2013年06月24日

(改)中古車の怖い体験

あれは、自分が大学卒業したての頃だから、かれこれ20年

以上前の事になる。

免許取って最初に買った車。

中古のファミリアという車だったと思う。

高年式の割りに安かった。

だから

とにかく運転が楽しくて、毎日、用も無いのに走り回ってた。

そんなある日、友人の家で遊び、帰りが午前2時か3時だったと思う。

三馬方面から走ってきて、有松の交差点に差し掛かった。

この時間帯になると、さすがに車は少ないとは思うが、友人の家から、

その交差点まで、一台の車ともすれ違わなかった。

さすがに車が少なすぎるから、何か変な気分だった。

で、交差点の信号が赤になる。

当然、ブレーキを踏んで減速する。

その時、ルームミラーの中に何か動いたような気がした。

やっと、後続の車がきたのかな!?

と思い、ミラーに目をやった。

体が硬直し、思わず、ヒッと声を出してしまった。

知らない女性が後部座席に座っていた。

目を見開き、姿勢を正し、丁度、記念写真に写るような感じで。

ミラー越しに自分を見てはいなかったが間違いなく、女がそこにいた。

服は白っぽいワンピース。

後部座席に座った状態でも、異様に背が高く感じた。

髪型は、真っ黒な髪が腰の辺りまで伸びていた。

美人なのだが、目鼻立ちがはっきりし過ぎており、

怖い顔という印象が強かった。

余程、怖かったのか、短い間に、結構細かく憶えている。

自分の目を疑いつつも、その女が自分の方を見ていなかった事で、

もう一度、ミラーを確認する勇気がでた。

ミラーを見る。

するとあろうことか、今度はその女は、身を乗り出し、丁度、運転席と

助手席の間、つまり、俺の肩越しまで身を乗り出し、

ミラーではなく、今度は大きく見開いた目で俺を睨みつけている。

それを見た瞬間、俺は、無意識にドアを開き、転げ落ちるように車から出た。

赤信号で止まりかけとはいえ、危険な行為だという事は分っていたが

俺の中の防御本能が自然とそうさせた。

俺が飛び降り、無人となった車だったが、ほとんど停止状態だったため、

そのまま、坂になっている道路をゆっくりとバックして路肩にぶつかり止った。

その時、不思議な事だが、耳鳴りがして、尚且つ、自分の他には、この空間に

誰も存在しないような無音状態になっていた。

強い恐怖と孤独感に包まれた。

そして、俺は腰が抜けた状態で、もう一度車を見た。

すると、女は見えなかった。

カーステレオからの音楽だけが聞こえていた。

それでも、俺は動けなかった。

放心状態のまま、その場にへたり込んでいた。

そのまま、どれくらい経っただろう。

突然、フッと耳鳴りが消えた。

そうすると、今までが嘘のように、対向車線や後ろから車が走ってきた。

しかし、怖くて車に戻れない自分を皆、不思議そうな顔で見ている。

しかし、他の車が見えると安心する物で、もう一度、車に近づき中を確認する。

女はいなかった。どこにも。

俺はおっかなびっくりで車に乗り込み、

そこから、自宅まで、何とか車を走らせた。

そして、翌日、購入したカーディーラーへ電話した。

あの車で、誰か死んでませんか?

すると、ディーラーの営業マンは

軽い衝突事故はありますが、けが人も出ていません

との返事が返ってきた。

親や兄弟に話すと、寝ぼけたんだろ!との事。

納得はいかなかったが、新しい車に買い換えるお金も無い為、

まあ、それならとそのまま車に乗り続ける事に決めた。

しかし、ある日、別の友人の家に遊びに行った時のことだ。

そのまま友人を乗せて、別の友人の家へ向かう予定だったので、

家の前でクラクションを鳴らした。

すると、その友人が家から出てきた。

チラチラと後部座席を気にしながら。

そして、友人は、そのまま車には乗らず、俺の方へと近づいてきた。

彼女できたのか?

と友人。

は?何言ってるの?

と俺。

だって、お前が女乗せてくるなんてな。

と友人。

やめてくれ。このあいだ、変な事があったばかりだから。

と俺。

気持ち悪くなった俺は、車から出る。

そして、その友人と二人で車の中を確認した。

誰もいない。

あれ?

と友人。

だって、間違いなく座ってたぞ!

髪の長い、妙に姿勢の良い女が!

と続けた。

俺は、慌てて友人を連れて家の中に入り、友人が見たであろう女の

特徴を聞いてみた。

髪が長くて、姿勢が良くて、目を見開いている。

そして、白っぽいワンピースを着ている。

俺が、数日前の深夜に見た女と特徴が同じだった。

こうなったら、やる事は1つ。

友人に頼んで、一緒に車屋まで行って、そのまま理由を話し、

買い戻してもらった。

結構、安く買い叩かれたが、そんな事はどうでも良かった。

もしかしたら、俺に憑いていたのかも・・・という不安もあったが、

次に買った車では、怪奇現象は起こらなかった。

これも、本当にあった話だ。


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:57│Comments(3)
この記事へのコメント
営業のKさん

この女性って、東尋坊に繋がっていますか?間違いならすみません。

ある意味、車には持ち主の念が入りますよね。
特に、持ち主の人生に関わる様な時期に所持されていたと為れば・・・。
あぁ〜、スズキのキャリー、トヨタのタウンエース・・・私のバイクのトランスポーター達は今頃・・・。
Posted by 中西 at 2017年04月05日 18:26
お祓いやお守りで「交通安全」とかって見ると、温泉の「効き目腰痛」と同じ位、当たり前すぎて有り難みに反応しないんですが、

大事ですね(笑)
もーハンドルがきかなくなるとか、さんざん読んできましたから(笑)学んでます!

しかしまた髪の長い背の高い女っ
ショートカットのぽちゃの小柄な女っとか、なんでいないんですかねぇ…
Posted by メチャ✩ at 2017年07月04日 12:14
怖いけど、中古車しか買えない‥と思う。安くてビックリのは、買わないようにするので、どうか怖いことありませんように(祈)
Posted by あでゅう at 2017年11月22日 13:04
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count