› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 新しい・・・・家族?

2018年02月08日

新しい・・・・家族?

サインディスプレイ部 営業のKです。

皆様、お疲れ様です。

金沢は今朝も積雪が20センチほど。

さすがにもうそれ位の積雪では全く

何も感じなくなっております(笑)

日中は雪も少ししか降らなかったのですが、

それでも街中を走れば、大きな穴が

幾つも開いており、いたるところで

車がはまって立ち往生しておりました。

立ち往生といえば、福井県。

お隣の県ですから、ずっと心配して

おりましたが、ようやく解消しそうで

嬉しいです。

でも、確か、数年前にも福井県では

雪の中、立ち往生になって自衛隊が

除雪作業に駆りだされていた様な

気がします。

もしかしたら、何か原因があるのかも

しれないですね。

でも、困った時には助け合い。

この気持ちが無ければ北陸の冬は

乗り切れませんね。

皆様も、今年の冬は、突然の大雪や

寒さには十分ご注意くださいませ。

ということで、今夜もいきます。

怖くない話。

それでは、どうぞ~!




これは知人から聞いた話である。

彼は今でこそ、石川県に住んでいるが、元々は生まれてからずっと

岡山県の倉敷市で生まれ育った。

大学も地元の大学に進んだから、生まれてからずっと倉敷市で生活していた

事になる。

大学を卒業すると地元の企業に就職し、数年後には結婚して1人息子を

授かった。

しかし、運命の悪戯なのか、子供が小学2年にあがる時、病気がちだった

奥さんが突然他界してしまう。

熱烈な恋愛の末、結婚した奥さんだったから、彼の落ち込みようも半端なもの

ではなかったようだ。

しかし、奥さんが残してくれた1人息子の為にも、しっかりしないと、と

気を取り直し、それからは息子さんと2人の生活が始まった。

両親は同じ岡山県に住んでいたが、かなり距離も遠い為、預ける事も出来ず

彼の苦労は相当なものだった。

それでも、何とか時間をやり繰りして仕事と育児を両立させていた。

しかし、ある日を境にして彼の住むマンションで異変が起こり始める。

それは、見過ごせば気がつかない程の些細な事だったのかもしれない。

夜、仕事から帰ると、朝と部屋の様子が違っていたり、無言電話が頻繁に

かかるようになったり、部屋に居ても常に誰かの視線を感じたりというもので

普通の人ならば、それに気がつかなかったのかもしれない。

しかし、彼にはほんの少しだが霊感が備わっていた。

だから、ある日、こんな実験をしてみた。

それは朝の部屋の様子を写真に撮っておき、それを帰宅してからの部屋と

照らし合わせるというものだった。

そして、その結果は、明らかに部屋に置かれた物の配置が変わっていたのだという。

勿論、泥棒や不審者という線も疑ってみたが、几帳面な彼の性格上、鍵を

掛け忘れるという事はありえなかった。

だから、彼は息子に悟られ怖がらせたりしないように、内密に色々とそのマンション

の事を調べてみた。

しかし、新築の状態で入居したマンションに、そんな曰くなど存在するはずも

無かった。

そして、マンションから出て新しい部屋を借りる余裕も彼には無い。

だから、彼は自分にこう言い聞かせた。

きっと、亡くなった妻が、自分と息子が心配になって、ちょくちょく見に来て

いるのかもしれない・・・と。

だから、彼は1度、息子に聞いてみたそうだ。

お母さんに会いたいか?

すると、息子は、少し不思議そうな顔をして、

会いたいけど、お母さん死んじゃったしね。

でも、いつか会えるんだよね?

天国で・・・・。

そう言われ、彼は特に何も感じずにその言葉を聞き流した。

そして、父兄参観の後、父兄懇談が行われた時、先生から言われた言葉に

彼は凍りついた。

先生は、後ろの壁に貼られた子供達の書いた絵の中から、彼の息子が書いた

絵を指差しながらこう言った。

奥様が亡くなられたと聞いていたんですが、再婚なされたんですね。

○○君も、最近はそのせいか、とても元気で・・・。

そう言われ、彼は思わず立ち上がって、その絵の側へと駆け寄った。

そして、まじまじと見た、息子が書いた絵には、『かぞく』という

タイトルが付けられており、そこには息子さんを挟み込むようにして

彼自身と1人の女性が描かれていた。

そして、その女性が彼の亡くなった妻ではない事は明らかだった。

彼の妻は出会ったときから、いつもショートカットの髪型であり、髪を伸ばした

姿を見た事は一度も無かった。

そして、その女性は身長が彼よりもかなり高く描かれており、目の部分は

真っ黒に塗りつぶされ、何故か片腕が欠落していた。

子供の書いた絵に、そこまでのリアルを求めるのは無理な話かとも思ったが、

彼の顔にはしっかりと白目と黒目が描かれており、両腕もきちんと書かれている。

彼はそのまま会社に早退の連絡を入れ、急いで息子が下校してからの時間を過ごしている

学童クラブに迎えに行った。

そして、帰りの車の中で、彼は息子さんに聞いた。

あのさ・・・○○が書いた絵を見たんだけどな。

あそこに描かれている女の人ってお母さんなのかな?

