› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › (改)怪奇スポット おかりや公園

2013年06月30日

(改)怪奇スポット おかりや公園

金沢市のお隣り、白山市の松任という所に、おかりや公園

という公園がある。

以前は、周囲の古めかしい雰囲気の為か、とても暗く、

湿っぽい雰囲気が感じられた。

しかし、今は、駅前の再開発で、周囲が整備され、心霊スポット

というイメージとはかけ離れた明るいイメージの公園になっている。

しかし、この公園が元々持っている霊的なエネルギーはいまだ

衰えていないようだ。

昔はここにお城があり、戦の際に、沢山の武者が、ここで首を刈られた

事から名前が由来しているというおかりや公園。

確かに、昼間は、昼食を食べるOLさんが居たりと、ごくごく普通の日常

に溶け込んでいるが、夜になるとやはり、異様な雰囲気が漂う。

大きな石碑もあり、小さな公園なのだが、霊の目撃談が絶えない。

ある人は、幾人もの声を聞いたといい、また、ある者は、

自分の首を捜してさまよう首の無い霊を見たと言う。

昔、どれだけの惨劇があり、そして、どれだけの恨みが蓄積

されているのかは、知る由も無いが、とにかく負の

パワーを強く感じる。

実は過去にこんな事があった。

得意先の飲み会ということで、おかりや公園近くの居酒屋

に集合した。

飲み会は盛り上がり、そのまま2次会、3次会へと進む。

そして、午前2時頃にお開きとなった。

その日は、どうやら金沢市や白山市で飲み会が多数あった

ようで、タクシーを呼んでもらったのだが、いつ来るか、分らない、と

言われてしまった。

それなら、もしかしたら、JRの松任駅ならタクシーが居るかもしれない、

と思い、JR松任駅へ向かった。

しかし、当たり前なのだが当然、松任駅にもタクシーはおらず、

タクシー待ちの長い列だけが伸びていた。

かといって、歩いて帰宅出来る距離でもないので、仕方なく、

何処かで暇つぶしをしようと考えた。

そして、思い立ったのが、おかりや公園だった。

昼間や夕方には、何度も行った事はあった。

だから、大して期待?もしていなかったが、何かの話の種に

でもなれば、という軽い気持ちだった。

しかし、おかりや公園の敷地内に足を踏み入れた途端、

突然、寒気と耳鳴りに襲われた。

そして、外から見る公園と、実際に中から見る公園の

暗さが明らかに違う事に驚かされる。

それでも、更に歩を進めて、大きな木に近づこうとした時、

俺は、足を止め、固まってしまった。

そこには、高貴な着物を着た髪の長い女性が、ゆっくりと

手招きをしていた。

落ち武者が出るんじゃないのか?

そう思ったが、何故か、引き寄せられるように、その女性の

方へと無意識に歩いていく自分がいた。

その時、突然、近くから大きな音がした。

どうやら、偶然にも、近くで車通しの事故があったようだ。

俺は、ハッと我に帰り、逃げ帰るように、その場を後にした。

偶然にも、事故が発生しなかったら、俺はどうなっていたのか?

俺が夜には、最も近づきたくない場所のひとつである。


Posted by 細田塗料株式会社 at 23:51│Comments(2)
この記事へのコメント
営業のKさん

こうして読み返してみると白山って白山って、白山って本当・・・怪異だよ!全員集合〜じゃないですか(泣

さすがにKさんが最恐?と言われる訳ですね。
Posted by 中西 at 2017年04月05日 21:04
今年、初めてたまたま通った石川県の私はいったい何処を通ったのか、改めて知りたくなり、位置登録ゲームでスタンプを押してたので今見てきましたら、
「加賀」だけでしたわ…そっかっ(ほっ笑)
平安時代からの悪霊記事で、え?と思いましたが、私はほってたら何10年何100年経てば自然に浄化されるものだと思ってたので、
されずにいるモノもいるんだ?!と思うと、どう考えても、今生きてる数より無念怨念の中、亡くなっていく数の方がこの先も多くなりませんか?
それに採算があう勝てる手段ってあるんですかね?
Posted by メチャ✩ at 2017年07月04日 10:51
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count