› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 一番最後の筈・・・・。

2018年02月06日

一番最後の筈・・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です。

そして、私も疲れました(涙)

ここまで、雪かきに追われる日々を過ごしたのは

本当に何年ぶりでしょうか?

夜寝て、朝が来て、外の様子を見るのが

怖いですね!

今朝も車を出せるようにするのに、2時間ほど

かかりました。

もう雪をどかすスペースがありません。

今日はうちの大監督が、休校でしたので、ちゃんと

雪かきを完了させておくように言ってあったんですが、

加賀市まで営業に回り、帰宅すると、雪かきが

されておらず、何故か巨大なカマクラが・・・。

車を駐車出来ない程の巨大なカマクラを一体

何時間かけて製作したのだろうか?

というより、どれだけカマクラが好きなんだ?(泣)

それから暫くして帰宅した妻に、怒られてました。

でも、お隣の福井県はもっと大変な雪みたいですから、

これくらいで凹んでたら駄目ですね。

ちなみに、金沢では、ほっともっとや、かつやが

閉店しております。

コンビニにもあまりお弁当が並んでおりません。

加賀市のお客さんの駐車場


私の部屋から見た隣の屋根


ちなみに、現在もしんしんと雪が降り積もっております(涙)

明日の朝には大台の1メートル超えかも・・・。

ということで、昨晩は仕事の新年会でしたが、

今夜はやります。

怖くない話。

それでは、どうぞ~




これは俺が体験した話である。

その時俺はボーイスカウトの小学生版である、カブスカウトというものに

入っていた。

毎週末に、お寺に集まってはお参りをしたり、近くの大きな公民館で

手旗やロープの使い方など、今となってはあまり利用価値が無さそうな

事に真剣に取り組んでいた。

そんな中でもやはり楽しいのは夏に行われるキャンプだった。

そして、その夏のキャンプは県内の山の中のキャンプ場に一泊二日の

日程で行われたのだが、その中でもやはり楽しみだったのが肝試し。

特にその年は、別の団体であるガールスカウトと一緒に肝試しをする、

ということで、俺は密かに、そして俄然ヤル気を出していた。

キャンプには親達も同行するのだが、あくまで子供達の自主性を尊重

する為に、あまり口出しはしてこない。

そして、その時は、ガールスカウトの女の子達も一緒にカレーや鍋などを

作って和気藹々と楽しんで料理を作った。

そして、夕食も終わり、いよいよ肝試しの時間。

まずは、指導者の大人から、本当か嘘か分からないような微妙な怖い話

を聞かされた。

そして、父兄達が、おばけ役として順路に散らばっていよいよ肝試しが

スタートした。

だが、その時、くじ引きの運の悪さから俺は最後尾という順番になっしまった。

肝試しは2人が一組になって決められた順路を回るのだが、俺は最後尾に

なったお陰で、1人で順路を回る羽目に・・・。

ガールスカウトさん達とのラブラブな肝試しを思い描いていた俺は、その時点で

失望のどん底に落とされてしまう。

それに、何故俺だけが、1人で肝試しに望まなければいけないんだ!

と恐れおののいていたが、後輩の手前、怖がっている態度もする事が

出来ず、俺は寡黙に自分の番が来るのを待つしかなかった。

肝試し自体は、父兄の方達がかなり頑張っているのか、至る所から

驚いた様な叫び声やら泣き声やらが聞こえてくる。

それでも、それまでの全ての組が、しっかりと順路を回って帰って来ていた。

俺は、

どう?・・・怖かった?

と、まるで駐車の順番待ちの小学生の様な質問を繰り返していた。

そうして、自分の順番が近づいて来ると、あれほどつまらなく感じた冒頭の怖い話

も、それなりに恐怖を助長してくれるから、溜まったものではなかった。

そんなこんなで、俺の番がやってきた。

俺よりも早くスタートした組が、まだ、順路の途中にいる筈だったから、

俺はまるで駆け足で回るようにして順路を急いだ。

出来る事なら、前の組の仲間に追いつきたかった。

ただ、俺の順番が最後ということもあり、おばけ役の大人達もあまり

力が入っていなかったのか、

君が最後だよね?

