2018年01月17日

送電線と鉄塔

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です。

こちら、金沢も連日の雨でかなり雪が解けました。

でも、相変わらず、路面はデコボコで

運転していてとても疲れます(涙)

そういえば、うちの大監督が造ったカマクラが

見事に解けてただの雪山になっておりました(笑)

しょんぼりしていましたが、どうやら高校の敷地にも

更に巨大なカマクラ2号機を完成させているらしく

そちらは、まだまだ解けそうにないそうです(涙)

というか、いったい学校に何しにいってるんでしょうか?

ということで、今夜も遅くなりましたが、

怖くない話、いってみましょう。

それでは、どうぞ。



これは知人から聞いた話である。

彼は電気工事会社に勤めている。

その中でも彼の仕事は鉄塔に昇り、送電線をチェックしていくという仕事。

俺の様な高所恐怖症の人間には出来る筈もない仕事だが、それなりに

給料も良いのだそうだ。

入社して、その部署に配属されてから、最低でも1年、普通は2年間ほどは

先輩について手取り足取り教えられる。

中には100メートルをゆうに超える程の高さの鉄塔も在り、昇るだけでも

一苦労だという。

そうして、鉄塔の傷みや送電線の痛みを見つけると補修に取り掛かる。

街中や山の中など現場は様々らしいのだが、どちらにしてもある程度

慣れてしまうと、高さに対する恐怖は麻痺してしまい、普通では決して

見られない様な絶景に見とれてしまう事もあるらしい。

しかし、そんな高所だから、普通では在り得ない事も実際に起こる。

自分が今、上まで昇って作業している鉄塔の向こうに何かが座っていたり、

送電線にぶら下がっている者を見掛ける事があるらしい。

最初、それを見た時は、驚いて大声で叫んだらしいが、先輩達は

平然としたモノで、

ああ・・・確かに居るな・・・・゛でも気にするな・・・。

そう言って、いっこうに気に留める様子も無い。

それは男性だったり女性だったり、そして子供だったりするらしいが、そのどれもが

服を着ておらず、そして肌の色もどこかグレーっぽいのだという。

最初の頃はそれが恐ろしく感じた彼も、現場をこなしていくうちに、

ああ、きっとこれが普通なんだ・・・。

と妙に納得し、当たり前に感じる様になったという。

確かにそれらは、至るところに居るらしいのだが、こちらにも全く興味が無い

らしく、危害を加える様子も無かったから・・・。

しかし、そんな彼も一度だけ怖い思いをしたという。

その日は、10人ほどのグループで深い山の中に立つ鉄塔を手分けして点検

していた。

そして、彼も1つの鉄塔を担当する事になった。

その頃の彼はもう仕事にも慣れて、特に不安もなく作業にとりかかった。

いつものように鉄塔を昇り始めた彼は、何故かいつもは全く気にならない

足元の景色が気になった。

そこで、そろそろ鉄塔の頂上だという頃に、何気に下を見下ろした。

すると、鉄塔の下から何かが近づいて来るのが見えた。

そこには、いつもは鉄塔の上に座ったり送電線にぶらさがったりしている

グレーの人達が凄い勢いで彼を追いかけるように鉄塔に昇ってきていた。

そのグレー色の人間が動いているのを見たのは初めての事だった。

彼は何か嫌な予感がして、急いで鉄塔の頂上に昇ってしまおうと急いで

再び昇り始める。

しかし、下から昇ってくるモノ達は、昇る速さが異常な位に速く、既に彼の

すぐ下まで近づいてきていた。

どうやら、彼が邪魔になり、そこから昇れなくなっている様子だった。

しかも、その時昇ってきていたモノ達は、そうしているうちにもどんどんと

増えていき彼は恐怖を覚えた。

そこで命綱のついた金属製の金具を出来るだけ遠くにつなぎ、彼は下から来る

モノ達の為に道を譲った。

すると、それらのモノ達は、どんどんと彼を追い抜いていき、すぐに鉄塔の上が

満員状態になった。

彼はどうする事出来ず、その光景を見守っていた。

すると、それらのモノ達は、順に送電線の方に流れていき、まるで風の止んだ

こいのぼりのように全員が送電線にぶら下がった。

その光景はとても異常なものだった。

彼は息を呑んでじっとそれらを見つめていた。

すると、全員が一気に彼を方を向いて、ニッコリと笑うと、そのまま送電線から

手を離した。

彼は思わず、

ああ!

