2018年01月08日

ラジオ

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です。

お休みも今日で終わり・・・・。

明日からは怒涛の新年会ラッシュです。

皆様もご自愛くださいませ!

明日から学校が始まるうちの大監督は、

あいかわらず呑気に、コンパスとかいう

ゲームをやっております(笑)

まあ、試験の結果が楽しみです(笑)

ということで、今日はいつもより早めですが、

怖くない話、いってみましょう!

今日の話はいつもより怖いかも・・・。

まあ、大丈夫です(笑)

それでは、怖くない話、

どうぞ~!




これは俺の友人が体験した話である。

その日、彼は加賀地方にある廃屋に向かっていた。

廃墟マニアである彼は、休みになるといそいそと下調べしてあった廃墟に

出掛けるという趣味を楽しんでいた。

俺には理解出来ないが、朽ち果てた建物の中に踏み入って探索していると、

廃墟になる前はどんな生活が其処で営まれていたのか、という事に

思いを馳せると、とてもノスタルジックな気分になるのだという。

だから、いつもはそういう同じ趣味を持つ仲間達と廃墟を巡る。

しかし、その時彼が目的地として選んだ場所はさすがに問題があった。

そこは、噂では数十年前にそこで惨殺事件があり、それ以後は

完全に封鎖された建物。

もともとは民家だったらしいが、それでもその建物はかなり大きく

異様な雰囲気を漂わせていた。

しかも、封鎖された後も、その場所からは、叫び声や泣き声、そして

笑い声など様々な声が漏れ聞こえてくるという話だった。

だから、さすがの廃墟マニアの彼の友人も、その時ばかりは彼の誘いを

断った。

普通なら、そこでその計画は終わるのだろうが、彼は普通ではなかった。

元々、霊の存在などは信じていなかった彼は、逆にそんな変な噂の

正体を突き止めてやる、と俄然、ヤル気を出して1人でその廃屋に

向かっていた。

現地に着くと、その廃屋は他の民家からかなり離れた場所にポツンと

建っていた。

封鎖されてから数十年たっているのだから、さすがに傷みも激しく、至る所が

錆びたり、朽ちかけている。

そんな建物を見たら、俺なら間違いなく何もせずに引き返すのだが、彼はやはり

違った。

朽ちかけた様子を、良い雰囲気と捉え、更に、何処かが壊れて建物に侵入

しやすいのではないか、と考えたらしい。

その建物は、当時としてはかなりモダンな建築物だったらしく、少し洋館的な

要素もあり、彼は好奇心がどんどんと膨らんでいくのを感じていた。

そして、他の民家から離れた場所に立っているという立地条件も彼を大胆に

させた。

彼はいつも廃墟探索の時には持ち歩いている工具を使って、大きな鉄製のドア

にかけられた鎖を切っていく。

どうして、ここまで頑丈にしなくてはいけないのか?と思うほど、その鎖は

ありえ無い程の太い鎖で何重にも玄関に巻き付いていた。

本来なら器物損壊になるらしく、玄関の鎖を切ったりはしないらしいのだが、

その時の彼の好奇心はもう押さえが効かない程に増幅していた。

だから、どうせ、これから住居侵入をしてしまうんだから・・・と言い聞かせながら

その太い鎖を切っていく。

鎖が全て除去するのは、約20分位かかった。

錆びており脆い筈の鎖も、何故か彼の侵入を拒むように、なかなか切れては

くれなかったらしい。

かなり疲れたらしいが、気を取り直して一気に玄関のドアを開けた。

そこは完全な真っ暗闇だった。

窓も何もかもが完全に閉ざされ封鎖されていたのだから、当たり前の事

なのだが、何か吸い込まれるような嫌な感じがした。

そして、外から見た限り、この家に2階というものは存在しない。

その代わり、どうやら1階の広さはかなりのものだと感じた。

彼は持参した大型の強力ライトを点けた。

暗闇の中にライトが照らした部分だけがはっきりと浮かび上がる。

家の造りは変わった感じで玄関から長い廊下がまっすぐに伸びており、

その両端に部屋があるといった感じだった。

彼は土足のまま玄関の土間から廊下へ上がる際に、とりあえず、

失礼します・・・。

と言った。

別に誰もいないのはわかっているのだが、ついいつもの癖でそう言ってしまう。

廊下はとてつもない量のホコリが積み重なり完全に真っ白になっている。

彼はライトの灯かりを頼りに、ゆっくりと歩を進める。

最初に一番手前の右側の部屋のドアを開けた。

ライトで照らすと、ホコリこそ積もっているものの、部屋の中には

机や椅子などが、そのまま置かれており、掃除さえすればすぐにでも生活

出来そうな感じに見えた。

そうして部屋の中を色々と探索していると、ありえない事に彼は気付いた。

その部屋にはホコリがつもり真っ白になっているのだが、明らかにホコリの上に

誰かの足跡がついていた。

それも、靴の足跡ではなく、明らかに裸足の足跡が・・・。

これはどういう事だ?