と聞かれ、

はい。そうです。

と答えると、隠れていた場所から姿を現し、そしてそのままスタート地点

へと帰っていく。

実は、これが一番恐ろしかった。

肝試しというと、確かに回る者も怖いのだが、それでもおばけ役の大人達が

近くにいる、ということがどれほど心強かったか・・・。

それが、俺が通り過ぎると、皆、そのままスタート地点へ帰ってしまう。

ということは、もう、そこには誰も居なくなってしまう。

その事が俺にとっては、より恐怖心を掻き立てられた。

だから、俺は出来るだけ早く回れるようにと、必死に早歩きをしていた。

そして、ある地点まで来た時、俺の恐怖はピークを迎える。

そこは、大人達が隠れて脅かす場所の最後の地点だった。

其処から先は、道の奥にある無人のお寺まで行って、あらかじめそこに用意

されている番号札を持ってこなくてはいけなかったから・・・。

例のごとく、俺が最後の組だと判ると、大人達はゾロゾロとその場から撤収していった。

俺はもう恐怖で泣きたい気持ちを何とか堪えつつ、それでも早足でお寺を

目指して必死に走った。

お寺には誰が用意したロウソクの灯かりが揺れていた。

俺はお寺に着くと、とりあえず、番号札をやみくもに掴み、その場から

ダッシュで折り返す。

実は、指定された番号を持ち帰らなければいけないのだが、俺にはもう

そんな余裕は無かった。

早く、みんなの元に戻りたかった。

そこで、たとえ違った番号札を持ち帰って笑われても構わないと思っていた。

すると、俺の後方からペタペタという音が聞こえてくる。

俺は最初、何かの聞き間違いだと思い、1度立ち止まってその音を聞いた。

ペタッペタッ・・・。

それは確かに誰かの足音、それも裸足の足音に聞こえた。

俺は一瞬、誰か大人がやってきたのかな、とも思ったが、何か胸騒ぎがする。

俺は、心の中で、ウワァ!と叫びながら再び走り出した。

前方の暗闇が恐ろしかったが、それよりも後方が気になっていた。

耳は完全に後方からの音に集中している。

すると、いつしかペタッペタッという音は、タッタッタッタッという

走っている様な音に変わっていた。

間違いなく誰かが後ろから追いかけてきている。

それが恐ろしかった。

きっと、大人達の誰かが残っていて俺を驚かそうとしているのだろうと

自分に言い聞かせた。

すると、突然、後方から声が聞こえた。

お~い!待ってよ!お~い!

それは聞いた事が無い声だった。

子供の声に聞こえたが、男とも女ともとれる声だった。

俺はもう完全にパニックになって、きっと大声を出しながら走っていた

んだと思う。

それでも、後方からの声と足音は、少しずつ確実に近づいてきていた。

転んだらお終いだ・・・・。

俺は必死に走りながらも、転ばないようにという点に置いては冷静に

走り続ける事が出来た。

火事場の馬鹿力とでも言えば良いのか、その時はとてつもなく速く走れたような

気がする。

それでも、気がつけば、後方からの足音は、もうすぐ背後から聞こえてくるように

なっていた。

そして、俺の耳元から、あの声がした。

ねぇ!待ってよ!ねぇ!

そして、何かが俺の背中を掴んだような気がした。

俺はその時、何を思ったのか、手に持っていた番号札を後方に投げ捨てた。

すると、一瞬、背後からの足音が遠のいた。

俺は

やった~!

