2017年11月23日

井戸から聞こえる声

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です。

明日は朝から忙しそうです。

それにしても寒い。

ちなみに、妻と娘は現在、うどんを食べに

出掛けております。

私は家でやる事がある為、辞退しました。

それとそうと、通夜の帰り道に起きた怪異に対して

興味を持たれていらっしゃる方も居るようなのですが、

実はもう話は書き上げておりますが、現在

出版社さんの評価待ちになっております。

ボツになれば、すぐにブログにてアップさせて

頂きますが、採用されたら・・・お待ちください。

それでは、今夜は怖くない話いってみましょう。

まだ少し違和感がありますので、短めの内容、且つ

不定期での更新になっております事。

ご容赦くださいませ。

では、どうぞ~!




これから書く話は、あくまで実際に起こった話である。

しかし、こんなやり方が常時、通用するとは決して思わないほうが

良いのかもしれない。

最近、姫は何かとAさんと一緒にいる時間が多い気がする。

まあAさんを自分の先生であり尊敬しているのだから

当たり前なのかもしれないが・・・。

そんな姫は実は高校ではかなり優秀な生徒らしく、つい先日までは

東京の某国立大学を希望していたのだが、Aさん熱が上がりすぎたのか、

最近では地元の大学に進学するつもりでいるらしい。

そんな姫の友達の家には古い井戸があった。

その井戸はどうやらかなりのいわくつきの井戸らしく、過去に何人もの人が

その井戸に落ちて命を落としたり、その井戸に現れる異形のモノを見ては

気が狂ってしまったという過去を持つものらしい。

そんな井戸だったから、家の者は使うことも出来ず、埋めてしまおうと

思ったらしい。

しかし、工事に来た業者が何人も厄災に襲われてしまい、工事は中断。

そこで、姫を通して、俺とAさんに、何とかしてもらえないか?という

依頼が舞い込んだ。

いつもの俺の頼みなら嫌々感が半端ないAさんも、姫からのお願い

ということで、即。快諾。

そして、どうせ強い守護霊が付いているんだから安心ですよね?という

訳の分からない理由で俺までもが連れて行かれた。

現地には金沢市街から車で40分ほどかかった。

現地に着くと、Aさんは、大人の女性感を前面に出して常に大人の対応。

そして、俺が難癖をつけると、

これがクール&ビューティです!

と訳の分からない説明をする。

そして、姫に、こんな場合はこうした方が良いよ、とか、

こういう場所では先ず、その場所の歴史とかいわくというものを

しっかり理解しなくちゃね!

と完全に師匠モードに突入。

それでも、家の人がお菓子を運んできてくれた時には、一瞬化けの皮が

剥がれかけたのだが、すかさず修正する。

そして、何かと言えば俺を引き合いに出して、

こんな霊能者になっちゃ駄目だから!

と説明する。

姫が、それを聞いていて、

Kさんも霊能者なんですね?

じゃあ、私は妹弟子・・・・なんですよね?

と聞いてくるので、

俺はすかさず否定したが、すぐさま、Aさんが横槍を入れてきて

ほらほら、Kさん。

ちゃんと妹弟子に優しく教えてあげないと!

と俺にまで師匠面してくる。

まあ、そんなやり取りの後で、件の井戸へと向かう。

井戸は大きな庭の一番奥にぽっかりと穴を開けている。

すると、どうやら井戸の中から泣き声のようなものが聞こえてくる。

あまりにもはっきりと聞こえてくるので、俺は思わず井戸の中を覗き込もうとした。

すると、背後からAさんが姫に話す言葉が聞こえてきた。

ほらね。あんな感じで騙されて近づいた人が井戸の中に引きずり込まれる

んだからね。

よく見といてね(笑い)

姫ちゃんは気を付けないと・・・。

そう言われて俺は思わず後ずさりした。

そして、振り返ると後方5メートル位の所に2人が立っており、

冷ややかな目で見つめるAさんと、心配とワクワクが同居したような

顔の姫がこちらを見ている。

ちょっと!

危ないんなら事前に言ってよ?

と言う俺に対して、

Kさんなら大丈夫でしょ?

冷たいのと怖いのさえ我慢すれば死にませんよ。

勿論、守護霊のお陰・・・・ですけどね(笑)

と返してきた。

そして、そこで今度は俺が後方に下がり、Aさんが前に出て行く。

すると、井戸の中からは、

ヒャッヒャッヒャッ・・・・という笑い声とともに、

お前なんぞに何が出来る・・・・。

食ろうてやろうぞ・・・引き裂いてやろうぞ・・・・。

という声が聞こえてきた。

それを聞いたAさんは姫に向かって、

ほらね。さっきの泣き声はまやかしだったでしょ?

