› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 寝言に答えてはいけない!

2017年11月02日

寝言に答えてはいけない!

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆さん、お疲れ様です!

うちの大監督は、明日は学校で授業。

そして、土曜は富山でコスプレ。

日曜日は、白山市でコスプレ。

そして、運転手は私・・・だそうです(涙)

ところで、今後、しばらくの間、とある事情で

毎日の更新が難しいかもしれません。

以前の、とある事情と同じですので、

ご理解くださいませ。

だから、もしも、更新が無かったら、

ああ、きっと、とある事情で忙しいんだな?と

思って頂けると助かります。

ちなみに、文庫本へのサイン希望は随時受付させて

頂きます(笑)

ということで、短いですが、今夜も全く全然、

怖くない話、いってみましょう!

それでは、どうぞ~!




これは俺の知人が体験した話である。

よく、”寝言に返事をしてはいけない”と言われる。

返事をすると寝ている人がそのまま死んでしまうとか、魂が現世に戻って

来られなくなるという話を聞く。

しかし、これから話すのは、それらとは少し理由が違うようである。

その日、彼は翌日が休みという事もあって、趣味のDVD鑑賞をしてから、

午前1時半頃に、寝室に向かった。

1階のリビングの電気を消し、静かに階段をあがり、寝室のドアを開けた。

既に妻は寝ているようで、部屋の中は真っ暗だった。

だから、彼もすぐに寝ようとしたのだがどうも眠りに落ちる事が出来ない。

彼は仕方なく、枕元にある小さなスタンド照明の明かりを点けて、雑誌に

目を通していた。

妻は完全に深い眠りに就いている様で、スースーと心良さそうに寝息を

立てている。

時計の音だけが、コツコツと暗い部屋に響いている。

こんなのも、なんか落ち着けて良いもんだな・・・。

彼はそんな事を感じながら、パラパラと雑誌に目を通す。

その時、突然、隣のベッドに寝ている妻の方から声が聞こえた。

今から行くから・・・・・。

彼は、ドキッとして妻の方を見る。

すると、相変わらず、スースーと寝息を立てている。

なんだ・・・・寝言か・・・・。

そう思い、彼は再び雑誌に視線を戻した。

すると、今度は、

もう少しで着くから・・・・。

おいおい何の夢を見てるんだ?と彼はそのままスルーした。

そして、次に、

ねぇ、死にたいと思ったことない?

そう聞こえた。

彼はさすがにびっくりしてしまい、思わず、その寝言に答えてしまう。

え?

何言ってるんだ?

あるわけ無いだろ?と。

そして、寝言だと思い直し、妻の方を見た。

すると、妻は横たわったまま、両目を見開いて彼の方を見ていた。

彼は、うわっと声を出しそうになったが、それよりも、起きていてそんな事を

聞いてきた妻の内心が気になった。

だから、再び、視線を妻の方へと向けた。

すると、そこに横たわっていたのは明らかに妻とは別の女だった。

彼は思わず、

うわぁ!

という声を出してベッドから飛び起きた。

そして、ベッドから3メートルくらい離れてから、もう一度確認する。

すると、その顔はどんどん崩れていき、老婆の様な顔になっていく。

そして、ニターっと笑いながら横たわり彼の顔を見つめていた。

彼は思わず、

あんた・・・いったい誰なんだ?

妻を何所へやった?

