› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 神戸市鈴蘭台での・・・。

2017年12月08日

神戸市鈴蘭台での・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です。

昨晩はお客さんの忘年会でいつもの

片町で飲み明かしてきました。

ちなみに、来週の月曜も忘年会、そして、

週末など関係なく怒涛の忘年会ラッシュが

待っております。

そして、毎年恒例のクリスマス・ライブも

予定通り行われますので、かなりの

ハードスケジュール・・・です。

ちなみに、うちの大監督は、来週に演劇の

発表会があるらしく、土日も学校・・だそうです。

ちなみに、最近、外国からの宅急便が我が家に

毎日のように届きます。

勿論、荷受人は、大監督の名前が・・・。

どうやら、ネットでこっそり(バレバレですが)

コスプレの衣装や小道具を買い漁っているようです。

まあ、熱中できるものがあるのは良い事なのですが、

購入資金はいったい何処から?(涙)

これくらい勉強も頑張ってくれると嬉しいのですが。

ということで、今夜はいってみましょう。

怖くない話。

神戸の大学生時代の話になります。

それでは、どうぞ!



これは俺の大学時代の友人の話である。

大学時代は、ろくに大学にも顔を出さず、バイクとバイトに明け暮れていた。

神戸という土地柄なのか、やはり走るのは六甲山が多かった。

裏六甲や芦有がメインであり、夕方になると、自宅組、を含めて、皆が六甲山

目指して走った。

そんな中に、1人の友人がいた。

実家が西区の伊川谷であり、六甲山に来る時にはいつも鈴蘭台という街を

経由して来ていた。

彼の乗るバイクは、カワサキの1100cc。

派手さはないが、堅実な走りでとても速かったのを記憶している。

実は、彼は1度、クラブのツーリング時に、トラックと正面衝突をし、バイクは

廃車になったが、彼は無傷という偉業を達成した事でも知られていた。

その日も彼は大学の授業が無かったので昼間からバイトに入り、夕方には

自宅に戻ってバイクで出掛ける準備をした。

そして、夕飯を食べ、夜8時頃には六甲山を目指して自宅を出発した。

やはり昼間はバイクの数が異様に多く気持ちよく走れないのだが、夜ともなれば

走っているのは、かなりの常連達ばかりであり、その中には大学の友人達も

いる為、夜に六甲山を走る事は彼の日課になってしまっていた。

通常、西区辺りから六甲山を目指す場合、国道2号線を走るのが普通

なのだが、彼の場合、六甲山に至るまでの行程も楽しみの一つであり、

いつも敢えて山越えの道になる鈴蘭台経由の道を選んだ。

しかし、その日はいつもとは違っていた。

彼が走る道すがら、車や人には一切すれ違わなかった。

確かに当時は新興住宅地という印象が強かった地域だが、それまでに

そんな事は経験した事は無かった。

今日は不思議な日だなぁ・・・。

彼はそんな事を考えながら、それでもしっかりとバイクを走らせていた。

暗闇の中をバイクの明かりだけを頼りに走った。

まるでゴーストタウンの中を彼1人だけが走っているかのように、

バイクの音だけが町中に響いていた。

と、突然、彼の目の前を何かが横切った。

たぶん小動物の類か子供のどちらかだと思ったという。

彼は思いっきりブレーキをかけた。

すると、路面に砂でも浮いていたのか、その瞬間、バイクはあっけなくバランスを

崩し、彼はバイクから放り出されてしまう。

スピードはそれほど出ていなかった筈だが、路面に叩きつけられた彼の体は

至るところから激痛が走っていた。

腕と足を動かそうとしたが、全く動かなかった。

きっと骨が折れているのだと思った。

確かにそれほどの痛みだった。

彼は、天を仰ぎ道路に仰向けになった。

声を出そうとしたがヘルメットを脱げない状態では大声など出しても

周りの民家に聞こえる可能性は低かった。