と大声を出してしまった。

それくらいに驚いたのだという。

そして、落下していったモノ達は、その高さから10メートル落ちると、その

瞬間に、まるで景色に溶け込む様に消えてしまったのだという。

その光景を見た彼は固まってしまつた。

恐怖とも驚きとも違う感情だったという。

それは、自分もあそこから飛び降りてみたいという強い衝動に駆られた

からであり、その憧れにも似た感情と市への恐怖という感情の間で彼は

ただ呆然とその場に立ち竦んでいた。

その時、あんなふうに死ねたら気持ち良いだろうな・・・。

そんな風に強く感じている自分を何とか彼は必死に押さえ込んでいた。

しかし、あの光景を見せられてしまうと、彼には、飛び降りたい、という

強い衝動がどんどん襲えられなくなっていた。

その時、誰かに思いっきり頬をぶたれた。

ハッとして振り返ると、そこには心配そうな顔で立っている先輩の顔があった。

おい・・・しっかりしろ!

そう言われて一気に涙が溢れてきた。

それは自分の情けなさに対する涙なのか、それとも先輩に助けてもらった、

という涙なのかは自分でも良く分からなかったが、それでもそれからしばらく

彼はひたすら涙を流し続けた。

そして、ようやく落ち着いた頃、先輩が優しい声で、

ほら・・・一緒に降りるぞ・・・・。

という声に促されて彼はゆっくりと鉄塔を下っていった。

そして、下に到着した彼を皆が心配して集まってきて、彼の様子を見た上司が

急いで車で病院まで連れて行ってくれた。

それから、彼はそのまま半月ほど入院させられた。

自分がどんな状態だったのかは、今でも誰も教えてはくれないが、その時の

同僚や家族の異常なまでの心配の具合から、そうとう酷い状態だったのは

間違いない、と言っていたが・・・。

それから、彼は会社からの辞令で勤務部署を変えられた。

彼はそのままその仕事を続けたかったらしいが、先輩達が送別会の際に

話してくれた内容によると、どうやら1度そういったモノ達に目をつけられた

人間は、そのまま仕事を続けていると必ず落下事故による死を招くのだという。

それはどんなに低い場所での作業でも同じようであり、今では彼の仕事は

総務部という内勤になっている。


Posted by 細田塗料株式会社 at 21:56│Comments(27)
この記事へのコメント
Kさん、コメントの常連に新人の皆さん!
お久しぶりとこんばんわ。
ショッカーライダー・オスカーだ。
「山」という場所は、神聖な場所だったり邪気を鎮める・封じる場所でもあるからな…たぶん。
天狗もそうかもしれない、かの牛若丸に兵法とかを教えていたと。
Posted by オスカー at 2018年01月20日 19:45
Kさんこんにちは。

受験勉強のためしばらくブログを見ていなかったのですが、無事センター試験も終わり出願校も決定したので、今まで読めなかった分一気読みしました! 夜中にひとりで読んでると怖さが倍増して嫌な雰囲気になったので朝早くから読んでます笑 Aさんかっこいいですね、Aさんが先生だったらすごく勉強頑張れそうです…

無事第一志望に合格できたら金沢に住む予定です。なので、これまでのKさんのお話を読んで、怖さ半分興味深さ4割って感じです。残りの1割はKさんのバンドのライブを見てみたいなぁ〜という思いです笑

闇塗怪談をまだ購入できていないので、受験後の楽しみにとっておきます!その頃には第2弾が発売してたり…??

