2018年11月10日

見守るもの

これは知人が体験した話。



彼女は小学生の時、両親が離婚した。



彼女の親権は母親が持つ事になり、母親との二人だけの生活が始まった。



どうやら、離婚した父親というのは、仕事はしっかりとするが、家に帰ると



彼女や母親に対してすぐに暴力をふるい、その暴力も酒が入ると更に



エスカレートしてしまい、命の危険を感じる事もあったらしい。



だから、母親との二人暮らしは貧乏ではあったが、彼女にとっては、



生まれて初めての平和で幸せな時間だった。



何もかもが手に入る様な生活ではなかったが、それでも彼女が一番欲していた



愛情というものを肌で感じる事が出来た。



しかし、それも彼女が中学生の時、終わりを告げる。



母親が突然、職場で倒れ、そのまま病院に搬送された。



そして、ICUに入れられてから、たった一日。



運命は彼女から母親まで奪ってしまう。



彼女は、東京に住む母親の両親が引き取る事になった。



しかし、彼女は完全に抜け殻のようになってしまい、更に祖父母も



郊外の小さく汚いアパートで生活していたらしく、彼女の生活は



更に厳しいものになった。



当然、中学校も東京の学校に転校する事になったのだが、それまでは決して



都会とはいえない地域にのんびりと過ごしていた彼女にとって、東京での



生活はまるで異次元のものだったという。



だから、学校にも馴染める筈も無く、彼女は学校で、出来るだけ目立たない



様に過ごそうとした。



しかし、祖父がかなりの貧乏だったこと、そして彼女のおどおどした態度は



格好の標的になってしまう。



そう、彼女に対するいじめが始まってしまった。



靴やカバンを隠される・・・・。



黒板に彼女に対する誹謗中傷が書き込まれる。



最初はそんな感じのいじめだった。



しかし、それでも、怒る事も泣く事もしなかった彼女に対していじめは更に



エスカレートした。



階段から突き落とされる・・・・・。



髪をハサミで切られる・・・・。



そして、体育の時間には偶然を装って彼女に対する暴力まで行われる様になった。



しかし、彼女は、やはり怒る事も泣く事も、そして先生に頼る事もしなかった。



先生に頼ったとしても、いじめをしている優等生達の言い分を信じるのは



目に見えていた。



それに、母親が死んだ時点で彼女は自分の人生に対して完全に自暴自棄に



なっていた。



自分の存在自体が周りに迷惑をかけているのだと自分に言い聞かせていた。



だから、彼女にはもう怒る気力も泣く気力も残ってはいなかったのかも



しれない。



そして、いじめに耐えて過ごした中学生活が終わり、彼女は高校に進学した。



彼女自身、成績はそれなりに良かったのだが、出来るだけ他の生徒と違う



高校に行けば、もしかしたら、いじめが回避出来るのかもしれない、と思った



彼女は、かなりランクの低い公立高校に進学した。



しかし、彼女のあては完全に外れてしまう。



やはり、ランクが低い高校の方がガラが悪い生徒が多かった。



それに、彼女と同じ中学からも数名がその高校に進学し、彼女の中学時代の



話を面白おかしく周りに話した。



すると、また彼女に対するいじめが、更に陰湿に、そして危険なものとして



始められてしまう。



制服のまま川に突き落とされた事もあった。



何人かの生徒に押さえつけられ、彼女を標的にしてドライバーをダーツ



よろしく、投げつけられた事もあった。



教室の2階の窓から無理やり飛び降りさせられた事もあった。



しかし、その頃から彼女の周りでは不思議な事が起こり場閉めた。



川に突き落とされた時、深い筈の川が、何故か彼女には足が着いてしまった。



まるで、水溜まりにでも落とされた様に・・・・。



バライバーを投げつけられた時も、彼女には1本のドライバーも当たる事は



なかった。



それは、どれだけ近い距離から投げ直しても結果は同じであり、彼女の体に



傷が着く事は無かった。



また、2階の窓から飛び降りさせられた時も、彼女は自分がそのまま死ぬのだと



確信していた。



しかし、足が少し痛かった程度でねん挫すらしなかった。



だから、いじめていた側も、意地になって、もっと高い所から無理やり



飛び降りさせたらしいが、それでも彼女が怪我をする事は無かった。



そのうち、



彼女は、呪われている・・・・。



悪魔に護られている・・・・。



だから、悪魔の子だ・・・・。



そんな噂が一気に広がったらしいが確かにそれだけの事をされて怪我ひとつ



しないのだから、そう思われても仕方無いのかもしれない。



そして、彼女は友達は相変わらず出来なかったが、それでも虐められる事は



無くなった。



それは、勿論、その噂のせいでもあったのだが、実はその他にも理由があった



のだという。



それは、彼女を虐めていた者達が、次々に悪夢を見たのだという。



その夢というのは、女性が夢の中に出てきて、じっとその者を睨んでいるという



夢であり、そして、それらの者は、自分が彼女に対して行ったいじめを夢の中で



体験させられた。



それも、いじめの被害者として・・・・。



川に落とされてそのまま沈みながら流されていき大きな滝に落ちていく場面



で目が覚めた者もいた。



ドライバーが自分の体にどんどんと突き刺さり、そして、最後に自分の目に



突きささる瞬間に目が覚めた者もいた。



学校の屋上から、突き飛ばされて地面へと落下していき、自分の骨と肉が



