› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 画面に映る怖いもの。

2015年05月06日

画面に映る怖いもの。

サインディスプレイ部 営業のKです。

今日で、ライブも最終日!

ということで、勝手に怖い話シリーズ。スタート!

これは、今からもう10年くらい前に起こった話。

実は、俺はある事が有ってから、マットで映りこみが出来るだけ

少ない画面を使っている。

今日は、そのきっかけとなった出来事をお話ししたいと思う。

その頃、俺は、とにかく、普通じゃないサイト、危険というか

とにかく危なそうで普通に検索しても、決して見つからない、

そんなサイトを探し回っていた。

ブラクラとかメンヘラ系とか色々と見て回った挙句、結局は、

俗にいうところのUG(アンダーグラウンド)の世界に辿り着いた。

今でもUGとかで検索すると、そこそこ検索に引っかかるが、その

頃から見るとサイトの数も激減している。

俺がみていたのは、UGの過渡期というか、一番栄えていた時代。

しかも、そんなUGな世界の中でも、あまり誰も近寄りたがらない

様な特に危険な世界をある意味、興味本位で楽しんでいたのかもしれない。

まずは、UGで検索して、見つかったサイトとかで、少しずつ知り合いを

増やしてから、その世界に詳しい人を見つけては、もっと深く危ない層

に行く方法を聞きまくっていた。

で、ある時、ある方法を教えてもらった。

とあるサイトの隠し部屋へ行き、そこで暗証番号をもらってくる。

そして、とあるサイトのとある検索エンジンでその暗証番号を入力

すれば、きっと、俺が望んでいるような危険なサイトにいけるという

事だった。

ただ、その人に最後に言われた言葉がこうだった。

そのサイトに行くと、まず、誰にも話しかけない事。

そして、海外のサーバを経由して、ネットを繋ぎ、個人情報を特定

されないようにする事。

そして、ここで見聞きした事は、絶対に他言しない事。

そうしないと、本当に命が危険になるから。

色んな意味でね。

そう言われ、少し怖くも感じたのだが、そこで臆する訳もなく、速攻で

言われたとおり、実行してみたのは、言うまでもない。

で、結論から言うと、はっきり言ってとんでもない世界だった。

呪い代行、殺人依頼、人身売買、ありえない仕事の募集、などなど、

確かに、簡単に入れないように隔離されている筈であった。

そんな中、色んな危険なサイトを集めたホームページがあった。

グロ画像、グロ動画、スナッフ動画などに混じって、怖い話や動画の

サイトも存在していた。

グロ系のサイトがある意味常軌を逸した内容だったので、怖い系のサイトも

きっと凄いに違いない。

俺の心は躍った。

そんな怖い系のサイトの1つに、サイトの主が自らを幽霊なのだと主張し、

このサイトを見に来る者は、霊に会いたい、現世に未練がないものとみなす

という但し書きがあった。

普通の怖いサイトに辟易してこんな世界に来たのだから、当然、そのサイト

のエンターをクリックした。

まず、現れたのは、貴女のパソコン画面はグロス?マット?という選択。

迷わず、グロス(ツヤあり)を選択。

すると、真っ黒な画面に、前へ、後ろへ、右へ、左へ、全部一度に、という

4つの選択肢が現れた。

普通は怖い話のタイトルとか、怖い動画のタイトルが現れるんじゃないの?と

思いつつ、そこに注意書きが書いてあるのを見つけた。

どれかをクリックすると、そこから後には戻れませんので、慎重にどうそ!

そう書かれていた。

全てクリックしてみて、決めようと思っていた俺は少し不満に感じたが、そう

書かれている以上、従うしかなかった。

全部一度に、というのを選ぼうかと思ったのだが、不思議な事にマウスは

後ろへ、しか選べなかった。

後ろへ、をクリックすると、選択支は無く、一本の動画が用意されていた。

しかも、クリックしなくても自動で再生が開始される。

どんな怖い話が・・・と思っていた俺は少し驚いてしまった。

動画は、走馬灯のように、一人称視点で、色んな画面が流れているだけ。

たぶん、生まれてからの色んな分岐点をずっと見せようとするだけの動画。

そこには恐怖感はカケラも存在しなかった。

ただ、何歳という年齢が表示されているだけ。

何コレ?と怪訝な目で動画を見続けると、27歳の画面で、急にビルの屋上の

風景が映り、そして、そこから飛び降り、地面にぶつかるまでの一人称視点の

動画がスタート。

見終わった俺は絶句してしまった。

なんなんだ?

