、恐怖と緊張で寝られるはずも無く、結局朝まで布団に包まったまま

起きていた。

自分では恐怖でベッドから出られず、結局、母親が起こしに来るまでベッド

から出られなかった。

そして、そのまま仕事に行ったのだが、どうも体調が悪い。

彼女は仕事を早退して、自宅に戻った。

彼女の家は、家族全員が働いている為に、昼間は誰も居ない。

さすがに自分の部屋で寝るのは恐ろしかったので、彼女はリビングの

ソファーで横になった。

そして、ウトウトしていると、何処からか歌のような物が聞こえてきた。

彼女は、泥棒かもしれない!と思い、護身用としてリビングに置いてあった

ゴルフクラブを持って、リビングを出た。

すると、どうやらその歌声は2階から聞こえてくる。

彼女は、万が一の為に玄関の鍵を開け、いつでも何があってもすぐに

逃げられるようにしてから、2階に向かって大声で叫んだ。

誰かいるんでしょ?

出てきなさい!

しかし、2階からは何の反応も無かった。

そうなると、さすがに確かめなくては、尚更怖くなってしまう。

彼女は、玄関のドアを開け、そして2階へ上がる階段の横にある窓を

開けたままの状態にして、わざと大きな足音を立てながら階段をのぼった。

しかし、2階からは相変わらず、誰かが逃げるような音は聞こえず、歌声だけが

聞こえてくる。

2階まで上りきった彼女は、そのまま廊下を進む。

すると、その歌声は、どうやら2階にある彼女の部屋から聞こえてくる。

それは歌というよりも、子守唄のように聞こえた。

ただし、それまで聞いた事の無い歌であり、曲調もとても暗かった。

だから、何故彼女がその歌を聞いて子守唄だと思ったのかは分からないが、

とにかく直感的にそう感じたのだという。

彼女は、そのまま1階へ戻ろうかとも思ったが、そんな事をすれば、

尚更、恐怖感が増してしまう。

それに、一連の違和感の原因がもしかしたら判明するかもしれない、という

気持ちが彼女の行動を後押ししていた。

彼女は、おもむろに自分の部屋のドアの前に立つと、大きく深呼吸した。

そして、木製のドアを一気に手前に引いた。

声が出なかった。

そこには、彼女の部屋の床に正座したまま、彼女の方を向き、そして

櫛のようなもので、髪をといている女がいた。

正座した状態の髪の毛は床一面に広がり、1櫛いれる度に、その長い髪の毛が

大量に抜けて床の上に落ちていった。

そして、その女は真っ白な着物を着て、背筋をピンと伸ばしたまま正座し、

カッと開かれた大き過ぎる目がギラギラと光っていた。

そして、その口からは、先ほどから聞こえていた子守唄のような歌が

唄われていた。

それは、ただ其処に座っているというよりも、何故か彼女に対して

憎しみのようなものをぶつけてきている気がした。

しばらく、その様子を呆然と固まったまま見つめていた彼女だったが、突然

その女が立ち上がるような素振りを見せた途端、一気にドアを閉め、

階段の方へと走った。

追ってくるな・・・・追ってくるな・・・・。

そう心の中で念じながら。

だが、彼女が階段を降りかけた時にふと、廊下を見ると、まさにその女が

ドアを立ったまますり抜けて廊下へと出てくるのが見えた。

彼女は必死に階段を駆け下りると、何故か開けておいた筈の窓も玄関も

閉まっていた。

それでも、彼女は、必死に玄関までたどり着くと、ドアノブに手を掛けた。

しかし、ドアは何故か全く開かなかったという。

別の場所から早く逃げなくては!

そう思い、リビングの窓に向かおうと振り向いた時、彼女の視界が

遮られている事に気付いた。

そして、それは、あの女が彼女の前に立っている為だ、と分かるのに

時間は要らなかった。

恐ろしい形相で彼女の顔を睨みながら、顔を近づけてくる女。

その瞬間、彼女は意識を失った。

そして、それから数時間後、玄関で倒れているところを、帰宅した

母親に発見されて、すぐに救急車で病院に運ばれた。

結局、気が動転している以外、どこにも異常は見つからず、彼女はすぐに

自宅に戻る事が出来た。

しかし、それからは、友達の家に泊めてもらいながら、安いアパートを探し、

彼女はすぐに引越しをした。

そして、それ以後、一度も実家には戻っていないのだという。

ただ、彼女以外の家族には、怪異は全く起こっておらず、家族は、きっと

熱で悪い夢でも見たのだろうから、戻っておいで!と言ってくれるらしい。

しかし、それ以後も、実家に電話した際には、紛れもなくあの時に

聞こえていた子守唄が受話器の向こうから聞こえてくるのだという。

だから、彼女は、今後も実家に帰る事はおろか、近寄る事も無いだろう、と

寂しそうに話してくれた。


Posted by 細田塗料株式会社 at 19:34│Comments(21)
この記事へのコメント
こ・・・怖いです・・・。
今までなんともなかった実家の部屋が急におばけに占拠されてるとか!
どこからわいたんだろう・・・・。
不法侵入です。

さて、明日は台風が来ていますが、第二回東京オフ会です♪
フレンチを食べながら、怖い話を楽しみましょう!

