2018年01月13日

天狗というもの

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です。

窓から見える隣の屋根・・・です(涙)


何故か日本全国で石川県と福井県にだけ

大雪警報が出ております(泣)

本当に久しぶりの大雪です。

しかも、今夜まではまだまだ積もりそうです。

もう雪かきするにも、雪をどかす場所が

ありません(涙)

相変わらず、呑気な娘は、現在大はしゃぎで

敷地内に大きなカマクラを造っております。

というか、雪かき、手伝ってね!(涙)

そういうわけで、今夜はいきますかね。(投げやり)

怖くない話。

それでは、どうぞ~!





友人は幼少期を和歌山県で過ごした。

そこで彼が体験した不思議な話を聞かせてくれたものを書きたいと思う。

彼は和歌山県の田舎で生まれ、中学生の時に父親の仕事の関係で

大阪に転校し、そのままずっと大阪で暮らしていた。

だから、俺と知り合ったのも社会人になってからになる。

彼が凄いところは記憶力が人並みはずれているということ。

本当に幼い頃から最近の事に至るまで、その記憶容量の大きさにはいつも

驚かされる。

そんな彼は、小学生の頃には本当に片田舎という表現がぴったりな場所に

住んでいたらしい。

映画やデパートに行くのにも、車で1時間以上掛かるらしく、その代わりに、

家の周りにはそれこそ手付かずの大自然がしっかりと残されていた。

そんな中で、彼のクラスには1人の問題児がいたらしい。

何が問題なのか、といえば、とにかくよく嘘をつくのだという。

普通に考えれば、そんな馬鹿な?と思うような事でも平気で嘘をつき、

誰かにそれを指摘されても決して嘘だとは認めない。

それだけなら、まあそれほど問題にもならないのかもしれないが、その

少年の場合、嘘をつくと、それを証明する為に、周りの友達に協力させて

それを真実だと裏付ける証拠を探させるのだという。

例えば、俺は昨日、10メートル以上ある大蛇を目撃した、と彼が言えば、

放課後には、その大蛇なるものを探すのを手伝わされた。

勿論、そんな大蛇が日本で見つかる筈も無く、全て徒労に終わってしまう。

そんな事が日々繰り返されているうちに、その少年は、ある意味、クラスの

皆から無視されるようになってしまう。

勿論、表立って無視するわけではなく、あくまでこっそりと行うのだそうだが、

やはり子供心には、そういう疎外感は簡単に伝わってしまうらしく、結局、

彼は登下校時はおろか、学校に居る時でも誰とも話さなくなってしまう。

そんなある日、大事件が起こった。

その少年が行方不明になってしまったのだ。

学校側も父兄達も、そして警察や消防まで繰り出して大掛かりな捜索が行われたが

いくら探してもその少年の姿はおろか、形跡さえも全く見つからなかった。

そして、それから2週間程経過した頃、突然、少年は見つかった。

山から下りてくる一本道で、大きな木にもたれかかっているのを、農作業の

男性に助けられたということだった。

少年の両親は、子供が2週間も居なくなって無事で帰ってくるはずは無い、と

思っていたから、まさかの帰還に大喜びした。

しかし、謎が残っていた。

少年が見つかった時、着ていた洋服も綺麗なままだったし、何より

疲労した様子も空腹感も無かったのである。

警察をはじめ学校の先生達も、その事について少年に何度も尋ねたらしいが、

ただ怯えた顔をして黙り込むだけだった。

周りの大人達は、途方に暮れてしまい、そのまま事実は分からないままで

終わろうとしていた。

しかし、少年が大好きだった祖父と祖母が何度も優しく尋ねたらしい。

何があったとしても、お前の事は絶対に護ってやるから・・・。

そう何度も言い聞かせて・・・・。

すると、それから2週間は過ぎていたある日、少年は重い口を開いた。