だから、彼はそのまま仰向けで誰かが通りかかるのを待つ事にした。

実際、道路に倒れたままでは二重事故の危険もあったのだが、手足が全く

動かない状態では、そうするしか方法はなかった。

どれだけ時間が経ったのだろうか・・・。

幾ら待っても誰もその場所を通りかかる者は居なかった。

季節は冬。

雪は降っていないとはいえ、かなりの寒さであり、実際彼の体温は急速に

奪われていく。

彼はその時、初めて凍死の恐怖というものを感じた。

全身に革ツナギとグローブ、そしてブーツ、ヘルメットを纏っていたが、

革製品など冷え始めたらどんどんと体温を奪っていくらしい。

冷たさによって痛みもほとんど感じなくなっていた。

すると、その時、道路の向こうから何かが近づいて来る。

それは遠目に見ると、まるで子供達の集団下校の様に見えたという。

子供でも誰でも良いから、早く気付いて欲しい・・・・・。

彼はそう思いながら、近づいて来る一団をじっと見ていた。

しかし、その一団の姿がはっきりと見えたとき、彼は声を掛ける事は出来なかった。

何故なら、こちらに向かって歩いてくるのは、僧侶の一団だったのだから。

しかも、その誰もが汚い布キレだけを体に纏い、そしてお経のようなものを

唱えながら歩いてくるのだ。

だから、その時彼は、救助よりも恐怖が勝ってしまった。

僧侶達は、言葉では上手く説明出来ないほど、不気味な雰囲気を醸し出していた。

その身長はまるでお地蔵様のように低く、それでいて、お経を唱える声は

まるで地の底から響いてくるように低く凄みがあった。

そんな僧侶が2例に並んだ状態で20人ほど歩いてくるのだから、

恐怖で固まってしまうのも仕方なかった。

だから、彼はその一団が通り過ぎるのを待つ事にした。

早く通り過ぎてくれ・・・・。

そう思い、出来るだけ目立たないようにその場に体を伏せる。

だが、その一団が彼のすぐ側までやってきた時、彼は更なる恐怖で

言葉を失う。

彼の前を通り過ぎる僧侶、一人ひとりが、倒れている彼の顔を覗き込む様に

しながら通っていくのだ。

それでも、彼はジッと堪えていたらしい。

しかし、その一団が通り過ぎようとした時、彼の体は何かに引き摺られた。

一体何が起こっているのか、全く分からなかったという。

しかし、その一団の最後の僧侶が通り過ぎたと同時に彼の体はまるで

体のどこかにロープでもくくり付けられたかのように、突然体を

持って行かれた。

彼はそこそこ大柄な男であったが、その体をまるで人形でも引き摺る

かのように、いとも簡単に引き摺っていくのだ。

僧侶の歩く速度は速くなかったので、擦り傷が出来る程ではなかったが、

それでも彼を恐怖のどん底に突き落とすには十分だった。

彼は自分の体を目視して、いったい何処にロープをかけられているのか、を

確かめようとしたが、どこにもそんなモノはかけられていなかった。

例えるならまるで強力な磁石で引きつけられてているかのような感覚。

それに気付いた時には、自分のバイクからかなり離れた場所まで来ていた。

そして、もう少し進むと、ガードレールも無い様な山の中へ入ってしまう、と

いうところで、彼は何とか身をよじり、ガードレールに腕を絡める事に

成功した。

それでも、彼の体は何かに引き付けられる様に凄まじい力で引っ張られていたが、

彼は、死に物狂いで必死にガードレールに絡めた腕に力を込め続けた。

と、突然、彼の体を引っ張る力が消えた。

彼は何が起こったのかと、顔を上げて確認しようとした。

その時、彼の目に映ったのは、彼を取り囲むように間近で

彼の顔を覗き込んでいる沢山の僧侶達の顔だった。

その顔には目というものは無く、おびただしく爛れた肌と腐って落ちかけている

耳、そして、その口元の形からはそれらのモノ達が怒っているのが如実に

伝わってきたという。

彼はその瞬間、意識を失った。

そして、次に目が覚めたのは病院へ搬送される救急車の中だった。