何かありましたら、オフ会連絡ページまで★
(私が時間になっても来なかったら、たぶん迷子になっています)
Posted by クレア at 2017年10月21日 19:54
K様こんばんわ☆連日の更新お疲れ様&ありがとうございます。うふふ

お嬢様、全部使わないなんて偉いですね‼️15000円だけなんて、倹約家ですよ。私なんてミッキーマウスに幾ら貢いでる事やら。・゜゜(ノД`)

ゴーゴーカレーも良いですが、ファミリーマートのおでんも宜しくお願い致しますm(__)m

今回のお話、実家に棲み憑いた神長女、気持ち悪いですね。いったい彼女に何の怨みがあるんでしょうか?
早く消えて欲しいです。

サイン………欲しいですが、毎日持ち歩いていたら、ちょっと傷んでしまいました。でも私の宝物です。御守りです。何故か側にあると安心します。実はディズニーにも持って行っているんですよ。うふふ、あはははは。

失礼致しました。

台風接近中ですが、皆さま体調崩さないように、お身体お大事になさって下さいませ。

水辺、山は要注意ですよ‼️

あっ実家も?
Posted by マリリンミニ子 at 2017年10月21日 20:32
Kさん、こんばんは。

四年の間に何者かが居着いたようですね。
縁も所縁も無い者が、どのような理由で居着いたのか解りません。
何が目的か彼女だけに的を絞って、悪さをするのですね。

そろでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年10月21日 20:38
K様皆様こんばんは

台風がどんどんと近づいてきておりますが、皆様大丈夫でしょうか?

私の家の前が、すぐに川になっているので、少し不安ではありますが…。

今回のお話、なんだかとても悲しい気持ちになりました。
自分の実家に入れないだなんて、理不尽ですよね。

どうして、そんな女の人の怒りをかってしまったのでしょうか?

私も気を付けないと!と思いますが、一体何に気を付ければいいのやら??

どうにかして、Kさんのお友達が、笑ってご実家に入ることができますように。

また、後日談などあったら、知りたいです。

では、皆様お身体ご自愛くださいませ。
Posted by ぷぅ at 2017年10月21日 20:48
こんばんは!大監督のお金は大学用に貯金しては?さてさてそれにしても自分が留守の間に居座る幽霊なんてきいたことないですよね?それに家族も住んでるのに!ひよっとしてご先祖様なのかな?もしまだ解決してないならやっぱりAさんの登場を願うばかりです(^ ^)
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2017年10月21日 21:34
K様、皆様こんばんは!
そして更新お疲れ様です✨

やっと闇塗怪談を読み終えました〜!
ホッコリしたものや背筋が凍るもの、様々なお話があり、読んでいて楽しかったです!私的には笑い女、金沢市のバス停、迎えに来るモノ、が印象に残りました。

久しぶりに実家に帰ったら幽霊さんが住み着いていたとは…原因があるのでしょうけれど、謎ですね…
お友達様がまたご実家に帰れる日が来ますように。


明日頃に台風が近づいてくるみたいなので、皆様お気を付けて下さい!

それではまたのお話、楽しみに待っています!
Posted by おれんじ at 2017年10月21日 21:54
こんばんは。奥様とお嬢様殿闘いは、どちらが勝つでしょうか!そりゃぁ~お母さんに勝とうなんて甘いわな(笑)でも、高校2年ならそろそろ社会(就職、進学)に出る準備のために自分でお金を管理する練習もよいかと思いますが!きっと、絶対にお嬢ちゃまはゲームかコスプレグッズを買うんでしょうね(泣)
 
千葉県君様。
ファミマはオープンの時に特売のシュークリーム五個買って3個は私が食べた(笑)最近は町内のお祭り、市民館祭り、市の祭りと続いてるので食べまくり。

今日のお話は家に、それも四年間住んでなかった自分の部屋に霊が住んでしまった。家族には見えないって悪霊なのか?先祖の霊が怒ってるんですかね~実家にも帰省できないじゃ困りすよねダラダラ、ゴロゴロ、上げ膳据え膳してもらえない。可哀想に
Posted by いなばっち at 2017年10月21日 21:56
営業のKさん

