2017年11月04日

真夜中の行列

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆さん、お疲れ様です!

今日はうちの大監督を富山まで送ってきました。

今日のコスプレ場所は、かなりの雨風だった

様なので、きっと疲れきってご帰宅される

ことでしょう(笑)

と、思っていたら、帰りは電車とバスで自力で

帰ってくるはずなのに、今日は1日仕事の妻に

ラインがあり、迎えに来てください、との事でした。

本当に、親を運転手としか考えていないのかも(涙)

ということで、今夜も怖くない話、いってみますね!

それでは、どうぞ~!



これは俺が体験した話である。

毎週末、俺は片町に飲みに出かける。

ストレス解消という大義名分のもとに。

そして、たまには1人ではなくお客さんや友人と飲みに行く事も少なくない。

そうなると、やはり〆の一品が必要になる。

それはラーメンだったりお茶漬けだったり、そばだったりと様々なのだが、

根っからの行列嫌いの俺は、行列が出来るほどの人気店には行かない。

並んだ結果が???な場合も多々あるのもその理由だが、どうせなら

少しくらい不味くても広々とした店内でゆっくり食べたいからという

のが本音である。

だから、いつも人気店を奨めるお客さんや友人を振り切って、暇そうな

店にばかり飛び込む。

まあ、どうせ酒も回っているから味など判る筈もないのだから。

ただ、いつの頃からか、とある行列に興味を持つようになっていた。

それは、とてもとても長い行列であり、いったいどんな店に続いている

のかすら判別がつかないものだった。

それは、凄まじく美味しいお店なのか、それとも、何か別の激安店なのか?

我慢していると尚更興味が沸いてきてしまい、お酒を飲んでいても

落ち着かない。

そこで、ある日の夜、深夜1時過ぎにいきつけの店を出た俺は

思い切って、裏通りにあるその行列を見に行った。

その場所に着くといつも通り、老若男女が関係なく長い列を作っていた。

皆、私服でありそれぞれが単独で列をなしている。

それにしても長い列だ。

俺はつい好奇心が勝ってしまい、その行列の最後尾に並んだ。

俺が列に並んでも、誰も振り向こうともしなかった。

それどころか、行列を成している全員が俯きがちに寡黙に並んでいる。

それは、特に霊的なものを感じる事も無かったので、俺はそのまま列に

ついていると、少しずつではあるが、前へと進んでいるようだった。

そして、気がつくと、俺の後ろにも沢山の人が並んでいる。

それにしても、こんなに大人気の店っていうのも凄いな!

俺はそう思いながらワクワクして行列が進むのを待った。

すると、気がつくと、周りは行列に並んだ人で溢れんばかりになっており、

狭い路地は身動き出来ない状態になった。

こうなってしまうと、さすかに行列嫌いの本能が起き出してきてしまう。

俺は、何とか、今並んでいる行列を抜け出そうと決めた。

しかし、まるで満員電車に押し込まれたような状態で、全く体の自由が利かない。

それどころか、急に人の流れが速くなったのか、俺はまるで激流にでも

飲み込まれたかのように、人の流れに身を任せるしかなかった。

こんな列に並ぶんじゃなかった!

そう思ったが、もう遅かった。

人の流れはどんどんと速くなっていき、それでも行列の最前列というのが

見えなかった。

いや、というよりも、この行列にはもしかすると先頭は無いのかもしれない。

そう思った。

この時になると、さすがにこれはもしかすると普通の行列ではないのでは?

と思い始める。

更に、根拠は無かったが、1度列に並んでしまうと、もう逃げられないのでは、と

悟り始める。

なんとかしなくては・・・・・。

そう思った時、突然、行列の流れが止まり、俺はその勢いで思わずその場に

転んでしまう。

そして、顔を上げた時、そこには、見慣れた顔があった。

Aさんだった。

Aさんは、笑いを堪えている様な表情でこちらを見ている。

なんで、こんな処にAさんがいるんだ?

本物なのか?

そう思った時、いつものように、

死人だけの行列に生者が居る、と思って見てみれば・・・。

相変わらず馬鹿な事やってますよね(笑)

これって、死人がこれからあの世に行く列なんですけど?

あっ、馬鹿は死ななきゃ治らないと思って、そんな列に並んでるんですか?