また後日、分かった事なのだが、その時、彼の血足は骨折などしていなかったらしく、

何故動かなくなっていたのかは謎だという。

そして、転倒したバイクには車体の至るところにベタベタとした黒い手の跡が

残されていたということである。


Posted by 細田塗料株式会社 at 19:33│Comments(15)
この記事へのコメント
Kさんへ

毎回楽しく読ませてもらってます。
今会社の忘年会中ですがら、待ちきれずさっそく読んでしまいました。
いつもありがとうございます。
Posted by キミナ at 2017年12月08日 19:59
資金源?
修学旅行前に
稼いだもんね♪
あらやだ~父さん
忘れないで?

古着屋でなら300円で買えます。こんなの売れるんかなと思うのほどすぐ売れますと店員様。ただし女装家さんが買うとのこと。

でも海外からってカード決済ですよね。この話はちと怖くない???
Posted by はるた夏雲 at 2017年12月08日 20:10
こんばんは
師走は何かと忙しいですね〜

そして今夜も鳥肌の立つような
お話をありがとうございます
寒い夜に寒くなる話
寒さを堪能してます(笑)

Kさん 寒さに負けず
夜毎の酒盛りを楽しんでください
次回の怖くない話楽しみにしてます
Posted by まーママ at 2017年12月08日 20:23
営業のKさん

こんばんは☆ お疲れのところ、更新ありがとうござます!

本日のお話も怖いです。霊的なことが起こる時には、車や人に出会わないんですね。
ケイタイも圏外になるんですよね?
今朝は早番で、早朝から掃除をしていたのですが、蛍光灯が点滅してて、
霊的なものじゃないよねーと焦っていたら、単に蛍光灯が切れかかっていただけでした(^◇^;)
気にし過ぎですね。

寒い日が続きますが、体調に気をつけてくださいませ。
Posted by しゃねる at 2017年12月08日 20:34
こんばんは!石川県も雪がすこし積ったところがあったらしいですね!一応魚屋みたいな仕事してるのですが、今年はイカが種類関係なく不漁で値段が高いですね!逆にブリがぼちぼちとれてて活気づいてます!私も下手くそだけど酉年のチキンだけど一応ライダーです、どや٩(^‿^)۶だけど夜は暗いから走らないし、こないだも京都の美山町の道の駅まで行ってきたが寒いのなんの!六甲山も若い頃何度かいったが自分には合わなかったな!Aさんとデートなら何度でものぼっちゃう!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2017年12月08日 21:10
はじめましていつも楽しく、震えながら読ませて頂いてます。神戸の話、垂水の辺りの諸々も気になってましたが、私、現在鈴蘭台と名のつくのとこに住んでますから、もう、びっくりです。でも西区から来るとすれば、もう検討はつきます。土地がくらいし、重たいです。ただ、お坊さん、長田にすんでるとき家の下をお経唱えながら吠えながら小走り。何人も何人も。昔からそういう修行もあるようです。ただ腐りかけてはるなら、それはもうこの世のものではないですね!お友達も、助かって良かったです。今後も神戸の話も、楽しみにしていますがご自愛くださいね。
Posted by シュフの掟 at 2017年12月08日 23:04
海外の取引はカード決済のみみたいな書き方ありましたが、銀行振込オッケーな所もありました。システムとか運用方法の違いかな?
骨折してないのに痛いとかって金縛りの種類の一つなのかな?
あ、でも動けてるから金縛りでは無いのか‪‪‬
Posted by 笑福亭きたる at 2017年12月09日 00:04
更新、楽しみに待ってました(^o^)/
神戸鈴蘭台でのお話、怖かったです。
((((;゚Д゚)))))))私の家から六甲山は近いですが心霊スポットなので行きません!!
このお話を聞いたら夜は危険な場所だと実感しました。(・・;)
Posted by 陽菜mama at 2017年12月09日 01:06
笑福亭きたる様

