› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › そばにいるよ・・・。

2018年01月06日

そばにいるよ・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です。

相変わらず、混雑していて表示されないという

不具合をおかけしまして、誠に申し訳ありません。

ただ、コメントに関しましては、何度も送信ボタンを

押さなくても、こちらには表示されております。

私の認証ボタンを押すのが遅いだけですので、

くれぐれも何度も何度も押さなくても大丈夫です。

そういうのって、皆様のストレスが溜まりますから(笑)

なかには認証せずに削除させて頂いておりますが、

同じコメントがズラーッと並んでいる方も・・・。

これからは出来るだけ早いタイミングで認証させて

頂く様に努力しますので。

それでは、今夜も怖くない話、いってみましょう。

それでは、どうぞ~!






これは仕事関係の知人が体験した話である。

彼女はデザイン事務所に勤めるデザイナーだ。

高校時代の同級生と結婚し生活自体は充実していたのだが、子宝に

恵まれなかった。

不妊治療も経験し色々と試したのだが、特にこれといった原因も

見つからないまま、いつか子供が授かる事を祈っていた。

しかし、不妊治療の金額というのはかなり高額らしく、3年ほど続けた後、

経済的な理由で不妊治療を中止した。

しかし、だからといって、彼女にとって、子供を諦めたわけではなかった。

むしろ、全国を回り、ご利益のありそうな神社仏閣で子供が授かるようにと

祈願していた。

しかし、やはりそれでも子供は授からなかった。

夫から、少し気持ちを切り替えてみるのも良いのでは?

