› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 通夜の帰り道での怪異

2017年12月09日

通夜の帰り道での怪異

サインディスプレイ部  営業Kです。

皆様、お疲れ様です。

先日、通夜の帰りに家族に起こった

怪異に関しては、アップ出来ないと

書きましたが、編集者様のご好意で、

皆さんが読みたいでしょうからどうぞ!

との言葉を頂きましたので、本日、

アップさせて頂きます。

(という事で、この話は本には載せられません)

皆さんも、やはり忘年会の方も多いみたい

ですが、体調にはお気をつけください。

まあ、私が言っても説得力は無いと思いますが(笑)

ちなみに、私は来週の忘年会ラッシュに備えて

今夜はおとなしく家で過ごします。

まあ、本当はクリスマスライブの練習が全然

出来ていないから・・・なんですけどね(涙)

ということで、今日は早めにいってみましょう。

怖くない話。

それでは、どうぞ!




これは俺と家族がつい昨日、体験した話である。

母方の祖母が亡くなった。

能登の田舎町に生まれ、そして生きてきた祖母は結局、その狭い

地域の中だけで一生を過ごした。

高齢になってからは痴呆との闘いの中で余生を過ごしてきた祖母だったが

たまに記憶が戻った時などは、相変わらず俺たち孫を心配し

可愛がってくれた。

そんな祖母が98年という長い生涯を閉じたのだ。

かなり変則的な日程での葬儀となったが、それでも参列しない

訳にはいかなかった。

そして、それは日曜日の夜に執り行われた通夜の夜の事だった。

通夜は、午後8時には終わり、それから親戚とのやり取りも

あって、通夜会場から帰る頃にはもう時刻は午後の10時を

回っていた。

金沢から能登まで延びる自動車道。

そして、その道を下りてからは、県道を1時間ほど走らなければ

ならなかった。

そして、当然、帰りも、行きの行程を戻る事になる。

そして、会場を出る頃にはまだ11月の半ばだというのにかなり激しく

雪が舞い出した。

道路はみるみるうちに雪で白くなったが、念の為にとスタッドレスタイヤに

履き変えてきて正解だった。

そんな雪を見て、後部座席の妻が言った。

もしかしたら、おばあさんがあなたに帰って欲しくないのかもね。

確かに、そう言われれば、そうなのかもしれない。

その日のうちに帰るのは翌日の朝から仕事の予定が山積している俺と

その家族だけだったのだから。

車は順調に走っていた。

元来た道を戻るだけなのだから簡単な話だ。

本来ならば・・・。

自動車道を降りてから県道を道なりに走るだけ。

だから、道を間違う事などありえない。

しかし、俺は突然知らない道に迷い込む。

その時には後部座席にいる妻も娘も疲れの為か、ぐっすりと眠っていた。

そんな状況の中で俺は、気が付くと知らない場所を走っていた。

仕事で営業をしているから、こんな田舎の裏道にもそこそこ精通している

つもりだったのだが、その場所には全く見覚えが無かった。

というよりも、その県道は海沿いを走っている道であり、山など

近くに存在していない。

それなのに、気がつくと、俺はどう考えても山の中の細く暗い道を

ヘッドライトの明かりだけを頼りにひたすら車を走らせていた。

民家など在るはずも無く、外灯もない。

そして、道はどんどん細くなっていき傾斜も急になっていく。

さすがの俺もその時点で車を停めてUターンする事にした。

しかし、道幅はかなり狭く、何度も切り返してようやくUターン出来た。

よし、戻るぞ!と思った瞬間、俺の視界に何かが映りこむ。

それは、こんな山の中には居る筈も無い女性の姿だった。

細い道で崖を背にして俯いたまま道路の方を向いている。

白いワンピースが暗闇の中に浮かびあがり、不自然さが更に増していた。

胸まで伸びた髪で顔は見えなかったが、俺にはそれがすぐに人外のモノ

だと確信出来た。

俺は一瞬躊躇したが、道を戻るにはその女の横を通る以外に選択支はない。

俺は、出来るだけその女の姿が視界に入らないように、ヘッドランプの明かりを

ハイビームからロービームに変えて一気に車を発進させた。

車が近づいた時、一瞬、その女の顔が動いたかのように見えたが、

何事も無く、車はその女の横を通過できた。

そこで俺は再びヘッドライトの明かりをハイビームへと切り替えて、ひたすら

山道を下っていった。

しかし、どうもおかしい。

どれだけ下っても民家はおろか外灯の1つも見えてこない。

そんな事をしているうちに、俺は知らぬ間に再び道に迷う。

間違った道を戻っているのだから、いつか大きな県道に出るだろうと確信

していたが、それもあっけなく覆される。

俺はまたしても山道を登っていた。

しかも、どんどんと道が狭くなり傾斜もきつくなる。

更に、俺は今走っている道が、先ほど迷い込み走っていた山道と同じに

見えて仕方なかった。

そして、その疑念はすぐに確信へと変わった。