こういう時はしっかりと相手の目的を見定めてから・・・・

とうんちくを垂れていると、今度は

どうせ食らうなら若い娘がいい・・・。

年増女は、どこかへ失せろ・・・・。

という言葉が井戸から聞こえてくる。

俺はその言葉が聞こえた瞬間、Aさんの何かが切り替わったのを感じた。

そして、Aさんは振り返ると、かなり後方で控えている姫の友達に

向かって大声を出した。

あの・・・この井戸、どうせ埋め立てるつもりなんですよね?

すると、

はい。工事が再開出来る様になったらすぐに埋め立てるつもりですが・・・。

と返ってきた。

それを聞いてAさんの目が狂気という名の光に満ち溢れた。

そして、俺の方を向くと、

Kさん、すみませんが、この家中のゴミと廃棄物、そして要らない物を

かき集めてきてくれますか?

あっ、熱い熱湯とか生ゴミとか、Kさんが思う汚い物を出来るだけ

多く集めてください。

そう言われ、俺が家のほうへ向かうと、姫も手伝います、との事で

一緒にゴミ集めを開始した。

その家の方達は、

そんなもの、いったい何に使われるんですか?

と聞いてきたが、俺には完全に予想が付いていたがあえて口にはしなかった。

そして、黙々と作業をしていると、かなりのゴミと廃棄物が集まった。

熱湯は、沸かすのが面倒くさかったので、大型のガス湯沸かし器の設定温度

を最高温度75℃にして、直接ホースで井戸の近くまで持ってきた。

そして、集まったそれらを見て、にんまりと満足そうなAさん。

そして、次の瞬間、俺の予想通りの事が始まった。

集まったゴミをおもむろに掴むと、Aさんはそれを井戸の中に投下。

そして、更に生ゴミも続けて投下する。

井戸の中からは、何か叫び声のようなものが聞こえていたが、Aさんは、

ああ、うるさい!今更謝っても聞こえないから・・・・。

と言って、井戸の周りに集められた廃棄物を次々に井戸の中へと投下する。

そして、今度は、ホースを井戸の中に垂らし、給湯を開始する。

その間、ずっと声のような物が聞こえ続けていたが、Aさんは無視。

そして、お湯がかなりの水位まで溜まったところで、給湯を止めて

今度は井戸に鉄製のフタを被せた。

そして、姫を呼んで、二人でそのフタの上に座り

今、姫に見せたのは緊急事態での対処法だからね。

本来なら、もっと別のやり方で浄化しないといけないよ。

可哀相だけど、今回はこうするししかなかったからね。

まあ、普通の人がやったら危険でしかないんだけど、私とか姫ちゃんなら

こんなやり方もアリ・・・・という事!

ともっともらしいレクチャーをしていたが、簡単に言ってしまえば、

井戸の中の霊達が、Aさんを怒らせてしまっただけなのだが・・・。

そんな事に気付いているのか分からないが、姫はAさんの話に

はい!と元気良く答えつつ、

それにしてもAさんって痩せてるのにあんな重い物まで持ち上げて

井戸の中に入れちゃうんですね~。

凄いです。私も頑張らないと!

と言っていたが、姫には間違ってもそちらの方面では頑張って欲しくない

と強く思ったのは言うまでもない。

今回の件では、怒らせたAさんの狂気と恐ろしさが再確認出来たのと同時に

井戸の中で悪さをしていた霊達が少しかわいそうに感じた俺だった。


Posted by 細田塗料株式会社 at 18:44│Comments(18)
この記事へのコメント
営業のKさん

こんばんは☆
本日も更新して頂き、ありがとうござます!
しかも、憧れのAさんと姫ちゃんのW出演とは!
有り難いことです(^o^)

そして今回も、素敵過ぎる対応のAさん、かっこよすぎです!
Kさんもお弟子さんだったのですねΣ(・□・;)
羨ましいかも(^◇^;)

それから、通夜の帰り道の怪異の話ですが、出版社からの返事待ちってことは、
もしかして、Kさんの本の第2弾がってことですか!
Posted by しゃねる at 2017年11月23日 19:13
こんばんは!なんか文庫本2冊目あるみたいですね!しかしAさんにたよらなくとも井戸の悪霊ぐらい姫ひとりでなんとかなりそうですが?kさんも少し修行されたら危険な目に遭わないですむかもですが?あれ、気がないですね(;ω;)それならkさんが大監督の前で悪霊退散とりゃー!と退治すれば娘さんもお父さんの事を尊敬して無料マッサージしてくれるかもですよ!がんばれkさん!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2017年11月23日 19:34
今晩は