と言われ、彼女はしぶしぶ承諾した。

それからは、趣味や仕事に精を出した。

すると、不思議なもので、あれほど色々な手段を講じても無理だったものが、

1年も経たずに妊娠する事が出来た。

風邪っぽいので病院に行くと、医師から、

妊娠してますね。

おめでとうございます。

そんな意外な言葉をかけられたとき、彼女は人目もはばからず大声で泣いたらしい。

それからは、大事をとって仕事も休職し、出産に備えた。

そして、無事に元気な女の子を出産する。

彼女にとって、自分の赤ちゃんが、他のどの子よりも可愛く見えた。

大切にそして愛情一杯に育てられた女の子は、元気にすくすくと育った。

それこそ、母親である彼女が心配になるほど活発だったらしい。

それでも、一緒にいる時には、いつも甘えん坊で、そして優しい娘さんが

彼女は何よりの宝物だった。

しかし、不幸は突然訪れる。

風邪で高熱が出た娘は、そのまま元気な笑顔を見せる事も無く、静かに

息を引き取った。

まだ小学3年生だった。

その時の事を彼女は覚えていないという。

あまり強烈な悲しみがあると、人はそうして記憶の扉を閉じて自己防衛に

回る本能が備わっていると聞いた事があるが・・・。

それから、彼女は仕事も辞め、まるで何も考えず感情さえ捨てたような

生活を続けていたが、その悲しみの大きさでは仕方のない事かもしれない。

しかし、夫による献身的な行動で、彼女紀少しずつ元気を取り戻した。

そして、いつしか仕事や趣味にも出られる位の日常を取り戻した。

しかし、その頃には彼女は年齢的にも出産というもの自体、諦めていた。

それよりも、死んだ娘だけを大切に想って夫婦仲良く生きていこうと

いう気持ちであり、決してネガティブな思考ではなく、彼女にとっては

十分前向きな思考だった。

それからは、何処に行っても亡くなった娘の話を沢山話した。

娘さんの話題を避けるようにしている周りの友人達にも驚かれるくらいに。

あんなに可愛くて優しい娘がこの世に生きた記憶だけは、決して

消してしまいたくないというのが、その動機だった。

そして、そんな前向きで元気な彼女の周りにはいつも笑いが絶えない

ようになった。

しかし、不幸というのは連鎖してしまうものなのかもしれない。

ある時、彼女が友達と旅行に行った際、友人が本当に偶然に、

見え難い場所にあった祠の一部を壊してしまう。

勿論、それをすぐに皆で出来るだけ元通りの形に直した。

そして、役場にも、謝りに行った。

しかし、それでも理不尽な呪いというものは存在する。

旅行に行った友人達が、病気や怪我、そして事故に、相次いで見舞われた。

それも短期間の間に、度重なるように・・。

病気になった人が、病院に入院する時に事故に遭ったり、幾度も怪我に遭ったりと

その厄災は加速度的に増え続けた。

そして、それらの厄災に見舞われた友人達に共通していたのは、全員が1人の

女の姿を目撃していたということ。

その女は、まるでドラマに出てくる平安時代のような服装を身にまとい、

恨めしそうな目で、それぞれの前に現れた。

友人達は、その姿を見て、恐怖し泣き叫んだが、のろいの連鎖はいっこうに

消えてはくれなかった。

そして、そのうち、1人の友人が事故で帰らぬ人となった。

ただ、全員が何らかの重篤な状態にあった中で、何故か彼女の身にだけは

全く何も起こらなかった。

ただ、友人の誰も、それを変な目で見たりしなかったという。

何故なら、彼女自身が、その事に悩み、そして周りに気遣い毎日お祈りを

していた事を知っていたから。

しかし、いよいよ死人が出てしまうと、彼女自身も思うところがあったらしい。

俺に電話をかけてきてこう言った。

Kさん。

私、もう一度、あの場所に行こうと思うの。

そして、私には見えないけど、その呪いの主にお願いしようと思う。

皆を助けてあげて・・・。

私が最後の犠牲者になってあげるから・・・・。

それを聞いた俺は、

いや、話を聞く限り、そんな相手に、そんな取引は通用しないと思うよ。

せいぜい、相手のテリトリーに入ってしまって無駄死にするだけだよ。

でも、そこまで考えてるんだったら分かった。

相談出来る人がいるから、それまで待っててほしい・・・。

そう言って、電話を切った。

それから、俺は急いでAさんに電話をかけた。

すると、珍しくAさんはすぐに電話に出てこう言った。

今からそちらに行きますから・・・。

そして、電話を切ったAさんは、30分と経たずに待ち合わせ場所に到着した。

俺の車で彼女の家に向かう途中で、俺が知っている内容を全て伝える。

彼女の住んでいる家の近くには駐車スペースが無い為、近くのスーパーに

車を停めて歩く事にする。

そして、彼女の家に向かって歩いている途中で、突然立ち止まる。

あの家・・・ですよね?

なんか、凄い事になってますよ。

Kさん、言ってましたよね?

彼女だけが、呪いから除外されてるって・・・。

とんでもないですよ。

今、悪霊、いや古の怨霊と言った方が良いのかな・・・。

そいつが、彼女の家の周りを覆ってます。

あんなのが出てきたんじゃ、そりゃ死人も出ますよ。

で、今、そいつが一番呪いたがってるのが彼女です。

でも、それじゃ何故彼女が無事なのか、わかりませんか?

そう言われて俺は首を横に振る。

本当にブタに真珠っていうのはKさんの為にある言葉かもしれませんね。

彼女、Kさんと同じです。

守護霊、いやまだ守護霊にもなれていない小さな女の子が必死に彼女を守ってます。

でも、残念ながらKさんの守護霊ほど強くはない。

きっとお母さんを守りたいという気持ちだけでボロボロになりながら

必死に頑張ってる。

でも、限界です。

相手が悪過ぎる。

そう言われて、俺はこう返した。

Aさんでも無理?

すると、Aさんは、

その為に私を呼んだんでしょ?

それにあんなに小さな子が、死に物狂いでお母さんを護ろうとしているのに、

私が見捨ててどうするんですか?

それに、私はそういう子供に容赦しないような奴は大嫌いなんです。

弱いものイジメする奴には私も容赦はしませんから・・・。

そう言って、Aさんは、本気モードにしか使わない水晶を取り出す。

まあ、姫ちゃんに負けないように私も頑張ってきますかね(笑)

そう言うと、Aさんの顔つきはガラッと変わり完全に冷たい、そして

戦闘モードの顔へと変わった。

あっ・・・付いて来なくて良いですよ。

足手まといなんで・・・。

そう言って、彼女の家へとゆっくりと歩き出す。

その途中、Aさんの存在に気付いた何かが、幾度となくAさんめがけて

ぶつかっていくのだが、Aさんの体を包む青い光の前に霧のように消えていく。

そして、そのまま家の中に入らず、両手で水晶を大きく掲げたAさんは、

一気に勝負を掛ける。

勝敗はすぐに決した。

彼女の家の周りには、すっかり平穏な空気で満たされていた。

深呼吸をしながら戻ってくるAさんに俺は、

勝ったね。良かった。良かった。

ご苦労様!

すると、Aさんは、後ろを指さして俺にこう言った。

今のKさんなら見えるでしょ?

そう言われ、俺はAさんの後方を見ると、まだ小さな女の子がこちらに向かって

大きくお辞儀している。

あの・・・・あれが彼女の娘さんなの?