先ほど迷っていた時にUターンした場所と全く同じ景色の場所に出てしまったのだ。

俺は背中にベッタリと嫌な汗をかいていた。

しかし、俺はもうUターンする事は考えていなかった。

何故かUターンしても好み力は抜け出せない・・・。

そんな気がしていたから。

車はどんどんと狭くなる道を走り続けた。

しかし、山道であるならば、きっと山頂から別の降りる道が存在

している筈だ。

そんな何の根拠も無い希望におれは賭けていた。

しかし、俺が運転する車がたどり着いたのは、車1台がようやく通れる

道幅の前にある大きな石の前だった。

理由は分からないが、その石は、道を完全に塞ぐ形で其処に置かれていた。

そうとなれば、もう引き返すしか道は残されていなかった。

俺はヘッドライトを下向きにし、ギアをバックに入れて後ろ向きのまま

山道を下り出した。

シートから身を乗り出し完全に後ろを向いて俺は後方を目視で確認しながら

それなりの速度で山道を下った。

ゆっくりとした速度で降りた方が安全なのはわかっていたが、やはり

完全に暗闇に閉ざされた山道をゆっくりと降りるのは恐怖でしかなかったから、

俺は全神経を集中して、必死に山道を降りていた。

その時、突然、後部座席で寝ていた筈の妻と娘から悲鳴があがった。

前・・・・前!

何かを必死に訴えかけていた。

俺は少し速度を緩め、顔を車のフロントガラスに向けた。

すると、そこには、ゆっくりと歩いてこちらに近づいて来る1人の女

が映っていた。

それは白いワンピースを着た女であり、髪の長さも同じだったので、先ほどの

道で出くわした女と同じモノだとすぐに分かった。

しかし、何かがおかしかった。

いや、不自然と言った方が良いのかもしれない。

その女はゆっくりと歩く動作しかしていないにもかかわらず、それなりの

速度で下り続ける車に追いついてきていた。

そして、俺にはその女の顔がうっすらと笑っている様に見えた。

背筋に寒気が走った。

俺はもう前など見ている余裕はなく、ひたすら運転に集中した。

もしも、あの女に追いつかれたら・・・。

そう考えると、もう逃げるしか手は無かった。

後部座席からは、あいかわらず、

きゃー・・・もっと速く・・・・近づいて来るよ。・・・お父さん・・・。

そんな声が聞こえていたのだが、その声は突然ピタッと聞こえなくなった。

しかし、俺にはそんな事を気にしている余裕などなかった。

バックでの運転も慣れてくるとそれなりに速度を上げて走れるもので、

俺は自分でも驚くほどの速度で山道を下っていった。

そして、20分くらい下ったところで、1軒のコンビニの明かりが見えた。

やっと出られた・・・・。

そう思うと疲れが一気に押し寄せた。

とりあえず、コンビニの駐車場に車を停めて、俺は車外に出た。

すると、慌てて妻と娘も車外に飛び出してくる。

そして、開口一番・・・。

怖かったね・・・・助かって良かった!

そして、俺達はコンビニで熱い缶コーヒーを買って再び車に戻った。

そして、そこからは妻と娘が無言だった事を除けば、順調に走り、

そして無事に自宅へとたどり着いた。

そして、家の中に入るなり、妻と娘が大声を出した。

よくあんな状態で運転出来るね?と。

そして、話を聞いてみると、

山道を車が下りている時、あの女が運転席の窓に張りついていたそうで、

妻と娘はただひたすら恐怖し俯いていたという。

そしてコンビニから出た途端、またしても俺が運転する

助手席に山道で見た女が乗っていたそうだ。

そして、じっと俺の顔を間近から覗き込んでいたということだった。

そんな事は知る由もなかった俺は、それを聞いて再び恐怖に押しつぶされそうになった。

ちなみに、その女の姿は自宅近くまで来ると、消えてしまった、ということだった。

本当に追いてきていなければ良いのだが・・・・。


Posted by 細田塗料株式会社 at 14:40│Comments(27)
この記事へのコメント
Kさんこんばんは!
まさかこんな早くリクエストに応えられてるとは!
‼(•'д'• ۶)۶

お祖母様大往生でしたね。
そして想像を遥かに超えた体験されましたね。ホント事故することなく無事?に帰って来られて良かったですが。
奥様も娘ちゃんももの凄い体験されその後も…
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

私も静岡県と滋賀県の葬儀に行った時は、Kさんみたいにガッツリの怪異ではないですが、知ってる場所なのに、曲がる度に全く違う道で着けないとか?帰りもグルグル迷わされσ(・´ω・`*)?って感じだけなので害はないのですが。

なんだか近々の話だと更に、恐怖が増し増しですね。
まだ体調が戻ってないのに、更新ありがとうございます。
Posted by tomoa24 at 2017年12月17日 21:35
見える、というのは大変ですね。
成仏させてほしい、まずは気がついてほしいというところだったのでしょうか?