これからも寒さが続きますがどうかご自愛ください。長文失礼しました。
Posted by みっちょ at 2018年01月20日 07:43
K様
初めてコメントします。いつも怖い話、楽しみに?しています。新しくアップされているとわくわく。でも読んでから、怖〜!!
鉄塔ではないですが、我が家の窓を開けると電柱の頭の部分?がすぐそこに。鉄塔ではないんだけど、、、何かがぶら下がってたらどうしよう?なんとなく窓開けられません。(¯―¯٥)
Posted by ぴーす at 2018年01月20日 01:02
K様、皆様こんばんは!

そちらはまだ雪溶けていないんですね!
こちらは比較的暖かく、通学での防寒具がPコートからパーカーへと変わりました!

かまくら良いですね!
1回でもいいからかまくら作ってみたいです!

今回のお話は…摩訶不思議ですね〜
肌色じゃなくてグレー…『グレー』と聞いて宇宙人かと思いましたが、話を読んだら幽霊…なんですかね?
ぶら下がったり、落ちたり…お前は大道芸人か!!って突っ込みたいです( ˙-˙ )
魅入られると同じ衝動に駆られるっていうの…怖いです
その方の勤務部署が変わってよかったです

それではまたの更新楽しみに待ってます!
Posted by おれんじ at 2018年01月19日 23:47
Kさんこんばんは!
また来週寒くなるみたいですね
。゚゚。゚。さぶぅ(((*゚艸゚)))
娘ちゃんかまくら作りにハマったようですね。(๑'ᴗ'๑)

危害を加えないかと思ったけど、やはり気に入られてしまうと、確実に連れてく感じなんですね。
短時間で入院するほど、病んでしまう感じになるんですね。
先輩や会社の対応が素早くて、何事もなくて良かったです。
(∩´ω`∩)
更新ありがとうございます。
Posted by tomoa24 at 2018年01月19日 20:41
こんばんは。

黒でもなく?
白でもなく?
グレーですか…。
不思議ですね。

助かって良かった、
回復されて良かったと思います。


私も高所はまったくだめです。
小学校低学年のころだったと思いますが、TVで偶然バンジージャンプを見た時に飛び降りとダブって見えました。
楽しそうにバンジーに興じている人たちを見たその時の私は、それが信じられなくて固まったのを覚えています…。
もちろん一生することはないでしょう!(笑)
Posted by かのん at 2018年01月19日 17:31
Kさま、皆さまお疲れさまです…
コチラのブログを読んでたら、今日神奈川の一部地域で、事故に拠る停電とのニュースがあり…高い鉄塔での作業風景が映し出されてました…
作業員が転落か…?とのニュースにゾッとしました…ゲッ!(꒪ꇴ꒪|||)⚡
kさまのお話しの後…臆病な私は…
道端の電柱の電線などにさえ…何か怖いものを感じてしまったのでした…(´・・`)
グレーのモノ…私には映画で観たゴブリン…の姿が浮かびます…

得体の知れないモノ…一生会いたくないです。
Posted by ひまわり at 2018年01月19日 17:22
kさん、ご無沙汰しておりました!私もkさんと同じうに高所恐怖症なので、こういった仕事場は、無理ですがそれに加えてあの世の者を見てしまうなんて知人も大変な思いをされましたね
やはり、限度を超えちゃうと見えない者でも見えちゃうですかね?まだ、一月なので温かくしてお過ごし下さいm(__)m
Posted by t.t at 2018年01月19日 10:02
風邪をひき最悪な体調ですがやっぱり読んでしまう魔のブログです!
鉄塔にも怖い話があるんですね。
従兄二人が電力会社で働いているので今度聞いてみます。
Kさんも風邪に気を付けてくださいませ。
Posted by たかまる at 2018年01月19日 09:41
K様

関東にはあまり大雪が降らないので、雪だるまを作ったこともあまりなく、かまくらは子どもの頃からの憧れです。

大人はかまくらで晩酌。いいですね~関東にも降らないかな、っていうか、かまくら作れるかしらん?

