› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › いじめの末路というもの。

2018年01月14日

いじめの末路というもの。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です。

ここで、お礼を・・・・・。

この怖くない話のブログが昨夜で

1千万PVを突破しました。




これも全て、いつも拙いこのブログを

読んでイタダキ応援してくださっている

皆様のお陰と感謝しております。

本当にありがとうございます。

今後もずっと続けていくつもりですので、

何卒宜しくお願い致します。

今日の妻と娘は昨日作ったカマクラの中に

熱い珈琲と雑煮を持ち込んで、大騒ぎで

楽しんでおりました(笑)

私も子供の頃には大きなカマクラを作って

遊んでおりましたが・・・。

今年の大雪は、雪かき等で辛かったのですが、

もうあんなに大きなカマクラを造る機会なんて

そうそう無いと思うと、まんざらでもないかな、と

思ったりしてます。

しかし、あんなに大きなカマクラを造る気力と体力を

是非、雪かきとか勉強に活かして欲しい、と思うのは

贅沢なのでしょうか?(涙)

ということで、今夜もいきます。

怖くない話。

Aさんも登場します。

それでは、どうぞ~!





昔もイジメというものは確かに存在していたと思う。

しかし、最近のイジメというものはかなり陰湿なものらしい。

昔は誰か、もしくはグループがイジメをしていても、全員が同調は

しなかったし、誰かが、そのイジメに対して異議を唱えれば、それなりに

収束したように思う。

しかし、どうやら、最近のイジメはそうではないらしい。

誰か、もしくはどこかのグループがイジメを始めると否応なしに同調

しなくてはいけないらしい。

もしも、同調しなかったり、注意でもしようものなら、今度は自分が

標的にされる。

だから、人一倍正義感が強く、イジメを見る度に注意していたうちの娘も、

最近では同調しないまでも、出来るだけ見ない様にして無視するしかない

のだという。

いじめる側といじめられる側、それぞれに思いは在るのだろうが、そのイジメが

自殺という結末まで達した時は、悲惨である。

いじめていた側も、相手が自殺してしまうと、色々と面倒な事になってしまい、

死んだ人間を逆恨みする事もあるのだろう。

しかし、イジメに遭って自殺した本人にとっては、全ての罪と責任はいじめた側

に在るわけであり、その凄まじいまでの恨みの念が全て虐めていた側に

注がれる。

実はこんな話があった。

俺の友人の娘さんが、些細な事が原因でイジメの対象になった。

元々、気が強かった事もあり、家族に気付かれないようにしていた為、

イジメはどんどん深刻化していく。

そして、学校の中に悩みを聞いてもらえる友達も居なくなった彼女は、

ある日の帰宅時、学校から程近いマンションの屋上から飛び降りた。

即死だった。

飛び降りた屋上には遺書らしき物が残されており、その時点でイジメと

存在が明らかになった。

学校側はイジメの存在を隠蔽しようと躍起になり、加害者である生徒達は、

そのお陰か、特に罪に問われることなく何の処分も下されなかった。

まあ、実際、世の中の子供の自殺は、こんな感じで闇に葬られる事が

殆どであり明るみに出て社会問題になる事など稀なケースかもしれない。

ただ、社会的に問題にならなかったからといって、被害者の無念、そして

遺族の無念が晴れるわけではない。

遺族は、何とか娘の無念を晴らそうと、色々な方面に働きかけたのだが、

もしかすると、裏から何かの圧力があったのかもしれない。

結局、娘さんの死は事故死ということで片付けられてしまう。

しかし、怪異は静かに始まっていた。

最初、彼女が飛び降りたマンションの屋上で、死んだはずの彼女の姿を見た

という者が続出した。

そのマンション自体が、学校の教室から見える距離だったので、生徒の何人かは

彼女が飛び降りる瞬間を何度も見せられる事になる。

それが治まりかけた頃、今度は学校の至るところで自殺した彼女の霊が

目撃されるようになる。

朝、昼、夕、関係なく彼女の霊は姿を現し、全校生徒を恐怖で

震え上がらせる。