彼は考え込んだ。

すると、その時、廊下の方から何かを引き摺る様な音が聞こえてきた。

ズルッ・・・ズルッ・・・・。

それは明らかにかなり重たい物を引きずりながら廊下を進む音に聞こえた。

さすがの彼も思わず息を殺し、ライトを消して、全神経を耳に集中した。

しかし、それ以後、音は全く聞こえてこない。

彼は再びライトを点けると、その部屋から廊下へと顔を出して様子を窺う。

しかし、そこには何も、そして誰もいなかった。

彼は、聞き間違いだと確信し、そのまま廊下へ出た。

その時、ある事に気付いた。

確か、玄関のドアは開けっぱなしにしていた筈なのだが、何故か閉まっている。

しかし、霊など信じない彼は、特に気にも留めず、それよりも、誰か

他に侵入者が居た時の自己防衛の為に、持ち物からかなり強力なスタンガンを

取り出して不慮の事態に備えた。

人間ならば、スタンガンがあれば、大丈夫だから・・・。

彼はいつもそう言って、護身用にスタンガンを持ち歩く。

その時、彼は勘違いをしていた。

きっと、彼以外の廃墟マニアか、もしくは浮浪者がこの家に住みついたり

探索に来たりしているのだろう、と。

確かに人間相手なら無敵かもしれないが・・・。

そして、再び、ライトで廊下の奥を照らす。

すると、前方に何やら地下に下りる階段らしきものが見えた。

普通なら、絶対にそんな地下には降りないだろう。

しかし、彼は地下へ続く階段が見つかった時、もう他の部屋の事など

どうでもよくなっていた。

彼はそそくさと廊下を進み、階段に近づく。

その時、彼が歩く廊下のホコリの上には誰かの裸足の足跡がはっきりと残っていた。

しかし、そんな事は彼にはもうどうでもよかったらしい。

とにかく、速く地下に降りて、そこに何が在るのかを確認したかった。

彼はライトの灯かりで足元を照らしながら、ゆっくりと階段を下りていく。

階段は踏みしめる度に、ギシーッと嫌な音を立てた。

そして、階段にも廊下と同じように裸足の足跡がはっきりと残されていた。

彼は片手にライト、片手にスタンガンを持ったまま、ようやく無事に地下に

辿りついた。

そこは、とても広い空間になっていた。

家の地下だとはいっても、土が剥きだしになっており、単に家の床下に

降りられるようになっているだけ、という感じがした。

ただ、それにしては、頭上空間はかなり高く取られており窮屈な感じはしない。

こういう変わった隠し部屋みたいなのがあると、テンションあがるな~

彼はそんな事を思いながらライトで辺りをぐるっと照らした。

すると、地下の一番奥に小さな扉があった。

木製のドアがついた部屋になっているようで、彼の好奇心はより一層

掻き立てられた。

そして、その部屋のドアにも玄関と同じように鎖が何重にもかけられていた。

彼は玄関と同じ要領で手早く鎖を切り、そして勢い良くドアを開けた。

そこには木製の机が置かれていた。

そして、その机の上には、古い型のラジオが置かれており、そこから

何か聞こえていた。

彼はそのラジオを取り、ボリュームを上げた。

すると、聞いた事も無い、まるで昭和初期の歌のような声が

聞こえてきた。

なんだ・・・この放送?

それにいつからこのラジオは鳴ってるんだ?

そう思い、彼はラジオの裏面を見た。

彼は一気に恐怖に襲われた。

そのラジオには電源も繋がっていなければ、電池も抜かれていた。

なのに・・・ラジオはずっと鳴り続けている。

これって・・・・・。

そう思った時、突然、階段の方から音がした。

彼は思わず、振り向くと、1階の床から、階段を覗き込む様に無数の顔が

見えた。

彼は反射的に部屋のドアを閉めた。

そして、鍵をロックする。

なんだ・・・何が起こってるんだ?

