2017年11月22日

チェーンメール

サインディスプレイ部  営業のKです。

今夜は急遽、お客様との飲み会になりましたので、

とりあえず、1話アップしていきます。

誤字脱字、在りましたら申し訳ありません。

それでは、怖くない話、どうぞ~!




チェーンメールというものがある。

流行っては廃れ、そしてまた流行る。

最初の発信者が誰なのか?は分からないが、それはいつの時代でも

消える事は無い。

「この手紙(メール)を~人の人に転送しないと、あなたに不幸が訪れます」

こんな感じだ。

そして、そんなチェーンメールの中には、もしかすると人間の手によって

発信されたのではないモノも存在しているのかもしれない。

友人のTさんは、コンピュータ会社でSEをやっている。

ただし、仕事を離れれば出来るだけコンピュータの無い生活を送りたい

と思っているらしく年賀状もいまだに手書きという人物である。

そんなTさんでも、やはり自宅の部屋にはパソコンが置かれている。

それは、家に持ち帰って仕事をする事も多い為なのだが、やはり仕事以外

でもメールのやり取りに使用する事もあるのだという。

そして、ある日、Tさんが帰宅しパソコンを立ち上げるとメールが一通

届いていた。

差出人は死神となっていたが、きちんと彼のメールアドレスを指定して

送ってきた様だった。

迷惑メールではないようなので、彼はそのメールを開封した。

すると、そこには、

このメールが届いた人には呪いと共に災いが降りかかります。

そして、それから逃れたい人は、3日以内に合計7人の誰かに

このメールを転送しなければいけません。

死か生か。

決めるのはあなたです。

こんな言葉が書かれていた。

昔から、不幸の手紙を含めて、この手の悪戯が大嫌いな彼は、当然のように

そのメールをゴミ箱へと移動し、そして消去してしまう。

馬鹿馬鹿しい!

こんな事をする暇があったら、もっと他の事に頭を使えよ!

だいたい死神なんて陳腐な名前を使いやがって!

彼はもううんざりという感じで、そのままパソコンを閉じてその日は

自宅での仕事を止めてしまった。

そして、仕事に出掛け、帰宅すると再びメールが入っていた。

あと二日です。

大丈夫ですか?

そう書かれており、差出人は、同じく、死神になっていた。

そして、そのメールは翌日もしっかりと届いていた。

そして、最後の警告メールが届いた後、深夜12時を回った頃、

改めて新しいメールが入っていた。

そこには、

貴方様の選択。

了解致しました。

明日から伺わせて頂きます。

貴方様の残りの人生が有意義なものである事をお祈り致します。

こう書かれており、差出人は、執行人に変わっていた。

この時点で、彼はもうそんな悪戯に我慢の限界を超えてしまっていた。

翌日が休みということもあって、彼はメールの発信元を必死になって

探った。

彼のメールアドレスを知っているということは、きっと仕事関係の誰か

による悪戯だろうとも思ったが、そんな事をすれば、すぐに自分の

身元がばれてしまう事くらいは想像がつくだろうと思ったので、

犯人リストから外した。

実際、彼が勤めるコンピュータ会社では、防犯やセキュリティの

請負業務もこなしていたので、悪質な場合にはIPアドレスから

相手を特定し、直接連絡し警告するということも行っていた。

本来は業務上、やむを得ない場合にだけ使用するIP検索システムも

使用した。

それ位、彼は本気で怒っていたということなのだろう。

しかし、その結果に彼は愕然とした。

発信元と特定されたのは、彼の家のパソコンだった。

そして、彼の家には、パソコンは一台しかなかった。

それは、何者かが彼のパソコンから、彼のメールアドレス宛に、チェーンメール

を送りつけてきた、という事を意味していた。

そして、そのパソコンは今、彼の目の前に在った。

彼はその時点で初めて得体の知れない恐怖を感じた。

そして、パソコンの電源を落とすと、そのまま寝てしまった。

そして、彼は突然夜中に目を覚ました。

部屋の中で明るい光がユラユラと動いていた。

彼は思わず起き上がると、そこには彼のパソコンデスクに座り、パソコンを

操作している男の後姿が見えた。

一気に目が冴えてしまった彼は、その男に向かって怒鳴った。

誰だ?何してる?

すると、キーボードを叩く音が急に止んだ。

そして、背中を向けたままの男は、

見られてしまいましたか?