そして、その姿が頻繁に目撃されるようになると、学校側は、警察にも

相談したらしいが、結局何の解決にもならず・・・・。

そのうちに、その霊が目撃されるのは、ある場所に限定されるようになった。

それはクラス全員で彼女へのイジメを行っていたクラスの教室。

授業中にも、気がつくと、自殺した彼女が席についているのがね目撃され、

教室では悲鳴が鳴り響いた。

更に、その生徒達、そして担任など少しでも関わりがあった教師などに

実害が及び始める。

それは、階段から突き落とされたり、突然割れたガラスで怪我をしたりと

様々だったが、いつしか、そのクラス、いや学校全体で、自殺した生徒の

祟りだ、という噂が流れ始める。

それでも、学校側は何の対策もしなかったが、そのうちに教師達にも実害が

及び、怪我で入院したり、精神を病んでしまう者が続出するようになると、

ようやく重い腰を上げた。

そして、その時、白羽の矢が立ったのは、他でもないAさんだった。

全ての事情を知っていた俺は、Aさんに対して、

今回ばかりは、Aさんが助けるべきではない・・・。

と言ったが、Aさんは、

まあ、私にも立場というものがあるので・・・・。

ただ、私なりの方法で解決したいと思ってますから・・・。

とだけ答えた。

まず、最初にAさんが行ったのは、彼女の自殺にかかわった生徒や教師への

聞き取りだった。

しかし、その聞き取りに対して、生徒達も教師達もイジメを認め、反省する

素振りも見せなかった。

それどころか、Aさんに対して、

そんな事はどうでも良いから、さっさと悪霊を退治してくれ!

と逆ギレする始末だった。

その間、どうやら学校側はAさんの他にも、霊能力者を何人も呼んだらしいが、

結局、他の霊能者は、怪我をして逃げ帰るというのが関の山だった。

その時、Aさんは言っていた。

学校側も生徒達も、こんな事を続けていたら、どんどん彼女の怨念が

強くなっていくのがわからないんですかね?と。

そんな時、また別の生徒が自殺したという知らせが入った。

どうやら、自殺した彼女の代わりに標的にされた別の女子生徒が、

またしても、別のマンションのビルから飛び降りたのだ。

しかし、また学校側は自殺を事故にして、イジメの存在を隠蔽しようとした。

そして、数日後、イジメを疑われた生徒と保護者、そして学校側が

合同説明会を開いた。

当然、Aさんも出席した。

そこでは、結局、

イジメは無かった・・・・。

という結論に向けて支離滅裂な話を続けているだけだった。

そして、生徒と、その保護者から、Aさんに対して、

一刻も早く、悪霊を退治しろ!

善良な生徒が危険に晒されてるのだから!

という声が上がった。

そして、Aさんは我慢の限界を超えたらしい。

Aさんは、突然、椅子から立ち上がると、

ほんっと、馬鹿ばっかりですか?

クラスメイトを自殺に追いやる様な生徒を、私は善良な生徒とは認めない!

悪霊、悪霊と連呼してますけど、それじゃ、悪霊にしてしまったのは、

何処の誰なんですか?

あくまでイジメは無かったと言い張るのなら、今、此処に自殺した生徒の霊を

呼んで全て話させましょうか?

イジメには加害者側にも被害者側にも理由があるのかもしれない。

でも、そのイジメが自殺まで追い込んでしまったら、それはもう子供の悪戯

ではなく、れっきとした犯罪です。

どんな人間にも他人を殺す権利は無いし、殺される義務も無い!

生徒が間違った事をしたら、しっかり怒って、一緒に反省し罪をかぶるのが

教師であり、保護者です。

そんな事も分からない奴が教師や人の親をする事自体が狂気としか

言えませんね。

本当に呆れてしまいますが、これだけ言ってもまだイジメを隠し続けるなら

勝手にしてください。

別に私は何もしませんからご安心を。

ただ、私が手を引いたら、すぐにどんどんと死人が増えると思います。

それこそ、この学校に関わりのある者達が死に絶えるまで、祟りは

続きます。

まあ、此処に居る方達は、命よりもプライドや外面を気にする人ばかり

みたいですから、どちらでも構いませんけどね。

そう言うと、校長から、

言いたい事は良く理解しました。

来週にでも緊急会議を招集して・・・・。

と、そこまで言いかけたとき、Aさんが、

ここまで言っても、まだすぐに決められないの?

