› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 海原に浮かぶ・・・・・。

2018年03月04日

海原に浮かぶ・・・・・。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です。

そして、こんばんは。

最近、遅めの更新で申し訳有りません。

今日は昼頃から、バイクでトコトコと林道を

走ってきました。

とても良い気分転換になりました。

いや~、片町に飲みに行くよりよっぽとストレス解消になります。

まあ、飲みに行くのは止めませんけどね(笑)

今日は、どうやらうちの大監督も金欠状態が悪化

してきたらしく、以前断念した、怖い話の朗読のバイトを

真剣に考えているようです。

勿論、バイト料は私が払うのですが(涙)

でも、実現すれば、うちの大監督の生声が聞けますね。

まあ、ガキっぽい声なんですが、本人は声優志望

らしいので・・・。

もしも、実現する事になったらご報告しますが、

私と同じで打たれ弱い性格ですので、

長い目で暖かく見守ってやってください(笑)

さあ、明日は朝から大型プリンタの納品だ~!

それでは、今夜もいきます。

怖くない話。

どうぞ~!




メアリーセレスト号事件というのをご存知だろうか?

今から150年くらい前に起こった不可解な事件である。

その概要は、ある日、メアリーセレスト号という船がイギリスの海上で

発見された。

当時としてはかなり大きな貨物船であり、そんな船が無傷のまま

漂流していた。

そして、船内を探索すると、そこには船員は誰もおらず、テーブルには

朝食の用意が並んだままになっており、船内は水浸しになっていた、

というものだ。

これは現代においても、説明不可能な事件として未解決のままなのだという。

そして、この話を読んだ時、俺は以前、叔父から聞かされた話を思い出した。

叔父は、かなり大きな外国籍の貨物船でコックをしていた。

当時、名古屋に住んでいた俺は、何度か叔父が名古屋の港に寄港した際、

会いに行った記憶がある。

とても大きな船で、その船にも何度か内緒で乗せてもらった事もあった。

そんな叔父が、その大きな貨物船のコックを辞めた時に聞かせてくれた

話がそれである。

酒を飲みながら話をしていた俺は、

何か不思議な話は無いの?

