2014年04月11日

連鎖する自殺。

こんばんは。

サインディスプレイ部、営業のKです。

ちょうど、花見の季節になると思い出す事があります。

今日はそんな話を・・・・。

皆さん、連鎖自殺って、ご存知ですか?

まあ、専門家が色々な理由を取ってつけたように説明しますが、これは、

自分が体験した話です。

季節は、ちょうど今頃、桜が満開で、世の中が花見で盛り上がっている頃。

自分は大学時代、関西の神戸市で過ごしました。

叔母が、経営するマンションに格安で住まわせてもらっていた頃です。

大学のサークルの新入生歓迎コンパというのがありまして、自分も

参加して大いに飲んで楽しみました。

で、コンパも終わり、仲の良い先輩や友達と、もう少し飲もうという事になったんですね。

でも、所詮は大学生ですから金も無いワケで、それじゃ、ビールとおつまみでも買って

近くにある無人駅で飲もうという事になりました。

その駅は、JRの駅で海のそばにあり、なかなかの雰囲気!

ただ、その時は酒の勢いで皆すっかり忘れていたんですが、その駅は、飛び込み自殺が

頻繁に起こる事で有名な駅でした。

夜で時間も遅くなり、ホームにいる人もかなりまばらな状態でした。

自分達は無人駅をいいことに、飲めや歌えのどんちゃん騒ぎ!

でも、誰かが急に黙って一点を見ている。

不思議に思い、他の者も、皆、彼が見つめる方向に視線を向けた。

そこには、覇気もなく、ぼーっと立ちすくむ一人の女性会社員。

そして、その周りをくるくる回ったり、顔を覗き込むようにしている

もう一人の女性らしき影。

彼女には、ソレが見えていないらしく、ただ一点を見つめている。

あれって・・・・何?

どんちゃん騒ぎは、完全に消え、皆が彼女とソレの一部始終を見ようと

息を殺して見つめていました。

そして、そこにホームに入ってくる新快速電車。

そこで、自分達は信じられない光景を見た!

その影が彼女を後ろから軽く押したかと思うと、彼女は通過駅の為、高速で

走る電車に飛び込んだ!

耳に飛び込んでくるのは、急ブレーキの音と、嫌な粉砕音。

その後の事は敢えて書きませんが、後にも先にも電車に人が飛び込むのを見たのは

それが最初で最後でした。

そして、最も記憶に残っているのは、満足気に、こちらを見てうっすらと笑ったその陰の

気持ち悪さでした。

そして、それから、数年後、社会人になり、金沢に戻った自分はまたしても不可解な

事故に遭遇します。

その頃、自分は車に夢中で、その日も、行きつけのガソリンスタンドに仲間達と集まり、

車のタイヤ交換やら、サスペンションの調整やらと忙しくも楽しく動いていました。

そこに聞こえる、ドスンとバキッが混じった嫌な音。

その音は、スタンドの後ろにあるマンションから聞こえました。

皆で、マンションに行くと、明らかに、マンションから飛び降りたであろう女性が、痛みから

声にならないうめき声を小さく出していました。

大丈夫ですか?という自分達に、彼女は小さな声で突き飛ばされた!助けて!と。

そこで、マンションの上の方を見上げると、彼女が落ちたであろう屋上に見える黒い影。

もしかしたら、殺人?と思い、警察に電話をする者、彼女に付き添う者を各一人残し

他の者で急いで屋上に駆け上がりました。

若さゆえの怖いもの知らずの行動でしたが、変な正義感が背中を後押ししていました。

そして、屋上に着き、扉を開ける。

が、そこには、誰もいませんでした。

何か、背中に寒気を感じ、屋上を後にした自分達の耳に、確かに聞こえました。

女性の笑い声が!

その後は、警察と救急車の到着を待ち、そのまま、事情聴取。

警察の話では、最近、この近くにあるもっと大きなマンションで飛び降り自殺が

頻発している事、そして、新聞には出ていないが、実は、このマンションもかなりの

頻度で飛び降り自殺が起こっているとの事。

もしかすると、事件の可能性もあるから、危険な行動はしないように!と釘を刺され、

連絡先を聞かれて、その場は開放されました。

その後、警察から連絡があり、彼女が助かった事、そして、後ろから突き飛ばされて転落

したと証言しているが、それは、助けてくれた自分達ではない、と証言してくれている事を

聞かされました。

自殺霊は、ずっと成仏できずに、自殺した場所に留まるしかないと聞いたことがありますが、

世の中の連鎖して起こる自殺の何割かは、そうした霊たちの仕業なのかもしれませんね。

長文、失礼しました。





Posted by 細田塗料株式会社 at 22:54│Comments(4)
この記事へのコメント
貴方のブログを見る限り

結局、女の霊はろくでもないのが多いって事ですねw
Posted by 平澤 at 2014年05月01日 19:22
営業のKさん

死の連鎖・・・でイメージするのは、大友克洋さんの「童夢」です・・・心霊とは関係のない漫画ですが、高校時代に買ったその本は、今でも私の本棚に陣取ってますよ(笑・・・色褪せない漫画です。

今はどうか知りませんが、ありましたね・・・人身事故の多い海沿いを走るJRの駅。

新しい門出をむかえた方々に、五月病なんて試練も訪れるかもしれませんね。
けどですよ、負担のない、悲しみのない人生なんてないですよ。
耐えきれないなら、退く勇気も必要ですね。
止まぬ雨はなく、日はまた昇ります。
来年の今頃には、ソメイヨシノが満開で貴方を迎えますよ。
天から頂いた命、自分の為の人生です。亡者に付け入る隙など与えず、精一杯生きましょう。

勝手繋がりで、本当にすみません(汗
Posted by 中西 at 2017年04月13日 21:20
そしてKさん…小さい頃から警察の事情聴取もかなりの数をこなされてますよね…汗
神戸のその駅、有名みたいですね。須磨の海に行くあたりで行った事があるよーなないよーな…

ただ、私もかなりブイブイ~ナウく遊んでた部類みたいですが、無人といえど駅でどんちゃん騒ぎはしてなーい。
砂浜だー
Posted by メチャ✩ at 2017年06月28日 15:18
助かった人がいてよかった。
自殺するなら一人で死んどけって私は思います。
生きてようが死んでいようが赤の他人を巻き込んで怪我させたり八つ当たりしたりする奴には腹が立ちます。
Posted by かぼす at 2017年10月08日 18:10
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count