こんな大切な事くらい、今此処で決めなさい!

と言い放つ。

その時点で、もう答えは出ていた。

結局、学校側はイジメを認め、加害者の生徒は法的処分を受けた。

そして、Aさんは、加害者生徒と学校側に、次のような約束をさせたらしい。

加害者生徒達には、死ぬまで少なくとも年に1度は、自殺した生徒のお墓に

お参りし、毎日、朝起きてからも、しっかりと手を合わせること。

そして、学校側には、今回のイジメに拘わった教師の罷免と、イジメが再発しない

ように、外部からの監査を受けるという事。

その外部からの監査に対しては、どうやら保護者側が自ら責任をもって行うとの

申告があったそうだ。

そんな事、よく実行させられたね?

と聞いた俺に、Aさんは、

私、イジメとかそういうの大嫌いなので・・・。

だから、もしも、私のいう事を聞かなかったら、今度は私がイジメてみましょうか?

と。

貴方達が言う悪霊というものがどれだけ恐ろしいモノか、体験してみますか?

と言ったら簡単でした(笑)

そう言って笑っていた。

やはり、もっとも恐ろしいのはAさんなのかもしれない。




Posted by 細田塗料株式会社 at 20:41│Comments(33)
この記事へのコメント
Kさん1000万PVおめでとうございます!!その瞬間に読者でいられて嬉しいです!毎日お忙しいところ更新されて感服します!これからも私の1日で一番好きな時間のお供にさせて頂きます 笑

いやぁそれにしてもイジメは最悪です。イジメは魂の殺・害事件ですよ。特に今の時代のイジメは陰湿で、バレないように身体的な怪我がないようにして魂を傷つけていく本当にクズ行為です。
私なら加害者には悪霊を3体づつくらい憑けてやりたいですね。

まぁ、あと・・やっぱりAさん好きです
Posted by Tommy at 2018年01月15日 23:18
ブログ、おめでとうございます。

かまくら。夢です。いつか、雪国に行ったら入って見たいです。

Aさん、好きです。
自殺した子、どれだけ悔しかったのか。
涙がでます。
イジメに関わってた人達だけが被害にあうなら放っておいてもよかったくらい。

これで、イジメた子やその保護者、学校関係者が自分のしたこと、ちゃんとわかって悔い改めてくれる事願ってます。
Posted by かなかな at 2018年01月15日 22:48
こんばんは。
そしておめでとうございます。

今日は涙が出ました。
先生がいじめる側と結託するって、あるんですよね。
私も転校したときにターゲットになりました。
因果応報というか、先生は若くして病で亡くなりましたけど。
生徒たちには泣かれました。
イジメてるのになんで平気な顔してるの?
悔しいって。アホですかね。

悪で結びついたものは解けるのも早い。
つまらないことで「名」を汚すことなかれ、と思います。
Posted by 有宮 at 2018年01月15日 21:05
そういえば小さい頃、母方の祖父がカマクラを作ってくれたのを思い出しました。
ほ〜ら 作ったど〜!…って楽しかったなぁ。

私は嫌がらせはけっこうあいました…。
全力で体当たりしてきた人…。
誰もいない事を確かめて耳元で大声で奇声を発してきた人…。
陰でストーカーのような嫌がらせをしてきた人…。
鍵のかかっているはずの会社のロッカーを開けるとなぜかまったく関係のないモノが複数回 置いてあったり…。
ある時嫌がらせをされすぎて、どこからでも来いよ!…と気にせずに堂々としていたら、全然 気にしてなーい!…と叫ばれた事ありました(笑)…
まぁ、あまりに変わった嫌がらせは人に相談できないんですよ。自分が嘘つきに思われかねないので。