とはいえ、元は人間。
頼みごとがあるなら、怖がらせずにちゃんと言え!ですね。

生き抜くってこと、何よりの勉強なんだなと思いました。
Posted by まあちん at 2017年12月17日 07:50
k様

私も同じような体験を
した事があります。

離婚調停中の妻(当時)が
実家に戻っていると知り
久しぶりに帰宅しようと
した晩の話。

仮住まいの場所から
自宅に行くには
明らかに遠回りの道しか
知らないので
ナビを使いました。

自宅まで2kmになっても
見覚えがない道で
ナビに従い右折すると…
けもの道みたいな下り坂を
下り始めました。

え?と思いながら
車1台分
おそらく幅が2〜3mの
林に囲まれた砂利道を
ナビに従って進むと
目的地に到着しました
との音声が…

たしかにナビ画面は
自宅の裏側に居ます。

その裏側の道は普段は
通らないので
うち(自宅)の裏は
こんな林だったんだ…
と思いそうになりましたが
いや、絶対に違う
普段は通らなくても
明らかに景色が違います。

しかも
少し進むと行き止まりで
お地蔵様が…

バックで戻るしかないので
心臓がバクバクしながら
私の場合はルームミラーと
サイドミラーを頼りに
ゆっくりと後進しました。

来た道を戻ってるハズなのに
カーブと飛び出てる草が
来た時より多く感じました。

後進だから気のせいかも…
思いながら
けもの道の出口
(始めに右折した場所)に
辿り着き
ちゃんとした道路に
出れて前進しようとしたら…

けもの道に右折した時の
道とは別の通り慣れている
自宅付近の道でした。

そこからは
無事に自宅に着きましたが
自宅には私への恨み節が
満載の妻(当時)からの
手紙がありました。

かなり省いて書きましたが
今考えると
不思議な体験ではなく…
一種の霊体験かな、と。
Posted by 神奈川のT at 2017年12月13日 03:46
kさん、何かとお忙しいのに更新をありがとうございます!
先日の葬儀の帰り道のお話ですが読んでてこちらまで半端なく恐ろしかったです。まだ、kさんですからご無事に帰宅されましたが私だと命がなくなってますよ!大変な思いをされましたお気持ちお察します。
Posted by t.t at 2017年12月11日 14:48
Kさん、皆さま、こんにちは。ご機嫌如何でしょうか。
そして編集者さま、Kさん、ありがとうございます。読めるようにご配慮くださり、感謝いたします。
Kさん! 初七日まで(霊も)何もできないから‥って、全然大丈夫なんかじゃないですね(泣)
こんな怖い目にあったら、事故になってもおかしくないです。本当に、よくご無事で。
心臓に悪すぎますよ。救いようのない悪霊、嫌いです。
Posted by あでゅう at 2017年12月11日 13:00
Kさま、皆さま、おはようございます☀

怖いです。本来なら見えないはずの(そう思っています)奥さまや大監督にも見えちゃったんですね。怖かっただろうな。しかも、逃れられたと思ったら、助手席ですか。その時点で失神ですね。

霊感の強い人と一緒にいると、見えることがあるようですが。
私の見える友人も、意図せず被害者出しちゃうことがあるそうです。

ご無事でなにより、解決ずみでなによりです。
Posted by かっち at 2017年12月11日 10:55
K様、皆様おはようございます。

お通夜の帰りでの怪異。
お話アップして頂きありがとうございます。

K様だけではなく、奥様とお嬢様も霊を見ていたとは。。
真っ暗な山の中、車のヘッドライトだけの状態ってだけで怖いですよね。

もし私が同じ状態で霊に遭遇したら、パニックで絶対事故を起こします(汗)
経験豊富とはいえ、K様の冷静さには驚くばかりです。。

とにかくご無事でなによりでしたm(_ _)m

お話を読んで、雪女がでてきたのかとかと思いました(^^;