と思い、走る足に力を込めた。

しかし、それから数秒後、凄まじい速さで何かが近づいて来るのが判った。

そして、今度はしわがれた老婆の様な声で、

待て~・・・・止まれ~・・・・。

と聞こえてくる。

少なくとも父兄の中にはお年寄りはいなかった。

だとしたら、後ろにいるのは・・・・。

そう考えると恐怖で足がすくんだ。

それでも俺は止まる事だけはしなかった。

止まったらどうなるのかは分からなかったが、それでも良い事は起こらない

という確信はあったから・・・。

すると、前方から声が聞こえてきた。

どうやらその声はカブスカウトの指導者達が迎えに来てくれた声に違いなかった。

俺はその声に励まされるようにして必死で走る。

その間、背後からは何度も俺の背中を掴もうとする手の感蝕があったが、

最後のカーブを回り、大人達の姿が見えた時には、その声も足音もすっかり

消えていた。

きっと、俺はその時、大人達の胸に飛び込んで泣いてしまったのだろう。

そのまま、その日は俺だけが、両親に連れられてそのキャンプから自宅に

帰ることになった。

その帰り道、俺は両親に俺が体験した事を話した。

両親達は、俺の話に頷きながらも、

きっと怖い怖いと思ってるから、そんな風に感じたんだよ。

と優しく諭してくれた気がするが、自宅に帰ってから着替えの際、俺の服の

背中部分についていた傷を見て、一瞬、両親の顔色が変わったのを俺は見てしまった。

もし、あの時、立ち止まっていたら・・・・。

そう考えると今でも恐ろしくなる。




Posted by 細田塗料株式会社 at 18:38│Comments(27)
この記事へのコメント
良かったです。

自分は小学校時代、生死を彷徨う経験をしたり、病院での入院生活がとても長く、小さい頃の思い出も、病院の白い壁が殆どです。
それが原因か、不登校児で、小学校、中学校と不登校でした。そんな子達が集まる場があり、二泊三日で、山中で臨海学校的な経験をした事があります。そこでもやはり肝試しはあり、自分が脅かす役でした。こんな集まりの時に限って、用意されていた様に、近場にお墓があるんですよねまったく…宿舎からスタートし、お墓まで行き、戻ってくると言う単純なものでしたが、脅かし役なので、まあ色々やるんですよ。それは、まあまあ盛り上がったんですが、全員が宿舎に戻り、脅かし役も帰還する時、自分が一番最後でしたので、他に誰も居ないのを確認して、自分も帰路に着きました。その道の途中で、何気なく、本当になんの気もなしに、後ろを振り返り、前を巻き直した一瞬に、腕組みをして、顔を少し前に突き出しながら、真っ直ぐ前を向いた、眼鏡をかけた男がいきなり前から現れ、ビクっと驚きながら、少し跳ねのき、避けたのですが、そのまま何事もなくすれ違いました。きっと、先生が確認の為に来ているものと思いました。寝る準備や、皆んなの感想を聞きたくて、気にせずに早々に帰還しましが、ふと先程すれ違った人が誰なのか気になりましたので、皆んなに、最後お墓の方に向かって行く人と会ったか等、気になる事を聞きました。しかし、誰の答えもノーでした…肝試しの順路は一本道、その出入り口は山道で、自分の寝る部屋からも見えます。脅かしている時、茂みに隠れて居たら、粋なり脚を踏み外し、谷に落ちそうになってた事もあり、心配していたのですが、一本道なので大丈夫だと思って、気にしませんでした。最終日、その人の姿を確認出来ませんでしたが、他言する事もなく、胸に秘める事にしました。そんな、昔の記憶を思い出しました。
Posted by 知る由を識るモノ at 2018年02月14日 06:45
K様連日の雪かきお疲れ様です。
私の住んでている山陰地方も雪がずっと降ってるせいでバイトが3日間早じまいで大変です。
Posted by 二階堂ニ千夏 at 2018年02月08日 07:10
営業のKさん

今年は寒いですね~。
交通の妨げに成るような積雪は有りませんが、私が住む地域では最高気温が2度程度・・・手足の先がジンジンと冷えて思う様に動かず、仕事が捗りません(汗
空気も乾燥して、唇がガサガサで
出血大サービス中です(涙
為す術のない自然現象・・・Kさんもお気を付け下さい。

肝試しの取りを引き当てる、しかも1人で・・・それって昼飯時にラーメン屋に入ったら、ランチは替え玉無料でチャーシュー付き見たいな・・・何てクジ運が強い?
違うか。

過去にもキャンプや肝試しでの怪異に纏わる記事は有りましたが、今回は何者だったのでしょうか。
それにしてもKさん、幼少の頃より現在に至るまでの不思議体験、何と申し上げて良いのやら・・・お疲れ様です。