でも嫌がらせをしてきた相手は、不思議としばらくすると退職、クビ、移動、体調不良、はたまた病気で入院…などと理由はこんな感じでいなくなるということがほとんどだったように思います。

因果応報も入っているような気がします…。
Posted by かのん at 2018年01月15日 19:10
先ほどのコメントで書き足らなかったことを。

まずお二人の魂が安からんことを!
皆でお祈りしましょう。

確かに苛めの加害者に対する究極の復讐は自殺です。自死により加害者を永久に罪人にすることができるし、死者に対しては誰も批判はできないので。

でも誰かサポートする大人(先生)がいなかったのかな。と言いつつ先生なんてどうせ頼りにならないや、とは自分の心の中の声ではありますが。

私は先ほどいったリーダー格の男の子と共に、5年生のとき担任の先生からも苛められていました。

先生自ら加害者になって恥ずかしくないのかな?まあ自分は図太かったので、死ぬなんて考えは欠片も思い浮かびませんでしたが。

XXの面にしょんべんでした。XXはK様が悪霊より怖がっている生き物です。

とにかくお二人の魂を自縛霊の状態から解き放って安らかにしてあげるのに、自分は何かできないか?と考えています。
Posted by きなこ餅 at 2018年01月15日 17:58
こんにちは K様
ブログ1位、おめでとうございます。

こちらのコメントを見て、いじめられていた方が多くいて、皆さん大変だったなあと。自分も中学高校時代そうでした。日々辛く、どうやったら楽に、確実に死ねるのかと考えてましたね。どうにか死ぬ事なく高校卒業し、そこからようやく生きる事が楽しくなっていきました。今は多少つらい事があっても、あの時のイジメほどじゃないと乗り越えられます。
他の方の言われる通り、長く生きるといい事あります、むしろいい事の方が多い気がします。こうして怖くない話も読めますし。
あまりに辛いときは死を選ばず、置かれた環境から逃げるといいと言われます。人生振り返ってみて、確かにそうだと思います。
Posted by 遷宮 at 2018年01月15日 17:55
いじめによる自殺が報じられても、まだまだなくならないですね
学生時代は特に学校という世界が全てになりがちで追い込まれてしまうのもわかります
今現在も辛い毎日を過ごしてる子がたくさんいるんだろうな
学校の外はもっと広い世界で、助けてくれる人もいるし学校なんか飛び出して逃げてもいいんだよって思います!
Posted by りんりんふぁーむ at 2018年01月15日 16:44
営業のKさん

1000万PVですか・・・おめでとうございます。
本当に良かった。
金沢はまだまだ雪の影響が残りそうですね、お気を付け下さい。

戦後の教育は、個人個性を尊重するという方針から、自由と権利に重きを起きました。
それが年月と共に強調され、自我を通す事、自分本意に生きる事が個性であると言う風潮になって来たと考えます。

教師も暴力を排除すると言う名目で体罰をなくし、保護者も教育は学校が受け持つもの、と考える様に時代が変わって来ました。
それは全ての学校がそうだとか、変化は間違いであるとは思いませんが、自由には責任が、権利には義務が表裏である、と言う一番大切な部分が抜け落ちてしまった事が、校内における「いじめ」と言う犯罪行為に繋がっていると考えます。

そんな中で、生徒自ら命を絶つと言う悲しい現実がある訳ですが、学校や教室に馴染めない事が異常ではなく、いじめと言う異常に対して距離を置いて欲しいと、そんな環境に適応出来ない事は、不適応と言う立派な能力なんだと考えます。
自分のための人生ですから、大切にして欲しいです。

Aさん、いつもながらの痺れる啖呵・・・ほっ、惚れてまうやろ~!

