› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › ボーイスカウトでの体験談

2017年12月06日

ボーイスカウトでの体験談

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様でございます。

こちら、金沢は、いかにも冬到来・・といった感じで

寒い1日になりました。

うちの大監督は、今日は寒いにもかかわらず、

薄着で学校に行き、寒い寒いと言いながら、

ご帰宅。

そのまま、妻を説得して、暖かいものを食べに行ったのですが、

帰って来てから、

何食べたの?うどん?ラーメン?

と聞くと、

焼肉・・・・という答えが返ってきました(涙)

まあ、確かに焼肉も暖かい、というか熱いですけどね。

妻をうまく丸め込む話術だけは、さすが、

大監督です(泣)

あっ、ちなみに明日は仕事関係の忘年会です。

アップ出来なかったらごめんなさい。

ということで、今夜も怖くない話、いってみましょう。

それでは、どうぞ!




これは俺が体験した話である。

かなり以前、子供の頃にはボーイスカウトというものに入っていた。

ロープの結び方や手旗信号、そしてアウトドアでの生活などを体験させてくれる

ものであり、そこではマナーや礼儀というものも教えられた気がする。

そして、これはそんなボーイスカウトの行事の一環として、石川県の穴水という

所で行われた合同ミーティングに参加した時の話である。

それは北陸三県のボーイスカウト団体が一同に集まるというイベントであり、

その時もかなりの人数が集まっていた。

昼間はそれぞれが幾つかのチームに分かれて自然の中で自然のものを

出来る限り利用して食事を作りそれを競い合ったり、色々な

レクリエーションで盛り上がった。

その後、夜に備えて、テントを張る準備に入る。

さすがにそれだけ大勢が集まってキャンプを張っていると、まるで

何も無い地面の上に色んな色の花が咲いたようにとても綺麗だった

のを覚えている。

その後は、夜になるまでテントの中で自由行動。

そして、いよいよ夜になると、巨大なキャンプファイヤーを囲んで

様々なレクリエーションが行われた。

その後、各ボーイスカウト隊による歌や踊りのパフォーマンスが行われた。

今にして思えば、決してレベルの高いものではなかったが、キャンプファイヤーの

火の周りで行われると、それがとても楽しく思えたのだから不思議だ。

その後、最後の企画として、全員が輪になってキャンプファイヤーを

囲むようにして手を繋ぎ、色んな歌や簡単な踊りが行われた。

その時、誰かが言った。

何か、人数増えていないか?

絶対に多過ぎるだろ?

その言葉は手を繋いだ輪の中へ一気に広まっていく。

火に照らされただけの明かりの中で、全員が疑心暗鬼に周りを見渡す。

確かに、昼間見た時は、ボーイスカウトの人数は200名ほどだった。

しかし、今、手を繋いでいる輪には、どう少なく見ても500人以上の

人間が居るのがわかる。

そのうち、キャンプファイヤーの輪の至る所から悲鳴のような声が聞こえ、

その場は一気にパニック状態になった。

その場を取り仕切る大人達にも、その異常さが伝わったのか、突然、

手を繋ぐのをすぐに止めて、それぞれのテントに入るように指示が出た。

その時、俺を含めて、数人が見てしまった。

暗闇の中を、林の中へと帰っていく集団を・・・。

暗くてよく見えなかったが、人間のシルエットをしたそれらは、まるで

生気の無い動きで、ゆっくりと森の中へと消えていった。

その後、キャンプファイヤーは中止になり、それぞれがテントの中で

就寝するように指示が出た。

俺たちは、恐怖で目が冴えてしまい、全く眠りにつけなかった。

そして、そのうち、キャンプファイヤーの火が完全に消えてしまったのだろう。

辺りが一気に漆黒の闇に変わる。

すると、テントの周りをゴソゴソと動き回る音が聞こえてきた。

俺たちは、その誰もが森の中へ消えていったモノ達の事を思い出し、

恐怖に体が震えた。

と、突然、暗闇の中で大きな悲鳴が聞こえた。

しかも、至る所から・・・・。

もしかしたら、あいつらに誰かが連れて行かれたのか?

