› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 深夜のプールには・・・・。

2017年10月24日

深夜のプールには・・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆さん、今日もお疲れ様でした!

最近、肩こりが酷いので、そういえば、と

以前、娘から貰った肩たたき券を引っ張り出して、

娘に提示し、

それじゃ、お願いしますね!

と言うと、

あっ、お客さん、これ期限が切れてますね~

と言ってくるので、

え?どこに期限なんて書いてある?

と聞き返すと、

必死になって、使用期限として、昨日の日付を入れてました(涙)

そして、日付を書き込んだ後、

でも、今なら10分5千円の特別価格で

肩たたきさせて貰いますけど?

と言ってきたので、丁重にお断りしました(涙)

ちなみに、使用期限が、使用起源になってました(泣)

肩たたきはともかくとして、もう少し漢字の勉強を

してくれ!大監督?

ということで、今夜も怖くない話、いってみましょう!

それでは、どうぞ~!




これは俺が体験した話である。

大学時代に金沢に帰省して高校時代の友人達と遊んでいた時の話。

それは夏も盛りの時期で、素でな深夜だというのに、気温は高く空気も

じっとりと纏わり付く感じで、とても蒸し暑かった。

その頃はクーラーが壊れていた車に平気で乗っていたこともあり、

その不快感は、かなりのものだった。

そんな中、友人の一人が言った。

暑すぎるから泳ぎにでも行こうか?と。

俺は、友人の言っている意味がわからず、

え?今から海に行くのは面倒くさいよ!

と返した。

すると、友人は笑いながらこう返してくる。

違うって(笑)

プールだよ!プール!

そして、

え?こんな時間にやってるプールなんてあるの?

と聞くと、再び笑いながら、

こんな時間に営業してるプールなんてあるわけないだろ?(笑)

違うって・・・・忍び込むんだよ・・・プールに!

そう言ってきた。

さすがに、俺達は、

いや、それって、さすがにまずくないか?

見つかったら新聞沙汰だろ?

すると、友人は、

見つからないから大丈夫だって(笑)

そーっと忍び込んで少しだけ泳いで、さっさと出てくれば問題無いよ!