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2018年01月15日 16:31
初めてコメントします。

いつも楽しく拝見しております。
長い文章を毎日更新されていて、頭が下がります。

さて、読んでいて気になった文(というか単語???)があったので、ご確認いただきたくて書き込みました。

・立派な犯罪です。→歴とした犯罪です。
(参考 https://thesaurus.weblio.jp/content/立派     https://thesaurus.weblio.jp/content/れっきとした)
ふざけた場面でふざけて言っている言葉ではないので、気になりました。

更新されるお話は、誤字脱字も含めての面白さがあるものだと承知はしているのですが、真剣な場面でAさんがおっしゃっている言葉なので、本来の使い方への変更をご検討いただけたらありがたいです。

読んでいて気になったところの指摘だけですので、公開・非公開はKさまのご判断にお任せします。
Posted by s at 2018年01月15日 14:00
連投すみません。自分のことばかり殴り書きをしていまいました(笑)
Kさん1000万PVおめでとうございます

お身体におきをつけて。いつも楽しみにしておりますので
Posted by MISAKI at 2018年01月15日 12:28
K様、皆様こんにちは。

K様、1000万PVおめでとうございます!
ブログランキングもぶっちぎりの1位なのでしょうね(^^;

今回のお話は重いですね。
イジメですか。。
Aさんは自殺してしまった彼女の気持ちが
よくわかるのでしょうね。

お二人が心安らかになりますように。

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2018年01月15日 12:15
Kさん、皆様こんにちは。
久しぶりのコメントです、コメントは久しぶりですが
モチロン毎日開いては更新を楽しみにしております。
今回はいじめのお話だったので、昔のことを少し思い出し、コメントさせていただくことにしました。
私も中学校の時にそれはそれは酷いいじめにあっていました、休み時間トイレから帰ると机や教科書にはマジック等々でのらくがき、(←これからスタート)筆箱の筆記用具は全部かけない状態、トイレの上から水、それを何事も無かったように過ごすと(←心が折れそうでしたが、親にも知られたくない、心配かけたくないという思いがあり)休み時間に呼び出し囲まれ無いこと無いことを言われ、しまいには窓を開けてそんなにしてないというのならここから飛び降りて死んで!とまで言われました。そのほかにも、数々のいじめ(靴無くなる・自転車のサドル無くなる・無視・体操服ゴミ箱・授業を受けれる状態ではなかったので、教科の先生方にはまじめに授業を受けなさいと怒られる・中には病気扱いする先生もいました)
たまたま担任の先生に恵まれ、その頃から職員室でかくまってくれるようになり、いじめの対象はいじめの主犯格だった本人に移行→親がPTAの関係だったので転校→この時あんなことがあったのに逃げやがったとおもいました。我慢に我慢をしなんとか1人に慣れ誰も信用せずに生きて中学を卒業し、高校に入学しました、田舎なので、ほぼ高校に中学の同級生が持ち上がり、あと三年の辛抱かと思っていた頃、部活だけが生きがいだったので、部活の先輩には大事にしていただき、部活でもいい成績を出し始めた頃、新聞にその部活の記事がのったことで、いじめていた人(主犯格以外の人たち)があの時はごめんねと謝りにきました。その時、ちょっと今更とおもいましたが、今更なのに(もう1年以上前のこと)わざわざ謝りに来てくれたことで、その時の気持ちや、お互いに話し合いができてことで、その子達を(あんなひどいことされたけど)許すことができました。いまだに、窮地に立たされることがあると
生きていればなんとかなるの精神で日々過ごしており
いいお勉強になったなあと思っています。
長くなりましたが、Kさんや皆様に聞いていただきたくて、書かさせていただきました。
乱文失礼いたしました。
Posted by MISAKI at 2018年01月15日 12:07
先ずは1千万PVの達成、おめでとうございます。日本の人口が1億2千万だから、実に国民の8パーセント強がブログにアクセスしたことになります。まさに快挙!