すると、息子さんははっきりとこう言ったという。

ううん。お母さんじゃないよ。

でも、お母さんが死んでからずっと家に居るよ。

お父さんより、ずっと背が高い女の人。

で、その女の人が、もうすぐお父さんと僕を一緒にお母さんのところまで

連れて行ってくれるんだってさ!

そう言った息子さんは満面の笑みで笑った。

しかし、それから彼は息子さんを両親の元に連れて行き、妻のお墓を

供養してくれているお寺に向かった。

すると、そのお寺の住職は、

何か大変な事が起きています。

お話をお聞きして、私が忠告出来るのは1つだけです。

もうその部屋に1度たりとも戻ってはいけません。

貴方も、そして息子さんも・・・。

もし戻ってしまったら、二度とこちらの世界には戻ってこられないでしょう。

だから、勿体無いと思うかもしれませんが、誰か取り合いの方に部屋の家財道具

の処分を任せて、貴方と息子さんは一刻も早くこの土地から離れなければ

いけません。

そして、もう倉敷、いや岡山県には戻らない方が良いでしょう。

それほど、強力な悪霊です・・・。

奥さんのお墓は私がしっかりと護ります。

だから、ご安心ください。

そう言われた。

普通なら信じ難い話なのかもしれないが、彼はその話を全て信じた。

それは彼が霊感があったからなのかもしれないが、実は彼は少し前から

気付いていたようだ。

彼と息子が少しずつやつれてきており、このままではいずれ重い病気に

かかってしまうという事を。

そして、彼は取るものもとりあえず、突然、移動願いを出して、石川県に

移り住んだ。

会社は色々と難癖をつけたが、彼の気迫に押され、会社も渋々転勤を容認した。

そして。それから石川県での生活がスタートした彼だが、転勤後は怪異は

全く起こらなくなった。

それで、彼も少し緊張感が溶けてしまったのかもしれないのだが、1度

広島への出張の際、つい懐かしくなって、その頃住んでいた倉敷の町を

見に行ったらしい。

そして、以前、息子さんと住んでいたマンションにも・・・・。

そこは、車で通り過ぎる様にして、見たらしいのだが、彼が住んでいた部屋には

当然、新しい住人が入居しており、洗濯物も干してあったらしいが、その近くの

窓から、じっとこちらを睨みつけている女の姿を目撃してしまう。

着物らしき服装を着た髪の長い女だったらしいが、痩せ衰え、天井に頭が

付くのではないか、と思えるほど背の高い女が、目だけをギラギラさせて

彼の方を睨んでいた。

まるで、彼が来るのを知っていたかのように・・・。

そのおぞましい姿は今でも忘れられない、と彼は言う。

そして、今でも彼はその女の悪霊の影に怯えながら生活している。

そのせいか、俺にこんな事を聞いてきた。

その女がまた俺と息子の前に現れたら、どうしたら良いと思う?

だから、俺はこう答えた。

その時はすぐに電話してくれれば良いよ。

どんな悪霊が来ても相手にさえならない程の霊能者を知ってるから。

まあ、性格には問題あるけどな。

そう言われホッとした彼の顔を見ながら、

そんな日が来なければ良いな、と強く思った。



Posted by 細田塗料株式会社 at 19:59│Comments(18)
この記事へのコメント
k様お久しぶりです。
お話はよく読んでいたのですが、コメントを書くのは大変久しぶりです。
今回の話もぞっとしました。
この時期大変だと思いますが、無理はしないでください。語彙力がないのでこんなコメントしか書けませんがくれぐれもご自愛ください。
Posted by 大大大凶 at 2018年02月12日 16:50
このお話は、今まで読んだ中で1番ゾッとしました。