キョロキョロと不安そうに周りを見回して、それでも怯えながら

一言一言、かみ締めるように話してくれたという。

行方不明になった日、少年は学校から帰ると、すぐに着替えて外へ出かけた。

今度こそ、皆を驚かせるような何かをちゃんと見つけて、アッと

言わせたかったらしい。

そして、1人で山の中へ入って行ったとき、急に空が暗くなったかと思うと、

何かが降りてきて少年を持ち上げて、とても高い大木の上の枝まで

連れて行かれた。

そこには、木をくりぬいたように大きな横穴が出来ており、その中へ少年は

放り出された。

中は真っ暗だった。

自分が今どんな場所に居るのか、目視で確認するのに時間がかかった。

それでも、目は段々と慣れてくるもので、そのうち、ぼんやりとその場所の

様子が見え、そして少年は恐怖で震え上がった。

そこは木の中にそんな大きな空間などある筈も無かったが、それでも少年が

見たその場所は小学校の体育館ほどの大きさがあった。

そして、そこには、少年のほかにも、色々な動物が集められていた。

そして、そこで動物達は、まるで人間のようにしっかりと目を閉じて、まるで

瞑想でもしているかのようにじっとしていた。

そして、その様子を監視するかのように、背丈が10メートルはあろうかという

大きな人のような形をしたモノ達が睨みをきかせていた。

その数は、動物達をぐるりと取り囲むように10体以上は居たという。

そして、その場所で少年も他の動物達と同じように、正座をさせられ、

目を閉じさせられた。

どうして、そんな事をしたのか、自分でも分からなかったらしいが、そこでは

それをしないと大変な目に遭うという気がしたのだという。

そうして、目を閉じていると、それまで少年がしてきた事が走馬灯のように

頭に浮かび消えていった。

そして、それを何度も繰り返し見せられているうちに、それまで少年自身が

してきた、嘘をつく、という行為がとてもいけないことだと分かったという。

すると、またしても何かが彼を持ち上げてその穴から飛び出した。

そして、気がつくと、彼は木にもたれかかっており、通りかかった

農家の男性に助けられたのだという。

その際、ここで見たことは絶対に他言してはいけない・・・。

もしも、他言すれば、お前をこのままにしておけなくなる・・・。

そんな声が聞こえたらしい。

だから、それが怖くて少年は何も喋ろうとはしなかったのだという。

そして、少年に見たモノをかくように言った祖父が、その絵を見たとき、

ああ・・・これは天狗様だ!

天狗様なら、子供にめったな事はしないぞ!

だから、安心しろ!

そう元気付けられたという。

その後、少年がクラスに戻ってきてから、すっかり虚言癖が消えており、

皆、驚いたらしいが、ある日を境にして、少年は学校に来なくなった。

先生の話では父親の京菜転勤で、よその土地に行ったという事だったが、少年の

家は代々農家であり、それを聞いた皆は、誰もが不可思議に感じたという。

天狗に連れ去られたのか?

それとも、天狗から逃げる為に他の土地へ行ったのか?

それは誰にも分からないが、そのクラスの生徒達はその時、確かに天狗の

存在というものを身近に感じていたという。



Posted by 細田塗料株式会社 at 15:22│Comments(23)
この記事へのコメント
こんにちは。

朝の時間を過ぎてしまいました。

天狗は人の子が好きみたいですね。

そんな感じの内容をアニメでもやってました。

天狗と人のハーフ?な漫画もありました。しかも少女マンガ。

まぁ~、女子で人外の内容が好きな人も多いですからね。

家族ごと居ないのは引っ越し?
彼だけ居ないなら天狗なのでしょうか?
Posted by にじちゃん at 2018年01月14日 17:11
更新ありがとうございます。

