2017年10月23日

いわくつきの壁紙

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆さん、今日もお疲れ様です!

それにしても、台風が通り過ぎたと思ったら、

急に寒くなりましたね。

我が家でも既にファンヒーターがリビングに置かれており、

朝は、うちの大監督が、ヒーター前の特等席を占拠

しております(笑)

お陰で温風が完全に遮られて寒い・・・です。


ところで、東京の第2回オフ会が大成功だったようで

私も嬉しいです!

こんなブログからでも、素晴らしい繋がりがどんどん

広がっていったら最高なんですけどね。

あっ、それと、埼玉のS様、

いつもいつも、お土産を持参して頂きまして、

本当にありがとうございます。

次回からは、是非、手ぶらでどうぞ!(笑)

それでは、今夜も怖くない話、いってみましょう!

それでは、どうぞ~!



これは俺の友人が体験した話である。

最近はパソコンを使う人よりも、もしかしたらスマートフォンを

利用してネットを楽しむ人が多いのかもしれないが、どちらにしても

壁紙を変える事で、気分も変わるのだから不思議なものである。

最近では、スマホだと待ちうけ画面と言われるのかもしれないが。

そして、その壁紙という物の中にも、いわくつき、と言われるものが

在る事をご存知だろうか?

確かに、世の中には、見ているだけで憂鬱になってくる画像や、持っている

だけで、火事に遭ったり、死んでしまうと言われている画像まで存在する。

そして、俺の周りには、そういう画像を好んでスマホの待ち受け画像にしたり、

パソコンの壁紙として利用している者もいる。

ただ、それらの画像は、今のところ、彼らに厄災をもたらすまでには

至っていない。

しかし、これから話す中に出てくる画像は、ほぼ100パーセントの割合で

怪異が発生する。

それが、その人の命まで奪うものかどうかは定かではないのだが・・・。

そして、俺が一番恐ろしいと思うのは、そんないわくつきの画像が、

ネットの中で、まるで罠を仕掛けて獲物がかかるのを待っている

かのように、普通に置かれており、誰でも閲覧、ダウンロード出来る

状態になっているという事である。

そして、俺の友人もまた、そうした犠牲者なのかもしれない。

彼は大学で物理を教えている立派な先生である。

よく科学者の方は、超常現象的なものを完全否定したり、科学で説明の

つかないものは存在しないのと同じだ、という趣旨の発言をされるが、

どうやら本音は違うらしい。

そして、その中でも彼は変わった存在であり、心霊スポットにも訪れるし、

霊の存在というのも信じている。

人間の知識で説明のつかないものなんて、世の中にゴロゴロしてるよ。

だからこそ、この世は面白いんだ!

というのが、彼のモットーである。

だから、いつも率先して心霊スポットに探索に行き、その場で起こる事を

常に興味深く感じながら、人一倍楽しんでいた。

しかし、研究や授業などの本業で忙しい彼は、仲間に誘われてもなかなか

心霊スポットには行けない。

そんな時に、彼が知り合いから聞いたのは、いわくつきの画像が在り、それを

壁紙などに利用していると、何らかの怪異が起こるかもしれない、という話。

俺なら絶対にそんな画像を壁紙にしたいとは思わないが、日々、刺激に

飢えていた彼は、その画像を使ってみる事にした。

それは、ある特定のワードで検索すると、すぐに配布サイトを見つける事が

出来た。

それはいたって普通の無料壁紙のサイトであり、荘厳な自然からお洒落な

イラストまで様々な壁紙が置かれていた。

そして、その中に、心霊というカテゴリーがあり、その中には全部で

5枚の画像が置かれていた。

そして、画面の隅には小さく、

“自己責任でご使用ください!