と軽い気持ちで聞いた事がある。

すると、叔父は、急に真顔になって話してくれたのがこれから書く話である。

大きな貨物船ともなれば、航行中に全く他の船とも出会わない日が延々と続く。

実際には海の上には沢山の数え切れない程の船が航行しているのは間違いない

のだろうが、それも大海原の中では、まるで小さな点のような存在であり、

それがお互いに出会うという事が珍しいのだという。

だからという訳でもないが、もしも海の上で他の船に出会ったら、国籍は関係なく

汽笛を鳴らして挨拶をするのが決まりらしい。

もっとも、お互いがぶつからないように、というのが最たる目的なのだろうが、

それでも、お互いの航行の安全を祈る、というのが本当のところらしい。

そして、もう1つ、これは国際的に決められている事であり、守らなければ

罰則が科せられるそうなのだが、もしも救助を必要としている者を発見した

場合には、何よりも最優先で、その者の救助にあたらなければいけないのだという。

だから、どんなに急いでいても、そして発見した時点で、それが既に死んでいるのが

明らかだったとしても、例外なく助けなくてはいけない。

勿論、その救助が困難を極める場合には、無線で近くの港に、要救助者の存在を

知らせなくてはいけない。

そして、それは船乗りのプライドとして、皆がきちんと厳守する。

明日はわが身・・・。

いつも危険と背中合わせの船員にとって、助け合うのはお互い様なのだ。

しかし、どうやら例外もあるらしい。

別に、法律で決まっている訳でもなく、世界中の船乗りの間では暗黙の了解

となっている事。

それは・・・・。

人外のモノを見つけても決して救助してはいけない・・・・ということだ。

海の上を航行していると、実際、ありえない場所に人が漂っている事があるらしい。

それは、板につかまって波間に浮かんでいたり、大きな板の上に座っていたりと

様々らしいのだが、そのどれもが、満面の笑みで、船に手を振ってくるらしい。

実際、漂流している人間という者は、その殆どがまるで死んでいるかのように

ビクリとも動かないのだそうだ。

それはそうだろう。

大きな海原。

水平先しか見えない様な海の上で、1人で漂流しているとすれば、波に飲まれたり

照り返す太陽の日差し、そして渇水などで、グッタリしているのが当たり前

なのだろう。

船が沈没したり、船から落ちたりして漂流したとしても、生きていられるのは

良くて1日か2日。

そして、その間に他の船に見つけてもらうというのは奇跡に近い。

勿論、そんな奇跡で助かった者も実際にはいるのだろうが、それはほんの

数えるほどだろう。

だから、もしも海の上で漂流しているにもかかわらず、満面の笑みで助けを請う者

を見つけた時には、皆、それが本当に人間なのか、を確認するらしい。

すると、手が1本多かったり、顔が異様に大きかったりと、その殆どが異形

なのだという。

そして、もしもそれが人外のモノだと分かったなら、急いで速度を上げて

その場から逃げなくてはいけないのだという。

のんびりしていると、ソレらは、船にしがみついて船上へと昇って来る。

そして、もしもそうなってしまったら、そのまま船員全てが、そのまま海の中へ

連れて行かれるのだそうだ。

それは、海の中から濡れたままの姿で船に上がり、そして一瞬のうちに、船に乗る

全員を海の中へ引きずり込む。

そうなったら、もう逃れる術はない。

だから、船乗り達は、怪しい漂流者や難破船には、絶対に近寄らないという。

いまだ謎だらけで原因が特定されていないメアリーセレスト号の事件も

これが原因なのだとしたら説明がつく。

確かに、こじ付けかもしれないのだが・・・・。

そして、叔父はよく言っていた。

海には説明のつかない事がいまだに沢山あるから・・・。

だから、不思議な事が起きるのが当たり前なのだと・・・。

人間は、きっと海の事は、その1パーセントも解明できていないんだろうな。

そんな言葉が、ずっと頭の中に残っている。






Posted by 細田塗料株式会社 at 22:21│Comments(26)
この記事へのコメント
kさん、初めてまして。怪談好きでたどり着きました。これからもドンドン読ませていただきます
Posted by ひとみ at 2018年08月11日 11:06
すいません、 間違えて二回も(涙)ごめんなさい〜!
Posted by はる at 2018年07月09日 19:44
Kさん ON様こんにちは。
そうですね。

例え気持ち良くないものでも
最初からすーーーべて読んで出す米と
向こうから ヘロッと来て出す米は 違うかなーって思います。ファンには違いないと思いますが。
結局 読んでいる(笑)
Posted by はる at 2018年07月09日 15:35
Kさん ON様こんにちは。
そうですね。

例え気持ち良くないものでも
最初からすーーーべて読んで出す米と
向こうから ヘロッと来て出す米は 違うかなーって思います。ファンには違いないと思いますが。
結局 読んでいる(笑)
Posted by はる at 2018年07月09日 15:23
Kさん、こんばんは!

海のどことなく不気味さを感じるようになったのは、20代に入る前。海で溺れたとかではないのに、どこからくるかわからない恐怖を意識し始めました。たしかに怖い話とか好きだったのでその影響もあるんでしょう。
もちろん、海に行けば泳いだり楽しみますが、
隣には恐怖も居座ってます。
それにしても、船乗りってメンタル強くないとやっていけないですよね。
人が簡単に死ねるとこの上で働かなくてはいけないのだから。


汚されたままにはできないですね。
他の方も目に触れて嫌な思いされたくないです。
Posted by ON11 at 2018年07月09日 00:58
今回はまともな作り話だった
Posted by かす at 2018年06月30日 04:44
こんばんわ、怖いネタを毎度ありがとうございます。ただ少々訂正させてください(興覚めなことを言って申し訳ありませんが)。
メアリー・セレスト号は:
・NYからジェノバに向かった二本マスト船です。特に大きくはありません。
・発見されたのはポルトガル領アゾレス諸島、大西洋のド真ん中です。
・発見したデイ・グラチア号の船長がメアリー・セレスト号のブリッグス船長と親友だったため話がややこしくなりました。
・海事法廷は船長2人による不正の疑いあり、として報奨金の一割程度しか払わなかったそうです。

