› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › (改)古い写真に写りこんだ霊。

2013年06月27日

(改)古い写真に写りこんだ霊。

1枚の写真がある。

何のことは無い。

ただ、写真が趣味の俺が、中学時代に友達に頼まれて

撮影した女の子の写真だ。

その写真が普通でない事に気付いたのは、高校生の時に

古い写真を整理していた時の事だった。

写真の構図は、こんな感じだった。

確か、美術室で撮影した写真だったと思う。

照れたように笑う女の子の後ろに白い壁がある。

そして、苦しそうな女性の横顔が、背後の白い壁に写っていた。

元々、心霊写真の類は信じていなかった俺は

なんだ、これ?

位にしか思わなかった。

だから、そのまま、その写真を他の写真同様に、保管箱の中に

適当にしまい込んだ。

そして、また1年後くらいに、写真を整理していた時、その写真が

目に留まった。

明らかに、1年前と比べると、そこに写り込んだ顔が増えていた。

そして、どれも、苦しそうな顔に見えた。

さすがに気になった俺は、その写真だけを木箱に丁重に

保管する事にした。

そして、定期的に、その写真を確認するようにした。

勿論、顔が増えていないかを確認するということだ。

そして、その写真は、年を重ねるごとにどんどんと

写りこむ顔を増やしていった。

どれも、苦しそうな顔。

憎しみに満ちた顔だった。

最後に確認したのは、もう10年以上前になるが、その時で

既に、写り込んだ顔は10個以上になっていた。

そんなある日、その写真を見せた友達が事故で大怪我を負う。

そして、それをきっかけにして、色々な不幸や怪異がそれを見た

者達を襲った。

さすがに何か、気持ち悪くなり、お寺にその写真を持ち込んだ。

そして、写真を見終えたお坊さんに言われた。

この写真のネガはこのまま、置いていきなさい。

祓う事は出来ないが、閉じ込める事なら出来るかもしれない。

ただ、写真に関しては、もう既に遅すぎるから・・・・。

こちらも、貴方と心中する訳にはいかないから・・・・。

だからずっと手元に置いておきなさい。

そして、毎日1回は必ず、その写真に向かって

手を合わせること。

そうすれば、もしかしたら、助かるかもしれない。

ただし、貴方を含めて、絶対に人の目に触れさせないように。

そうしないと、取り返しがつかないことになるということだ。

そう言われた。

何が既に遅すぎるのか、説明は無かった。

それが、更に恐怖を増した。

そして、それからは、その写真は自分の部屋の押入れの奥深くに

眠っている。

カギ付きの金属製のケースに入れて。

勿論、毎日、そのケースが保管してある場所に向かって、

手を合わせている。

そして、写真に写っていた被写体の女の子には、特に何も起こって

いなかったのが不幸中の幸いだった。

そして、後で、調べて分った事だが、自分が通っていた中学がある

場所は、江戸時代には、罪人の処刑場だったそうである。

そして、斬首された者は、そこにずっと晒されていたということだ。

その首が写りこんだのだろうか?

今となっては、取り返しの付かない事をしてしまったと後悔しきりである。

ただ、最近、その写真の顔が更に増えているのか、確認したい衝動に駆られている。

ずっと、見つからなかった鍵も何故か、最近、突然見つかった。

何かが俺にその箱を開けさせようとしているのか?

確認したい気持ちと、嫌な胸騒ぎ。

勿論、箱は絶対に開けてはいけない事は分かっている。

わかっているが・・・この気持ちは。

俺は、今、近いうちに、その写真が保管してある箱を

開けてしまう様な気がして、怖くて堪らない。


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:18│Comments(3)
この記事へのコメント
営業のKさん

けれは今、Kさんの身辺で起こっている怪異とは関係が無いのですか?

その時代、確かに刑に処させた無念はわかりますが、希望して得た訳でない霊感を持つ現代人に、災いを振り撒く理不尽さに憤りを感じます。
Posted by 中西 at 2017年04月05日 18:49
その衝動を読んで黙っているわけにはwww
本当にKさんは、コワイ種を育てる能力があるんでしょうか。また、凄いものをお持ちですね。
僕なら絶対開けません。
ただ、Kさんの何かがその写真をそのようなものにする能力があるのかも。
その中学でも写真は沢山撮られていたと思いますし。
Kさんが開けたいという衝動があるのでしたら、お祓いできる能力のある口の悪い30代の方?に相談して、この写真を一緒に見る等の解決ができないものでしょうかね。
僕はそれが一番良いように感じました。何度もコメント済みません。
Posted by ひで at 2017年05月15日 10:31
現在進行形ですか…

ふつーに考えて、いくら鍵をかけてても、万が一自分の身に何かが起こった時、引越しの時、子供がなにこれ?って箱を見つけた時、土に埋めても見つけた未来の人間が知らずに開けてしまう可能性は0ではないですよね…
平行線ではなく、どんどん取り返しがつかなくなるだけなら、
姫様に1度みてもらってはどーですか?汗

あの、血でかかれた絵や従兄弟さんの写真のようになる前に。
Posted by メチャ✩ at 2017年07月04日 11:56
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count