› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 一番怖いモノは・・・・。

2017年11月13日

一番怖いモノは・・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です!

相変わらず、私などのサインを希望されて

ゆうパックで文庫本が送られてきておりまして、

大変恐縮しております。

話がなかなか書けず毎日更新するのは

難しいのですが、文庫本のサインくらいなら、

幾らでもさせて頂きますので、宜しければ

どうぞ!(笑)

その際、皆様、本当に申し訳無い程のお菓子まで

同梱して頂いているのですが、本当にお気持ちだけで

十分ですので・・・。

いつも会社の皆で美味しく食べさせて頂いておりますが、

さすがに申し訳なく感じているこの頃です。

ですから、

「おい、K。サイン頼むぜ!」

というノリで大丈夫ですので(笑)

それから、大変申し訳ないのですが、個人的なお悩みの

お手紙を会社宛に送られてくる方がいらっしゃいますが、

大変申し訳ありませんが、Aさんにも、姫にも、住職にも

会える様に仲介する事は出来ませんので、ご理解ください。

また、個人的なお悩みに対しても、私ごときがご相談に

乗れる事もありませんので、その点もご理解頂ければ、と

思います。

更に、『その歌を唄ってはいけない』の話ですが、既に

削除しましたが、是非読みたいという旨のコメントも

沢山頂いております。

ですので、1度削除しておきながら、恐縮なのですが、

今度の日曜日にもう一度アップしたいと思います。

そして、夜の11時には今度こそ完全に削除致しますので、

お読みになりたい方は、その時間内に是非どうぞ!

その話だけでもメールで送って欲しいという要望も

頂いておりますが、やはり、その方法は避けたいというのが

本音です。

ご理解ください。

そして、今日のうちの大監督ですが・・・・。

早めの時間に帰宅したらしいのですが、

帰ってきた妻を驚かせようと、リビングの手前の

廊下で死んだ真似をしていたしらいのですが、

疲れが溜まっていたらしく、そのまま爆睡されました。

妻が帰宅すると、真っ暗な廊下に、うつ伏せの娘が

倒れており(爆睡しており)、まるでホラー映画の

一場面のようだったということです。

ちなみに、セーラー服のまま寝ていた娘は、

服にシワがついたとのことで、妻からお叱りを

受けておりました。

「だって眠かったんだもん」

と言い張る娘でしたが、

「眠かったらそんな事するな!」

という妻の言葉に撃沈されておりました。

大丈夫なのか?

大監督?

ということで、

今日は本当はアップしないつもりだったのですが、

少しだけ書いてみます(笑)

私にとっては一番怖い話・・・になります。

それでは、どうぞ~!