作り物とは到底思えないクオリティというか臨場感。

しても、ヘッドフォンで聞いていた俺には、地面にぶつかったときの音、そして

それから、回りが騒がしくなり救急車が来て、それに乗せられ、運ばれている際の

救急隊員の会話も、リアルすぎた。

そして、すぐに動画は終わり、これまた自動で勝手に、チャットコーナーのページに

移動させられた。

部屋のタイトルは、動画を見終わって・・・・。というもの。

正直、既に少し気持ち悪くなっていた俺は、そのサイトから出ようとしたのだが、

出口はおろか、戻るボタンも、ウインドゥを閉じるボタンも全く利かなかった。

しょうがなく、チャットルームへ。

チャットルームには結構先客がいるみたいだが、会話が何もされていなかった。

そして、俺が入室するのを待っていたかのように会話がスタートする。

それぞれ、自己紹介。

俺は、ハンドルネーム以外、年齢も地域も書き込まなかった。

ただ、他の全員の自己紹介が気になっていた。

年齢とか性別、そして地域、全て明かしていた。

そして、最も気になったのが最後に皆が付け足していた言葉。

飛び込み、練炭、首吊り、睡眠薬などなど、それってもしかして?

そう思いつつ、皆、自殺志願者?とか思っていると・・・。

俺に質問が。

○○さんは、書き込んでないけど、終わらせた方法はなんだったの?

???な俺。

黙っていると、その中の一人の女性が言い放った。

○○さんは、まだ・・・だから。でも、もうすぐこっちに来る訳だから。

更に???な俺に。

更に追い討ちを掛けてくる。

○○さんの本名も年齢も、そして住んでいる場所も、分ってるんだからね。

逃げられないから。

俺はなんか訳も分からず、怒りと恐怖でパソコンのコンセントを引き抜こうとした。

だが、それは叶わなかった。

体は見事に金縛りにあい、動くのは、キーボードを打つ、手首から先だけ。

それでも、なんとかしないと、ともがく俺にその女は、こう書き込む。

ふふふ、ウ・シ・ロ。

そこで、始めて気が付く。

自分が見ているパソコン画面に明らかに映りこむ女。

俺の肩越しに、それは居た。

そして、ふふふ、後ろへ、を選んじゃったんだもんね?と笑った。

もう、こうなってしまうと、心の中では覚えてもいない念仏を唱えてしまうから

不思議である。

しかし、次の瞬間、それは意味を成さなさと思い知らされる。

何しても、無駄だよ、うふふ。

画面に映りこむ、その女の顔は、崩れ、血を流し、そして、その目には白い部分が

無く、全て黒いというもの。

そして、言った。

もっと、よく見て!痛かったんだよ。

そういって、肩越しにいたその女が前に回りこもうとしたとき、あることを思い出した。

以前、危険なサイトに行くにあたり、パソコンに詳しい仲間から教えてもらった方法。

本来はパソコンを痛める、壊れるから、絶対にやらないように、というものだが、

確かにその方法なら、パソコンはシャットダウンできる。

でも、駄目だったら?という迷いもあったが、それでもやるしかなかった。

あえて、その方法は書きませんが、それを押した途端、パソコンは見事に強制的に

シャットダウンされた。

そして、そこには、金縛りが解けて呆然とする俺と、その後、2度と立ち上がらなくなった

パソコンがあった。

後ろの気配も既に消えていた。

俺は、九死に一生を得た思いで、そのまま、パソコン一式を行き付けのパソコンショップ

に下取ってもらい、パソコンもディスプレイも全て新調した。

勿論、パソコンショップに下取りに出した際、その理由も正直に話したが、そこの店員は

こう言っていた。

いや、大丈夫ですよ。そういう理由で下取りに出されるお客さんって、結構居ますので。

勿論、ちゃんとそういう事も処理した上で、中古として販売しますので。

でも、良かったですね。無事で。

そういわれると、逆にある意味怖いものがあった。

これが、俺が出来るだけ映り込まないマット画面しか使わない理由である。

勿論、その後、そういうUGの危険なサイトに行った事は一度もない。

そのサイトは、もしかすると、今でも存在しているのかもしれない。

皆さんも、決して興味本位で、危ないサイトを覗かないでくださいね。




Posted by 細田塗料株式会社 at 15:21│Comments(2)
この記事へのコメント
営業のKさん

今日は汗ばむ陽気の福岡、午前中は仕事をしましたが昼から帰宅、ビールを呑んで昼寝です(笑

この後の記事にもパソコンやネットでの怪異がありますが、その通りアンダーグラウンドの世界ですね・・・デジタルには疎い私は、テレビ番組「あなたの知らない世界」でお腹一杯です(笑
Posted by 中西 at 2017年04月16日 17:29
以前にも女性の方が同じようなサイトで同じような経験をされてましたよね…
でも確かその女性は100%無事ではなかったかなー記憶が…あいまいですが。

店員さん…案外以外な所で世の中の闇を知ってる方っているんですね!驚

しかしいつも思う。引きずり込まれて無念とかならまだしも、

痛かったんだからとか言われても、テメーが選んで決めてやったんだろぅがぁ!知らんし!怒
と腹立つ私はなに?(笑)
って
Posted by メチャ✩ at 2017年06月28日 13:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count