往復、約1200キロ、無事に帰宅出来ました。
湿り気を含んだ風に流される灰色の雲が、空を覆う福岡、台風前夜です。

説明の仕様がないからこそ怪異、今回もそんな事象ですね(泣
彼女の部屋に現れる抜け落ちた長い髪と櫛、そして痩せ細る和装の女・・・何がどうして、こうなった?
災難としか、表す言葉が見つかりません。
ただご家族に、そして別に居を構えたご本人に、被害が及ばない事が幸いです。

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年10月21日 22:39
なんか、話に出てくる暴走してる幽霊みたいな感じの、雲爺じゃ!がお空をうようよしてますね。

これ。ついて来てるのよ。自宅にいたんじゃなくて大阪からついて来ちゃったの。理由わかりませんが部屋のっとられてヌシになってるから、まずは追い出さないと!

おやおや、札束没収ですか?
でももらったものは法的にも本人のものだから貯金が一番いいですよね。しかし盗難にあわなくてよかったです。
Posted by はるた台風雨雲 at 2017年10月21日 23:19
K様こんばんは!
宛先ってどうしたらいいのでしょか?(இ௰இ`。)
そして今回の話怖くないですか!?やはい(இ௰இ`。)
お風呂上がってから読んでよかった笑笑


つぼみはテストまであと三日…。やってない教科…世界史、日本史、化学、生物、数B、現文、古典。
……(o_ _)o パタッ
Posted by つぼみ at 2017年10月22日 00:09
Kさん
今日も、、、怖すぎます。(泣)
実家に帰れないなんて、、、切ないですよね。
しかし、すみついいるものは、なにものだか?



お嬢様、無事に帰宅
良かったですね。
おこずかいの行方、気になりますが。

オフ会、台風には気をつけてくださいね。
Posted by やまま at 2017年10月22日 00:14
サイン用文庫本の送り先は、この会社までどうぞ!
具体的には・・・・。
〒921-8021
細田塗料株式会社
石川県金沢市御影町1-17
℡076-243-3344
サインディスプレイ部 営業のK宛て、でどうぞ!
Posted by 営業のK at 2017年10月22日 01:10
こんばんは〜☆
K様、遅くまでお疲れさまです( ´∀`)

今日のお話のご友人の方、ご実家に戻れないなんてあんまりですね。
解決できる日が来ると良いのですが・・・

話は変わりますが、私は今、やたらとしゃぶしゃぶにハマっております。
近くに芸能人もよくいらっしゃるお肉が美味しいと有名なスーパーがありまして、あんまり美味しいのでここ4日間連続でしゃぶしゃぶです♡

明日もフレンチいっぱい食べるぞー♪ᙏ̤̫ᙏ̤̫ᙏ̤̫おー♪

→ いなばっち 様

さすがお姉さまのお声がけ!一発で効きましたね!(笑)

→ ちどりんお兄ちゃま

明日はお会いできず残念ですが、お仕事頑張ってきてくださいね( •̀ᴗ•́ )و
第3回目は是非ともいらしてくださいねー!お話できるの楽しみにしてます☆彡

ご心配してくださってありがとうございます!
あれから激痛は出ていません(´▽` *)
Posted by ぴょんうさぎᙏ̤̫ at 2017年10月22日 01:55
初めまして。
「見付島」のお話、夏前に読みたかったです!
今年の夏、見附島の前にある国民宿舎に泊まりました。
露天風呂付のお部屋が格安なので・・。
部屋は新しくきれいなのですが、なんとなく海の見える窓が怖い。
事件は主人がタバコを吸いに外へ出て行ったときに起こりました。
露天風呂のあるバルコニーから海を眺めていた時です。
海に近い海岸沿いを白い巨大な物体、まるで白い着物が這っているかのようなものが走ったのです。
高さ質感からいって波ではありません。
慌てて室内に戻り主人に携帯で連絡し、戻るまで携帯を切らないようにお願いしました。
もうそのあとはバルコニーに出られませんでした・・・。

のっぺらぼう、マックロクロスケや首なしライダー等たくさんのものを見てきましたが、最近は「怖いもの」と「そうでないもの」がわかるようになりました。
K様と違い臆病者なので「怖いもの」の時は全速力で逃げますが・・・。

とりとめのない文になってしまいましたが、
雨風の冷たい季節ですのでご自愛くださいませ。
Posted by 有宮 at 2017年10月22日 08:15
kさん!これこそまさにAさんへの相談物件ですよ!って、kさんのお財布が薄くなることは確実だなあ。うーむ困ったものです。
Posted by まあちん at 2017年10月22日 08:29
営業のK様