と、キッパリと言い張った。

どうやら、友人は、とあるプールの監視員のバイトをしていた事かあるらしく、

夜間には、警備の者など誰も居ない事を知っているようだった。

それでも、さすがに俺達はかなり迷ったのだが結局暑さに負けて、深夜の

プールへと忍び込む事になった。

あえて、離れた場所に車を停めて歩いて、そのプールに向かった。

そして、プールに到着すると、友人が手招きする。

どうやら、その場所の金網が壊れていて簡単に中に入れるらしい。

大学生の男が通るにはかなり狭い穴だったが、なんとかその穴を通り抜けて

プールの敷地内に入った。

深夜のプールは、決して涼しい場所ではなかったが、それでも静かに揺れている

プールの水面を見ているだけでも、それなりに涼しさが感じられた。

俺達は、その場で衣服を全て脱ぎ、静かにプールに入った。

さすがに周りには民家も在る為、騒いで警察に通報されたくはなかった。

いつもは監視員によってルールに縛られた使い方しか出来ないプールも、深夜

ともなれば、好き放題に泳ぎまわれた。

そして、全身をプールの水の中に浸かっていると、体温が急速に落ち、とても

涼しくなるのが分かった。

いつもは禁止されている背泳ぎや潜水などをして楽しんだ。

特に背泳ぎの状態で水面に浮かんで、星空を見ていると、とても気持ちが良かった。

俺達は、それぞれが空き放題な事をして時間を過ごした。

それは、きっと10分ほども経っていなかったと思う。

突然、隣の屋外プールにある飛び込み台から、何かが水の中に飛び込む様な音を

聞いた。

俺達は、さすがにビクっとして動揺してしまう。

すぐに水の中に隠れ、顔だけ出してその音に集中した。

すると、どうやら女の声が聞こえる。

しかも、キャッキャッと笑いながらとても楽しそうだ。

悲しい性というべきか、女の声だと判ると、俺達はすぐにプールから出て、衣服を

着た。

全裸のまま、女性にそんな姿を見られたくなかったし、何よりも、俺達と

同じようにプールに忍び込んでいる女の子達がいるのだとしたら、仲良く

なりたかった。

本当に、不純な理由なのだが・・・。

身なりを整えて俺達は、音がした飛び込み台の方へと静かに近づいていった。

当然、体も髪も濡れたままだったが、それでも蒸し暑い夏の夜にはちょうど良かった。

俺達は、室内プールの建物の陰から、その飛び込み台を覗き込んだ。

キャッキャッと笑う声から、きっと複数の女の子がいる筈だ、と思っていた。

しかし、そこで見たものは、飛び込み台の一番高い所から、プールへと飛び込む

女の姿だった。

とても背の高いヒョロッと細長い女が、飛び込み台から、真っ逆さまに落ちて、

そのまま頭から水の中に飛び込んでいた。

その光景はとても異常なものだった。

あの高さから飛び降り、頭から着水して、大丈夫なものなのか?

いや、それよりも、水の中に飛び込んでから、再び、飛び込み台の最上段まで

駆け上がっていく女の姿は、まるでビデオの早送りでも見ているかのように、

異質なものだった。

しかも、キャッキャッと笑いながら水に頭から飛び込み、そして異様な速さ

で、再び、キャッキャッと笑いながら飛び込み台の階段をのぼっている女は

どうみても人間の女には見えなかった。

俺達はしばらくの間、呆然とその様子を見つめていたが、ハッと我に返った

様に、その場から全員が無言のまま立ち去ろうとした。

その時、ある変化に気がついた。

水に飛び込む音も、笑い声も聞こえて来なくなっていた。

俺達は、そーっと振り返り、再び飛び込み台の方を見た。

すると、飛び込み台の一番高い場所から、その女が、ジッと動かず俺達の方を

凝視していた。

暗闇なのに、どうしてそんな事が分かるのかは自分達でも説明が出来ないが、

とにかく、その時の女は、先ほどの楽しそうな顔ではなく、怒りに満ちた顔で

ジッとこちらを睨みつけている。

誰かが、

ヒッ・・・

と声を出しかけたが、何とか我慢して、その場からゆっくりと離れる事にする。

その女から視線を逸らさないようにした。

視線を逸らし途端に、一気にこちらに掛け寄ってくるような気がした。

すると、今度は、室内プールの方から明かりが動いているのが見えた。

まるで警備員が見回りでもしているかのように・・・・。

俺は友人に、

おい、見回りは居ないって言ってなかったか?

と問い詰めると、友人は、

いや、絶対に、夜間は完全に無人の筈だ!

と語気を強める。

それじゃ、あの光は何なんだよ?

と言いかけた所で、ある事に気付いた。

その光は、まるで沢山の人が明かりを持ったまま数珠繋ぎで歩いてくるような

感じであり、その光は、ゆらゆらと上下に揺れている。

しかも、その光は明らかに懐中電灯の強い光ではなく、まるで提灯でも持っている

ような弱い光だった。

俺達は、姿勢を低くしたまま、その光の動きを見守った。

もしも、それが本当に警備員のものだったとしたら、下手に動けば見つかってしまう。

俺達は息を殺してそっとその場に固まっていた。

すると、その光は室内プールの窓いっぱいに広がったと思うと、急に明かりが消えた。

すると、青白い室内プールの夜間照明の中、プールの水面がゆらゆらと

揺れていた。

何故?室内プールだろ?

すると、次の瞬間、室内プールの水面から手が伸びてきて、プールの縁を

掴む。

そして、そこから音も無くゆっくりと出てきたのは、無数の男の姿。

それが室内プールの窓に張りついたまま、こちらを見て笑っていた。

俺達は全員がそれを見た時、隠れるのも忘れて走り出していた。

一目でヤバイものだと確信した。

俺達は、音を立てず静かに行動する事も忘れ、必死になって走った。

すると、その時、先ほどまで俺たちが入っていたプールの方からヒソヒソという

声が聞こえてくる。

走りながら、そとらの方を向いた俺達がみたものは、プールの淵に両手を

掛けたまま浮かんでいる子供の姿だった。

さすがに、今度は悲鳴をあげてしまう。

それでも、出来るだけプールの方を見ない様にして走っていたが、突然、先頭を

走っていた友人が急停止した。

俺は、

おい!なんで止まるんだよ!