彼女を1人で護ってたっていう・・・・。

あんなに小さいのに・・・だいしたもんだよね・・・・。

と言うと、Aさんは、いつもの面倒くさそうな口調で、

いつも、そしてそれからもずっと側にいてママとパパを護るそうです。

ずっと側にいるから・・・・。

そう、ママに伝えて欲しいそうです。

そう言ったAさんの声は少し涙声になっていた。

それから、帰り道、当然のごとく、

疲れた・・・お腹空いた・・・・。

と連呼され、高額スイーツを奢らされたのだが、その時は何故か悔しい

気持ちにはならなかった。

そして、ちなみに、彼女に、亡くなった娘さんからの言葉を伝えたとき、

彼女は俺の目も気にせず、大声で泣いた。

きっと、これからも夫婦は幸せに暮らしていくのだろう。

亡くなった娘さんに護られながら・・・。


Posted by 細田塗料株式会社 at 19:19│Comments(32)
この記事へのコメント
Kさん

親子の絆は素晴らしいですね。
娘さんが亡くなってしまったのは悲しい事ですが、こんな深い絆を感じられるなんて感動しました。

ありがとうございます。
更新楽しみにしています。
でも、無理は禁物ですよー!
Posted by かずさん at 2018年01月13日 14:35
涙腺崩壊(´;ω;`)

素敵なお話あざっしゅ(・∀・)
Posted by 瀬田宗次郎 at 2018年01月11日 05:31
今回も良いお話ですね。
子どもって、本当に健気ですね。
涙腺崩壊しました。
このご家族には幸せになってほしいですね。

これからもブログ、楽しみにしています!
Posted by みゅー at 2018年01月10日 14:47
Kさん、こんにちわ。2回目の投稿をさせてもらいます。「そばにいるよ・・・」の話読んでいて涙をこらえるのに必死でした。私の父が1月1日の夜から危篤状態に入り、3日の朝に旅立ちました。優しかった父も1人になった母の側で見守っているのかなと想像したら感情を抑えられない気持ちになりました。若くても年をとっていても、誰かがいなくなるのは寂しいものですね。これからも今回の様なお話をアップして頂けるのを楽しみにしています(もちろん他の話も楽しみにしています)。
Posted by 兵庫県のK at 2018年01月10日 13:13
K様、読者の皆様、こんにちは!

家族のそれぞれの愛情が伝わってきて感動しました。
私も娘の為なら身代わりになると考えておりますが、
子供たちから護られるというのは考えたことなかったです。
その子も親の為に必死に頑張れたのも愛情たっぷり注がれて
たのをわかってたんですね。子供たちに見返り求める気は
ないですが、想いが伝わることはなによりの見返りになるのかな?

ぷぅさんのお父様のお言葉、考えてみましたが真意は
わかりませんでした。でも、もし自分が親からそう問われたら、
やはり無理だと答えると思います。
Posted by ON11 at 2018年01月09日 11:20
このはなし大好きっす
Posted by ノブリンコ at 2018年01月08日 18:57
k様、皆様おはようございます。

感動的なお話でした。。
必死で御両親を守ろうとするとは。。
娘さんが亡くなってしまったのは
大変悲しく残念なことですが、
この先御両親が幸せに暮らしていけると良いですね(^^)

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2018年01月08日 08:33
K様、御無沙汰しております。年末の記事では私、彼岸花のHNも挙げてくださりありがとうございました。
今日はコメント出来そう……とサイトの御機嫌を伺いつつ、取り急ぎ書き込みさせていただきます。

最近、ある所でこのような言葉を聞きました。
「親から子供への無償の愛というけれど、子供から親へのほうがよっぽど無償の愛だよ。どんな親でも、子供は親の思いに応えようとする」
目を覆いたくなるような酷いニュースばかりのこの頃、K様のお話には救われる心地がします。

今年もK様の「怖くない話」を楽しみにしております。
時節柄、何卒御自愛くださいますよう。
Posted by 彼岸花 at 2018年01月07日 18:48
こんばんは。

TVで事件や事故などを見て涙することが多い私ですが、またまたKさんの怖くない話で涙です…。
(;_;)
Posted by かのん at 2018年01月07日 18:01
Kさん
お忙しい中更新ありがとうございます。

今回は…お話の途中から涙が止まりませんでした。親子の愛すごいです。
これからご友人も見えなくても娘さんの愛を感じながら生きていけますね。

やはりAさん、大好きです!

