2018年02月01日

捜索・・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です。

今日のニュースで九州が大雪との映像を

見て驚きました。

九州は暖かい場所という意識しか無かったので。

もしも、こちらをお読みの方で被害に遭われた

方には心よりお見舞い申し上げます。

また、明日の朝は東京でも積雪の予想。

通勤などの際は、大変だと思いますが、

くれぐれも安全第一でお過ごしくださいませ。

しかし、こちら金沢は全く雪が降る気配が

ありません。

不思議な冬ですね。今年は。

それから、ついに竹書房さんのサイトで

『闇塗怪談』の第2弾の告知がされております。

http://kyofu.takeshobo.co.jp/release

出版の夢は叶いましたので、今回で

出版は終わりにするつもりです。

実は今回第2弾の話を頂いた時も、かなり

悩みました。

やはり、何も知らない方達から"創作"とか"作り話"

などと酷評されるのは辛かったものですから。

だから、一度は担当者にお断りをしたんですが、

ご担当者の暖かいご配慮と励まし、そしてこちらの

読者の皆様の暖かい評価のお陰で、今回また

第2弾を出版するに至りました。

が、やはり、私の居場所は、ブログの世界であって

プロ作家の世界ではない、という確信を得ましたので、

今回が最後になると思います。

ですので、また宜しければ皆様に

お読み頂けると嬉しいです。

当然、新作書き下ろしも多数掲載されます。

勿論、サインと記念品もしっかりと対応させて

頂きます(笑)