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2018年02月07日 21:23
K様、こんばんわ。いつも更新お疲れ様&ありがとうございます。

雪、凄いですね。此方でそんなに降ったら……もうめちゃくちゃですね。
K様、体調崩さないように、お身体お大事になさって下さいね。お嬢様もかまくら作りもほどほどにね。風邪引いちゃいますよ。春コミの為に身体大事にしなきゃね。(笑)

今回のお話、すごーく怖いです。古いお寺に肝試し。今だったら父兄からクレーム来ちゃいますね。K様がご無事で本当に良かったです。でも何故K様だけ一人になってしまったんですかね?何だか怖いなぁ。

インフルエンザが猛威をふるっていますから、体調崩さないようにお身体お大事になさって下さい。
Posted by ミニ子 at 2018年02月07日 20:05
怖くない話もさることながら、連日の雪かき、お疲れ様です。

大監督のカマクラ制作意欲もすごいですが、車を駐車できないほど大きいものとは…(^^;

どうか、体調管理と事故には気をつけてくださいね。



って、あれ、もしかして、今回、誤字脱字なかったりしますか…???
きゃあああああああ〜(@0@;
Posted by s at 2018年02月07日 19:06
Kさんいつもお疲れ様です!
雪掻きは重労働ですよね、幼少の頃に親がやってる雪掻きが大変そうだったので、ホースで水をかけて全部溶かしてドヤ顔決めてたら、朝大変なことになってこっぴどく叱られました 笑
かまくら童の所業は可愛いもんですね 笑

しかし今日のお話は、今であればAさんあたりから電話がかかってきて、霊と追いかけっこなんかして何してるんですか?とか言われそうですね。
Posted by tommy at 2018年02月07日 18:53
営業のK様

こんばんは。
いつもは、通勤時に読む様にしているのですが、今日は朝から熱があり、病院へ行ったらインフルエンザにかかっておりました(泣)
なので、朝の通勤時に読めなかったので今日は布団に入りながら「怖くない話」読んでました。

「一番最後の筈・・・・」、ゾッとしますね(震)
私も小学生の頃は、児童館のイベントに参加して、キャンプとかに行ってました。やはり、肝試しは定番なのでしょうか、その時肝試しをやった記憶があります。
ただでさえ暗い道を行くのも恐いのに、得体のしれないものから追いかけられるというのは、堪えられないですね(泣)
ご無事で何よりでした。

では、K様も体調には十分に気をつけてお過ごし下さい(礼)
Posted by おしょうとちんねん at 2018年02月07日 17:10
こんにちは。

雪、大変なことになっていますね。大丈夫でしょうか。
くれぐれもお気をつけくださいね。


本日の怖くない話…
このユーレイが本気でKさんを捕まえようと思ったら捕まえられそうな感じがしたのは私だけでしょうか…。

もっと怖がれー。ヘッヘー。
もっと命がけで走れー。ホッホー。
追いついちゃうぞー。ハッハー。

怖がらせて追いかけっこでもしたかったのでしょうか…。

失礼しました。
Posted by かのん at 2018年02月07日 13:17
Kさん、こんにちは。

一般道でも遭難するかと思うくらいの雪だったのに新年会?
その度胸もやはり大監督に受け継がれているのですね。
私も毎朝、車に積もった雪を見て笑うしかない状況です。
雪に慣れているとはいえ、雪かき堪えます。
道路も圧雪で凸凹だし、ツルツルだし会社までたどり着くだけで疲れます。
お互いに気をつけましょうね。 
あっ、Kさんは他の者からも気を付けて下さいね。
Posted by M at 2018年02月07日 12:41
小さな頃から恐怖体験をするとは、Kさんは選ばれし者!なんですねぇ。
大雪の中での更新ありがとうございます。
少しでも早く大雪が収まる事を願います。
私も親戚で葬儀ができまして、岐阜の実家に帰省して両親と一緒に福井県の九頭竜に向かってる最中です
小さな頃に経験した五六豪雪を思わせる雪の量に驚いております。
Posted by たかまる at 2018年02月07日 10:56
おはようございます。

助かって良かったですね。番号札は1枚では無かった?不思議?