銀振は手数料が数千円しますよ!5千円なんてのありましたし。支払いは9時15時の間だから学校をさぼらないとね・・・高校生はチェックカード使えないし・・・となると家族用クレジットカード・・・???
今のコドモはなんでも恵まれてますなぁ~。
Posted by はるた夏雲 at 2017年12月09日 05:04
おはようごさいます。ライダー希望の
私にとってはゾッとするお話でした((((;゜Д゜)))ガクブル
免許は取ったのですが、家族の反対とお財布の関係で
バイクは買えておりません(泣)
サンタさんにお願いしたら届くかな?
Posted by はっと at 2017年12月09日 09:51
おはようございます。

山道での怪異も多いですね。

通り道なんですかね?

で、適当に引き摺って連れて行く。

昨日は私も忘年会でした。あとは、年末?のクリパかな?クリパと言う名の女子会ですが。

娘さんは…コミケとかは大変ですね。

場所…離れてますからね?大阪の方でも…ありますか?お祭り?

コスプレ…スゴイと思います。

前にセーラー服を着たメイク無しの…オジサンがコスプレ会場?に独り?で立ってたのを見かけた事を思い出します。
Posted by にじちゃん at 2017年12月09日 11:18
営業のKさん

当時のカワサキの1100・・・空冷ならGPZ(ZGP?)、水冷ならZZRですか。
成る程・・・の走路、そんな事がありますか(汗

何が切っ掛けで、迷い混む?誘われる?かが分からない、異の空間、世の中本当に不思議ですね。
ご友人の無事が、何よりです。
因みに、今もバイクに乗られているのでしょうか・・・まさかニンジャH2だったりは・・・しませんね。

それでは次回も・・・既にあります(笑
Posted by 中西 at 2017年12月09日 22:33
お坊さんとか 修行僧とか,普段はとてもありがたく大好きなのですが…(建物含めて あの独特の匂い・感じがたまらない♪)

こういう系統の お話だと 物凄く恐ろしく感じます。
特別感があるといいますか。

お嬢様、もしかしてテスト とても頑張られて、
母様公認の ご褒美コスプレなのかもですね。

今 普段着として着物に ハマっているので、
首下が 銀○の銀さん 、顔だけ 青鬼院影郎で コスプレできるなぁ、と。(はる=♀)
もちろん道産『洞爺湖』の木刀は必須で。(わかる人にしかわからないネタで すいません❗)

本当は 『湯婆ぁば』がいちばん似合うんですが(笑)

好きなものあると がんばれますよねー。
Posted by はる at 2017年12月10日 11:28
こんにちは!仕事が多忙なために纏めて読んでいます。私もバイクでコケて事はありますがこのような事態に陥った事はありませんね。とても恐ろしいですΣ(´□`;)
Posted by t.t at 2017年12月11日 14:30
はっ!('ロ'('ロ'('ロ'('ロ' )!!!
オレンジだったのに…赤うなっとるビックリして一回消してしまった。

あっ!Kさんこんにちは!
冬なんで当たり前なんですが、冷え込みが過ぎますねぇ
((*´д`*)) サムゥゥゥ・・・

今回の友人様のバイク、うちの旦那のバイクと一緒なのかな?うちはZZ-R1100今でも乗り続けてますよ。
19年乗ってますかね。

いつもと違う雰囲気ですでに導かれてましたね。それだけの人数のまして僧侶ですかっ!
(((( ;゚Д゚)))
良くぞご無事で…強い思いでガードレールにしがみつけて、助かってよかったです。

うちの旦那も高速トンネル内で砂で滑ったかのように、スーッともってかれて、転倒。
左腕と足の小指部品が刺さりブーツ貫通して骨折。
まぁ自力で関ヶ原からゆっくり帰ってきましたが…
事故った連絡きたときに…
私の脳裏にうわっやられた!
(1回きりでしたが身内の生霊の仕業でしたね…)
と言うのを思い出しました。
(。-∀-)

忙しい中更新ありがとうございます。ぼちぼち追いかけて行きます。
─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ
Posted by tomoa24 at 2017年12月17日 16:28
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count