そう思うと、居ても立ってもいられなかった。

すると、突然、またキャンプファイヤーの火が点され、辺りがうっすらと

明るくなった。

その後、大人達がテントに回ってきて、キャンプファイヤーの周りで

朝が来るまで待機するように言われた。

俺たちは、我先にとキャンプファイヤーの火の周りに集まり、体を寄せ合いながら

朝が来るまで震えていた。

そして、無事、朝が来ると、急いでその場から撤収の指示が出された。

その時の大人達の困惑した、疲れ果てた顔を見ると、昨夜の出来事が

更に恐ろしいものだったのだと実感した。

その後、何処かのグループのボーイスカウトが数人行方不明だという噂が

たったのだが、その事を尋ねても、どの大人達も話を逸らし答えてはくれなかった。




Posted by 細田塗料株式会社 at 20:16│Comments(19)
この記事へのコメント
営業のKさん

こんばんは☆ お疲れのところ、更新ありがとうござます!
さすが、大監督ですね。元気そうでなによりです!

ボーイスカウトの経験がないのですが、なんとなく無くてよかったかな(^◇^;)と思ってしまいますね。
Kさんは、本当に子供の頃から色々と体験してますね。
今は、いざという時には、Aさんや姫ちゃんがいるので安心ですね(^-^)

あと、もう忘年会が始まるのですね。
ブログの更新は気になさらず、しっかり楽しんできて下さいね!
Posted by しゃねる at 2017年12月06日 20:41
こんばんは!このはなし普通にあかんやないですか!子供がいなくなってるかもですよね?私が子供のころは子供会で近くのキャンプ場で一泊しましたが、テントの入り口がむかいのカップルがなんといいますかあれでして男子3人でみてたら大人に叱られた思い出があります!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2017年12月06日 20:54
こ、怖い…です

長男がボーイスカウト入っているから…
訓練キャンプでお墓の奥の空き地でやったときは大丈夫かと心底不安でした(そこは他の団のキャンプ場らしく余計驚きましたが)

行方不明がホントならものすごく怖いし心配…
来年、日本ジャンボリーがあるけど……何事もなければと思ってしまいました(T_T)
Posted by ゆず飛 at 2017年12月06日 20:55
K様こんばんわ。更新お疲れ様&ありがとうございます。

お嬢様、なかなかやりますね。(笑)でも風邪引かないように、薄着は駄目ですよ。女の子は冷やしちゃ駄目なんだから。

今回のお話、小学生の時の林間学校を思い出しました。キャンプファイアで、マイムマイムした時にふざけて、先生に叱られましたよ。その後夜中に雨が降って、窓のカーテンに白い光がぼんやり見えたのを、私と友人3人が見てしまって、寝不足になりました。隣の部屋の男子も二人ばかり見たそうで。
窓の外はキャンプファイアをした庭、その向こうは森でした。

長々失礼致しました。

体調崩さないように、お身体お大事になさって下さいね。
Posted by ミニ子 at 2017年12月06日 21:03
炎つながり。
当時は小5の林間学校の話なのですが、かなりおとなになってから同級生から聞いた話です。
宿の少し離れた敷地で小さいながら丸太を組んだキャンプファイヤーをして、児童たちは部屋に戻ってお風呂の時間となりました。
宿の人はそこにいなかったそうですが、先生たちが現場の片付け中に、燃え尽きた火を見つめる児童がまだいたので、ある先生が余った薪を抱えたまま、部屋に戻りなさいとを声をかけ、向こうに行き薪を置いたときに、あんな子いたかな?と振り向いたらいなかったと。夏ですからまだ明るいんです。
宿敷地裏手の一列でしか通れない山道で、宿から宿の方がやって来たからうちの生徒が今通りましたかと話かけたら、一瞬間をおいてから、見ませんでしたよと返したと。
姿を見かけた先生2名が、クラス毎の写真(事故に備えて持参してたもの)を見たがそんな子はおらず、寝せる前に抜き打ち点検だぞ~とおどけなから全室を見回ったが、やっぱりいない、ぞっとしたと。
ちなみに片方は僧侶資格を持つ担任の先生でした。