と怒鳴ってしまう。

すると、その老婆は彼のそんな反応がさも嬉しそうに、笑いながらジッと

彼を見ているだけだった。

そして、突然、バターンという音とともに起き上がった。

その起き上がり方は、まるで何か仕掛けでもあるかのように、とても

速いものであり、まるで寝ている姿勢のまま起き上がってきたその老婆に

彼は恐怖し、言葉を失った。

そして、老婆は呆然と見つめる彼の横を通り過ぎ、そのまま階下へと降りていった。

しばらく彼は動けなかったが、ハッと我に還り急いで階下へと降りていく。

そして、家中の電気をつけて妻を探したのだが、妻の姿は何所にも見つからなかった。

しかも老婆の姿は明らかに見当たらないのだが、玄関の鍵はしっかりと掛かったまま

であり、彼は頭が混乱してしまう。

結局、その後、家の外も調べたのだが妻は見つからないままで、彼はそのまま

一睡もせずに朝を迎えた。

すると、突然玄関のチャイムが鳴った。

彼は急いで玄関に走りドアを開けると、そこには妻が立っていた。

パジャマを着たままの姿であり、彼を見ても全く表情1つ変えなかった。

それはまるで催眠術にでもかけられているかのように、無反応な妻の姿だった。

そのまま彼は妻を病院まで連れて行くと、そのまま精密検査が行われ、結果として

一種の記憶喪失状態だと診断された。

それから催眠療法などによって生活に支障が出ない程度に回復したのだが、結局、

その老婆が誰だったのか、は彼には分からないままだった。

それからは、彼は万が一誰かの寝言を聞いたとしても絶対に無視するように

しているのだという。


Posted by 細田塗料株式会社 at 21:08│Comments(20)
この記事へのコメント
営業のKさん

そうなんですね・・・無理は禁物、全てKさんにお任せしますから。
近々、Kさんに向けてサインを頂く為に、著書を送ります。
よろしくします。

この理解出来ない出来事が、怪異ですもんね(汗
如何なる理由で亡者に魅入られ、不可解な出来事が起きたのか・・・世の中、本当に不思議です。

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、Kさん、くれぐれもご自愛下さい。
微力ながら、応援しております。
Posted by 中西 at 2017年11月02日 21:36
こんばんは。更新の休憩は了解しました。ゆったりとお休みください。こないだの私の下ネタのせいじゃないですよね~(笑)
お父さん大監督お嬢様の送迎を頑張ってくださいね。
今回のお話、よく寝言に返事してはいけないって聞きますよね。旦那は寝言でなくイビキが五月蝿い!牛蛙かヒキガエル?と間違えるイビキです。返事したら妻がババァになってたなんて……考えたくない。
休みになるかもしれないので、この場をお借りしまして!
千葉県君様。
LAWSONでゴディバ売ってたから買って待ってたのに取りに来ないから~食べたで二個も(笑)
美味しかった
Posted by いなばっち at 2017年11月02日 22:04
営業のKさん

初めまして。以前より拝見させて頂いておりました。
とても読み易く、直ぐに引き込まれてしまいました(汗)
今では、すっかり大ファンの1人ですね☆
金沢にも興味が湧き、いつか訪れてみたいと思っております☆

また更新される事を楽しみにしてます。

遅れ馳せながらサインが頂きたく、お送りさせて頂きました(汗)
宜しくお願いします☆
Posted by しゃねる at 2017年11月02日 22:13
Kさん、こんばんは。

友人の方の奥さん、変な婆さんの霊に乗っ取られたとの事。
おそらく、通りすがりで偶々波長が合ってしまった、と言う事でしょうか。
大きな問題にはなっていないようですが、奥さんの様子から、まだ完全には離れていないような、気がします。

以前と同じようなとありますが、もしかしたら悪者にちょっかい出されているのですか。
もし、そうだとすれば無理をなさらないよう、気を付けてください。

それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年11月02日 22:29
k様
寝言に答えてはいけないのは初めて知りました。
奥様ともかく無事でよかったです。
あの手この手であちらに引っ張ろうとする幽霊怖いです。
Posted by ちんぱん at 2017年11月02日 22:35
K様こんばんわ。連日の更新お疲れ様&ありがとうございます。

K様、ユルユルポンポコやりましょう‼️
お話はいつでも良いですから。
K様のペースでやりましょう‼️


今回のお話、老婆の正体は何だったんでしょうね?奥様、その後は大丈夫なのでしょうか?少し心配です。

気温が不安定ですから、体調崩さないように、お身体お大事になさって下さいね。
Posted by マリリンミニ子 at 2017年11月02日 22:37
Kさんこんばんは!

土日は娘ちゃんとドライブ?wですかぁいいですねぇ
(*´ー`*)♡
天気も良さげで良かったですね。

Kさんのペースで更新しちゃう!
あぁ(;•̀ω•́)ちょっと無理でいいと思います。
あれ?で忙しくなりますもんね。
(あってる?w)
了解ッ!!(๑•̀ω•́ฅ)キリッ☆しました。

寝言ハッキリし過ぎてると答えちゃいますよね(´∀`;)
その老婆はたまたま通りすがりだったのか?奥さんはその間何処へ?
記憶も消され•́ω•̀)??
寝言の答え次第で異世界に連れてかれてたかもしれなかったですね。
無事で何よりです。