ということで、今夜もいきます。

怖くない話。

明日は新年会ですので、もしかしたら

アップ出来ないかもしれません。

ごめんなさい。

それでは、どうぞ。





これはとあるお店で意気投合し一緒に飲んだ男性から聞いた話である。

彼は今でこそ普通の会社で働いているそうだが、以前は人命救助を

主に行う仕事に従事していた。

それが、具体的に警察なのか、民間の会社なのか、はよく覚えていない

のだが、とても印象に残った話であり、ここに書きたいと思う。

海であれ山であれ、誰かが行方不明になると当然捜索隊が出される。

ただし、それは通常は決められた期間のみの捜索になるらしく、

それ以上の捜索を希望する場合は、別途高額なお金を支払っての

捜索に切り替わるらしい。

実際、行方不明になってから数日が経過すると、関係者の殆どは

行方不明者の生存を諦めてしまう。

当然、海や冬山などで遭難した場合、数日も生き残れると考える方が

異常である。

それでも、家族や恋人にとっては、そんな状況でも決して、生存を

諦めたりはしない。

いや、生存は無理でも、せめてご遺体だけでも早く暖かい場所に連れて来て

あげたいと思うのかもしれないが。

そして、彼の場合、捜索は常にヘリコプターに乗り込んで行っていた。

実際、天候にも左右され、尚且つ、広大な中から、行方不明者の姿を

見つけるのは容易ではない。

というよりも、かなり不可能に近いのかもしれない。

しかし、それでも彼は何人もの行方不明者を発見したのだという。

そして、それは、決して彼の能力ではないのだという。

何日も大掛かりな捜索隊が駆り出され、一丸となって捜索を展開する。

そんな時には起こらない奇跡が、何日も見つからず、それでも家族らの

強い希望で捜索を続行している時。

それも、その日が捜索の最後の日という時に限って、それは起こるのだという。

それは、山であれ、海であれ、同じなのだという。

ヘリコプターからずっと眼下を凝視し続けるというのもかなり辛い。

それでも、何とか家族の期待に応えるべく彼は常に全力を尽くした。

そうしていると、眼下に誰かが、大きく手を振っているのが見えるのだという。

普通、海の中や山で、そんな事をしてもなかなか、目に留まるものではない。

しかし、そういう場合は、何故かピンポイントで其処に目がいく。

そして、慌ててヘリコプターを降下させ救助に入る。

しかし、もうその時には、その行方不明者は全て亡くなっているという。

また、ヘリで捜索中に何処からか、声が聞こえることもある。

ここです。此処にいます・・。

そのまままっすぐ・・・・。

間違いなくそう聞こえる。

そして、その声に導かれるようにしてヘリを飛ばすと、必ず行方不明者を

発見出来る。

勿論、その時も例外なく亡くなっているそうだが。

ただ、普通に考えれば不思議で、在り得ないと思える奇跡なのだが、彼らは

どうして亡くなった要救助者が手を振ったり、声を聞かせたり出来たのか、

という事を考えない様にしているという。

それが、自然なのだと・・・・。

見つけて欲しい者と見つけたい者の気持ちが呼び合ったのだ・・・・。

きっと、それほど見つけて欲しかったのだろう、と純粋に考えるだけだという。

そして、行方不明者のご遺体を家族の待つ待機所に連れ帰っても、家族は

感謝こそすれ、罵倒する者はいないという。

そして、亡くなって戻ってきた家族に、精一杯温かい言葉を掛ける。

よく頑張ったな・・・。

もう安心してゆっくり休め・・・と。

本当に不思議な話だが、その話を聞いていて、人間の持つ魂の強さと

家族の暖かさ、そして、命の不思議を感じずにはいられない。


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:45│Comments(30)
この記事へのコメント
あのですね

私は今
作家の誕生をライブで見ているんですねぇ

しかも
この作家さんは二足のわらじをお召しで、わらじ1号も確り大地に立っている。
わらじ2号で揺らぎますか?
なんならわらじ1号のままで行かれたら如何ですか?

作家を放棄するのは、無理ですよ。
日本のキングになりましょうよ。

本の方こそ、片手間で、このブログがライフワークで良いじゃあないですか!

勿論、本職会社員ですよ!
Posted by ぴざ at 2018年02月04日 21:23
初めて失礼します。
半年くらい前から、ずっと読ませていただいてます。
このお話も何度も読んでしまいました。
強い思いというのは伝わるものと、アメリカかどこかの実験でも証明されたと聞きました。
先日、福井県で行方不明になった幼いお子さんが、40キロ以上離れた下流で、1カ月以上たって偶然発見されたのも、関係の方々の強い願いと本人の帰りたい気持ちだったのではと思うと涙が出ます。
行動はもちろん大事ですが、願う心も持ち続けていきたいと、そんな悲しくもあたたかい気持ちにさせていただきました。
Posted by あにす at 2018年02月04日 12:42
営業のK様

お疲れ様です。

第二弾おめでとうございます。
怖くない話関連はマイペースでよろしいかと思います。
心から応援しています。

出版会社をつてに松竹芸能の芸人と心スポで活躍するところが見たかったのですがw残念です。
Posted by OSN43 at 2018年02月03日 11:46
こんばんは。

世の中には、様々な方がいらっしゃるので気になさらないように。

知り合いの方がブログに怖くない話を引用したり、心ない意見を言われたり、自分が思ってもいない方向へ進む時もございますが、ケ・セラセラで乗り越えましょう。

K様が決めた事ならば、良いと思います。
第2弾の出版も、おめでとうございます‼
懲りずに第3弾4弾~と執筆して、私の夢である印税生活☆を送るのも素敵な気もしますが?

私も火曜日に義父が亡くなり、日月と葬儀です。
義父に会いに行かなくてはという思いに駆られ、顔を出そうかと悩んでいた朝に亡くなり、とても残念です。大晦日には会いましたが...

今年の冬は、本当に寒く、植木も凍えてます。
皆さまも体調には気をつけて、お過ごし下さいね。
Posted by けろよん at 2018年02月03日 01:49
俳優Aは、うそです。
ただ、KさんとAさんの会話内容が
とてつもなく面白いたです。
Posted by 俳優A at 2018年02月03日 01:22
なんか、わかる気がします。そういう事ってあると思います。私も、父が亡くなるとき不思議な体験しました。愛猫を亡くした時も。
いつも楽しみにしています。無理なさらず、のんびり無理なく更新していただけたら嬉しいです( ^ω^ )
Posted by なみ at 2018年02月02日 23:36
いつも、楽しみに読んでおります。
これからも頑張って続けて下さい。
Posted by ばーちゃん at 2018年02月02日 19:47
第二弾出版おめでとうございます
嫌なことをいう人がいても気にしないで下さい
そんなつまらないことで、あなたの才能や可能性が小さくなることがないように
これからも自分の好きなことを続けて楽しんで欲しいです
頑張るKさんを応援しています
Posted by かや at 2018年02月02日 18:23
こんにちは。雨があがり晴れてきました。
闇塗怪談2を出版するにあたり色々悩まれたんですね。私としては本にしてくださる方が手軽に読めれるので有りがたいです。ブログだと読みたいとこに辿り着くの大変なので(笑)
色々言われてもめげないでください。文才とかも面白い読みやすい、小説の書き方の習い事にいったらよいのにとおもいますけど。
私も本にサインしてもらうように送らないと思いつつまだ!です。送料使うので何かサプライズのプレゼントともつけたいので考えてるいたら季節だけが過ぎていた。けしてカ○ルなんて送りませんからフッフッ
今回のお話は、捜索。消防団がありますので行方不明者が出ると捜索してますね。海でサーファーが溺れると海上ヘリから地元の漁船からと。今回の話を読んでると不思議というより行方不明の人が呼んでいると聞いて確かに納得してしまったのは私だけでしょうか?
Posted by いなばっち at 2018年02月02日 12:00
こんにちは!今日は暖かいですね、北陸近辺だけかな?さて、kさんが本を出すのは、ご自分のかってですから仕方ないですが、きりのいいとこ3冊てのは?2冊だと本棚がさびしいですから!小栗旬さんの映画で遭難者を救助するシーンがありますが、ほんとレスキューの方々は大変だと思います!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2018年02月02日 11:44
営業のK様