俺が小さな頃には家の周りには沢山の田んぼが在った。

その頃の俺は、カエルなど全く怖くなかった。

そして、田植えの時期になると、近くの用水の水位が上がる。

そして、私は友達と遊んでいて、小さな川に落ちた。

水泳が得意だった俺だが、さすがに皮の流れは速く

俺は流れに身を任せ沈まないように浮かび続けるだけで

精一杯だった。

そして、その小川は用水に流れ込んだ。

俺はそのまま用水へと流されるのだか、用水の先には

金属製のネットが張ってあり、そこまで流されれば、助かる

というのは子供の俺にも分かっていた。

しかし、誤算があった。

その金属製のネットは川の本流に大きなゴミなどが

流れていかないように設置されていたものなのだが、

そのネットにたどり着いたとき、俺は地獄を見る事になった。

そのネットには格子が埋まるほど沢山のトノサマガエルが

くっ付いており、更にネットの周辺の水面も、カエル達で

埋め尽くされていた。

そして、逃げ場の無い俺は当然ネットを手で掴むのだが、

俺の顔や頭には無数のカエルが飛びついては逃げていく。

そして、カエルで一杯の川の水も、たらふく飲んだ後、

俺の記憶は飛んでいる。

たぶん、俺の脳が危険と判断し記憶から消したのだろう。

しかし、その後、誰かに助けられ目が覚めた俺だったが、

帰るの恐怖だけは完全に心に焼き付けられていた。

それからは、帰るの恐怖と戦う日々が待っていた。

友達とバスに乗り、先に降りた俺は何気に近くの

ガードレールに手を置いた。

その瞬間、うわお、と訳の分からない悲鳴をあげてしまった。

俺が手を置いた場所にビンポイントにアマガエルが

留まっており、それを俺は手で掴んでしまったのだ。

更に、自動販売機にお金を入れてから、商品のボタン近くに

無数のアマガエルが張り付いている事に気付いた俺が

そのままお金と商品を取らずに逃げ帰ったのは一度や

二度ではない。

更に、自宅から通勤していた際、何がどうなっていたのかは

分からないが、エンジンをかけた途端、フロントガラスに

何かが落ちてきた。

ビクッとしてよく見ると、とても巨大なヒキガエルが

窓に張り付いてこちらを見つめていた。

ワイパーで何とか振り落とそうとしたが、カエルにも意地が

あるのか、全く動こうともしない。

結局、その日はそのまま会社に連絡をして休んでしまう。

更に、実家のトイレで用を足している時、ふと視線を

上げると、そこには一匹のアマガエルが・・・・。

動いたら、こちらに飛んできそうな気がして、俺は

そのままの姿勢で1時間以上カエルが出て行くのを

待ち続けた事もある。

また、辰口という所にある公衆トイレに尿意を催した

俺は急いで車を停めて飛び込んだ。

そして、用を足している、まさにその時、目の前の

便器に巨大なモリアオガエルが今にもこちらに

飛び掛ってきそうな様子で、俺を見ていた。

完全に固まってしまった俺は、そのままの

姿勢で、ゆっくり少しずつ後ろに下がっていった。

その様子を見ていた見知らぬ人が、俺を不思議そうな

顔で見ていたのは言うまでも無い。

それからというもの、山菜取りに行けば、俺だけが

カエルと遭遇したり、仕事でブロックをどけた

途端、大きなヒキガエルに飛び掛られた事もあった。

だから、この世の中で、俺が一番怖いのは、今でも

カエル・・・である。

ちなみに、ヘビやトカゲなどは平気で触れるのだが。

それでも、以前は一年に必ず数回は見ていた、

用水に落ちた時の夢が、ここ数年は全く見なく

なったことだけでも感謝しなければいけないのだろう。

つまらない話、本当に失礼しました。

でも、本当に怖いんですけどね(涙)



Posted by 細田塗料株式会社 at 22:20│Comments(27)
この記事へのコメント
Kさま、こんばんは。いつもありがとうございます。
わかります!私もこの世でカエルが一番怖いです。虫も幽霊も怖いのですが、カエルに比べれば〰♪という感じで。
私は東京都下在住です。さほど田舎でもなく、JR駅から徒歩3分のマンションに住んでいるのですが、カエルが出ます。マンション入り口にカエルがいて、どうしても跨げなくて会社を休んでしまったことも幾度となくあります。
触れませんが、ヘビやトカゲは大丈夫なのですが。克服する術はないものでしょうか…
Posted by よよよ at 2017年11月13日 22:38
K様、初めましてです。
毎日こちらをのぞいてます 青子と申します
今夜のNHK鶴瓶の家族に乾杯は石川県の収録でした。
一人で、Kさんがいる県だ〜〜(๑˃̵ᴗ˂̵)とワクワクしておりました。
本も読みました。一番怖い話はやはりキツネに一票です。
近々、サイン希望でお願いに送りたいと思います。宜しくお願いします(*☻-☻*)
Posted by 青子 at 2017年11月13日 22:47
Kさんこんばんは!
今日の夜仕事終わりにケッタマシーンで郵便局まで爆走し、出して来ました。水曜日着です。サインよろしゅう頼んます。
(*_ _)ペコリ