今回の話しも不思議でした。
オバケも出没する場所や環境で姿を変えるのでしょうか。グレーで全裸。統一感がありましたね。落下の時、オバケなのに重力を感じるのかしら。

高い所が苦手なにゃんだー。そうゆうモノたち、怖いです。

寒いのでご自愛くださいませ(^^)
Posted by にゃんだー at 2018年01月19日 09:36
子どもの頃、高圧線が家の近くにあったので昇ってみたくて、よく遊びに行ってました。(昇れないんですけどね(笑))

更新が無いときは、過去のお話を読んでいますが、怖い写真が付いているので2度怖い思いをします‼本当に怖いです‼
今は下まで読んでも怖い写真がないので安心して読んでいます(=^ェ^=)
Posted by tae.hime at 2018年01月19日 01:15
K様、皆様、こんばんは。
怖くない話といいつつ、怖いです・・・。(泣)
霊って、以前のお話にもあったように、ドローンが飛ぶような高度にもいるみたいですし、大気圏?成層圏?ならどこでもいるってことですかね?ただ、話に聞いた事ありますが、霊って電気・電波と親和性があるみたいですよ。人間が何か考える時は脳から微量の電波が出るらしいですし、霊とは人の残留思念であるという説もありますから、関係あるのでしょうかね・・・?
Posted by 万年初心者ハードロックファン at 2018年01月19日 00:44
K様
わー、興味深い、初めて聞く類の話です。
霊?妖怪?地球外的なもの?妖精?疫神的なもの?何が一番近いんでしょうか、、、。
容貌や行動とか、とにかく不可思議です。
Posted by ぶんぶん at 2018年01月18日 23:21
K様、更新お疲れ様&ありがとうございます。

雪国の道路は大変そうですね。お身体お大事になさって下さいませ。

お嬢様の作ったかまくら、一緒に入って色々おしゃべりしたかったなぁ。
じゃぱりまん、一緒に食べたいな。うふふ

今回のお話、グレイの一反もめん?Xファイルのグレイの宇宙人?怖い話なんですが、何故か私の脳内では漫☆画太郎の絵柄で再生されて、笑えてしまって。
すみませんです。でもこの方がご無事で良かったです。会社の方々も良い方達でその点は羨ましいです。

胃腸炎でダウンしてしまう人が、私の周りで増えています。お身体お大事になさって下さい。

あしたまにあーな。
Posted by ミニ子 at 2018年01月18日 21:42
営業のKさん

こんばんは☆ 更新ありがとうござます!

最近、なかなかリアルタイムでブログを見ることが出来てないのですが、
見逃しは無いようにしてるつもりです。

どこにでも霊はいるのですね。見えてないだけで(^◇^;)
見える方がいいのか、見えない方がいいのか悩みますね…。

金沢はまだ雪が残ってるのですね! 車の運転、気をつけてくださいませ。
Posted by しゃねる at 2018年01月18日 18:47
私の友人が有名なスキー場で勤務していた時に、
同じような体験をしています。ナイター営業を終了時の
点検で、リフトの鉄塔の上に蠢く大勢の人影を何度も
目撃しています。複数のスタッフ達も見ています。
その場所は、元は忌み地です。
Posted by 宮川 at 2018年01月18日 18:07
営業のKさん

私も高所恐怖症です(泣
過去記事にあるドローンカメラに写る、鉄塔の高圧線にぶら下がる・・・自由ですね(汗

その人外の方々の目的は何でしょうか?
世の中、本当に不思議です。

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2018年01月18日 17:41
不思議の世界でもリアルな世界でも会社でも、厄介な奴に目を付けられたが最後、逃げるしかない。
Posted by もちもち at 2018年01月18日 10:45
おはようございます。

入院と言う形をとらないとダメな感じだっだんですね。

無事で良かったですね。

どんな所でも…外に居ると近づいてくる。

感じなんですかね?

