› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › Aさんと霊との距離感

2019年05月23日

Aさんと霊との距離感

Aさんと知り合ってかなりの年月になる。

1人の人間としてみれば、容姿はともかくとしてかなり癖のある偏屈者

なのかもしれない。

そのせいか、本当に仲の良い友人というのは俺の知る限りかなり限定される。

その点は、もう一人の霊能者である姫とは全く正反対だと感じる。

本当におっとりして誰も嫌わず、そして恨まず、誰とでも自分から仲良く

なろうと努力している姫。

そんな姫の側には本当に沢山の友人や仲間がいる。

ただ、それはあくまで円滑に大学生活が送れる様にする為のものであり、

本当に心を開けるのはほんの数人であり、最も信頼しているのがAさん

なのだという。

そんな事を聞いてしまうと、親友なんて1人か2人いれば十分なんです!

と言い切るAさんとは根本的に同じなのかもしれない。

ただ、敵を作らず社会の中に溶け込む、という意味では圧倒的に姫に軍配が

あがると思うのは俺だけなのか・・・。

そんなAさんには、人間の友人は少ないが、霊の友人はかなり多く存在している

のを俺は知っている。

もしかして、いざという時に味方に付いてもらったりする為なの?

と俺が聞くと冷たい眼で、

私はそんな打算的な事は大嫌いなので・・・・。

と言われてしまう。

つまり、Aさんとしては、人間同士、損得勘定の中で付き合うよりも、そういう

損得勘定が存在しない霊達との交流の方が心を開けるのではないか?と俺は

最近思い始めた。

それはAさんがいつも言っている、

人間も霊も同じですよ・・・・。

霊だって、元々は人間だったわけですから・・・・・。

という言葉からも容易に想像できる。

そう言えば、Aさんから以前、こんな話を聞いた。

現世に残っている霊というのは、その殆どがこの世に未練を残した悲しい霊なんです。

特に悪い事をする事もなく、ただ現世に生きる誰かを護ったり見守ったりする為に

現世に残っているんです。

現世に残るだけで、それなりの苦痛を伴うというのに・・・・。

だから、そんな霊には悪い奴なんて1人もいませんよ。

それこそ、人間を助けてくれたりもしますから・・・・。

そしてね・・・・そんな霊達と話してみるとなんか私の気持ちも軽くなるんですよね。

この世の中にの嫌なこととか、一気に吹っ飛んでしまいますから!と。

そう聞いて俺が、

それじゃAさんは霊達といったいどんな話をしてるの?

と聞くと、

まあ・・・いろいろですかね・・・・。

その霊の過去の話を聞いてあげたり、ただぼんやりと一緒に景色を眺めてる事が

多いですかね!

と答えるので俺が、

それじゃAさんは、その霊達にどんな話をしてるの?

と聞くと、

ええ・・・まあ、愚痴が多いかもしれませんね・・・・。

私の仲間がこんな失敗をした・・・とか、

私の仲間がどれだけ使いものにならないか・・・・とか。

そう言われて、俺が、

あの・・・もしかして、それって俺の事言ってる?

結構、頑張ってると自分では思ってるんだけど?

と返すと、

まあ、いいじゃないですか!

そんな話をすると、霊達も嬉しそうに笑ってくれるんですから!

と言われ、何も言えなくなる。

そんなAさんだが、現世に居る所謂、悪霊というものに関しては一切容赦がない。

まさに、鬼畜というか冷酷な態度で一切容赦がない。

いいんですよ。

この世に誰かに害をなす為に残った霊なんかに慈悲なんか必要ありません。

誰かを呪ったりとり憑いたりして命まで奪おうとする・・・・。

それって、猟奇殺人犯と何も変わりませんからね・・・・。

そう言ってAさんは、いつも自分を正当化するが・・・・・。

俺は今まで本当に沢山の場面に遭遇してきた。

勿論、AさんのドSっぷりを目の当たりにした現場。

Aさんは、たとえ相手が悪霊であっても相手がかなり格下だと分かるとかなり

大胆な行動に出る。

例えば、霊の侵入口の扉を少しだけ開けておき霊が指をかけた途端にその扉を

勢いよく閉める。

不思議と霊が手を挟むという事もないのだが、そんな時、俺は霊がびっくりしたような

茫然としている様な顔を何度となく見てきた。

また、別の時には、毎夜、霊が枕元に出て、じっと顔を近づけてくるという

友人の代わりにその蒲団に寝て、現れた霊に、

何見てんの!