もう娘ちゃん最高!その姿を見てみたかったwww

削除すると知ってながらも、無くなってると悲しいですね。今更ですがやはり削除しないとダメなんですかね?(´・∀・`)フッシギー

今回の話カエル嫌いの私には1番の恐怖でしたね。カエルの種類の多さとシチュエーション( ᵒ̴̶̷᷄ᾥᵒ̴̶̷᷅ )に愕然
そんないろんなパターンでの遭遇
:(´◦ω◦`):ガクブル
私は琵琶湖で進まない沈んでいく平泳ぎを練習してる時に私の目の前を平泳ぎで横切られた時に…
ギャァ━━(゚Д゚il!)━━ァァ!!!ぐらいですかね。
今回の話が冷汗でましたね。
怖いわぁ〜
(((╥д╥;)))
Kさんまた今日みたいにいろんな話で更新してくれたらうれしいです、
ではおやすみなさい☆彡
Posted by tomoa24 at 2017年11月13日 22:48
Kさん、こんばんは。

今日は霊関係の話ではなく、カエルですか。
誰もが意外なものに、嫌悪感を感じる事がありますが、Kさんの場合は偶々カエルだったのですね。
カエルに何か悪い事をしたため、その祟りではないかと言える位の確率で遭遇しますね。
Kさんには申し訳ないですが、今日の話大変怖いです。_(^^;)ゞ

それではまた、次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年11月13日 22:49
いま住んでいる家(場所は、所謂田舎)は、網戸をしっかり閉めてあっても、何故かカエルが入ってくる。年に何匹かは、家のなかで遭遇することになるので、シーズン中(?)は、覚悟して暮らさなくてはならない。

私のカエルにまつわる"怖くない話"でした。チャンチャンっと。失礼いたしました。
Posted by あでゅう at 2017年11月13日 22:59
K様こんばんは!
執筆お疲れ様です

1番恐ろしいもの、と聞いて
どんな話なんだ!?
と思っていたら、蛙でしたかw

でも私も蛙が大の苦手でして…
小学生の時、友達がアマガエルを触っていて、私に『触ってみなよ!』と言いながら片手に蛙を持ち、追いかけてきた事がありました。
あれは…怖かった(汗)
大声で泣き叫びながら、グラウンドを走り回っていましたw

しかし、K様の蛙遭遇率凄いですねw
梅雨時が地獄ですね
K様の蛙遭遇率が少しでも減りますように

そして、執筆頑張ってください
無理はされないようにお願いします
Posted by おれんじ at 2017年11月13日 23:26
アマガエルの緑色と云えば幼少の頃に買ってもらったポルシェ911のトミカにソックリ、
いつかはポルシェと思いつつ子供が4人、株式会社とは名ばかりの家族経営商店勤めな僕はレガシィB4 3.0R spec.B 6水平対向6気筒エンジンで仮想ポルシェを満喫?していますが…

外来種ウシガエルに囲まれなかっただけでも良かったですよ!

アマガエル好きでもウシガエルの大群は耐えかねますもの?

全く霊感の無い僕はいつも楽しく拝見させて貰ってますが、おかげで仕事が詰まっているのに深夜残念が出来ない身体になってしまいました。

どうしてくれんの!

これからも
色々なお話宜しくお願いします\m/
Posted by グリンゴスロコス at 2017年11月13日 23:29
 K様、皆様、お疲れ様です。

大監督、さすがです!♪
将来、どこに向かってゆくのでしょう(笑)

今日の話はK様にとっての一番怖い話とのこと。
ただ、カエルの誤字多発。
そこまで苦手?怖い?(笑)