とだけ書かれていた。

彼は、その5枚の画像の中から、一番おとなしい画像を選んだ。

他の画像は、いかにも・・・・というおどろおどろしい画像ばかり

だったのだが、何故かその画像だけは、何処にでもあるような

普通の画像だった。

実は彼は心霊好きではあるが、怖い映画や怖い絵などは苦手だったので、

当然の選択といえた。

だから、その画像を選択し、そしてダウンロードした。

そして、いつも彼が使用している研究用のサブのパソコンに壁紙として

設定した。

しかし、どう見てもその画像は、霊障をもたらすものには見えなかった。

その絵は丘に続く坂道を下から見た描写になっており、青く晴れた空と、

坂道の横の草原、そして坂道の上では中学生くらいの女の子がこちらに

手を振っているのが小さく描かれていた。

どうみても、のどかな風景の画像であり、イラスト画として見ても、

かなり完成度の高いものだと感じた。

いわくつき、というのも眉唾物だな・・・・。

彼はそう思って、パソコンの電源を切り、家路についた。

そして、翌日、パソコンの電源を入れると、立ち上がってきた画面が

どうもおかしい。

昨日とは微妙に違っていた。

ただ、何処が違うと言われると説明できないレベルだったので、彼はその画面を

スマホで撮影し、記録していくことにした。

そして、判った事があった。

それは、この画像はそのまま使用しているときは変化が無いのだが、パソコンを

立ち上げ直す度に、明らかに画像に変化が現れていた。

確かに微妙な変化だったが、日を追うごとに画像はどんどんと変化していった。

こうなると、やはりこの画像がどういうものなのか、という疑問が

沸いてきてしまい、彼はその画像ファイルを徹底的に調べ上げた。

きっと、この画像ファイルの中には、日々変化していくように、

何らかのプログラムが仕込まれているのではないか?

それが彼の推測だった。

しかし、どれだけ調べても、そのファイル形式は、ただのJPEGであり、

そんなプログラムを仕込むほどの容量も無かった。

そんなある日、彼と一緒にその画像を調べていた学生が、車で大きな事故

を起こして入院してしまう。

命に別状は無かったが、それでも左足の膝から下を失った。

それが、厄災の始まりだった。

それから彼の周りの人が、次々に怪我や病気、そして事故に巻き込まれていく。

そして、それらの犠牲者に共通していたのは、事故や怪我の際に、

全員が、見たことも無い恐ろしい姿の女を目撃している、という事だった。

そして、それらの犠牲者は、その後も、毎晩、その女が出てくる悪夢

に悩まされていた。

このままでは、死人が出る・・・・。

そう思い、彼はパソコンからその壁紙を削除しようとした。

しかし、どうやっても、その壁紙のファイルは削除出来なかった。

最後には、結局、彼はパソコンをフォーマットして、データごと消すという

決断をしたのだが、それでも、何故かフォーマットは行われなかった。

そして、画面に従い、再起動した時、立ち上がってきた画面を見て彼は

戦慄を覚えた。

そこには、あれほどのどかだった風景は存在していなかった。

晴れた青い空は、星ひとつ無い漆黒の闇に変わり、鬱蒼と茂った茶色く

枯れた草の中を掻き分けるようにして、1人の女が大きく画面に映し出されていた。

それは、ヒョロッと細長い体をし、異常に長い首をした女であり、その手には

長い鎌を持ち、大きく裂けた口と、ギラギラした大きな目が、白いワンピースを

着て、こちらを見つめていた。

犠牲者達が見たのは、この女なのか?

そう思った時、突然、彼は背後から何かの気配を感じた。

そして、冷たいモノが枯れの首の辺りに触れた。

何かがいる・・・俺のすぐ後ろに・・・。

そう感じたとき、彼は無意識にスマホを手に取り、俺に電話をかけてきた。

何故か俺の顔が頭に浮かんだのだという。

そして、電話に出た俺に、彼はあくまで自然な感じで話しかけた。

いや、お久しぶりです。

今、研究室です。

久しぶりにお会いしたいですね。

兼ねてからお話を聞いているAさんも、ご一緒にどうですか?