師走に向けて世の中全体が忙しなくなってるような気がします。
体調崩さないように気をつけてくださいね。では良い休日を〜
\( *´ω`* )/
Posted by tomoa24 at 2017年11月02日 22:52
こんばんは!そういや子供の頃、父親が寝言で仕事の電話をしてる寝言を言ってましたね!ま、仕事ですから会話には入って行けなくて、妹と2人でケラケラ笑ってました!夜中の2時〜4時のあいだはあの世の扉がひらくので、その時間に睡眠してると幽体離脱して体の悪い所や疲れをとってるからなるべくその時間に睡眠するようにと聞いた事があります!ですから朝夜逆転の生活は魂がつかれやすいとか?で、おそらく魂が抜けてる間に悪い霊に入られ寝言のようなことを言い答えると、どうにかなるって事かな?霊感もないくせにかなりの憶測で書いてすいません!ま、みなさんkさんの話が好きできてるので、kさんが楽しめるペースでいいんじゃないですか?布袋寅泰がむかし、みんなのために歌を書いてるんじゃないと言ってたけど、まさにそんな感じなのかな?つまりkさんは売れっ子作家なんですよすでに、でわ!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2017年11月03日 00:48
どもショッカー戦闘員オスカーです
m(_ _)m
寝言じゃないですけど、夢の中で顔が見えない人と殴り合いをしてました。丁度相手のパンチが、私の左頬に当たった時に現実でも右に向きました。しかも夢では口から血なんですけど、現実はツバがでちゃいましたよww
Posted by オスカー at 2017年11月03日 03:00
kさんこんばんは!

ああ、想像してしまったら怖くて眠れない!
なんてこったあー。

無表情で玄関に立っている奥さん、
もういやぁーーーの世界です。

普段の奥さん、どんな人なんだろう。
いや、やっぱり怖いから
知るのはやめておきます(笑)
Posted by まあちん at 2017年11月03日 03:06
おつかれさまです。今回も更新ありがとうございます。

はるも イビキの時 は動物が鳴いてるが如く…だそうで(汗)。
寝言も「 ○◯楽しかったねー」など 行ったこと無いところの話しながら 目覚める自分… にビックリの自分が(笑)

寝ている時は 自分管理出来ないので スマホの睡眠アプリで録音しようとしましたが、今回のように ビックリ発言や 他人の声が 入ってたら怖いので まだ実践出来てないです………。

例のやつですね。了解しました。60周年記念ですし(おめでとうございます) 大監督と一緒にコスプレ楽しむのもありかと思います(!)

この場をお借りして
優雲華様のお話は 蛇腹折りの物語の如く 味わい深く ジャンルのバランスも素晴らしいと思います。インドの修行僧のお話…機会がありましたらまた お願い致します。

前記事の tomoa様とたい様のやりとりに キター(^^)!!と
ムフフとなった はるでした。

ゆるゆるやりましょう!
Posted by はる at 2017年11月03日 06:54
営業のK様

おはようございます。

「怖くない話」の更新ありがとうございます。
「寝言に答えてはいけない!」、全く予期せぬことですからほんとに不思議なことがあるものですね(謎)

K様、毎日の更新ありがたく今日も通勤電車の中で楽しくて読んでましたが、呉々もマイペースでご無理をなさらない様にして下さい(礼)

今日から三連休の方もお仕事をされる方も良い週末をお過ごし下さい(礼)
Posted by おしょうとちんねん at 2017年11月03日 08:20
2度目の投稿です

普通に暮らしていてもある日目をつけられてしまったら生活が一変しちゃうって怖いです
なんの落ち度もなく訳も分からないままですよね
防御策はないのかな

相変わらず忙しい朝の息抜きに楽しませていただいてます
無理せずkさんのペースで続けてくださいね!
毎朝見れないのは残念だけど毎朝更新チェックしますから!
いつでも楽しみにお待ちしております!
Posted by りんりんふぁーむ at 2017年11月03日 08:41
おはようございます。

今、行くから…で既に怖い。

でも…奥さんも無事に帰ってきて良かったです。

Kさん、大丈夫ですか?

大丈夫でないんですね。

そんな時は、呑んで食べて!生きている実感を楽しんで下さい。

大丈夫って気持ちになります。
Posted by にじちゃん at 2017年11月03日 09:37
Kさんこんにちは!

この場をお借りしちゃいますよぉ〜

ムフフなおはるちゃん

お久しブリーフだね
(= ̄▽ ̄=)V
おはるちゃんも忙しそうだね。
ちょい前に謎の文面w?でONに突っ込まれてたね
(*ˊ艸ˋ)♬*
密かにニヤニヤ( ˭̵̴᷄◡̶̑˭̵̴᷅ )してましてん
朝晩の気温差がえらいコッチャだけど、体調崩さないように気をつけてね☆彡
じゃねぇ=͟͟͞͞( ¯−︎¯ )
Posted by tomoa24 at 2017年11月03日 10:35
kさん、おはようございます!t.tです!
今となってはkさんの大ファンで毎回ブログの更新を楽しみにしています!
相手の寝言に応えてはいけないと親に教わっていましたので知っていましたが、もし応えてしまうと取り返しが付かなくなるのですね(T-T)半信半疑でしたので勉強になりました!
Posted by t.t at 2017年11月03日 11:18
Kさんこんにちは!