でも、Kさんの馬鹿は死んでも治らないと思いますよ(笑)

相変わらずの好き放題の暴言の数々。

間違いなくAさんだった。

そして、Aさんがこちらに近づいて来るにつれて、まるでモーゼの十戒の様に

並んでいる死者達が道を開ける。

そして、目の前に来たAさんは、

この列にこのまま流されたらそのまま死んでしまいますけど、どうします?

私はスイーツが食べられなくなって困りますけど?(笑)

と言いながら俺の顔を覗き込んでいる。

俺はあなたのお財布じゃないよ!

と思ったが、相変わらず口にする事は出来ず、俺は小さな声で、

あの・・・助けてくれるかな?

と言うと、Aさんはにんまりと笑って、

また貸しが1回ですからね(笑)

せっかく1人楽しく飲みに来ていたのに台無しですから(笑)

と言うと、

はい。どいて。どいて。

と行列を掻き分けるようにして俺の手を引いた。

そして、気がつくと、俺はいつもの夜の片町に立っていた。

安堵している俺に、Aさんは、

まあ、Kさんの場合、ある程度見えちゃうのが逆効果なんですよね!

もっと自覚を持たないと・・・・。

そう言うと、そのまま手を引っ張られて、別の店に無理やり入らされた。

そして、

今夜はKさんの奢りですからね(笑)

と嬉しそうにメニューを物色していた。

まあ、飲食店にAさんと一緒に来て、お金を払って

貰った記憶は無いのだが・・・・。

それから、2軒ほど付き合わされ、全額俺が支払いしたのは言うまでも無い。


Posted by 細田塗料株式会社 at 19:13│Comments(21)
この記事へのコメント
K様こんばんわ。連日の更新お疲れ様&ありがとうございます‼️

お嬢様は無事に帰宅されましたか?風邪引いてたりしないように、美味しいもの沢山食べてね。と伝えて下さいね。そして歯磨き大事だと。( ノД`)…

今回のお話、見えてしまう、そして好奇心で行動してしまうK様が怖いですよ‼️ ((( ;゚Д゚)))Aお姉様に助けて貰えて良かったですね‼️ クリスマスにはファミリーマートのケーキご馳走してあげて下さいませ。(笑)(*´∀`)♪

朝晩はかなり冷えますから、体調崩さないように、お身体お大事になさって下さい。
Posted by マリリンミニ子 at 2017年11月04日 19:52
?kさん霊感ないんだ?てか人間と幽霊の区別もつかないなんて、そりゃAさんにあきれられますよ!しかし何故Aさんいたんですかね?としうえのkさんの事が子供みたいに気になって仕方ないのかな?そのまま列にならんでたらあの世へ行ってたんですかね?だからkさんは並ぶのが嫌いなんでしょう!2度と行列にはならばないで下さい!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2017年11月04日 19:57
営業のKさん

まさかの更新 ありがとうございます!
今日の更新は無いと思ってたので、油断してました(^_^;)
しかも、大ファンのAさん登場!感激です☆

いつかまた、Aさん、姫ちゃん登場の怖くない話が読みたいですね(^-^)

今日は本当に ありがとうございました☆
Posted by しゃねる at 2017年11月04日 21:15
初めましてkさん。いつも楽しく読んでおります。
Posted by みや at 2017年11月04日 22:14
見えちやうのも考えものですねー
普通の人はK様一人しか見えてなくて「あの人何してるの?あんな所で一人で ぷっ」って感じですかねー
でもA様に助けられてよかったです。
Posted by ちんぱん at 2017年11月04日 23:00
K様皆様
こんばんはぁ★K様更新ありがとうございます(^o^)
今回のお話しで、気になった所が!A様に手を引いてもらったって所です。いいなぁ~、うらやましいなぁ~~なぁんて思ってしまいましたが、大変な思いをしたのはK様ですもんね。転んで身体が痛い、お財布も痛い、、(笑)
Posted by ちゃみ at 2017年11月04日 23:33
死者の魂を死後の世界へと運ぶ列車は本当にあるんでしょうか
列車は見えず音だけで運行時間外にきます。
魔列車とも呼ばれてます。心霊闇動画22より
Posted by 振り向けば腰抜け at 2017年11月04日 23:34
初めまして。数日前からの読者です。ひと月程前から、急に怖い話を読み漁るようになりました。こちらに辿り着き、安心して楽しめる"怖くない話"に感動しております。読み進めていると「これで、300話」という凄まじい数字に出合い、バックナンバーの数々に一秒でも速く合流したい思いで一杯なのであります。とにかく、今いちばんお伝えしたいのは、"ありがとうございます"の言葉です。
Posted by あでゅう at 2017年11月05日 00:06
おはようございます