もしかしたら、明日には会えなくなるかもしれませんので、急いで頂けると

助かります。

それだけ言うと、彼は電話を切った。

しかし、それだけでも俺には十分過ぎるほどに状況が伝わってきた。

そもそも、彼は俺と話すときに、そんな丁寧な言葉を使う男ではない。

それに、Aさんという名前。

そして、明日には会えなくなる。

これだけで、彼の切迫した状況が伝わってきた。

俺は急いでAさんに電話をかけた。

色々と嫌味を言われたが、それでもAさんはすぐに現地まで来てくれた。

私はKさんの便利屋さんじゃないんですけどね・・。

などと言っていたが、彼の研究室が近づいて来ると、Aさんの様子が

変わった。

完全な臨戦態勢に入っている様に見えた。

そして、

うーん、間に合わないかも・・・。

と言うと、その場で立ち止まり、俺に言った。

間に合わないので、今から此処で、この建物全体に霊的な衝撃波を送ります。

霊的なものなので、Kさんには何の問題もありませんけど、Kさんの

守護霊が心配です。

たから、とりあえずKさんは一旦、この建物から外に出てください。

そう言われ、俺は慌てて、建物の外へと飛び出した。

すると、間髪を入れず、凄まじい耳鳴りが襲ってきた。

俺には問題ないと言っていたが、とんでもない話だ。

もしも、あのまま建物の中に居たら・・・。

そう思っていると、建物のドアが開き、Aさんが顔を出した。

そして、

何をそんなところで黄昏てるんですか?

急ぎますよ!ほら!

俺はまだ耳がジンジンしていたので、思わず言い返そうかと思ったが、止めた。

あれが性格だと思うから腹が立つ。

Aさんはああいう病気なんだ、と思えば、寛大な気持ちで居られるのかも。

そんな事考えていると、再び、Aさんの声が響く。

ほんっとに遅いですよね。

それとも、もう歳だから、私の言った事が聞こえませんでした?

そう言われ、

ちゃんと聞こえてるよ!

それに耳が聞こえづらいのは、さっきAさんがやった衝撃波というものの

せいだろうが!

と思ったが、それを口に出せない自分が情けなくなる。

そして、そのまま走って彼の研究室へいき、ドアを開けた。

すると、そこには床に仰向けに倒れている彼の姿があった。

急いで駆け寄り体を揺り動かすと、彼はゲホッゲホッと咳き込みながら

目を覚ました。

彼の首には、しっかりと大きな手の形のアザが残っていた。

彼は、しばらくして落ち着くと、それまでの経緯を俺とAさんに

話してくれた。

すると、Aさんは、初対面の彼に向かって、

それにしても、Kさんといい、貴方といい、馬鹿な事しますよね?

もしかして、2人とも、ドMですか?(笑)

だって私にはわざと厄災を探してるようにしか見えませんからね。

このパソコンから画像ファイルが消せないのも、フォーマットすら出来ないのも

全て呪いのせいなんですよ。

誰が置いたのかは判らないですけど、それは悪意のある誰かによって、拡散

しようと画策された呪いそのものです。

だから、絶対に手を出してはいけないんです。

わかりましたか?

そう言われ、彼は大きく頷いた。

しかし、それを見たAさんは、不満そうに俺を見て、

Kさんは?

わかりましたか?

そう言われ、ムッとしてしまったが、とりあえず、

はい。わかりました。

と言ってしまった自分が悲しい。

そんな俺の言葉に満足したのか、Aさんは勝ち誇った様な顔をして、言った。

それじゃ、弟子のK君。

彼と一緒に出来るだけ大きなハンマーを探してきなさい!