と、Aさんの方からその霊に顔を近づけていく。

その時の霊の方が怖がっている顔に、その友人は霊の方が可哀想になったそうだ。

更に別の時には毎夜、カーテンの外から

窓を開けて~

出ておいで~

、と聞こえてきて眠れなくなっていた友人と一緒にその部屋で待ち伏せし、

その声がきこえた途端、窓を急いで開けて、霊の目の前に行き、

窓開けましたけど?

出てきましたけど?

で、これで、あんた、何かしてくれるの?

人を呼び出しといて手ぶらで帰らせないでよね?

と霊を恫喝する。

その時の霊の泣きそうな顔を見て、心が痛んだ、とその友人も言っていた。

また、池に霊が現れると聞けば、ずっとその場で待機して、霊が現れた

瞬間、池の中の霊に向かって小石を投げ入れる。

そして、その霊は虚しそうな顔で、そのまま池の中へと消えていったそうだ。

確かに、それ以後、その友人達の前に霊が現れる事が無くなったそうだから、

結果としては問題無いのかもしれない。

そして、普通の人間なら絶叫するような場面でもAさんは全く動じない。

以前、霊が出るという家の探索をしている時、クローゼットを開けると

そこには恐ろしい形相の男が睨んでいる時があった。

俺に頼まれて嫌々出向いた心霊スポットで、Aさんが振り返ると、そこには

Aさんの目の前に立つ細く背の高い女が怖い顔でAさんを睨んでいた。

普通なら、ビクッとしたり悲鳴を上げるのが当たり前だと思う。

実際、その場に居た俺や姫はビクッとなり小さな悲鳴をあげた。

しかし、Aさんはといえば、

あっ、ちょっと邪魔なんだけど!とか

何か用?

用が無いなら出てくんじゃないよ!

そう言って、まるでゴミでも掃うかのように片手でふり払う。

心霊スポットといわれる場所に入る時も、Aさんは、その場所が

あたかも自分の所有物であるかのように、土足のまま、ズカズカと

何も言わずに入っていく。

明らかに霊というものに全く恐怖を感じていないのが良く分かる。

しかし、俺に言わせれば変な言い方かもしれないが、霊に対する敬意を

欠いているとしか思えない。

その点、姫は霊というものを恐れているように見える。

おっかなびっくりで、どうしようもなくなった時にだけ、

いや~、来ないで・・・・ごめんなさい・・・・とあたふたとしながら、

気が付けば目の前の悪霊も含め、全てが消え去っている。

そして、心霊スポットに入る時も、姫はまるで挨拶まわりでもしているかのように、

ごめんください・・・。

失礼致します・・・・。

どなたか、いらっしゃいませんか?