新年会、大変ですね。寒さ厳しい折、お体大切に。
Posted by 赤毛のmamabu〜 at 2018年01月07日 14:03
あけまして、おめでとうございます

いつも楽しく拝読させてもらってますが、なかなかコメント出来なくて…

良い話ですね、涙が溢れて止まらなかったです
私にも娘がいるので(小1)親子の愛に込み上げるものがありました
母の娘への愛、娘の母への愛全てが素晴らしく、でも悲しく…
娘さんを亡くされたときの悲痛…想像を絶するものです、想像したくないものです
娘を寝かしつけながら読み、泣きながら娘を抱きしめました

この親子が末永く幸あることを…
Aさんも格好よかったです(^-^)
Posted by ゆず飛 at 2018年01月07日 13:52
おはようございます。

私のコメントは…多分、押した次に混雑?のページになったので…コメント事態が向こうになった気がします。

運営?が通常になったのか昨日は普通に出来ました。

長期休暇とは言え…放置し過ぎですよね。

今日は、良い話で…。。。

呪いも助けて貰って良かったですね。
Posted by にじちゃん at 2018年01月07日 12:43
こんにちは
ジーンときました。クリスマスのお話も泣けたけど、これも鼻水たれました。

私も子供が3人います。それぞれ個性があって面白いです。
長男は大学野球を頑張ってやってきて、銀行内定をもらって、親としては安心していたのに、31日に寮から帰ってきて
銀行断った!と、言ったので、驚き‼️で目が覚めました。どうするとこやら、、、
野球じゃ食べていけないからねー。
真ん中は、バイト三昧です。
1番下は高校生活満喫してます。

早く、春にならないかな〜〜、大学野球がたのしみです。甲子園で活躍した子たちが、何処の大学で野球するのか待ちどうしいです!ふふふ
Posted by くみくみ at 2018年01月07日 11:49
今回のお話を読んで、一昨年亡くなった兄を思い出しました。
実家で昼食を取り午後から客先回りに出かけた兄は、道路沿いにある駐車場の車の中で亡くなっているのを発見されました。
検死結果などから警察官は、運転中に心不全を起こして苦しくなり、必死に車を安全な駐車場に入れ携帯電話で連絡をしようとした所で意識を無くした様子と説明してくださいました。
3人兄弟の長男で誰にでも優しく面倒見の良かった兄は、自慢できる兄でした。
亡くなってからも、兄が近くにいる気配を感じる事も多々あります。
この話のように近くにいて守ってくれてると思い感謝して暮らしたいと思います。
Posted by たかまる at 2018年01月07日 11:43
はじめまして

毎日読み逃げしてます(/▽\)♪

Kさんの話しは最高です\(^_^)/
Posted by ノブ at 2018年01月07日 11:00
朝読ませていただきましたが、
想像しただけで目から汗が止まりません。
kさんの話の中でAさん、姫さんの出てくる話の次に親子、家族等の話がとても好きです。
今後もこのような話を楽しみにしております。
Posted by 犬山のかずやです at 2018年01月07日 08:44
kさん
また
朝からすみません。

何だか、、、

切ないです。

でも、いい話でした。


今日の最新楽しみです。
Posted by やまま at 2018年01月07日 04:47
Kさん、ほんとに毎夜毎夜お疲れ様です!
そして今夜も寝る前の楽しみに拝読させて頂きましたが、何故か目から塩からい水が出てきたので、寝れそうにないです・・。
Posted by tommy at 2018年01月07日 01:45
こんばんは。泣けるわ~顔パックしながら読んだけど涙が……亡くなっても両親の側にいて悪霊から必死にお母さん守って、そりゃぁA さんも悪霊にたいして手加減ないわ。
明日は次男の成人式です。母も観に行くので早く寝ないとお肌が化粧ののりが悪くなるので寝ないと!では
Posted by いなばっち at 2018年01月06日 23:02
Kさんラストこんばんはです。

やっと授かった娘さんとの幸せな期間は短かったですが、旦那さまも献身的なフォローで立ち直らせ凄いなと素敵な家族に不幸が訪れる、やるせなかったですが、最後にA姉御とKさんに救われましたね。
娘に護られずっと側にいると最高なプレゼントでしたね。感動しました。
素敵な話をありがとうございます。
更新ご苦労様です。
ちなみに今日はトイレに鍵かけられて無くて、ホッとしております!
ではおやすみなさい(ーωー)z z Z
Posted by tomoa24 at 2018年01月06日 22:36
K様皆様こんばんは

私は本日珍しく外出したら、何故かくしゃみ連発で( >ε<)