ほら、私は、このパソコンを見張っている、という重大な任務があるので(笑)

そう言われた俺だったが、その時は素直にそれに従った。

何故なら、その後、そのハンマーでAさんが何をいるのか、だいたいの

見当がついていたから。

だから、俺は、ちょうど建物の工事を行っていた業者の方から、ハンマーを

借りる事を思いついた。

しかも、特大のハンマーを・・・・。

Aさんは、出来るだけ大きなハンマーと言ったのだから、文句は言えないだろう。

そして、Aさんが持ち上げられなかったハンマーを俺が手伝ってやれば、

少しは俺の事も見直すだろう。

そう思っていた。

工事業者の方から借りたハンマーは少し大き過ぎたようで、俺でもそれを

運ぶだけで四苦八苦してしまった。

そして、ようやく研究室までたどり着くと、Aさんから、

遅い。遅すぎますよ!

というお叱りの言葉が容赦なく浴びせられた。

そして、俺が持ってきた特大のハンマーを見て、Aさんは何故か嬉しそうに

笑った。

これは怖し甲斐がありそうな素敵なハンマーですね(笑)

そう言うと、Aさんは、パソコンのコンセントを抜き、ディスプレイと

パソコン本体を床に置かせると、特大のハンマーに手を掛けた。

そして、

ファイルも消せないし、フォーマットも出来ない、ということになると、

もうこれしか方法はありませんから(笑)

そう言うと、特大のハンマーを大きく持ち上げて一気に振り下ろす。

特大のハンマーの威力は凄まじく、いとも簡単にバラバラと壊されていく。

本当はこんな事したくないんですけどね・・・。

でも、本当はこんな事したら危険なんですよ。

私だから出来るので、絶対に真似しないでくださいね。

それにしても、このハンマー、最高かも(笑)

そう言って、何度も何度もハンマーを振り下ろすAさんの顔は、いつもにも増して

とても幸せそうだった。

そして、俺でも何とか此処まで運んできたあの特大のハンマーを、いとも簡単に

振り下ろすAさんに、俺は少しだけ恐怖した。

そして、

まあ、こんなもんですかね。

と言い、ハンマーを床に置いた。

その後、当然のように、いつもの喫茶店でスイーツ三昧させられ、

一気に俺の財布が軽くなったのは言うまでも無い。

そして、それから彼の身の回りで怪異は一切起こらなくなり、犠牲者達も

その後、順調に回復した。

そして、そのいわくつきの画像は、今もしっかりとネット上に

拡散している。

俺には、それが、映画リングの中に出てきたビデオテープと同じ物の

ように感じて仕方ないのだ。

安全の為にも、安易に壁紙をダウンロードするのは止めた方が良い

のかもしれない。


Posted by 細田塗料株式会社 at 19:56│Comments(22)
この記事へのコメント
kさん
今晩は。

今日のお話。

怖い話ですよ。



興味本位にふれてはいけない話は
ありますが、、、


ふれてしまうこと

多々ありますよね。



Aさん


やっぱり、カッコいいです。(笑)


あしたも、楽しみにしてます。
Posted by やまま at 2017年10月23日 20:24
K様、皆様、こんばんは!!

ネットでの拾い物も、下手すると高い代償を支払うことになるんですね。今夜の外の空気のようにひんやりとしたお話でした。

となると、心霊動画もガチなものには呪いや霊障も起こりうるのかと思うと、身近なところにある恐怖ですね。

身震いしてきたので、帰ってあったかいココアでも飲もうかな。。。

K様、いつも更新ありがとうございます!!
Posted by ON11✩彡 at 2017年10月23日 20:47
Aさんが好きです。
KさんとAさんの掛け合いが好きです。

これからも更新、楽しみにしています・・・怖い話を楽しみにしてはいけないですよね(>_<)
Posted by 眞由美 at 2017年10月23日 21:17
こんばんは。突然失礼致します。