と意味不明なほどの丁寧さで挨拶し、そのうえ、自分の靴までも脱ごうとする。

まあ、それはそれでやり過ぎな気もしないでもないが・・・・。

だから、俺は一度、Aさんに意見した事があるのだが当のAさんはと言えば、

緊迫した状況の空気を和らげようと思った、とか、ついつい遊び心で・・・・とか

言い訳をしてくる。

まあ、Aさんにとってみれば、対して悪い事もしていない人を怖がらせているだけの

霊に対しては、そんなに怖がるものでもないんだよ!という事を教えようと

しているのかもしれないが・・・・・。

まあ、ある種のAさんなりの愛情表現なのかもしれない。

そう思うのは、やはりAさんには霊の友人というのがとても多いから・・・・。

もはや、人間だからとか霊だからという区別はAさんには存在しないのかもしれない。

そういえば、悪霊というものに対するAさんも、その対応は人間に対するものと

同じなのかもしれない。

人間でも霊でも、Aさんは自分の中のルールから逸脱したような許せない

相手には、たとえ相手が誰であろうと、決して自分を曲げず、

一切容赦はしないのだから。

その点で言えば、姫という存在はその真逆の位置にいるのかもしれない。

誰とでも出来るだけ仲良くしいつも笑顔を絶やさない。

ふんわりした雰囲気があるので姫を嫌うものは異常に少ない。

それでも、どうしても許せない相手には、にっこりと笑いながら、一撃で

とどめを刺す。

まあ、そう考えるとやっている事はAさんとさほど変わらないのかもしれないが。

その辺の話もいずれ、この場所でお話できれば、と思っている。


Posted by 細田塗料株式会社 at 23:18│Comments(20)
この記事へのコメント
Kさん皆様、こんばんは。m(__)mマダムёクロフォードの館様。ご自宅の話といい、ホテルの話といい、怖すぎです。(・_・)そう言えば、ホテルに泊まった時に、部屋の中が異様に寒かったり薄暗かったりしたら、要注意だそうですし、それが感じられなくても違和感を感じたら部屋に飾ってある絵画や鏡の裏を確かめるようにと、本に書いていました。という訳で「徒然なるままに怪の話を」、今宵もお付き合い下さい。私の話です。何回かお話しをしておりますが、某福祉工場に勤めていた頃の話です。そこが曰くのある土地なのか、よく、この世の人では無い人を見ました。その日。休憩時間にトイレに行き、水を飲んで作業場所に行く途中の事。通路の左側に機械が並んでいたのですが、機械と機械の間からおかっぱ頭の4~6才くらいの青白い顔をした女の子の首だけが、ニューと出てきました。当然ですが、機械と機械の間は狭くて、いくら小さい女の子とは言っても、入れませんし工場の中は小さい女の子が遊びにくる場所でもありません。一瞬、女の子と目が合いそうになったので、とっさに視線を反らしました。ちなみに、その工場には噂がありました。工場の建物は3階建てなんですが、夜中に寮から(中庭をはさんで、工場の対面に建っている)工場を見ると、2階の窓から幼稚園か小学1年生くらいの、女の子が、こちらを見ているという噂がありました。私、見たんでしょうか?(((^^;)それでは皆様、良い夢を。
Posted by シニョーラ・カイダンスキー at 2019年05月28日 22:35
ショニーラ・カイダンスキー樣、私なんぞの書き込みにコメントいただきましてどうもありがとうございます。

鼻がズングリムックリ生首霊、そうやっていつも襲っていたのかなぁ~と大爆笑の後は少しイラつきました。調子こいてんじゃねぇ!って。怖さで気絶した女性にチカンしまくっていたのでは無いかと私は思ったのですが私に大爆笑されたのにコリて成仏して欲しいです。その部屋は、たぶん出る部屋だったのかな?と言いますのも部屋に案内されて入った瞬間に男女の心中死体が視えたのです。その時は飼っているフェレット4匹と一緒の旅行でして、お掃除グッズやら色々と出したりと休憩する間もなく。霊なんぞに構っていられません。

そのうち心中霊は消えましたが、今度はトイレとお風呂がある場所に続くドアが閉めても閉めても開くのです。そのドアは床から少し高い場所に付いていまして開いたドアの下から女性の足がリアルな感じで視えます。「だから、なに?ウザイですよ?」でしか無かったのですが。