雪が深いようなので、気を付けてくださいね。

闇塗怪談第2弾予約しました。
届くのが楽しみです。
Posted by tae.hime at 2018年02月10日 22:56
なんかかいてたら変な消え方したので米はやめました!大雪が一段落して良かったですが、渋滞の車の中で亡くなられた方も何人かいたそうで、やりきれませんよね。ま、EVならこんなことないけど、自動運転だ自動ブレーキだって言ってるなら勝手にエンジン止める機能があってもいいと思うけど?
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2018年02月09日 18:26
連投すみません。
ちょっと変わった夢を見たので Kさんにご報告したく。
グルメねじりスカーフのご夫妻様、「hot,hot!」のマシュー藤井様、名バイプレイヤー俳優の大杉〇様を交えた「怖い話オフ会」に参加した夢を見ました。
これから始まる、というところで目覚めてしまい大変残念です。なぜこの豪華ラインナップなのかてんで不明なのですが、正夢ならば楽しそう♪
Kさんのブログを拝見しているやも、と思ったりしていました。
Posted by  はる at 2018年02月09日 17:36
おはようございます。

Aさんが一番、嫌いなタイプですね。きっと。

お子さんに見える様に?力を使っていた?って事なんですかね?
その悪霊。。。怖い…そして嫌な奴。

他の人の被害が出て無いんですかね?

本、予約しました。
Posted by にじちゃん at 2018年02月09日 08:51
営業のK様

おはようございます(礼)

石川県の積雪量もいくらか落ち着いてきたみたいで良かったです。
福井県の立ち往生が解消されてきたとの事で本当に良かったです。体調を崩された方もいるかと思いますが、呉々も無理をなさらない様にしてください(この場を借りて 礼)

「新しい・・・・家族?」、どうしてこの父子に取りつこうとしたのでしょう。
マンションを建築する前からその土地に曰くがあったのでしょうか。
この先も父子に何も起きないと良いですね。

インフルエンザにかかり、3日目。
熱も一日で下がり、直ぐにでも仕事復帰出来る感じがするのですが、外出禁止が続くのでこんな時位はゆっくりとなんて思ってたら、頻繁に仕事の連絡が入るので、違う意味で具合が悪くなりそうな今日この頃です(苦笑)

次回の更新も楽しみにしてます(礼)
Posted by おしょうとちんねん at 2018年02月09日 08:46
更新ありがとうございます
大雪はおさまりつつあるようですが、まだまだ十分注意してください

奥さんが亡くなりポッカリあいた心のすき間に霊が入り込んだのでしょうか?
毎回気になっていたのですが、霊の身長が高いのは何か理由があるのでしょうか?
いつか疑問が解決するようなコーナーを企画してほしいです
Posted by たかまる at 2018年02月09日 07:47
Kさんおはようございます。
降り続けた雪もやんだようで、
雪かきから解放ですね。
福井の立ち往生した車もやっと脱出できたようで良かったです。

奥さんが亡くなってすぐから居たとは…
絵に描いた容姿だと子供は怖がりそうですが、怖がらせず当たり前のように家族として仕向けてく…
(;Д;)ギャー!
危機一髪で異変に気づいて良かったです。生まれ育った場所から離れなかんのは辛いですが
Kさんと知り会えただけで、もう安心ですね。
更新ありがとうございます。
今日も1日お互い頑張りましょう!
(๑•̀ㅂ•́)و✧︎
Posted by tomoa24 at 2018年02月09日 07:24
K様、皆様こんばんは。

K様をはじめ、雪の多い地域にお住いの方は
事故などには十分ご注意くださいませ。

怖い大女ですね。。
きっかけはなんだったのでしょう。
K様の以前のお話にも、
母親のふりをして近づいてきた霊がいましたね。
悲しい出来事で心が弱っているところを
狙われたのでしょうか。。
Aさんが一番許せないタイプの悪霊ですね(^^)
姫様もいるし、何かあっても大丈夫だと思いますが。。
でも何もないのが一番ですよね(^^;;

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2018年02月08日 23:05
K様、こんばんわ。いつも更新お疲れ様&ありがとうございます。

雪、雪、雪。大変過ぎですね。何も出来なくて申し訳ない気持ちでいっぱいです。早く春が来ますように。

今回のお話、まだ終わっていないのが怖いです。早くAお姉様に、デカイ女駆除して貰いたいです。知人の方が安心して暮らせますように。

寒さが厳しくて体調崩しやすいですから、お身体お大事になさって下さい。
Posted by ミニ子 at 2018年02月08日 22:26
うわっー嫌な幽霊!!
父と子で健気に暮らしているのに亡くなった奥様を利用して息子さんにくっついて!!
A様じゃないけど「おめぇー邪魔だよ」って言ってやりたいです。
Posted by ちんぱん at 2018年02月08日 22:24
更新ありがとうございます。