まあ、怖いもの、苦手なものは人それぞれですけど・・・

「その歌を唄ってはいけない」の件についてはわかりした。

K様が思われる様にされるのが一番かと。

「怖くない話」の更新はいつでもいいですよ。
ただ、前のコメントで他の方が気になることを書かれていた様ですので、お身体も心も十分、ご自愛ください。

では。
Posted by 上海より at 2017年11月13日 23:36
K様こんばんは!
今回のお話し、すごーくわかります!
嫌いなのに、怖いのに何故か縁がある笑
私にとっては毛虫と芋虫です!
グランドに立ってるだけなのに足元からアメシロが2.3匹登って来てたり、自転車のハンドルを握った瞬間フニャってゆう嫌な感触に恐る恐る掌を見れば真っ黒な巨大毛虫が乗っかっていたり、外に干しておいたルーズソックスを履いた瞬間プチっと‥‥そこには変わり果てた芋虫の姿があったり、犬の散歩中に何故か腕がチクチクするから見て見れば横腹に見たこともない模様の巨大毛虫がくっついていて、腕を振るたびにチクチク刺さっていたことが原因だったり。なんで私だけこんな目に!って思います泣
もう、ほんとイヤ!身の毛もよだつとはこの事ですよね!
Posted by シュガー at 2017年11月13日 23:54
 こんばんは、野崎と申します。

 今まで、怖い場面で背筋がゾッとする話はありましたが、例の話はまだそこに到達もしない内に部屋の空気が変わったような気がして慌ててブラウザバックしました。普段ラップ音で満足してる連中とはいえ、騒ぎ出したら対処不能ですので。
 多分に錯覚なのでしょうが、少しでも障りがあるかもしれないとKさんが判断されたのなら、封印も止む無しと思います。

 さて、話変わって、一番怖い話ですが、私も狐の嫁入りに一票です。
 なんだかこう、頭の中で情景を組み立てていくと、怖いのと同時に幻想的な何かも浮かび上がってきました。

 では、ここらで失礼させていただきます。
Posted by 野崎昭彦 at 2017年11月14日 00:14
こんばんは。

カエル、カエルってカエル祭りじゃないですか!(笑)

本日は最後まで怖楽し〜く読みました。ありがとうございます(笑)

あ、Kさんのご本は11月に入ってからですがゆっくり読んでます。
1話読み終えたら休憩を入れないと次が読めないくらいコワイです…。
Posted by かのん at 2017年11月14日 00:15
へぇ〜カエルですか?お父さん無事カエル!て思えばいいのでは?こんばんは!私はよく車にアマガエル、てんとう虫、カマキリがついてますね!一応手でとって草むらや花壇におきますが、アマガエルのオシッコは目に入ると結膜炎になるらしいので触ったらすぐ手洗います!霊能者の方のブログで気が明るいと蝶々やトンボがよってきて、おちこんだり悩みがあると、蛾とゴキブリをよく見るらしい!最近蛾を良くみるのですが(;ω;)カメムシも洗濯した服に付いてるし!しかしカエルですか、Aさんに相談してみては?それにしても大監督も冗談がね?いろんな意味でコラッ!優しいお父さんにかわってしかっておきましたよ!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2017年11月14日 00:54
営業のK殿

Kさんの一番怖い話はじわっと来ました。
誰でも一番怖い体験は自分の一番苦手な物との遭遇だと思います。
そんな蛙嫌いのKさんが何気に蛙の種類を知っているのがツボでしたがww

大監督の近況も素敵です(*´艸`*)
異国の地で頑張っているオッサンのファンが居ると伝えて下さいww
そして相変わらずの誤字脱字もNiceです(^o^)v

おそらくKさんは途上国への旅行は控えた方が良いと思います。
私の駐在しているラオスでは当たり前の様に蛙を食しますし、市場で威勢の良い蛙を日常的に売っています。
蛙も食べられるのは嫌なのか、たまに脱走した蛙が市場を我が物顔で闊歩しています。
話を聞くと、途上国では動物性蛋白質を摂取する意味でも蛙等の野生動物を食する習慣が有るとの事です。
なので途上国を訪問する際は比較的リスクの少ない首都のみを訪問するのが得策かと…
ラオスなら首都ビエンチャンのみと言う感じですかね。

これからも怖くない話&大監督の近況を楽しみにしています。

多忙等の諸事情でUPが疎らだと思いますが、Kさんのブログを楽しみにしている方が大勢居ると言う事実を励みに頑張って下さい。
Posted by マッスル爺 at 2017年11月14日 01:13
Kさん
皆さん
お疲れさまでございます(^ ^)