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年12月11日 09:12
営業のKさん

過去の話ではなく、ごく最近に体験した実話・・・何を目的として彼方の世界から現世へ、霊道を逆行して?戻ったのか。
世の中、本当に不思議ですね。

今さらですが、ご家族共に無事で何よりです。

それでは、次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年12月10日 22:12
こんばんは!お父さんがんばったね!しかし山道にさそいこんで何しようとしてたんでしょうか?でもバックで激走するお父さん、かっこよかったんじゃ?何気にその日から晩御飯がお父さんだけ一品多いとか?・・・ないか!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2017年12月10日 19:55
営業のK様

お疲れ様です。
貴重な体験談、有り難う御座います。
期待通りのおもしろい展開でした。
そして家まで連れて帰ってしまったんですね。

これ別に本に載せてもいいと思うのですが。
Posted by OSN43 at 2017年12月10日 16:36
おはようございます。

お通夜の帰りに…そんな事が…。。。

って感じです。

問題は解決していますが…無事で良かったです。

奥さんも娘さんも…頑張りましたね。

ここで読んだとしても…解決までをしっかり文章で読みたいです。

全てが書き下ろしで無くて良いですよ。

年末まで…忙しそうなので体調に気を付けて下さい。
Posted by にじちゃん at 2017年12月10日 13:32
kさんお疲れ様です

朝開いてみたらまさかの通夜帰りの話!
こんな恐ろしい体験なさったんですね
そしてその後はしごも登って来るんですよね〜コワイ
やっぱり怖くない話は朝に限る!
Posted by りんりんふぁーむ at 2017年12月10日 09:13
 K様、皆様、お疲れ様です。

K様、通夜の帰り道での話のアップ、ありがとうございます。

この状況で奥様と大監督がよく平静を保つことができたとビックリしています。
誰かが書いていましたがK様だけでなく、ご家族にも守護霊様がおられるのでは?

A様と姫が消滅させたので今後の心配は無いと思いますが(姫の作った護符で自宅は要塞化しているので)白いワンピースの女以外の怪異が一緒に居たかもしれませんのでしばらくは気をつけた方がいいかもしれませんね。

この場をお借りして

>はるた夏雲様

はるた様は見ることができることは以前のコメントでも書いてありましたが、その様な声も聞くことができるとは!
でも、そうゆうのって怖くないですか?
私ならチビッてしまうかも(笑)

K様、ご家族を含め、どうぞご自愛下さい。

では。
Posted by 上海より at 2017年12月10日 02:08
カーナビ!気になりますね、うんうん!

ちなみに。磁石だとかなりやばいですよん。
昼間の都心のデル場所(拘置所跡、慰霊碑、井戸等)で検証したことあります。ぐるぐる回る、直立しようとしてる→破壊、ふらっふらしてから私を差したΣヽ(`д´;)ノ、南を差した、などなど。磁場が狂うてるのは確認しました。
カーナビだとどうなるのやら?
記録してませんか、K様?
Posted by はるた冷凍雲 at 2017年12月10日 00:39
K様皆様こんばんは

今日は、父の三回忌でした。
私一人遅刻してしまい、急いでお寺まで向かっていたのですが、なんと三回もおっちゃんの激怒してる現場に遭遇してしまい…。

なんだか、気分も滅入ってしまいました。

しかも、私を探しに来た母は、気づかず?
何故私にだけ聞こえるのだ?と納得いきませんでした。

あんなに大声で、怒鳴ってるのに??

そして、今日の話も映像が鮮明に浮かびました!私今日眠れるかしら?

ま、寝つきはのび太くんなみにいいので、あまり心配はしてませんが。

それでは、毎日寒いのでお身体ご自愛くださいませ。
Posted by ぷぅ at 2017年12月10日 00:35
待ってましたっ!

やばい、やばい、やばい…

これは、ほん怖だわ。
映像浮かんできちゃう…
いつもの、
「俺の友人の話だ」
とかじゃないもん!
Kさんの話だもん!
近い、近い、近い!
ぶるぶるぶる…

にしても、富岡さん、本当に不思議なことやらかしましたね。

Kさん、お身体に気をつけて、ゆるっと更新してくださいね。
みんなが待ってたお通夜話、ありがとうございました。
Posted by のんたん at 2017年12月09日 23:45
K様こんばんわ。お忙しいのに更新、お疲れ様&ありがとうございます。

K様のバンドのクリスマスライヴ観たいです‼️愉しそうだなぁ。ミニ子のクリスマスは、変なファミチキ売ります。似合わないサンタクロースの帽子を被って。虚しい…。

インフルエンザが流行り始めています。移らないように、体調に気を付けてお身体お大事になさって下さい。
Posted by ミニ子 at 2017年12月09日 23:11
K様