ここだと Kさんの お話の由来というか、背景みたいなものありきなので、 読めるけれど ソワッ、ソワッとします。本はまだ読破出来ていません..すいません...チキン通り越してチキンカツです。(怖くない..涙))
何となく、 能登の激怖三昧とか Kさんの昔の引っ越しバイトとか 思い出しました。
ご住職さんは カンの鋭い方多いのでしょうか。御助言頂けて良かったです。
アチラの方たちは 存在を示したいから 大きく??だから髪も長いのかな。アフロ希望のはるでした。
Posted by はる at 2018年02月08日 22:19
今晩は、初めてコメントします
いつも Kさんの怖くない話、楽しみにしています。私も霊感0ですが 不思議な事はあると信じています。なのでKさんのお話 霊界を知るうえでとっても参考になります。今回のお話、倉敷市内に住む私には えたいの知れない怖さを感じました。その女は死神? 古里から離れるのは辛いけど 友人の方がご無事でよかったです。もし悪霊が追いかけてきたら その時はAさんの出番ですね!
これからも Kさんのペースでブログの更新よろしくお願いします。
Posted by はっしー at 2018年02月08日 22:11
K様、皆さまこんばんは☆
毎日大寒波による渋滞情報… に…どうか無事に抜け出せます様に…と、祈りつつ…
K様のお話が頭に浮かび…
どうか…悪霊が見えませんように…
現れませんように…と…怯えていた私です…ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
今夜のお話しも
子どもさんが絵に描いた黒い人影…
見えていたんですね
どうかご友人とお子さん…
これからは亡くなった奥様の分まで
元気で平和な生活がおくれますように!
祈らずにはいられません…

イザとなったら、K様、Aさん&姫ちゃんの最強コンビにて、よろしくお願いします!(๑˃̵ᴗ˂̵)
K様お疲れのところ更新ありがとうございます…お身体ご自愛くださいくださいませ
〜〜☆
Posted by ひまわり at 2018年02月08日 22:06
K様、お疲れ様です。
雪もようやく落ち着いたみたいですね。
でも、週末はお天気が悪いみたいなので、気をつけて下さいね。

背の高い女の人は、何時からいたのでしょうか⁉️
もしかして、奥さんが亡くなったのもその女の人が原因なんでしょうか⁉️
金沢でその親子が楽しく過ごせることを、祈ってます。
もしもの時は、必ず助けてあげてくださいね‼️
Posted by KIN at 2018年02月08日 21:53
Kさん、こんばんは。

早く雪が止み、通常の生活に戻るといいですね。
今夜も更新ありがとうございます。

友人親子は変な者に魅入られましたね。
何処からやって来たのでしょうか、まだ住んでいた所に居着いているとは。
嫌ですね勝手にやって来て命を狙いとは。

それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2018年02月08日 21:09
K様

こんばんは。
お仕事に除雪作業に執筆に、お忙しい中本日も更新ありがとうございます。
私も毎日の雪と灰色の空に(主にメンタル面で)やられていますが、北陸にお住まいの方々のご苦労と比べたりしたらバチが当たります。

このお話のご友人も怖い思いをされましたね。
お子さんの絵のエピソード怖いです。「ほん怖」などでも、そういう子どもの絵の描写が本当に怖くて(黒のクレヨンで塗り潰された何か、等)直視できない私です。
もしかして、彼の奥様もその女が……?というのは勘繰り過ぎでしょうか。

K様のお嬢様は天真爛漫、まっすぐ素直に育っているのがブログからも伝わってきて、私には眩しく感じられるほどです。うちは父親は今でいうモラハラなんとかで母親も怖かったので、生家にいた頃の思い出はよう見つかりません。15歳のときに亡くなった、優しかった母方の祖父だけが救いでした。

K様ご一家も今回のご友人も、今後どうかAさんの力を借りるような事態に巻き込まれることなどありませんよう……
そして、一刻も早い雪害からの回復をお祈りしています。

何だか変なコメントになってしまいました(^_^;)
ご容赦くださいませ。
Posted by 彼岸花 at 2018年02月08日 21:01
毎回楽しみに読ませて頂いております。

また第二弾の出版おめでとうございます。

読んでいてふと気がついたのですがここのお話に出てくる悪霊はなぜか背の高い女性タイプが圧倒的に多いような気がします。小さいとあまり怖くないから巨大化するのか生前?背の高い方だったのか分かりませんが。

それでは次回を楽しみにしています。
Posted by ジルドレ at 2018年02月08日 20:25
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count