Kさんが怖いというから電気点けて読みました、
こんな夜中に(笑)
蛙=帰る=カエル
とか
皮の流れ
とか
今夜はツッコミたくなるくらいの誤字、
きっとカエルの恐怖で動揺されてらっしゃったんですね(^^;;

私もtomoaさんのように
怖くない話だけじゃなくてもいいのになぁと
思ったりしてました。
Kさんのお話は読みやすくてどんどん引き込まれてます。
私は今回の歌のお話よりも
漫画やその他の話(怖過ぎてタイトルも書けないです)で
もっと恐怖してました(汗)
Kさんの話で震え
中西さんのコメントで落ち着かせて貰うという
パターンでした。
人それぞれ感じ方も違うものですね。

怖くない話はコワイですが、
最近は職場もコワイです。

お休みなさい(( _ _ ))..zzzZZ
Posted by とも at 2017年11月14日 02:40
営業のKさん

おはようございます☆ 連日の更新、ありがとうござます(^o^)
一番怖いモノ…カエル。分かります! 私は怖くはないですが、苦手ですね(^_^;) 蛇もトカゲも苦手です! 出来る事なら、出会いたくないですね… それにしても、Kさん、嫌いな割にはカエルの種類に詳しいですねΣ(・□・;)

「その歌を唄ってはいけない」ですが、もう一度アップして頂けるのですね。もう一度、じっくり読んでみたいと思います。

それから、大監督はやはり大物ですねー 素敵です!
怖くない話の更新時の大監督の近況も楽しみにしております(⌒-⌒; )
それでは、また更新出来る時でいいので、宜しくお願いします☆
Posted by しゃねる at 2017年11月14日 06:49
営業のKさん

お早うございます。
曇り空、小雨の降る福岡です。

思い付いたら即実行・・・オチまで付けるとは、さすがに大監督。
お嬢さん・・・毎日楽しそうですね。

以前にも記事内に記されていましたが・・・これ、ひとつ間違えれば、命を失う事故になりますよ(汗
用水路のネットに掛かれば、流れの抵抗になり水量も増える、さらに水圧が高まる・・・よくご無事でしたね。

私にも生理的に嫌いな虫が・・・ダンゴムシとワラジムシ、似た感じでテントウムシですね。
表からは足が見えず、裏返るとゾワゾワが鳥肌もので・・・理由は分かりませんが。

娘が幼い頃によく遊んでいた公園・・・走り寄って来て、差し出したその手に握られていたものは・・・ダンゴムシ!

それでは、次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年11月14日 08:03
こんにちは 楽しく読ませてもらってます。
「その歌を歌ってはいけない」が日曜だけアップなのですか?
自分は自宅にネット環境がないため、日曜は見に来れません。なんとかならないでしょうか
Posted by はまぐり at 2017年11月14日 08:39
K様、皆様おはようございます。

カエルですか。。
私はアマガエルでもウシガエルでも平気で捕まえられますが、
K様にとっては見るだけで地獄なのですね(^^)

その代わり私はゲジゲジが苦手です。。
あの足、動きの速さ、
見るとゾクッとしてしまいます(汗)

それにしても、
大監督は大物の予感が(笑)
いつも楽しませて頂いております(o^^o)

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年11月14日 09:04
おはようございます。

ギャッ!と思いながら笑ってしまいました。

でも…年齢を重ねてダメになる物もあります。

私も…年々…虫がダメになってます。

蛙も…引っ越し前は、ウシガエルと呼ばれる…一部かも…デッカイ蛙が嫌で…。。。

浜が近いからとその時は聞きましたが…浜って海水だよね?

今更…疑問だったりします。

この前も動画でGを食べるカマキリとか…何となく見てしまったり。

自然界はスゴいと思いました。
Posted by にじちゃん at 2017年11月14日 09:31
わぁ、Kさま仲間だぁ

私も、「帰る」、無理です。
用水を逆方向に全力で泳ぎます。
それでも帰るの群れに流されてしまったら.....