自分もトロくてスポーツも勉強もダメな子供でしたから、小学校2年からの3年間クラスのリーダー格の男の子から苛められ続けました。そいつとは小学校の6年間ずっと一緒のクラスでしたが、クラス全員が同調しなかったので救われました。

中学に入ってからはクラスは別になり、3年間そいつとは一言も口を利きませんでした。

24歳の頃電車の中で再会しましたが、私はシカトしまくり、「俺に話しかけてみろ。ぶん殴るぞ!」というオーラを発していたので、そいつも話しかけられなかったと思います。

懐かしそうな顔をしていたので意外でした。

そいつとは4年前の同窓会で再会し、そのときはわだかまりや恨みはきれいさっぱり消えていました。生意気だった少年は、実直な感じの50男になっていました。

私のケースはまだ微笑ましいですが、被害者の生徒を自殺にまで追い込むイジメは「犯罪行為」です。加害者の生徒は法的制裁を受け、先生も監督不行き届きということで何らかの処置を受けてしかるべきです。

今回のAさんは格好えぇ~!ますますファンが増えそうです。

K様のサイフが大変でしょうが、またスイーツをご馳走して差し上げてください。
Posted by きなこ餅 at 2018年01月15日 11:25
Aさんの言うとおり
気分が悪くなるほどクズが増えてますね
もう、どうしようもないほど…
Aさんお疲れ様です

Aさんファン
Posted by ルシファ at 2018年01月15日 10:48
Kさん、おはようございます!
大雪、大変ですね。毎日雪かきお疲れ様です。体調に気を付けてください。

そして一位おめでとうございます㊗️
さすがですね、これで単行本も二冊三冊と発売になれ〜

今回はイジメですね。
私もイジメ、大嫌いです。
私自身が小学四年〜中学卒業まで、イジメにあってました。誰も助けてくれなくて、先生も通り一遍の事しかしなかったな。
ただ、私は4歳から踊り習っていて、そっちはそんな事なかったし、頑張っただけ認めてくれて、大きなコンクールとか出してもらえたから、自殺は考えたけどしませんでした。
でもあの時Aさんみたいな先生、いてくれたら良かったな、と思います。
何とか頑張ったけど、心は限界まで来てましたから。

どうか、亡くなった二人の心が安らかになりますように。
そして加害者達が心から、イジメを悔いる日が少しでも早く来ますように。
Aさんのおかげで助かった事を肝に命じて生きろよ、と思います。
Posted by きなこもち at 2018年01月15日 09:51
Kさま、1000万pv、おめでとうございます❗️
Kさまの文章、怖いのに癒されるんですよね。だから、怖いのに読んじゃう。

イジメ、辛いですよね。私も何度かイジメられました。対人恐怖症になったことも。なにもしなくても、どうも目立つらしいです。でも必ず乗り越えられます。今では、元いじめっ子とも友達です。どうしても耐えられない時は、逃げる(笑)
社会人になっても同じですね。逃げ足速いし‼️
Posted by かっち at 2018年01月15日 09:36
おはようございます。

かまくら…スゴイです!それも人の力で!

最近は風船の様なもので膨らませるとか?やってました。

しかも…大きいとか…スゴイ!

Aさんも流石!と言うか…姉さんを越え…女王様です!

保護者にも…少し体験してもらった方が良かったのに…みにしみて良いかと。

ママさん同士も色々大変みたいだし。
Posted by にじちゃん at 2018年01月15日 09:10
こんばんは。
お疲れ様でございます。

そして、1000万PVおめでとうございます!

カマクラ、良いなぁ。
東京では、なかなか難しく羨ましく思います。

今夜のお話、もう切な過ぎて苛々しながら読まさせて頂きました。
自殺という辛く悲し過ぎる事がありましたが、Aさんの活躍により良い方向に進んで行きホッとしました。

でも、何処かで悲しんでる人が居たら、その場から逃げて、決して死なないで欲しい。

貴方を助けてくれる人が必ず居るから!!

イジメをする人、見ない振りをする人、許せない。

嫌いな人、苦手な人が居るのは仕方ないけど、人として最低限の振る舞いをしてほしいなぁ。
Posted by けろよん at 2018年01月15日 03:11
いつもありがとうございます
カマクラ完成したんですね
中でお茶が出来るとは娘さんの実行力は一流ですよ。
勉強など意味がないのも多いのでいいと思います。
寒い中完成させた事が素晴らしいです。

今回のAさんは気持ちいいですね。
スカッとしました。
Posted by ひで at 2018年01月15日 02:22
Kさん
本当に今年はすごい雪で、大変な思いをされてると思いますが…。
少しでも楽しい事があるのならいいですよね。娘さんと奥様が幸せで何より。