先日こちらのHPを偶然見つけ、Kさんの書く怖い話が
大変興味深く、休みの日に読み耽っておりました。

その中で『FAXから始まる怪異』というものの中に
「川を渡り、山を越える」という記述がありますが、
あれは、死者があの世から現世へ来るために、三途の川を渡って、どこかの山を越えてきた、という事なのでしょうか。
また、死者があの世へ旅立つ時は、必ず同じ道を通るものなのでしょうか。行き着く先は皆同じなのでしょうか。

私も訳あって、まもなくあちらへ旅立つかも知れないので、もしご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけると幸いです。
Posted by イッシー at 2017年10月23日 21:20
K様、皆様、こんばんは(*^^*)

関西は、週末から、台風の影響で、日曜日は、避難勧告メールが鳴り響き、ビクビクしながら、過ごしましたが、皆様、台風の被害は無かったですか?

今日は、通勤電車が、運休の為、会社は
休日となりました。(T-T)
一駅先の駅が大和川氾濫影響で、駅が冠水しました。
明日は、通常運行してくれる事を願うばかりです。

本日のお話、怖いです、安易に手に入るんですか?
思わずネット検索しようと、しましたが?怖くて止めました。

また、怖くないお話、楽しみにお待ちしております。(*^^*)
Posted by 夕陽 at 2017年10月23日 21:23
こんばんは!注文した本届いたのですが、縦に字を読むのに四苦八苦しております笑!やっぱりこっちの方が断然読みやすいです!しかし台風すごかったですね!大丈夫だと思った布製のすだれも隣の畑まで飛んでいってました!さてさて待ち受けで呪いにかかるなんて冗談はよしこさん、と思ってしまいますがkさんが言うなら信じるしかないですよね!怖いのでストーブであたたまる大監督の姿を想像しながらチキンラーメンミニ食べてます!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2017年10月23日 21:40
営業のKさん

台風は過ぎ去りましたが、気温が下がり肌寒い福岡です。

壁紙ですか・・・そんな曰く付きまであるんですね。
私の携帯は、自分で撮影した物を使用しますから大丈夫です・・・かね?(笑

その大ハンマーを降り下ろすAさん・・・漫画シティーハンターでの一コマを連想します。

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年10月23日 21:45
K様こんばんわ☆連日の更新お疲れ様&ありがとうございます。うふふ

お嬢様、寒がりさんなんですね。可愛い。ミニ子の兄も寒がりでした。炬燵とストーブから離れない、夏生まれ男でしたよ。(笑)炬燵の中でオナラプウッするから、もうたまりませんでした(>_<)ミニ子はクリスマスシーズンになりましたら、ミッキーに会う為に寒い舞浜で地蔵になります。ショーパレ待ち二時間❗今年はヒートテック買おう。

今回のお話、ネット怖いですね。Aお姉様が居なかったら………(>_<)
ミニ子も某サイトで心霊写真見ちゃいましたが、ヤバかったですよ。翌日テープカッターの刃で、手を切ったのは偶然でしょうが……。

どんどん寒くなりますから、風邪引かないように、お身体お大事になさって下さいませ。

再見
Posted by 冒険者ミニ子 at 2017年10月23日 21:53
皆様、こんばんは✨
k様お疲れ様です
台風の強風がまだ残る…夜です…٩꒰⍢ ꒱۶⁼³₌₃

呪いの壁紙ですか…(*థ౪థ)
怖いです…(><)
自己責任でお使いください…とは…
ご自由にどうぞ…と、反してますよね…
負、悪の連鎖を呼び込む壁紙…
私には、そんな恐ろしいモノとは、一生縁が無くて結構です!
タダより怖いモノは無い…?…のでしょうか!?
特大ハンマーを振り下ろすAさんも、素敵♡なような…恐ろしいような…^^;

次回の怖くないお話…
楽しみにしております!٩(๑^o^๑)۶
毎日の更新、ありがとうございます。
Posted by ひまわり at 2017年10月23日 22:05
Kさん、こんばんは。

私のスマホは気分で、2種類の待ち受けを使ってますが、都市伝説(なのかな?)にあるような効果はありません。(笑)