少し前に知りましたそのお宿跡地になってましたが大島て○で炎マークがついていて、昭和4○年に小学生が転落事故死とありました(たしかに1室、なぜか立入禁止の部屋はありました)。私たちは昭和53年でした・・・先生に教えたいです。
Posted by はるた夏雲 at 2017年12月06日 21:17
こんばんは。奥さまとお嬢様は焼き肉ですか、体は温まりますよ~私は自動車学校に行ってる娘と会社から息子が帰ってこないので一人でダラダラしてました。あっ!旦那ですか一応いますよ。昨日から歯が痛いそうでデブな顔でもホッペが腫れてるのがわかるところが笑える!
今日のお話。K さんもボーイスカウト入ってたんですか(爆)伯父がボーイスカウトの隊長などをやってたので私の弟も入隊していましたよ。日本中から集まるジャンボリーとか海外のボーイスカウトとの交流とか。私も親と見学に行ったことあります、キャンプは確かに山奥の山奥で古墳のあるところでやってました。流石に幽霊の体験は聞いたことないですけど。
Posted by いなばっち at 2017年12月06日 21:33
K様、皆様こんばんは。

K様焼肉残念でしたね。。
さすが大監督様です(^^;

今回のお話ですが、
大勢の人がいるのに
こんな怖い事が起きるんですね。。

誰かが呼んでしまったのか、
その場所がそういう土地だったのか。。
恐ろしいです((;゚Д゚))

ちょっとキャンプに行くのが怖くなりました(笑)

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年12月06日 22:31
K様、読者の皆様

はじめまして、数ヶ月前にこちらを見つけてから
仕事の合間に読ませていただきました。
やっと追い付いたので記念コメントです!

K様の怖くない話も、常連の皆様のやりとりもとても楽しく、
時に笑いながら拝見していました(笑)

更新楽しみにしておりますので、K様に無理のない程度で
今後も続けていただけたら嬉しいです。

またコメントさせていただくと思いますが
若輩者ゆえ失礼な言葉などありましたらご指摘ください。
Posted by はっと at 2017年12月07日 00:02
こんばんは。
はじめて、コメント致します。

ボーイスカウト...つい最近まで、リーダーをしておりました。なので、いつも以上に反応してしまいました。

自然の中で活動するので、不思議な事も多々ありました。
野営場も曰く付きの場所もあったりして...
とりあえず、気にしない、見なかった事にする、怖くな~いと思って夜中も過ごしてたなぁと。

寒波到来。
インフルエンザや手足口病も流行ってますので、お身体ご自愛くださいね。
Posted by けろよん at 2017年12月07日 02:47
Kさん
皆さん
おはようございます(^ ^)

朝からとても暗い自分のことはさて置き
私も高校の時のキャンプで
ありました。
怖くてかけません(汗)
でも今
通勤電車の中で私の足を踏み
踏んだ事を確認しながら知らん顔をする女性の方がコワイです(^^;;
Posted by とも at 2017年12月07日 08:41
おはようございます。

夜の森は怖い!人と異なる者の仕業なんでしょうね。

妖怪と呼ばれる者なのか死者が招き入れたものなのか…。。。

キャンプ場の話も多いですね。

まぁ~アウトドアな友人が居ないので…なかなかキャンプ場とかは行きませんが。

ますます…家から離れられません。

ゆっくり更新で良いですよ。
Posted by にじちゃん at 2017年12月07日 09:11
更新ありがとうございます!

