› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 2階の窓から見えた女の子

2019年06月08日

2階の窓から見えた女の子

彼は小学6年の時、通学途中に在った中学校の体育館から見える



女の子に一目惚れした。



体育館の2階の窓からほおづえをつく様にして遠くを見つめているその子は



小学生の彼にとって、とても大人びて見えた。



彼にとって小学校の登下校はとてもドキドキ出来る至福の時間になった。



そのうちに、その女の子も彼の存在に気付き、彼に笑顔で手を振ってくれる



ようになった。



早くその中学に通いたい・・・・。



彼はそう思っていた。



そして、いよいよ彼は中学生にらなり、その入学式が、その体育館を利用して



行われた。



ドキドキしながら入場した彼だったが、、思わず自分の目を疑った。



体育館には2階は無く、高い場所に窓は付いていたがとても人間が登れる



様な場所ではなかった。



あの女の子は、どうやってあの窓から外を見ていたのか?



しかし、その答えが見つかる筈もなかった。



そして、それ以降も彼の登下校時、体育館から、その女の子がいつも手を



降ってくれたが、彼はその場所を恐怖で顔をひきつらせながら走り抜ける



様になったということだ。


Posted by 細田塗料株式会社 at 23:48│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count