壁紙に使う画ですが、心霊写真と同じく持っていると、悪い事が起こると言った物でしょうか。
写真は自分で撮っても、拾い物でも時には意図しないものが、写る事があるようですね。
怖い中にもAさんが日頃のストレス解消に、楽しそうに破壊する姿を想像すると笑えます。

それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年10月23日 23:13
Kさん、お疲れさまです。

土曜は酒マルシェ金沢に出かける前にちょっと立ち寄らせてもらいました。

県内の酒蔵が勢ぞろいするイベントだけに、しっかり飲んできましたょ。
10銘柄くらいはハシゴしているので、4合くらいだと思いますが、半日立ち飲みしていたので、実家に戻ると気がついたら朝でした。
それにしても、石川のお酒は美味しいです(^^♪

せっかくなので、昨日体験した全然怖くない話をちょいとだけ。

◇ 野田山に消えた女性
昨日、台風の進路を報じるラジオを聞きながら、山環(やまかん)を金沢市南部へと車を走らせていた。
野田トンネルに差しかかる頃には、雨も風もいっそう強さを増してきた。
野田トンネルを抜けると、目の前の信号が黄色に変わった。
信号の横には押しボタン式と書かれている。一瞬、違和感を感じた。

目の前の横断歩道の左側には、野田山墓地の通路が伸びている。
野田山墓地は、野田山の北側斜面に広がり、ちょうど斜面の裾を縫うように山環が走っているから、
この信号が使われるのは、せいぜいお盆か彼岸。普段も墓参者くらいしか利用しない。
ちょうど午後2時を過ぎた頃だったが、台風が接近しているためか、辺りは薄暗く、この天候で墓地を目指す人など考えられなかった。

歩行者信号が青に変わると、右手から人影が現れた。
風雨を避けるように、グレーの傘を深くさしている。
明るい茶色のコートに黒のタイツ、ヒールが少し高めの黒い靴。どこか大切な所へ出かけるような雰囲気を感じた。
少し大きめのショルダーバッグを抱えて、女性はコツコツ・・・と横断歩道を渡り始めた。
細身ながらも少し身長は高めで、年齢は30歳前後だろうか、しかし、容姿は傘で遮られてまったくわからない。

コツコツ・・・
目の前をしっかりとした足取りで通り過ぎると、女性は薄暗い墓地の通路へと入って行った。
その先には山頂まで墓地が続いている。

青信号が点滅を始め、赤に変わった。
フロントガラスを叩く雨はさらに強さを増してくる。
目の前の信号が青に変わった。
墓地の奥深くへと歩いて行く女性の姿を横目に、車を走らせた。

うん、怖くない怖くない・・・
Posted by 埼玉のS at 2017年10月23日 23:28
こんばんわ。今宵も更新ありがとうございます。
中西リーダーのハンマーのくだり 、思わず「何㌧のハンマーが Aさんに お似合いだろう?」と…。。
Posted by はる at 2017年10月23日 23:42
電車の施設故障でただ今も運休中。始発から運休で会社を休みましたけど、明日もどうやらだめらしくて私鉄で迂回しますが大混雑でつぶされそう。台風あけてピーカンなのに憂鬱です。うう。。(〃_ _)σ∥

逆に、いい壁紙ならありますよ。
神戸のサタンの椅子。願掛けしたら叶うまで壁紙を変えなければ叶います。使う時だけ壁紙にして保管してます。
護符の壁紙はあんまりよくありませんね。なんか最近ついてないと思い、最近の行動を思い返したら護符かも?消したらやっぱりそうでした。
画像データはたまに全部見て、必要ないなとかなんかひっかかるものはばんばん消します。
まずはあやしいサイトのは拾わないことですね。
Posted by はるた夏雲 at 2017年10月24日 00:12
K様、皆様、おはようございまーす!