おはようございます(礼)
今日のもう今日は、昨夜からの雪で先日の大雪までではありませんが、路面がうっすらと積もってます。
私が通勤時に乗る電車は、ダイヤの乱れなく運行してたので、良かったです。

「怖くない話」更新ありがとうございます。「捜索・・・・」、強い意思と意思が交わるとこの様な事が起こるものなのですね。悲しくも何か温まる話でした。

「闇塗怪談」第二段、楽しみにしてます!ですが、ブログでの掲載も含め、K様のお気持ちを一番に優先して、今後もライフワークされることを私は願います。

K様の「怖くない話」は、それぞれの話の中にメッセージの様な事が含まれている気がして、良い意味で考えさせられる事があります。読み手により、考え方、捉え方が違うのは当たり前だと思います。なので、勿論実話と信じて読んでますが、仮に話が実話じゃなくても、そんな事はどうでも良いと思って読んでます(笑)
なぜなら、「怖くない話」を読むことが私のライフワークの一つだからです(笑)

長々と失礼しました。
生憎の天気ですが、今日は、朝から夕方までみっちりと講習会に参加しないとなので、眠気との戦いの日になりそうです(笑)
Posted by おしょうとちんねん at 2018年02月02日 09:00
おはようございます。

口コミ…読まないなぁ~。。。

欲しい本の時は…たまにかな?

でも、感想は人それぞれなので…。。。

とりあえず、よく買っていたりする人の物は安心感覚で買ってしまうかも。

まぁ~文章が読みやすいとか…作者の萌え?ポイントが私と合っているとか?

だから、あまり気にしないで下さい。

好きな人が読むべき!と言う感じで…私は居ますが。

捜索ですか。

良く、生死の境い目?見たいな番組で…私は…たまたま、運が良く…。。。

なんて、有りますが…それも、なんらかの力が働いているんですよね?

生きていても亡くなっていても、見つかる人は…家族の思いやご先祖様の加護なり、良い力が働いているんだと思います。

後、諦めない?ですかね?

私も…今後…結婚せずに居たら…孤独死?なんて嫌な考えもしたりしますが…その前後は姪やら甥などに連絡を取るように…なんて…まぁ~理想は入院中?なんですかね?

でも、病院も…怖いな。
Posted by にじちゃん at 2018年02月02日 08:22
Kさん、お早うございます
色んな方がおられますのでお気になさらない方がいいですよ!
このお話について意見が出るとゆう事は、それだけみなさんが読まれてるとゆう事です。
魅力的なお話ばかりなので、これからも無理しない程度に更新お願いいたします。

このお話を読んで、科学では証明できないものがあるんだと改めて思いました
人が持ってる潜在能力がそうさせるのか?奥深い、そして色んな事を思うお話です
Posted by たかまる at 2018年02月02日 07:45
Kさんおはようございます!
( ´ ▽ ` )ノ

第2弾楽しみですねぇ~他の作者の作品読んで、Kさんに戻りしっくりきてこれこれと改めてKさんの文章?文面?からもにじみ出るwwwKさんの人がらが大好物です。
(* ̄∀ ̄)ゞエヘヘ…
娘も携帯小説をたくさん読んでますが、ジャンルは違えど「うちKさんの好きだわー」って言ってます。
通りすがりに酷評してかれる人のを目にして、気にしないようにするのはしんどいです。
Kさんの思うように突き進んで下さい。応援してついて行きますから!