今日もありがとうございます。

久しぶりにAさんと姫の話。
怖いのに、笑いました。


本とブログでしか会えませんが。
Aさんに会いたいです。

井戸話は水が関係しているので
もっと大変かと思ったら。

ゴミとお湯ですか。

読み終えて、私もスッキリしました。

Aさんも
無理なさらないでください。

私事ですが、
ここ2週間、色々ありまして
、、、体調が良くないですが。

負けません。
次回作も楽しみにしています。
Posted by やまま at 2017年11月23日 20:29
こんばんは
Kさんの奥様とお嬢様は
夕ご飯うどんなのですね
Kさんの夕ご飯が
気になります(๑˃̵ᴗ˂̵)

今夜もAさんと姫の活躍
素晴らしいですね〜
そしてあいも変わらずKさんを
一例にしてのコント
面白いです
頑張って‼︎ Kさん
私はKさんを応援しますね

次回 怖くない話たのしみにしてます
Posted by まーママ at 2017年11月23日 21:27
営業のKさん

何だか・・・闇塗怪談2の臭いがプンプンしますが(笑
サインを頂くための本の発送もまだ・・・こう言うとこは横着になる(汗

緊迫した状況下・・・のはずが、笑わせる気、満々やろ!の展開。
・・・余裕のなせる技ですね。

廃棄物と共に埋め立てられる事になる、井戸に蠢く悪霊を思うと・・・まぁ、過去に起こした数々の悪行を考えれば・・・これで良いのかと・・・。

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年11月23日 22:14
この場をお借りしましてご報告です!

本日、第3回東京オフ会でした。

へーさん様、北米様、まてぃにぃ、onにぃ、私の5名で楽しい時間を過ごすことが出来ました♬*゚

K様のブログでこのような素晴らしい出逢いがありましたこと、心から感謝申し上げます。
Posted by ぴょんうさぎᙏ̤̫͚*⑅♥︎ at 2017年11月23日 23:34
 今晩は。ブログの更新ありがとうございます。毎日楽しみ(怖いのに(笑))です。今回は姫ちゃんとAさんの可愛い(?)お話しありがとうございます。しかし……お強いですね( -∀-)
 御通夜帰りに怪異に会われたそうですが、娘さんは大丈夫でしょうか?(kさんのことも心配してますよ!)不躾ですが早く読みたいなー……(すみません) 
 ご家族が無事で良かったです。またの更新お待ちしてます。
Posted by にこ at 2017年11月24日 00:30
K様、読者様、おはようございます!

最近、本編をゆっくり読めてなかったですが、ぼちぼち再開します!
井戸に棲む霊もAさんにかかれば、ポジション的にも不利ですよね笑
ゴミ投げ込まれ、おまけに熱湯まで。。。。
なんとなく同情してしまいました汗

昨日は、第三回オフ会に行ってまいりました。とても楽しい時間を
過ごすことができましたよ♪


この場をお借りして、


→ぴょんᙏ̤̫͚*⑅♥︎ ちゃん

幹事お疲れ様でした!すごくいい感じのお店だった♪
ついパンの取り放題に欲張って食べすぎちゃった笑
シナモンロールとかすごい美味しかったね!!


→北米様

旅行での体験談、普段では味わえないことばかりのことで楽しませてもらいました!
また旅立たれるみたいですが、新たな旅行話を楽しみにしておりますね♪


→へーさん様

有意義な時間過ごせたのも、へーさん先輩のおかげです。
都内で飲む時は宜しくお願いしますね笑笑


→まてぃニィ

ニィのいつもブレない優しさに包まれるたびに、こーゆーイケメンになりたいと憧れておりまする!!次はスピンオフで飲みかな?笑
Posted by ON11 at 2017年11月24日 09:18
おはようございます。毎朝、寒いですね~。
なんだか、本の二冊目が出版されるような発言がありますね。決まりましたら発表してくださいね!
今回のお話は井戸、私も小さいときに近所に井戸があって夜はそこを通るとき怖かったです。カエルの低い鳴き声が不気味で……
それにしても幽霊も若いのがいい、年増女は嫌だって言うところが、思わずあんたは何歳だよって突っ込んでしまいました。そりゃぁ、A さんも怒りますよね。井戸にゴミ投入と熱湯ぐらいで叫ぶ幽霊も情けない。K さん、可愛い妹弟子が出来てよかったですね(笑)
それと、東京オフ会だったんですね。ずーっとブログのコメに千葉県君様出没してきてなかったので、どうしたのか?生きてるのかと思ってたんですけど元気に酔っぱらってたんですね(笑)
Posted by いなばっち at 2017年11月24日 09:50
おはようございます。