と怒鳴ったのだが、次の瞬間、言葉を失ってしまう。

俺達が走っていく前方には、プールの横をペタッペタッと片足を引き摺るようにして

歩く女の姿があった。

深夜でもはっきりと分かる白いワンピースに裸足。

そして、一見すると普通の姿に見えるが、どうもおかしい。

よくよく考えてみると、その女には首から上が存在していなかった。

それでも、両手をピッタリと体につけたままの格好で、こちらにペタッペタッと

近づいて来る。

俺は、もう逃げ場が無い、と愕然としてしまう。

横のプールからは子供たちが這い上がってくる姿が視界に入ってくる。

すると、突然、友人の1人が、ウオーッという唸り声をあげて、そのまま全力で

前方から近づいて来る女の方へと向かっていく。

おい、なにやってる!

そんな言葉など聞こえないように、友人はそのまま前方へと走る。

すると、その女とぶつかる寸前に、その女の姿は忽然と消えた。

俺達は、先頭をいく友人に続くようにして、そのまま走り、何とか金網から

再び、外へ出る事が出来た。

それから車まで必死に走り、車に乗り込んでからも誰も一言も喋らなかった。

そして、プールからかなり離れた場所までやって来た時、突然、1人が

大声で叫んだ。

お前のお陰で助かったよ!

それにしても、よくあの女に突進できたよな?

と言うと、その友人は、

周りがバケモノだらけだったからさ。

それなら、顔が無いだけ、まだあの女のほうが怖くないかな、と思っただけだよ。

と吐き捨てる様に言った。

しかし、その後、その時のメンバー3人は、いずれも高熱により、数日間、

寝込む事になってしまった。


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:30│Comments(19)
この記事へのコメント
Kさん、こんばんは。

毎日ありがとうございます。

水のある所に霊は集まると聞きますが、霊も暑さしのぎに飛び込んでいたのでは???

時折思うのですが、何体もの霊がいたのか、一体の霊が大勢いるように見せたのか。
追いかけてくる訳ではなく、脅しだったようで無事に帰れて何よりです。
その後の高熱は警告だったかも知れませんね。

それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年10月24日 20:51
K様こんばんわ☆連日の更新お疲れ様&ありがとうございます。
相変わらずお嬢様、可愛らしいですね。私も漢字苦手です。読めるけど書けないお馬鹿です。肩凝り辛いですね。無理せず、温かいお風呂に浸かってゆっくりして下さい。

今回のお話……………山、河、海、プール。分かりました。引きこもりが一番安全なんですね。( ゚д゚)ハッ!家の中もストーカー女が来るんでしたね‼️
何処にも安全な場所が無い(>_<)

取り敢えず某所の宴に行って来ます‼️

不安定な陽気が続き、体調崩しやすいので、お身体お大事になさって下さい。

再見
Posted by サインブイ部 残業のミニ子 at 2017年10月24日 20:55
営業のKさん

風は残るものの穏やかな日中、けれども確実に冬の足音は大きくなりますね。

そのプールは、今でも金沢に存在する・・・のでしょうか?
ここっ、怖くない話ですね(汗
若い頃、夜間、母校の中学校のプールに何度か泳ぎに行った事はありますが・・・何事も無くて良かったです。

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年10月24日 20:59
オフ会いいですね
関西でも開催したいものです。
Posted by 笑福亭きたる at 2017年10月24日 21:43
使用起源ww