今回のお話は、辛い悲しいお話でした。
Aさんにあっぱれです。
いじめと言ってもはじまりは些細な事なのかもしれませんが、されている側が辛い悲しいとおもったらいじめです。

どの教育現場にもAさんがいたらいいのに。と思いました。
Posted by 赤毛のmamabu〜 at 2018年01月15日 01:29
1000万突破!
おめでとうございます。
日本国民の十数人にひとりは閲覧している
計算になりますね。
すごい影響力です。

いじめられる側にも理由はあったりしますが、
大規模化する、鎮火しないときは、
黒幕の劣等感を刺激するものを
生まれながらに持っているんだと思います。
美貌、頭脳、社交性、特技、親や兄弟姉妹に
可愛がられている、などなど。
Posted by 愛読者 at 2018年01月15日 00:45
Kさん、1千万PVおめでとうございます!
無理をしない程度に続けていってくださいね(^-^)
金沢の雪、久しぶりに降りましたね。
昨日は雪かきサンデーになったのではないでしょうか。
こちらも無理をしない程度に、雪かきに精を出してください。

話は変わりますが、WiFiルーターのおかげで、
出張先のラスベガスからこちらのサイトを見ています。
世の中便利になりましたね。
Posted by 埼玉のS at 2018年01月15日 00:19
Kさん幸せそうでなによりです。

俺も幸せですよ。

Aさんはかっこいいですね。
Posted by 髙橋 at 2018年01月15日 00:11
初めてコメントします。
いつも一日の終わりに読まさせて貰ってます。
僕も中学生の頃に、いじめにあっている生徒の話し相手になっていて、(いじめの標的は数週間~数ヶ月でチェンジしていきます)クラスから非難されてました。
でも、僕はケンカが強かったので、それ以上の事は誰も出来ないみたいでしたが。(笑)
Aさんは怖いけど、正しい!! ですね。
正しい事をするって事は、中々難しいものです。
Posted by 神奈川のハル at 2018年01月15日 00:10
(ノ∀`)アチャーまたやらかしてしまった
1番大事な事を忘れてしまった。
‼(•'╻'• ۶)۶
Kさん1千万PVおめでとうございます
(๑✪∀✪ノノ゙✧パチパチ

ぼちぼちとKさんのペースでお願いします。
何度も失礼しました。
Posted by tomoa24 at 2018年01月14日 23:11
kさん1千万PVおめでとうございます♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
私も嬉しいです!
私も保育園児の頃から中学までイジメにあって当時は死んでいじめっ子の所に化けて出て復讐しようとリストを作っていましたが、死ななくて良かったです。高校は進学校に行ったらイジメに合うこともなくなりました。生涯の友人もでき、その時のクラブ活動の延長で今の仕事をしています。もう40代になりましたが、素敵な人に出会うと人生変わります。

死にたくなるほど辛い人は環境変えよっ!長生きしたらいい事もあるよ。つい思い出されてコメントしてしまいました。いじめられる側はなかなか声に出せないけどAさんの言葉にスカッとしました。ありがとうございます。
Posted by うさぎのダンス♩ at 2018年01月14日 23:07
Kさま、皆さまこんばんは☆
お疲れ様です…
毎日の雪かきで、Kさまのご苦労が…想像でしかわかりませんが…
さぞやお疲れの事と…(´・・`)
どうかこの寒波と大雪のこの季節を無事に乗り切ってくださいませ…♡
カマクラ…努力の甲斐があって?娘さんと奥様…楽しめてる様子が和みます…(๑˃̵ᴗ˂̵)
kさまも、是非招待される事を願っておりますが…
ヾ(≧∀≦*)ノワクワク……

痛ましい…いじめの事件…
Aさんの的確な意見や、やり取りが…
学校側や卑怯な人々を戒めてくださり、救われた気がします!
悲しい事件はまだまだありますが…
Aさんに全てをお願いする訳にもいかないのが…現状でしょうか…
Posted by ひまわり at 2018年01月14日 22:41
K様、皆様こんばんは!
1000万PVおめでとうございます!!
K様のお話を読んでくれている人が沢山いるという証ですね!!
これからも頑張ってください!!