そことは違うホテルでしたが、生首のソコ同様にホテルの2部屋程がペット可にしているホテルではフェレットがお風呂場のガラス製のドアの下の小さな隙間に腕を入れて埃を掻き出して。フェレットは知らない家とかに行くと人間の手が届かない場所に腕を入れて埃などのゴミを掻き出す事をよくやるのですが。ペットの分のお金を払ってんだからアナタはお客さんだぞ、掃除しないのっ!てな感じでしゃがんだら隣の洗面台の下の壁に血飛沫のような染みがありました。霊は出ませんでしたが朝に携帯を見たら踏んだりしていないのに画面がひび割れていました。それらの体験から独断と偏見でホテルの一部がペット可に割り当てられたとこって、そういう部屋を使うのかな?って。それより、生きている人間の方がずっと怖い。ホテルの一部でしょうが大浴場の隣が部屋となっている所は危ないですよ。ヒント・マジックホニャララ。
Posted by マダムёクロフォードの館 at 2019年05月28日 18:14
Kさん!ありがとうございます。
近々、送らせていただきます。
よろしくお願いいたします。m(__)m
Posted by タマヒロ at 2019年05月26日 21:41
Kさん皆様、こんばんは。m(__)mあちらこちらで、〝五月の気温が観測史上最高〟と言われていますね。(^-^;今宵も「徒然なるままに怪の話を」語らせて頂きます。m(__)m扇風機がわりに、どうぞ。m(__)m私の体験です。まだ私が20代の頃。某福祉工場に勤めて間がない時でした。私は、併設されている授産工場に入所したのですが、福祉工場に採用されました。書類上の手続きで、よく、生活担当の職員さんが、「職安に行って下さい」とか教えて頂きました。そんな、ある日。いつもの様に仕事をしていると、後ろの方にジーンズを穿いた人が見えた。先程も、書きましたが、配属が変わったから、手続きの事を仕事中でも教えてくれるんですね。私、てっきり、職員さんだと思い「すみません。この部品の、作業が終わってから聞きます」って言ったんですね。作業が終わって、「お待たせしました。何でしょうか?」と聞きながら、後ろを向くと、誰もいない。「あれー?いない。もしかして、忙しそうだったから事務所に帰ったのかな?」と思い、横にいた先輩に「さっきの職員さん、どうされました?」と聞くと、先輩「へ?職員さんなんて来ていないけど」その先輩の言葉で、「ああ、そういう事か」と思いました。でもね、私、はっきり見たんですよね。ジーンズを穿いた足。よく、幽霊は足が無いって言いますが、足は有ると思います。いや、足だけの幽霊はいますね。私、見ましたから。扇風機がわりになりましたでしょうか。それでは皆様、良い夢を。
Posted by シニョーラ・カイダンスキー at 2019年05月26日 21:31
タマヒロさん、こんばんは。
お返事が遅くなってしまい、大変失礼致しました。
勿論、サインはいつでも受け付けておりますので、下手くそなサインで宜しければいつでも会社(細田塗料)宛てにお送りください。
お待ちしております。
Posted by 営業のK at 2019年05月26日 20:01
Kさん皆様、こんばんは。m(__)mぷぅ様。妹さんの言葉と態度、お辛いですね。(._.)そういう風になってしまうくらい、ワンちゃんは御家族に愛されていたのですね。(._.)きっと、妹さんはショックが大きすぎて心がついていってないのだろうと思います。妹さんが、「誰も悪くない。ある意味、天寿をまっとうしたのだ」と、気持ちが落ち着くと、態度が軟化すると思います。m(__)m妹さんの心が早く落ち着く様に祈らせて頂きます。m(__)m
Posted by シニョーラ・カイダンスキー at 2019年05月26日 19:13
Kさん皆様こんばんは

愛犬が亡くなって既に10日ほど経ちました。

皆様本当に本当にありがとうございます。
まだまだ毎日泣いて、ぽーっと気晴らしにゲームしてみたり、Twitterリツイートしまくってみたり・・・・

母といないねぇ。と寂しさを分かち合って過ごしています。

でも、妹からしたら私のせいで愛犬が亡くなったと顔を見れば責められ、写真すら飾らせてもらえず、遺骨には暴言をはかれ、最近はそちらにも頭を悩ませています。

確かに私が一緒に寝ていて、気がつけば亡くなっていたし、私が育てていたので、確かに私のせいなのですが、責められると、返す言葉も出ず辛いです。

でも、別の妹や、職場の方々や、こちらの方々の優しいお言葉で、なんとか頑張っている姿を愛犬に見てもらおうと思っております。

皆様本当にありがとうございました。ご心配おかけしました。

何かでお返ししたい気持ちでいっぱいなのですが、とにかくお礼をどうしてもお伝えしたかったので。

本当にありがとうございます。
うちの可愛い可愛い愛犬も、しっぽふりふりで喜んでいると思います。

では、皆様ご自愛くださいませ。
Posted by ぷぅ at 2019年05月26日 18:14
Kさん。今さらですが、サインって受け付けてますか?発売して今大変だろうな~って思ってたら、こんなに時間がたってしまいました(汗)
私自身も、忙しくしばらく見れなかったというのもあるのですが‥

Kindleでも読んだし、紙の方も買いました!表紙がおとなしくて、本棚に入れても怖くなくていいですね!