サンタクロースより 天狗の方が 実在していそうです。
某京都出身 小説家さんの 小説によく出てくるので そんな気がしています。

キミナ様 ゆっくりできてよかったですね。
文面から きっと真面目で お優しすぎるの方 なのかな と思いました。

Kさん。 親戚は 雪を捨てるためだけの 土地を 購入していました。
よいエクササイズとして 雪かきを楽しみましょう。
Posted by はる at 2018年01月14日 15:51
不思議な話もあるものですね。
私も小学校1年の時、白蛇を見たことがあります。
私は岐阜県白鳥町に生まれ、自然豊かな山あいで育ちました。
夏に兄弟で川へ行き遊んでいた時、深みにはまり私は溺れかけました。
その時身体が急に持ち上がり浅瀬まで勝手に移動して助かりました。
びっくりした私の足元には、4〜5mはありそうな白蛇がゆっくり川に戻って行くところでした。
帰ってから神主をしていた祖父に話すと、川の神様が守ってくれたんだよと教えてくれたのを覚えています。
子供の頃にしか出来ない?不思議な体験でした。
Posted by たかまる at 2018年01月14日 15:20
こんにちは。雪はやみましたか?雪かき大変ですね(笑)お嬢様はかまくらはできたのでしょうか?明日からテストがかえってきますよ!きっと、テストの成績見てかまくらに逃げてるんだろうね~本当にしてたら面白い。
今回のお話は天狗ですか!!存在するんですね、日本昔話だけの世界だと思ってました。人里離れた山奥はまだまだ妖怪なるものがすんでいるのでしょうか?雪が凄いので雪女はいるのか?と思ってしまいますが
天狗を見た彼の一家は引っ越して生活をしていると思いたいです
Posted by いなばっち at 2018年01月14日 12:59
K様

連日の除排雪作業、本当にお疲れ様です。
かまくらと聞いて、昔、母方の祖父と暮らしていた時分によく庭で「かまくら兼スキー台」を作ってもらったことを思い出しました(それほどの積雪だったのです)。生活の心配とは無縁だった子供時代……純粋に雪を楽しめたあの頃が懐かしいです。
私の住処にも雪捨て場がなく、どうしようもないときにはソリに乗せて近所の公園まで捨てに行きます。雪捨て用の溝がある町内を羨ましく思ったり。

天狗の神隠しと言えば、去年か一昨年にもそういうニュースがありましたね。居なくなって暫く経ってから見つかった男の子、寒い時季で何も口にできなかった筈なのに何故か衰弱しておらず……と。保護者が随分叩かれていましたがその後大丈夫だったのでしょうか。

出羽三山の羽黒山で出会う山伏の方も、幼い頃「天狗っぽい」と感じたことがあります。実は本物が紛れ込んでいたりして……
Posted by 彼岸花 at 2018年01月14日 12:39
こんばんは!北陸ですが私の地域は雪少ないですね!正月どこにも行かなかったので関西のアウトレットモールに1人で行ってきましたが、あまりパットしたものもなく好きだったショップは閉店してしまい残念でした!やはり正月の方が人のパワーを感じます、売ってる服に力を感じないのはそのせいですかね?さて、天狗さんはおいといて、嘘はみんなつかいますよね!子供のころゲーセンで中学ぐらいのやつに金もってるか?と聞かれ、もってないと答えたけど、あれもだめになるんですよね!心の中で本当はもってんだよバーカて子供に思われた中学生が哀れです!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2018年01月13日 23:42
マックロクロスケものっぺらぼうも目撃しました。
天狗様はまだですが、できれば会いたくない。
怖いイメージです。
自分自身に反省する点が多々あるからでしょうか。
Posted by 有宮 at 2018年01月13日 23:42
こんばんは。
遅くなりましたが、本年も怖くない話楽しみにしております。が、体調に気を付けてぼちぼちよろしくお願いします。
雪の状態いかがでしょうか?
私の住んでいる地域は年に1、2回多くて5センチくらい積雪がある程度で、積雪の多い地域のこと、よくわからないのですが、すごく大変ですよね。
スタッドレスとかチェーンとか持ってない人が多い地域なので、たぶんこっちで同じように降ったらパニックだと思います。会社休みになるかも。昼から出社とか。
来週中ごろまで寒さが続くとのこと、風邪等引かれませんようお気をつけください。
Posted by かなかな at 2018年01月13日 22:38
k様、皆様こんばんは。

お忙しい中の更新ありがとうございます。

ちょっとさらわれて2週間。。
浦島太郎のようですね(^^;;
でもこちらは竜宮城ではなく恐怖体験ですね(汗)
その子が無事なら良いのですが。。
天狗は怖いです(>_<)

