› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › トンネルから出られない

2019年06月09日

トンネルから出られない

これは俺の知人から聞いた話である。



彼は俺と同じく営業職として某会社で働いている。



そして、俺と違い、かなりの広い範囲を担当として任されているらしく、



富山県、福井県は勿論のこと、新潟、滋賀、岐阜、長野辺りまでが彼の



担当になるらしい。



そんな彼だから、なかなか忙しく、本社がある石川県内にいる事は、月に



10日も無いのだという。



そんな彼がある年の冬、仕事で新潟へと向かった時の事。



その年はかなりの豪雪であり、新潟県という雪の多い地域に慣れている



彼にとっても大変な年だったようだ。



いつものように、営業用のバンに乗り、高速道路で一路、新潟市を目指して



走り続けていた。



石川県と新潟県を結ぶ高速道路はやたらとトンネルが多い。



北陸新幹線にしても、車窓から見える景色は、その殆どがトンネルの壁



という事なのだから仕方ないのかもしれないが・・・。



彼の場合、高速道路を走る時は出来るだけ速度を一定にし、淡々と走り続ける。



その方が疲れないのだという。



ただ、閉所恐怖症という訳ではないのだが、やはり長いトンネルを走っていると



そのまま何処か異世界に落ちていくような気がしてしまうらしい。



そして、どうやら、その時はある意味、本当にトンネルの出口には異世界が



待ち受けていたらしい。



それは、雪。



トンネルの入り口にはたいして積もっていなかった雪が出口付近では、完全に道が



大雪の為に閉ざされており、トンネル出口は行き場を失った車が渋滞の列を



作っていた。



ドライバー達が車から降りてトンネルの出口付近まで歩いて様子を見に行っていた



らしく、彼もずくに車を降りてトンネルの出口へと歩いて行った。



車だと近く感じた出口も歩くとなると、かなりの時間を要した。



そして、ようやくトンネルの出口に着いた彼はその景色に茫然とした。



トンネルの出口から出た所に車が何台か雪に突っ込む形で停まっており、その車



の屋根にもかなりの雪が積もり、ほとんど車体が見えない状態だった。



なんなんだ・・・これは?