貴方の死亡を知らせるメールを貴方宛に書いているところだったんですが。

残念ですね・・・・。

では、また、来ます・・・・。

そう言うと、その男は彼の方へと振り返った。

見たことも無い男だったが、シワだらけの顔で満面の笑みを浮かべる

その男の顔はとても人間には見えなかった。

彼は恐怖で、

うわぁ!

と大声を上げたが、そのまま男はパソコンの画面の中へ吸い込まれる

様に消えていった。

彼はそのまま恐怖でベッドから出られなかったが、それでも朝方になり

朝陽が部屋に差し込む頃になると、何とかベッドから這い出す勇気が

出た。

それから、彼はパソコンの電源を落とし、そのまま車に積み込むと、

リサイクルショップに持ち込み、買取ではなく廃棄してください、と

強く頼み込むと、そのままパソコンを置いて帰ってきた。

その後、彼は仕事を家に持ち帰る事は絶対にしなくなり、そして

以後、怪異も発生しなかった。

しかし、いまだに、週に一度は必ず、インターフォンが押され、カメラを

見ると、誰もいないという事が起こるそうだ。

もしかしたら、いや、きっとあいつは諦めていない。

だって、あいつは、最後に、また来ます、と言ったんですから・・・。

そう言って顔を強ばらせた。


Posted by 細田塗料株式会社 at 19:30│Comments(16)
この記事へのコメント
営業のKさん

お疲れ様です。連日の更新、ありがとうござます☆

本日のお話も怖いです(ーー;)
チェーンメールですか…今のところ無いのでいいのですが、もしもと考えると怖いです。
ケイタイのメールを見るのも、ちょっと怖い気がします(^_^;)
ご友人のTさんがご無事でありますよう祈ります。

それから、Kさんと飲み会なんて羨ましいですね〜
しっかり楽しんできて下さいませ。
Posted by しゃねる at 2017年11月22日 20:17
Kさん


今晩は。

今日も
怖すぎます。

Pcやスマホはあって当たり前
いつ
自分の身におこるか?



あしたも無事すごせますように。
Posted by やまま at 2017年11月22日 20:18
営業のKさん

今日は朝からしとしとと雨の降る福岡、冷え込みも穏やかです。

怖・・・怖くない話ですね(汗
メールの発信源が自宅に一台の、我がパソコンだなんて・・・過去記事にも、ラジオ、パソコン、霊は電波に乗って・・・と有りますから。

その彼のご無事が何よりです。

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年11月22日 20:44
K様、皆様こんばんは。

死神がパソコンを操作するとは。。
しかもタイプして文章も打っているのですね(汗)

怖いので、自宅PCにもログインにはパスワードを設定しようかな。。
でもITに強い霊だと意味がないですかね(^^;;

ご友人様が無事だと良いのですが。。

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年11月22日 21:28
今度は死神シリーズですか?
骨馬に乗ってカッタカッタと空からやって来て・・・富岡八幡様の境内でのんびり団子食べてたショッカーさんが仲間だと勘違いして?後ろからあたふたと走ってついて来て・・・と、妄想しました。

死神様はドアから出入りされますから玄関から出入りしてると思います。
Posted by はるた冬将軍 at 2017年11月22日 22:39
Kさん、こんばんは。

チェーンメールとは懐かしいですね。
不幸の手紙の電子版、しかも悪霊か死神か解りませんが、姿を現してキーボードを叩いているとは。
何故その人の元に現れたのか、また獲物を求めてどこかをさまよっているのか、「また来ます」が気になります。

それではまた、次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年11月22日 23:50
お疲れさまです(^-^)
こんばんは♪

パソコン破棄したのにインターフォン鳴らしてまでお家に来るって。。怖いですし迷惑ですね(T_T)

引っ越ししても追いかけてくるのでしょうか(^-^;

私は朝起きてメールをチェックするのですがほぼ迷惑メールですべて削除します。
ですが受信BOXから1件のメールだけがずっと残っていたので気になり 受信履歴を最近のものから古いのまで見てみると

