› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 見ただけで人を殺せるモノ・前

2018年11月09日

見ただけで人を殺せるモノ・前

これは知り合いの霊能者さんの身に起こった出来事。



彼女は何代にも渡って、ある物を守る為に存在してきた霊能者



の末裔だった。



それこそ、遠い昔から彼女の家系には、必ず1人の強力な霊能者



が生まれ、死ぬまで役目を果たし続ける。



そして、その者が死ぬまでには、別の能力者が生まれ、その役割を



引き継いだ。



そうやってずっと、ある物を護るという役目を担ってきた。



確かに、その役目を続けている限り、親族の生活は保証され、



それなりの暮らしをしていけるらしいが、それでも、親族は



1人の選ばれた能力者をサポートする為に、ずっと親族一同が



一箇所に固まって生活しなくてはいけなかったらしいし、何より、



能力者として生まれてしまった者は、結婚はおろか、恋愛さえ



許されず、じっと鳥かごの中の鳥のように、一日の殆どを



祈祷する為の社の中で過ごさなければならなかった。



そして、そんなにまでして護らなければいけないものとは、



何なのか、といえば、それは、その土地の大地主の家系だった。



元々は、その大地主である先祖は、大昔、底を訪れた旅人だった。



しかし、その場所がとても良い立地だということに気付いたのだろう。



その旅人は、その地に住み着いて、森を開き川を整備した。



すると、瞬く間に、その土地一体はとても豊かな土地になる。



大勢の人が移り住んできて、日の土地は更に開けていった。



しかし、その地主の先祖は決して善人ではなかったようだ。



あろうことか、元々、その土地に住んでいた農民を殺したり村八分にした。



川に橋を架ける時には、人柱にし、山の神に祈る為だといって、



農民達を、人身御供として、山ノ神に捧げた。



そして、いつか、元々その地に暮らしていた農民は完全に死に絶えてしまい、



あとに残ったのは、大地主として君臨した後に、その土地に移り住んだ者達



だけであった。



しかし、そんな事をすれば当然呪われてしまうのだろう。



大地主の家では、次々に病に倒れる者、そして急死するものが続出した。



子供が生まれなくなり、先ず最初に子供達が次々に命を落とした。



そして、それは次には大人へと広がっていく。



そこで、当時、高名な能力者だった彼女の祖先がその地に呼ばれた。



そして、連日、祈祷を続けると、不幸の連鎖はピタッと収まった。



それから、彼女の祖先と、その大地主の家系との繋がりが始まった。



それは繋がりというよりも契約といった方が良いのかもしれない。



彼女の家系が永遠にその地主の家系を護り続ける限り、その生活は



保証される。



そり代わり、彼女の家系の者は、命を懸けて、地主の家系を護らなければ



いけない・・・・。



そういう契約だったらしい。



こんなデジタルな世界に何故?



と思えるかもしれないが、実際、彼女の祖先は、そうやって、その地で



生きてきた。



中には、地主の身代わりに呪い殺される者を多くいたが、それでも



彼女の家系にはもう生きる術はそれしか無く、これまでも、そしてこれからも



ずっとその地主一族を護り続けていかなければならないのだという。



そして、そんな彼女の家系の中である時、異変が起こる。



それは、能力者としてまだ現役だった祖母がまだ元気な頃に、同じく



能力を受け継いだ彼女が生まれてしまったのだ。



そんな事はそれまでには決してなかった。



だから、彼女の親族は、浮き足立った。



これで、呪いから解き放たれるかもしれない・・・と。



しかし、実際にはそうではなかったようだ。



薬に免疫が出来ると、耐性がついてしまって薬が効かなくなる



のと同じように、ずっと祈祷を受けているうちに、耐性がつき、



とても強力な呪いの力を持った怨霊が現れた。



それは、到底、1人の力ではどうにもならず、二人掛かりで、ギリギリ



何とか鎮められる感じだった。



そして、その時、気付いた。



同時期に強力な能力者が生まれてきたのは、それだけの力を必要とする



相手が現れるという意味なのだと・・・・。



しかし、判った時にはもう手遅れだった。



彼女も祖母も完全にその怨霊に翻弄されてしまう。



その怨霊は、彼女には一切手を出さず、百戦錬磨の経験を持った祖母を



標的にしてしまう。



毎日、祖母を付け狙う様に、その怨霊は祖母の前に現れた。



朝起きると、枕元にその怨霊が座り、気持ちの悪い顔で祖母を睨んでいた。



昼間、祈祷をしていたも、そんなもの何も効かない、とばかりに平気で



社の中の祭壇の前で、ニタァーッと笑った。



風呂に入っていて、湯船の中からスーッと現れ、夜寝れば、夜中に



必ず目を覚ましてしまい、



いつも布団の上に座り気持ちの悪い顔で笑っていた。



そして、その話を聞き、日ごとにやつれていく祖母を見ていても



彼女には何も出来なかった。



それが自分の力の及ぶ相手ではないと本能が教えていたから。



しかし、祖母は決して彼女を責めなかった。



それどころか、このままでは私の次にはお前が狙われるのだろうから、



出来ることなら、この土地から逃げなさい、と進言してくれた。



そして、祖母は最後の賭けに出た。



以前から、その高い能力に惚れ込んでいた、とあるお寺の住職に助けを



求めた。



すると、以前から付き合いがあったその住職は、危険も顧みず、すぐに



祖母の下に駆けつけようとしてくれた。



しかし、その道中、突然の心臓発作で、崖下に車ごと転落して死んだ。



遺体は、身元の確認も困難なほど、ボロボロになっていたという。



そして、いよいよ覚悟を決めた祖母は、最後の戦いに挑んだ。



自分の命と引き換えに、彼女だけは護ろうとして・・・。



しかし、相手の力が圧倒的過ぎた。



いつも祈祷を捧げている社の中を最後の決戦の場として選んだ祖母は



その場所に怨霊を呼び出すことには成功した。



しかし、その後、祖母は、ありえない姿で発見された。



まるで、何か巨大な力で体がバラバラに引きちぎられ、散乱していた。



それでいて、その場には地は一滴も流されては居なかった。



まるで、何かに全て吸い尽くされたかのように・・・・。



そんなことがあった、数ヵ月後、彼女から電話を貰った。



それは、今までのお礼と別れの言葉だった。



今まで本当にありがとうございました。



そして、もう会うことは無いと思いますので、お幸せをお祈りしております。



そんな言葉だった。



しかし、そんな言葉をかけられて、



はい。わかりました。



と言う人間など居ないだろう。



俺は、決して口を開こうとしない彼女に執拗に聞いてみた。



そして、ここまで書いた話を聞いた。



そして、最後に彼女はこう言った。



相手は、見ただけで人を殺すことも可能な魔物です。



決して助けようとは思わないでください・・・・。



これが最後のお願いですから・・・と。



その言葉に、何とかしてやりたい、と思った俺だったが、さすがに



「見ただけで人を殺せる相手」と聞いて、さすがに腰が引けてしまった。



しかし、どうやら、彼女が体験する恐怖は、その時まだ始まったばかり



だったようだ。



そして、彼女はこの世の地獄を見る事になる。



Posted by 細田塗料株式会社 at 22:29│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count