ちなみに:朝食がどうのこうのいう超自然的なヨタ話はかのコナン・ドイルがこの事件をもとに書いた「ハバクック・ジェフソンの証言」の記載であって、ほぼウソ八百です。

メアリー・セレスト号自体は実在の船ですが最後は保険金目当てで沈めようとしたけど座礁して失敗したとか。そして21世紀になって沈没船メアリー・セレスト号を発見したのが「レイズ・ザ・タイタニック」の作者クライブ・カッスラー! 事実は小説より(少し)奇なり。

人ならざるモノを船に上げてはいけないという伯父様のお話は「SIREN MANIACS」に掲載されている伊藤潤二の「魔声」そのままですね。.......船に乗るのやめようw
Posted by 通りすがり at 2018年04月02日 19:07
漂流もののドキュメント、生還記を読むと、
航海中の船に遭遇できて、助かった! と
思ったのに行ってしまった。
向うは絶対にこちらの存在に気づいていた
はずなのに、なんて記述があったりします。

異界のものとみなされスルーされてしまったの
かもと初めて思い至りました。
Kさんのブログは、そうした気づきが
非常に多く、惹きこまれています。
Posted by 愛読者 at 2018年03月26日 13:20
 こんばんは、野崎ともうします。

 メアリーセレストとはまた懐かしい名前ですね。

 もっとも、あれは飽くまで都市伝説、実際にはメアリーセレストはなんらかの理由で放棄されたのが沈没せずに無人で漂流していたらしいです。
 遺された航海日誌から推測される理由は、積荷の火薬に誤って強い衝撃を与えてしまい、爆沈を恐れたため、とのこと。

 あと、バミューダ・トライアングルに触れている方もいますが、あれの真相はなんともトホホだったりします。

 海無し県育ちなだけに、海は怖いです。
 特に「橋北中集団溺死事件」とか、海が冥界に通じていることを思い出させてくれるとびきり恐ろしい話です。

 では、失礼します。
Posted by 野崎昭彦 at 2018年03月07日 23:50
営業のKさん

母なる海・・・大海原。
私の血縁者も海上自衛隊でイージス艦に乗務していますが・・・そんな経験もしているのか、機会があれば聞いてやろうと思います。
Posted by 中西 at 2018年03月06日 17:38
Kさん、皆さん、こんにちは。

今回のお話。子供のころ読んだ怪談『怪奇!105号室』というのを思い出しました。客船の105号室で眠っているのと、窓から腐臭とともに異形のモノが入ってくるという・・・。メアリーセレスト号の他にもベイチモ号も有名ですよね。海にも人智を超えたものがまだまだあるってことでしょうか。

大監督のお嬢様、朗読の際はさしずめYou Tubeあたりでアップでしょうか?今から楽しみです!^ ^
Posted by 万年初心者ハードロックファン at 2018年03月06日 00:41
海ね‼️

怖いですよね‼️

1%も解明されてないですよ、そりゃね。

マレーシア航空とか、海でどうなったのか未だに謎だし、ほんと、なんの仕業でしょうか。

泳げないし、もう波打ち際だけで結構です
((((;゚Д゚)))))))
Posted by のんたん at 2018年03月05日 23:00
こんばんはK様。
大監督の生声が聴けたら嬉しいです。
アニメ名探偵コナンでメアリーセレスト号事件が触れられていました
海ってやっぱり怖いんですね
Posted by 二階堂千夏 at 2018年03月05日 22:36
大監督、わが家の下の子に趣味や性格がそっくりで、
とっても親近感が沸いています。

