› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 寝ている時には・・・。

2018年02月27日

寝ている時には・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です。

いや~、やはり超常連の方々にコメント頂けると

盛り上がりますね。

私も嬉しくなってしまい、ついつい多めに小躍りを

続けてしまい、既にグッタリしております。

文庫本のサイン、いつでもどうぞ!

何冊でも大丈夫ですよ(笑)

勿論、記念の粗品を添えてしっかりと送り返させて

頂きます。

たまに、お客さんのところで、サインを書いてたりすると、

よくそんな子供みたいな字でサインなんか出来るね?

と言われてしまいますが、その点はご容赦くださいませ。

そういえば、常連さん達も、サイン本が届いていないような・・・。

勿論、気の向くままで結構なんですけどね(笑)

特にミニ子様。

最近、お元気が無いように見受けられますが、もしも

良かったらサイン本お送りください。

スペシャルなミッキーの粗品をご用意してお待ちしております。

それから、埼玉のS様。

お誕生日、おめでとうございます。

いつも会社にお買い物に来て頂き、お土産まで

頂いておりますので、ずっと恐縮しております。

そういえば、私も6月には晴れて、20歳の誕生日ですね。

ここい集われていらっしゃる人生の大先輩の方々から

いつも人生の・・・・・・・嘘です(涙)

ということで、今夜は仕事のブログではなく、いつもの

怖くない話です。

まだまだ、ブログの引越しが終わりませんが、可能ならば、

引越し先でも、今までと変わらないようなやり取りが

続けられれば嬉しいのですが・・・・。

それでは、どうぞ~!






これは仕事関係のお客さんから聞いた話である。

彼はデザイン関係の仕事をしており、役職は専務。

金沢市の金石という所で妻と子供達2人と一緒に一戸建てに住んでいる。

確かに毎日が残業に追われ忙しい日々を送っているのだが、ある時、

家族からこう言われたそうである。

イビキがうるさくて眠れなかった!と。

確かに彼はいつも自分の趣味の部屋で寝ており、その為、彼がイビキをかいていない

と照明するものは何も無かった。

それに、疲れてはいたが、彼の体型はかなり細く、過去にイビキをかいている

と言われた事は1度も無かった。

だから、きっと気のせいじゃないか?