無理、無理、無理

昇天してしまう.....

怖い
Posted by かっち at 2017年11月14日 09:48
梅雨時は近所からゲコゲコ鳴いていますが、こちらの敷地に入ってくることはないですね~
きっと池がないからかな?
それにしてもそんなに至るところにいたら怖いですね(笑)
Posted by アリス at 2017年11月14日 11:21
こんにちは!お嬢様は、さすがです(笑)ほんと面白いネタがつきないですね~誰の子?我が家の娘は爺がT シャツのポケットから洗われてしまった1000円札が出てきて「札が縮んだ」と一言発したら娘はすかさず「私にちょうだい」と言っておりました。
今回のお話は恐いですね~笑いをこらえながら読んでましたスミマセン。私は蜘蛛が嫌いです。この体験なら再現ドラマでできますよね(笑)何度、読んでも面白い
Posted by いなばっち at 2017年11月14日 14:20
Kさま

今回は「皮の流れ」と「帰るの恐怖」が個人的にツボにはまって、すごく楽しく読ませていただきました!
私もカエルまみれになりたくはないですけどね。

私の現在の恐怖は、年明けに予定している初の全身麻酔での手術。大したものではないんですが、そのまま目が覚めなかったら困ります。医療事故とかないように願ってます。

では、いつもありがとうございます。
Posted by ナス at 2017年11月14日 19:16
Kさん、こんばんは!

カエル、一匹位ならかわいいですが、大量だとさすがに気持ち悪いですね。
雨上がりの夜道に、白い石ころがいっぱい落ちてると思ったら、ピョンと跳ねて「カエル」と気づいた瞬間に、車に飛び込んできます。私の地域では、よく見る光景です。

ごくまれに、ウシガエルの大群が道路にいるときは、車内はホラー映画のようになります(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ。

それにしても、大監督は大物ですね。かわいいです。娘さんにとって、Kさんの家は居心地の良い場所なんですね。幸せな事だと思いますよ。

でも、暗闇で廊下に眠りこけている姿をみた奥さんは、さぞ驚いた事でしょうね(°Д°)。私も娘にされたら激怒します。

怖いけど怖くない話、次はどんな話しなんでしょうか ?まったりと待っています。風邪などひかないよう気を付けてください。
Posted by 越後のみーさん at 2017年11月14日 20:07
Kさん

怖い話〔笑〕!
カエルですかぁ〜!
確かに子供の頃よりは触らないですね。
Kさんは幽霊や恐怖スポットも平気なのに以外ですねー
また、更新楽しみにしています。
でも無理は禁物てますよー
Posted by かずさん at 2017年11月14日 20:25
更新ありがとうございます。
はるも tomoa様と 同じく Kさんの文章なら(情景が浮かぶ文の流れ!) どのジャンルも 楽しいです。

怖いものには 眼力鋭くなりますよね。キライなのに、寄ってくる!!ように 感じます。
足の無い虫が。。いけません。。。
スーパーの野菜、 果実の中、出会ってしまう(泣) 丸ごと梱包して防虫スプレーして遠くに置きます。写真も 児童の絵も見れません。

お花屋さんでお花 購入しても たびたび。。。この間 枯れてないのによく花びら落ちるなーと一週間も毎日お手入れした後 、まるまると太ったブルーワーニングが 元気に育っていたのを 見てしまい (知らずに飼っていた.....)完全防備で 棲みかを 窓から 草むらへぶん投げ 、花瓶も捨てました。
違う意味で がんばりましょう………
Posted by はる at 2017年11月14日 22:03
kさん、カエルがお嫌いなんですね!見た目は、確かにいびつなのですが良く見ると可愛いんですよ!たまに雨を降らして田植えの時期には、ゲコゲコとカエルの合唱が毎日、聞けますよ️
Posted by t.t at 2017年11月16日 10:08
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count