彼はそう思い、ドアについている小窓から外を見た。

そこには、窓に張りつく様に、女の顔があった。

彼は思わず悲鳴を上げる。

すると、突然、ドンドンと部屋のドアを叩く音が聞こえてくる。

それと同時に、ウオーン・・・ウオーン・・・・

という得体の知れない声まで聞こえた。

彼は片手に持っていたスタンガンのスイッチを入れた。

しかし、何故かまったく反応しなかった。

唯一の武器であるスタンガンが反応しなかった時点で、彼はもう気が狂いそうに

なっていた。

必死に、

誰か・・・助けてくれ~

と叫び続ける。

ドアを叩く音はドンドンと大きくなっていく。

と、突然、ドンドンという音も、得体の知れない声もピタッと止まった。

彼は、泣き叫ぶのを止め、顔を上げた。

すると、その瞬間、部屋のドアがスーッとゆっくり開いた。

そして、そこには3人の女が立っていた。

とても恐ろしい姿だったのは何となく覚えているという。

しかし、その瞬間、彼は意識を失った。

そして、気がついた時には、目の前に警官の姿が在った。

見回りに来て、家の前で倒れている彼を見つけ、慌てて助け起こして

くれたのだという。

それから、彼は警察官から色々と聞かれたが、何とかうまく誤魔化して

その場は無事に帰ることが出来た。

そして、その後、俺と会う機会があり、その事を話してくれた。

その時の彼は、かなりやつれた様子で心配になるほどだった。

でも、無事で良かったな!

そう言う俺に彼は首を横に振った。

俺はあの時、どうして外にいたんだろう・・・。

自力では無いのは間違いない。

だとしたら・・・・。

だから、きっと、まだ終わってないんだ・・・。

何一つ。

だって、今も何時だって、俺には聞こえてるんだ。

あの地下で見つけたラジオから流れていた曲が・・・・。

だから、まだ許されてはいない・・・。

なぁ、どうしたら許してくれるのかな?

そう聞かれ、俺は何も言えなかった。

その後、彼はすぐに仕事の都合で転勤になった。

そして、それから何度連絡を取ろうとしても彼の消息は不明のままだ。

彼の無事を祈るのみである。


Posted by 細田塗料株式会社 at 17:00│Comments(25)
この記事へのコメント
Kさん

廃墟はダメですよ!不法侵入ですから!
私だったら絶対に近寄りもしないです。
廃墟何で絶対によからぬものがいるに決まってますからね!

更新楽しみにしています。
でも無理は禁物ですよー!
Posted by かずさん at 2018年01月14日 18:38
♪~ ラジオから流れてくる あの Old Fashioned Love Song

ムーンライトダンスを想い出し、浸っている‥ところではありませんね。
怖いです!
きた~。電源繋がってなくて電池も入ってない!
だよね。やっぱり、そうだよね。そうに決まってるよね。"怖くない話"だものね(泣)

廃墟。ナニモノかの棲みかになってることが多いのかな。
怖い噂の有無に関わらず、行くのはムリだと思う私です。
Posted by あでゅう at 2018年01月12日 23:23
生きた人間が立ち入ってはいけない場所があるんですね。
やはり厳重に封印されている場所は、何か理由があるのかもしれませんね。
Posted by みゅー at 2018年01月10日 15:05
K様、皆様こんにちは。

封印していた“何か”が出てきてしまったのでしょうか。。
ご友人様の無事を祈るばかりです(>_<)

私は一人で廃墟に行きたいとは絶対思いませんが、
魅力があるのはなんとなくわかります。

心霊スポットとは違いますよね〜
ただ、廃墟と心霊スポット、
この二つが重なった時は恐ろしい事になるのですね(汗)

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2018年01月09日 13:13
kさん、更新ありがとうございます!
いやぁ〜とてつもない怖いもの知らずの方もおられるなと思いました。
全然、霊感がなくても霊力が強いと見えてしまうのですね!

どうか、ご友人がご無事で居られることを願うしかありませんね!
Posted by t.t at 2018年01月09日 11:59
K様、読者の皆様、こんにちは!

本格的に仕事始まるということで、テンションあげていきます。

ラジオから流れる昭和歌謡曲と言ったら、いつも美空ひばりさんを思い浮かべてしまいます。
それはさておき、廃墟に1人で行く勇気は讃えますが、無茶はしていけませんね。
霊感なくてもイヤな感じする時はだいたい
良くないこと起こりますもん。
それでも進みたくなる好奇心もわかりますし、好奇心には逆らえないです(^_^;)

私は間違っても廃墟には1人では行かないです。10人いたら考えちゃうけど、、、
それでも怖いなぁ。
Posted by ON11 at 2018年01月09日 11:07
Kさま、皆さま、おはようございます☀

三連休明け5日からのブログ覗いてみれば、濃いです。
Aさまと姫の出会い、最高です。一体廃屋の中でどんなやり取りがあったのでしょう?知りたい...