きのうは、野球、、ついつい見てしまいました。最後に「あ~」というため息を伴って。そして、「ジョーブラックをよろしく」という映画を見ていました。ブラッド・ピット, アンソニー・ホプキンス、、、いい役者たちです。話の内容は、死神と令嬢の切ない恋・・・ブラッド・ピットが甘くせつなく贈る、不思議な世界のラブ・ストーリーっていうフレーズです。この話の中で一番気に入ったのは、言葉が持つ強さと重みです。
で、Kさんは死者たちの仲間たち?とたわむれていたのですか?周りからは、酔っぱらいのさすらい歩きのように彷徨っていたのですね。Aさんがいてよかった。。。ほっとけないですよ、Kさんは。( ^^) _旦~~
Posted by まーくん at 2017年11月05日 06:59
Kさま
お休み入るのかな?と思ったら!
怖くない話!(笑)
コスプレ~ん私もGLAYのHISASHIさんのコスプレしていた時期があり、髪は青や紫だった時期あります。Aさんも髪が青かった時期があるって?以前書いてあったからもしかしてーGLAYのHISASHIさん好きなんかな?ってアホな妄想していた。みさとんです。
Kさん『やっほー 』って叫んだことありますか?
お茶漬け食べたいよー片町に夜中しかしてないお茶漬け屋さんがあるそうな。
Posted by みさとん at 2017年11月05日 07:37
おはようございます☀️
kさま…Aさんに助けていただき、本当に良かったです!♡
お酒のチカラ?って…怖いですね…(><)
Aさん無くしては
kさま
生きていけませんね…
kさまの奥様ごめんなさい
Aさんのチカラ…毎回本当にお見事✨✨✨です!
kさま、くれぐれもお身体を大切になさってくださいね٩(ˊᗜˋ*)و
御家族のためにも
そして私達、読者ファンのためにも(⸝⸝ᵕᴗᵕ⸝⸝)
Posted by ひまわり at 2017年11月05日 07:43
おはようございます。
久しぶりに
コメントします。

怖すぎます。
でも、Kさんが霊感強すぎ?もしくは、守りの方が、Kさんを試している感じがします。(笑)


Aさんが、カッコよすぎます。


でも、連れていかれずに良かったですね。


今日も、幸せな
1日になりますように。

いつもありがとうございます。
Posted by やまま at 2017年11月05日 08:15
営業のK様

おはようございます。
連日の更新、ありがとうございます。
ただ呉々もご無理をなさらない様にして下さい。

本日も通勤電車に揺られながら読みました。日曜、祝日の朝の電車は、空いていてゆったりと座りながら乗れるので、ゆっくりと「怖くない話」を読めます(笑)

「真夜中の行列」、これから霊界にいくって時は、そんなに行列となるんですね。

以前、知人から聞いた話ですが、
仕事帰り(夜中)に鈴の音が聞こえてきて、何かと思ってその鈴の音がする方に行ったそうです。
先頭に鈴を鳴らしてる人が居て、その後ろに俯きならが列を作って歩いている人達がいたそうです。何の列かと思い近寄ろうとしたら先頭の鈴を鳴らしていた人が、「こっちに来てはいけないと」と言わんばかりに無言で首を横に振ったそうです。あれはいったいなんだったのだろうと話をしていたことを思い出しました。

ちなみに私も並んでまで食べたいと思う事がなく、K様同様にゆったりと食べたい派です。いざ食べようと思った時に結構雑な感じの料理が出てきた時があったので、それ依頼並んで食べるということをしなくなりました(笑)

今日の東京は、空気はちょっと冷たい感じですが、晴天です。

K様、皆様、今日も一日良い日曜日をお過ごし下さい。
Posted by おしょうとちんねん at 2017年11月05日 08:31
営業のKさん

めっきり寒くなりました。
もう11月ですから、当たり前ですが。

その真夜中の行列・・・各地にあるのでしょうか。
タイミングよく、Aさんが片町に居たから良かったものの・・・違う意味で寒くなりますね。
まぁ~財布も寒くなった様ですが(汗