この場をお借りして、


→エッスー様

酒マルシェ、気になりググりました笑
ヤバいイベントですね!!すごい惹かれます。
石川のお酒はどれも美味しいというイメージなので、どれを選ぶか
迷ってました。でも、これで味比べすれば解決ですね♪
日帰り弾丸ツアー組んで、来年あたり行こうかと思います。
ぴょんうさぎᙏ̤̫ 様の手取川もあるみたいだし、獅子の里もあるんですね(๑╹ω╹๑ )
六本木でたまに日本酒イベントやってたみたいですが、なかなかタイミング合わなくて。。。でも、金沢は行きたい。

エッスー様もK様よりの方なんですね。不思議体験、ぞわ〜っとしました。日常に紛れてなのか、エッスー様が迷い込んだのか?
こ、こ、怖くない怖くない:(;゙゚'ω゚'):


→かのん様

お声がけしていただいて嬉しかったです!
こちらは能天気?なので、何も考えておりませーん٩( ᐛ )و
申し訳ないだなんて、お言葉がもったいないです笑

引っ越しされるのですね♪
新しい土地が快適でありますように✩彡
Posted by ON11✩彡 at 2017年10月24日 09:24
おはようございます。

今回の話を読んで「ホリック」と言うアニメを思い出しました。英単語が解らないのでカタカナ書きにしましたが、ローマ字です。

その中で夕子(仮名)さんが軽快で頭が良くスタイルも良くて。

Aさんのイメージになりました。

性格も似てるかも。

中の夕子さんは霊能者で御祓とかはしませんが、異界と現世に必要な物を提供する…何でも屋って感じですかね。

特に力を使うシーンはあまり無いのですが、スゴいんだろうなって言うのは伝わる感じな人です。

アニメの話ばかりで…すみません。

でも…霊的な物、不思議な物は好きなので見てるかも。まぁ~全体が暗い内容は見てないですけどね。

話を戻しますって内容の話なんですが。

私も…すごく…極たまに画像とかも見てしまいますが。

流石にダウンロードは…保存はしたく無いですね。
Posted by にじちゃん at 2017年10月24日 09:45
K様
はじめまして。「霊感があるかどうかを調べる方法」を検索していてこちらにたどり着きました。あまりの面白さにここ数日こちらに入り浸って読み耽っておりました。(笑)
ちなみに私の結果は・・・一応一人で窓を開け閉めしていたつもりですが、「誰か」わかりませんが、私の後ろに誰かついてきているような気がしてました。こういう場合、どう解釈すればいいんでしょうね?
一番怖いっていうか、イヤなのは「なりすまし系」と「騙し系」ですね。あるときはご両親や子供さん、あるときは彼女さんや友人に「なりすまし」て呼び出したりして死の世界へと連れ去ろうとする・・・または、怪我をしたりした人になりすまして、人の優しさにつけこみ、殺そうとする・・・生きた人間でも、霊でもムカつきます。
話は変わりますが、よくニュースで無差別殺人や通り魔事件がありますよね。最近も犯人が逮捕されたニュースがありましたが、動機が、職場の同僚と上手くいかずムシャクシャしてたからだという。他にも、殺人犯の中には、幼い頃不幸な生い立ちだったとか、虐待を受けてたからとかいうのが多いですよね。悪霊も、生前無実の罪で殺されたとか虐待やいじめなど、不幸だったことが多いみたいですね。だからといって何の罪もない、関係ない人を無差別殺人していい理由にはならないと思います。同じ呪い殺すなら、自分をいじめた奴を殺せよと。関係ない人には手を出すなと。こういう無差別殺人って、生きた人間がやるか、霊がやるかという違いだけで、根本は同じ気がします。
長文失礼しました。これから寒くなりますので、ご家族の皆様も風邪などひかれぬよう、どうぞご自愛下さい!
ところで、読者登録しようとしましたが、メール返信がありません。特に迷惑メール設定などしてないのですが・・・
Posted by 万年初心者ハードロックファン at 2017年10月24日 11:34
K様、皆様こんにちは!

