› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 真面目に商品説明シリーズ5

2011年08月09日

真面目に商品説明シリーズ5

営業のKです。

車のボディや古い看板の塩ビシートやシールを剥がす作業って結構大変ですよね?

専用のツールで回転式のラバーで擦り落とすというのが一番手っ取り早いとは思いますが

使い方や盤面の素材によっては、コゲ跡が残ったりする場合も有りますし、何より工具も

安くはありませんので・・・。

で、オススメ品を何点かご紹介。

まずは、3Mの”フィルムはがしらくらくスプレー”

貼ってからそれほど経っていないものであれば、これでも十分です。





更に強力タイプという事になると、

”エナトロンチェリー””エナトロンクリーン”を併用して使うことになります。









エナトロンチェリーは、塩ビシートの上から塗る事によって、化学反応により

浸透し、糊と塩ビフィルムを分離させる事に作用を絞った商品です。

そして、エナトロンクリーンは、糊だけが残った面に、塗る事により、糊を液状にして

簡単に拭き取れるようにする事に限定した商品です。

ここで、使い方のコツなんですが、チェリーとクリーンのどちらも、気化しやすいという

特性がありますので、ハケで塗ったら、すぐにサランラップでも何でも良いので、空気から

遮断してあげるとより高い効果が期待できますよ。

そうして、1分ほど待つと、シートが勝手にボコボコ膨らんできます。

逆に、効果がありすぎて、盤面の艶が無くなったり、ざらざらになったりしますので

ご使用の際には、必ず目立たない場所で、どれ位の放置時間が最適か、テストしたうえでの

ご使用をお勧め致します。

ちなみに、エナトロンクリーンは、糊と一緒に盤面の汚れも一緒に溶かしだしてくれますから

あっという間に、新品の盤面に・・・という事も有り得ます。

とにかく、一度お試しください!


Posted by 細田塗料株式会社 at 00:03│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count