2013年09月04日

真夜中の訪問者

営業のKです。

ごめんなさい。

怖い話、続けます。


これは、俺の仕事関係の男性から聞いた話である。

その方は、デザインの仕事をされているのだが、加賀市のとある川が

ちょうど海と合流する辺りの会社に勤めている。

デザインの仕事であるから、結構、仕事が深夜に及ぶ事も多い。

昼間は、それなりに賑やかな通りであり会社内も明るいのだが、深夜に

なるとその部屋以外の電気は消され、真っ暗な中にその部屋だけがぽつん

と明るく浮かび上がるという構図になるようだ。

しかも、その部屋からは真っ暗な工場が窓越しに見えて不気味だそうだ。

しかも、たまに酔っ払いや、観光客が道を尋ねに入ってきてびっくりすることも

あるそうだ。

そして、その日、その方は仕事が多忙を極め、気が付くと時計は深夜の12時

を回っていた。

そのうち雨も降り出したが、その時は事務員の一人が、締めの事務処理で残業

しており、それ程、孤独感は無かったという。

内線電話で、2階に居る事務員と仕事の連絡をして受話器を置いた時、背後

に人の気配を感じた。

まさか・・・と思い、振り向くと、そこに老婆が立っていた。

思わず、エッと声を出した。

その老婆は衣服も乱れ、髪は伸ばし放題、しかも外の雨のせいか、びしょ濡れだった。

幽霊?と思っていると、その老婆が近づいてきて言った。

うちに帰りたい、と。

喋るんだから幽霊ではないだろうと思ったのと、それでもやはり心細かったので、

2階の事務員を呼んだ。

そして、事務員と2人で老婆に話しかけたが、要領を得ず、どうやらボケてしまっている、

という結論に達した。

そこで、警察を呼んで保護してもらおうということになった。

そして、警察が来るまでの間、事務員と2人で老婆の相手をする羽目になった。

しかし、何を言っても、うちに帰りたいとしか言わない。

困ったあげく、一旦、その部屋から出て、一呼吸置く事にした。

そして、再び、部屋に戻ると、その老婆は消えていた。

そして警察が到着。

事情を話し、老婆が社内に隠れていないか、探してみたが、結局、見つからなかった。

その時は、ちゃんと話したし、事務員と2人揃って見たのだから、幽霊の類ではないと

確信していたそうだが、やはり、その老婆がどこを通ってその部屋から出たのか、不気味

に感じた。

そして、それから数日、忙しさに、その事もすっかり忘れていた矢先、警察が尋ねてきた。

その会社のすぐ前にある川から女性の水死体があがったというのだ。

もしかしたら、と先日の件を警察に話したが、どうやらその水死体は、死後10日ほど経過

しているとのことだった。

怖くて、その水死体の事を詳しくは聞けなかったのだが、頭をよぎったのは、この部屋に

来てから、近くの川に落ちたか?もしくは、この部屋に来た時には、もうこの世の者では

なかったのか?

この二つだったそうだ。

しかし、その方は、今は、それが後者の方だと確信しているそうだ。

何故なら、今でも真夜中に1人で残業していると、工場との間にあるドアのガラスに、

あの時の老婆がたっているから、だそうだ。

だから、夜は、カーテンを閉め切ってるのだが、それでも、トントンとドアを叩く音がずっと

聞こえてくる、と怯えた顔で答えてくれた。

その会社は、今も実在している。


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:46│Comments(2)
この記事へのコメント
営業のKさん

私・・・今気付いたんですが、コメントの書き込みを承認して表記する作業をしていたら、怖くない話から離れる事が出来ないですよね?
もしそうなら放置して下さいね、私には全く問題ありませんから(笑

ちょっと複雑な気持ちになる記事なんですね。
ご遺体が発見されたなら、本来終りとなるはずが・・・まだその影を引きずるのは?
家に帰りたいの真意は・・・不思議ですね。

明日は山口の阿武町まで走ります。
基本、福岡移住後は九州管轄だった私のテリトリーに、今期から山口が加わりましたよ(泣

これも定め、頑張ります(笑
じゃぁ〜寝ます、おやすみなさい。
Posted by 中西 at 2017年04月10日 22:36
じゃーコメント…私の認証にも追われてるって事ですか?(勝手に中西様のコメントで、じゃーと始まっている)
じゃーすごーく恐ろしい事にKさんは気づいたんではないですか?

この女………

ずっと…………

朝からいるっっ!!

わ、た、し、

午前中11時ぐらいからずっとコメントして遡ってきたんですけどーー!
もー17時じゃねーかぁー
今日何してたんだぁー(笑)
Posted by メチャ✩ at 2017年06月28日 16:57
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count