2月末のアニメの名探偵コナンでメアリーセレスト号
事件が触れられていましたね。
バーミューダートライアングルといい、海は少し
怖いという印象があります。

海での怖い思い出といえば、数年前に奄美大島に
旅行した時、日焼け止めを塗り忘れていた耳だけ
日焼けがヤケド状態となり、家族から「耳なし芳一」
と笑われたことでしょうか…
Posted by 亜季実 at 2018年03月05日 16:19
お久しぶりです

今日のお話を読んで 昔見た映画の〔小学生頃だと思います〕

マタンゴを思い出しました 皆最後にはキノコになってしまったと思いました

大監督の朗読楽しみですね
Posted by りょう at 2018年03月05日 14:34
K様 読者の皆様
こんにちは、ばばろあです。
今日の宮城は、予報より早く雨が降り出したおかげで、花粉症軽減日です!
さて、船乗りさんのお話。
各業界ならではのお話ってありますよね。
ネットでよく見かけるのは、パイロットの方のUFO目撃についてのお話。
K様のお話にもあったかと思いますが、林業されてる方の異形のモノの目撃談など。
ばばろあがおばけより怖いと思ったのが、土建業関連の方の話で、ショベルカーで
掘り起こしたときに何か出てきても、工期が遅れると困るからって埋めもどしちゃう話。
そんな話を頻繁に聞いたのは、東日本大震災の後でしたが。。。
大監督の怪談朗読が楽しみです♪
Posted by ばばろあ at 2018年03月05日 14:00
今日のお話もなかなか…(@_@)コワイです!
海はこれまた山とちがう怖さがありますよね…
父が漁協関係に勤めていたので、小さい頃に海によく連れていってもらってました。大人になってからも何度か…

零感なので、なんのエピソードもないのですが(笑)

目下一番の恐怖は花粉です!お天気の日の境内、バフバフいってます(゚Д゚)
Posted by 助勤巫女 at 2018年03月05日 13:05
こんにちは!雨ですね!雨なのに〜お鼻がむずむず〜♪みなさんは大丈夫ですかね?さて大監督は朗読ライブでもするんですかね、稲川淳二さんみたいなやつ!あ、でもべただな?都市伝説みたいな語りかたの方が今は合ってるか!がんばれ大監督!たしか遭難して助けを求めるさい、両手を振ってはいけないと、昔聞いた事がありますが、たしか大丈夫て意味になるとか?じゃx印でもするのかxジャパンみたいに?でも職業でもないかぎり遭難した時の事だれも考えませんよね!おばけも遭難者のふりするなって!
Posted by Aさんのファンクラブ12番 at 2018年03月05日 12:19
おはようございます。

最初の冒頭?船内の内容を聞いたらと言うか…読んだら…ジョジョの3部を思い出しました。

まぁ~、それ以外の舟に纏わる怖い話では…ありがち?なんでしょうか?

海の話は怖いです。

私も、小さい頃。小さいと言っても小学校4年くらいですかね。

今の所に引っ越して来て、今の所は埋立て地なので…よく…海から土左衛門が上がってと…聞かされました。

なので水の有るところは行かない様にしてました。

まぁ~、子供の足ではちょっと無理そうな距離に岸壁とかがあるし工場地帯でもあるので簡単に行けないと思いますが。

また、想像力があったので…海は怖いものでした。
Posted by にじちゃん at 2018年03月05日 08:55
今日は花粉特売日な春の陽気でした。

昔いた会社に、トロール船でマグロ追いかけてた方がいました、機関士としてですが。
満杯にならないと帰国できず、他の船なんかいない夕暮れの海を見ては子供に会いたいとか、かなり凹んだりしてたとか。
すると、手を振る満面の笑みの‥‥‥‥
あわてて船内に入り鍵をかけ、操舵室に報告して大ダッシュしたそうです。

ああ、コワイコワイ。
Posted by はるた冬雲 at 2018年03月05日 00:03
K様 こんばんは

この場をお借りして、
ぷぅ様、優曇華様、ありがとうございます
また、優曇華様の文章はやや難解故に読むのに苦労しました(笑)