危険な所の仕事は…見えてしまうのですかね?

不思議です。
Posted by にじちゃん at 2018年01月18日 08:54
いつも楽しみに読ませて頂いています。

前回の交差点の話といい、今回の話といい、初期の頃の雰囲気が戻ってきたようで、良いですね~。

Aさんや姫が出てくる水戸黄門的勧善懲悪のパターンも好きですが、やはり初期の頃多かった,原因もわからず、解決もない不可解な怪異談がリアルで好きですね。

以上、個人的感想でした~。
Posted by 愛読者 at 2018年01月18日 08:50
K様、皆様、こんばんは!

こちら東京も雨でございました。。
明けて木曜日は、小春日和になるとのことです(●´ω`●)

神奈川出身なので、日常で豪雪を経験したことはありません。子供の頃、カマクラはとても憧れました✧*。


魅入られる系のお話、怖いです:( ;´Д`;):

周りの方や会社のご理解があって、内勤にしてもらえて良かったですね。


それでは、失礼致します。
(まてぃにぃ風)
Posted by ぴょんうさぎᙏ̤̫͚*⑅♥︎ at 2018年01月18日 01:35
こんばんは!山のもののけでしょうか!魅入られるとお仲間になるのかな?送電線も台風や雪で倒壊することもありますし、大変な仕事だときいてます!たまに家の前の電線工事もしてますが、先輩かしらんが偉そうつか、パワハラ並に命令口調で下から上へ指示してるやつがいるんで、そいつをそこに連れてって下さい!あ、いやまてよ!変な物が見えてたから声を荒げてたのか?怖い怖い!!大監督のかまくらで癒されよーと!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2018年01月18日 00:00
Kさん、こんばんは。

友人の方は何に魅入られたのでしょう。
同僚が気がつかなければ、連れて行かれたのかもしれませんね。
配置変えになるくらいだから、以前にも同じような事があったのでしょう。

それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2018年01月17日 23:42
K様皆様こんばんは

私も高い所は怖いです。
妹が29階に住んでいるのですが、遠くを見る分にはいいのですが、真下を見ると足元がぞぞぞ~っとします。

目をつけられてしまった彼が気の毒ですが、周りの方々が優しくて良かったですね。

読んでる途中で、そんな害のないものなら、私も見てみたいと思ってしまったのは、即撤回しました!

私は、目をつけられないように、明日からは地味に壁紙にでもなったつもりで生きていきます!

今日もありがとうございました。
Posted by ぷぅ at 2018年01月17日 22:53
K様、皆様こんばんは。

電線にグレーの人。。
全く想像が出来ない異常な光景です(^^;;

なぜ電線に?
なぜグレー?
なぜ大勢?
なぜ落下する?

疑問だらけです(>_<)
目をつけられると引き込まれてしまうのですね。。
彼がご無事で何よりです。
大変不思議なお話でした(゚д゚lll)

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2018年01月17日 22:35
カマクラ別荘、いつのまに(^o^;)。
鎌倉に別荘、ほしいです。大人ってやつは(爆)。

幽体を得意としてる占い師の無料占いで私のデータを入力、出て来た話に固まりました。寝てる間に幽体になり夜中の観覧車のてっぺんにいたりしてる、とあるんです。
時々朝起きると恐ろしく疲れてる時があり、観覧車のてっぺんからの夜景とか断片的に覚えていて、夢じゃない?!と合点したわけです。

電気工事士さんが、山中の送電線にはいろんなのがひっかかってるよモノじゃなくて、という話してましたが、ユーレイもいるだろうが、生きてる人の幽体もたぶんぶら下がってるかもしれませんね。
Posted by はるた冬雲 at 2018年01月17日 22:20
k様
鉄塔にまで幽霊来るんかい!!
どこにでも来るんですねぇ・・・
送電線のある所は人体に悪いとか聞いた事ありますけど電波と幽霊って関係あるんですかねー
Posted by ちんぱん at 2018年01月17日 22:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count