今朝投稿しましたが、はじかれてしまったようですね。。
禁止ワードでもあったかな?


壁紙ですか、、
私のスマホはデフォルトのまま、
PCは背景無しの真っ黒です。
変更するのが面倒くさいので(笑)


まさか壁紙にまで呪いをかける事ができるとは。
しかし一体何が目的なのでしょうか。。
コンピューターウィルスだけでなく呪いにまで注意しないといけないですね。

K様、Aさんとアプリを開発してみては?(笑)

呪いが添付されたメールも自動削除!
アクリョウバスター2017

なんて冗談です。。


それにしてもAさん素敵です(o^^o)

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年10月24日 13:27
>はるた夏雲さま
さ、サタンの椅子!?
なにやら怖い響きです。
願い事叶えたら何か代償とられそうな。
でも検索したら、悪魔じゃなくてローマの豊穣の神様なんですね。
画像を削除しちゃダメってあるけど、誤って削除しちゃったら、しれっとまた登録したらいいのかな?(笑)
「高橋一生と…会えますように!」くらいなら、舞台挨拶とかで会える(見られる)かもしれない?(笑)

Kさまのお話の前にサタンの椅子に反応してしまいました。
呪われた壁紙とかネットに普通にあるの、怖いです…。
Posted by クレア at 2017年10月24日 14:54
お礼が大変遅くなりました!

先日のオフ会では楽しい時間を過ごさせていただきまして本当にありがとうございました(^^)

クレア様、お店の予約や色々なご準備、重ねまして感謝申し上げます♪

K様のお陰で、こちらのブログからこんなに素晴らしいご縁が広がりましたね♡

みなさまこれからも宜しくお願い致します(•ᵕᴗᵕ•)
Posted by ぴょんうさぎᙏ̤̫ at 2017年10月24日 15:43
クレアさま

オフ会行きたいですよぉ~!3回目の正直になるのか8回目になるのか。

サタンの椅子は男性用女性用あるので間違えるなとありますが、写真のはどっちなんだかわからないからまずはダウンロードします。
写りのいいのあれば、しれっと乗り換えてますよ。
祈願して叶うまでは壁紙から消さなければいいみたい。一番いいのは自分が座ってから椅子を写したものがパワーが強いんだそうです。
私は何回か祈願してますが、叶うのよこれがまた。
なかなか神戸に行けないので写メしたいんですがね。
サタンの椅子に闇塗ブック載せた写メなら、なおさら心願成就パワーは間違いなーい♪はず。
また妄想してしまいましたf(^_^;
Posted by はるた夏雲 at 2017年10月24日 22:43
Kさん、こんばんは、お疲れさまです。

金沢との往復の際に、北アルプスの周辺を走るので、
そろそろ冬タイヤの心配を始めています。
金沢は、あとひと月くらい余裕がありそうですね。

> ON11✩彡さま
酒マルシェ、いいでしょ!
お気に入りの酒蔵の蔵元ともお話ができる数少ないイベントですから、来年は是非。

全然怖くない話、私はまったく見えませんから、
きっと、その女性は何か用事があって墓地に入って行ったのでしょう。

きっと。
Posted by 埼玉のS at 2017年10月24日 22:45
Kさんおはようございます。

Kさんの周りは探究熱心な友人が多しですね(•́ε•̀٥)

時代に応じて呪いの方法も変化し…曰くつきの壁紙ですか…知らずに気に入って壁紙にしてたら…
∑(˂˃ ˡ̼̮ ˂˃lll)

A姉御だから破壊で呪いから解放できたんですよね?
チンパンジー…
(ヾノ・ω・`)ジャナイ
一般人は同じようにハンマー破壊は危険ですよね。
σ( -ω- ; )

毎日の更新お疲れさまです。
Posted by tomoa24 at 2017年10月29日 10:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count