返すと、間違いなく彼の部屋からイビキ、しかも苦しそうな息遣いが

聞こえてきたという。

そんな馬鹿な・・・・と思った彼だったが、家族から、

イビキは無呼吸症候群といって、寝ている間に死んでしまうという怖い

病気に繋がるんだよ、と言われ、さすがに怖くなってしまう。

家族からは、病院に行くように奨められたが、やはり確信が持てなかった

彼は、ある事を思いつく。

それは、スマホで寝ている時の自分のイビキを録音してみよう、と

いう事だった。

彼は翌日、仕事が終わり帰宅すると、いつも通り過ごした後、枕元に

スマホを置き、録音しながら寝たのだという。

そして、翌日の朝、起きると、すぐにはスマホをチェックせず、先ずは家族に

昨夜はイビキをかいていたか?と聞いてみた。

すると、やはり彼のイビキで寝られなかったという。

腑に落ちない彼は、朝はそのまま出社し、会社のパソコンにその音を取り込んで

お昼休みにチェックしてみた。

パソコンで再生を始めると、本当に小さな音までよく拾っており、最近の

スマホの性能の向上に驚かされた。

ただ、再生を開始してから、どれだけ待ってもイビキは聞こえてこない。

聞こえるのは、小さな寝息だけだった。

録音は、夜11時に寝てから、朝6時に目覚ましがなって起きるまで、ずっと

行われていた。

だから、彼は再生用のスライダーを動かし、もっと後の時間帯の音を聞いて

みる事にする。

すると、再生が開始されてから、3時間後、ちょうど午前2時頃に、奇妙な

音が入っていた。

それは、とても苦しそうな呻き声であり、確かにイビキに聞こえるのかもしれない。

そして、その声はどう考えてみても彼自身の声だった。

俺がこんな声を出して寝てるなんて・・・・。

彼はしばらく呆然と再生音を聞いていたが、そのうちにある事に気付いた。

それは彼のイビキに混じって、誰かの小さな声が混ざっているという事だった。

最初は聞き間違いかと思ったが、音量を大きくし、ヘッドフォンで聞いてみると

その声はよりはっきりと聞こえてくる。

どうやら女、それも2人。

それらが、何処かで井戸端会議でもしているかのように、小さな声で

喋っていた。

そんな夜中に井戸端会議などある筈が無い・・・。

そう考えると、彼はなんだか、とても怖くなってきて再生を停止した。

マウスを握った手が震えていた。

彼はもう考えないでおこう、とも思ったが、怖さが増してくるのと比例して、

その声の正体を確認しなくてはいられなくなった。

きっと、気のせい・・・。

そんな結論に達するのを願いながら、彼は仕事が終わり帰宅すると、今度は

ビデオカメラを持ち出してきて自分の部屋に設置した。

彼の部屋がくまなく見渡せる場所にカメラを設置し、いつもは真っ暗な中で

寝るのだが、その夜は小さな電気だけは点けたまま寝る事にした。

1人で寝ていると恐怖でなかなか寝付けなかったが、それでも仕事の疲れも

溜まっており、そのうち自然と深い眠りに就いた。

そして、朝、突然の目覚まし時計の音でいつもの様に目覚めた。

実は彼は録音した際に聞こえた声も、家族には一切話していなかった。

やはり、不確定な事で、家族を不安にさせたくはなかったから。

だから、その日も会社にビデオを持ち込んで、信頼の置ける部下と一緒に

ビデオを大型テレビに接続して再生してみた。

彼は何故か自分でカメラをセットしておきながら、実は再生画像を見るのが

怖かった。

もし何か映っていたら・・・。

そんな事を考えると、とても画面をチェックする気にはなれなかった。

ビデオは早送りで再生しチェックされていた。

勿論、彼は画面など見ていなかったが、一緒にビデオをチェックしてくれていた

部下が突然、大声を出した。

うわっ・・・なんだ、これ?

その声に彼が恐る恐る画面を見ると、部下が画面を少し戻している

ところだった。

そして、しばらく戻した後、通常モードで再生する。

画面には彼が寝ているだけで何も起こっておらず、イビキもかいてはいない。

彼は、部下に向かって、

突然大きな声を出すからびっくりするじゃないか・・・。

そう言おうとして、そのまま画面に釘付けになってしまう。

そこには、まるで下手な画像加工を施したように、突然、何の前触れもなく、

彼が寝ている両脇に、正座をした女がふたり現れた。

何処かから歩いてきたとか、降りてきたというのではなく、突然、画面に

現れたその女に彼も固まったまま目を離せなくなっていた。

すると、画面の映る右側の女が彼の首に両手をかける。

その直後、画面の中の彼は、息が出来ず苦しみ悶えるように、苦悶の表情を

浮かべたまま声にならない嗚咽を漏らす。

すると、今度は左側の女が、両手に体重を架けるかのように思いっきり

彼にのしかかる。

そして、彼はまたしても苦しそうな声を漏らす。

それは夜中の間ずっと続けられ、彼はそのうちにぐったりとしてまるで

死んでいるかのように見えた。

すると、その姿を見て、満足気な顔を浮かべたまま、2人の女は立ち上がり、

そのまま壁の中に消えていった。

すると、突然、彼は咳き込むように息を吹き返す。

そして、そのまま朝まで何も起こらず彼は、無事に起きるまでが、しっかりと

ビデオに記録されていた。

本当にこんな事があるんですね・・・・。

ボソッと部下が呟いた。

そして、固まったままの彼に、部下は気の毒そうにこう言った。

イビキかいていなかったから病院には行かなくても良いみたいですね。

でも、その代わりに、すぐに御祓いを頼んだ方が良いと思いますよ、と。

それから、彼は俺の所に相談をしてきたのだが、いつものようにAさんに

お願いすると、面倒くさそうに対応してくれた。

勿論、ほんの1時間ほどで浄化は全て完了し、彼はそれ以後、苦しまずに

寝られているようだ。

ただ、その時、俺はAさんに聞いてみた。

こんな事ってよくある事なの?と。

すると、Aさんは、いつものように奢りのスイーツを食べながら、

当たり前じゃないですか!

寝ている時って、人間は一番無防備なのに、本来持っている霊的なものは

起きている時よりも強いから、本当に簡単に霊と波長が合ってしまうんです。

だから、かなりの確率で、寝ている時にはそういうのが近くに居ますね。

まあ、寝てれば気付かないんですけどね。

だから、もしかすると、朝になった起こしにいったら亡くなってたなんていうのも、

それが原因の場合もあると思いますよ。

と平然と言う。

それじゃ、どうしたら良いの?

夜中にもしも目が覚めちゃったら?

そんな時は、弱みを見せたら駄目ですね。

お前誰だ?

殴られたくなかったらさっさと消えろ!

これ位の気迫で対応しないと!

そう言うので、

もしかして、Aさんも、そういうのに遭遇したことあるの?