無理だったら返信いいですから!
すみません。
Posted by タマヒロ at 2019年05月26日 11:36
Kさん皆さんこんばんは。
訪問してみたら更新されていて嬉しいです。
Aさんと自分が似ている部分があってとても感慨深く読ませてもらいました。
媚びないところが似ている気がします。
AさんもKさんも姫もファンの私ですが
拝読できて幸せです。
有難うございます。
Posted by エッコ at 2019年05月25日 23:38
Kさん皆様、こんばんは。m(__)m非公開の関〇様。初めましてシニョーラ・カイダンスキーと申します。m(__)m身障者です。車イスに乗ってます。(*^^*)お子様の習い事、保護者間のお付き合いにお悩みの様ですね。(^-^;独身で子供がいない私が言うのも何ですが、煩わしくとも、そのうち関わらざるを得ない事になるようになってくるのでは無いでしょうか?そこで、新しい人間関係が出来て、今までと違う世界が出来ます。人間、一人では生きられない。しかし、友達は選ぶ事が出来ます。反対に、あなた様も周りの方々からえらばれますが。(^-^;最低限のお付き合いからで良いのでは無いでしょうか?(*^^*)返信が必要でなかったのでしたら、御免なさい。m(__)m
Posted by シニョーラ・カイダンスキー at 2019年05月25日 21:11
Kさん皆様、こんにちは。m(__)mマダムёクロフォードの館様。目の前に生首があるのに、下ネタが浮かぶ。そして笑う。肝っ玉、太いですね。(゜ロ゜)そんなもの見てしまったら、私なら気絶しそうです。(^-^;でも、生首の方も驚いたでしょうね。(^-^;顔を見てニヤッと笑ったという事は、驚かす気マンマンだったでしょうしね。(^-^;
Posted by シニョーラ・カイダンスキー at 2019年05月25日 10:53
人間関係の距離感、損得感情か…。
子どもの習い事、保護者関係の面倒臭さ真っ最中です。
Kさんは営業、Aさんは学校、姫さんは円満に努力されていると皆さま尊敬します。私は、逃げてます。どうしましょう…。
Posted by 非公開の関○です。 at 2019年05月25日 10:53
某自殺スポットとして有名な土地が見えるホテルに泊まった時、深夜にふと目が覚めて足元の方を見ると青白い男性の生首が私の方を向く状態でいました。ソレに気付いた瞬間、スーッと滑るように私の顔の前に来ました。そしてまた、滑るように足元に戻ってからまた顔の前に来て今度は私の目を見つめてニタァ~と笑ったのです。

ソレの顔、某カンフースターによく似ていました。その瞬間「鼻のデカイ男はチ〇〇もデカイ。」そんな話を中年の女性は恥ずかしげもなくギャハギャハと言うものですが、その言葉を思い出してしまい「首から下が無いから確認のしようもないね、ああ残念。」と思ってしまい自分で自分のその言葉にウケて大笑いしてしまったんです。生首の霊を見て大笑いする人なんてソレは出会った事が無かったんだかは知りようもありませんが、驚いたような表情をして消えました。ジャッキーに似ていたばっかりに大爆笑された霊、こうしてコメントにしてみたらなんだか可哀想な気がしてきました。な~む~。
Posted by マダムёクロフォードの館 at 2019年05月25日 00:51
Kさん、皆様、こんばんは
久しぶりのAさんと姫のお話し…
思わず「うんうん」と、頷きながら読んでしまいました

Kさん、どうぞ無理だけはなさらす

ありがたく読ませていただきました
m(_ _)m
Posted by ラムレーズン at 2019年05月24日 21:29
k様 こんばんは。
A様って照れ屋で誰よりも優しい人だと思います。
私は好きだな(お会いした事ないけど)
Posted by ちんぱん at 2019年05月24日 21:26
Kさん皆様、おはようございます。m(__)mA姐さんのような考え方、私も同じです。本音を言える友人はわずかで良いと思います。(*^^*)そう言えば「ほん怖」という雑誌に連載されている寺尾玲子さんという霊能者が、〝この仕事は菩薩と鬼の両方の心を持ち合わせていないと出来ない〟と、言っていましたが、姐さんの仰っている事と同じですね。(*^^*)今日も暑いです。皆様、熱中症にご注意下さい。m(__)m
Posted by シニョーラ・カイダンスキー at 2019年05月24日 08:16
営業のKさん

こんばんは☆
更新ありがとうござます!
Aさんと姫ちゃんのお話で 嬉しいです(^o^)
そんな お二人の仲間がいて羨ましい限りです。
これからもAさん、姫ちゃんのお話を熱望します。

これから暑くなりますので、体調には気を付けてくださいませ。
それでは、またの更新 楽しみにしてます。
Posted by しゃねる at 2019年05月24日 00:41
K様、怖くない話をありがとうございます。
話の中のAさんは、ちょっと怖いけど大好きです。
考え方にも凄く共感します。
姫ちゃんもかわいくて、頼りになる娘みたいです。
なんか、Kさんとの3人トリオがうらやましいです。
私は、イチロー「亡くなった愛犬の名前です」ですが、女性です。
紛らわしくてすみません。
Posted by イチロー at 2019年05月24日 00:09
Kさん、更新ありがとう!!
Posted by surf at 2019年05月24日 00:07
投稿し終わったところへ
通知メールが
キターー(^◇^)
Posted by とも at 2019年05月23日 23:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count