彼もそんな場面に出くわすのは初めてだったらしく、しばらくの間、その場に



立ち尽くしていたが、ハッと我に返ったように急いで車へと戻った。



車のガソリンの残量が心配だった。



しかし、ガソリンは、まだ半分以上残っており彼は胸を撫で下ろした。



まずい事になったな・・・・・。



彼はそう思った。



確かに、彼は以前、トンネルではなかったが一般道で大雪による大渋滞で



車内で一夜を過ごした事があったのだが、その時の経験から、この様な



場合、食料や毛布などの無料配布、そして場合によってはガソリンの



配布も行われる事を経験していた。



ただ、仕事の予定が大幅に狂ってしまう。



とにかく、先方に連絡だけは入れておかなければ・・・・。



そう思い、再び、彼はトンネルの出口へと歩いた。



最近のトンネル、いや、携帯の場合、トンネル内でも通話が可能な場所が



増えているがその当時はトンネルの中で携帯が使えないというのは常識



だった。



トンネルの出口までやって来た彼は携帯を取り出して客先と、そして



自分の会社に状況説明の電話をした。



そして、どうやら、その間に遠くの方で除雪作業が始まったのが見えた。



もしかしたら、トンネルの中で一夜を過ごさなくても良くなるかもしれないな。



そう思っていると、前方から雪をかき分けて作業着の上に防寒着を着た



男性がこちらへと近づいてくる。



そして、トンネルまで来ると、その場にいた彼を含むドライバー達に



申し訳なさそうに説明を始めた。



想定外の大雪で除雪の目処が全く立たないという事。



近隣地域が全て大雪で埋まっており、食料や毛布、ガソリンなどの配布は



事実上困難。



という内容の説明をして、その男性は除雪作業へと戻っていった。



その場に残されたドライバー達は、一旦各々の車に戻ったが、そのうちの何人かは



他の車を回り、何ゆら話し込んでいた。



どうやら、ガソリンの残量が少なく、エンジンを掛けたままにして暖をとる事が



不可能と判断し、朝が来るまでの間、他の車に乗せて貰えないか?と交渉



している様だった。



トンネル内に取り残されたのは全部で80台ほどの車だった。



どうやら、既に高速が通行止めになっているらしく、それから後にやって来る



車は1台も無い。



そして、彼の車はちょうどその最後尾に停まっていた。



もしかしたら、自分が通って来た間にも、何らかの警告表示が出されていたのかも



しれない、と彼は後悔していた。



そして、このまま朝まで頑張ったとしても、その後に道路が復旧する



保証は無かった。



しかし、慌ててもどうしようもないと思った彼はそのまま車の中で



室内灯を点けて、持って来ていた文庫本を読み始めた。



そのうち、彼の視界から見えるトンネルの出口が、どんどん暗くなっていくのが



分かった。



時計を見ると既に時刻は午後5時を回っていた。



そして、ちょうどその時、誰かが停車している車を回り何かを説明している



のが見えた。



そして、すぐに彼の車にもやって来て、説明を始めた。



それは高速道路の管理会社の職員が、安全の為に、高速道路を徒歩で降りた



所にある町の公民館などに仮の宿泊所を急遽、設置し其処への避難を



呼びかけている、という事だった。



勿論、彼も、トンネルの中で一夜を過ごすなど勘弁してほしかった。



しかし、その時、彼の車にはかなり高価な機材が積まれており、それを



車に残したまま、その場を離れるなど出来る筈も無かった。



だから、彼は丁寧にその申し出を断った。



しかし、その職員もしつこいくらいに引き下がらない。



その後、しばらく、問答が続いていたが、根負けした職員は、



何があっても知りませんよ・・・・。



ここは普通のトンネルじゃないんだから・・・・・。



そう捨て台詞を残し、2個のおにぎりとお茶のペットボトルを彼に渡すと



そのまま車から離れていった。



そして、車の運転席に座って様子をうかがっていると、どうやら彼一人を残して



他の全てのドライバーが車から離れて、その公民館での宿泊を選んだ様で、



どんどんと車のドアがロックされ、ドライバーがその場から立ち去って行った。



そして、30分も経たないうちに、トンネルの中には彼だけが残された。



トンネル自体には明かりもあり、暗くは無かったが、その中で響いているのは



彼の車のエンジン音だけであり、彼はかなり不安を感じたという。



それでも、こんな体験など、望んでも出来るものじゃない、と自分に言い聞かせて



モチベーションを保った。



そして、先ほど渡されたおにぎりを食べ、そして車のトランクにあるバッグから



その日の夜、宿で飲もうと思っていたウイスキーを取り出して、それを



チビチビと飲みながら好きな音楽を聴いていた。



しかし、疲れの為か、彼は急に眠気に襲われて、少し早いが寝る事にした。



車のバッテリーが心配だったので、ラジオも室内灯も全て消した。



そして、



明日の朝にはきっと道路も復旧されてるさ・・・・。



と自分に言い聞かせながら、深い眠りに落ちていった。



ふと、真夜中に目が覚めた。



時計を見ると既に午前2時を回っていた。



そして、体が冷え切っているのが分かった。



エンジンが停止していた。



エンジンを自分で切る筈はなかった。



どうして?



彼は上体を起こし、車のエンジンをかけようとキーを回す。



しかし、エンジンはかからなかったという。



何故?



故障したとでもいうのか・・・・。



こんな寒さの中でエンジンが掛からなくなれば、凍死しかねない。



彼は車の外に出てエンジンを確認しようとした。



その時、彼は気が付いた。



トンネルの中が真っ暗になっていた。



トンネル内の明かりが消えるというのは聞いた事が無かった。



いったい、どうなってるんだ?



そう思って彼が車から出るのを辞めてたりを見回した時、彼は



うわぁ!



と思わず大声を出してしまった。



女が助手席の窓から彼を覗いていた。



最初、彼は地元の住民が心配して彼の様子を見にきてくれたのだと思った。



しかし、それが間違いだという事がすぐに理解できた。



その女は真っ白な着物を1枚だけ着ていた。



この寒さの中で・・・・。



そして、窓に顔をくっ付けるようにしているというのに、窓が曇っている様子



が無かった。



息をしていない?



彼は慌てて車のドアをロックしてその女から視線を逸らした。



すると、どうやら、そのトンネル内に居るのはその女一人ではなく、沢山の



白装束の男女がトンネルの中をゆっくりとそして滑るように移動しては



停止している車の中を覗いていた。



そして、彼の車の周りにも、まるで砂糖にたかる蟻の様に沢山の男女が



取り囲むように集まって来て、車の中を覗き込み始めた。



彼は恐怖で固まり、その場にうずくまる様にして身をかがめた。



とても正視など出来なかった。



そして、その時、何故か生きていると悟られてはいけない、と感じたという。



そのうち、車のドアの取っ手がガチャガチャと動かされる音が聞こえ、そして



その後には、



でてこ~い・・・・・。



でてきなさ~い・・・・・・。



という男女の声が入り乱れるように聞こえてきた。



彼は耳を塞ぎ、必死でシートの間に顔をうずめるようにして震えていた。



全身に力を込めて体震えを抑えようとした。



それでも、明らかに彼の体は自分でも、どうしようもないほど、情けなく



震えていたという。



そして、そのうちに、彼の体から一気に力が抜けて、彼はそのまま意識



を失った。



どれくらい、時間が経過しただろうか・・・・。



彼は、除雪作業をしていたであろう男性が、車の窓をどんどんと叩く音で



目が覚めた。



ハッと目覚めた彼は窓の外にいるのが普通の人間だと確信すると慌てて



車から飛び出した。



心配そうに色々と声を掛けてくれる作業員の男性の目が何度か車の窓の方へ



向けられた。



そこで、彼は昨夜体験した事を話した。



すると、その男性は、



まあ・・昔、このトンネルが出来る前には此処でも色々とあったみたいだしなぁ、と



言って、車の窓を観察し出す。



すると、その男性は、あれ?と言ったかと思うと、



この窓に付いている手形だけど、間違いなく窓の内側から付けられてるよ・・・・。



あんた、よく無事でいられたなぁ・・・・。



と妙に感心されたという。



彼は、



いえ、窓の外から沢山の男女が車の中を覗き込んでましたけど、車の中には



入って来てませんけど・・・・。



と言って、窓の手形を確認すると、やはり、その男性が言ったとおり、沢山の手形が



車の内側から付けられているのが分かり、彼は一気に恐怖のどん底に落とされた。



彼は、その日の午後には復旧された道路で、その場を無事に離れる事が出来た。



しかし、その後、洗車やお祓いなど、とても大変だったと言った。



そして、もしも、あの時、車の外に出ていたら・・・・。



そう思うと、今でも鳥肌が立ってしまうんだ・・・・。



そう震える声で呟いた。


Posted by 細田塗料株式会社 at 18:33│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count