› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 添乗員のバイトでの恐怖体験!

2013年10月24日

添乗員のバイトでの恐怖体験!

営業のKです。

明日はミマキのインクジェットプリンタの納品なので、明日に備えて早く寝ようと

思ったのですが、寝付けないので、怖い話でも!(尚更、寝れなくなる気もするが・・・)

結構、ぶらりと温泉に行く。

バイクで1人でという場合もあれば、友人や家族と一緒に、という場合もある。

しかし、ホテルや旅館につき、部屋に案内されると、必ずしてしまう癖がある。

掛け軸や家具の裏にお札の類が無いかをチェックするのだ。

試しにやってみるとわかると思うが、結構、わかりにくい場所にお札が張られている事が、少なくない。

これは、以前、添乗員のバイトをしていた時に教えられた事である。

添乗員のバイトは、今ではそんなこともないのかもしれないが、その当時は、かなりおいしいバイトだった。

ホテルや観光施設にとっては、観光客よりも、添乗員の方が待遇が良かった。必ずと言って良いほど、

チップとして、5000円~30000円位が添乗員に対してチップとして与えられた。

だから、バイトとしては、日給7~8000円だとしても、一泊二日の旅行でもチップが合計10万円近くに

なった事も度々あったほどである。

しかし、部屋にか関しては、いわくつきの部屋が割り当てられる事が多く、殆どの部屋が、ボロボロの古い部屋か、

お札が貼ってある、いわゆる”出る部屋”の場合が多かった。

それでも、お札が貼られているので滅多な事は無いのだが、それでも、不思議な事は度々起こった。

例えば、トイレに誰も入っていないのに鍵が掛かっていたり、誰かがノックするというのは、軽い方であり、

2度ほど、怖い思いをした事がある。

一度は、部屋にある内風呂に入った時。

見ただけで、陰湿で暗い感じの浴室だったのだが、温泉に入るタイミングを逸してしまい、しょうがなく、

部屋の内風呂を使用した。

で、体を洗い、髪を洗っている時に、それは現れた。

女が湯船に浸かっている。

こちらを見ている。

自分は、その視線を感じたまま、自然に、ごく自然にその浴室から出た。

気付いた事を悟られると危険だと、直感したから。

浴室の戸を閉めるときには、自分のすぐ後ろに立っているのが、感じられた。

でも、かなりきつかったが、何とか自然体でクリアした。

そして、もう1つは、夜、寝ていると、何かを引きずるような音で目が覚めた。

当然、金縛り状態である。

そして、それは、布団の上に徐々に乗ってきた。

それ程、重いという事は無かったが、それでも、徐々にその重さが上のほうに移動して来るのは分った。

目は開けられなかった。怖くて。

そうすると、それは、首を絞めてきた。

全く動く事は出来ず、当然、抵抗は出来なかった。

あの絞め方は、明らかに、絞め殺そうとするだけの力がこもっていた。

そして、気を失い、朝、先輩に起こされて、首に手形の痕を指摘された。

フロントでそれを告げると、口止め料のつもりなのか、追加のチップを持ってきた。

それなりの額が入っていた。

ただ、金の問題では無いと、その時強く感じた。

それ以来、部屋のお札チェックは欠かしていない。

皆さんもお気をつけくださいね!



Posted by 細田塗料株式会社 at 23:40│Comments(1)
この記事へのコメント
営業のKさん

何事もなく、その高額バイトをこなす方もいたんでしょうね(笑

しかし、霊に重さがある・・・不思議ですね。
浮遊し、滑るように移動するのが常だと思いますが、重みを掛けたり、手形を残したり、音を立てたり・・・本当に不思議ですね。

それでは明日のために・・・寝ます(笑
おやすみなさい。
Posted by 中西 at 2017年04月11日 20:55
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count