でも、折り返しなら…子供が戻るまで居てくれても…。。。

ちょっと、意地悪?ですよね?

かまくら…スゴいですね!もう、職人ですね。

家の前の雪かきをしながら作ればイイのに?

でも…確かに邪魔かも。。。

まぁ~かまくら…直には見たこと無いんですけどね。
Posted by にじちゃん at 2018年02月07日 08:24
Kさん
更新ありがとうございます。

雪、本当大変ですね。気をつけて雪かき頑張ってください。

お嬢様 かまくら作りに命がけですね(笑)素晴らしい才能です!

本日のお話も怖かった…。子供一人で肝試しに行かせてしまうなんて…。みんなが支配されていたのでは…。やっぱり怖いです。
Posted by 赤毛のmamabu〜 at 2018年02月06日 23:48
雪掻きお疲れ様です

カマクラ そんなに好きですか?
大監督 (笑)

楽しければいいかもです
Posted by るしふぁ at 2018年02月06日 23:17
Kさん、こんばんは。

雪かきや仕事でお疲れのところ、更新ありがとうございます。
人生を謳歌しているお嬢さんがうらやましい。(笑)

くじ運が悪いのか、見事に最後を当てましたね。
ダメですよ、不純な考えを持っては。(笑)
それにしても大人達は冷たいですね。
無事でよかったです。

それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2018年02月06日 22:25
Kさんこんばんは!
雪どえらい事になってますね…
雪かき大変ですね。ご苦労様です。
娘ちゃんにとってはうふふな雪でしたね。

私も4日の日曜日LIVE参戦で福井におりましたが、帰りの高速は吹雪いて先が見えず、ガンガン飛ばす後続車が通り過ぎるたびに、雪の土産をちょうだいして、見えん見えんとあたふたし娘に真ん中走っとるよ!もっと左と誘導してもらいながら、滋賀県までなんとか事故らずこれました。
反対車線では事故ってましたし
サービスエリアで隣に停まってた車は、ぶつかったばかりなのか前がぐしゃぐしゃでした。
( ¯−¯ )
Kさんの、肝試しはホンモノきますね。
( ・᷄ὢ・᷅ )
ガールスカウトとのカップルにもなれず(笑)1人はダメでしょうともならず…
ペタペタ怖すぎるぅ~
転ばず逃げきれて良かったです。
明日も雪かき大変でしょうが頑張って下さい。あと気をつけて下さいね
更新ありがとうございます。
Posted by tomoa24 at 2018年02月06日 22:04
k様
やはり霊感があると寄ってきてしまうのですね・・・
でも助かってよかったー
福井ネットで見ました。どえらい事になってて驚いてます。金沢も凄いです!!今年の北半球はどうなっているのやら・・・
Posted by ちんぱん at 2018年02月06日 21:57
K様、お疲れ様です。
雪掻き、ホントに大変ですよね…
福井県はとんでもない雪が降ってるのに、岐阜は全然なんですよね…不思議です。
足元、車、そして屋根の雪に気をつけて下さいね!
Posted by KIN at 2018年02月06日 21:43
こんばんは。雪は凄いですね。福井はNEWSで観ましたが金沢も凄いですね。やっぱり、お嬢様のダンスの効果ですよ(笑)どうせなら大監督作のかまくらの画像を載せてくれたらよかったのに……早朝からの雪かきも大変ですね、霜焼けなどにならないように。
今回のお話はカブスカウトですか可愛らしい時ですよね。胆試しのくじ運はお友達の幽霊ちゃんに呼ばれてるんですよ。仕組まれた最後の順番ですね。老婆って想像しただけで恐いですよね、ババァだもん。
Posted by いなばっち at 2018年02月06日 21:13
こんばんは!大雪でたいへんですね!北陸でも私のあたりは雪ふってませんね、去年より少ないくらいです!仕事で金沢の会社とも取引ありますが、福井から石川に行けないので無理ですね!あらためて道路の大切さを痛感してます!しかしkさんはリアルにお化け体験しますから肝試しどころか命試しになりますね!ま、仕事に疲れた夜は大監督のかまくらで癒されて下さい?
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2018年02月06日 21:08
Kさま~
もう私の車は出せません涙。
出したら最後戻れないですな!
大監督の雪ふれダンスのおかげか?
すごい雪です…
今日は休校だらけななか!
息子の学校は3限からしますだと~
車は無理なので歩いて送迎しました。
迎えに行く途中で、なんと!
私が遭難しそうになり泣きそうでした。
明日は、学校が休校を決めてくださったので、
息子と雪すかします。