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2018年01月13日 22:19
K様、こんばんわ。そちらは豪雪がスゴすぎですね。
そちらへの荷物は雪の影響で、遅延するとクロネコヤマトさんから連絡来ていました。雪かき大変ですね。腰を痛めたり、風邪など引かないように、お身体お大事になさって下さいね。
お嬢様の作ったかまくら、私も入りたいです。一緒にお汁粉食べたいなぁ。

今回のお話、前回の立ち往生で助けてくれた男性達同様、不思議な山のお話ですね。前回はまさに神対応でしたが、今回の場合は……。嘘をつくなと戒めなのでしょうが、ちょっと怖いです。嘘つきだった少年は、何処に行ってしまったんでしょうね。

寒さが厳しくて、体調崩しやすいですから、皆さまお身体お大事になさって下さいませ。疲れたら一息入れましょう。
私はミッキーマウスに愛に行って、いっぱい愛を貰って来たいです‼️
その為に仕事ユルユルやります(頑張らないのがミニ子流ハハッ笑)
Posted by ミニ子 at 2018年01月13日 21:39
Kさんこんばんは!
凄い雪ですねぇ…
やっべっぞ‼(٩•'╻'• ۶)
明日もまだまだ雪は降り続けるんですよね。早くやむといいんですが
娘ちゃんかまくらってwww
和みますわぁ(*´︶`*)

今回は不思議な話ですねぇ
悪いことばかりしてると、動物と一緒にと言うのは少しニヤとしてしまいましたが、正座瞑想で自分でしてきた悪行の数々を反省させ、気づいたら帰す!天狗様凄いですね。
その後、どうなったか気になりますが‥
σ(๑• . •๑)?

更新ありがとうございます
Posted by tomoa24 at 2018年01月13日 21:27
aK様皆様
こんばんはぁ。えっ?ええええ??キミナさんのコメで嫁?私は、すっかりキミナさんはうら若き女性だと思っておりました~~。今日の天狗様よりびっくりした~。
それにしても金沢は大雪だと何度もニュースで流れてました。どうか気をつけてくださいね。
Posted by ちゃみ at 2018年01月13日 21:26
営業のKさん

非常に興味深い・・・和歌山には年に数度、仕事に出掛けますが・・・確かに山深いですよ。
お客さんは秘めた情に熱く、義理堅い方々が多いです。

天狗様・・・そんな更生施設も持たれていましたか。
世に伝わる昔話には、人生ヘの教訓、戒めの意味か多大に含まれていましたね。
温故知新・・・大切です。
どんなに技術や科学が発展しようとも、人知を越えた世界が存在する、何だかワクワクしますね。

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2018年01月13日 21:05
K様、皆様こんばんは!

雪凄いですね!
こちらは雪は降っていませんでしたが、すごく寒かったので夕飯は味噌鍋でした!
美味しかったです!
出来るだけ体を冷やさぬようお気をつけを!

K様のお友達様が和歌山県出身ときき、読んだ瞬間『え、見間違いちゃうか?』
と何回もスクロールして確認しましたw
真逆K様のお話の舞台に和歌山県が出てくるとは!!
同じ和歌山県民として、なんか…嬉しいです!!



一年前、わたしの母と仲が親しい友達(Aさんと明記します。)がAさんの家族と和歌山県内のお寺に行った際、何処からか視線を感じ、その視点をたどって、大きな木を見上げると、木の枝の上から天狗様がじぃぃ、とAさんを見つめていて、Aさんと目が合った後、枝から枝へ飛び移りながらお寺の近くの山の奥へ姿を消したらしいです。


『暇つぶしにお寺に来てる人を観察してたんちゃうかな』
とAさんはカラカラと笑って言っていました。
どんな感じやったん?!
と私が聞くと、確かなぁ〜、と言いながら、メモ片手に簡単にですが天狗様の顔だけの絵を描いてくれました。
すごく鼻が高く、頭に帽子のようなものを被っていました。