TO at様
私も水辺は来やすいって聞いた事あります。
理由はわかりませんが何でですかねー
合わせ鏡も危ないらしいですよ。
霊の通り道になってしまうらしいです。
Posted by ちんばん at 2017年10月24日 21:49
ばかですね〜(^ ^)!こんばんは!それにしても幽霊も暑かったんですかね?kさん達も大学まで行ってなにをしてるんですか?おっとAさんみたいな口きいてすいません!kさん、大監督の肩たたき使用期限よく見て下さいよ!昨日が使用起源ならまだまだいけるのでは?ファイトですよ!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2017年10月24日 22:29
Kさんこんばんは!!
今日お手紙と一緒に本を投函してきました!!早く届くといいなぁ(ノω`*)んふふ♪

私は今日、テスト初日でした、、、、、。数2が授業で出来てたんで余裕ぶっこいてたらテストクソ難しくてわんちゃん赤点かも…(இ௰இ`。)
明日は苦手な英語…。ちょっとぶっ倒れてきますね☆()

夜中も他クラスの子とLINEで盛り上がってきっと勉強出来ない…(やれ)


ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ……(o_ _)o パタッ
Posted by つぼみ at 2017年10月24日 22:34
自宅から徒歩15分の女子高時代、夜間に屋外プールで泳ぐ人がいるらしいと近所からよく通報されてまして。入口は鍵があり、外からはかなり高いフェンスで足がかりもないため入りにくく侵入形跡がない。実はこういうことなのかも・・・ゾーッ。
すぐ近くにある出身中学では、深夜の校庭を足だけの生徒がマラソンしてる怪談はありましたけどね。
Posted by はるた夏雲 at 2017年10月24日 22:59
ちんぱんさん、こんばんは。

どうしてなのか、私にも判りません。
事故や事件がある訳ではないですが、特に池や湖の澱んだ所に集まりやすいとか。
何かあるのでしょうね。
Posted by TO at 2017年10月24日 23:29
連投すみません。
見てらっしゃるかわからないけど北米様へ
第三回オフ会の日程を変更したいのですが…。
11月23日(祝日)どうでしょうか…。
28から修学旅行で、2日前なので準備とか買い物があるので、、、。
無理はしないでください。
Posted by つぼみ at 2017年10月25日 00:02
こんばんは
毎日楽しく⁈拝見させていただいてます

私は山も川も海もプールも行きません‼︎
子供達にも行かないように言い聞かせてます(笑)

本も買いましたよ
Part2. 3と続くことを願ってます

応援してます(≧∀≦)
Posted by まーママ at 2017年10月25日 00:20
K様々皆様
こんばんはぁ♪ご無沙汰しております。この場所をお借りしまして、つぼみんに応援のエールを送りたくて登場しましたm(_ _)m ご容赦ください

つぼみん~、頑張れ~~★寝ちゃだめだ、寝ちゃだめだだ、寝ちゃだめだ~~!でも寝ないと明日のテストの時に頭が働かないので、やっぱり寝よう~(^o^)
Posted by ちゃみ at 2017年10月25日 00:36
こっわい…(絶句)
K様のお話、本当に毎日面白いです!
読者のために一生懸命書いてくださっているのがよく分かります(/ _ ; )
ありがとうございます⋆。˚✩

この場をお借りしまして

→ 埼玉のS 様
→ on11☆彡 様

はーいᙏ̤̫
酒マルシェ急いで調べましたよ!
最高ですね☆
私、六本木の日本酒イベントあるとき高確率で出没してますよー!
家がすごく近所なんです(о´∀`о)

こりゃもう早く一緒に飲むしかないですねぇ。
怖い話肴にぜひ!!