気になっていた話の公開有り難うございます。

これは今までの中でもとびきり怖い話ですね。

真っ暗な山道で後方を気にしてバックしてる時にフロントガラスに女がへばりついてるとか考えたくないです。

後部座席の奥さんと娘ちゃんもしっかり見たとか、完全に実体化してたと言う事ですよね。

しかし、何度も道に迷った時はカーナビはどのような表示をしていたのでしょう?
Posted by 式神 at 2017年12月09日 23:07
k様
とりあえずご無事で何より。
でも念の為、A様に確認してもらった方が良いと思います。
ついに奥様や娘さんにも見えてしまったのですね・・

はるた夏雲様
富岡八幡宮ですよねー
私も呆れてます。
Posted by ちんぱん at 2017年12月09日 21:54
初めてコメントします。
過去に数回心霊体験をしてから「見えない世界」がある事を知った者です

しっかし強烈だなぁ、生きてる間によっぽど酷い目に遭われた方なんですかねぇ
何とかしてあげたいですね
Posted by スラム街の悪夢さん at 2017年12月09日 20:26
今日は底冷えしてます埼玉平野部も。
いつもより無傷に近いのは、お宅の姫があの姫以上にパワーがあるからでは?パパひとりだったら今ごろ金沢大学病院にご入院だったかもしれませんよ?
・・・しかしこれは雪女なのか?
次回作までの間に理由わかるかもしれませんから載せてもいいと思いますよ~、そうしたら2作決まるじゃないですか?そしてまた悩ましいタイトル本たちの間に、闇塗の文字ですねたぶん・・・。

さてはて。
東京では事件をおこし、自ら怨霊になり実家神宮を祟ると言われる方がいますが(氏子さんたちに手紙送ったそうで)、あ、無理ですムリムリ。貴方たちは霊にすらなれないですからね。とつぶやいてます。
Posted by はるた夏雲 at 2017年12月09日 18:38
Kさん こんばんは。
このお話が、こんなに早く読めるとは思いませんでした。
編集者の方に感謝ですね。

車で知らない道に迷い込むだけでも怖いのに、霊が張り付いていたなんて、Kさんやご家族はものすごい恐怖だったと思います。
その後、大変な目に遭われてしまいますが現在、体調は大丈夫ですか?

忘年会やクリスマスライブで、ご多忙のようですが、毎日寒い日が続きますので体調にはお気をつけください。

クリスマスライブ楽しく盛り上がるように、練習頑張ってくださいね!!
Posted by 大豆 at 2017年12月09日 17:31
営業のK様

ご無事に帰宅できた様で何よりです。
最近、仕事の関係で山に入る事が多いのですが
夜の山はなんとも言えない恐怖を感じます。
もし着いてきてたとしても零感なので気付きませんが(笑)

それではライブの練習頑張ってください!
Posted by はっと at 2017年12月09日 17:16
Kさん、こんばんは。

お久しぶりでございます。
この後にAさん達が登場する話に繋がるのですね。
誘われるままに山道を進んで行ったら、何が起こったのか気になるところですが、恐らく想像通りの事が・・・
よく怪談話には手足を掴まれたとか、操作不能になり不幸な結果になりますが、護られたようですね。
しかし、そんな迷惑な奴等に魅いられるKさんって。(笑)

それではまた、次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年12月09日 17:05
こんにちは
今日は明るい時間に話が読めるので
怖さ半減かと思ったのですが

この続きが
「除霊…ではなく完全消去」
につながるのでしょうか?
これから2話続けて読んでみようと思います(笑)
Posted by まーママ at 2017年12月09日 16:29
営業のKさん

通夜の帰り道での怪異、ありがとうござます。
こんなに早く、何があったのかを知ることができました。
やはり、その時の雪は、おばあさまが帰ってはいけないと教えてくれてたのでしょうね。
そして、迷った道の先の石がその女と関係があったのかも知れませんね。
本当にご無事で良かったです(^-^)
心配も無くなったところで、クリスマスライブの練習、頑張ってください☆
Posted by しゃねる at 2017年12月09日 15:14
Kさんこんにちわ♪
どんどん狭くなる山道、漆黒の闇
ほんと怖いですよね。
あのなんとも言えない不安と恐怖感(>_<)

こんな事言ったら本当に不謹慎ですが
私は見えない人なのでどうしても
そういったものが見てみたいと
興味がわいてしまいます( ̄▽ ̄;)

そして遅ればせながらサインとしおり、
似顔絵(可愛いかったですw)
ありがとうございました!!
大切にします♪
Posted by きなこ at 2017年12月09日 15:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count