井戸…響きが既に怖い。

内容を読んだら…。。。

笑いしか…なかったですね。

まさかの…弟子認定。。。

Kさんには…驚きですよね。

でも…Kさん…気を付けて下さい。

お話、聞けなくなるのは寂しいです。

本も第2段がありそう。

その時には本にサインを頼もうかしら。
Posted by にじちゃん at 2017年11月24日 09:55
営業のK様

おはようございます。
今日は、不思議と通勤電車内がいつもより空いてる感じがした今日この頃です。
おかげで、ゆっくりと「怖くない話」2話読めました(笑)

今回の話、いつもと違う怖さがありました(震)
今回の題名「美しき生きた女性」というのはいかがでしょうか(笑)

今日は、良い天気の東京です。
K様、皆様、今日も良い一日をお過ごし下さい(礼)
Posted by おしょうとちんねん at 2017年11月24日 10:18
→ onにぃ

いえいえ、とんでもございません!
お店選び手伝っていただきましてありがとうございました♪

パン美味しかったですね(๑´ڡ`๑)
楽しくてお酒もすすむし最高でした〜!

皆様すてきな方で感謝感謝です☆
Posted by ぴょんうさぎᙏ̤̫͚*⑅♥︎ at 2017年11月24日 16:11
ここ何年か恒例の金沢の紅白鏡餅、注文してきました。
昨年は某食品雑貨屋の新宿店にあったんで大宮店に聞いたら、店員きょとん。
でも来月からのちらしには写真入で掲載されてました、店員さんは初めて見たらしい。
ピンクと白のかわいいお鏡ですよ。

井戸?環境破壊ハンターイ。これはいただけませんねぇ・・・
Posted by はるた冬風寒ッ at 2017年11月24日 23:48
お疲れ様です。
久々コメントさせて頂きます。

私の実家の井戸を思い出す次第でした。
今年も後残す事限りない日にちですが
お身体ご自愛下さいませ。

都内オフ会ってやっていたのですか…⁈
是非次回は参加してみたいですね(笑)
Posted by シンヤ at 2017年11月25日 22:35
どもお久しぶりです。
ショッカー戦闘員オスカーです。
m(_ _)m
ワイのワイので一気読みさせて頂きました。
謎の男の子とチェーンメールの死神ですか。サーフィンして私なりに解る事は複数か単独の子供、黒い人型の「何か」が日本の死神みたいですね。
我々の幹部にも一人、居ますな!TV版と小説版、原作では容姿が異なります!…おや〜、はるたさん私をご指名…嬉しいですね〜、如何ですか「我々」に入りませんか?ニヤリ
しかし「3日に7人」か、手紙や件のメールは「1週間に10人」だった気がします。「七人みさき」、「七人の侍」がポツンと出ましたね。
井戸かぁ…「リング」…うん!Aさん、恐い!
Posted by オスカー at 2017年11月26日 14:37
めちゃくちゃすごい敵かと思いきや
井戸から出てこれないんですね(笑)
それで埋めてしまうと(笑)
発想がおもしろすぎですw

やっぱりAさんと姫はリスペクトですね☆
というかそんな方法で浄化できるとは知りませんでした(笑)
霊の方がその環境を嫌がって自ら浄化するのかな?それともそのまま埋め立てられて地中から出てこられないんでしょうか(笑)
ちょっと気になりますね(^^*
Posted by アリス at 2017年11月26日 20:51
更新ありがとうございます!
今回は、笑えるお話でした。Aさんを怒らせてしまった者達には悪いですが、事の発端は者達なので仕方ないですね!
Posted by t.t at 2017年11月27日 10:09
Kさんこんばんは!

姫は絶対!金沢市に居たほうがいいですよね!
初っぱなからコントのような…A姉御お茶目ですよねwwwKさんも雑用から昇進しましたね!
最強の霊能者トリオ!ですね。
今回の霊が声だけの出演でしたね。
失言の為姿も現せず…失言ダメよ
(乂'ω')ノー
さすが二人だとサクッと終わらせちゃいますね。
三人のやり取りは最強に面白いですね。
更新ご苦労様です
Posted by tomoa24 at 2017年11月28日 23:31
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count