行方不明…うちの父も友人のお孫さんが自宅近くで行方不明になり、これ以上はお金がかかると断念する間際に母親の夢で自宅前の池にいる息子が出てきて…そこは最初から探してたみたいなんですが
不思議な事が起こるんですね

更新ありがとうございます。
今日も1日お互い頑張りましょう!
(๑•̀ㅂ•́)و✧︎
Posted by tomoa24 at 2018年02月02日 07:35
朝から何とも言えない気持ちになって涙ぐんでしまいました
死んでも気持ちは残っていてみつけてほしいんですね

kさんのお話はどんな評価があろうと私は大好きで、飽きっぽい私が毎日の日課のように楽しみに見続けているものです!
気に入ったから見てる、でいいんじゃないでしょうか
Posted by りんりんふぁーむ at 2018年02月02日 07:03
K様、皆様こんばんは。

第2弾も発売日に買わせて頂きます!
私はK様のお話が大好きです(^^)
これからも変わらず応援させて頂きます♪
でも、逆に元気を頂いているのは私の方ですがw
いつもありがとうございます(o^^o)

今回のお話ですが、
見つけて欲しいという気持ちが目に見えて現れるのですね。
救助をされている方をテレビでもよく見ますが、
大変なお仕事ですよね。。
きっと色々な体験をしている方もいるのでしょうね。

それでは、新年会楽しんでくださいませ(^^)
失礼致します。
Posted by まってぃん at 2018年02月02日 00:30
Kさん
第2版出版決定おめでとうございます。
またまた楽しみな事が出来ました。

最後ですか…。少しさみしい気もしますが、Kさんが決めた事応援しますし、おおいに支持します(^-^)/


色んな事あると思いますが…。気にしないでください。私はKさんのお人柄が感じられる優しいお話大好きです。とっても怖い時もありますが…(汗)
私は見えませんが、気配を感じることはあります。怖い気配ではありませんが…。
でも、若い時より感じなくなったかなぁ…。
目にみえなくてもある ということだけは信じています。

今日のお話、波長が合い、すべての捜索がうまく良い方向にむかえばいいですよね。
更新ありがとうございました。

明日の新年会、飲みすぎに気をつけてくださいね。お身体大切に。
Posted by 赤毛のmamabu〜 at 2018年02月01日 23:57
殆んどの人は幽霊を見たことがないので
霊の存在に、半信半疑な人が多いと思います。
わたしは、一度だけ悪霊に遭遇したことがあります。
その恐怖体験から、霊の存在をはっきりと確信しました。
Posted by 宮川 at 2018年02月01日 23:11
k様第2作目出版おめでとうございます

しかし人間の思いがそうされると思うと凄いお話です。
Posted by 二階堂ニ千夏 at 2018年02月01日 23:11
K様、こんばんは。
闇塗怪談2の出版、おめでとうございます。今から楽しみにしています。
私は山岳会に所属しています。以前、会員が山で遭難し、遺体で発見されました。地上からの捜索では見つからず、ヘリで発見されました。その時もこの話のような状況だったと記憶しています。

見つけて欲しい者と見つけたい者の気持ちが呼び合ったのだ・・・・。

本当にそう思います。
Posted by junchan at 2018年02月01日 23:07
K様、皆様、こんばんは。

私の友人が10月に山で滑落し、ヘリで救助してもらいました。
即死状態でしたが、家族のもとに帰ってこられました。
今夜の話を読んで、あらためて救助してくださる方のおかげだと
感謝しました。
友人が亡くなった日の怖くない話が山に因んだ話だったので驚いた記憶があります。偶然だけど、何だか不思議な気持ちになりました。

本の発売、楽しみにしています。

怪談最恐戦、毎晩数話ずつ読んでいますが、K様の話や文体が
一番しっくりくるなぁと感じています。
あまり、気にせず楽しくアップしてくださいませ。
千葉から応援しています
Posted by 小次郎 at 2018年02月01日 22:58
尊いお仕事ですね。
亡くなった方々や、その家族の心情を考えると涙が出ます。
見つけたい気持ちが繋がるなんて、不思議だけど、命をかけて救助活動してくれる人達に頭が下がりますね。
読んでて温かい気持ちになりました。
ありがとうございます。
Posted by みさこ at 2018年02月01日 22:17
K様、こんばんわ。更新お疲れ様&ありがとうございます。