今回はいじめのお話でしたが、最近はほんと陰湿で、LINEのグループ、または個人トークとかTwitterとか、インターネットでのいじめが多いらしいです。
『いじめ』というものが無くなればいいのですが…簡単に人の心は変われないのが現状。辛いですね。


そしてAさんがまたまたイケメンすぎました…!Aさんのように強く、己の信念を貫く先生がこれからもっと増えていったらいいと思いました。

これからの更新楽しみに待ってます!
Posted by おれんじ at 2018年01月14日 22:35
Kさん、こんばんは。

近年、まともなかまくらが出来る程雪が降らない事があります。
雪かきをされる方々には申し訳ない言い方になりますが、
お嬢さんにとっては、将来奥さんと過ごせた良い思い出のひとつになる事と思います。

どんなに世間に騒がれても、イジメはなくなりません。
Aさんも口ではきつい言い方をしますが、結局グズのような人間でも助けるのですね。
スイーツを要求する時は鬼かもしれませんが。(笑)

それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2018年01月14日 22:32
A様 かっけぇー!!!
私もいじめにあった事多いです。
本当にムカつくけど仕返しなんぞしなくてもいじめた方は自滅していく事が多々あるような気がします。
自殺した子には申し訳ないけど耐えて成人して社会に出てほしかったです。
うまい言葉が見つからないけど自殺した子を思うと昔の自分を思い出して涙
A様の力で成仏できる事を願います。
ところでカマクラ知りませんでした。
雪国ならですね。神奈川は子供の頃、雪だるま位かなぁ。カマクラの中で酒を飲むとかしてみたいです・・・
Posted by ちんぱん at 2018年01月14日 22:23
Kさんこんばんは~
大雪の時も全力で楽しむ娘ちゃんさすがです。なかなか体験出来ないですもんね。
(。 ・`ω・´) キラン☆

イジメの問題はなくなりませんよね
徹底的に追い詰めますよね…今の子たちは同調しないとですか…苦悩して自殺した子が悪霊って、何事もなく無かった事になってれば、訴えかけたいですよね。

酷い学校がAさんの助言で変われて良かったですが…はぁ~↓↓↓って
感じですね。

更新ありがとうございます☆彡
Posted by tomoa24 at 2018年01月14日 22:04
K様、こんばんわ。更新お疲れ様&ありがとうございます。

ブログの人気凄いですね。嬉しいようなちょっぴり寂しいような………。今後もユルユルポンポコ宜しくお願い致します。

お嬢様の作った大きなかまくら。私も入りたいです。お汁粉作ってお邪魔したいですよ。私のミッキーの話を延々と聞かせたい‼️なんてね。ハハッ(笑)

今回のお話、イジメ。学校だけじゃなく、会社でもあるんですよね。私も飲食店に居た時に、やたらと私にだけ罵倒する先輩が居て、その人が嫌で辞めてしまいましたよ。人より強く出ようとして、人を見下して馬鹿にする人が、私は大嫌いです。でもイジメって無くならないのが悲しいですね。

Aお姉様の正義に救われました。どうか私の代わりにAお姉様に、スイーツをたくさんご馳走して下さいませ。

体調崩しやすいですから、お身体お大事になさって下さい。
Posted by ミニ子 at 2018年01月14日 21:57
Kさん、雪かきと怖くない話とお疲れ様です!
それから、1千万PVおめでとうございます‼️これもKさんの人徳‼️2千万PV目指して、頑張りましょう‼️

ほんとに、イジメがこの世から無くなれば良いのだけど…
イジメがどんどん陰湿になっていったり、守ってあげた人がイジメられたり…
理不尽過ぎますよね…

Aさんのような、ちゃんと心の通った言葉を言える先生がいてくれる事が、どんなに凄いことか‼️どんなに素敵な事か…
Posted by KIN at 2018年01月14日 21:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count