わたくし決意しましたよ
( • ̀ω•́ )キリッ✧
中西読者リーダー様もサインを頂くとの事、背中押してもらいましたよ!(๑¯﹀¯๑)
(えっ!∑( ◦д⊙)‼押してない?)

ずっと歯を食いしばり…
(c◉;益;◉)ギリギリっ!
葛藤してました。これ以上食いしばり筋で顔が四角になると困るのと、サイン受付終了の鐘がなって、大後悔しそうで…
Kさんが幾度となく大丈夫ですよぉ〜の声かけにグラグラ₍₍ ( ‾᷄꒫‾᷅ ) ₎₎心揺れ、サバオに何度もKさんの心遣いをしらせると…
かぁ〜(*´>д<)Kさんほんと優しくて良い人過ぎるわぁ〜じゃあ
もう貰えばよろし…✋( ˘-˘ )と言う顔もしてたのでw(たぶん…


忙しくなるっ!って頃に送らせていただきます。よろしくお願いします
(*_ _)ペコリ
Posted by tomoa24 at 2017年11月03日 17:03
こんばんは。
奥様、無事に帰ってきて良かった…。その後は大丈夫なのでしょうか。
なんの落ち度もないのにこんな目に遭うなんて…ど、どうしたらいいのですか?

それとこれからもKさんのペースで更新なさってくださいね。
なぜならココはKさんのブログなのですから❗️
更新なくても待ってますよ。

寒ーくなってきました。
どうぞご自愛ください。
Posted by かのん at 2017年11月03日 18:48
眠るのは常にひとりなので他人の寝言を聞く機会が全くありません、優曇華で御座います。
現在出張先のビジネスホテルで書き込ませて頂いておりますが、隣室からは調子外れの歌声が延々と聴こえてきておりまして、偏に隣室が空室ではない事を祈るばかりです。

扠、この場をお借りしまして、


はる様。

私の様な者に過分な御褒めの言葉、恐縮の極みで御座います。

はる様が御期待なさっている『インドの修行僧の話』とは、例えば『唯識の大成者』である『世親(ヴァスバンドゥ)』の『阿毘達摩倶舎論(あびだつまくしゃろん)』についての話や『八宗の祖師』と称えられます『竜樹(ナーガルージュナ)』の説いた『空』についての話などでしょうか?

否。この優曇華、承知しております。
ですので『四分律』に準拠して語らせて頂きます。

夜も明けきらないような早朝に衣を身に付けて、鉢を手に食べ物を貰いに出掛けたのです。
で、たまたま伺った御宅には、たまたままだ幼い可愛い男の子が寝ておりまして、これまたたまたま男の子は寝ているのに起きていたものですから、『つい』咥えてしまったんです(つい?)。
「ねぇ、釈迦。これってアウト」
「当たり前だバカ」

向こうから僧が来たら、『つい』元気になったんです(つい?)。で、ちょっと困ったような顔でもしてたんでしょうか?その人がいきなり咥えてきたんです。でも快楽は感じませんでした。
「ねぇ釈迦。僕はアウト?」
「お前はセーフだけど相手はアウト」


ここだけ見ればまるで『お前らは寄ると触ると咥えるのが挨拶か何かなのか?』とツッコミたくなるような話でありますが、この話が載せられております『四分律』も先に題だけ挙げました『阿毘達摩倶舎論』も題すら挙げずにおりました竜樹の『中論』も全てがレッキとした仏典で御座います。

『倶舎論』や『中論』につきましては機会があれば。
尤も『中論』に説かれた『空』は説明だけでも厄介な上に、その『空』の理論によっていわば否定された『倶舎論』は『坊主泣かせのクシャクシャ論』などと揶揄される程の内容ですから、触れる程度に留まるとは思いますが。

そろそろユニットバスに湯の溜まった頃合。入浴後は洗濯もせねばなりませんので、この辺りで失礼させて頂きます。
ではまたいずれ……
Posted by 優曇華 at 2017年11月03日 19:50
Kさん この場をお借りして

リクエストにお答えくださった優雲華様に 一言述べさせてくださいね。摩訶不思議の世界に…

「ブラヴォー!!!」(スタンディングオーベーション)
Posted by はる at 2017年11月03日 23:57
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count