一番先頭の古い履歴に1978年10月23日

無題 from,りん(私の名前)
でメールが来ていました。

件名やメッセージは何もなかったのですが何らかの技術(イタズラ)で1978年から送った事にできるのかな~と思っていたのですが

10月23日は友人と廃神社にきもだめしに行った日だったと思いだしゾッとしました。

そういえば きもだめしの帰りにも気持ち悪い出来事があったのを思いだし、
肝試しは二度としないと思いました。

霊はSNSまで使いこなせるのですね
Posted by りん at 2017年11月23日 00:30
こんばんは!2日続けて死神ですか!しかしてのこんだ死神ですね、さっさとやっちまえばいいのに!でも、もしその方がメールを飛散していたら?嫌だな〜て知り合いに送っていたら?どうなってたんでしょうか?しかし死神組合も色々かんがえますな!まるで税金ねらってる税務署みたいなもんですか?kさんも以前パソコン売るつか処分しにいかれてましたが、怪異があっても事情を説明しないで売る人もいるだろうし、中古パソコンは買わない方がいいですね!ただスマホもスペックは違えど同じ様な物だし・・・
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2017年11月23日 00:34
こ、怖いです!!!
Posted by るな! at 2017年11月23日 01:42
死神が「死神です」と名乗ることがちょっと興味深いなと思いました。

この死神が狙いを定めて一気に命を奪わなかったので助かったのでしょうか。

あと、死神にもベテランから新米まで色々といるのだろーか?…と、ばかなことを少々考えてしまいました。

どちらにしても、私は出会いたくありませんが…。
Posted by かのん at 2017年11月23日 08:52
おはようございます。

怖い!どちらかと言うと器械オンチなので何かあると…困ります。

でも…拡散されたら…その死神となのる者は…それぞれのお宅訪問するんですかね?

なんか…仕事人間的な?週一訪問とか。

まぁ~係わりたく無いですよね。
Posted by にじちゃん at 2017年11月23日 09:46
更新ありがとうございます!
今の時代、パソコンを仕事以外で触る人が減ってますがスマホの影響がありますね!
それにしても、今回のお話は突然のチェーンメールが届いて死の宣告をされても迷惑ですよね
その方がどうかご無事でいて欲しいです!
Posted by t.t at 2017年11月23日 11:50
K様、ご無沙汰しております。
御祖母様のこと、遅ればせながらお悔やみ申し上げます。ご一家に何が起きたか私も気になっておりますが、どうぞ今はご無理なさらず……ゆるゆるとお過ごしいただければと思います。

今回のお話もゾッとしました。今いる自宅からの発信という点では「午前3時の着信履歴」とも相通ずる恐ろしさがありますが、こちらのご友人は「死神」とやらに再訪を予告されている……
なんだか理不尽な悪霊が多すぎる気がします。
Posted by 彼岸花 at 2017年11月23日 14:52
K様、こんばんわ。更新お疲れ様&ありがとうございます。

昨日の夜の呑みは楽しめましたか?
お酒は愉しく呑みたいですね。

今回のお話、前の死神君?は純粋に怖かったですが、今回の死神野郎はムカつきました。
勝手に嫌がらせメールしてきて、命を取ろうなんて‼️しかもしつこい‼️
1日も早く消えて貰いたいです。
ご友人が無事でありますように。

体調崩しやすい時期ですから、お身体お大事になさって下さい。
Posted by ミニ子 at 2017年11月23日 18:40
Kさんこんばんは!
昨日の暖かかったのにぃ〜から一転
今日はどんよりして、さっぶいさっぶいで気温差に振り回されてます。
「クソがっ!」←今月は仕事中ずっと話の最後についちゃいましたね!
( 'ω'o[ 穏やかに~ ]o

チェーンメール懐かしやぁ〜
自分じゃないとそんなの相手にしちゃかんわというけど、自分にきてメッチャびびった記憶が蘇りましたね。
その前は不幸の手紙(*ノε` )σ
この話を読んで始まりはこの世の方じゃなかったのかもしれないと思うと(((´ω`;;))ゾワッとしますね。

友人様の判断が良かったのかとりあえずは怪異はないけど、忘れた頃にまた…の続編があったら怖いですね。諦めてくれればよいのですが

まだ違和感ありですか?…体調は大丈夫ですかね(๑╯ﻌ╰๑)

万全じゃない中更新ありがとうございます。ではまた☆彡
Posted by tomoa24 at 2017年11月29日 17:31
今は、"チェーンメール"なんてものがあるのですか。ふうむ(ー_ー;)
そういえば、二十数年前に"不幸の手紙"が届いてしまったことがあったなあ。"不幸"を撒き散らしてはいけないと、無視して処分しましたが。
ああ今、不幸といえば不幸‥かなあ。残念なことに。長患いはしてるし、家庭も崩壊してるし。
でも、救いが何一つ無い訳じゃないから、まだ頑張んなきゃなあって‥
こんなんだけど、"不幸の手紙"のせいだとは全然思ってないし、思えないし(笑)
Posted by あでゅう at 2017年12月08日 02:09
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count