両親を守る女の子、涙、です。

で、今日の話、怖い。廃屋に一人で行く勇気、ほんのすこしでも分けて欲しい。 夜中に物音するだけで、蛍光灯全開にしている私としては。
Posted by かっち at 2018年01月09日 09:35
Kさんおはようございます
今日から仕事だぁ~
(´・д・`)やだなぁ~

廃墟ですか…子供時代に保育園の隣が廃墟でカーテンビリビリになってて、家の中もぐちゃぐちゃで…今思うとΣ( °-° )ワオ
私だけ取り憑かれたように遊ばず見てて先生に怒られてたな(^ω^;);););)

Kさんのblogに出会ってから、廃墟に(`•∀•´)✧は激減しました(笑)
友人様のように探索までしないんですけどね。
Kさんの友人様は信念を突き抜ける?方多しって言うか呼ばれてるんですよね。
頑丈な太い鎖を見ただけで、大抵の人は諦めますもんね。
ラジオがずっと流れてる…友人様と連絡が、とれればよいのですが
更新ありがとうございます。
本日も頑張りましょう
Posted by tomoa24 at 2018年01月09日 07:50
こんばんは、廃墟に限らずですが、仕事上閉店した店なんかにも行きますが明らかに空気感が違う建物っていうのはありますね。素人ながら客足が続かない理由が何となく解るっていうか・・・何の店が入ってもそこだけ長続きしない店舗にも程度の差はあれ何かしらあるんですかね?巧く表現できませんがたまたま夜に行くと暗い(照明無)明るい(照明有明)に関わらず威圧感のある場所に感じられる処は早々に退散する様にしてます。
Posted by OZ at 2018年01月09日 02:56
営業のK様

お疲れ様です。
お友達は不法侵入が止められず、拘留されているか
闇の組織が占拠する建物に入ってしまい
監禁されているのではないでしょうか。
よい子の皆さんは真似しちゃいけません。
それにしても後が見えない話は不気味さがあって良いものです。
Posted by OSN43 at 2018年01月09日 00:22
K様、皆様こんばんは!
廃墟ですか…普通は近づいたりすることはあまりないと思うのですが、好きな人は好奇心を掻き立てられる何かがあるのですね〜

娘様、始業式同じ日でしたか!!
『コンパス』友達に何度か勧められた記憶があります。今コラボ中らしいですね〜何度かCMを見かけましたw
わたしのマイブームは刀剣乱舞です。
おっと話が逸れました。

それではこれからの更新楽しみに待ってます!!
Posted by おれんじ at 2018年01月08日 23:26
こんばんは!なんかバイオハザードの洋館を思い出しました、ゲームのやつね!びびりなんでドアあけて部屋に入ってなんかいるとすぐにまたドアあけて外にでるのくりかえしを3日ぐらいしてたと思います!ま、クリアするのに1年がかりでしたわ!だから彼の神経をうたがいますよ!まだ廃屋より出るホテルや旅館泊まった方がましなんじゃ?ノスタルジーにひたりたかったら城跡とかもいいですね!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2018年01月08日 23:02
休肝日。休肝日。休肝日。

ご指名で呼ばれちゃってたんでしょ。
呼んだけど使い物にならないから玄関に捨てられちゃった。
住人たちはなんか頼みたかったのでは。

と思えたお話でした。


試験って意外と直前にやったのが出たりするんだけどな~とおばちゃんは教えたいなー。
Posted by はるた寒風雲 at 2018年01月08日 22:21
お疲れ様です。
明日から新年会…。お互い辛いです。

って…。


凄い怖いんですが。。
Posted by シンヤ at 2018年01月08日 22:01
いわくつきの所は行かない方がいいですよ・・・・
私、興味はあっても絶対行きませんもの。
友人さん無事だといいのですが・・・
Posted by ちんぱん at 2018年01月08日 21:58
営業のKさん

廃墟を巡る・・・この世の諸行無常、栄枯盛衰を体感すると言う事でしょうか。
一時代の基礎を支えた石炭産業、九州各地にその佇まいを残しますが、遺産登録されない人目に付かない場所も・・・生気を待ち望んでいるかも知れませんね(汗

ラジオ・・・電源の絶たれた機体は何を受信し、そのスピーカーは何を語りかけたのでしょう。
時に謳歌し、また絶望した・・・そんな境遇に晒された、怒りと嫉みを聞かせたかったのでしょうか。

意識を内に向け考える。
どんな現実もドンと来い!
受け入れて咀嚼、そして消化吸収出来る様に努めたい・・・そんな気持ちになりましたよ。

その方がご無事である事を願わずにはおれませんが、世の中、本当に不思議です。

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2018年01月08日 21:34
このお話の怖い女性は、白いワンピースで長い黒髪の女性ではなかったのでしょうか?