と聞くと、

ああ、昔はね。

よく説教してマッサージさせたりしましたけど・・・。

でも最近は全く来てくれませんね・・・。

そう言っていた。

やはりAさんは別格なのだと改めて確信してしまった。


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:29│Comments(18)
この記事へのコメント
お化けも痴漢も怒鳴ると逃げますね
Posted by とらねこ at 2018年03月02日 13:36
K様、読者様、おはようございます!!

寝ている時の方が断然変なこと起こりやすいのは、気のせいでは
なかったんですね。寝ぼけているだけと、勘違いで片付けられない
こともいくつかあったのは波長が合ってしまったんだなぁ。

それにしても、貴重な睡眠時間に不快な思いさせてくる霊たち、
流しの霊ですかね?なにかの怨恨あるなら死へと導くでしょうが、
まるで悪戯してるだけのような感じですもんね。
寝不足の時にやられて目覚ましたら、ビビりの私でもさすがに
その時ばかりは怒れる気がします。。。気が、、、
やっぱりできないかな笑笑
Posted by ON11 at 2018年03月01日 07:22
Kさん、お疲れさまです。
お気遣いありがとうございます。
職場で見ていて、思わず小躍りしてしまい、
周囲から不思議に見られていました(笑)

明日は春の嵐の予報が出ているので、
外回りはお気をつけて。

新刊、楽しみにしています。
Posted by 埼玉のS at 2018年02月28日 23:43
>すぐに御祓いを頼んだ方がワイト思いますよ

おお、誤字が新しい!(漢字じゃなくてカタカナに打ち間違い!)よいと→ワイト、ですね!

これだけツッコミに出没しました!
新刊楽しみにしています★
Posted by クレア at 2018年02月28日 17:19
やっぱり!寝てる時のが波長が合いやすいんですね~
なんで夢の中だけ怖い目にあったりはっきり見えていたりするんだろと思っていました。

というか説教してマッサージいいですね!!!
今度変な夢みたらやってみよう♪(できるかわからないけど)
あとやっぱり殴るぞ!ぐらいで行くのは正解なんですね☆ よかった~
彼氏の影響か私が気性が荒いだけなのかと思っていました←

怖い夢見るのはすごく嫌だったけど、
(というか寝てる間に夢を見るのが怖くなりつつあったけど)次変な夢みるのがすごく楽しみになりました!!
ありがとうございます!!(*´∀`)
どこをどうマッサージしてほしいか的確に指示できるように考えとかないとですね~♪

もうこのことだけで本編の内容飛んでました(笑)
Aさんやっぱり尊敬します(*´ω`*)
Posted by アリス at 2018年02月28日 13:34
K様、更新ありがとうございます。
ひとつ前のコメント欄では尊敬する中西様から嬉しいメッセージをいただきまして、一人泣きながら癒されている昼休みです。

就寝中に昼間のストレスを叫ぶ人間なら知っていますが(※私です)
悪霊的な体験は一度きりですね。
生家(今はもうありません)ではよく金縛りにあっており、その中でも一度ものすごく嫌な感じの奴に左耳元で「怖いか~?」と囁かれたことがあります。人を小馬鹿にしたようなおじさんの声でした。
馬鹿野郎~!!と叫んだら二度と出てこなくなりましたが。

さて、この場をお借りしまして

中西様

昨日は暖かいメッセージを本当にありがとうございました。お言葉が嬉しすぎて思わずスクリーンショットしてしまいました。
酔っぱらいコメント、大歓迎ですよ。
中西様もどうかお体大切にしてくださいませ。

売り手市場とは何処の世界の話なのか……私の住む北東北の田舎では、正規雇用など遠い星を掴むような話のようです。
今の仕事は3月で終わりなので、早く探さなければと焦ってしまいます。
でも、細く長く生き抜いてやろう……と今は思います。


追記:私もK様のサイン、チキンゆえ未だに申請?できておりません。
(^_^;)
Posted by 彼岸花 at 2018年02月28日 12:56
K様

おはようございます。寝ている時には霊と波長が合いやすくなるんですね。

にゃんだーも夜中に目が覚めます。たいていは夫のイビキがうるさくて・・・

とくに、夫が今の会社に転職してからイビキやうなされるのが酷くなったような気がするので『誰かに恨まれてるか心あたりない?』と尋ねたことがあります。

夫がイビキかいてたり、うなされてる時、猫が枕元に座り(夫の顔に背をむける感じで)扉をじっと視てるので『猫よ、お前は役にたっているのか?』と思いつつ、眠りにつくにゃんだーです。
Posted by にゃんだー at 2018年02月28日 10:04
おはようございます。

最後はAさんのオチ?で終了ですね。

無防備で寄りやすい?から…金縛とか…変な夢とかをみてしまうんですかね?