第2刊、発売決定おめでとうございます。

おめでたい事ですが、K様の負担にならないように。

私はこのブログの感じが大好きです。
今後もユルユルポンポコわっしょい愉しく行きましょう‼️
少し愛して、長く愛して❤️
宜しくお願い致します。

今回のお話、切ないですね。家族と別れてずいぶん立ってしまった私には、なんとも切なくて寂しいお話でした。

寒さが厳しくて体調崩しやすいですから、お身体お大事になさって下さい。健康が一番の宝物ですよ。

あしたまにあーな。店長は定休日。

チクショウ
Posted by ミニ子ジャァ〜ン at 2018年02月01日 22:04
K様

ベテランの専業小説家の方でも某密林のレビューは見ないことにしていると聞きます。

K様が決められたこと、尊重して応援したいと思います。ご自身のポリシーや矜持、そして堅実な暮らしを大切にされるK様は格好いいですよ。

これからもブログを楽しみにしています。
勿論、三月発売の御本も。
Posted by 彼岸花 at 2018年02月01日 21:55
Kさん、こんばんは。

連日の更新、ありがとうございます。

山や海での遭難、どうしても家に帰りたい思いが捜索隊を呼ぶのでしょうか。
不思議な話です。

それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2018年02月01日 21:55
お疲れ様です。
本でもブログでも、Kさんのお話しがこれからも読めるなら‼️何処でもついていきます‼️
Kさんの人となりを感じられるような、そんな言葉に惹かれてるんですから(*^^*)

亡くなった人もお家に帰りたいし、家族はお家に連れて帰ってあげたいし…
とてつもなく大きな想いを背負っている
大変なお仕事、みんなの想いで不思議な力が生まれるんですかね…
Posted by KIN at 2018年02月01日 21:51
営業のKさん

闇塗怪談2の出版、本当におめでとうございます。
Kさんを取り巻く事情は、私には計り知る事は出来ません・・・勿論、出版までの労力も。
ただ霊感は無いにしても、幼き頃から人知の及ばぬ事象と言うものに興味を抱き、その余白を埋める為に様々な著書を、またウェブ上の怪談を数多く取り入れて来ました。
そんな中で細田塗料株式会社の営業のKさんのブログに出合いました。
その記事に目を通した時、とにかく現実味に溢れ明日にも私の身に起こるかも?と言うくらいに新鮮でした。
そして何より、ただ恐怖感を与えるだけの目的でなく、何か・・・生きるヒントを伝えようとしているのかなと個人的な感想を抱きました。

他人様の評価はどうあれ、私はKさんの怖くない話が大好きですよ。
実話か創作か・・・目の付け所が違いますよと言いたいです・・・勿論、私の個人的な意見ですから。
記事の端々に努力の後が見える、そんなブログだから私は応援しますよ、何時も何時までも。
頑張りましょう!お互いに!

例え肉体は肉塊になろうとも魂は肉親の元へ帰りたい、そんな強い思念があっても可笑しくはありません。
不可思議だから面白い、今世にしっかりと足跡を残せる様に、人生二度なし、私は一所懸命に生きますよ。

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2018年02月01日 21:39
第二弾出版おめでとうございます♪
早速Amazonで予約しました。

色々な人がいるので気にしないことですよ。私もAmazonの口コミを読みましたが ずっとこちらのブログを読んでいるなら あんな事は書かないな~って思ってました。私はブログの更新も楽しみにしてますし前作もAmazonで予約して友達にも宣伝しまくりました。

Kさんのペースでやればいいと思います。応援しています。
Posted by コーギー at 2018年02月01日 21:36
こんばんは。

湖のある街の消防団の方のお話。

年に2回、湖の底を消防団がさらうのですが、
広い広い湖なのに、ご遺体は必ず消防団の錨にからんで上がってくるそうです。

山狩りの時は別の意味で大変。
ご遺体を発見すると、警察から「なぜこの道を選んだの?」「知ってたんじゃないの?」って疑われるそうです。
Posted by 有宮 at 2018年02月01日 21:08
k様
亡くなる前にニコニコして会いに来たりして、その時間に亡くなってたとかあるみたいですね。
なんか切ないですね・・・・
Posted by ちんぱん at 2018年02月01日 20:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count