風邪引いてしまったのでしょうか?
皆様もお気をつけください。

今回のお話色々と考えながら読みました。
私の父も亡くなる前に、私に
「お前の人生はもういいやろ?俺と代わってくれ!」
と言われて、
「絶対嫌!」

と冷たく返答してしまったことを、未だに悔いてますが、どう返事すれば良かったのやら…

なんだか、そのときは代わると答えたら、本当にその通りになりそうで、恐ろしくて…

結局私は、自分かわいさで冷たい奴なんだと自己嫌悪に陥りました。

本当に毎回色々と学ばせていただき、ありがとうございます。
Posted by ぷぅ at 2018年01月06日 22:34
じーん (ノ_・、)
しかし彼女自身が強くなって娘さんの負担を軽くして安心してあちらの世界へ娘さんが行けるようになってほしいです。
かあちゃん娘の為に頑張れ!!
関係ないけど認証コード老眼で焦る
こちらに来た当初は平気だったのにここ1年老化のスピード早すぎ。みなさんの中には若い方もおられると思いますけど読書は若いうちにした方が良いです しみじみ~
Posted by ちんぱん at 2018年01月06日 22:25
Kさん、こんばんは。

子供が欲しくて藁にもすがる思いで、あらゆる努力をされている人達が多数いる中、平気で自分の子供を殺す親がいるのは、非常に怒りを覚えます。
今回のお話の夫婦もやっと授かった子供が亡くなってしまいましたが、ぼろぼろになりながら夫婦を護っていた事。
悲しいのか良い話なのか、複雑な気分にさせる話でした。

それではまた、次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2018年01月06日 22:23
K様、お疲れ様です。
忙しい中、毎日の更新ありがとうございます。
昨夜に続き、心暖まる話しで(泣)

忘年会・新年会と身体に悪い日々が続いていますが・・・f(^_^;
無理せず体調に気をつけて下さい。
Posted by 眞由美 at 2018年01月06日 21:52
やぱり、涙ぐんでしまう、、、(>_<)
わたしも、守られているのかもしれない
そして、守りべき人たちがいるから
わたしもがんばらないと。
Posted by まーくん at 2018年01月06日 21:48
営業のKさん

こんばんは☆ 更新ありがとうござます!

本日のお話は、悲しいけどいいお話でした(^-^)
怨霊?許せませんね(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ 小さな女の子が頑張ってるのに!
でも、さすがAさんです。容赦なく抹消されたのですよね。素敵です☆
その女の子が守護霊になれていたらいいですね。
Posted by しゃねる at 2018年01月06日 21:44
お疲れ様です。
子供の心って素直で素敵です。

今も隣で寝てる我が子の為に
有意義な時間を過ごしたいと思ってしまいます。

貴重なお話掲示いただきありがとうございました
Posted by シンヤ at 2018年01月06日 21:43
K様、こんばんわ。連日の更新お疲れ様&ありがとうございます。

ブログの管理大変なんですね。いつもお世話かけてすみません。そしてありがとうございます。

今回のお話、この女性の方の母性愛と亡くなった娘さんの愛情、哀しい状況だけれど優しい愛に溢れていて感動してしまいました。Aお姉様の格好良さ、闘う月の女神アルテミスのようで、惚れ惚れしました。Aお姉様に私からも、スイーツご馳走したいです。バレンタインにチョコレートあげたい‼️

寒さが厳しくなりますから、お身体お大事になさって下さい。
Posted by ミニ子 at 2018年01月06日 21:19
営業のK様、はじめまして。
初めてコメントさせて頂きます。
こんなに泣ける話は初めてです。
小さい子が親を守るのって、とっても健気ですね(*´・ω・`)b
私には、産まれてすぐに亡くなった姉がいます。私が産まれる前の年には姉と曾祖母、祖母が亡くなっています。
ご先祖様に守られているのを感じながら日々暮らしています。
K様、金沢は寒いでしょうが、ご自愛くださいませ。
Posted by junchan at 2018年01月06日 21:07
今回も泣いた!こんばんは!みなさんあの事件で心を痛めてると思いますが、せっかく生まれてきてくれた命をあんな風にできるだなんて!ま、過去のなんとかも関係してるのでしょうが、ありゃないわ!悪霊?をやっつけたのはいいが、その後女の子はどうするのかな?あの世に行くのかな?もう少しだけお母さんお父さんといるのかな?ビールのみながら考えてもな自分?
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2018年01月06日 20:03
ステキなお話ですね。
私も、ずっと娘たちを守りたい。
Posted by ハナ at 2018年01月06日 19:42
営業のKさん

あかん・・・涙腺崩壊、言葉になりません。

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2018年01月06日 19:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count