おはようございます。

雨の日が続いており、更に大型台風が接近していますが、K様、皆様足元や台風被害に十分お気をつけ下さい。

「怖くない話」毎日の更新ありがとうございます。
本日も通勤電車の中で読んでました。

最近は、本編前にK様のコメント、そして本編後の皆様のコメントを読んだ後に本編を読み、最後にもう一度皆様のコメントを読むという風に楽しんで読んでおります(喜)

今回の「実家には帰らない・・・・」鳥肌たちました(震)
一体その女性は何者だったのでしょうね・・(怖)
実家に住んでいた時の体験を思い出しました(泣)

先日、久しぶりに実家に泊まりました。
当時体験した事は起こりませんでしたが、ノミだかダニだかに数ヵ所刺されました(泣)
今は、私の部屋は物置部屋になっていたみたいです(泣)

暫く実家には泊まりません(泣笑)

今日も雨ですが、一日頑張ろうと思う朝の通勤電車な中でした。

K様も皆様も良い日曜日をお過ごし下さい(礼)
Posted by おしょうとちんねん at 2017年10月22日 08:30
ぴょんうさぎさまがしゃぶ中(毒)、理解。

はるた台風雨雲さま、なるほど、大阪からついてきちゃったという手もあるのか・・・・。

台風きてるから今日のオフ会へのお店、いつもそっちに行くのとは違う電車ルートで行こうと計画中。
問題はいつもなら有楽町から国際フォーラム抜けてそっちに行くから道がなんとなくわかるけど
東京駅からだと雨に濡れたくなければ京葉線経由のようで、
まったく道がわからないいいいい(笑)。

私が時間になってもいなかったら、多分京葉線のあたりで迷子になってますのでご心配なく!

では、ばばろあさまの怪談楽しみに向かいます!
Posted by クレア at 2017年10月22日 09:26
Kさんおはようございます。

娘ちゃん12万貰って1万5千円だけ使うお土産代としては、使う額が少ないのか?
•́ω•̀)??金額の落差で混乱中(笑)
違う目的は見え隠れしましたけど…
( ´•౪≦`)

数年実家を離れたときに、友人様の部屋が居心地良かったんですかね…
髪の毛はゾッとしますね。
実家に帰れないのは辛いですね。他の家族には怪異がない事だけ救いですね。

更新ありがとうございました☆彡
Posted by tomoa24 at 2017年10月22日 09:55
Kさん こんにちは。

旅を続けて1か月。今はボリビアからこのブログを拝見してます。明日は泥棒市というマーケットに行くんですが、本当の泥棒さんがいるらしく、万が一のために携帯の写真をバックアップしながらこちらのブログを読んでいます。
疲れがたまってきたのでこちらのブログが息抜きなんですが、南米まで来て怖い話を読むなんて変ですよね。。

今回のお話、怖いですね。
私も1年半くらい実家に帰ってません。以前、家族から来たLINEでは出発前に飼いだした犬が私の部屋めがけてワンワン吠えているという報告でした。やめてほしい。。。
私の父も私以上に怖い話が好きで、毎週金曜日にはケーブルテレビで怪談話ばかり一日中やるチャンネルがあるらしく、録画してそれを見てるんですが、そのせいでなんか変なのが家に集まってきてるんじゃないかと思うんですよね。迷惑な話です。Kさんみたいに一人娘を大事にしないし。

愚痴ばかりで失礼しました。

私はもう少し南下して日本に帰ります。
パタゴニアくらいでまたこちらのブログを拝見したいと思います。
次の更新、楽しみにしてます♪
Posted by 北米@南米旅行中 at 2017年10月22日 12:14
おはようございます。

えっと、その霊は…なんで、その彼女に執着してるんでしょう?

家族は…影響が無いって事は何かがあって執着されてる?

でも…ただの執着って感じも無いし。

彼女より部屋に執着なんですかね?

でも…髪の毛と櫛は怖いです。

実家に行けないのも辛いと思います。
Posted by にじちゃん at 2017年10月22日 13:49
K様、皆様こんにちは!

さすが大監督!
必要以上のお金は使わなかったのですね(o^^o)
少しでも手元に残れば良いのですが(笑)

霊に自分の部屋を乗っ取られるとは。。
家族に害がないという事は、ご友人様のお部屋だけその霊のテリトリーになっているんでしょうね。
ご家族の方もその部屋で寝たらすぐに気づくかもしれませんね(汗)

私が実家を出た時は、光の速さで父親に占拠されました(笑)

連日のお話アップありがとうございます!

台風が近づいていますので、皆様くれぐれもご注意下さいませ!

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年10月22日 16:20
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count