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年11月05日 08:59
またまた霊道のど真ん中ですか。腹筋が痛いです(ノ∀≦。)ノも~やめてやー。

駅ビルの某スーパーもダイソーも、あ!あれ忘れた!と思いレジの行列を抜けようとするんですが、ナイロンテープが出てくる銀行のATMにもよくある金属の通せん棒、で列をがっちりホールドされてジグザグだから、簡単に抜けることができない。

行列って、ある時はどっと並んでるのにしばらくすると並んでないのは不思議ですよね。私はたくさん並んでる時ははずして閑散としたら並ぶんですが、嫌いなんで。

駅ナカの甘味屋やデパの期間限定店に行列が出来ますが、皆様ご苦労様、あなたが並んでも食べたいのは所詮小麦粉とバターと砂糖と卵とあらゆる添加物で作られたものはがりです。と思いながら通りすぎてますの、おほほ。
Posted by はるた夏雲 at 2017年11月05日 10:10
更新ありがとうございます。
片町にもそういう場所があるんですね。
私も行列は嫌いなんですが、
テーマパークのアトラクションには並んでしまうww

K様、お身体くれぐれも大事になさってくださいね!
Posted by kanazawa at 2017年11月05日 10:36
Kさん、こんにちは。

いつものAさんとのやり取り、何故か漫才に見えてしまうのは、私だけですかね。
しかし酔っているとは言え、数多くの体験をしているKさんが、並んでいる連中の様子を見て、変だとは思わないのでしょうか。
今回のお話はKさんには申し訳ありませんが、Aさんとのやり取りといい、笑ってしまいました。(^_^;)

それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年11月05日 11:02
こんにちは。

Kさんは見えすぎなんですかね?

普通の人に見えるくらい見え過ぎなんですね?

だから、怖いのはより恐く見えてしまうのも事実って事なんですね。

町に死者の行列が出来るって…。。。

何処の町でもあるんですかね?

でも…さすがAさん、モーゼの様にとは…助かって良かった。
Posted by にじちゃん at 2017年11月05日 14:09
思い出しました。

鈴の鳴る方見たら列の話で思い出しましたよ。

我が家の墓もある、県内屈指の大規模霊園を見渡す場所に家がある知人の話です。
キモチワルクナイの?と聞いたら、実家が寺で墓地も昔はあったから親近感ある光景なんだとか。
そんな知人だから深夜でもふつーにベランダでタバコ吸いながら真夏の夜風に当たってるわけです。
ご近所は雨戸しっかり閉めるそうですが。

ある時、ベランダでビール飲んでたら霊園の中で提灯行列みたいなのが見えたため、ヨメさんを呼んで二人で見てたとか。
かすかに鈴の音がしていてある場所で灯りも列も消えた。そこは合同墓地のあたりとか。見たのはその1回だけだそうです。

あの世の行き方に迷った仏たちを回収してまわる霊導師がいるんですかね、キョンシーにもいましたけどね。
Posted by はるた夏雲アゲイン♪ at 2017年11月05日 16:43
Kさんこんばんは!

自分達の時代は親に頼ると言う選択は無かったですね。うちの娘も当たり前のように、私にだけ頼んできますから╭(ಠ_ಠ٥)╮
この先も続くと思われますw

私も行列苦手です
わぁ( ´・ᴗ・`;;)

確かにいつも行列だと気になりますよね〜もぅA姉御笑えます。ホントに最高なコンビですよね。
行列の波にのまれてるKさんを想像するとꉂꉂ(๑˃▿˂๑)ギャハハ

嫌いな行列に並んでそのままあの世は泣くに泣けないですよね。抜け出せて良かったです。

更新ありがとうごさいます☆彡
Posted by tomoa24 at 2017年11月05日 17:31
こんにちは!あわわ、危うく死ぬところを助けて頂いて感謝ですね。
いつもkさんが困った時にタイミングよくAさんが居られて良かったと思います
やはり、中途半端に見てると不便で危険な事ばかりなのですね
Posted by t.t at 2017年11月06日 15:40
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count