› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › リアルに怖かった病院のエレベータ

2013年10月20日

リアルに怖かった病院のエレベータ

営業のKです。

家族が病院に入院しており、そこで体験した怖い話を書かせて頂きます。

何故なら、誰かに話さないと、怖すぎるから!

それでは、始めます。


家族が病院で手術を受ける為、先日、入院した。

県内でも、有数の大きな公立病院。

実際の手術日の前日から、入院。

前日から娘とともに、夜8時の面会終了時間まで居座る。

そして、手術当日。

手術が、かなり時間がかかった事もあり、看護師さんが気を利かせてくれて、

自分と娘は、患者が麻酔から覚めるまで、病床に付き添わせて貰った。

その間、自分は医師からの手術結果報告を聞いたりと色々と忙しかった。

で、その患者が、麻酔から覚醒し、喋れる様になったのが、真夜中の12時半。

覚醒したとはいえ、まだ喋るのが辛そうだったので、娘と帰宅することにした。

そして、エレベータ前に到着。

夜中の病院は必要以上の明かりの無い不気味な空間だった。

そして、その薄暗さのなかで、エレベータだけが、頻繁に上から下、下から上に

移動している。

正確に言うと、エレベータは2台あり、動き回っているのは2台のうち、1台だけ。

自分達の居る4階から1階へ降りようと、下向きの矢印ボタンを押す。

2台のエレベータのうち、一台は、1階から昇ってきている。

そして、そのエレベータより先に、もう一台のエレベータが先に到着し扉が開いた。

そこには、患者さんらしい女性が二人乗っていた。

疲れて早く家に帰りたいという気持ちが自分達をそのエレベータに乗せた。

今にして思えば、その時のエレベータは、何となく暗い照明で、乗っている二人の

女性患者も、顔がよく見えなかった。

自分と娘は、すみません、失礼します、といいつつ、それに乗った。

患者さんらしき、二人はエレベータのちょうど一番奥の壁にくっ付く様にして立っていた。

自分は、娘を、自分の前に立たせるようにして、扉のほうを向いて、閉じる、のボタンを押す。

閉まりかかる扉、でも、すぐ開いてしまう。

しかも、何度押しても同じ動作を繰り返すだけ。

おかしいな?と娘と話しつつ、回りの二人にも、変ですよねぇ?とあいづちを求めた。

しかし、反応は無い。

でも、確かに後ろに立っていることは、背中に伝わった来る感覚が教えてくれた。

で、娘が言った。ボタンを長押ししてみれば?

あつ、そうか。頭良いじゃん?などと話してボタンに手をかけようとしたとき、はっきりと笑う声が聞こえた。

その時、ドアの向こうから看護師さんが、慌てたように声をかけてきた。

○○さん、忘れ物ですよ!

何故か、その顔は焦っているというか怒っているというか、普通ではなかった。

自分と妻は、家族の容態が急変したのかも?と思い慌ててエレベータを降りた。

そこで、看護師さんが言った。

間に合った良かったです。こちらのエレベータは、夜は扉が閉まりにくくなりますから。

ですから、もう一台のエレベータを使ったくださいね。絶対ですよ。

看護師さんの顔は少し怯えているように見えた。

そんなやり取りをしていると、さっきまで自分たちが乗っていたエレベータの扉がスーッと閉まった。

何故か、娘の顔も蒼ざめている。

エレベータの動きを注視してみる。

地下で停止。そして、すぐに屋上へ向かい停止。その繰り返しだ。

夜に屋上に出られるんですか?と聞く自分。

首を横に振る看護師。

ようやく、理解出来たような気がした。

ちなみに、地下には霊安室があり、病院の屋上といえば、患者の自殺が絶えない場所。

自分たちは、触れてはいけないものに触れた恐怖で、呆然としていた。

察した看護師さんが、1階まで一緒にエレベータに乗ってきてくれた。

お礼を言い、正面玄関に向かう。

その間に、合計2人の患者さんとすれ違い、診察室前の長いすに座る人も一人見かけた。

娘が怖がらないように、わざと大きめの声で話しながら、正面玄関脇の警備員さんに

出口を尋ねて、病院を後にした。

夜中の病院って、嫌なもんでしょ?でも、忘れた方が良いですよ!

警備員さんに言われた言葉が妙に怖かった。

でも、もっと怖かったのは帰りの車の中で娘から言われた言葉。

お父さんが怖がると思って言わなかったけど、エレベータに乗ってた人、目が変だったの。

黒目しか無かったの。

で、エレベータの扉が閉まりかかった時に扉に映ってたよ。

お父さんの顔を二人で覗き込んでた。

その晩、怖がる娘を寝かしつけてから、自分は一睡も出来なかったのは言うまでも無い。




Posted by 細田塗料株式会社 at 20:47│Comments(2)
この記事へのコメント
営業のKさん

その娘さんが・・・今では成長して・・・コスプレ三昧ですね(笑

病院・・・生もあれば死もある場所、歓喜と希望、苦悩と失意・・・複雑ですね。
Posted by 中西 at 2017年04月11日 20:27
あら
なんだ。チャーハンこぼしまくってた娘ちゃん、見えてたんですね。
いやー霊感は遺伝すると聞いてたから、あれ?まったくないの?と思ってたんですが。
フローリングをゴロゴロしながら、実は最強の除霊能力とかあったら逆にビックリですよね(笑)
Posted by メチャ✩ at 2017年06月28日 16:28
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count