Kさんとうちのいとこもしかして?
ボーイスカウトで知り合いなのでは?
と妄想するみさとんでした。
Posted by みさとん at 2018年02月06日 20:34
初カキコです
大雪の様子ニュースとupされた写真拝見しました
慣れてみえるとはいえ、お疲れさまです
巨大かまくら&ど叱られ…なかなか癒されます(笑)
        これからも楽しみにしております。
Posted by soon at 2018年02月06日 20:14
更新ありがとうございます。

雪害にあわれた方々に お見舞い申し上げます。

でっかいどーは場所にもよりますが 住まいは例年より雪少な目・寒さ強めの印象です。雪雲、今年 移動したのかな。

関東住み経験有なので こうも続くと大変辛いと思われます。車から家から全ての仕様がまったく違うので...(カルチャーショックを思い出す...!)

車のマフラーと 水道凍結とエアコン、すごく気になってます。
(自宅の関東仕様は冬は霜取りで 冷気がでて停止するので不使用です)。

心・身・金・共に悲しいことになるので、
清掃・点検・厚着で 無事に乗りきられますように。
Posted by はる at 2018年02月06日 19:52
営業のK様

毎日雪かきお疲れ様です。本当に大変そうですね(・・;)

今日のお話もとても怖くなかったです(>_<)

闇塗怪談、早速予約しました^_^
楽しみです♪
レビューを見ましたが、作り話だと思ってる人はそれでいいと思います。
怖さが半減するだけだと思いますから(^^)

これからも書き続けて下さいね(^o^)
Posted by にゃおん at 2018年02月06日 19:45
K様、皆様こんばんは!

スゴイ雪ですね。。
大監督の雪降れダンスの効果でしょうか(汗)
くれぐれもお気をつけくださいませ。

肝試しの順番が最後になったのも、
霊の仕業でしょうか(^^;;
K様以外の方は遭遇しなかったのですかね。

霊に捕まっていたらどうなっていたのでしょうか。。
それとも捕まえる気はなく、
怖がっているのを楽しんでいただけなのかも。。
と勝手に想像してしまいました(^^)

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2018年02月06日 19:24
おおぉ〜〜っ怖い!
でも雪も怖い(笑)
雪かきホントに御苦労様です。
地元 信州は最近降らないので
助かります。
でも寒い、寒すぎです〜〜
湖が全面凍結しました!
Posted by 助六 at 2018年02月06日 19:23
お疲れ様でした。
毎日
雪かき、、大変ですよね。



私の町も、先週までは、毎日
雪かきの日々、、、気持ちが分かります。

今日も、車スケートしました。(泣 )


今日の話も、怖すぎます。

でも、kさんのお話は

分かりやすいし、温かいです。


雪かき


早く終わりますように。
Posted by やまま at 2018年02月06日 19:14
カマクラおばけに取り憑かれましたか。
あり余る元気に食欲が追いつかないのか、食うから動かねばならずカマクラを作るのか?
すみません、本日もお嬢に大爆笑で、話を怖くは読めませんでした。
くじ運悪いんじゃなくて、ヨバレタンデス。

工事屋さんには穴掘り選手権がありまして、千葉成田で毎年開催されますが、カマクラ選手権を金沢で設立されるとか、誰がって、大監督が。
Posted by はるた冬雲 at 2018年02月06日 18:53
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count