さて、3年ほど前にこのブログにて「船幽霊の話」というのがあり、それと似たような内容ですが、何回も読んだり聞いたりしてもやはり恐怖心というのが襲ってきます。やはりそこは海の上という人知が及ばぬ所だからということなのでしょうか。

来週からは予定がたくさん詰まって身体が持つのかと疑問に思いますが、K様及びみなさまも体調などにはお気をつけください。
Posted by trf at 2018年03月04日 23:11
K様、お疲れ様です。
大監督の朗読…聞いてみたい気もするけど、怖い思いして朗読してトラウマになっちゃうといけないので…バイトはよく考えて!ねっ!!

海は不思議がいっぱいですね。
海無し県だから、海には憧れが強いなぁ~
海を大切に、でも、恐れる気持ちも忘れないようにしたいと思います(*^^*)
Posted by KIN at 2018年03月04日 23:11
Kさんこんばんは~
一気に暖かくなったので、バイクの人が増えましたね。

娘ちゃんの朗読ですか!是非聞いてみたいですね。(☆∀☆)
気長にお待ちしてます(笑)

何故か中学生の時によく友達数人とケッタで名古屋港行ってましたね。外国の船で[壁]゚∀゚)つ)) コッチコッチおいでおいでーと手招きされ降りてきたから、全員が赤い靴の歌が脳内に流れ友達とダッシュで逃げたのを思い出しました
(^ω^;);););)

確かに漂流してる人が満面の笑みは不気味ですよねぇ…でも初めてだと助けちゃいそうですね。
海の上だと逃げようがないから、怖いですね
(((´ω`)))
更新ありがとうございます。明日からまた頑張りましょう!
Posted by tomoa24 at 2018年03月04日 23:09
Kさんおつかれさまです!!
大監督の朗読楽しみです!寝る前の至福のひと時が更に楽しみになります!

海はすごく好きなのですがら底が見えない海に非常に恐怖を覚えます、何か得体の知れない者に足を巻きつかれたりしそうで泳いでてもいつも足に注意を払って泳いでます!
Posted by tommy at 2018年03月04日 22:43
K様皆様こんばんは

今日は愛犬の散歩で、近所の梅を見に行っていました。

ぽかぽかして、とても気持ち良かったです。

明日はお天気悪そうなので、皆様気をつけてください。

私は、上司が夏休みや、年末の休みに必ず奥様と、船で旅行にいく話を聞いていて、とっても羨ましくていつか私も・・・・。と思ってました。

その時に、笑顔で手を振る人みたいなのは、見たくないです~。

昔よくフェリーで田舎に帰省してまして、そのときに、船で見つけたコオロギを「海から来たのだから、海に帰してあげよう!」と海に放り投げたのを思い出しました。

コオロギさんごめんなさい!
Posted by ぷぅ at 2018年03月04日 22:39
今日もお疲れ様です♪
私はお休みで、確定申告のための準備に追われていました。
こういうのはお休みの日じゃないと出来ないですからね(;´∀`)
日々コツコツとやっていれば大した仕事ではないのですがつい溜めてしまうと数字を見るのが嫌になります( ;∀;)

K様のお嬢様のお声が聴ける日が来るのかも?!(笑)
楽しみにしてますね〜♪

林道をバイクで、、いいですね(*´ω`*)
一人の時間って癒されますよね。
楽しい仲間とわいわいやるのと同じくらいひとりでいる時間も好きです。

また月曜日からがんばろっと✩


海は不思議なお話いっぱいありますよね!
直接叔父様から聞かれたのでは怖さもひとしおでしたね(・∀・;)
怖いと分かってても読みたくなりますが!


東京は今日はとても暖かかったです♪
金沢はまだ寒いですか?
季節の変わり目、風邪ひかないように頑張りましょう〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚
Posted by ぴょんうさぎᙏ̤̫͚*⑅♥︎ at 2018年03月04日 22:37
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count