ひしゃげる音で目が覚めた者もいた。



そして、そのどれもが、その夢の体験者達に、凄まじい恐怖を植え付ける事になり、



それ以来、彼女には一切関わらなくなったのだという。



それからは、彼女は、孤独だが平和な高校生活を送る事が出来た。



そして、高校を卒業すると家計を助ける為に彼女はそのまま小さな会社に



就職した。



本当は事務職として働きたかったが、残業代で稼げる工場での勤務を希望して



それから毎日、彼女は工場で休むことなく真面目に働いた。



しかし、其処でも真面目に、そして寡黙に働く彼女を快く思わない者達がいた。



色々な蔭口を言い合い、在りもしない噂を流して彼女を孤立させようとした。



しかし、彼女は、それを知ってもやはり全く動じる事はしなかった。



これが自分に与えられた運命なんだから・・・・。



そう自分に言い聞かせて・・・。



ただ、彼女はそれまでの辛いとしか思えない人生で一度も自殺という事を



考えた事は無かった。



それは、母親がいつも言っていた事だったし、何より、もっと生きたい、と



言いながら死んでいった母親の姿を見ていた彼女にとって、自殺というのは



もっとも下劣な行為だと思えていたからだった。



実はその頃には彼女の祖父母は二人とも亡くなっていた。



つまり彼女は天涯孤独になっていた。



だから、彼女はその頃になると、いや、実はもっとずって以前から



なのかもしれないが、人間というものは、基本的に性悪なものであり、



友達も、そして結婚も、全てお互いを騙し騙されながら維持している



だけなのだと思っていたという。



だから、彼女は決めていたのかもしれない。



誰とも慣れ合わず、孤独に、そして目立たずに、この人生を生きていこう、と。



しかし、ある日、彼女は自分でも信じられない行動に出てしまう。



同じ工場内で働いていた先輩女性に怪我をさせてしまったのだ。



勿論、怪我自体はそれほど酷いものではなかったが、彼女の暴行事件は会社内で



問題になり、そして警察沙汰にまでなってしまう。



実は、彼女が暴力を振るったのには理由があった。



それは、休み時間、彼女が少し外に出掛けている間に、彼女の事を快く思って



いなかったその先輩女性が彼女の持ち物をロッカーから持ち出した。



そして、彼女が戻って来た時、それは、会社内の排水溝の中に投げ入れられていた。



そして、その持ち物の中には彼女にとっては最愛の亡くなった母親との写真が



入れられていた。



それを見た瞬間、彼女は自分でも訳が分からない程激昂し、気が付いたら



その先輩女性に怪我を負わせていた。



大袈裟に痛がり、泣き叫ぶ先輩女性の横で、彼女は放心状態で立ち尽くしていた。



それは、怒りから来るものもあったが、彼女自身にとって、自分がそれほど



感情を抑えられない人間なのだと、怒りに任せて他人を傷つけられる人間



なのだと知った事で完全に頭がパニックになっていたのだという。



警察から事情聴取をされ、そして家に帰る途中、彼女は決心したという。



自分の様な人間は生きている資格など無い、と。



だから、翌日、会社に行き、しっかりと謝罪し、そして辞職してから、1人で



誰にも迷惑の掛からない場所でひつそりと死のう、と。



しかし、翌日、会社に行くと、事情は大きく変わっていた。



同じ会社内で働いていた男性の1人が彼女を擁護する発言をしたらしく、それが



どんどんと広がっていき、その波は会社を飲み込んでいく。



そして、その流れの中で、実は彼女が真面目に働いていた事、そしてそれを



いじめていた者達がいた事、を見ていた者達がどんどんと声を上げた。



彼女はそれを見て唖然としてしまった。



どうして、この人達は私なんかを庇ったりするのだろうか?と。



結局、彼女は謝罪も、そして責任をとっての辞職もする必要が無くなり、そして



いじめていた者達は、別の職場へと移動させられた。



そして、その時、一番最初に彼女を擁護する発言をした男性からしばらくして



告白された彼女は、その男性と付き合いだした。



そして、交際は順調に進み、いつしか結婚の約束も交わす程になった。



その頃の彼女は、その男性の温かさに触れて少しずつ、他人を信じる気持ちを



持てるようになっていた。



そして、結婚式の前日、その男性は夢を見たという。



夢の中には、彼女にそっくりな女性が出てきて、深々と頭を下げて、



ようやく私の役目は終えられそうです・・・・。



娘を末永く宜しくお願いします・・・・。



と言ってから、スーッと消えていったのだという。



その話を男性から聞いた時、彼女は男性に母親の写真を見せた。



すると、夢の中に出てきたのは間違いなく母親だったという事が分かったという。



母親がずっと自分を守ってくれていた・・・・。



そう考えれば、それまでの不思議な体験は全て説明がついた。



それと同時に彼女は母親の死んでからも変わらない愛情に涙が止まらなかった。



それは、彼女のそれまで自分自身で作って来た殻を破るには十分過ぎる



ほどの涙だった。



それから、彼女は無事に結婚し、2人の子供も授かり、暖かく穏やかな



家庭を築いている。



それまでの辛い人生を取り返すように、これからも、彼女の人生が



幸せなものである事を願わずにはいられない。


Posted by 細田塗料株式会社 at 09:43│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count