私が短大生の頃、まだ呪怨の貞子も出てこない時代の話です。
夜9時半頃だったと思います。埼玉県のK市のホームで、白いワンピースで長い黒髪の体格の良い女性?が四つん這いで階段を「うおぉ~」っと呻き声を上げながら登ってきました。私以外の人も、階段の端に避けて、その人を見ていました。
階段を登りきった所で、いきなり立ち上がり「うぉ~」と叫びながら改札口へ全速力で走っていきました。
その頃は、ドッキリか、精神的な病気の方だろうと思っていましたが、何だったのかな?

白いワンピースで長い黒髪の幽霊の話を読むたび思い出します。
Posted by tae.hime at 2018年01月08日 20:50
廃墟、廃村、廃屋・・・怖いです。
一度秩父の山奥で廃村に迷い込んだことがあります。
山を越えて群馬に抜けようとしていたところ、
突然学校、幼稚園、住宅が現れました。
誰も住んでいない町というのは、それだけで怖い。
家々から何かに見られているような感覚でした。
そこは昔鉱山でたいそう栄えており、
とんでもない山奥にも関わらず賑わっており
映画館まであり、女性はハイヒールを履いて闊歩していたそうです。
何があったわけでもないのですが、
二度と行きたくない場所です。
Posted by 有宮 at 2018年01月08日 20:49
K様、こんばんわ。連日の更新お疲れ様&ありがとうございます。

お嬢様、余裕ですね。(笑)私も余裕が欲しいです。
K様は明日から新年会ラッシュのようですが、健康第一!体調崩さないようにして下さいね。

今回のお話、薄情な物言いになりますが、友人の方は自己責任ですけど、やはり安否が心配ですね。不法侵入は良くないですが、命までは取らないで欲しいです。ビンタ一発で赦して貰えないのでしょうか?
しかし「好奇心は猫を殺す」ってイギリスのことわざがありますが、九生ある猫も好奇心で、命を落とすと言う意味だそうで、臆病者がちょうど良いのかもですね。

寒さが厳しくなりますから、お身体お大事になさって下さい。
Posted by ミニ子 at 2018年01月08日 20:14
ラジオから流れていた歌?…呪いのメロディーだったのでしょうか?

入ってはいけない場所に自ら入ってしまったようですね…。
現在 連絡がとれないなんて…おぉ…。

そこに廃虚があるからゆく…では済みませんね。
Posted by かのん at 2018年01月08日 19:50
営業のKさん

こんばんは☆ 更新ありがとうござます!

本日のお話、怖いです(ーー;)
世の中には、変わった趣味を持ってる人がいらっしゃいますね。
私は間違っても廃屋になんて行きませんね(^◇^;)
その友人の方が無事であることを祈ります。

それでは、体調に気をつけて新年会を楽しんでください☆
Posted by しゃねる at 2018年01月08日 19:03
Kさん

怖すぎます。(泣)

立ち入っていけない場所って、、、ありますよね。

無事で明日も過ごせますように。
Posted by やまま at 2018年01月08日 18:41
Kさん、こんばんは。

友人の方はその後どうしたのでしょうか、やはり生きている人間が踏み入れてはいけない場所が、あるのですね。
元々は生きている人間の為の場所なのに、亡者に乗っ取られ占拠されるのは、納得がいきませんが。

お嬢さん、勘違いの上に余裕かまして大丈夫ですか。
無事に乗り切る事を願ってます。(笑)
Posted by TO at 2018年01月08日 18:17
更新ありがとうこざいます。

知り合いのマニアにも 廃墟の魅力を語られてもどうしてもわからなかったです。。。子供の頃なら 『基地にしよう』とかロマンも抱きそうですが。
怖いような寂しいような。居そうなのに居ない、 待ってるのに帰ってこない、みたいな感じです。 ユーレイいたら...それはそれで怖いので 遺跡になるまで待つ。
Posted by はる at 2018年01月08日 17:53
Kさん、こんばんは。

やっぱり、廃屋とかは怖いですよね。

廃屋探検?の彼は大丈夫なんですかね?

一種の呪の様な状態なんですかね?

まぁ~、Aさんは廃屋とかの人は嫌いみたいなので…助けるとかは無理?かも?

無理の前に消息不明でしたね。

生存を祈ります。
Posted by にじちゃん at 2018年01月08日 17:46
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count