寒い時期なのに薄着でお出掛けされる大監督はお元気ですね♪流石、kさんの娘さんです!
ボーイスカウトをされてたのですね!私は、どういうものなのかは解りませんがイベントなので楽しいお時間のはずなのに大変な事態になってたのですね!皆さんがご無事でなによりで大人の人達も朝が来るのが待ち遠しかったと思います!
Posted by t.t at 2017年12月07日 10:44
 K様、皆様、お疲れ様です。

大監督のおねだり上手!将来、彼氏が出来たときには彼氏は何をねだられるのでしょう?
やっぱり、食べる物?(笑)

公園でのキャンプと言うと、小学校の子ども会で犬山市の桃太郎公園でのことを思い出してしまいます。
怪異では無いのですがここは当時、猿の集団が放し飼いになっていまして、朝、物音で目が覚めるとテントの上や周囲で猿が騒いでおり、テントの前の簡易バケツで冷やしてあった野菜、果物はかじられ、缶ジュースは散乱し、とても朝食の準備などできない状態でした。
子供(当時、小5)だったのでものすごく怖かった記憶がありました。(そこは今、どうなっているのでしょうね)

K様、本日は飲み会とのこと。
2次会、3次会で片町に行かれるかもしれませんが、飲みすぎにはご注意を!
くれぐれも何かを連れて帰らないように!

では。
Posted by 上海より at 2017年12月07日 12:41
営業のKさん

凍てつく日の外仕事は、雨ガッパを着ないと作業服が濡れてしまいますが、重ね着のため動きにくく、余計な体力を消耗しますね・・・老いを感じます(汗

この場をお借りして

ともさん

元気出して!
夜明け前が一番暗くて寒いけど、そのうち橙色の暖かい光が差し込んで来るよ。
頑張りましょう!お互いに!

参加者の、倍以上に膨れ上がった
人数でキャンプファイアを囲む・・・想像したくないですね・・・楽しく参加するだけじゃ済まないですもんね(涙

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年12月07日 12:52
Kさま!
うちのいとこもボーイスカウトしてましたよ!
まさか!知り合いだったら嬉しすぎますが笑
そんな奇跡あるかな?
百万石まつりに出るから毎回見に行ってました~
彼ははボーイスカウトでキャンプするのに、
山に入ったのですが…
自殺された方の遺体をみつけてしまった。
とゆう武勇伝をよく話してましたー
首が30センチくらいのびていたとか?
私がこの世界が好きなのは、彼のせいかな?笑。
彼は見える人でした。今はどうなのかな?笑。
彼に久しぶりに会いたくなりました~
お正月帰ってくるだろうし、細田塗料ブログ宣伝しときます!
Posted by みさとん at 2017年12月07日 16:03
この場をお借りして

ともさん

暫く封印していたけど・・・元気が出る、魔法の言葉を授けるで。
これは親愛なるメチャさんからの贈り物・・・受け止めてや!

おちんこもんだりしたけれど、わたしは元気です。

これを3回、言葉にするんや、人前では駄目やで・・・どう?口角が上がるやろ(笑

さぁ、明日も頑張りましょう!
Posted by 中西 at 2017年12月07日 21:30
K様、皆様、こんばんは。
ボーイスカウト関係の方々には申し訳ないですが、大学生の頃、ボーイスカウトをやっていたという同級生から聞かされたのは…「イケナイことは全部ボーイスカウトで覚えた」という話(汗)。

酒と煙草、それに匂わせられたのは若干他のこともあって(内容自粛)、衝撃を受けました。
将来自分に息子ができてもボーイスカウトには入れない、とそのとき決意し、実際いま息子がいますが入れてません。

ほとんどのボーイスカウトではこんなことはないのかもしれませんが、ダークサイドもあり得るんだなと感じた経験でした(不快に感じられた方は、すみません)。
Posted by ナス at 2017年12月07日 22:46
Kさん
皆さん
お疲れさまでございます(^ ^)

中西さん、今帰りの電車でコメント見て
吹き出したやないですか〜(;゚;ж;゚;)ブッ
たぶんKさんも中西さんのコメント読んで
吹き出しはったで(笑)

中西さんの優しさと
メチャさんの懐かしさでホロリときて
(T-T)
で、
あの呪文に耐えかねて
ニヤニヤが止まりません(爆)
Posted by とも at 2017年12月08日 19:38
Kさん

私もボーイスカウト活動をしてましたよ。
夏季キャンプで肝試しは確か土葬の墓場でした。今思えば無茶な事してるなぁと思います。
ほんとに危ない場所は怖いですねー

また更新楽しみにしています。
でも無理は禁物ですよー!
Posted by かずさん at 2017年12月09日 13:03
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count