霊験あらたかな高野山がある和歌山県、やはり物の怪の類の存在が微かですがあるんですね
わたしはそういった経験は1度もありませんが(´;ω;`)

それではまたの更新楽しみに待ってます!
長文失礼しました!!
Posted by おれんじ at 2018年01月13日 20:42
大雪?
天狗じゃ!天狗の仕業じゃ!(AA略)
Posted by もとワンゲル at 2018年01月13日 20:36
K様皆様こんばんは

キミナ様お昼寝たくさんできたとのこと、良かったです。
私は、休みはいつもたくさん寝て、たくさん食べてます( *´艸`)

天狗ですか…私の知り合いの方のお子さんが通っている幼稚園では、天狗が出ると園児にいつも言っているみたいで、とても身近な存在だそうです。

その連れ去られた本人はどうなったのでしょうか。
動物達が目をつぶっている所を想像したら、癒されてしまいました!

私もそんなとこに連れて行かれないように、正直に生きていきたいと思います!
Posted by ぷぅ at 2018年01月13日 19:50
大雪の中ありがとうございます。
カマクラを作るとは素敵な発想ですね。

今回のお話しは嘘をつく癖のある少年が最後の最後まで天狗と言う嘘をつき通して転校したのか、
ホントの事を他言した為に、天狗にそのまま瞑想を続けさせられる事になったのか。
祖父母からなぜ、知り合いの人達に話しが伝わったのか?
日本昔話しのBGMを流しながら読める感じがしました。
Posted by ひで at 2018年01月13日 19:23
営業のKさん

こんばんは☆ 更新ありがとうござます!

久しぶりのコメントになりますね。
金沢はかなりの大雪なのですね(^◇^;) 連日の雪かき、ご苦労様です。
こちらも積もりましたが金沢程ではないですね。
でも雪道の運転は慣れてないので、かなり疲れました。

天狗様ですか、なんだか怖い存在なんですね(ーー;)
その男の子がどうなったのか気になりますが…。知らない方がいいですね。

金沢はまだまだ雪が積もるんでしょうね。雪かきも気をつけてくださいませ☆
Posted by しゃねる at 2018年01月13日 18:57
今日も午後からまた雪が強くなってきましたね、
怖くて運転できません。
お仕事で車を使われる方々は本当にお気を付けてください。
Posted by K様こんばんは at 2018年01月13日 17:52
雪かきはともかく流通は大丈夫ですか、コンビニの棚が空の映像見ました。
隣宅、もし関東なら倒壊します、構造計算の強度が違うので、ぺしゃ、です。

天狗さまですか。
では先客の動物たちは何を反省させられていたのかなと、それが気になります。

話変わりますが、知人が仏壇前で兄弟たちと、死んだおじいちゃんの変な癖を言いあってゲラゲラ笑ってたら、いきなり位牌がお・てきて(受験期禁句用語)、悪口を言わなかった長兄のハゲ頭にヒットしたそうです。
なんで俺なんだよーじっちゃん!?と取り乱す長兄にまたどっと笑いが。

悪いこと?はしてはいけませんね。
Posted by はるた雪雲 at 2018年01月13日 17:47
アップありがとうございます。(^ー^)

雪の影響がすごいですが、温かい物を飲んで、暖かくお過ごしくださいませ。
Posted by 大阪のY at 2018年01月13日 16:50
ずらっと雪だるまをびっしり家のまわりにならべて雪すかし終了!
どうでしょう?
Posted by 雪だるまと同じ体型 at 2018年01月13日 16:32
Kさん、みなさん、こんにちは

やっぱり次元を超越した存在は確実にあるんですね。
不思議ですね。

嫁にいつも言われるんですが、怖い話が好きって外で言わないでくれと(笑)
でも私はみんな一つや二つくらいなんか話を知っているので聞くのが好きなんです。

今日は日久しぶりに一人でゆっくり昼寝してゆっくり過ごしてます。

大雪大変だと思いますが、くれぐれも事故のないよう気を付けてくださいね。

Kさん、今日も更新ありがとうございました。
Posted by キミナ at 2018年01月13日 15:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count