→ クレア様

この間はありがとうございました♪
シャンパンうさぎになってましたねᙏ̤̫
クレア様、すごくキラキラした素敵な方で緊張がほどけました♡
連絡先交換したかったです〜(>_<)クヤマレル

→ ばばろあ 様

先日はありがとうございました♡
長旅お疲れ様です!
お家帰ってごゆっくりできましたか?
怖い話の色々お聞かせいただけて楽しかったです!
ご友人様もネタをお持ちでしたね〜(о´∀`о)おもしろかったです!
宜しくお伝えくださいませ♪

→ 上海より 様

久しぶりの東京お疲れ様でした!
ご一緒させていただけてとても楽しい時間を過ごすことができました☆
ありがとうございます!
大凶と凶はすごい確率で!逆に当たりですね◎
ひょんなご縁から皆様と出会うことができて感動しました(;ω;)
一期一会に感謝です!!
Posted by ぴょんうさぎᙏ̤̫ at 2017年10月25日 05:07
K様、おはようございます。
九州から車中泊で、能登半島に3回ほど出かけましたが、今のところ怪異には合っていない我が家です。霊感ゼロなのもあるのかも。
使用起源…こっちの方が難しい漢字のようですが、お嬢さん、咄嗟に書けるあたりすごいですね。起源なんだから始まりでしょ?とも言い返せるかも^^;
夜中の水辺へは近寄れません。川も海ももちろんプールも。何でだか暗い水面が怖く感じるんですよね。でも、ご友人はすごいですね。
急に寒くなってきましたので、体調にはお気を付けくださいね。
Posted by 信歩 at 2017年10月25日 06:52
おはようございます。

Kさんの昔話をAさんが知ったら、昔から懲りませんね。と言われてしまいそうですね。

深夜のプール。

男子学生?には…艶かしい?誘いな話ですね。
怖い事が起こるとは微塵にも思わないですよね?普通は。

Kさんも…ホイホイな体質?だなと思ったんですけど…友達も…良く遊ぶ話で、出てくる人ですかね?その友達さんも…寄って着やすい体質なのかも?ですか?

だったら、2人で居ると…通常よりホイホイされるのかもしれませんね?

大丈夫ですか?

熱もイヤですが…熱だけで済んで良かったですね。

朝、電車で雨なので…脚に傘が当たったと思ったら…何も無い。

隣の人の荷物も後の人の荷物も…傘は当たって無い。



考えるのを止めました。
Posted by にじちゃん at 2017年10月25日 08:24
K様
はじめまして。

やっと最新話に追いつきまして、初コメントです。

首なし幽霊に突進とか、怖くてできませんね(^^;
やっぱり気迫があれば切り抜けられるということでしょうか?

娘さん、いつもながら行動がかわいらしいですね(^^)
でも肩たたき券の「使用起源」が昨日からだとすると、昨日から有効になりませんか?
Posted by くま at 2017年10月25日 08:46
K様 読者の皆様

こんにちは、ばばろあです。
深夜のプール・・・怖すぎ。
そのプールはまだ存在しますか?
霊もプール遊びが楽しかったんですね。
そして、男子学生が食いつきそうな「女子の声」で気を惹く。。。
ご友人「顔のあるバケモノより、顔のないバケモノ」を瞬時に選択
できるあたりは素晴らしいですが、やっぱり高熱にうなされるんですね、残念。
Posted by ばばろあ at 2017年10月25日 10:49
夜のプールの監視員は、バイト料の要らない特殊警備員なんですね…。
違反すると高熱が…。

ぴょんうさぎさま
ぴょんうさぎさまはうさちゃんのように可愛らしい方でした(*´∇`*)
しかし、すみっこでこっそりシャンパンのおかわりやらおつまみやらを注文していたのを私は知っている!(笑)

私はお酒そんなに飲めないから、人生損してる気がします(>_<)

連絡先、ばばろあさまとは交換しましたが、ぴょんうさぎさまとは交換しそこなった!!Σ( ̄□ ̄;)
Posted by クレア at 2017年10月25日 11:22
K様、皆様こんばんは!

私も昔、夜に小学校のプールへ忍び込んだ思い出があります。
はっきり覚えていないのですが、泳いでいたらプールの外側に人影が見え、
こっちに近づいてきたので、一斉にみんなで逃げました。
その時は先生だと思って逃げたのですが、もしかして。。

K様の遭遇した霊は楽しんでいたのかもしれませんね。
それを邪魔したから。。(怖)
公園と一緒で、夜には別の者たちが使用しているという事でしょうか。
怖いですね(x_x)

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年10月25日 17:46
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count