まぁ~、最近は…何も起こらないので大丈夫なんですけど。

前に、母と同じ日?かな?同じ様な夢と言うか変な体験?しましたね。

親子揃って…火車?と言うか…多分、火は付いて無いと思いますが、退かれたと言うか追いかけられた?とか…ありました。

で、私の方が本当!みたいな話になったかな?

多分、親の夢?みたいのに私が引っ張られたんですね。

隣で寝てたし。
Posted by にじちゃん at 2018年02月28日 08:57
K様、おはようございます。更新お疲れ様&ありがとうございます。

お気遣いまで戴いて、感謝の気持ちでいっぱいです。
サインの件ですが、実は本を持ち歩いていたせいで、少し汚してしまいました。申し訳ありません。粗品も嬉しいですが、お気持ちだけたくさん戴きますね。

今回のお話、女性二人。そんな事してないで、私の店で働きませんか?一人はレジで一人は品出し。私は発注と売場作りに専念出来るし。モンスターエナジー1本あげるから。なんてね。

季節の変わり目は体調崩しやすいから、お身体お大事になさって下さい。
Posted by ミニ子 at 2018年02月28日 05:22
20歳になるK様(笑)、皆様こんばんは!

K様のお誕生日にはきっと大監督がステキなプレゼントを。。
楽しいエピソード、期待しておりますw

寝てる時の方が霊的なものが強くなるのですね!
初めて聞きました。。
しかしA様、霊に説教とは。。
かっこよすぎです(*´ω`*)

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2018年02月28日 00:19
更新ありがとうございます~((^^)
私も最近いびきをするらしく…子供たちからクレームがきています(^_^;)
旦那は先に寝る&いびき常習犯なので、私がいびきをかいているのは知らない様子です。

いびきはもしかして霊のしわざ?…零感だからなぁ…
マッサージされても気づかないかもしれません(笑)

ブログのお引っ越し、楽しみにしてます!
Kさん、作業頑張って下さいm(__)m
Posted by 助勤巫女 at 2018年02月28日 00:16
Kさん 更新ありがとうございます。

おっと誰か来たようだ...このフレーズを待ちわびておりました。
中西ファンが 小躍りいたします。
Posted by はる at 2018年02月27日 23:48
Kさんこんばんは~

最近のスマホは綺麗に音声も入りますからね( ᷇࿀ ᷆ ს )
イビキじゃなくて…首を絞められてたとは、凍りつきますが原因がわかり無事お祓いも終了して良かったです。(∩´ω`∩)

A姉御の来るもの拒まず、すぐ追い出さず、マッサージさせるシステム(笑)いいですねぇ
素敵すぎます!

うちの娘の加湿器用にペパーミントアロマ投入…部屋浄化できるかなぁ?
お願い…(人-ω-)
Kさん更新ありがとうございます。
Posted by tomoa24 at 2018年02月27日 23:06
営業のKさん

そうなんですよ・・・サインを頂くために・・・私もまだなんですね(笑
新作を購入して、前作と二冊送りますから、その時は宜しくお願いします。
そして引っ越しされても、変わらずコメントはさせて頂きますから、これからも宜しくお願いします。

想像するだけで・・・怖くないですね。
もし私のイビキが煩くて、その状況を録画した映像に嫁と娘のおぞまし・・・おっと、誰か来たようだ(汗

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2018年02月27日 22:03
やはりAさんベッカム、いや別格ですね。w
Posted by じん at 2018年02月27日 22:03
こんばんは!私も夜中首しめられる夢や、階段上がってくる変なものに絶叫する夢を見て、たぶん自分も大声だして目が覚めるんだと思います!大体夜中の2時や4時が多いですが、おしっこに行って気にせずに寝ることにしてます!Aさんもおふだ販売すればいいのに♡
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2018年02月27日 21:39
k様
最初の方は、やだぁ怖いだったけどA様登場で笑ってしまいました。
以前の背中流してもらったり傘でつついたりに続いてマッサージ ← New!! ww
次は洗車ですかね!!
Posted by ちんぱん at 2018年02月27日 21:31
こんばんは!
お久しぶりです。

さすがAさんですね、霊に説教だけでなくマッサージ…その前に、夜中に霊と遭遇して強気…
きっと、霊達の間にAさんのところに行くと、説教+マッサージされるぞと広まっているのでしょう…

ブログ、引っ越しの時には教えて下さいね、毎日楽しみにしてます!
引っ越しても、読みに行きます。
更に闇塗怪談の二冊目も楽しみです。
頑張ってください!
Posted by きなこもち at 2018年02月27日 21:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count